「ひきこもり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ひきこもりとは

2017-04-20

じゃあ男の成功例を紹介する。

http://anond.hatelabo.jp/20170420151301

ちょっと特殊だとは思うけれども、男の例を紹介しておく。

地方都市出身。男。大学生。妹たちがいる。

両親は士業系資格持ちで開業しているが、自分小学校高学年ぐらいになったころから収入が怪しくなってきた。独立開業してるってのは、ほんとリスキーなもんだな。両親ともに同業のなかではそれなりの立場にあったもんからプライドかいろいろが邪魔したのも余計に厄介だった。

現在の親の収入は、、、、大学授業料免除申請が全額免除で通ったりすることもあるぐらい、だ。なんと元増田よりひどいじゃないか・・・。母のほうは外にパートに働きにでていたこともあったが、稼ぎが月数万レベルしかならなかったことと同僚にいじめられたことにより、本業のみ。とはい本業のほうは、、、、仕事さえあれば月に5万ぐらいは稼ぐときあるかな、なんていうレベル

祖父母×2は存命だが、国民年金しか受給しておらず彼ら(別家計)はおおむねマイナス。家からの持ち出しが続く。

父は微アル中+微DV創価で、母は収入が父頼みであることもあって強く出られないでいる。

そんな家庭だったが、自分はほどほどに勉強はできた。高校のころには父は週一ぐらいで酔ってぐだぐだと説教しにきてはいたが、逆に言えば週6ぐらいは勉強できるゆとりがあった。そんなわけで必死勉強し、高校での成績はよかった。

受験の際には最高B判定だった第1志望国立医)と、A判定(一桁順位しかだしたことがなかった滑り止め(国立医)をうけた。

ところが落ちた。滑り止めにすら落ちた。第1志望はまだ許せる。しかし滑り止めに落ちたのはちょっと耐えられなかった。

そうして自分うつになった。浪人うつ浪人脱出しないと治りそうもないのに、治らないと脱出もできない。地獄だった。勉強はしたいのだがどうしても身が入らない。死にたいとばかり考えていた。

そんなこんなで浪人して成績はガクンと落ちてしまったのだが、そうはいっても腐っても鯛とでもいうか、まだ国立医学部にいけるレベルの成績ではあった。秋頃に防衛医大をおさえて地獄脱出の糸口をつかみ精神崩壊をおしとどめながら、なんとか翌年の春には大学へと入学した。

大学1年目には寮にはいった。奨学金は月15万借りた。親から援助は一切ないため、学費5万家賃5万生活費5万ぐらいの計算だった。寮だったため家賃生活費もっと抑えられたが、寮の環境はうわさに聞いていたため、途中で退寮することも視野にいれての金額だった。

寮生活はまあ楽しくはあった。深夜であろうと爆音音楽が聞こえてきたり、麻雀部屋から酔っ払いが這い出してきたり、飲み会では1人1人に一升瓶が用意されていたり工学部7年生とかいう輩に絡まれたり、寮自治のための集会が毎週あったりはしたが、そういうのには耐えられるタイプだった。耐えられないやつは1か月でいなくなった。耐えられた奴も半分以上が進級できていなかったが・・・。

寮生活で浮いた奨学金で、免許取得費やパソコンの購入費、2年目の引越資金もろもろなどを用意し、2年目には退寮した。

2年目から生活がカツカツだった。ネット回線高い、プロパンガス高い(家賃重視で物件を選んだのは失敗だった)、家賃の支払いがある、云々。バイトに精をだした。

すると後期になって授業料免除が通らなかった。自分収入のせいで免除基準を超えてしまったらしかった。全額・半額免除基準境界ぐらいの家計所得だったはずなのに・・・。下手するとバイトしない方が収支はプラスだったりしえた。加えてバイトのせいでテスト1個1個で死にそうな思いをしていたこと、そしてなによりきちんと勉強できず欲求不満だったこともあって、もうバイトはしないことにした。

3年目からはまあ満足できるぐらいには勉強できた。ついでに成績もあがった。このころになって給付奨学金というものがあることに気付いたが、そういうもの大学の推薦が必要で、いろいろと画策したが指導教官の推薦をえることが難しく、大概は諦めた。いや、うちの学部指導教官かいないんよ。名目上は各学生教官が割り当てられてはいるけれど、会ったことすらないし。調べてみたら自分担当はかなりのお偉いさんで、全然会えないし。それでもメールして訪問してメールして訪問して云々してなんとか1枚推薦状をもらえたが、なんと奨学金選考のほうで落とされた。収入も成績もGPAも悪くなかったと思うのに(収入は悪いかw)・・・、まあ「給付」は狭き門から仕方ないかとあきらめた。しかし推薦状の確保が大変すぎて他の給付奨学金へのさらなる申請も同時にあきらめた。

なお、我々には将来の就職先さえ決めれば、自治体病院から奨学金がもらえるという制度がたくさんある。そちらのほうは1年生のときから検討はしていたが、金額のいいどこかに身売りするなんてことはさすがにプライドが許さなかったし、かといって15年先まで見据えて自分希望に添うwin-win案件をさがすなんてことは大学入学時には考えることができず、見送っていた。3年生ぐらいで地元に戻ってもいいかななんて思って地元の県のもの申請してみたが、県外大学生×中途採用×自治医大合格辞退(←主にこれのせいだろう)のためか、通らなかった。

親はあんなやつだが、息子になんの援助もしていないことに負い目があるのか、所得証明書なんかは用意してくれる。それには地味だが大いに助かっている。帰省して自分で取りに行くのは大変だし、なにより費用がかさむ。あ、親は帰省すると5000円ぐらいお小遣いをくれるが、それでは交通費ですでに赤字だ。

大学同級生は、平均としてお育ちが良い。初心者マークつけた新車レクサスSUVとか案外よくみる。とはい大学生活していく分には今の自分のカツカツ具合でもそんなに問題はでていない。さすがに彼らと遊びに行ったりすると諭吉さんがポンポンとんでいくから付き合いきれないが、幸か不幸か自分はどちらかといえばひきこもりタイプネット回線パソコンさえあれば満足していられ人間趣味に金がかかるなんてこともなく、同級生はつきあいの悪いやつとは思われているとは思うが、まあそれぐらいの認識しかされていないと思う。ついでだから言わせてもらえば、執拗に昼ご飯誘うのやめてくれ家計破綻するわ。

とまあ自分はこんな感じで生活している。朝昼晩ほとんど自炊なのにもかかわらずエンゲル係数は80%超えていると思うが、PCタブレットも所持できているし、ほかに欲しいものなんかなく、現在のところ生活していてとくに不自由を感じたことはない。

しかし同時に、自分のような生活ができるのは限られた一部の人間だと思うし、1000万を超える借金を背負ってもそれほど心配せずいられるのは医学部という特殊環境いるからだとも思う。そんな自分でも、留年したら奨学金がとまってすべてが詰むことはひしひしと感じているから、進級判定はつねにふるえるほど怖いし国家試験も怖い。他学部だったらそこから就活なんて大波乱がさらに控えているんだろうから、それには自分でも耐えられる自信はない。うつ再発しそう、むり。

妹たちは自分とはちょっと年が離れているから、まだ高校生とかそんなもんだ。やつらは自分なんかよりはずっとできはいいが、とくに下の妹はメンタル豆腐から自分のような奨学金自転車操業をしなければいけないことになったら1週間で精神を病んでからの休学→退学の未来が見えている。しか文系から不確定要素が自分よりも高いときている。元増田をみて、やつらは自分が見放したらこんなかんじになってしまうのかなと改めて思わされた。

兄としては、かわいい妹たちにそんなことはさせられない。当然だ。

しかしだ、いわゆる有名病院のなかでは給料高いっていう虎ノ門とかでもちょっと給料足りなくて選択肢からはずさなくちゃいけなくなるけど、でもそこら辺の市中病院ならもっと高いとこ全然あるし、ワイちゃんの考えているいきたいとこランキング1位の某野戦病院もそんななかのひとつだ。

妹たち、安心して東京に進学していいぞ。応援してる。おまえらがそこら辺でくすぶってるなんて、世界の損失だからな!

2017-04-16

ひきこもり自殺ホームレスも男のほうが多いのに何が女性貧困だと思ってしまう。

2017-04-10

ひきこもり交通事故にあった。

一か月ほど前、出勤途中に、信号待ちで停車していた所を後ろから追突された。

そして勢いで前の車にも衝突。

3台の玉突き事故だった。

幸い怪我はなく、むち打ち腰痛になっただけだった。

僕は35歳。20代を丸々ひきこもって過ごし、今は年収200万の非正規労働者として底辺を這いずり回っている。

まあそれは仕方ない。自業自得だ。雇ってもらえるだけで御の字。実家住みだからとりあえず貯金もできる。

話がそれた。

加害者は有名企業に勤める若くてきれいな女性だった。

僕の前にいた人も普通サラリーマンといった風態。

僕はこの時点でとても肩身が狭い思いがした。

恥ずかしい。

世間から隠れて底辺労働でこそこそ生きていたのに太陽の下に連れ出されてしまったような気分だ。

その後、保険会社の人、代理店の人、警察、車販売会社の人などといった「しっかりした」人たちとやりとりするのは本当に惨めな思いだった。

ぼくも道を踏み外さなければ、こういう普通の人になれたかもしれないという思い。

もはや普通の人にはなれないという断念。

そして加害者女性、真面目な人らしくただひたすら僕に謝る。

こんなきれいな人に頭を下げさせてしまって、こちらが悪いことをしてしまったみたいだ。

恐縮してしまって仕方がない。

謝る必要なんてないのです。

僕なんて大した仕事してないのですよ。

いてもいなくて問題なく仕事は回るんです。

だって安物のボロ車なので何の愛着もないんですよ。

何より生きていたって仕方ないようなゴミ虫なのですよ。

恋人どころか友人も一人もいないのですよ。

働くのも、生きるのも、もう嫌だと毎日思ってるんですよ。

いっそこんなことを言ってしまおうかと思った。

しかし体は痛い。

慰謝料治療費請求したら彼女を追い詰めてしまうようで心苦しい。

こんな価値のない生命のために、前途有望な彼女の経歴に傷をつけるのが申し訳ない。

電話彼女の声を聴いて、久しぶりに聞く若い女の声に勃起している自分も嫌だ。

首も腰も痛い。頭痛もするし、手足も時折しびれる。

加害者が同情する気も起きないようなクソみたいなジジイだったら憎めたのかな。

何よりひとおもいに事故死ねればよかったのに。

2017-04-08

どうやって1500円分の現金を得るか?【解決しました】

【当座の月曜日までの分は、解決しました】

いわゆる互助会始め、みなさん、ありがとうございます

...これから、どうやって継続的に働いていくかは、判然としませんが。

  

====

仕事場へ行くための交通費がない。

服を買いに行くための服がない、ではないのだが。

土日なので、定期預金は崩せない。といっても残金は2000円w。

    

月曜日日雇いバイト交通費・片道750円が捻出できねーよ。

回数券の安売りでかっても、割引は20円ぐらいだろ。

やべーよ。

  

売れるような本もないし。CDだって数百円にしかならないよね。。

Amazonの500円分のチケットでは、何にもならないよな。

どうしたら、いいのだろうか。

わからんちん。

  

クレジットカードキャッシング利用かなー。これは最後の手段としたい

====

(いやぁー、ブクマも5つ以上ついてて草っすよ。とりあえず、クレジットカードキャッシングか、銀行の借り入れ制度利用のどちらかで検討をしたいと、思います

銀行の方は、土日は手数料216円がかかりそうですね。クレカの方は、期日までに一括で入金(返金)したら、ほぼほぼノーローンと同じですね)

====

id:mazmot > なんでよ? 2000円あるのなら750円出せるじゃない。ひょっとして定期預金2000円? それってあり得るの? そんな小額を定期にするなんて…。ちょっと意味不明

>仰るとおりで。自分金銭感覚の無さ、整理ベタさで。

あと、自暴自棄になっていて生きていく気力が全くなかったです。

メンタルやられてて、自分生活他人事のように眺めている生活が続いていてね。

色々ありました。

  

id:kaionji自転車、持ってないのです。バイト現場小高い丘っぽくて、Google先生によれば、自宅から直線で30kmの距離です。(あと、当方40代のおじさんです。過去2年、ほぼほぼ半日寝たきり生活だったので、しんどいですね...。)

====

追記の追記。

★しばらく、ひきこもりというか、メンタル病みながらも、細々とバイトもしていましたが。だんだん、辛くなって来まして、バイト先を変更することにしました。

ネタではなくて、マジで瞑想を勧めてくれた人が半年ほど前にいたので、匿名ダイアリーには、助けて貰っています

ありがとうございます

2017-04-07

かつてひきこもり女子いろいろえっちってブログ話題になったとき

好奇心ちょっと覗いてみたら「これ自分のことじゃね?」っていう自分の特徴や体験どんぴしゃなことが書いてある記事があって

怖くて閉じちゃったんだけど今なら読んでみてもいいような気がする

いややめといたほうがいいのかな迷う

2017-03-30

ひきこもり女子いろいろえっち

http://anond.hatelabo.jp/20170330210013

何か急に思い出した

増田文学とやらで持て囃されるのの原点がアソコにあるような気がする

っていうか、増田文学チヤホヤされてる増田ってid:luvlifeなんじゃね?

2017-03-27

http://anond.hatelabo.jp/20170327021033

お前外出てないだろっていうレベルのピントが外れたレス結構くるけど

他の底辺ひきこもりが多そう場所と食いついて突っかかってくるポイント微妙に違うし

俺もおばさんが多いと思う

2017-03-22

インターネット大人が怖い

都知事が患っている脳梗塞を発端とした諸症状への理解もなく、「見苦しいよ」というコメント共感最上位に来る世界を見た。

あかん、もうとにかく就活したくないでござる。大人が怖いでござる。ああいう層は現実にどれくらい存在するか正確に数えてからにしてほしいでやんす。

という本音もありつつ、世界はかつてないほどダメ大人へのアクセス簡単でまざまざと見せつけられる世の中であって、

そりゃ純粋で何も知らず嘘ニュースに騙されるのもしゃーない若者たちが将来を憂うのは当然のことであろうと言いたいよネ。だからひきこもりたい。

外は花粉だし自分に優しくない。高齢者環境云々とかで花粉症患者が少ないらしい。なんだこの格差は。花粉格差提唱して世界平和をめざしたい。

いやツイッターを見ていればですね、そりゃカッコいい大人とか常識ある大人とか本当に職があるのか怪しい大人でも悪人ではない人はいっぱいおりますが、

そういう大人ばかりのところを積極的にSearchして発見できる就活システム必要。いや完璧自分要望通りのとこなんかないとは知ってますけども。

自分の野心通りに動いていたい。趣味でもちょっぴり収入ができるめどが立ってきた。本業にしてしまえば狭い業界内だけで過ごせるかもしれない。しかし…。

つの時代も多分だいたい若者はこんなことを言っていて、生き延びれるのは強い意志と才覚と忍耐力を持った人間なんだろなと思いつつ。行くぜ外界!

2017-03-21

http://anond.hatelabo.jp/20160912012144

斎藤タマキンネットアクティブひきこもりの人は少ない

ネットで何か活動したいっていう欲望があるだけマシみたいなことを言ってたな

俺も匿名サイト以外のネットで人と交流とか無理だわ

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170318201242

彼氏いない歴処女歴=年齢のブスです

バイトやってた時は工場部品組み立てたり、ホムセンで値札シール貼ったりしてた

役所の窓口バイトもやってたけど何の知識もないのに重要書類押し付けられたりお局から嫌われたりして任期より早く辞めた

今は非正規子ども相手仕事してるけど5年で契約いったん切れるから

更新してもらえなかったらひきこもりコースかな

元増田会社はブスを隠す能力のない人は採ってないんじゃない?

2017-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20170317202643

怪しげな安倍叩き、15日(水曜)は何故はてなに出現しなかったのか

昨日、PCを触れないほど忙しそうにしていた人物風邪を引いて寝込んでいた者、荒らしも出来ないほど精神病悪化していたひきこもりなど、周囲を見渡してみよう

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316203242

怪しげな安倍叩き、15日(水曜)は何故はてなに出現しなかったのか

昨日、PCを触れないほど忙しそうにしていた人物風邪を引いて寝込んでいた者、荒らしも出来ないほど精神病悪化していたひきこもりなど、周囲を見渡してみよう

2017-03-14

[][][][]「選択」こそが、人間に活力を与える。

Amazon.co.jp: 選択の科学: シーナ・アイエンガー: Book

動物園動物は、野生の動物より、はるか食糧衛生状態の面でめぐまれているにもかわらず、寿命は圧倒的に短い。

たとえば野生のアフリカ象寿命は56歳ですが、動物園のそれは17歳。

動物園動物には、過剰な毛づくろいや、意味もない往復運動などの神経症状をみせる動物が多いのです。

その理由は、野生のときのような、「選択」ができないからだ、ということが明らかにされます

人間だって同じです。

英国の20歳から64歳の公務員男性1万人を追跡調査して、さまざまな職業階層健康状態比較を行うというものがありました。

その結果は、「モーレツ上司が、心臓発作をおこして40代でぽっくりいく」という予想と真逆の結果が出ていたのです。

職業階層が高ければ高いほど、寿命は長かった。

これらは、職業階層の高さと仕事に対する自己決定権の度合いが直接相関していたことに理由がありました。

これらを読むと、ある時期がきたら、親の制約はほどほどにして、「自己決定権」を子どもに与えていくようにしないと、

健康問題をふくむさまざまなリスクが生ずるということがすっきりわかります



ひきこもり ダブルバインド 二重拘束

http://anond.hatelabo.jp/20170314233409

なんだかんだ博士とれば、そのせいで一生非正規だとしても

わんちゃん無いわけでもない上に、ただのひきこもりニートよりは流石に社会的に上だと見る人もいないこともないんだよなあ。

院進学はリスクが高いという印象だけが先行して、だいぶヒドイこと言われたらしい増田が発生したりとかしてるものだけど

じっさい他の選択肢現実的でない人なら別にいいんじゃねって気はする。

2017-03-08

向いている仕事がないのに言い訳ばかりと責められる、オレ死ね

接客でも体力仕事でも製造でもエラーばっかりで、同僚から嫌われ、精神的に壊れ、退職パターンを繰り返している。

人間関係はうまく構築できるのに、エラーが続くと露骨失笑迷惑だという視線が増えるので、

エラーがなければ嫌われない事実は確定だと思われる。

新しい仕事を就くにしても、

エラーがまた出て詰められると思うと、面接回避するようになったり、仕事初日に駅のホームで泣き続けたりする。

発達障害不安障害支援機関に行きたくても、精神科に行かないと支援が受けられない。

精神科にかかり続けるには金がいる。

叔父扶養内に入っているので、行政から支援は受けられない。

叔父扶養から出ると年金の支払いが生じてしまう。

こういうダブルバインドに挟まれ続けて、なにも身動きが取れなくなった結果が、40代ひきこもり増ではないかと思う。

つかれた。オレ死ね

2017-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20170306182343

価値基準を外部において考えないと、独り善がりになる。

自己満足ひきこもり

自己価値観を持って、自立すると言うことと、その時々で気ままに好きなように生きるのは違う。

自己価値観確立してる人は、社会や親、外部の価値基準を踏まえた上の事だ。

2017-03-05

(毒)親との距離感

親に育ててもらったことへの借りを返す必要はない

人間的に尊敬できない親のことを感謝する必要はない

これから自分のことは自分自身で引き受ける。親には投げない

自己効力感を奪う親の存在は、人生のかじとりをしていく上で大きな障害である

もしほんとうにヤバいときはこちらから連絡するし、逆の場合も親を受け入れる


もう親とはこれくらいの距離感でやっていこうと決めた

親のせいでも親のためでもない、自分人生自分のものである

人によっては、このような親離れ・子離れのステップはあたりまえで、無意識的に達成されることかもしれない

しかし、親が自分のことを無力化して自己存在価値を高めようとする以上、こちらから決別するしかない

一度開けてしまったくさいものに再びフタを閉じてしまうことは、もうできない


父親は母を拒絶して家庭に居場所を失い、ワーカホリックとなってうつ病で死んだ

母は勉強しかできない無愛想な自分に、そんな様子じゃ社会でやっていけるはずがないというレッテルを張り続けた

そんな自分社会参加や人との交流を恐れ、もれなくうつひきこもりを経た。うつはまだ寛解への途中である

ところが、いざ働きはじめてみたら意外となんとかなっていて、業務以外の雑談すらできるようになっていた

それと同時に、母に植え付けられたセルフイメージのせいでずっと苦しみ続けてきたことへの憎しみが抑えられなくなった


正直なところ、自分は軽度のASDかもしれない。いわゆる「愛着障害」というものにも該当すると思う

勉強ができることで親が喜んでいると思っていたら、じつはそんなにデキのいい子どもはいらなかったらしい

世間から見ればうらやまれるような大学に入ってしまったが、そもそも母は「学び」や「教育」価値見出していなかった

母は死に体自分に、生産工場検査をするような仕事ならいくらでもあるから早くうちに戻っておいで、と言い続けた

そんな自分も、なにかの間違いでいい大学に入ってしまったが、本当は大卒になることすらおこがましい存在であると思っていた


ところが就活社会参加への恐怖とあいまって、母の望まない学問研究の道に逃げ場を見出し博士号までとってしまった

ただし心の奥では、また身の丈に合わない経歴をつくりあげてしまった、典型的高学歴ワーキングプアの完成である、と自虐していた

重度のうつと復帰のサイクルを繰り返していたころ、幸か不幸か地元にある大学教員ポストの紹介がきた

そのときうつ症状がマシだったので、ここで逃げ出してはいけないと思い、紹介を受けた

しかし次第に、また自分能力とは見合うはずのないところへ踏み出そうとしていることを自問し、うつに舞いもどった


それでも、やっとこれで親を安心させられると思い、安堵している部分があった。面接でも、なんとか健常人のフリをして押し通した

しかし母にとって、社会参加ができない無力な自分実験の「お手伝いさんしかできない存在であり、大学教員になるなどとは想像だにしていなかった

不安に耐えきれなくなって母にほんとうの気持ちを打ち明けたとき、なんでもっと身の程を知って行動しなかったのか、と責められた

今度も「お手伝いさん」の仕事をするのだと思っていた、こんなことになるなら、もっとちゃんと話を聞いてわたしが食い止めるべきだった、と言われた

自分も同じように反省した。自らの無力さにもかかわらず、できるようなフリをしてしまったことへの欺瞞からくる罪悪感で、心がツブレた


ところが今どうなっているかというと、上司ボスとは円滑にやっているし、決してデキのいいとはいえない学生たちをいかモチベートさせるか試行錯誤している

ある日、自分主体的に考えたり行動する能力がなく、いわれたことすら満足にできない無力な存在であったはずなのに、何かがおかしいと気づいた

たまたま自分に合った仕事につけて運がよかっただけかもしれない。しかしこれまでのセルフイメージとは全くことな自己の振る舞いに、自分自身がおどろいていた

もちろんクスリ底上げされている要素はかなり大きい。ただそれ以上に、自己像が根本から書き換えられていくようなフローがあり、かつてない大きな地殻変動を感じていた

これまでに双極性の症状を示したことはないが、このある種の成功体験がまた新たなうつの引き金となる可能性は当然あり、注意しないといけないと思う


地元に戻り、母から物理的な縛りつけを受けることによって、これまでの精神的な抑圧やダブルバインド的な母のやり口に気づくようになった

それからカウンセラーメンター意見も聞き、たどり着いた自分なりの結論が冒頭のものである


これから親との距離感を調整していく過程は、かなり難航するだろう

でも、そのことの負担リスクを引き受けた上で、自分自分のために行動することを決めた

2017-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20170303094239

ひきこもりとか20過ぎで人生つんでる奴

医者さらに無理だと思うが。あれ対人サービス業だぞ。

一発逆転狙うしかないという考え方してること自体人生詰む理由だよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170303093312

じゃあさ、ひきこもりとか20過ぎで人生つんでる奴が結構多いけど社会復帰させてみてよ。本当に難しいから。

状況はどんどん悪化して行ってなかなか改善しない。

バイトでも働ければいい?30、40どんどん状況は悪化するぞ。

2017-03-02

学生サラリーマンからといって、「味以外で飲食店評価する人がいる」

ことが理解できないことの免罪符になるわけ無いだろ。

ひきこもりニートならともかく、普通に社会生活してる一因である学生やサラリマンのくせに

飲食店に入ったこともないのかって話にもなりかねん。

ひきこもりは、部屋の外に出た時点で「外出」、または「出張」扱いとする。

2017-02-28

俺みたいな凡人はひきこもり女子いろいろえっちみたいなブログ発狂する

「お前も俺と同じ凡人の癖に天才の皮かぶってんじゃねぇよ」って、こういう凡人か天才一見見分けのつかない人間を見ると「あいつは天才からしょうがねぇなぁ」と逃げることもできなくて、ついには発狂する。

天才天才らしく振る舞って欲しい、凡人と同じステージに立たれると凡人たちはいたたまれなくなる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん