「都電荒川線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 都電荒川線とは

2019-08-05

電車賃ケチって目白高田馬場の間の激坂精神力削られながら登った後、都電荒川線踏切で通過待ちするときにすれ違いざまに見えた、荒川線の萌ニュメントに死んだ。

普段ならあざと過ぎとか斜に構えるのに、今のこの熱にうだる心を癒やすのは、トイストーリーの部屋のような青空でも、風に翻る女性スカートでもなくこれだ。東京大震災リセットがかからなかった大正娘だ。これぐらいの原色でないともう俺の心は枯れ果てて再起できなかった。

かわえええええええまりまーーーーーーじゅ!!!

2018-08-18

頭の黒い鼠についてっていう便所の落書き

※以下の文章を書いた人間は、2018年の夏のある日、何者かに連行されて戻ってきませんでした。多分どこかの留置所で鼠に囲まれ暮らしているんだとおもいます

オリンピックを2年後に控えた平成最後の夏を送りながら、なぜオリンピックに向けて気持ちが盛り上がらないかをつらつらと考える。

こういった大きなイベントに無邪気に期待を寄せられなくなってしまった原因のひとつは、純粋イベントの本旨を楽しめなくなったためだ。オリンピックはその事前準備で、政治的な思惑に翻弄されまくりすぎた。復興五輪だと言い出したのは誰だったか、今となっては定かではない。復興に手を貸してくれた世界復興状態を知ってもらう、興味を持ってもらうということ自体は素晴らしい。しかし、例えば小池百合子氏の、長沼ボート場を巡る一連の経緯を見ると、うんざりしてしまうのだ。

頭の黒い鼠とは何かを調べると、こんなのが出てくる。インターネットは便利だ。

曰く、食物などをかすめ取る身近な人をネズミにたとえた語、物がなくなった時に、身近にいる人間が盗んだのだろうということを暗にいう言葉だという。

都民は失った。オリンピックの時に輸送を担う大動脈となりうるはずだった環状二号線輸送能力とか、元から安全性には問題がなかった豊洲ブランド安全イメージとか、年間200億円に上る市場移転延期経費とかを。そして何より、もっと健全な都政というサービスを受けられるはずだった2年間を。怪我の功名的に交政審の優先して整備されるべき6路線が整備されることになったのは皮肉だ(こんなのいままでだったら都が基金を積み立てるなんてあり得なかったが、彼の方が手柄を焦ったがために成立したように見える。早速8号線に江東区が食いついているし)。

そろそろ都民は気がついていいと思う。ていうか気がついているか

オリンピック施設見直しや、豊洲市場移転の一連で「支持率」とか「イニシアティブ」とか「期待感」とかっていう名前の”利権”をむさぼっていたのは誰なのか。そしてむさぼり尽くした挙げ句に後に残った膨大な敗戦処理をひっそりやり過ごそうとしているのは誰なのか。見せ方だけで国政に打って出ようとし、あまつさえ自民党の寝首すらかこうとし、さすがにそれはけっちんを食らって以来イメージカラーと称する緑を封印し、ギトギトしたイメージ払拭することに必死で、2020年に再選を狙っているのは誰か。

これの1:48から顔面演技がとても好きで、シニカルな笑いをウィスキーの肴にしている。

こういう顔面芸でコトを進めるのではない、重厚で落ち着いた人が知事にならないだろうか。都道府県政策遂行こそ、地に足の着いた住民本位のものであって欲しい。そういうのを見て国政が襟を正すくらいの、粛々とした都政運営であって欲しい。

そういうファンダメンタルな部分がしっかりしていて初めて、都民オリンピックに無邪気に期待できたりするのではないだろうか。

小池氏の政策の特徴のひとつイメージ戦略が幅をきかせることであるイメージ戦略も、確かに重要だろう。しか小池氏のはイメージ「だけ」戦略ではないか首をかしげものが多い。ボランティアユニフォームダサいからもっと格好良くします、とか、&Tokyo意味からないのでTokyoTokyoOldmeetsNewにします、とかは、舛添前知事カラーを消し去るためとしか意義が見いだせない。実際、ダサいといわれるボランティアユニフォームは新デザインと併用で継続使用しているし、TokyoTokyoについては意味不明度合いでいうと&Tokyoとどっこいである。首都大学東京については石原慎太郎のネーミングセンスが悪いのはわかるが、それを変えろと言い始める時点で同じ土俵に乗った愚策になるという感覚がない。というか前の知事がやったことの色消しに躍起になるところが、そういうレベル勝負していることが透けて見えて、心胆を寒からしめるのである。前政権政策否定トランプ大統領十八番だが、あちらは内容に賛否があるとはいえ公約実施である。翻ってこちらは実施意味がよくわからない。東京さくらトラム都電荒川線で良かろう。そんなものに一体、いくら予算を割くつもりか。

小池氏が展開するイメージ戦略個人的に最悪だと思っているのは、氏自らを指して女子呼ばわりすることである首都トップに君臨する首長が自らを指して女子呼ばわりとは、悪い夢である。一回ジェーン・スーに3時間くらいぶっ続けて説教されるといいと思う。そしてそれを氏のお好きなニコニコ動画で流してみればいいのではないか自民党代表される旧弊いじめられ、ガラス天井に阻まれるかわいそうな、しかしそれに負けない女子小池百合子66歳。サリーちゃんメーテルコスプレもしちゃう(これについては、体制側がカウンターカルチャーにすり寄るナンセンスを指摘したいが、本旨からそれるのでやめる)。

強権発動して見せしめに部下や先達の粛正をするあたり、独裁者のよくあるスタイルである。どうせ強権を発動するのであれば、今時の民主主義的なやり方では速成が無理な都市改造を広域にするのが良かろう。狭域でデベロッパーどや顔して整備する拠点開発に蹂躙される東京ではなく、広域で東京都ならではで推進できる内容を実施してみるのはいかがか。独裁者トップに立ってきれいになるのは街並みと軍服くらいしかないのだから。でも小池氏は多分、しない。そこまで腰の据わった政策論を持っていないのだからだって鼠だし。コスプレが好きな氏のこと、ミッキーマウスになれば見栄えも受け入れられやすいかも。あ、女子からミニーマウスか。

2018-01-25

東京オリンピック開催時の晴海都心アクセス問題解決についての私案

臨海地区新橋有楽町方面BRTにするとかロープウェイ作るとか案があるが、私は都電荒川線の延伸という案を提示したい!

LRT化し三ノ輪橋から南千住南駅、吉原大門駅浅草へとつなぐ。浅草水上バス化する。土台となる船にそのまま乗せて出航!両国月島ららぽーと豊洲などを経由し、豊洲市場に接岸。

豊洲市場からロープウェイになる。もちろん乗ったままだ!船からロープウェイに吊り上げられて空中散歩世界初路面電車水上バスロープウェイ交通となるのである

2016-03-12

311備忘録

あの日は、5時間歩けるほどには東京は寒くなかった。

いつも8センチヒールなのに、なぜかぺたんこ靴はいていた日で歩いて帰ることができた。

途中、ホテル予約の電話をしている人がいた

自転車屋さんで自転車を買ってる人がいた

スーツに似合わない運動靴に履き替えている女性もいた

バスが異常なほど混んでいた。

外を走る電車は全部止まっていたけど、都電荒川線が少し動いていて、

待っていたけど、なかなか来なくてあきらめて歩いた。

途中、トイレを借りにビジネスホテルに入ったら、ロビーテレビ

被害を報じており、愕然とするばかりだった。

家に帰ったらフタの締まりが緩かった油が倒れて床に広がっていた

一緒に住んでいた人は6時間かけて仕事場から歩いて帰ってきた。

次の日の土曜は、電車は動き始めていた。日曜の記憶はない。

月曜日電車がうまく動いていなくて、1時間ほど歩いて地下鉄の駅から会社へ向かった。

晴れていてよかった。

駅のエスカレータはとまり、街の至る所が薄暗かった

計画停電テレビでいわれ始め実家は家が暗くなっていた。

テレビCMACばかりだった。

会社取引先になくなった方がいた。現実に打ち拉がれた。

忘れることはないと当時は過ごしていたが、思い出そうとすると

ほとんど思い出せない。

2015-12-05

死にたくなる鉄道路線

オカルトとかそういうのではなく死にたくなる路線があるように思う

多分誰しも都電荒川線にじっくりごとごと轢かれるのはそんなに好きじゃないだろうという意味

やはり、特急快速など優等列車が設定されていて、それなりの速さの通過列車があるところがいい

個人的には鋼製車両の重量感が好きで、旧国鉄特急など死にたくなくても吸い込まれそうになったもの

また、赤色というのは最後の踏ん切りを付けてくれる気がするので

中央快速線京急成田エクスプレスはそういう部分でも死にたくなるのではないかと思う

その点、銀色の軽量ステンレス車両は人生最後を飾るにはあまりにも軽薄で

ぱこーん、と飛ばされて終わりというのは頂けない

2015-09-09

都バスは安い

りんかい線とかゆりかもめとか、運賃が高い鉄道業者も多い。

そこで時間があるときに使いたいのが都営バス

ICカード都営バスを乗り継ぐ(1回目支払い後90分以内に2回目を支払う)と100円引きとなる。

都営バスは均一運賃で、ICカード206円。2本乗り継げば312円。これを上回る鉄道利用のルートはいくらでもあるだろう。

さらにお得なものが、「バス特」と呼ばれる、関東圏のICカードを導入しているバス都電荒川線東急世田谷線も含む)を利用すると1000円ごとに割引が自動で行われるサービスだ。

一月の利用額の累計が、1000円と2000円到達時には100円、3000円到達時には150円、次回の利用時に自動で割り引かれるサービスだ。

もちろん4000円以上でも1000円単位で割引が受けられるため、各自調べていただきたい。

この「バス特」の欠点は、月初にはポイントが0になってしまうということだ。

利用額が到達した際には、精算機にタッチした際に「バスポイントがつきました」と音声が流れるため、それを聞き逃さずにし、次回のバス利用時に割り引かれることを覚えておこう。

バスポイント確認には、android専用アプリになるがhttps://play.google.com/store/apps/details?id=yanzm.products.suicareaderおすすめ

利用した事業者と料金がわかるため、計算も簡便だ。

私がおすすめする鉄道より安いバス

新宿天王洲アイル

鉄道モノレール利用なら389円と高額だが、新宿品川品川天王洲アイルと乗り継げば312円。

東京駅ビックサイト

JR線りんかい線利用で432円、地下鉄ゆりかもめ利用でも412円と高額だが、都営バスなら1本で行け、206円と安価ビッグサイトまで行ける。

お役にたてれば

2013-11-09

山手線は実は環状線である必要がない

都内の移動では、中央線京浜東北線都電荒川線などを効率よく使って移動するので

山手線をフルで使うことは実はそれほど多くない。



となれば、うまく路線を切断することによって通常の往復路線へと移行が可能である

そちらの方がよりローコストである上、

都心の貴重なスペースを占領する4本の線路を2本に減らすことも可能だ。



具体的には、池袋大塚間を切断し往復路線へと移行するのがよいのではいかと思う。

ケケケッケケケケケケケケッケケケケケケケケケケケッケケケケケケケケケケケケケケケケ

ケケケケケケケケケケケッケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケ

ケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケ

ケケケケケケケケケケケケケケケケッケケケケケケケケケケケケケケケケッケケケケ

ケケケケケッケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケッケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケッケケケ

ケッケッケケケケケケケケケケケケケケケケケケケッケケケケケケケケケケケケケケケケケケ

ケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケ

ああ、もちろん、言うまでもないことだが、1つだけ、念のため、

万が一の誤解などありえないと思うが、念のため注意を書いておく。

捨てるのは池袋から新宿渋谷品川を回る方面の路線だ。

ちゃんちゃん

2009-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20090116150831

ところでさ、増田東京に行ったことはあるか?摩天楼の並ぶ都心を歩くと、さすが日本首都だと

思うぜ。東京都心をぐるっと取り囲む、山手線っっていう鉄道があってな。池袋とか新宿とか渋谷

とか、都心繁華街を結んでいるんだけど、これがいつ乗っても込んでいるんだ。よくみんなあんな

ラッシュに耐えてるよな。感心するぜ、マジで。そして、山手線の内側には、都心全域に網の目のよ

うに張り巡らされている地下鉄があるんだ。全部で12路線もあってな。便利だけど乗換えとかがけこ

うややこしいんだな。ところで、その地下鉄の中に、都営三田線っていうのがあるんだ。正式名称を

東京6号線っていってな、昨年の三田から日吉まで延長されて将来的にはもっと先まで乗り

入れるらしいぜ。便利になるよな。

 さて、例えば東京駅からこの都営三田線に乗るとしよう。営団丸ノ内線池袋方面に一駅の大手町

乗り換えるのがわかりやすいけど、大手町なんて大して遠くもないから一駅くらい歩いてもいいだろう。

運賃ももったいないしな。目黒方面に行きたいとき、運良く武蔵小杉行きが来ればいいんだけど、半分

は途中の白金高輪で折り返しちまって、それより先に行きたかったら隣のホームの営団南北線電車

乗り換えないといけない。ちょっと面倒くさいな。だからここでは逆方向の電車に乗ることにしよう。

 大手町の次は神保町だ。書店街で有名だな。都営新宿線営団半蔵門線に乗り換えられる。その次は

水道橋中央線に乗り換えられる。次の春日はつい最近までなんでもないただの駅だったけど、都営大

江戸線が開通したおかげで、後楽園丸ノ内線南北線に乗り換えられるようになった。

もちろん大江戸線にも乗り換えられる。春日の次は白山千石と続いて、巣鴨に着く。ここからは山手

線の外側だ。巣鴨の次、西巣鴨都電荒川線新庚申塚、その次の新板橋埼京線板橋東武東上線

下板橋にそれほど遠くない。結構便利だぜ。まあ、JR私鉄も、都心から延びる鉄道はほとんどみん

放射線状になっているから、板橋区役所前板橋本町本蓮沼と進んでいくうちに他の鉄道からは離

れていくけどな。志村坂上を過ぎるとすぐに地上に出て、志村三丁目からは終点まで高架橋だ。はっき

りいって、これじゃあもう地下鉄じゃないよな。蓮根の次の西台の横には三田線の車庫があって、ここ

から出てきた電車は次の高島平から発車する。終点の西高島平まではあと二駅だけど、その一つ手前の

新高島平で降りておこう。

 新高島平の改札口を出てすぐ左に昇り階段がある。これを昇ると歩道橋に上がれる。間違えて駅の外

に出ちまっても、左の「高島平3・4丁目方向」に出てすぐ左にあるから、そっちから行けばいい。歩道

橋を渡って、左側に下りる。下りてから駅や道路から離れる向きに進むと、すぐ高い建物に突き当たる

と思う。そうしたら左へ進む。そのまましばらく行くと右側の建物が途切れて、次の建物が見えてくる。

たぶん壁には3-11-1っていう表示があるはずだ。その建物の、こっちから3分の1くらいのところにエレ

ベータホールがある。エレベーターは3台あるけど、行ける階が違うから、右の9号機じゃなくて左の

7号機か真中の8号機に乗ろう。そのエレベーターでは8階から14階に行けるはずだ。とりあえず14階まで

上がろう。ちょっと遅いエレベーターだけどまあ我慢してくれ。

 そして14階から廊下に出るんだけど、もし三田線の車窓からこの高島平団地をよく観察していたなら、

あることに気がつくはずだ。そう、この建物だけ、廊下の 外側に鉄格子がついていないんだ。だから下界

風景が何にも邪魔されないで、よく見える。結構な眺めだからよく目に焼き付けておくといい。そう、

顔を出して、 体を十分に乗り出して。そしてそのまま飛び降り氏ね

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん