「修羅場」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 修羅場とは

2017-04-27

部下が鬱で休職した

遅い昼時、流行っていない定食屋に入ると客はただ一人自分だけであった。ぼーとしていると、涙がぽろぽろ流れてきて驚いた。

何の涙かわからないが、ともかく原因はわかっている。

部下が鬱で休職した。手塩にかけたといっていいほどの部下だ。

うちの会社IT系)の立ち上げからの創設メンバーで、つい先日までバリバリコードを書いて、客との交渉要件定義をし、見積り必要工数計算までできる部下だ。

先日、突然ちょっとした言い合いか感情が爆抜したようになった後、「辛い」とだけ書かれたメールがきて休職となった。

なぜ、このようになったのか、何が起きたのかわからなかった。つい先日まで同じ部屋で同じ空気を吸っていたのだ。今年は確かに仕事の量は多かったかもしれないが過去これ以上の修羅場はいくつもあったし、乗り越えてきた。

しかし、数通のメールのやり取りと「辛い」メールの後、一回した面談で分かったのは典型的な鬱の症状だった。会社の最寄り駅の階段を上るときに動悸がする、手が震える、いっぱいたまったメールslackredmine自分を押しつぶそうとする、これらを泣きながら話す姿を見ていると鬱と思うしかない。

自分もこの会社の創設メンバーの一人だ。創設からずっと一緒だった。正直、ブラックな時もあった、いやこの春もそうだったのかもしれない。

しかし、できるだけ仕事を共有し、負担を軽減し、状況もみて「辛そうだったら、俺にふるんだぞ」と言い続けてきた。過去はくじけそうになる僕を部下が叱咤激励することさえあった。その叱咤で頑張れた。その後は社員の質の向上を会社が掲げ、仕事環境もずいぶんと向上しているはずだった。メンバー全員がよい職場づくりを考えて改善してきた。今年は例年と比べて仕事量を減らしたつもりだった。

思い当たるところはある。

一人前になるにしたがって部下に任せきりになり、安心していた。一エンジニア立場からマネージメントまでするようになって、僕の知らないところで客との交渉や調整で苦労がたまっていたのだと思う。忙しいときほどよく話すのがいつもだったが、今年は忙しくなって2人で話すことが少なくなっていった。

なぜ気が付いてやれなかったのか、どんなに辛かったのか、そんなことばかり思い浮かぶ。

電車の中、スターバックスコーヒーを飲んでいるとき帰宅途中の道で、ふと頭を空っぽにしたり気持ちが緩んだ時につい考えてしまう。そしてなぜか涙が出てくる。どうして、どうして、という思いと、こんなつらい気持ち以上に、当の本人が辛いと思うとやるせない気持ちになる。

相談してほしかった。力になれない自分が情けなかった。気がつけなかった自分が情けなかった。

周りは、直接の上司である僕がコンタクトはしないほうがよいという。だから今はメール電話もしていない。

僕はその部下にとって「過労を象徴する」者で、辛い会社代表する「悪の権化」となっているかもしれない。

今は部下が元気になれるように、休職制度手続き場合によっては転職によって仕事場環境を変えるときに不利にならないように交渉している。

定食屋の親父がこちらを見ていた。人前でいい歳の男が泣くなど自分でも思っていなかった。

僕でさえこんなに辛いのだ。僕以上に彼女はつらいだろう。そう思うとまた涙があふれてくる。どうしたらよいのだろう。

こんなことを匿名で書いていて、なんになるのだろうと思いながらも匿名ダイアリー吐露するしかない。

こんな光景3月4月日本では珍しくないのだろうか。

-------------------------

4/28 追記)

初めて増田で書きました。コメントいただいた方、ありがとうございました。もっと批判されると思っていたのですが、有用アドバイスもいただけて感謝しています

感情に任せて書きなぐったため、誤字や脱字があったので直しましたが本文はそのままにしておきます

私自身も疲れているようで、医者にかかることにしました。近々プロジェクトがいったん区切りがつくので、ゆっくりしようと思います

部下はコメントにあるように女性で、新卒から私が育てたこともあって気持ちの入り方も強かったのだと思います家族以外では最も大切な友人、あるいは妹のように思っていました。

さなベンチャーなので意思決定も実行も早くできます私自身も取締役として労働環境見直しをしようと思います

2017-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20170425210458

こういう現象が続いたことが明治廃仏毀釈に至ったわけで、その時代に各地で失われた多くの文化財のことを考えれば、放置すると仏教界だけでなく日本全体にとって不利益というのは分かる。ただ、「そういう目に遭ってもなお性懲りもなく同じことを繰り返す人々」なわけだよな。結局、体制自体を変えないとダメなんだろう。

地元の様子を考えるに、僧が寺を「我が家」のようにして後を継いでいくのが100%悪いとは思わないのだが、後を継ぐ肉親がいなくなった時点ですっぱり手放すという決断自分でできないのが問題なのだと思う。知り合いのところも、子がダメなら孫、みたいな感じでなんとか後を継がせようとしてた。それは結局「自分が住み慣れた家(寺)から出て行きたくないから」なんだよね。

かといって、増田のあげた例で言うなら、「養子で入った新しい住職」の権利を強めると、今度は「信じて入れた養子に冷たく追い出された高齢の元住職夫妻(あるいは元住職が亡くなって、妻のみが追い出される等)」といった別な方向の修羅場が発生するだけのことだと思う。難しいね

とりあえず、元住職夫妻限定で入れる素敵な養老院を、本山出資して整備してみるとかそういう方向での解決はどうなんだろうかね。

2017-04-05

http://anond.hatelabo.jp/20150508203105

既婚者で子供がいると、さらに見下すとは思うよ。

やっぱり子育てって24時間体制で、それを何ヶ月も続く。

そんな修羅場をくぐってきたら、

独身者修羅場ってたかがしれてるって思うようになるのは仕方ないと思う。

イラ新聞配達とき寮生活でほぼ監視下に置かれるという修羅場

何ヶ月も経験してきたけど、まあ子供はひよわな命だしな。

ま、人によるけどね。

自己肯定感が低くてって話を見るたびに

要するに自分雑魚っていう設定にして仕事責任から逃げて得したいだけって思う。

自信を持ってバリバリ作業進めてる人を羨ましいとかすまし顔で言うけれど、そういう人たちは、成功しようが失敗しようがやらなきゃならないことがあるから死にものぐるいでやってるうちに、修羅場になれただけの話だ。

2017-03-18

会社の同期(19)と過ごす昼休憩が苦痛すぎる。だいたいいつも彼氏の話。パーテーション1枚で区切られた休憩スペースでご飯食べてんのに、昼間っからなぜお前の性の話と修羅場の話を聞かないといけないんだよ。パーテーションの向こうには上司も先輩もいるのに大声で話し始めるお前はすげえよ。一緒にいるわたし気持ち(笑)あーほんとくそか。

なに、「お前の彼氏が昔ある女に迫られてヤッたらしいよ」って話を、共通の友人から聞かされたんだと。そんでそれは嘘だっていう弁解の電話が昼間に彼氏から掛かってきたらしいんですよ。(この時私は隣に座っているので電話の内容が丸聞こえである。) そしてこいつはわたしに「彼氏から○○で○○な電話掛かってきた〜笑」とか話してくるわけです。いやいや聞こえてたから知ってるで。

そして、「ほら、こんなLINE来ててさ〜」っつって、「彼氏が迫られた話」を言ってきた共通の友人(男女)(しかもこの男女2人は子持ち若夫婦)のそのLINEを見せられ。そしてなんとこいつはこのLINEスクショして彼氏に送っていた!なんということでしょう〜!こいつは修羅場の渦中にいる可愛い自分、って状況を楽しんでんのかな〜と思ってめちゃくちゃ笑ってあげた。しね。(そして友人の女と彼氏だけの話じゃなくて。この友人の男は、既婚子持ちのくせに同期のこいつに迫ってるらしいっす。四角関係(笑)まじどんな話だよ笑うしかねえ)

あとはこの間は「キスマ付けられてさ〜、頑張ってメイクタートルネックで隠してきた!(笑)」って言って首を見せられ、まあ次の日は普通にメイクでも服でも隠さずに来てたけど(笑)。それを昼に。周りに人が居る中まあまあ大きい声で喋っててこいつ大丈夫か?何を周りに知らしめたいのか?と考えてしまったよね理解出来なすぎて。笑うしか(笑)

あとは毎週末彼氏と会ってる、今日まりに来るだのなんだの話を聞くから会う度にやってんのかこいつらはって感じでこいつのからキスマが消えてる日を見かけることが少ない。よかったねえって言ってるけどな。(何がいいのか分かんないけど(笑)適当に反応することしか出来ねえ(笑)

やたらいい女風味かもし出してくるしここまで来ると本当に清々しい。面白い面白いからこうやってわたしネタとして話すことができる。ありがとな同期!楽しいよ!しね!

2017-03-13

http://anond.hatelabo.jp/20170313215038

営業中訪問先で園芸ホースで水をぶっかけられたことや、訪問すると男女の修羅場包丁が出て来たことや、訪問したお宅が反社系だったことなど様々な経験していますので、ウンコ程度ならば営業トーク続ける自信がありますよ!

2017-02-20

ネットで気の狂った文章読むと「あっその狂気見せちゃうのか」って思う

僕を含めて数人しか理解できない気の狂った文章ネットで見ると

その狂気ここで見せちゃって大丈夫?って思う

たくさんの人達ビビちゃうだろうってこと

理解できる人間なんか僕を含めて修羅場をくぐった3人くらいしかいないだろってこと

本当は直接言ってあげたいんだけどね

「ここにも狂人がいますよ(苦笑)」ってね

修士論文の意義

二重生活という映画を見た.

修士論文がメインである映画が他にあるだろうか.


主人公である珠は哲学科のM2で,彼氏同棲しており,冒頭から濡れ場がある.

珠は修士論文ネタとして人はなぜ生きるのかについて研究する.

当初予定していた手法100人アンケートをとるというものだったが,指導教員が一人を意味のない尾行してはどうかと提案し,珠はそれを実行する.

もはや意味不明であるが,珠は対象A尾行するためにタクシー乗ったり,高そうなイタメシ屋でカルパッチョを食べてとワイン飲んでたりしていた.

タクシーに乗る場面では上がっていくメーターと野口英世が2枚しか入っていない財布を交互に見ており,カネに余裕はないようだった.

彼女修羅場に遭遇しつつも,夏から冬にかけて修士論文を完成させる.指導教官はそれをかなり評価していた.

珠の彼氏は,意味がわからないという評価をしていた.私もまったくの同意である

桜が満開になるころ,珠は引っ越した.そのとき彼女の手には修士論文があった.

私は情報工学科のM2で,一人暮らしをしており,外出先は研究室イオンが大半である.

B4からの三年間で英語論文を3本書いた.

最初の2本は指導教官に与えられたネタで書いた.無事に国際会議アクセプトされ,一週間ずつアメリカカナダにいけた.

3本目は自分ネタを考えて,自分だけで書き上げた.今週末が締め切りの国際会議投稿する予定である

修士論文の締切は2月の頭にあり,3本の論文をつなげて,はじめにとおわりにと謝辞を書いて終わった.

発表も日本学会で発表したときスライドを流用した.

修士論文および発表会は完全に作業であり,3本めの論文障害しかなかった.


あなた修士論文人生において誇れるものですか.

2017-02-10

http://anond.hatelabo.jp/20170210162344

スタンドとかラックとかが具備されない駐輪場

たいがいカオス修羅場)となる。

ハンドルロック付ならカオス回避

高級かっこいい系の自転車ハンドルロック

って見たことない。

2017-01-11

人生足踏みばっか

10年前に遡ると、自分よりも相手幸せを願えるくらい大切な人ができて、その人の彼女になれて、2年くらい付き合って同棲までするけど自分が未熟でフラれてさ。

そのあとしばらくしてやっと新しく好きだと思える人と出会って、彼の家族とも仲良くなれて、将来の人生設計とかカレンダーの裏に2人で書いて「私が28になる年に結婚だね」とか話して笑ってたけど、付き合って4年になる頃に浮気されて修羅場になって別れるの。

自分にもたくさん反省点があって、毎回次に恋愛するときはって教訓にしてここまできたけど、そろそろ疲れてきた。

やっと半年前に大切な人ができて、優しくて思いやりがある人でこの先も一緒にいたいって思い始めてるんだけど、

また過去の二の舞になったりしないか不安で、幸せ不安の波が行ったり来たりしてる。

2人でいると穏やかに過ごせる、愛情を感じる、その人のために何かをしたいと思う、支えたいと思う、

どれも今まで思っては結局離れて、気づいたら別の人と新しい恋愛を一から始める。

今お付き合いしてる人は今までで一番しっくりきている。この人を支えていきたいと思い始めてる。

だけど、彼はまだ結婚現実的に考えていない。

気づいたらもう20代後半。転職成功した、やりたい職に就けた、大切な人にも出会えた、だけど最近になって乳がん可能性がでてきて、人生はすごく限られてるんだって思うようになった。

その中で同じことをくり返し、くり返し、進まないことが悲しい。

大切な人がそばにいるのは幸せ。でも進みたいんだよ。

新しい発見をしたいんだよ。

2017-01-05

女性だが、夏の終わりに小さな劇場ポルノ映画を観に行ったレポ

まず始めに。

私は「男性向け」のエッチ18禁ゲーム漫画

その他過度に下品なAVなどが大好物オタクであるが、女性だ。


このオタク大国日本はどちらの性別にも寛容だからか、

少女漫画乙女ゲーム、果ては女性向けにイケメン男優のAVまでもが多数存在しているが、

私にはこれらの作品があまり肌に合わなかった。

女性がいやらしく乱れる姿を見ていると幸せ気持ちになる。

なので、性欲を掻き立てるようなコンテンツは素晴らしい作品だと思っている。

かといって私はLGBTではない。

恋愛対象男性で、無難恋人だってできるし、自身のことは心も身体女性だと考えている人間なのだ


成人指定映画館に足を運ぼうと思いたったのは、

「推しのAV女優が出演していたから

「この監督作品はどれも面白いし、発売されるかもわからないDVDなんて待っていられない!」

という、至ってシンプル動機普通に作品を楽しみたいのである


私はコンビニの成人雑誌コーナー立ち読みは勿論、レンタルビデオ店の暖簾だって潜るし、

秋葉原にある大きなお友達向けの書店エロゲ売り場にも足繁く通っている。

アダルトグッズに対しても抵抗がなく、店頭で臆する事なくディルドを買っていくような人種である


そんな私だが、その日だけはどうしても1人で映画館へ入る勇気が出なかった。


から母親に「女性であるお前が一人でそういった場所へ出入りしたら危ない」とよく注意されていたが、

例えばエロゲを買いに行くとき、他の男性客は速やかにレジを通してお店から出るため、

警戒レベル結構低いと私は考えている。

言い方は悪いけど彼らは女性経験の少ない虹オタだろうし、そうそう手なんて出されない……という甘えだ。


だがしかし映画館となればどうだ。

家に帰ってから再生するレンタルビデオなどと違い、その場でオカズとなる濡れ場を上映するではないか

見ながらおシコりを始める人がいたら……というか、絶対いるでしょコレ。

映画オカズ射精するとして、その精液をどこに飛ばす?その手でどこを触る?

そんな場の雰囲気の中で、女性がたった一人。性器露出勃起させている男どもは、どうする……?


ここまで考えが頭を巡った時に、私はようやく母親の気持ち理解したのだった。

だが、もう後には引くことができない。

何故ならもう映画館建物までたどり着いてしまったから

私はわずかな理性を振り絞り、無理を言って男友達に付き添って頂き、

カップルなら多少はまぁ……と思われるよう、手を繋いで入場するという偽装をした。

(次の見出し以降、その男友達のことを ニキ と書くこととする)

あらぬ方向に勘違いされると困るので補足しておくが、

私は「友達を誘ってAV観賞会をする思春期男子」のようなノリで誘っているのである

この後休憩するだなんて不純なことは全く考えていない。ただ劇場で観たかった、それだけ。


いざ、入場ッ!!

1階・2階で上映している映画が違う。2階の特選劇場スクリーン女性の立ち入りを制限しているらしい。

館内のスタッフに「ごめんなさい、女性は上に入れない決まりなの。下の階で観てね!」と言われたので、大人しく1階の方へ戻る。

(この時点では、男性が人の目を気にしないでお色気シーンを観るための処置だと思っていた)


映画チケットは1階・受付横の券売機で購入。

大人1枚1600円。自由席、上映終了後の観客入れ替えナシ。ただし館外に出たあとの再入場は不可。

学割が使えるらしく、学生であることを証明できればもう少し安くなる。

もちろん未成年入場禁止なので、大学専門学校の生徒向けのサービスだ。

ちなみに券売機は、昔ながらのラーメン屋とかにありそうな、懐かしさを感じるボタン機械だった。


通常のチケットのほか、追加料金が必要になる特別席があるようだが、

こちらは「風紀上カップルの入場はお断りさせて頂きます」と注意書きが貼られていた。

もしや、どエロい映画を観ながらムラムラして、何か公然猥褻的なプレイやらかした客が過去にいたのだろうか?


劇場主の様なオバ……受付嬢に通常料金のチケットを2枚見せ、ロビーでしばし休憩。

建物に入りチケットを買うだけだったのに、既にかなり手汗をかいしまっていた。


辺りを見回し目に入ったのはお菓子カップ麺自販機、公開予定のピンク映画広告など。

中でも休憩イスに腰掛けていた、大きく開いた胸元に刺青が入っている

体軀のよろしいセクシーなオバ…お姉さんが一番印象的であった。

見た目で判断してはいけないとは思うが、正直なところ893映画等でよく見る売春婦のような身なりだった。実際怖い。


無理を言って来てもらったニキ、緊張でお腹を下したのか、しばしトイレへ。

自分も行こうと思ったが、他に女性客がいるのか女子トイレの扉が開かない。

男子トイレと違いこちらは一つしかないようなので、扉の前にて待ちぼうけ。

思えば、チケットを買う前から鍵がかかっていた気がする。長い、いくら何でも長すぎる。


スクリーンのほうから出てきたスーツ姿の中年男性が早足で男子トイレに。

するとあろうことか、爪先立ちの背伸びで洗面台へ前のめりになり、股間に水道水をかけている様子が伺えてしまった。

女子トイレの扉付近にいると、男子トイレの洗面台は死角にならずに目視出来てしまうため、慌ててその場を離れた。


驚きのせいか私のオシッコがすっかり引っ込んでしまったので事なきを得たが、

ニキが戻ってくる頃になっても、ついに女子側の扉が開くことはなかった。


スクリーンカオス空間

スクリーンへの扉を開けると、彼氏の家でイチャついた日のゴミ箱彷彿とさせる、

あの独特なニオイが辺り一面に立ち込めていて、私は反射的に袖を鼻に当て、顔をしかめた。

映画はちょうど始まったばかりらしい。

上映時間までにニキのトイレが間に合ったのは良かったが、早速濡れ場だった。


レースパンティが画面いっぱいにアップで映し出されている。

ロッチ部を指で攻める男優と、汗ばむ女優吐息前後左右から響き渡る。

ふだん自宅でレンタルビデオを観ている時より何故かずっと生々しく感じられ、

かの有名な怪獣映画を大きな劇場へ観に行った時とは比べ物にならないほどの興奮を覚えた。

胸の奥から湧き上がってくるこの感じ、これが映画臨場感というものなのだろうか。


映画も中々面白いが、そんなことより先程からあのニオイが強くなっている気がして集中できなくなってきた。

そう言えば、まだ私とニキは立ちっぱなしで入口扉付近にいる。

結構空いてるしそろそろ席を決めて座ろうか、と思い辺りを見回した。


席に余裕があるにもかかわらず、殆どの客は立ち見…というか、

しろずっとグルグル歩き回って席を物色している中高年の男性が非常に多い。

プルプル震えながら杖をついてまで観に来るお爺さんや、ガタイの良い外国人の方も数名いらっしゃる


成人映画館の客層、驚愕の事実

スラッとしたスタイルの良いお姉さんが一人で座席周辺をうろついていた…と思ったら、けっこう骨が角ばっていて驚いた。

そう、まさかリアル男の娘だったのよ!

スクリーンからの逆光効果なのか、やけに綺麗だったから一瞬気付かなかった!!


あるおじさんが別の男性客の肩を叩き声をかけると、映画が始まったばかりにもかかわらずそのまま二人で立ち去ってしまった。

上記のような光景スクリーン内で数件目撃し、私は悟った。

ココは女性が来るところではない。かといってノンケ男性も来るべきではない。

そしてあの男の娘は、明らかにゲイのおじさんに掘られにきていたとしか考えられない。


……ここは主に、ハッテン相手探しに使われる場所だったのだ。

(ならば何故ノンケ向けAV女優の出る映画に群がるのだろう?という疑問はこの際捨てた)


余談だが、先程ロビーで見た胸元刺青お姉さんも男性客を物色していた。

小声で目当ての男性に話しかけ、その男性の方へ向き直したのちしゃがみ込んでしまった。

僅かにくぐもった声と水音が聞こえてくる。

そもそもあの様子では映画を鑑賞する気などまるでなさそうだったし、おそらく男性の股間に顔を埋めたのだろう。

やっぱり売春婦じゃないか!(憤慨)


座るのを躊躇してしまいどうするか迷ったものの、とりあえず周囲の人に倣って、私とニキはもう少し様子見した。


知らないと本当に危険!?ハッテン劇場内のハウスルール

スクリーンの右端で立ち見していると、自分から見て左斜め上の座席を確保したハゲのおじさんが突如、

股間のジッパーを下げ、チラチラと後ろを振り返りつつ、笑みを浮かべシコリ始めた。

(おそらく映画女優ではなくこの場にいる女性客、即ちこの後ろにいた私をオカズにしているのであろう)

上下にしごく際の幅を見る限りだと、多分あのおじさん……ちんこちっちゃい。


優しそうな目をした大柄なおじさん(以下、優おじさん)が突然話しかけてきたので、

まさかついに誘われたか!?と一瞬身構えるも、なんと初めて観に来てキョドッている我々へのアドバイスであった。

おそらく常連さんなのだろう。


「あの……奥の方の席にも今日は男女のカップルがいるので、その近くの席に座った方がいいですよ!

珍しい女性客が来ると前の人みたいに好奇の目で見られてしまますから、気をつけて。彼女さんの為にも……ね?」


優おじさんが指差す席には、帽子をかぶった(本物の)女性とその連れの男性が確かに座っていた。

スクリーンの外壁に沿って歩きながら席を物色しているゲイ男性達は、

客層を察しているのか他に要因があるのかわからないが、そのカップルに決して声をかけることはなかった。

男性のほうだけでも狙われるとばかり思っていたので、とても不思議光景であった。


このカップルの近くの席なら安心して映画を鑑賞できるかもしれない。

ニキに耳打ちして、早足でカップルが座っている列の一つ前の列の端を確保し、座ってみることにした。

この時の私は、連れのニキとの間柄が周囲からカップルと見られていることに、少し安堵していた。


「座るときは両側に空席を作って、そこに自分荷物を必ず置いて下さい。

こうすれば周りから声をかけられなくなります」と言う優おじさん。

その言葉には特に力がこもっているような気がしたので、言葉を信じて自分と連れのカバンを置き、その間の空席に腰掛ける。


優おじさんの言った通り、背後のカップルと我々カップル?には本当に誰も声をかけてこない。

座ったまま辺りを見回したら、相変わらず他の男性客の席では声かけ事案が発生している。何度見てもやはり異様な光景だ。

立っている時もそうだったが、普通に観に来たただのノンケカップルと思わせておけば(ニキが)他の男性客に掘られない♂

……という確証を得た私たちは、座席のアームレスト上で手を繋いでおくことにした。

見せつけるようにしておけば効果があるかと思ったのだ。

だがしかし、これはこれで別の厄介ごとを招いてしま危険性があったようだ。それは後述することにしよう。


我々と背後のカップルの周囲に、わざわざ別の遠い列から近くに移動して座る男性客が数名現れた。

チラチラ振り向いてニヤつきながら、ジッパーを下ろす音がした。

お察し下さい、ちんこの登場です。

カップル女性の方や私のことを見ているのか、それともカップル男性の方やニキを見ているのか……これもうわかんねぇな。


一方その頃、別の列からは「ンアッ……」という喘ぎ声が数回聞こえてきた。

イッたのか。ふーん。


優おじさんが再度話しかけて下さったので、荷物置きにしていた席をひとつ空けた。他の人だったら殴っていたかもしれない。

「こんな場所彼女さんみたいに大真面目に観賞している人はとても珍しいですよ。

私驚いちゃいました!直ぐそこで買った物ですけど、私からお二人へプレゼントです〜。」

そう言って優おじさんは、両手でモナアイス差し出す。この劇場ロビーにある自販機で売っていたものだ。

変な薬でも入っていたらマズいのだが、この人に対する警戒心は完全に解けていたので、そのご好意を素直に受け取った。


話によると、やはりココはその筋の人には有名な所謂ハッテン場で、男同士でHなお誘いを期待して来るような映画館だそうだ。

その場で隣に座った人のちんこをしゃぶり始めたり、スクリーンを出てトイレガッツリ本番をしたり。

そうでなければお爺さんが一人でおシコりするか、先程の刺青お姉さまのような人によるポン引きが行われるか……。


ちなみに、女性が入れなかった2階の特選劇場スクリーンは、段違いで危ないらしい。

人目を気にせずシコるためとか、そういう甘っちょろい次元ではない。

犯され願望の男の娘とその他のゲイ男性達で、乱交が勃発するとかしないとか……。


優おじさん曰く、こんな所にわざわざ来るカップルは触り合いなどをするんじゃないかと思われ、

常連さんはその現場を覗いてオカズに、あわよくば混ぜてもらいカップルスワッピングしたいので、周囲の席に群がってくるそうだ。

現に謎のおじさん達に席を囲まれているし、何度もチラチラ見られており、相変わらずシコられている。


「まぁ折角こんな内容の映画を観ているのですから、多少は男女でそういう雰囲気になって、顔を赤らめあっても良いかもしれませんね。

……それでは私は失礼します、お伝えしたことだけ必ず守って、あとはお二人で楽しんで!」

優おじさんが席を後にする。私たちはその背中に、しつこくお礼の言葉をかけた。


彼は最後まで我々やもう一組のカップルに親切で、いやらしい目を一切していない紳士であった。



終劇

優おじさんのおかげで集中して映画を観ることができたが、

相変わらずシコりながらこちらの様子を伺ってくる男性達に対し、私たちは本気で身の危険を感じていた。

いや、正直私よりも連れのニキの方が正直危ない気がしてならなかった。

彼はかなり童顔で肌も張りがあり、控えめに言っても筆者より何倍も可愛い腕力もさほどないし、気も強くない。

マズい、このままスクリーンにいたら、いつか掘られるかもしれない!アッー♂


居ても立っても居られなくなり、1本目の映画が終わると同時に席を立つと、

繋いだままにしたニキの手を離さないようにして早足で映画館を出た。

本当は残り2本の映画も観たかったが、シコシコチラチラしてくる男性達に囲まれ座席の緊張感にこれ以上耐えることは出来なかった。


成人映画館を出てすぐの所に、大きな池の公園がある。

どっと疲れが溜まっている気がしたので、近くのベンチに2人並んで腰掛けた。

手を繋いだまま成人映画館から飛び出した我々は、公園でくつろぐ夫婦やはしゃぐ子供から、どんな目で見られていたのだろうか。

ボーイ・ミーツ・ガールではなく、ガール・ミーツ・ボーイなのだろうか。


映画館でもらったものの観入って食べそびれてしまったモナアイスを、

「(精神的に)お疲れ様で〜す!」と言いながら取り出し、ゆっくりと味わう。美味い。

変な味や男性のニオイはしなかった。アイスミルク色で白いからと、少々疑いすぎたようだ。


外は西日で眩しく、肌で感じる気温も室内とはだいぶ違った。

完全に溶けてはいないものの少しゆるくなったアイスが、

舌や唇はもちろんのこと利き手にまで、ねっとりとした感触でまとわりついてくる。


とりあえず、映画感想を2人で言いあった。

話の途中からスクリーンで嗅いだニオイを思い出したせいか映画ストーリーより生々しいことばかり思い出し、話がまとまらない。

あ、でも個人的には本当に面白かったので、B級くさい奇妙な物語風なのが好きな人は是非ググって、どうぞ。

この日観た映画タイトルは「性愛スキャンダル コケシと花嫁」覚えましたし。


手に持っているアイスが溶けるのを見て、濃い精液の残りがしたたり落ちる様子を連想してしまう。

その直後にうっかり背中に手を回してしまい、私のリュックサックに白いクリームがついてしまった。

念を押すけど、これザーメンぶっかけられた訳じゃねえから


ぶっかけみたいな事故が起きたリュックサックウェットティッシュで拭きながら、ファストフード店で軽食を取った。

平常心に戻るために少しウィンドウショッピングをしたのち、やがて帰路につく。

「ねえ、まだ時間大丈夫?」とニキに聞かれたが、あの映画館へ行った後ではこの言葉をどうしても不純な意味で捉えてしまう。

そんな自分脳内を心の中で一喝し、恥じらいを隠しつつお断りして、この日はそそくさと直帰させて頂いた。


その後少ししてから、ニキとは友達ではなく男女のお付き合いをすることになったものの、

ひと月で別れてしまった。ドロドロ修羅場な別れ方だった。

まるでザーメンのように苦い思い出として、この話は今後も私の心の片隅で生き続けることとなるだろう。


私のように、女性だってこういう映画を観たい!……という人は、多くは無くとも少しぐらいはいそう。

どうすれば安心・安全に、純粋気持ちポルノ映画を楽しむことができるのだろうか。

叶わぬ夢だとは思うが、願わくば、2階の女性を入れさせないスクリーンのように、

逆に男子禁制イベント上映などを時々開催して下されば、嬉しく思う。

それが実現される日まで、おそらく私は2度とリスキー映画鑑賞はしない。

……気がする。

もし行くことがあっても、もっと強そうな男(漢)を連れて行くよ。

2017-01-01

正月になると思い出すこと

子供の頃、お正月には毎年父の実家に帰っていた。そこには、祖父と一緒に叔母さんが住んでいた。父の母、つまり私の祖母は私が生まれた年に亡くなったと聞いていた。

私はこの帰省が本当に嫌いだった。雰囲気が険悪だからだ。

叔母さんは父の妹で、父は叔母さんと顔を合わせると「まだ結婚しないのか?」と言うのだ。そして祖父も一緒に「こいつはいつまで経っても家事を覚えないから、嫁の貰い手がない」などと叔母さんをこき下ろすのだ。叔母さんは笑顔を作っていたけど、不愉快に思っているのは子供の目にも明らかだった。ちなみに、私の母は素知らぬ顔をして無視を決め込んでいた。

私も本当に小さな頃、叔母さんに訊いてしまったことがある。「どうして結婚しないの?」と。

叔母さんは困った顔をしながら、「お父さんがいるからね」と答えてくれた。

その時は、私のお父さんがいてどうして結婚できないんだろう?って思っていたけど、ある程度歳を重ねてから気づいた。あれは、祖父いるか結婚できない、という話だったのだ。

きっと祖父も父と同じく家の家事を全くしない人なのだろう。それはお正月でも叔母さんを顎で使っている様子からわかった。

父はこの程度の事情すら理解しないで叔母を追い詰めているのだ。それは、我が父のことながらも嫌なことだった。

しかしある年、事態は一変する。

その年のお正月も相変わらず父と祖父は叔母さんをいじめていた。でも、その年の叔母さんは何か違った。毎年のように作り笑顔をしているけれど、何か余裕があるようだった。

お酒の席も落ち着いたところで、叔母さんはこう言った。

「私ね、ニュージーランドに引っ越すわ」

その時の叔母さんの顔は本当に憑き物が落ちたような笑顔で、私は思わず、「すごい!おめでとう!」と言っていた。

もちろん父も祖父も大激怒した。外国人との結婚は認めん、とか、お前がいなくなったら誰が家の家事をやるんだ、とか、ずいぶん勝手なことを言っていた。

でも叔母は、結婚するのではなく働くつもりでニュージーランドに行くこと、そして、もう日本に帰ってくる気はないということをきっぱりと言った後、もう荷物はまとめてあるから、と言って大きなトランク一つ持って正月の家を出て行ったのだ。その後ろ姿はカッコよかった。

それから残された祖父や父、そしてその二人の不満を受けた母、みんな機嫌を悪くして修羅場だったけど、そんなことより私はあの優しい叔母さんがこの家を抜け出したことが嬉しかった。

それから一度だけ、私のところにだけ叔母さんからメールが届いた。そのメールには、外国風景の中で笑顔でいる叔母さんの写真が添付されていた。

そのメールにはこんなことが書いてあった。

働くといっても正式就労ビザではなく、ワーキングホリデービザだということ、そのビザには年齢制限があり、最後のチャンスを無駄にしたくなかったということ、さらにそのビザ滞在できるのは1年までだけれど、その後も日本に帰らなくて済むように考えているとのこと、憧れの海外自由に働くのはとても楽しいとのこと、そして最後に、この旅立ちを祝ってくれて嬉しかった、ありがとう、と付け加えられていた。

それから叔母さんとは音信不通だ。でも私はきっと叔母さんが今でも海外で元気に暮らしていると信じている。

そんなことを、お正月になると思い出すのだ。

2016-12-31

チームワークという言葉は、一流人と二流人でいささか異なる。

皆さまはチームワークがいいと聞くと

「誰かがミスを犯しても、周りのみんなが助ける」

なんて考えるのではなかろうか?

 

浅薄だな〜、本当のチームワークはそうじゃない。

と思ったあなたは一流。数々の修羅場を乗り越えてきた老練家ですな。

 

本当にチームワークがいい組織は、

「各々が与えられた役割を、ミスなくこなす」

自分ミスを犯せば

みんなに迷惑がかかるという使命感を背負っている人間が集まっている状態こそ、

チームワークがいいというものだ。

 

例をあげるとDeNA。チームワークがよろしくない。

村田マリミスは南場女史がカバーする?馬鹿げている。

 

中日のチームワークは瞠目

ここに村田なにがしのような人物存在しない。

あらわれても落合くんが排除するという自浄作用あり。

チームワークは乱れない。

 

野球は分からない?

ではルフィ海賊団。あれはチームワークがいい。

各々が与えられた役割必死にこなしている。

イソップのような弱い人間いようが、

各々がお互いの力を信じている。

 

DeNAとの比較なら、GREE

世間的にはDeNAのほうがチームワークが良いと思われがちだが、

じっさいのところはGREEに軍配があがる。

中日と同じで今は低迷しているが、あの手の組織はいつか這い上がる。

それでも任天堂の壁は厚い。ニンテンドウ チームワーク クッキョウナリ

 

映画エクスペンダブルズは見たことあるだろうか?

ソ映画代名詞みたいに言われているが、

あの映画の中にはチームワークの全てが詰まっている。

シルヴェスター・スタローンジェイソン・ステイサムジェット・リーブルース・ウィリスシュワルツェネッガーと主演級の俳優が同じチームのメンバーとして登場する。

そして彼らは皆一流。最強のチームワークを誇る。

 

富士通日立製作所IBMNTTデータ

この名だたる企業コンソーシアムのチームワークは最悪。

みずほ銀行システムが完成しないのは、

チームワークに問題があるからアーメン南無阿弥陀仏

2016-12-27

正月の私へ

正月休みを過ごしているちょっと未来の私へのメッセージです。

今年も、本当によく頑張りましたね。年末納期に間に合わせるために沢山残業もできて凄いと思うよ。そうして納期も守れてそれなりのクオリティーで納品できましたね。

年末頑張っていた私の仕事ぶりを振りかって気づいたことがありますので、伝えておきますね。この修羅場を乗り越えるときにはとっても集中できていましたね。特に追い込みの3日はすごかったですよ。きちんと仕事優先順位も付けられましたし、限られた時間仕事の完成度を上げることを意識して動けました。されに、無駄時間もありませんでしたね。仕事時間は「はてな」を見ない、いつもこれが難しいなあと思っていたけどできていましたね。これからも、「はてな」は仕事が終わってから、を続けようね。オンとオフをしっかり切り替えてメリハリをつけると、仕事が終わってから時間がとっても楽しいね。それに、夜になってから、もうすこし頑張れば良かったな、なんていう後悔も感じませんでしたね。

頑張るだけじゃなくて、1時間に1回の休憩もしっかり取れましたね。いつもは、もうすこしキリの良いところまで作業しようと思って2時間も3時間も机に向かっていて、疲れちゃうこともありましが、今回はきっちりと自分身体を守れましたね。きちんと休み時間を取れたからこそ集中して仕事ができるということがわかりましたね。

特に強調したい点があります。それは、TVyoutube作業用BGMを流しながらではなく、無音で作業出来ましたね。いつもは、なんとなく音楽を聞いたりして気が散ってしまいましたが、やはりyoutube仕事が終わってから楽しいもんね。文章を創るとき自分と向きあう時間だよ。

いつも、難しい仕事にとりかかろうとするときは、とっても勇気必要だと思っていましたね。でも、今回のお仕事からわかったことは、創造的で難しい仕事をやって見るときは、簡単ものをやってみる。質が低くても作ってみようということでしたね。

仕事を始めたときのことも少しだけ思い出してね。たくさんできることが増えたね。文章も書けるようになったね。しごとのルールも守れるようになったね。

次の納期は年明けだよ。もうちょっと頑張ろうね。

2016-12-23

いつまでここは実験場なんだ

俺たちが実験されてるのか

そうか、そうなんだ

絶賛修羅場中なのでメリー苦しみますが確定してる

とりあえず昼まで頑張るよ

2016-12-16

転職繰り返した挙句上司パワハラで鬱休職になった話

わたしアラサー女の営業職。

同じ業界で、より良い仕事内容と職場環境を求めて4回転職した。同業だから年収も上がっていった。

うちの業界残業100時間超え・男女差別パワハラセクハラモラハラ当たり前の業界だけど、夢があったからずっと業界の中にいた。

やっと納得行く仕事に出合えたと思ったら、上司パワハラ上司だった。

ミスも何もしていないのに毎日怒鳴られた。

侮辱も何度もされた。

話も聞いてもらえなかった。

まれてこのかた、こんな目に合ったことがなかった。

仕事はもちろん、プライベートでも。

まだ若造だけど、仕事では褒めてもらえることが多かったから混乱した。

何で?どうして?

わたしのこと褒めてくれとは1ミリも思ってない。

けど、わたし何か怒鳴られるような悪いことしたっけ?と思わずにいられない。ミスもしていないのに。

とりあえずしばらく頑張った。

笑顔で受け流した。

耐えようと思った。

根性には結構自信があったから。

でも、急にある朝体が動かなくなって、会社を休んだ。

急ぎの仕事があったから、家から必死にやった。

明日は行かなきゃ・・・それであれとあれとあれをやって・・・

でもやっぱり次の日も、朝体が動かなくて、休んだ。

自分もびっくりした。

でも体も頭も動かない。

おかしいと思って、生まれて初めて心療内科に行った。

精神科とどっちに行けばいいのか分からなかった。(いまだにどっちに行くべきなのか分からない)

重度の鬱病だと診断された。

薬が処方された。

通院が始まった。

まさか自分向精神薬睡眠導入薬を飲む日がやってくるなんて、思ったことなかった。

この業界の人は強い人が多いし、自分修羅場仕事が多かったから、かなり強い自負があった。

幸い、死にたいとは思わなかったし、今も思わないけど、自己肯定感カラカラに干上がっている感じだ。

憂鬱で、ぐったりしていて。何とも言えない、どろどろした気持ち毎日

苦しい。

中途半端に首を締められているみたい。

転職しようと思った。

きっとまたどこか見つかると思った。

でも甘かった。多分もう50社くらい書類選考で落ちた。

わたしは年齢の割に転職しすぎていた。

どの会社も口を揃えて「転職回数が多すぎる」「うちもすぐ辞めてしまうのでは?」と言う。

そして最後に「貴殿の今後の発展をお祈り申し上げます」とのたまう。

何でわたしはこんなことになっているんだっけ。

会社休み始めてからもう4ヶ月だ。

人事は遠回しに「辞めろ」と何度も伝えてくる。

誰も味方がいないんだ。

上司は誰に対してもあんな感じなのでパワハラしている自覚すらなさそうだし、人事は頑としてパワハラ事実を認めない。

しろ人事も電話口でわたしに怒鳴ってくる。

最近は、こうなったらサラリーマン諦めて、起業でもしようかと思っている。

アラサー女、ほとんど貯金ないけど、ネットショップとかどうかな、なんて。

何でわたしはこんなことになっているんだっけ。

わたしはどうしたらいいんだっけ。

2016-12-14

いねぇ~

修羅場を乗り切ったねぇ~

獅子奮迅の働きだったねぇ~

達成感だねぇ~

もうすごい有能っぽい

すごい仕事できる人間っぽい

でも本当の有能はそもそもそんな困難な状況にならんようにするもんなんや

おーよちよち明日も張り切って仕事してくだちゃいねぇ~

2016-11-29

エバンジェリストについての覚書

・K氏(Mというペンネーム活動

1994年生まれ H県出身 C++ Haskellを得意とする

大学在学中に校内システムハッキングし停学処分

その後、上京、各種勉強会に参加し、 そこで出会った某氏交際を開始

就職先を探すも主に性格面の問題で見つからヒモ状態

某氏宅に居候し、ドアを破壊するなどのDVを振るう。Twitterで内情を暴露され、自暴自棄になり西武線に飛び込み自殺

該当の期間の某氏のツィートはすべて削除されている。


悪いのは某氏でなくK氏の方だと思うが、ああ見えて中々の修羅場を潜り抜けてきたのだなと思う

2016-11-21

動物には象のように愛情あるコミュニティ形成するものもいるが、哺乳類でも過酷な態度を取ることがある。

件の象に関しても群れが運営できないと判断した場合、病弱な子供を蹴り殺す事例などが野生で確認されている。

ペンギンは(何のケースかは忘れたが)安全確認できない海域に覗き込む仲間を叩き落として安全確認するという行動に出る。

このことで仲間の死体が上がってきたりアザラシに襲われたりすると、突き落とした連中は水に飛び込まない。

ペンギン修羅場に関しては最近ホッテントリ入りする記事があったはずなのでわかるとは思うが、案外と保守的喧嘩っ早く、

今の人間社会のギスギスした世界に近い。昆虫世界は元々感情というよりも生存に特化されているので非情さはより厳しい。

では今の社会のように生き馬の目を抜くことだけが哺乳類にある本能なのかというと、

人間と関わった象などを見る限り理性の芽生えによって愛情義理概念は変わるように思う。

かつて、なくなった優しい調教師匂いかいで象が涙するという放送があったが、それなどは良い例だろう。

恐らく愛情という形態先天的感覚のみならず後天的学習によって強化されるのではないかと思う。

ペンギンのギスギス感の元が密集せざるを得ない生態系にあると考えるのは恐らく無理がない。

これは他者への愛情を持つまでの社会システム問題で、密集する人工が多ければおおらかな動物でも非情になる一例だ。

とりもなおせば社会性や愛情を求めて密集するその行為自体が、いがみ合いを生む呪いのようなものだといってもいい。

2016-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20161114121241

攻殻機動隊」が駄作と言う烙印を押されるリスクを冒さず、しかも、現在の名声を保つために取るべき方法は一つしかない。

いか。「攻殻機動隊」が名作であり続ける為には、もう新作作りを止めさせるしかないのだ。

そんなことは、修羅場を踏んできたブックマーカーたちには先刻承知のことだ。

2016-11-06

はなまるうどん

バンドのリハ前に一人で食べてた

吉祥寺祝日夕方5時過ぎ

混む前で、店内ガラガラ

そこへ家族連れが入ってきた

お父さん、お母さん、推定3歳男児

お母さんのエルゴ推定生後6ヶ月の赤ちゃん

両親は推定30代前半

カジュアル服装ながら、だらしなくない

立ち振る舞いからも、なんとなく育ちの良さが表れている感じ

買い物帰りらしく、荷物で手がふさがっていた

注文前にテーブル席へ

「ここにしよっか」穏やかな口調のお父さん

椅子を引いて荷物を置いていると、推定3歳男児がポツリと

「ボク、ここイヤだ」

すかさずお母さんが「じゃあこっちにしようか」と隣りのテーブル席へ

お父さんもすぐに荷物を移動し始める

すると推定3歳男児

「ボク、ここで食べるのイヤだ」

グズる感じではなく、自分意思を冷静に伝える口調

お母さん「おうどん食べて帰ろうよ?お腹空いたでしょう?」

推定3歳男児「ボクおウチでおうどん食べたい」

お父さん、お母さん「‥‥‥」

このとき沈黙、たぶん3秒間くらいだったと思うけど、妙に長く感じた

自分だったらどうするだろう?

なんて言いくるめるだろう?

とか、

あゝちょっとした修羅場になるのかな、子ども泣くかな

とか

で、お父さん

「じゃあ、おウチ帰ろっか」

お母さん

「‥うん、おウチで食べよっか」

絶句した

いや、もちろん心の中で

休日の昼間の吉祥寺の人の量をご存知だろうか

渋谷新宿並と言っても過言ではない

推定3歳男児推定生後6ヶ月の赤子を連れて買い物してまわるのが、どれだけ骨の折れることか

我が家の1歳女児と恐妻に想いを馳せずとも、容易に想像できる

疲れているであろう

子どもが騒いでもわりと平気なはなまるうどんで、ササっと食べて帰る

自分ならこのプランの変更などあり得ない

帰って、オムツを替え、ミルクをやり、お風呂の準備、買い物の荷物の整理、その間も騒ぐ推定3歳男児相手をし、自分たちも着替えたり、なんやかんや

しながらうどんを作って‥

いや、ないない

はなまるうどんベストチョイス

それをあっさり捨て去った

理由も聞かずに

帰り際のお父さんの一言

「なんだよぉ〜、ゆっくり食べれると思ったのに〜」

この口調が大事

怒りでもなく、悲しみでもなく、嘆きでもなく、嫌味でもない

トホホ‥(苦笑い

こんな感じだった

お母さんは言葉は発しなかったけど、やっぱり苦笑い

衝撃だった

何を食べて、何を見て、どんな親の元で育ったら、こんな親に成れるのか

推定3歳男児の冷静な意思表示を思い返し、正に、この親にしてこの子ありなんだなと

次の日、娘を初めて動物園に連れていく日

行きの車内で娘が寝た

最近は、離乳食を食べない問題保育園に落ち続ける問題などで、心穏やかに過ごせる日が少なくなっていた

頼れる親もなく、初めての子育てに戸惑うことが多かった

特に離乳食問題は深刻だった

子の成長を願い、余裕のない中、時間をかけて栄養バランスを考え、愛情たっぷりに作ったものを吐き出され、

握り潰され、床に撒き散らされ、泣き喚かれる

それが連日続く

次第に追い詰められ、食事時間が怖くなる

さすがに見かねて、朝だけは自分が食べさせることにしていた

朝だけでも、相当堪えていた

出勤前、時間が迫る中、なんとかひと口でも食べてもらおうと焦る

からすでに疲労困憊で満員電車に飛び乗りる

そんな日が続いて、自分も余裕を失っていた

つい大きな声で叱ってしまったりすることが増えていた

互いを責めた

そしてお互いが自己嫌悪していた

このうどん屋の一件を、妻に話した

話し終えてバックミラーを見ると、妻が泣いていた

そこから、穏やかに過ごすにはどうすればいいかを冷静に、建設的に話し合えた

お互い至らなさを恥じ、反省した

相手への感謝を口にした

その日もケンカせずに動物園で目一杯楽しめた

子どもを連れてどこかに出かけてケンカせずに帰ってくるなんて、今までなかったかもしれない

その話、増田に書きなよ?と言われたので、書いた次第です

あの親子さん、ありがとうございました

2016-11-05

嫁に心底呆れた

嫁が無洗米を買ってきた。知っての通り無洗米は不味い。

ご丁寧にパッケージが見えるよう台車にくくりつけられたそれを見て俺はうげーと思いつつ、重たい米を慎ましく運んできた嫁を讃えて、愛想よく「おかえり」といった。

なぜ米を買ってきたのだろう?

嫁は昨日、この日はグラタンを作ると宣言したのに。

気まぐれな彼女のことだから献立は変わってしまったのだろうが、今このタイミングで米を買って来る必要はない。今日土曜日。米を切らしているなら、とりあえず米のいらない献立で凌いで、明日に二人で買い物に行って買えばいい。重い荷物は俺に運ばせればいいのだ。

米袋を一人で運んでまで米飯にしたいということは米が欠かせない一品献立に加わっているのだろう。

俺がドリアを嫌っていることは重巡承知だろうし、リゾットパエリア彼女技術では不可能だ。

中華はこの前食べた。献立の被りを避けるのが嫁のこだわりである

ということは和食だろうか。

俺「嫁ちゃん、今日和食なんだねー!秋だし炊き込みご飯かな?それとも炊きたてご飯にいくらとか乗せちゃおうかな?」

嫁「ざんねん、ロールキャベツだよ」

おいおい可愛い顔して今日はどうした?

ロールキャベツなら米を炊かなくても良くないか?俺はロールキャベツにはパン派だし別に米じゃなくていいんだぜ?嫁ちゃん、そんなこだわりもってたっけ?

てかまだキャベツ残ってたんだね・・・

いやそんな呆れた顔するな俺よ。彼女も工夫して毎日食事を考えているんだ。余りに余ったキャベツを美味しくいただこうというこの嫁のなんと愛おしいことか。

俺「ロールキャベツかー。いいね!ちょうどロールキャベツが食べたかったと思ってたところなんだ。やっぱ秋はロールキャベツだよね。」

そういうと俺は出まかせな鼻歌を歌いながら逃げるように風呂場へ向かった。

本当をいうと今日ロールキャベツなんか食べたくない。でもそんなことは悟られたくなかった。

シャワーを浴びているとやっぱり「無洗米はないよー」という気持ちが湧き上がってきてしまう。

無洗米は今回だけで勘弁願いたい。しかしあの楽しそうな嫁の顔を想うと直接それを伝えるのは可哀想だ。どうしよう。

適当に体を洗って風呂からあがると、無邪気な顔で嫁が「無洗米、嫌じゃないの?」と面倒なことを聞いてきた。

「ああ嫌だよ」とは思いつつそんなことほざけば修羅場と化しそうなので、のぼせた頭をフル回転し、オブラートオブラートを重ねてどうにか返答をひねり出す。

俺「嫁ちゃんの炊くご飯は、毎回美味いけどなー。もし無洗米がまずくても、関係なく美味しく炊けるのって天才だねー。」

無洗米を不味いと思っていることはこれで伝わっただろうか?

いやあのにやにやした顔はただ浮かれているだけにしか見えない。

あの調子だと、どんな米でも美味しく炊く天才炊飯器であって嫁自身ではないことにも気がついていないだろう。

俺はそんな嫁に心底呆れる。

あーでも可愛いから憎めないんだよなぁ〜

ああー

http://anond.hatelabo.jp/20161105013133

2016-10-25

子供無視する母親イライラする日々

たまに街でも見かけますけどもね、これは居候してる親子の話。

母親は日がな一日リビングに転がってスマホを弄ってる。

子供が目の前に居ようが、

「お母さんこれ見て!」と何かを差し出して来ようが、

「一緒に遊ぼうよ!」と言おうが、

ほぼ無視してlineに齧り付いてる。

子供はまだ5歳である

そしてこのやり取りは毎日いつでも行わている。

子供幼稚園に通っている。

毎朝子供を起こし、メシを食わせ、制服に着替えさせ、そうして幼稚園バス時間まで、母親スマホを弄る。

その間、子供大人しくさせるため、3DSを与える。

子供幼稚園へ送った後、母親リビングに転がってスマホを弄る。

幼稚園から子供が帰ってきたら、私服に着替えさせ、子供には3DSを与え、母親スマホを弄る。

夕方、ワタシの家族仕事から帰ってくると、子供はつまらなそうにしている。

「お母さん、見て見て!」の応酬が始まる。

そして一通り母親無視された挙句、ワタシや家族に向かってくるのだ。

晩御飯の時もそう。母親はさっさとメシを喰い席を立ち、リビングに転がってスマホを弄る。

子供食卓テーブルに一人残されたまま、適当に目の前の食べ物を食べる。

母親子供が何を食べたか、どのくらい食べたか、全く確認しないで、スマホを弄っている。

結局、子供食事の世話はワタシや家族がする。

風呂になると、ワタシが入った途端に子供風呂に送り出し、母親は寝転がっている事もある。

子供は、しょっちゅう自分お菓子を皆に分け与えてくれる。

母親は「こういう優しい子なんだぁ」と誇らしげだ。

でもこれって、子供自分お菓子を分け与える事で、皆に構って貰おうとしているように、ワタシは感じている。

しろ母親は構ってくれないのだ。話もろくに聞かず、ずっと携帯を弄る。

例えば「子供の面倒を見たいけど出来ない」時は勿論ちゃんと引き受ける。

しかし「面倒を見られるけど見ない」人の代わりに子供を世話して、イライラしない人が、いるのだろうか?

当然、対価などない。給料貰って雇われてる方がどれだけマシか。

ていうか、今の時点で、母親は「きちんと子供の面倒は見ている」と言っている。

面倒を見る。5歳の子供の。

それは着替えさせたら放置することを言うのだろうか。

しか母親はずっとスマホに目が行ってるのだ。

何をしてるのかは知らないが、子供が近くにいる間だけでも、やめられないものか。

ワタシは独り身だしこれからも独り身のつもりだし、子育ての辛さも知らないし、経験する予定もない。

そんな人からエラソーに「子供を構え」と言われたら、腹が立つかもしれない。

でも、仕事もしないでゴロゴロトドみたいに転がってるんだから、少しは自分のするべき事をしたらどうかと思うのだ。

せめて、ゲストルームに籠って、具合悪いのかもしれない風を装ってくれ。

貴方の姿を見てると、何れ胃に穴が開いてしまうだろう。

早く、新しい身の振り方を決めて、出ていって欲しい。

本人にそんなこと言ったら修羅場になりそうだけれども。

2016-10-23

xevraが嫌い。

まるぱくりです

http://www.anizm.xyz/entry/2016/10/22/154401

xevraが嫌い。

スジ論 (新潮新書)

毎日テレビをつけるとxevraを見ない日はない。正直、xevraはあまり好きではないので、その理由について書いていきたい。

★xevraの自分人生勝ち組感を出す感じが嫌い。

xevraの自分人生勝ち組で圧倒的勝者という感じを出していて人を見下している感じがする。xevraが人を見下している感じを出しているせいか、xevraをみていると自分までxevraに見下されているんじゃないのかという感覚にもなる。そもそもテレビを見ているときまで、人に見下されている気分になりたくないし、人に見下されている気分にさせるxevraをテレビでみたくない。

★xevraは人に説教しすぎ。

人間は完全無欠の人間なんてほとんどいないのだから、人に説教できるほど優秀な人間なんてほぼいないと思うんですよね。それなのに、xevraは俺は苦労してきたし、俺は修羅場を歩んできたし、俺は社会成功者だという感じを前面に押し出して、他人こき下ろすコメントを連発する。本当にテレビで人がこき下ろされて馬鹿にされている場面をみて不愉快な気分になりたくないのでxevraはでてくるな。

★xevraは自分特別人間かなにかと勘違いしている。

xevraは自分こそが一番頭がいい、自分こそが一番優秀と思っている。そうじゃなかったら、あれほど、人を小ばかにしたり、大声で怒鳴りちらすことはしない。

★xevraは言葉使いが最悪で、視聴者不快にさせる人間

正直、xevraの汚い言葉使いや、人を罵倒する言葉をきいていると気分が滅入るし、不愉快な気分になる。

★xevraの人によって態度をころころチェンジさせるところが嫌い。

xevraの才能を生かして社会活躍している人には媚をへつらい、何の才能もない人には上から目線説教するところが嫌い。xevraは誰に対してももっと謙虚になれよー。

自分過去前科を棚にあげて人の悪事には凄まじいほど厳しい。。

自分過去警察逮捕された前科があるというのに、自分のことは棚にあげて人の悪事に対しては全力で叩く。。

★xevraは俺こそがルール感が半端ない。そこが嫌い。

xevraの俺の言うことこそがルールで、お前らは俺のルールに従ってろよという感じが嫌い。

★xevraは魅力がない。。

xevraは面白いことがいえないので、とりあえず注目を浴びるためにひたすらでかい声で人の悪口連呼しているだけ。。。

(*´ω`*)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん