「ベンチャー企業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ベンチャー企業とは

2017-05-17

卓球台は経費で落ちるの?

ベンチャー企業ありがちな卓球台みたいなやつ

あとはGoogle本社にありそうなボルダリングとか

 

あいうのは経費で落ちるのか?

 

まあ経費云々以上に金かかりそうだけど

2017-05-13

東京大学生活が羨ましい

地方大学を出て、数年地方で働いた後に、転職東京ベンチャー企業に入った。

地方では見慣れなかったインターン生なるものが、その職場はいた。

たまに彼らと話すのだが、大学卒業して10年くらい経った今ですら、羨ましいなと思う。

彼らは地方大学生と比べて圧倒的に自由だし、選択肢が多いから。

そもそも、地方には職がない。

そのうえ、大学生インターン採用できるような職場の数は限られていて、周りの学生インターンをしている人なんて皆無だった。サークルバイトちょっと授業。これがデフォルトだと思っていた。ただ、東京は違った。一昔前ならグリーDeNA、今なあメルカリやfreeeといった急成長中の起業インターンとして働くことができるし、他の道も色々広がっている。

オトナに触れる経験が出来るという点でも、東京は優れている。

女子大生であれば電通博報堂五大商社との合コンだって簡単にできるし、 年上の男選びにだってまらない。

そのうえ彼らは良いお店に連れて行ってくれるし、舌も磨かれる。悪いことは何もない。

また、起業という道を目指していたばあいなんかは、目の前に起業家ゴロゴロ転がっているし、学生だと言えばいくらでもアドバイスを聞けたり、ただ酒もいくらでも飲めたりする。採用費すばらし。可能性のある学生に対しては、大人は最大限のフォローをする。ただ、それは地方ではなく東京だけだ。

仕事面だけじゃない部分も羨ましい。

日本にある一流のものに触れられる機会は多いし、外国人と触れあえる場も多いl

地方?そんなの、あるわけないじゃん。相手が誰もいないんだから。(京都例外

男子男子で、大学内にいるアイドルとお付き合いになるケースもあるし、なかなか羨ましい。

また、オリンピックメダリスト普通に歩いてたりとか、そんな状況は普通はない。

東京大学生活を過ごせば、人生が変わった人は多かったんだと思う。

そして、東京大学生活を過ごせなかったことで、失われていった才能も多いんだと思う。

地方なんて捨てて、東京だけでいい。

地方大学意味って、何があるんだよ。

一流の研究にも触れられず、一流の施設も持たず、東大にすら入れなかった人たちが教える何かに、何の意味があるんだよ。

研究の何たるかすら教えられない教育がいる大学に、そもそも何の価値があるんだよ。

僕は改めて思うが、東京に入って東大学生生活を過ごしたかった。

彼らの人生が良いものになってくれたらいいなと思うが、正直羨ましい。

2017-05-07

2ちゃんねる増田より奇なり

http://mimizun.com/log/2ch/venture/985748191/#870ベンチャー企業末期に見られる現象とは?」

870 :かみんぐあうと:2001/05/18(金) 15:32

はっきり言っちゃうけど、

京都市南区電子制御機器メーカー

某K社ははっきり言って最悪。

あそこへ入社したら最期社長コテパン人間性破壊されてしまう!!

しかも、社長感情ものを言うし、判断するからその時々で言うことが違う!

はっきり言って、社員はついて行けない!

そこの会社社員の最長在職期間は2年3ヶ月。

み、短けー。

できれば会社名をはっきり書きたいけど、とりあえず、

私はあと1週間出勤しなきゃいけないから、

退社後にでかでかと書かせていただくことにします。

874 :かみんぐあうと:2001/05/18(金) 17:14

>872,873

平均在職期間は4ヶ月だわ。

ついでに、会社名入れると

「㈱●●●●●」!

ここへは絶対就職したらあかんで!

人間崩壊されるで。

●●社長に!

76 :名無しさん@どっと混む:2001/05/18(金) 18:56

●●の●●だが

今日の端末記録取るからね。

>870

退職金の件わかってるね。

信じないだろうけど

本人だ。

ライオンズクラブにも入ってるし

@@@協同組合理事もしている。

これで本人とわかってくれるかな。

あと一周間の人間と言えば・・ほう

895 :名無しさん@どっと混む:2001/05/20(日) 00:19

874です。

今回、特定会社名を入れての中傷をしてしまったことについて、

大人気なかったを思っています

このスレットを見ている人にもまた名指しした会社関係者の方にも

迷惑を掛けたと思います

このことに関する書き込みの870,874,876,879は

先ほど、削除のお願いをしました。

今後はこのような名指しでの誹謗中傷は決していたしません。

この掲示板をごらんの皆さんにも不快な思いをさせてしまい、

もうしわけありませんでした。

本当に申し訳ありませんでした。

自分のしたことは、ここであげられている方々と同じようなことを

それ以上に卑怯なことをしてしまったと深く反省しています

907 :かみんぐあうとはバカ2001/05/20(日) 21:19

879 名前名無しさん@どっと混む 投稿日:2001/05/18(金) 19:07

なるほど、この会社ね。

株式会社 ●●●●●

代表 ●● ●●

設立 平成●年●月

資本金 ●●●●万円

所在地 ●●市●区●●●●●●●●●●

TEL (●●●)●●●-●●●●

FAX (●●●)●●●-●●●●

912 :895:2001/05/20(日) 21:25

907は私じゃない!!

もうやめて!

913 :名無しさん@どっと混む:2001/05/20(日) 21:26

誰かここ電話して『かみんぐあうと』の書きこみ、知らせてやれ社長に。

漏れFAXしようかな、事実なら本人も平気だろ?堂々と出社しろよ。

914 :名無しさん@どっと混む:2001/05/20(日) 21:27

>>912

でもお前が書きこんだんだろ?あんな細かいヒント出して。

それで会社名も電話もばれてるんだ、誰が悪いんだ?

915 :895:2001/05/20(日) 21:28

事実だったけど、ここまで大きくするつもりなんて

全然なかった!

今回の件でネットの怖さを痛いほど思い知った!!

916 :名無しさん@どっと混む:2001/05/20(日) 21:29

もうログ取ったから消されても平気よ、漏れ。ププププ

917 :895:2001/05/20(日) 21:29

違う!

私が最初に書き込んだのは、870と874だけだったの。

それがこんなに・・・

918 :895:2001/05/20(日) 21:30

もう本当にやめて!

http://anond.hatelabo.jp/20170507075339 「2chで我が社をブラック扱いした君へ。」

2017-04-22

VR業界から見える中国、そして日本

つい先日、はてブtogetterの「中国おいてけぼりを食らう日本」という記事話題になった。

https://togetter.com/li/1102767

そのまとめのツイートの中で取りざたされていたのが「中国から世界に先駆けたVRデバイス業界標準、公開へ」(Mogura VR)という記事だ。

http://www.moguravr.com/china-standard-for-vr-industry/

上のまとめではこの記事ツイートした人から火がついていったのだが、どうも肝心のVRと中国事情について触れる人がいなかったので少し残念に思ったのだ。VRに対して一定の関心を保っている増田の一人より、せっかくなのでVRと中国、そして日本について軽く知ってほしい。

結論から言うと、VRでは中国ヤバイ!VRは中国米国を中心に回っていて、他の国はその二つの市場にどうやって食い込むかを考えている。

日本日本市場だけで食っていくのは考えづらいけど、他国市場独自地位確立する実力はある、という感じだ。

そもそも、現在VRはヘッドマウントディスプレイHMD)と呼ばれる機器が主流になっている。そのHMDもおおまかにスマホモバイル)型とパソコン型の2種類に分けられる。

現時点で世界で主流なパソコン型のHMDは数えるほどしかない。一つ目は日本企業のSIE(ソニー)が作っているPlayStation VR(PSVR)、二つ目台湾企業HTCが作っているHTC Vive(Vive)、三つ目は米国企業Facebook(Oculus)が作っているOculus Rift(Rift)のおおよそ三種類だ。もちろんこれら以外の企業(まずはマイクロソフト)も後々参入してくるだろうが、現時点で業界基準となっているのはこれですべてだ。

それで、この3つのHMD2016年時点での世界合計出荷数(http://svvr.com/press-media/svvr-2017-superdata-infographic/)は

PlayStation VR: 745万台

HTC Vive: 420万台

Oculus Rift: 261万台

となっている。

ちなみに日本

PSVR: 8万台

Vive: 1万台強

Rift: 2800台

といった感じだ。

この数値だけ見るとHMDPSVR圧勝に見えるのだが、PSVRは他機種と比較してある致命的な問題を抱えている。それは、PS4しか動かないことだ。もちろん、PS4世界で5000万台以上出荷されていて安定した性能を誇る機種なのだが、如何せん本格的なVR市場が立ち上がってから数年も経っていないため、プレイヤーの大半を満足させられるような大作の数が圧倒的に少ない(小規模な実験的な作品はいっぱいある)。

また、現時点でわざわざ高い金を払ってVRに手を出す人は新しい物好きかVR開発者ほとんどだ。PCのVRであれば自分UnityUnreal Enine 4といったツールを使って自分でVRソフト研究・開発をできるが、PS4などのゲーム機では基本的に新しいVR対応ゲームソフトが来るまで押し入れの奥で埃をかぶることになる。そういったわけで、PSVRは数では一番売れているがPC用のHMDと比べると少し影が薄い。

そこで、PC用のVRの話になるのだが、現時点では台湾企業HTCが作ったViveが最有力だ。中国ではFacebookの居ぬ間にHTC台湾企業としての強みを活かしてほぼ統一させ、米国でもFacebookRiftよりもViveが強い支持を得ている(http://store.steampowered.com/hwsurvey)。日本ではFacebookクレジットによる注文のみ受け付けているが、HTCPC販売店などと契約を結んでその場で現金購入できるようにしたことにより圧倒的な差をつけた。物流販路勝利である

話が長くなったが、中国現在国家単位でVRに力を注いでいて、台湾企業HTCとは蜜月関係である(見ていて中々ハラハラしません?)。

上の記事の通り、HTC大学研究所が組んで基準を作ったりしていたり、HTCが深圳政府と組んで研究所を作ったり公共機関にバラまいたりしてます中国のVRのベンチャー企業ハードソフトを問わず)も数も資金日本とはくらべものにならないぐらいぐらいあります。とりあえずそれらしいワードでググれば中国とVRの記事はわんさか出てくるでしょう。

そんで、日本はどうすればいいのかという話なんですが、まず日本PSVRがあります。忘れがちですがPlayStation日本ブランドですからね、一応。まあパナソニックとかもBtoB向けにHMDを作っていたような気がするのですが…それは置いておいて。

幸いにも日本には世界でも有数のゲーム企業を誇る国です。VRにはゲーム企業ノウハウの応用が利きますあくまで応用ですが)。

PSVRを作っているSIE(ソニー)はもちろん、スクエニバンナムセガ、コエテクなどのゲーム企業はすでにVR事業に参戦しています任天堂も一応研究しているとかなんとか。

中国PCオンラインゲームが盛んではありますが、日本のような家庭用ゲーム機はあまり普及しなかったので楽しさのベクトルが少し違います。もちろん中国の成長スピードを考えればノウハウが溜まるのもあっという間でしょう。

更に日本世界有数のアーケードゲーム大国です。

現在VRの収益の44%がゲームを含むソフトウェア、35%がアーケードを含むロケーションベースです。

ちなみにアーケード形式のVRは世界の中でも中国日本でかなり進んでいる分野です。昨年はお台場のVRZONEが話題になりましたし、今年の夏にはVRZONE Shinjukuができる予定です。中国では現在単位アーケードVRを遊べる場所があるそうですが、コンテンツの魅力が乏しいためか客がすでに一巡してしまったようです。

.

最後に、どうすれば日本のVRが発達するのかについて言わせてください!

まず、VR機器を買って下さい!

最先端のVRやVR開発に興味のある人は20万円前後ハイエンドPC10万円前後HMDを揃えて下さい!

開発者でもないしそんな高い金を払う余裕はねーよという人は是非アーケードVRに遊びに行ってみて!最近漫画喫茶とかにも置いてあるので!

PSVRをいつまで経っても買えない人は運を高める努力をするかPCのVRに乗り換えるかを検討してください!

あと1~2年待てばVR用の大作も少しずつ増えると思います…!

.

みんなの最先端テクノロジーに対する熱意が市場技術開発を刺激するんだぜ!








.

PS4日本であと2倍は売れていたらPSVR日本にもうちょっと回って来たんじゃないですかね(小声)

ちなみにこの増田ではGalaxyのGear VRといったスマホ向けのVRは意図的に省きました。そこまで含めると書いても書ききれません。

少なくともスマホ用VRは日本立ち位置がなさそうです。そもそもスマホ市場で生き残れた日本企業がないので。

VR=ゲームというイメージになってるのって問題ではという議論他所でお願いします。

ゲーム業界以外もVRにジャンジャン参入してくれると助かるんだぜ。建設とか工場とか医療とかエンタメのVRの動向に注目です。

マイクロソフトのVR・MRとかインド事情とかも気になりますけどね。

2017-04-21

貧乏学生日記流行ってるので、失敗した貧困男子大学生日記書くわ

男子大学生だったので思い出しつつ晒すよ。

俺は都内私立大学しか理系しかからなかった。んで親が「金は一切出さない」と言われて交渉するも無理。しかも家から追い出された。離婚してお互い新しい相手とくっつくから邪魔子供は追い出された形。入学金だけは親戚からもらえた。

まあまあの大学だし来年受けても落ちそうな気しかしなかったので仕方なく奨学金と少しの貯金で通うことを決意。

んで、貸与奨学金申請するも1種も2種も落ちる。

高校はそれなりの進学校だったけど校内では底辺の成績だったから成績悪かったし親は金は出さないのにそこそこ収入あるから無理、と。

早くもピンチ。とりあえず学費稼ぐために休学してバイトしようとしたんだけど、休学にもまあまあの金がかかるのね。

んで、しゃーないか居酒屋バイトバイト。まかない食わせてくれたのがありがたかったし、たまにシフト休みの日に行っても食わせてくれた。圧倒的感謝

つか家もないんで普通にネカフェとか公園で過ごした。バイトで知り合った人の家にも泊まらせてもらった。

学費の支払いをどこまで遅らせられるか事務交渉しながら払う。でも授業やっぱ眠くなるし普通に難しいし単位取れない。

んで5月ぐらいにようやく月4万の風呂なしアパートを見つけて住めるようになった。

お金なくてかなりきつかった。夜中に課題やるのにどうしてもパソコンなくて辛くて買いたくて、クレカ作って買えばいいことに気づく。その後たぶん5枚ぐらいは作った。親の信用に感謝。2回払いとキャッシング現金化には在学中何度も助けられたけど殺されかけた。日雇い派遣バイトも助けられた。

1年前期は半分ぐらい落として8単位ぐらいしか取れなかった。しかも落としたのは専門科目の必修ばかり。

夏休みは1ヶ月ぐらいあってかなりバイトした。

後期になるとやっと2種奨学金が通る。前期分もまとめてもらえた。借りるのはもちろんMAXの月12万円。だいぶ金銭的には楽になる。

はい学費が年間160万ぐらいなので奨学金はすべて消える計算

んで前期の勉強がわからいから後期もなかなかついていけない。やはり必修はかなり落とす。実験もきつい。

あと周りの学生が「お金ないわー」と言ってるけどお金ないレベルが違うんで困った。夏場はワキガである噂が流れたが、単に風呂に入ってなかったのと服を洗えなかっただけ。

春休みバイトまとめてできたのでここから金銭的にはすこし楽になる。スポーツジムバイトすると風呂に入れることに気づきジムバイトも始める。あと洗濯もさせてもらえた。

金が尽きると割りと簡単に詰むのは1年目で理解したのでできるだけ貯めておく方針は続ける。

2年目は1年目の再履修と2年の必修も合わせて履修。やっぱりわからんくて7割ぐらいしか単位が取れない。実験も多くて辛い。

んで2年が終わった時点でどう取っても足りないか留年確定。でもまだ奨学金は切られない。次の年に確定して4年目に奨学金がとめられて、次ちゃんと進級すれば5年目は出るらしい。つまり3年目のうちに4年目の学費も稼ぐことも必要になった。

3年目。授業としては楽なはずだったがバイトを増やしすぎて辛くなる。あと単位を落とせないプレッシャーがスゴくて辛かった。不安と忙しさで精神的にキテたのかも。

教授に授業中寝てたのを怒られてスイマセン、バイトで眠くて、って言ったら学生の本文は勉強バイトで遊んでるからだって怒られて泣いた。ボロボロないた

ムカついたかパワハラ相談室に言いに行ったら教授が謝ってきてご飯おごってくれていろいろ相談に乗ってくれた。でも単位はくれなかった

そんなこんなでまた留年した。学費は頑張れば払えそうだったけど大学絶望したしもう疲れて気力もなくなったので中退した。余裕ないのに就活どうすんだってのもあったし

貯めてた学費分のお金貯金があったのでしばらくバイトも何もせず引きこもってた。

バイト先の友達に紹介してもらった女の子と仲良くなって転がり込んだら、その子よく聞いたらデリヘル嬢だった。病んでてヤバかったけど風呂があってきれいな家が嬉しすぎた。あと肝心なときに立たないから、DTは守られた。

風呂は魅力的だけどデリヘル嬢は病みすぎててヤバイので半年ぐらいで出て、少しまともな会社に努めたくなってベンチャー企業という名の中小企業に入りこんだ

残業代は出ないし大学勉強は直接は役に立たなかったけど社会人ぽくなった感あった。ここは1年で辞めて少しマシな会社に入って少しマシな生活できるようになったので、そろそろ大学入り直したいと考えてるけど受験勉強と金のやりくりをどうするか考えてる今日この頃

参考にはならんなたぶん。1年目のはじめに奨学金落ちたのがマジで困ったしそのへん改善した方がいいと思う。もうされてんのかもしれないけど。俺の申請の仕方が悪かったんかな。貸与だし有利子なんだし認めてよほんと

普通に3割ぐらいの学生留年してる学科だったので、留年日常だし奨学金止めないでほしいか

まあ私立金持ちの行くところだからビンボー人は来るなってのもわからなくはないけれども授業以外で実験課題に取られる時間が多すぎて常に眠かった

大学関係に取られる時間が多かったのはかなり誤算だった。大人から聞いてた大学とだいぶ違う、、ってずっと思ってた。これ分かってれば入学はやめたような気もする。前述の教授も「最近大学生は昔と違って忙しくて時間ないよね」と言ってた

あとおれは大きな病気なかったから良かったけど普通に風邪引いただけでもキャッシュ回らなくなりそうな場面が結構あってヤバかったのと、

余裕がないと目の前のことしか見れなくなり、計画性が全くと言っていいほどなくなるのはもっと広がってほしい認識

これが貧困ってやつかぁ、って感じ

コミュ力もっとあればうまく立ち回れたんだろうなぁと思う場面も多かったけど18、19のころじゃ無理か、って気もする

あと高卒で数年働いてから大学に、って言ってる人もよくいるけど働きながら高校生と同じ時間受験勉強時間作るの無理じゃね?高卒給料学費生活費をある程度貯金するのもかなり時間が掛かるし現実的ではないか

2017-04-18

ベンチャー企業は広々したオフィスで働いてていいな

大手企業ビルだけは大きいけど、内部はきっつきつのタコ部屋

2017-04-09

才能のある友人が新卒ベンチャー就職すると決断した話

才能のある人っていいですよね。自身に満ち溢れていますし、とてもあこがれます

僕はそんな生き方はできないと思います。凡人ですから。でもそれでいいんです。

※後で読み返したらすごい長い文章になってしまいました。ホントすみません

僕の高校クラスメートの友人の話です。 

僕は彼には才能があると思います。頭もとても良いです。

話していて楽しいですし、いろいろなことを考えて生きているなぁ

僕のようなどこにでもいるポンコツ大学生とは違うなぁと感じます

昨日、1年ぶりに彼に会っていろいろと話をしました。

彼は僕よりも1つ学年が上なので、就職活動について少し教えてもらおうという下心もありました。

彼は持ち前の行動力バイタリティを活かして、大学勉強以外にも

積極的インターン企業の人事の方とお話をしてきたそうです。

そんな中で、ITベンチャーインターン等に行く中で自分共感できる理念を持った企業出会い

内々定を貰ったと話してくれました。半年近く彼は悩んだそうですが、

彼のやりたいこと「世の中をよりよくするための仕事をする」という目標のもと、

そこのITベンチャー就職することに決めたと言っていました。

そこの企業ベンチャー企業としては大きく、その道を志す人にとっては有名だそうですが

残念ながら僕が知らない企業だったので、ホームページを見ながら

どんなことをやっているのか教えてくれました。


ホームページを見た瞬間、正確には経営理念事業内容を見た瞬間でしょうか—



なんだかすごい嫌な予感がしました。



自分感情文字に起こすのは難しいのですが、『すごい嫌な予感』としか表現できない感情が湧いてきてしまったのです。

おそらく僕は彼に嫉妬してしまったんだと思います。きっとそうです。僕にはできないことをしているから。

僕にはないものをもっているから。内々定も持ってるし。

将来も決まっていて、やりたいこともあるから。そうであってほしいです。

『その会社やめておいたほうがいいんじゃない?』とは言えませんでした。

彼がその判断に至るまでの過程歳月を鑑みたときに、僕が感じてしまった一過性感情および感覚

彼の判断否定することがあってはならない。

彼の論理的思考に基づいた判断尊重しなければならない。

そう僕は考えました。

繰り返しになりますが、彼には才能があると思います。頭もとてもいいです。仕事だって人よりはるかにできるでしょう。

彼が誰だって知っているような有名企業エントリーすれば、おそらく内定をいただけると僕は信じています

僕はそうしてほしかった。21歳という年齢は若いですし、そこで社会人としてのキャリアを始めることは

決してマイナスにはならないと思うのです。僕から見た彼の印象は『寄り道』をすることを嫌っているような、そんな印象でした。


やりたいことが俺にはある。だからそこへ行くんだ。そこで俺の理想を実現する。寄り道なんてしてられない。

実にシンプルな行動論理だと思います。でも僕は彼に『寄り道』をしてもらいたかった。

それが一見無駄に見えることであっても、実際に無駄だったとしてもです。

彼は生き急いでしまっているのではないでしょうか。

僕が彼に有名企業に入ってほしいのはどんなに企業の中が腐敗していたとしても、

その企業日本の中心にあって日本を動かしてきたことは否定のしようがない事実であり、

入れる機会と才能があるのならば入社しても決して損にはならないと思うからです。

入社してみて、

実際に働いてみて、気づくことだってたくさんあると思うのです。

それを現時点で放棄するのはもったいないことではないでしょうか。

たぶんそれができるだけの能力権利もあると僕は思っていますし…


超長文/駄文 になってしまいましたね…

僕は何といえばよかったのでしょう。




未来のことはわからないので、答えがわかるのは20年後・30年後かもしれません。

しかしたら一生分からいかもしれないですね…

2017-04-05

http://anond.hatelabo.jp/20170405104623

桐生つかさ「そんなこと言ったってオメー、実際にベンチャー企業立ち上げるのはいわゆる『居酒屋バイトリーダー』みたいなメンタル的にもフィジカル的にもコミュ力的にもタフな人間だぞ? 殆ど経営者は鬱になるような奴のナイーブな心なんて理解出来やしないさ。そしてそういう弱そうなやつを雇わないし」

2017-04-04

新卒ベンチャーを選ぶに値する一つの利点

新卒カードはかなり強力なので、基本的には大企業に使ったほうがいいと思っている。

ベンチャースタートアップに中途入社するのは、大企業ほど難しくないし、入社後の待遇の違いもない。一方で大企業生え抜き優遇したりする。

それでもあえて、ベンチャー企業新卒選択するに値する、とても大きな利点を一つ紹介したい。

前書きが長くなった。

それは、上司を事前に知ることが出来ること。

言い換えれば、上司を選べる可能性が高いことだ。

スキルがつくとか裁量があるとかは企業によりけりなので汎用化できないが、これは間違いない。

会社が小さければ小さいほど、説明会やら面接やら懇親会やらに、あなた入社した際に所属する現場トップが必ず出てくる。

いわゆる大企業と呼ばれる300名以上の規模の会社になってくると、リクルート業務は、ほぼ人事が仕切る。

現場社員が出てくるとしても、そこに来た人と実際に働ける可能性は、そこまで大きくない。

会社雰囲気が良かった、人が良かった、それは会社選びの大きな材料になるだろう。

しかし、大手会社就活に携わっているのは人事部だ。そして彼らは、残念ながら現場社員達とは別世界の住人だ。

人事部の人と波長が合ったからといって、現場と合う保証はない。

大手企業への就職一種ギャンブルだ。

上司ガチャ問答無用に引かされる。

引きなおしたいと思っても、異動願いが通るのは早くて2~3年後とかだろう。

そのくせ、会社は、上司次第だ。

どれだけ素晴らしい理念や、コンプラ意識会社にあるとしても、上司がそれらをくそくらえだと思っていれば、あなた社会人生活は茨の道になる。

価値観が合わなければ、苦しいことになる。

実際に一緒に働くことになる上司と事前に会えて、その人と一緒にやっていけるかを判断できるというのは、強力な動機になりうると思う。

まり社交性の高くない人や周囲に迎合するのが苦手な人ほど、ベンチャー企業を見てみても良いのかもしれない。

ただし欠点として、ベンチャー企業マネージャー職にあるような人はワーカーホリックタイプが極めて多いので、選べるって言っても似たようなキャラしかいないやんけってなる場合もあるかもしれない。

その時はごめん。

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316095239

人によりけりでどちらも可能しか言えないですが、その認識が傾向として正しいかどうかの二者択一であれば、むしろ逆な気がします。

また、「受託開発」と世間一般表現した場合、いわゆるSEを様々な現場派遣していたり、SIなどをやっているような会社も含まれますので注意して下さい。

自社開発と言っても漠然としているので、分かり易い極端な例として、「新規Webサービスアプリを開発しているベンチャー企業」と定義しますと、

そういったところでやっている仕事と、SE仕事は、(SEとして就く現場によっては)職業として別物レベルで違ったり、共通する点があるにせよ、その濃さがまるで違います

そのため、SEになってしまい、実際に手を動かしてバリバリ開発するよな場所にいなかった場合は、上記における自社開発の現場ではあまり役に立たない可能性があります

受託開発」でも、中にはSE派遣とかではなくて、本当に技術レベルが高いエンジニアリング集団みたいな会社もあるので、そのようなところであれば、両者で行き来できます

就活されている方である場合、このあたりの選択ミスると、自分想像とまるで違うところに行ってしまうので、よく注意して下さい。

私はベンチャー企業で開発&採用(小さい会社なので・・・)していますが、若い方の場合、このあたりのミスマッチ転職理由にされている方は多いです。

2017-03-12

インターンシップってなにやるの

零細企業だけどバイトが集まらないので、インターン募集してる会社に話を持って行ったらしい。

上の連中は若い子が集まるのが大好きなので既にウキウキしている。

ベンチャーってイメージほどうちにはろくな技術仕事もないんだが

ベンチャー企業インターンしてプロジェクトコミットしたい学生失望されてtwitter拡散されて炎上するイメージしかない。

大丈夫なのか

2017-03-03

東証一部の基準

マザーズから売上10億円超の会社東証一部に行けるような考え方が分からない。

売上20兆円あるトヨタと一緒のマーケットになるとかって、投資家にとって不便で仕方がない。

もっとスクリーニングやすカテゴリを作って欲しい。

そのベンチャー企業からしたら、東証一部のブランドが欲しいのかもしれないけど、小学生ヴィトン持っているようにしか見えない。

そんな会社東証一部で、東芝東証二部とか、マーケットとして本当に使いにくい。

2017-02-10

偏差値40以下の世界にようこそ

偏差値40の世界ってバカにしてた人に言いたいけど、あんたも他人事じゃないんだよ。

わたしはこの前偏差値40なんてバカにしてた人よりもいい某国立大学、大学院まで出た。

学生就職したいランキング上位3位以内の企業入社して働いていた。

キャリアアップを目指して大学院に入るも失敗。

ここから人生の転落が始まった。

初めての失敗に焦ってネットベンチャー企業で働くも低学歴BBAパワハラされてうつ病になってしまった。

廃人になって退社、ここで完全に心が折れてしまった。

就活もしたけどうまくいかない。

それでまた病んで、風呂も入れなくなって人に会えない。外にもでれない。

保険がないか精神科にも通えなくなった。

学生時代読モをやってたけど、今は世捨て人みたいな見た目になって見る影もない。

貯金も尽きたし、親も死んでしまったので住む場所もどうしようもならない。

大学院が高額だったのでそのローンもある。

明日生きるための金策なんてするとは思わなかった。

今、毎日ソープ求人を見て応募するかを迷っている。

今まで勉強したことってなんだったんだろう?何にも役に立たねえってことだよな

私も偏差値40の世界なんてバカにしていた時期があるけど、簡単きっかけで転落するって初めて知った。

から偏差値40なんてバカにしちゃいけないんだよ

あんたもいつ転落するかわかんないんだから

2017-01-26

もう会社をやめて随分経ったのでそろそろ吐き出したい。

会社をやめて数ヶ月経ったので、色々と整理もできたし、あのとき自分が何を考えて居たのかとかもまとめながら吐き出したい。

今でもたまに思い出して「ウッ」っとなることはあるけど。これで楽になれるんだろうか。

文章を書くのはあまり得意でないので読みづらい文章だと思うけど、勘弁。

自分は小さなベンチャー企業で働いていて、最初はそれなりに上手くやれてたんだと思う。

でも、入社してからずっと抱いていた疑念?みたいなものがあった。

それは、上司とそのチームないの古参メンバーのなんとも言えない確執のような、お互いがお互いを信頼していない、または「うわべだけ上手くやっている」風な空気を感じることが少なくなかった。

入社してまもない自分は、「まぁどこもこんなことあるよね」って思いながら仕事をしていたんだけど、ある時チームの飲み会でそのことについて少し聞いてみたら、古参メンバーから、「一緒に仕事する機会が増えたらわかるよ。」と言われた。

そしてついに自分もその上司仕事をする機会が訪れた。

詳しいことを書いてバレると心配からまり書かないけど、彼らの言ってることを理解するのにそう長い時間はかからなかった。

気になっていた点をあげると

これらの出来事が共同作業をし始めて3ヶ月間程度のうちに発生していった。

正直かなり辛かった。

信頼が置けないし、人と真面目に会話しているのかと疑いたくなる。

「私は忙しい立場から

「あの時ほんとは言いたかったのですが」

「実はこう思っていた」

「実はこういう意図だったんです」

「その時は頭が回っていなかった」

  • いったことをよく忘れる

ある事象が発生した時、「こっちの方がいいといっただろう的」なことを言われたけど、それを指示したのは他ならぬ上司なのである

確認が遅れるとなんども連絡がくる。

忙しい身なのなら、みんながいる平日にきちんと出社したらどうか。

私はチームと会社もっとよくするぞ。とよく言っていた。

結果どうか。週の労働時間上司が一番短いし(皆、労働時間が長いのが良いという風には思っていない。)その働き方でチームメンバーからの信頼はガタ落ちである

「実はこうしたかったんです」プロジェクト終盤で言ってくるのでそれを実現するためにまた時間がかかってしまう。

問題が大きなところではないのに、そこを通さないと承認が全く得られない。

「あれどうなった?」「これは?」をひっきりなしに聞いてくる。もちろん休日・深夜問わずね。

そんなにマネジメントが好きなら全ての管理上司に依頼したい。

そんな数々の事象の結果、上司反抗的な態度(でもしないと仕事が回らなくなってきた。)をとるようになった挙句、「立場をわきまえろよ」と怒鳴られ、

不眠・次の日には会社に行こうとすると吐き気を催すようにようになる・上司に連絡をするときに手が震えるようになり、すぐに退職した。

自分はその辺の心の問題?的なところに関しては人一倍強いんだと勝手な自信があったけど全くそんなことはなく、むしろ非常に弱い部類だったんだろう。

まだ正常な判断ができる時でよかったと思う。

と色々書いて言ったけど、モロではかけないので意外にもスッキリしないかと思いきや、存外、心が軽くなった。

退職後、他のメンバーになんで辞めないのかと聞いたら「辞めても行くところがない」「職場を変える方が面倒」などの言葉が返ってきた。

でも、普段からだらだらと仕事をしていたような人たちだったし、それでいいんだろう。

今もし、上司との関係に悩んでる人がいたら、まずは周りに相談しんどいと思ったら仕事を変えればいいよ。と言ってあげたい。

一番大事なのは自分の体なんだし。

難しい判断だろうけど。

2017-01-21

転職ドラフトについて

転職ドラフト興味本位登録したのですが、自分現在年収 + 250万円の額がいきなり提示されて、驚きました。これまでやってきたことやGithubアカウントなどは公開しているので、やみくもに提示してこられたという感覚はありません。エンジニアとして良い評価を頂けて嬉しいです。

一方、自社でこのような昇給可能か考えると、(これまでの給与改定を踏まえるて考えると)250万円の昇給はあり得ません。100万の昇給でさえ夢のまた夢です。

そもそもの業績が悪く、どうしようもないベンチャー企業なのであれば、しょうがないでしょう。それでも夢を持って頑張るか、素直にオファーに応じて転職するだけです。

しかし、業界での知名度黒字化へそれなりに順調に進んでいるところを見ると、どうしようもないベンチャー企業だとは思えません。転職ドラフトで自社が投げているオファーを眺めていると、自分が受けたオファーと同じような額はもちろん、それ以上の額が、スター級ではないそこそこのエンジニアに対して提示されています。もちろん、外から見える公開情報だけでスター級ではないと判断するのは難しいのですが、そこに書かれた経験を信じるのであれば、私とそれほど変わりありません。

すでに自社で貢献しているはずの私の昇給が難しく、ブログ記事記事分程度のレジュメを公開しているどこかのエンジニアにはまともな給料を出せる。

一方で私も、ブログ記事記事分くらいのレジュメを公開してみれば、いとも簡単にまともな給料オファーがもらえる。

これを読んでいる方には自分に置き換えて考えてほしいです。

まりにも馬鹿馬鹿しくありませんか?

こうなってしまうと、自社での活躍よりも、できるだけ企業を選別しながら転々とすることを考えた方がお金は稼げますエンジニアに求められるのは、そこそこのスキルと、レジュメ作成能力、そして給料を引き上げるための転職を実際に2回も3回もすることです。

私は本当に今の会社が好きです。今の会社からもらえる給料いくらか安くても我慢できます

しかし、自社への貢献が昇給につながらず、自分より後に入ったそれほど優秀でもないエンジニアが高い報酬をもらうようなことになれば、さすがに今の自分待遇には納得できません。

会社社員の労に報いることを忘れていては、会社には金が欲しいだけの傭兵ジョブホッパーばかりになり、それこそWantedlyに書かれているような高らかなビジョン共感する者は一人もいなくなるのではないでしょうか。

転職ドラフト実在サービスですが、フィクションとして読んで下さい(体験談風に書いていますが)。こういったことはたくさん起きているのではないかなという妄想です。

2017-01-14

同人ゲーム映像勝手広告に利用するスマホゲームと某上場企業

こんなことが許されるのだろうか。

スマホYouTubeを見ていたらCMがはじまったので見ていると、どこかで見たことあるPCゲームプレイ画面がはじまった。

それは、「Cossacks3」というPC向け戦略ゲームで、海外の小規模なゲームデベロッパが開発しているSteamしか購入できないニッチゲームだ。彼らにPRする予算なんてないはずなのに、ついに広告まで打てるようになったのか!!と嬉しい気持ちになってみていたら、動画広告内で何のゲームなのか紹介することなく5秒でCMは終了。

おいおい、広告として中途半端だな、しっかりしろよ。と、そのときは思っただけだったのだが、また同じ広告をみかけたので「広告主のサイトアクセス」してみた。

すると、広告に使われていた画面のゲームとは全く無関係な「キング・オブ・アバロン」という別ゲームアプリダウンロード画面へと飛ばされた。

ゲーム宣伝をするのに、まったく違うゲームの画面を使うなんてことが許されるのだろうか?

ひょっとして、同じ会社制作しているゲームなのか?とも思ったが、売り切り型を前提として制作している同会社リリースできるゲームではないし、そもそも彼らに複数ゲームを同時にリリースする体力などあるはずがない。

ここからは推測となるが、「戦略ゲーム」に関心があるユーザーを手っ取り早く釣るために、同ジャンルの他のゲームの画面をキャプチャし、(コピーライト表記などもないことを考えると)許諾を取らずに広告勝手に使っていると思われる。

そう考えれば、CMなかに宣伝したいゲーム名前が表示されなかったのも頷ける。名前を出さなければ、(勝手に使われている)ゲームを知っているひとにバレる確率が少なくなるという算段なのだろう。

Google Playレビューを読んでみると、以下のようなレビューを見つけた。

アプリサービスを終了するべき Banishedというゲーム映像勝手使用しているという指摘を前バージョンから受けているにも関わらず訂正していない。他のユーザーの言う通り個人作成ゲームからと足元を見ているようですがあなた達の方が無能なのでは?この様な評価を受けても表だけの対応(笑)しかせずに他のゲームの力でダウンロード数を稼ぐくらいしか脳のない運営なら早く撤退することをオススメします。 漢字(かんじ)が読(よ)めなければ他(ほか)のゲーム制作者(せいさくしゃ)又(また)は会社(かいしゃ)に聞(き)いてください。長文失礼しました。

引用元https://play.google.com/store/apps/details?id=com.funplus.kingofavalon&reviewId=Z3A6QU9xcFRPRTJuUEF4UDBtS2I3TnJPRThKU0gydnpKVjhFazNtcDh1clRHUTgyOXhSY2RUeXhGWU4tOEF1MnJCRldRUnRIWmtzRnU0Q3g3YVdvTm1L&hl=ja

違う なんか、広告で見たのと全然違っておかしい。やる気失せた。

引用元: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.funplus.kingofavalon&reviewId=Z3A6QU9xcFRPSFhyUEcwMjNzSzhPeG0xOGdwUVpBbGNfUlNZWjU2a0ltb0plNUpGWjItWUJ5c1FEWnNpZGFQRkdLdXA1aDFrQlIybzB4S1JMQ3dLU2ZL&hl=ja

と、前科がある模様。それぞれのコメントに対して、運営から謝罪と連絡先のコメント11月下旬ごろに返信されているが、結局映像を利用するゲームを変更しただけで同様の手法が今でも続いている状態と言っていい。

※ここに名前の挙がっている「Banished」というゲームは、兄弟2人だけで開発されたインディーズゲームにもかかわらず完成度が高いと有名な、トロピコ的村落経営ゲームのはず。

こんなセコイ広告戦略を考えるのは、倫理へったくれもない弱小開発会社なのかな、だったら仕方ねぇなと思ったので「キング・オブ・アバロン」の開発元を調べてみると開発元は、中国企業

Funplusという中国企業で、同社サイトを見たところ、400名以上の従業員がいるとのこと。こんなこと、大企業がやっていい手法ではないだろう。。

Google App Store登録元の、diandianinteractiveという会社は、Funplusの実質的海外拠点の模様。http://diandianinteractive.com/about で使われているオフィス写真が、 https://www.biv.com/article/2014/8/vancouver-lures-asian-tech-companies-looking-for-c/ 内で使われている写真と一致

今回の広告に関与しているか不明だが、このアプリ日本展開の広告マーケティングを手伝っているのは、上場を果たしたベンチャー企業であるメタップス」と思われる。

ゲーム情報サイトである4gamer掲載された同ゲームに関するリリースを見ると、ゲームの公開や更新に関するプレスリリースを「メタップス」名義で配信しているため、同社が国内展開に対してある程度深くかかわっていることは間違いないと思われる。

4gamerリリース記事

http://www.4gamer.net/games/347/G034791/20160627042/

http://www.4gamer.net/games/347/G034791/20160909033/

「Cossacks3」も「Banished」も、どちらの開発元も小さく(「Banished」のほうはもはや同人ゲームと言っていいレベル)、かつ日本国外だ。大手の有名なゲームでなければ、ばれないし訴訟もされないと思って、こんなことをやっているのだとしか思えない。この件について、某キュレーションサイトのように謝罪や削除だけして金も払われずにうやむやにされるのではなく、願わくばゲーム画面を勝手に利用された開発会社が「著作権使用料」を適切に受け取る形で決着されないものだろうか。

一応、証拠写真も撮ったのでアップしておく

http://or2.mobi/index.php?mode=image&file=142843.jpg

2017-01-09

大企業東京本社ビルに勤める増田

ロスジェネ世代

1998年当時、皆が大手企業を中心に就職活動するなか、東京勤務と大企業にだけは就職したくないと、中小企業狙いで就職活動していた反抗期自分

今では、ネット界隈で「新卒教育が充実している大企業か、即戦力が鍛えられるベンチャーか」という論争が盛んだが、当時はネットでの就職情報さえなかった時代だ。当時の俺は、即戦力をつけたいという思いか100人くらいの会社入社した。仕事徹夜続きでブラック企業だったが、成長実感が感じられ、働き甲斐も大きかった。

その後、数社のベンチャー企業転々とした。プロジェクト会社に与える自分の影響が強いことに働き甲斐を得られる反面、このタフな働き方をずっとは続けてはいけないこともわかった。社長ビジョンを信じ、給与が出ない生活にも耐性がなかった。

働き始めて17年後、いくつかのご縁と幸運が重なり、今は、大企業東京本社で勤めている。

周囲の社員は優秀でホワイト企業

だが、組織システムが硬直化し動きが遅い上、現場は遠く、自分仕事なのかどうかも実感できない日々が続く。

内調整が重視されるため、若いころに培った伸び盛りある現場仕事ノウハウが活かせるような職場でもない。

大学生のころ、絶対行きたくないと思っていた大企業東京本社で勤めている。

現実逃避で友人のベンチャー企業を手伝っていると、いつのまにか自分大企業病に罹っていたことを知る。

やはり、給与がいつ出るかわからない環境に身を置けるほど、若くもなくなってしまった。

リスクばかりを気にするようになった。

環境が人を作るとはよく言ったものだ。

心が老いて、俺はもうゾンビ企業ゾンビのものだ。

2017-01-08

http://anond.hatelabo.jp/20170108120231

YOYO Holdings Pte. Ltd. CEO 深田 洋輔

https://www.wantedly.com/companies/yoyo

私たちは、「モバイルインターネット新興国の人々に」という理念のもと、世界で最も注目を集めているマーケットひとつ東南アジア×モバイル領域にフルコミットしています

Mirabilis inc. CEO 岡田

グロースエンジン 代表取締役 金井路子

http://growthengine.jp/

インターネットというツールを使いこなすことにより、世の中を変える、成長エンジン(Growthengine)を生み出すこと。

インターネットというツール活用することにより、世の中の事業すべての、成長エンジン(Growthengine)となること。

LITALICO 取締役 中俣博之

http://litalico.co.jp/vision/philosophy/

世界を変える

すべての人の可能性が最大に拡がる社会の仕組みを

築くとともに世界が誇れる文化を創出する

ORATTA 代表取締役 今井勇樹

http://www.oratta.net/company/

http://www.oratta.net/wp-content/uploads/2013/06/700_2901.gif

株式会社ライトマップ CEO 鈴鹿竜吾

http://www.rigtmp.com/products

「プレ就活生」×「完全紹介制・会員制Bar」×「ベンチャー企業

というモデル飲食無料Baropenしました。

キャリアについての悩みにピンポイントで答えられる人材とのマッチングBarです。

BCリーグ運営 村山賢一郎

http://www.bc-l.jp/league-info/uneirinen

その生まれ育った地域における唯一無二のプロ野球チームを、地域が一体となって支え、応援する。選手もチームも、地域に溶け込み、地域の人々から愛され、励まされ、それを誇りとしてプレーし、一方、地域の方々も、チームを応援することを楽しみとし、チームを誇りに思う。

BCリーグは、そんな「ふるさとプロ野球」に共感応援してくださる地域の方々に「夢」と「感動」を与え続けるリーグ運営を目指します。

Quipper Ltd.CEO 渡辺雅之

https://www.quipper.com/en

Quipper Video provides online tutorial videos to students who are eager to enhance their knowledge, learn beyond, and prepare for school entrance examinations.

主婦 山口真由

2017-01-03

freeeの自動仕分け特許は本当に当たり前なのか

freeeがマネーフォワードを訴えた事で、その特許自体批判するコメントが多く見られる。

これは、ニュース記事などでも「文字列を元に自動仕分けする技術なんて世の中的にはもう何十年も前から存在するでしょ…」

といったように発明でもなんでもないとする論調が多い為だと思う。

http://cards.hateblo.jp/entry/freee-moneyfoward-saiban/

しかし、本当にこれが当たり前の技術なのか、特許審査官は当たり前の事に簡単特許を認めるのか。

そもそも、「文字列を元に自動仕訳する特許」という広範囲権利が及ぶ基本特許が取れたというのは正しい認識なのか。

という事で、実際の特許文献を見て確認してみた。

まず、上記引用記事で紹介されていた特許文献はこちら

http://astamuse.com/ja/granted/JP/No/5503795

そして、特許範囲を決める特許請求項を引用する

請求項1

クラウドコンピューティングによる会計処理を行うための会計処理装置であって、ユーザークラウドコンピューティング提供するウェブサーバを備え、前記ウェブサーバは、ウェブ明細データ取引ごとに識別し、各取引を、前記各取引取引内容の記載に基づいて、前記取引内容の記載に含まれうるキーワード勘定科目との対応づけを保持する対応テーブルを参照して、特定勘定科目自動的仕訳し、日付、取引内容、金額及び勘定科目を少なくとも含む仕訳データ作成し、作成された前記仕訳データは、ユーザーが前記ウェブサーバアクセスするコンピュータ送信され、前記コンピュータウェブブラウザに、仕訳処理画面として表示され、前記仕訳処理画面は、勘定科目を変更するためのメニューを有し、前記対応テーブルを参照した自動仕訳は、前記各取引取引内容の記載に対して、複数キーワードが含まれ場合キーワードの優先ルール適用し、優先順位の最も高いキーワードにより、前記対応テーブルの参照を行うことを特徴とする会計処理装置

この請求項を見ればこの特許権利を主張している範囲がざっくり分かる。

要約すると以下のような要件構成されている。

特許の仕組みは、請求項に記載されている事が全て満たされた場合のみ自分特許範囲だと権利主張できる。

まり、この特許

これだけ特許範囲限定されると、「文字列を元に自動仕訳する」仕組みがあればどんなシステムにでも権利主張できるものではない。

まり、これはfreeeがコア事業としているクラウド会計サービスが最大の強みとする「自動仕分け機能」に特化して特許取得したものと言える。

そして、この特許が出願されたのは「2013年10月17日」。

この時点で、クラウド会計サービス自動仕分けを行うという事が当たり前の仕組みだったのか、前例があったのかという事になる。

当然、審査官はその出願日を起点として過去に同一または類似の公知文献が無いか調査している。

まだクラウド会計処理をするという事が一般化されていない時期に、ベンチャー企業クラウド会計サービスで最もメリットとなりえる

自動仕分」を知財化し、後追いサービス牽制する戦略を取るのは当然とも言える。

しろ、もしこの特許が国際出願されており、海外に対しても権利化できるのであれば、今後海外展開した時に海外クラウド会計サービス

クロスライセンスを契約する際のカードにもなると思うので、取れる範囲はどんどん取っておくべきだと思う。

特許に関して批判が上がる原因としては、

が大きいと思う。

もしこの特許が当たり前だというのであれば、出願日時点より前に公知となっていた文献やサービスシステムを明示し訴える事で

特許無効化できる手続き手段も用意されている。取得できた特許権利絶対ではない。

何十年も前からある当たり前の技術だと言う人は、是非出願日以前に遡ってこの特許範囲と同一または類似する文献を明示してみて欲しい

2016-12-28

キュレーションサイトの中に未だパクったままにしているサイトがあった

先日、調べ物してたら、噂のキュレーションサイトぱくり問題そのまんまのサイトを見つけたので、運営側に教えてあげた。

「これ、ぱくり?ぱくりならまずくない?」と。

そしたら、返信があった↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは治療ノート事務局です。

この度はお問い合わせいただきまして誠にありがとうございました。

ご指摘をいただきまして、誠にありがとうございます

ご指摘の内容を受け、改めて確認をしたところ、該当記事について誤解を招く表現になっておりましたので、当該記事を削除いたしました。

弊社では編集チームによるチェック体制をしき、記事のチェックを行なっておりますが、今回の記事は十分にチェックが行き届いておりませんでした。

再度チェック体制見直し、再発防止に努める所存でございます

引き続きお気づきの点がございましたらご教示頂ければ幸甚です。

改めて、この度は貴重なお時間いただき、ご指摘を頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも「治療ノート」をどうぞよろしくお願いいたします。

【お問合わせ内容】

お問い合わせの内容をお選びください *

機能コンテンツに関するお問い合わせ

お問い合わせ内容 *

https://www.c-notes.jp/articles/400

この記事記載の内容が

http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_09_14_02.html

の内容と酷似しています

仮にファイザー許可を取っていないとすると、出典元を明かさず、あたか自分たち取材して書いたような記事は、法律違反のように思えるのですが、ご見解をご教授ください。

状況によってはかなり悪質と言わざるを得ないと思います

治療ノート事務局

=================================================

治療ノート - 治療法が選べる医療情報サイト

https://www.c-notes.jp

Twitterhttp://twitter.com/chiryonote

Facebookhttps://www.facebook.com/chiryonote/

メール送信専用メールアドレスから配信されています

このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

意見、ご要望は以下のURLからお願い致します。

https://chiryonote.wufoo.com/forms/aaaa/

=================================================

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

別に魚拓取っていた訳でもないので、証拠はもうないんだけど、アンケート結果や医者コメントをあたか治療ノート取材たかのような書き方だった。

ぱくりそのものだった。引用とぱくりの境って難しいからなあ、とぱくり問題については遠巻きに見ていたけど、実際に現状をみてみると、これは悪質だよなあ、と改めて思った。

これではWeb業界の見識を疑われても仕方がない。

新しいことに挑戦するのは素晴らしいことだと思うし、多少のリスク積極的に取るというのは尊いと思うけど、これはひどい

さらにびっくりしたのが、あれだけDeNAが叩かれているのに、未だにこんな記事放置していて、指摘されたら、指摘された記事だけ消すリブセンス対応

キュレーションのぱくり問題は、ベンチャーから許されるといったたぐいの話ではないでしょう。むしろベンチャー業界が大切にするべきクリエティティへの冒涜でしょう。

ベンチャー企業の雄であるリブセンスが、このような対応というのは、日本ベンチャー業界レベルがこの程度と示しているようで悲しい。

2016-12-12

怪文書だが、転載しておく(自己保存用)

 内容としては話半分以下の怪文書だろうけど、自分(=投資業界)の知っている内容で事実関係を知っているor関係者から話を聞いたことがあるものが含まれているので、要検証と思い転載しておく。なんか突然削除されていたから。

赤浦さん周辺というと、ヤフーを辞めた松本真尚さんや現ヤフーでいろいろありつつ生き残っている「おざーん」こと小澤隆生さん、「けんすう」こと古川健介さん方面問題だと思うのだが、ここで語られている百社以上のベンチャーエッセンス吸われて一社に固められ急成長というのはnanapiKDDIもそのひとつだったと思う。また、赤浦さんの方面不思議投資は旧jig系列ファンドよりもグロービスの話は沢山聞く。独立系ベンチャーキャピタル情報をやり取りするとかそういうスキーム

DeNA村田さんだけ叩かれるのは不公平とは思うけれども、ご存知の通りiemo10億の買収はデューデリジェンス2か月、社内検討5か月という話が事実だとするならば、iemoが一回も決算をしていないのに10億のバリュエーションがついたということになってしまう。

もしもベンチャー業界が襟を正すとしたら、今回は良いチャンスなんじゃないだろうか。

ここから引用--

村田マリけが問題なのか?業界からみた裏事情

今回のWELQ騒動炎上中のDeNAの中で、雲隠れしているが実は主犯だと目されている村田マリ氏について、様々な人たちが内情を明らかにし始めているが、

gigazine.net

その名を轟かせたのは作って一年しかたっていない会社DeNA社長の守安氏に直談判して10億もの巨額のお金で売却したことであった。しか業界では、当時から明らかに過大な額での売却であったことから、また無知なオッサン殺しパワーで契約を取ったと話題になっていた。そもそもサイバーエージェント時代から女子力契約を取ってくることはは公然の秘密であったが「私たち顔採用なのかしら?」と言うほどのその自信は本当にどこから来るのかわからないが、効果は発揮しているようでもある。

netgeek.biz

しかし、いくらなんでも女子力だけで明らかに問題があるパクリメディアを10億ものお金で売却できるのか、と疑問に思うのが普通だ。ただ業界内でそれを納得できる公然の秘密となっている別の理由がある。それは夫の存在だ。

milkpan.link

実は夫の本間真彦はインキュベートファンドという業界では屈指のベンチャー投資ファンドメンバーであり投資家なのだ。夫である以上売却にひと肌脱いでる事は間違いないが、このインキュベートファンドというファンドがまた非常に問題のあるファンドであり、過去にも同様な犯罪スレスレベンチャーを騙して大手に売りつけたり上場させるということを何度もやっている、業界では有名な曰く付き問題ファンドなのである

このファンド創業者の赤浦徹は、前身となる自信が運営するファンドがなんと東証から市場勢力ファンドとして排除されたということもある、札付きの問題人物であり、本間もその一派なのだ過去にはファンドから出資を受けた企業は皆絶対上場承認されないという大変な事態となり業界が一時すったもんだした上、彼の過去問題がある数々の行動から、あらゆる証券会社に彼が入っているベンチャー絶対上場させないと言わしめたほどの人物である

業界内部に根を張ってインサイダー情報を手に入れ、公開株を売り買いして儲けるのは序の口(もちろん違法である)であり、投資先の人間犯罪すれすれの事業をさせて、売上があがるようならバレないように売却するのである。実際にその煽りを受けて逮捕されたもの複数いる。

それを知っている人間からすれば、この買収劇は村田マリだけではなく、インキュベートファンド一派が裏で糸を引き、最初から法律的にアウトであるビジネスモデルであることを隠して交渉を行い、DeNAが見事に引っかかった、ということであることがわかる。

はいえ、上記の様な問題がありながらも、実はこのファンドは非常の良い成績を上げており、業界内でもそれなりの力を持っている。赤浦氏はなんとベンチャーキャピタル協会常務理事まで努めている。だがその裏のファンドが行っている悪徳ビジネスモデルを知る者からすれば、今回のパクリメディア実態と非常に似ていることが理解できる。

ryuusnews.com

何の事はない。何もかもがパクリなのだファンドが儲かる仕組みは非常に単純だ。まず、無知な優秀な学生等の若者に目をつけて、数百万程度の投資額でなんと半分近くのシェアを得て主導権を握る(普通はそんなに大きなシェアベンチャーキャピタルがとることはない)。そういった投資を数多く繰り返しそれだけでも問題なのだが、なんと本来絶対に秘匿しなければならない投資先のビジネスモデルノウハウ技術財務情報などをなんと他の投資先にすべて流出させパクラせてしまうのである

ベンチャー企業にとって技術ノウハウビジネスモデルは命とも言えるもので、株主でありながらそれを流出させるというのはもちろん言語道断で許されることではない。だが、投資されているベンチャー側はマジョリティを持つ株主に報告することは義務であり、報告しない訳にはいかない。もちろんまさかその内容が流出しているとも思わないし、逆に一見いろいろなことを教えてくれる良いファンドしか見えない。

しかし当然ながらしばらくすると同じようなビジネスを行う他の会社がたくさん出てくることになる。ベンチャー企業側は単に競争が激化したと思っているのだが、それは実は自社の株主情報流出させているために起こっているのである。またたとえ流出に気がついたとしても、株のマジョリティを握られているので、もうどうしようもない。しまいには、売上が上がらないなら犯罪スレスレ事業に手を出せと脅され、こき使われるのである

一方投資サイドからすれば、投資先の最も成功しそうなベンチャーに、何百もの会社機密情報を教えるだけで、そのベンチャーは当然タダで最先端ノウハウを大量に手に入れられることから急速に伸びることになる。そして上場させるか会社売却して、売り抜けて終わり、である。ただそこで終わらないのがまたすごい。

その上場したベンチャー自身も、そのノウハウ本来自分たちが持っている能力で生み出したものではないので、ファンドが離れてしまうと結局ジリ貧となり上場後非常に苦しむことになる。そして業績不振理由上場した企業から創業者を追い出し、実質的経営権を得て内部情報を手に入れながら裏で株を売り買いして儲けるのである。また上場企業内部に関係者を送り込むこともある。

業界で一目置かれているのは、表向きはファンドとしてきちっとリターンを出しているという点なのだが、それは表から見た場合であり、実際には犯罪スレスレどころか、パクリ行為犯罪行為のもので上げているリターンである。その下には本来日本を支えるベンチャー企業になる可能性のあった優秀な人たちが死屍累々としているわけだ。

この構造、どこかで見たことがないだろうか。

そう、まさに嘘でもなんでも良いから人の記事をパクりまくって自分のものにして、PVを上げて数字を作り出し、オッサンをだまして売却した、村田マリが行った手法のものである普通に考えれば、いくらパクりまくると言っても、記事だけでなく、SEOの深いノウハウクラウド人材を利用するノウハウなどが最初からなければ、たった1年で10億もの大金で売却できる企業を作れるはずがない。今回の騒動、要するにビジネスモデルのものパクリであり、さら村田マリフロントにしてインキュベートファンド一派が仕掛けた詐欺モドキに、DeNAがさっくりと騙されたというのが実態なのだ最初からすべてがマッチポンプなのである。※なお直接iemo投資はしていないという指摘があったが、妻の財産と夫の財産は共有に近いわけであるから実質的には同じだ。インキュベイトファンド出資先は上場しているという指摘もあったが、それは前身ファンドではなく作り直したファンドからだ。

www.katsushin.com

村田マリが表にでてこない理由がここにあるのだろう。もしその裏まで探られ始めたら、そもそもWELQ炎上ではすまない恨み、ツラミネット上に噴出することになりかねず、夫のインキュベートファンドは壊滅するかもしれない。その可能性を考えれば、まだ著作権法違反ですんでいる方が良いというわけだ。それに最初から問題があると知って売却したのであれば、当然本人もDeNAから損害賠償提訴を起こされ、村田マリ破産さら逮捕となるわけだ。

でてこられるわけがない。

偉大なる元増田

http://anond.hatelabo.jp/20161211184026(削除済)

Googleキャッシュ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://anond.hatelabo.jp/20161211184026

魚拓

http://archive.is/O6kzH

2016-12-11

アルハラセクハラなんでもござれ忘年会に参加してきた

先日、自分バイトしているITベンチャー企業忘年会に参加してきたのだがありえんぐらい最悪だったので書く

(このITベンチャー企業は前にもネットで少し話題になってたみたいなので知ってる人もいるかもしれない)

参加者は30人くらいで、社員10人弱、残りは学生バイトくらい。

で、学生が多いゆえに毎年学生がやらかすらしいんだが、

今年は大学を出たばっかで最近入社した関西人新入社員が中心となって最悪の事態を巻き起こしていた。

まずはアルハラ

とりあえずビール瓶を両手に持って新入生バイトを中心に回ってきて、無理やりグラスについで飲ませてくる。

グラスがなくなると次をついで、更に飲ませる。これの繰り返し。

死んだ学生がいなかったことが幸いである。

次はセクハラ

まず女性への抱きつき行為からまり

AVパッケージ女性に見せつける。

この会社では毎週やってるプレゼンの年間最優秀賞プレゼンター忘年会表彰されるのだが、その賞品にAV関西人新入社員が持ってきており、

それを女性に見せつけていた。

そして極めつけは脱ぎだす。

最初シャツになり、ズボンを脱ぎ、ついには全裸(さすがにこれは限られた空間だけでやっていた)

ほかにも学生(男)にキスをしたり、ツバを吐いたり、疑似フェラ、疑似セックス暴言

いつまで大学生気分なのかはしらんけど。ありえなさすぎる。

社長はあまり関わらんとしていた様子から、めんどくさいのをいれてしまったと後悔をしていたのだろうと読める

おわり

大企業出身者だから使い物になるという勘違い

よく中小企業ベンチャー企業が、大企業出身者を中途採用しているのを見かけるが

失敗してるイメージが強い

 

理由簡単

巨大な企業では極狭い領域ハイクオリティスキルを求められるが

中小ベンチャーでは、もう少し広い視点でそこそこのクオリティを求めるから

 

もちろん、大企業で働いている時点で基本的に優秀であるため

中途採用してから2年3年と実績を重ねられるなら十分美味しい採用だろうと思う

 

しかしそれはあくま第二新卒を入れるような感覚

例えば、30も超えた大企業出身者に、経験値や即戦力を期待してはいけない

即戦力として活躍してほしいなら、自社と同規模の会社や、一回り大きな会社出身者、あるいは実力だけで生きてる攻めた奴を選ぶべきだと思う

さもなければ、外注仕事を渡すようなイメージ仕事を切り分けるとか、プロジェクト独立させるみたいな工夫が必要だろう

 

経験則だが、会社の規模が桁1つ変わるとやることが一変するイメージがある

大企業出身者がベンチャーに飛び込んでるのを見ると笑えない

採用する人はもっと冷静になって考えて欲しい

 

 

大企業の中でも、一部例外的企業存在する

 小さな事業をいくつも持っていて、社内でベンチャー的な動きをしている会社

 そういう会社出身者はお買い得なので逃がす手はない

2016-12-03

Welqのようなトンデモサイト運営企業特定する方法

大体最近注目されているメガベンチャーは、DeNAみたいにキュレーションメディア(笑)で荒稼ぎをしているものだ。

特に、◯期連続成長!なんて謳っているベンチャー収益源となっているのは、アフィリエイト収入だということがしばしば。

自分個人ブログを書いているが、キュレーションメディアに丸パクリされる事が多く、頭に来ている。

増田を読むような奴はヘイトの塊だと思っているので、Google検索結果に引っかかってきた邪魔サイト運営元を特定する方法を教えておく。

サンプルとして、Laughy、というキュレーションメディアがある。

https://laughy.jp/

TOPページに飛んだ瞬間に分かることだが、DeNA運営しているキュレーションメディアに負けず劣らずのクソ記事ばかりだ。

エンタメ」のカテゴリ等は特にひどく、芸能人画像転載だらけ。著作権はどこへ行ったのか。

更に問題なのが、記事の内容は週刊誌も驚く程のデタラメが多いということだ。

下記のブログでも、いくつかの記事に対して怒りの記事投稿されている。

http://ainoyatatsugoro.com/1126

また、Laughyにも「ライフ」カテゴリ存在し、かつてはWelqと同じように薬事法違反レベル記事投稿されていたが、今確認すると見当たらなかった。

https://laughy.jp/category/life

さすがの対応の早さだ。

※下記の増田魚拓を取っていたようなので、合わせて紹介する

http://anond.hatelabo.jp/20161201084936 (増田記事

http://megalodon.jp/2016-1201-0020-31/https://femit.laughy.jp:443/amp/1456218049216172527 (魚拓

じゃぁどんな会社がこのサイト運営しているんだ?と、

会社情報を見ると「株式会社Laughy」と、代表取締役渡邉氏の名前しか書いていない。

これはベンチャー企業運営するキュレーションメディアに見られる特長だ。

会社をわざわざ作り、悪質なコピペデタラメを垂れ流すメディアでボロ儲けしつつも、決して会社名に傷をつけないようにするための、汚い手口なのである

だが、その場合メディア運営用の会社の住所は本社と同じ場合が多い。

なので、法人マップ株式会社Laughyを探してみよう。

http://xn--9ckxbt9861a8p5a.com/detail/6010401111513

どうやら、所在地は「六本木2丁目4番5号」らしい。

このに存在する会社を調べてみると、ソフト◯ンクグループ会社と、ベンチャー企業であるSpeeeという会社がヒットする。

http://www.ecareer.ne.jp/s/k/c2/00035755003.html

企業情報を見ていると、見覚えのある名前があった。

http://www.speee.jp/#recruit

代表取締役の一人のフルネームが、株式会社Laughyの渡邉氏と一致する。

同じ住所での登記代表取締役も一致、ということでわざわざ別会社を作ってメディア運営しているのは明らかだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん