「襤褸」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 襤褸とは

2017-10-10

北朝鮮情勢を垂れ流しておけば襤褸が出るとでも思ってるんか

2015-08-14

「 Sapokanikan /サポカニカンタバコ畑)」

オジマンディアン*1のせいだね

タバコ畑の地図

砂に埋もれてくしゃくしゃ

地は侘しく平らかに均された

跡なき力強い御手によって

遺跡に遊び

ポリ袋を叩いて鳴らした

勇敢なる男たちと女たちは神を敬愛

朽ちた襤褸たちの知るところとなった

口ずさむ:私を愛していますか?

私をおぼえていますか?

私のうえに雪がつもる

幾重にも幾重にも層を成して:

これも神の掌のうちなのか

パッチ・オブ・グラス』の下に、彼女

オランダ巨匠*2の骨は隠されている

どこか他の場所でトビアス

ラファエル変装しているのを

学者たちが母と子と見破るあいだ*3

他の娘たちは埋葬される

無縁墓地*4の土のなかへ

彼女たちの上ではパレード

日々を刻んで通りすぎる

大理石と鉄でできた純白のアーチの建つ公園*5を抜けて

二万の死者たちがあなたの歩みに寄り添うところ

だるい鳥達のさえずりのなかで失われていった彼らの死因

彼らの残した記録はどうしたって謎めいている

すべては廃れて消えた

文字は織られない、X線は何も映さな

蛍光なしではね

御手が始まりと終わりを司る場所ではね

私もがんばってきたんだよ でも

私の愛していたものを思い出して、私を抱きしめて、なんて言わない

なんどもなんども医者を呼んだ

でも雪が私をフローリー・ウォーカー*6ごと飲みこんでしま

そして絵の中に生きる

彼は言った:

大丈夫

「もう終わったよ」

そして飛行機に乗った

ベルトを締めずに

彼はとんでもない向こう見ずで有名で

“ぼうや”と呼ばれ

市長としてタマニー・ホールタマナ首長混同しながら

落下へと突き進んでいった*7

そして私たちは水準をあげる

賢く健全な魂を回復するために

狩人たちは

百年前からずっと見て、そして絶望してきたのかも*8

そして驚きをもって見つめて

私たち公園に捨てて錆びつかせてきた捧げ物を

私たちの髪をピンと逆立てると誓って

ジョン・パーロイミッチェルを見送るために

私たちの働きが不可欠なのかもしれない西部戦線

慈悲を! 神よ!

出て行って、狩人が石碑を解読するのを待って*9

この街の下に何が横たわり、去っていったのか

見よ、そして絶望せよ

見よ、そして絶望せよ

---

1 シェリーの詩『オジマンディアス』より。古代エジプトの「王のなかの王」オジマンディアスを詠った詩。このあと続く砂漠遺跡イメージシェリーの詩に準じている。全体をつらぬくモチーフでもある。

2 ゴッホ絵画パッチ・オブ・グラス』のこと。

3 ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作の絵画についてのエピソード。この作品は長いあいだ、旧約聖書外典トビト記を下敷きにしたポピュラー宗教画モチーフ「トビアス大天使ラフェエル」の絵だと信じられてきたが、のちの研究でもともと「母親子供」の図として描かれたものティツィアーノ弟子宗教画へ改変したものと判明した。

 ちなみに「トビアス大天使ラフェエル」はこんな話。ユダヤの盲人トビトの息子トビアスは、父親から昔貸した金を回収するように命じられてメディアの地まで旅をする。そのとき同行者として大天使ラファエルがトビアスについてくる。トビアスは旅から帰るまで、自分の同行者がラファエルだと気づかなかった。

4 歌詞では「potter’s field ポッターフィールド」。無縁墓地を指す。語源新約聖書マタイ福音書銀貨三十枚でキリストを売ったユダ自責の念からクビをつって自殺ユダから押し付けられた銀貨のあつかいに困った祭司長たちは陶器職人(potter)の地所を購入し、行旅死亡人墓地に定めた。

5 ワシントンスクエア公園のこと。パリ凱旋門モデルにしたワシントンスクエア・アーチが建っている。もともとは貧困者用の無縁墓地で、今もその下には2万人以上の遺体が埋まっているという。

6 オーストラリア人画家アーサー・ストリートンの絵『Spring』の元ネタになった人物のこと。ストリートンの恋人だったらしい。

7 「ニューヨーク市長坊や」の異名を取ったジョン・パーロイミッチェル1914年から17年までの三年間、ニューヨーク市市長を務めた人物。彼は当時ニューヨークを仕切っていた悪名高き集票マシーン一種政治団体タマニー・ホールと激しく対立し、17年の選挙落選するや第一次世界大戦に参加するため空軍へ入隊した。入隊の翌年、彼は飛行訓練中の事故で死亡。原因はシートベルトを締めなかったことによる落下事故だったという。

8 シェリーの詩『オジマンディアス』の「全能の神よ我が業をみよ そして絶望せよ」から引用

9 ホレイショ・スミスの詩『オジマンディアスから

2014-07-05

http://anond.hatelabo.jp/20140705092951

人の出で立ちを見て笑うのは、どんな襤褸を着るよりみっともない行為ですね。

若い頃はそんなことをしてしまった記憶もあるので、恥ずかしいです。申し訳ありませんでした。

2012-03-28

http://anond.hatelabo.jp/20120328111710

性格

仕事熱心な事と、好奇心の旺盛なのが、大きな特徴です。社会の仕組や伝統無視しないが、常に何か新しい物を探し求める性格です。斜めに構えた常識タイプと云えるかも知れません。貴方のようなタイプ場合は、意気込みばかりが先行して、整合性の有る行動力が伴って行かないと云う場合が少なく有りません。地味な努力を忘れないようにすると共に、興味本位で出しゃばり過ぎないように、注意する事も必要です。

恋愛結婚

貴方は恋人配偶者に対して、何時も賑やかに振舞い、相手がそれに従って呉れる事を望んで居ます。それかと云って、相手が貴方に輪を掛けた馬鹿騒ぎをする人では、又旨く行かないでしょう。貴方の批判眼は鋭いので、はしゃぎ過ぎの襤褸を見逃さないからです。貴方はかなり我儘なタイプなので、相手に対して何時も自分の意に叶うような動きを求め過ぎる嫌いが有ります。心すべきでしょう。

職業適性

職業の選択には困らないタイプです。大概の仕事は一応こなすのですが、性格的に最も適性の有る仕事は、独創性と表現プラス探求心が要求される仕事です。カメラマンデザイナー、芸能、芸術全般、企画宣伝業、美容師モデルその他です。堅くて地味な仕事では、貴方の本当の良さを、十分に活かし切れない恐れも多分に有ります

対人関係

自分のペースで動き過ぎる嫌いこそ有りますが、一寸行き過ぎ位が、貴方の持味なのですから、それはそれで良いのだと思わなくてはいけません。但し、失敗を他人の責任転嫁したり、真剣反省しなかったり、と云うような生き方は宜しく有りません。絶えず自省を繰り返しながら、尚かつ前向きに、どんどん突っ込んで行くと云う生き方が、貴方のようなタイプには、最も似つかわしいのです。

芸術全般を捨てて資格に走ったのが間違いでした。

人生やり直したいわ。

2011-05-17

日雇い増田温泉

日雇い増田は、とにかく一度動揺すると何事でも悪い方向に考えて、その考えにとらわれて次の作業でミスを連発しがち

昨日もそういう日だった

無能」「スクラップ」「社会の規格外品」「ジャンク」「バーゲンセール品」「○○○した方が・・・」

誰も責めなくても増田自分のことをそう責めてしま

社会のレールから外れた規格外人間は、バーゲンセール品かスクラップジャンク品としての扱いしか受けられなくなる」

「やはり無能は死んだ方がいいのかな・・・」そうつぶやきながら、ひなびた温泉地をふらふらさ迷う

あちこちに地域人達の為の浴場があった 洗面器とタオルを小脇に抱えた爺さんが通りを歩いている

仕事で疲れた足をいやす為、足湯を探す

この温泉地の住宅街は建物の老朽化が進み、「路地」といえば聞こえがいいが「スラム街」といっても通用するほど襤褸っちい

そんな街を「スラム街」にしていないのは通り過ぎる人々の表情の穏やかさだ

都市部にもっと近くて発達していても荒んだ空気のあり凶悪犯罪がよく報道されているあの地域とは「街の空気」がぜんぜん違う

「その原因は何だろう」そう考えながら増田温泉街の住宅地を中心部の方へ足を進めていく

足湯は遠かったから、駅前の伝統のある温泉に浸かる事にした

200円払って、脱衣所に入ると貸切状態だった シャワーは無い 

蛇口は2つ 熱い水が出る蛇口と冷たい水が出る蛇口を同時に洗面器に入れて自分で温度を調節する必要があった

浴槽は一つだけで大きい 温度は44度くらいとかなり熱い

おそらくそれゆえに長湯する人が少ないのだろう 足の疲れを取りたい増田にはこの熱さはむしろ願うところだ

最初に脚だけ浸かり足湯状態を楽しみ、体が熱さになれてきた所で肩まで浸かる

体の疲れが取れると共に増田の悩みも熱い温泉に溶けていった 温泉には日々の心の疲れも取る効果があるのかもしれない

これで明日は元気に生きていけそうだ

温泉から出るまでずっと誰も来なくて200円で一人貸切状態だった

着替えると足が温まった分、靴が少し蒸れるようだ

草履で歩ければいいのに(クールビズ)」

そう思っても草履など売ってる店が見当たる訳が無く

コンビニで「サイダー」の代わりに「ジャスミン茶」を買って飲んでそのまま帰った

2010-02-26

むなしい

電気工事士3年目。

先週行った現場が偶然昔の同級生の家だった。

学生マンション?っていうのかな、

自動ドアが付いててインターホンもあっていいとこ住んでるなー

っていうか部屋広っ

暫く作業してたらそいつが

「あれ?もしかして○○」とか言い出した。

うわ、最悪。

でもまあしゃーねーから

「あ、××かー、久しぶりー」ってあわせた。

正直もう会いたくねーわ。

就職してから数年。

大学とか専門行ったやつからは、

女の自慢、セックスの自慢、旅行の自慢、そんな話ばっか。

こっちが言えるのは職場のドロドロした愚痴ばっかで話してて辛いわ。

つーかこいつんち、明らかに女出入りしてるわ。

部屋の感じですぐわかるわ。しね。

俺が先輩に怒鳴られながら年下の客に敬語で喋って襤褸切れみたく汗だくで働いてる間、

こいつら空調の整った温室でわいわいキャンパスライフ楽しんで適当に女はめて遊びとかわらねーバイトして「仕事疲れたわ」とか社会人ぶってでも結局ゼミとかコネでいいとこ就職して先に就職して頑張ってた俺ら高卒ゴミ扱いしながら高給とっていい暮らしをするんだろ?

おれ大学いきたかったわ。

つーか、行けたらいくわ。

家は兄妹多いからまあ仕方ないっつったらそうだけど、

今の人生辛すぎて頭おかしくなるわ。

おれの楽しみなんて、ツケで近所のフィリパブ行って外人弄ることぐらいしかねーし。

最近じゃ自分の現状に寂しくなるの通り越して、何に対しても無関心になってきたわ。

そーいや、同じ高卒就職組みの奴らとこの前あつまったけど

殆ど辞めてたな仕事

まあ当たり前だろ。

高卒が入れるとこって特殊職いがい誰でもできるような簡単なもんばっかだし。

しかも薄給だし底辺だしこんなつまんねーことねーわ。

つーか辞めてなかったやつって俺と、どかたの奴(給料いーらしい)と、宅急便の経理の女くらいだし。

工場組み全員辞めてたのはふいたわ。まあ、予想通りだったけどな。

まあでも仕事自体は嫌いじゃねーんだわ。

馬車馬のように働く感じが結構すきなんだわ。

でも高卒で即就職って自分の可能性圧倒的に狭めた感じがするわ。

何かいまのままいたらおれの伸びしろみたいなもんを捨てちゃう感じがするのよね

すげー嫌だわ。でも仕事やめると即プアになるからできねーし

何だろうこの苦しい感じ

これがあと40年ぐらい続くのって辛くね?

結婚もこのまま行けば職場の誰かの紹介とか・・まあ電工にくる嫁なんざしれてるけど

ガキが可愛そうだわ。

大学までいかせれるかわかんねーし、家族抱えて生きるとか想像もつかねーわ。

何か俺の人生スゲー下降していってる気がするわ。

高校までは学生の括りで差が見えなかっただけかもしんねーけど、

ホント人間なんて平等じゃねーわ。

平等論といてた左翼教師とかマジでチンカスだわ。

むかつく、もういや。

でもさ、こういう愚痴も結局フーゾクいって一発抜いたらまた頑張ろうみたいに何だろな

あー、むなしい

2009-02-08

売春がいけない理由

正確に言うと「不特定多数相手に売春するのがいけない理由」である。

売春自体は悪くない。

不特定多数にやるより特定の人にやった方がやり方としては賢い、と言いたい。

彼女も妻も女はすべて売春婦である。

売春婦でない女がいるとしたら生涯処女を貫いた女だけである。

風俗嬢やAV嬢になると結婚のチャンスが著しく減る。

不特定多数相手の売春の代償は特定個人との売春結婚)ができなくなることであり、

だからこそ風俗嬢やAV嬢はその補填として高給を得られるのである。


不特定多数相手の売春の特徴・・

若い間、せいぜい35歳ぐらいまでしかできない。そのあとは襤褸雑巾の如く捨てられるだけである。

好きでもない男、もてない男、きもい男ともセックスしなければいけない。

性病危険がある。

金銭感覚麻痺する。

人間的魅力や職業技能を磨く動機を失いやすい。

特定個人相手の売春の特徴・・

結婚は基本的に死ぬまで面倒を見てもらうための契約である。

正当な理由がなければ契約は解除できない。

年をとってもそばにいてくれる人がいる。

愛する人と結婚できれば、愛する人に抱かれる喜びを永続的に享受できる。

金の代わりに「愛」という対価を、セックスと引き換えに受け取っているということである。

さらに旦那が経済的に扶養してくれるとなったら、

「愛」だけでなく「金」も対価として貰えるでこの上ない至福。

好きでもない男、金を出さなければセックスできないもてない男に金と引き換えに強姦されるより、はるかに幸せである。

性病危険もない。

年をとれば必ず衰える性的価値のみならず、永続的に威力を発揮する人間的魅力や職業技能を磨く動機を持ち安い。


金と引き換えにセックスをさせることは、男に責任を取らせないということを意味する。

風俗嬢やAV嬢はセックスさせていることに対して金をもらっているよりは、

どちらかというとセックスさせて「責任を放棄される」ことの補填として金をもらっている、と見た方がいい。

結婚にしても風俗やAVと同じく年が若ければ若いほど有利に立てる。

風俗やAVで働くのであればその時間結婚相手を見つけるのに充当した方が賢い。

不特定多数相手の売春をすればするほど結婚という「より有利な売春」から遠のくのである。

これが売春が悪とされる所以である。

2008-02-24

旅行

隣国で女王交代の儀が執り行われるとの話を聞いたので、愛用している小さく丈夫な革の旅行鞄に、筆と帳面とありったけの乾物を入れ早速出かけることにした。助平と思われるかもしれないが、私は人様に助平と申せる程に助平ではない。照れや恥からではなく、真実人並み程度の助平心しか持ち合わせていないのだ。それならば何故、女王交代の儀の知らせを聞くや否や隣国まで出かけることにしたのかと言うと、理由は三つある。

一つは私がしがない物書きであること。それも自らの世界を書く創り手ではなく、異境の珍奇なる事柄を面白可笑しく書く記し手であるからだ。十日程前に大家に納めた店賃で蓄えは全てなくなってしまったので、ここ何日かは温かい飯を食らうこともできずにひたすら乾物を囓っていた。何か書かねば飢えてしまうし、飢えはせずとも店賃を払えなければ追い出されて凍え死んでしまう。しかし書くことがない。諸国を放浪した際に見聞きした珍奇なる事はほとんど書いてしまっていた。どうしたものか。嘘八百を書いてしまおうか。そんな時に女王交代の儀の話を聞いたのだから、一も二もなく飛びついたわけだ。

二つ目は私が珍奇なる事柄が三度の飯よりも大好きであること。食うや食わずの物書きなど堅気の人間はやりたがらぬことを望んで生業としたのはそのためである。稚い頃から記し手の話を手に入れると飯を食うのも忘れて何度も何度も読み返し、頭に浮かべたその珍奇なる世界に思いを馳せていた。商家の倅として生まれた私だが、数をパチパチ弾くだけの変わり映えしない生活に飽き飽きしていたせいか、尋常ではない入れ込みようであった。そんな私だが隣国の女王交代の儀は未だ見たことがなかった。前回の儀は十六年前。既に珍奇なる事柄に興味を持っていたのだが、十をようやく超えたばかりの子には隣国は少し遠すぎた。夜明け前に荷を持って出かけたのだが、翌日の夜には親から捜索を頼まれた者たちに連れ戻されてしまった。三つ隣りの村だった。それ以来、女王交代の儀には並々ならぬ関心を持っていたというわけだ。

そして三つ目。いくら書くことがないとは言え、いくら稚い頃から関心を持っていたとは言え、隣国はそれでも旅に出るにはまだ遠い。容易ならぬ山道を幾日も歩くよりは、手っ取り早く嘘八百を記してしまうなり、それでなくとも以前に書いた珍奇なる事柄を記してしまった方が、良いではないか。そう考えるのが常であろうし、他の珍奇なる事柄ならば私もそう考えたかもしれない。しかしそれでも私は迷うことなく家を出た。すなわち三つ目の理由とは、二つの理由を後押しして迷わず出かける程度にはある、私の助平心ということだ。

そうして乾物を囓りながら小さな旅行鞄を片手に私は隣国へと旅立った。

隣国へ着いたのは儀の一日前だった。儀は取り決められてから十と五日後に執り行われる。噂を聞いてからすぐに飛び出た御陰で間に合った。街の外れの安い宿屋でなけなしの銭を渡し部屋を取ってから、まずは儀の執り行われる広場へ足を向けた。広場には縦横五丈、高さ一丈程の舞台のようなものが造られていた。何人かの職人が最後の仕上げに舞台へ上がる段を拵えていた。明日執り行われる事を考えると何とも言えない気分になるが、それを見たさに来ているのだから我ながら始末が悪い。

陽も沈んできたので宿に帰ると何やら賑わっていた。先ほどは裏通りから入ったので気付かなかったがどうやら宿があるのは裏手であって、その向こうにある中央の通りと面してる方に酒場があるようだった。宿の奥にある細い通路を抜けると賑やかな酒場に出た。中央の通りに面してるとは言っても街の外れには変わりがないので上等な客層ではなかった。眺めていると顔を真っ赤にした日に焼けた中年男が声をかけてきた。私が旅の者で、しかも記し手であることがわかると、珍奇なる話を求められたので話してやると、大層気に入ったようで酒を奢ってくれた。こうして珍奇なる事柄を多く知っていると得なこともある。話をし尽くし、奢ってってもらい尽くした自分の街では使えないのが残念だが。男と話をしていると明日を大層楽しみにしていることがわかった。新たな女王誕生だ。これから国は良くなる。そうは言っていたが下卑た笑いからは、それが本心とはとても思えなかった。

男が酔い潰れてしまったので酒場を見回すと俯いて飲んでる男がいた。酔い潰れた男が注文していた酒を手に持ち、その男のもとへと行き、酒を注いでやった。特に驚くことも嫌がることもなかったので、そのまま前の椅子に座り酒を飲むことにした。しばらくすると男は愚痴り始めた。幼いときから知っている。心の底から崇めていた。しょうがないことなんだろうが。やりきれない。自分より少し若い男はそう愚痴をこぼしやはり酔い潰れてしまった。恐らく初めての女王交代の儀なんだろう。もし自分がこの国に生まれてたらどう思うだろう。そんなことを考えながら酒場を後にした。部屋に戻るとすぐに睡魔に襲われ眠りに落ちた。久しぶりの酒のせいだろう。結局答えは出ずに考えだけがぐるぐる回っていた。

翌朝、太陽の眩しさに目が覚めた。朝は大分過ぎているようだったが、儀が執り行われる昼にはまだ時間があるようだった。乾物を囓りながら広場に行くと街中の人間が集まっていた。下卑た笑いを浮かべる男に、俯きがちな男。そんな男を呆れた目で見る女に、にやにやしながら待つ女。恐らく街中の人という人が集まっていた。そんな様子を見ていると太鼓の音が鳴り響く。後ろを見やると兵士に連れられた女王が、いや元女王がやってきた。手を縄で縛られ、襤褸切れの首の所だけに穴を開けた服で、歩く度にちらりちらりと肌が見える。しかし、それでもなお女王の風格を纏っているのだから、なかなかの傑物だったのだろう。囃し立てる男達に、罵声を浴びせる女達。その中を兵士達が道を作り、元女王舞台へと上がった。

そして仰々しい礼装をした老人が束ねた紙を手にして舞台へ上がる。女王を補佐してた中で一番の有力者が告げると聞くので彼がそうなのだろう。老人は恭しく女王の罪状を述べた。曰く不作。曰く日照り。曰く疫病。さしもの女王でも如何ともし難いことばかりだった。罪状を告げ終わると兵士が元女王の身を纏う襤褸切れを剥ぎ取り、性器を模した木型を手にした老人が女王の股間に突き刺す。女王の小さな悲鳴と共に赤い血が流れる。老人が破瓜の血を吸った木型を掲げると大きな歓声が沸いた。その後は代わる代わるに犯され続けた。脂ぎった男に、木型を持った女に、行為の意味もわからぬ稚児の拳に、そして昨日酒場で悩んでいた俯いてた男に。

陽が暮れるまで犯し嬲られ罵倒されつくした女王には、もう女王の威厳は宿っていなかった。それどころか人としての心さえも壊れてしまったようで、目の焦点は合わないままだった。そして呻き声しか発せられなくなった白濁の元女王が横たわる舞台に火がつけられる。人々はその周りを騒ぎながら踊る。夜が明けるまで。国を悪くした元女王がいなくなったことに喜びながら、新たな女王が国を良くしてくれることを祈りながら。

翌朝、国へ帰ることにした。金穴と好奇心と少しの助平心で来たものの、人並み程度の助平心しか持たない私には少し重すぎたようだった。満たされた好奇心以上に後味の悪さが残る。それでも飯の種ができただけいいかと街を出る途中、城の前を通りかかると新女王の戴冠式が行われていた。そこにはまだ物心もついてないだろう稚児が、数えきれないくらいの人間に崇められていた。何かわからない子ども達は不思議そうにしていたが、大人達は皆真剣に頭を下げて女王を讃えていた。

少し歩くと、酒場で出会った日に焼けた中年男がいた。周りと同じように真剣に崇めている様子だったが相変わらず下卑た笑みを浮かべていた。何かを期待するような下卑た笑みを。またしばらく歩くと、酒場で出会った自分より少し年下の俯いてた男がいた。彼もまた真剣ではあったが日に焼けた中年男と同じ顔をしていた。この街ではこうして大人になっていくのだろう。真剣に崇めれば崇めた分だけカタルシスは大きくなる。だからこそ、この街の大人は皆真剣なのだろう。不思議そうに大人の真似して頭を下げてる子を見て、一昨日の問いが再び頭に上る。小さな旅行鞄から取り出した乾物を囓りながら、私は隣国を去った。

2007-10-30

http://anond.hatelabo.jp/20071030190920

貴族様は大変ですよね。

大衆は襤褸切れで充分ですから。

おっと、失礼な口をきいてしまいました。どうかご容赦を。

2007-05-30

ルサンチマンに囚われた人々の呪いの声が聞こえる

その声はこういっている。
セックスし放題などというものは絶対に許すべきではない」
我らは生まれてこの方セックスなどというものはしたことがないのだ。
許すまじセックス
永遠の憧れの対象、あのセックスなるものを手に入れた男を許すわけにはいかぬ。
セックスし放題だったものを地獄の底へ突き落とせ。
針で突き刺し、熱湯の釜で溶けるまで煮るがよい。
獣欲に堕ちた者の烙印を押さねばならぬ。
そうでなくては我々が報われぬ。

叫んでいる人々の手は骨ばって血管が浮き出ている。
目は血走り、血色は悪く髪の毛は乱れている。
襤褸を着ており、毎日の過酷な労働に打ちひしがれている。
一生この暗黒、荒れ果てた地獄の底から出ることはない。
せめてその魂の安らかならんことを。

2007-03-24

続・星の銀貨

むかし、あるところにたいそう貧しい少女がいた。彼女の両親は亡くなってしまい、住むところも食べるものも着るものも無かった。親切な人からもらったひとかけらのパンと彼女が着ている服だけが彼女に残された唯一のものであった。

しかし、彼女はとても良い心の持ち主だった。彼女が道を歩いていると、おなかを空かせた男に出会う。彼女はためらいもなく男にパンを渡し、また歩き出す。今度は寒がっている少年に出会う。彼女は親切に着ているフードを差し出し、また歩き出す。すると、また別の寒がっている少年に出会う。彼女は着ているワンピース少年に与え、歩き出す。そうしているとまた別の少年が現れ、彼女に唯一残されたシャツを欲しがる。彼女はシャツもその少年にあげてしまう。

やがて、着るものも食べるものも失ってしまった彼女がその場にたっていると、星が彼女のもとに降ってくる。彼女の行いを神がほめたためだった。降ってきた星は銀貨となり、少女は裕福に暮らしたのだった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE%E9%8A%80%E8%B2%A8

裕福となった少女の元には以前より多くの人が訪れました。しかし、少女は変わることなく、人々に分け与えました。そのため、暖かい家は寒風が入り込んでくる荒ら屋に、絹の服は綿の服に、美味しい食事は粗末な食事に変わっていきました。

それでも、人々は訪れました。少女は残っていた銀貨も全て分け与えました。

それでも、人々は訪れました。少女は変わることなく彼らに分け与え、荒ら屋は道端に、襤褸の服は裸に、粗末な食事は道端の雑草に変わりました。

ようやく、人々は訪れなくなりましたが、少女が雑草を食べようとすると、腹を空かせた野犬が訪れ、少女に吠えました。それを見た少女は今までと何ら変わることなく、その犬に雑草を譲りました。

それを見た神様はまた少女のもとへ銀貨の星を降らせましたが、その度に少女は同じことを繰り返し、結果は変わりませんでした。

やがて、行き倒れた少女の元に、神様が直接訪れました。

「どうして自分の幸せのために使わないんだい?」すると少女は微笑みながら答えました。

「使っています。みんな幸せが、私の幸せなんですから。」

神様は少し考えるようにしてから言いました。

「でもほとんどの人々は君に感謝すらしていないんだよ?誰のおかげだなんてすぐに忘れて喜んでいる。それでも君の幸せなのかな?」

それを聞いて笑顔になる少女を見て神様言葉を継ぎました。

「言ってる意味がわかるかい?」

「ええ、わかります。そうです。それが私の幸せです。」

「彼らは感謝すらしていないんだよ?それなのに、どうして笑っているんだい?」

「だって、感謝されるためにやっているのではなく、人々が喜んでくれることが私の喜びなんですもの。だから、神様に人々は喜んでくれていたって聞かされて私はとっても嬉しいんです。」

少女は屈託のない笑顔でそう言いました。

「君はその中に、みんなの中に入ってないけれど、いいのかい?」

「ええ、いいんです。だって、私の幸せみんなのように良い家に住んだり、綺麗な服を着たり、美味しいものを食べたりすることではなく、"みんな"の幸せなんですから。」

そうか、と神様は懐かしいものを見るかのように少女を見つめ、しばらくの間、物思いに耽っていました。そして神様不思議そうに見上げいている少女に問いました。

「もっと多くの人を助けることができたら助けたいかい?」

「はい、もちろん。」

少女は迷わず言いました。

「決して楽しいことばかりではなくてもかい?」

「はい、人を助けることができるのでしたら。」

迷いのない少女の目を見つめ、神様は肩の荷が下りたかのように少し息を吐くと、少女に言いました。

「それでは君が、今から神様だよ。」

すると、神様の周りで輝いてた光が少女の周りへと移り、どこまでも白い衣が少女を纏いました。

「え?え?えー!?」

「私も君と同じこころざしだったはずなのだけど、私には今の君が眩しすぎる。どうかな。私の代わりに神様を、多くの人を助けてあげてくれないだろうか?」

少女は突然の事態に途惑っていましたが、その言葉を聞くと真剣な顔になり、そして

「はい!」

迷うことなく言いました。

正直な所、元神様は少し迷っていました。元々は同じこころざしだったとはいえ、目の前の少女が眩しくなってしまう程に自分は曇ってしまった。それ程までに神ということは辛いことでもある。そんなことを、このような幼い少女に託してしまっていいものだろうかと。しかし、少女の迷いのない真っ直ぐな瞳を、言葉を、姿を見て決めました。

これからどうなるのか。それは誰にも、元神様だった人間などにはわかるはずもありません。しかし、自分にはできなかったことをあの少女なら、あの真っ直ぐで眩しい少女なら、成し遂げてくれるのではないかと、希望と、少しの悔しさを抱きながら、それでも願わずにはいられませんでした。人々が、そして少女幸せであらんことを。久しぶりに純粋に人の幸せを願うことができた元神様は、そうして静かに息を引き取りました。

2007-02-23

増田で「ネタでした」若しくは「釣りでした」的な発言をする奴って

可哀想。頭が。個人特定されないんだから黙って消えれば良いのに、ぎゃあぎゃあ喚く事によって余計襤褸が出てる。いや、ひょっとしてそれが目的なのだろうか。

最初からネタ釣りをやろうとするなら、もっとスマートなやり方が有ると思うんだけれども如何かな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん