「穿く」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 穿くとは

2023-01-15

anond:20230115104430

近年リモートワークで依存から脱却できてた人々がまた穿くようになったのが急増の原因だろうな

パンツ依存症チェックリスト 30〜50代で急増中

パンツ依存症チェックリスト

無意識パンツパンティー、スキャンティー、ブリーフ等)を穿いている時間が明らかに増えた

□ 家でも仕事中でも、すぐパンツを穿ける状態にしている

□「あのパンツブランドは?」など疑問が浮かぶとすぐパンツ質問している

電車乗車時など少しでも時間があるとパンツを穿いてしま

□「穿いておかなきゃ」と思ったもらすぐに穿いてしま

パンツを穿いていないと不安で仕方がない

目的もなく無意識パンツを穿いているか確認する

□ 毎晩、就寝直前までパンツを穿いている

□ 昼夜問わずパンツを穿いている

スマホの画面で見る「スクリーンパンツ」のパンツアプリ時間が1日平均2時間を超える

IoTパンツの通知の「空耳」が聞こえたり「空目」したりする

パンツ以外穿くことがなくなった

判断基準は、直感や知人の意見より、パンツの色を重視する

※チェック項目の合計が4つ以上の場合は「パンツ依存の疑い」


anond:20230115103526

2022-10-19

anond:20221019225058

スカート穿く男はギャルソンとかが好きで日頃から奇天烈ファッションをしてる人だからそんな低レベルなところで悩まないでしょ。

2022-09-14

男が当たり前のようにスカート穿く日は来るのか

セクシャルマイノリイティがどうこうという事情を抜きにすれば、

スカートを穿いてる男ってギャルソンとかヨウジみたいなのを好む人ぐらいだよね。

特別なことは何一つしてこなかったけど自分特別存在だと思いたい凡人」みたいなの。

男がスカート穿くという行為特別ではなくなる日は来るのかな?

2000年代Tシャツの上にスーツベストを着るいわゆる「木こりファッション」が流行った時も、

みんな「何だこりゃ!?」と思いながら物凄いスピードで普及していったので、流行り始めたらあっという間なんだろうけど、きっかけがね。

2022-09-13

誰でもいいわけじゃない

子供の頃からスカートに敏感だった

少しでも上等なスカートを穿きたくて金魚の糞のようにお姉さんのの後ろをついて回った

小学校卒業する頃にはクラスメイトから嫌われ避けられて自分は一生スカートを穿けないのだと悟った

悟った後は家の中でだけスカート穿く事を好んだ

常に1人で居て誰に会ってもスカート執着せずに、スカートの話をしかけられれば対応するが自分からは決してスカートのことを話さな人間になった

私という人間は性悪で、他人迷惑をかけ、それでも感情のない歯車として社会を回す役目だけは背負わされ、何を頑張っても認められることはなく、いつも残飯を食べ、他人を常に尊重しなければ存在を許されないくせに死ぬことも出来ない、生きる事は義務しかない。義務果たしても何もいい事は無いのに。

外でもスカートを穿きたい。

2022-09-08

anond:20220908150938

これくらいで音を上げるなよへなちょこパヨちゃんよー

おまえら本当に攻められるとひとたまりもないよなー

そんなんだからブーメランブーメラン言われんだよ

おまえこからブーメランパンツしか穿くなよ

ブーメラン小僧として生きていけ

2022-08-02

anond:20220802113633

そうやね。

ワイが「少女漫画と言って差し支えない」と言うとき

それは別に男性読者は読んでいない」ということを意味しないんやけど、

君は「完全に女性ターゲットを絞った恋愛漫画しか少女漫画認識しとらんのやろね。

ユニセックス作品」は少年漫画領域やと思っとる。

ズボン男性的な服装と思われつつも女性穿くのに、

スカート穿くのは女性だけで男性穿くおかしいと思われる、

みたいな話やね。

赤いパンツとか穿く人の気がしれんと思っていたが

テンション上がるのかな

気分がずっと低いまま浮上しないので、派手なパンツくらいはいてみてもいいのかもしれない

2022-06-20

anond:20220620113217

穿くは、「つらぬく」で変換したら出てきました。

貫くはかんつう(反対側まで穴をあける)するときで、穿くは穴をあけたりほったり、押し分けて進むだそうです。


意図した変換ではないです。わかりづらくてすません。

2022-05-29

anond:20220528225041

ジェンダーアイデンティティ(性同一性)と別にジェンダーエクスプレッション(性別表現)という概念があるくらいなんだから、「自分を男/女と感じる事」と「男/女らしさを好む事」はまた別の話なんだろう。セクシュアルオリエンテーション性的指向)という概念もある。

「僕は男だからスカートを穿きたくない」は、「僕はスカートを穿きたくないから男だ」ではないし、仮にスカートが男らしいとされる社会だったら穿きたくないと思わないだろう(あるいは「僕は男だけどスカートを穿きたくない」と思うかもしれない)。

ジェンダー存在しない社会においてジェンダーアイデンティティ存在するかは知らないが、ジェンダー存在しない社会なんて非現実的思考実験しかありえないんじゃないか

ジェンダーが固定的に存在しない社会」はイコールジェンダーが流動的にも存在しない社会」ではない。

ジェンダー存在しない社会というのは、「男が口紅差しスカートを穿いてもいい社会」ではなく「男が女と同じくらい口紅差しスカート穿く社会」だし、「高収入の女が低収入でナヨナヨした相手結婚してもいい社会」ではなく「高収入の女が高収入の男と同じくらい低収入でナヨナヨした相手結婚する社会」だし、「男が男を好きになってもいい社会」ではなく「男が女と同じくらい男を好きになりトイレ更衣室も男女で分かれてない社会」だ。

2022-04-01

明日ちゃんセーラー服感想

OP曲と映像が好き。最終話まで一度もスキップしなかったのはもちろん、作業中にサブモニタで延々ループ再生するぐらいに。第一印象は「AKBっぽい」。「いやむしろ乃木坂とか欅坂とかか? 1曲も聞いたことないけど」と思いつつ作曲家検索すると実際に乃木坂46をメインにAKBループ楽曲提供してる人だった。ワイの耳も捨てたもんじゃいね

つーかそもそもオーダーが「AKBっぽく」だったのかもしれない。原作は未読で分からんが、少なくともアニメ秋元康世界観に片足をつっこんでる感じがある。象徴なのはOPで70秒ごろに流れる、3組の女の子たちが目をつぶりながら体育館ステージに座ってるシーン。OP流れる映像は、基本的に蝋梅学園での日常を切り取った物と言えるが、あそこだけはその見方が成立しない。日常の中で、16人もの少女が、素足の制服姿で、目をつぶりながら身を寄せ合い、体育館ステージに座る、というシチュエーション自然と起こることはありえないからだ。平たく言えばあれはフェチズムであり、少女制服教室へ信仰である

本作を見た人であれば少女制服に対するフェチズムが詰まった作品という評価異論はないだろう。少女の脚を接写するアニメといえば『けいおん!』を思い出すが、あれはフェチズムからやや遠い。アニメけいおん!』における手や脚の描写は、感情キャラクター同士の距離感場の空気表現であり、我々は、手の微妙な動き、スカートから伸びた脚の並びなどからそれらを読み取ることを要求される。それは『けいおん!』が、というより監督山田尚子の癖と言って良い。『リズと青い鳥』でより直截的に用いられたことは記憶に新しい。

一方の『明日ちゃん~』はフェチズムのそれだ。かきあげた髪束からこぼれる何本かの細い髪、制服用のハイソックス穿く時の布擦れ、口元から髪を払う時に撓む唇の柔らかさ。それらに読み取るべき意味はなく、ただそうあるように受け取ればいい。

ストーリーに目を移せば、コミュ強の小路クラスメイトたちを次々と篭絡していく無双モノといった趣がある。優れた容姿や持ち前の行動力は元より、相手に興味を持って積極的に話しかけるスタンス小路を圧倒的コミュ強にしている。

まだ何も知らない同士なのに

どうしてなの もう君のことが好き

クラスメイトじゃなく 友達になりたい

君に思っていたの 密かにずっと

OP『はじまりのセツナ』の歌詞だが、これは特定の誰かではなくクラスメイト全員に対する小路スタンスを示している。OP小路クラスメイトの誰かの手を引いて駆け出すシーンがあるけど、相手が映っていない点が実に示唆的だ。いろんなクラスメイトと談笑するカットが並ぶのも小路コミュ表現ひとつだろう。

小路は同学年の生徒がひとりもいない小学校時代を送ったからか、教室という社会常識からやや乖離しており、周りがブレザーの中でひとりだけセーラー服を着ていくという浮きっぷりから先行きを心配させたが、蓋をあければコミュ無双というプリミティブな気持ちよさがあった。その結実が最終話の後夜祭であることは言うまでもないだろう。

CGDCT(かわいい女の子たちがかわいいことをする作品を指す海外スラング日本で言う日常系に近い)の系譜に違いはないけど、部活というインナーサークル舞台の中心になる日常部活モノからはやや距離を置く。氷室冴子作品マリみてのような少女小説の趣もあるが、キャラクター間のヒエラルキー排除されている点では逆に日常系に近い。そして全体を貫くフェチズムを勘案すれば男性向けファンタジーとしての少女小説、という辺りに行き着くのではないか

この作品ファンタジー志向しているのは小路の家がメルヘンに出てきそうなレンガ造りをしているところからもうかがえる。母親セーラー服を仕立てるレベル洋裁が出来、車はしっかり2台あって、しかしレンガ造りの家から雨漏りがする、というのはリアリティラインの設定に興味がないからだと思われる。生徒が1人しかおらず廃校が決定している小学校と同じ地域に生徒150人規模の女学園があり、かつバスで行ける範囲ショッピングモールがあるという設定からも同様の指摘ができる。しかしそんなことはどうでもいいのだ。『明日ちゃんセーラー服』は「16人もの少女が、素足の制服姿で、目をつぶりながら身を寄せ合い、体育館ステージに座る」光景へのときめきを満たしてくれる作品なのだから

あと自分のために泣いてくれる他人がいるのって救われるなって心底思った。そういうのをスルッと出してくる、シーン強度への意識がこの作品の魅力だとも思う。

2022-03-18

絶対に伸びない破れないパンティーがあったとして

ギャル穿くのだろうか

2021-10-19

パンティーンでしか興奮できない

自分でも本当にキモすぎると思う。後、本物のパンティーは無理。パンティ自体というか、パンティ穿く寸前の嬉しそうな顔とかがたまらない。顔パンとか腹パンとか股にパンティー突っ込んで穿かせたりとかは興味ない。これどうやったら治るんだ。

追記

自分は治したいんだけど作品オススメありがとう。後、このキモ性癖について公表(なんて大げさなものではないが)したのはこれが最初で恐らく最後だし、これ以外にアブノーマル性癖はない。正直に言うと、異性との性交渉とか性器にすら興奮できない。それで人のパンティーに興奮するってどう考えてもキモイし心理的に何かおかしいんじゃないのかと思う。だから治したいんだけど、変な性癖ある人ってみんなこんなもんなんだろうか。

2021-10-18

女児ショーツが好きだ

男だが女児ショーツが好きだ。今でも休みの日にこっそりと穿くこともある。柔らかい生地男性器を包むのが気持ちいいのである。誤解されないように言っておくがちゃん通販店舗で購入している

事の発端は小学校入学前の身体検査(?)だった。男子女子パンツ一枚になり一緒に検査を受けてその時に女児ショーツにムラっときたのが始まりだった。

Twitterでも女児ショーツ愛好という性癖を持つ人物アカウントはあるがなかなか自分方向性があう人物にはなかなかいない。まず、アニメもののアニパンには興味がない。加えてアニパンとも被るところはあるが最近の派手めのカラーショーツも興味がない、色が鮮やかすぎてムラっと来ない。そしてお漏らしも対象外だ。

2010年代あたりからだろうか、白無地にバックプリントや総柄というシンプル女児ショーツが減ってきたように思える。女児下着の好みの変遷なので仕方のないことなのかも知れないが好みのデザインが風前の灯なので寂しく感じている。妥協して薄いカラー地にバックプリントや総柄というのだったらまだ少しはあるので好みのデザインがあれば買うことはある。

昔は白無地にバックプリントや総柄というどことなく野暮ったい、ダサい、ダサかわいいみたいな自分好みの女児ショーツがたくさんあったが今ではそういうのは滅多にお目にかかれないのが寂しい。せめて昔の女児ショーツの柄を見るために昔のセシールの子供服のカタログが欲しいと思ったこともあるがネットオークションではすぐ売り切れてしまう。

稀に双基がどういった意図かは分からないがたまに170cmのサイズで昔っぽいデザイン女児ショーツを発売することがありそれが楽しみといえば楽しみである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん