「nature」を含む日記 RSS

はてなキーワード: natureとは

2017-04-26

加計学園問題まとめ

国会ウォッチャーです。

 今朝は一応、竹下国対の「遠慮」というよくわからん奴で、国会が流れてます半日ということなので、午後は職権ででもやるつもりかな。法務は止めるべきだと思うよ。鈴木委員長の不信任動議はやっとかないと、示しがつかんよ。で、みるもんがないので、あまり盛り上がっていない加計学園疑惑についての追及の現況について復習。ちゃんと野党は追及してるよ。報道はされてないけど。これは、昭恵夫人も、財務省も介さないで、ダイレクト安倍さん疑惑なので、報道の萎縮もその分強いんだろうね。バカじゃないのと思うけど。お前らが萎縮してる限り、お前らのその状況は覆らんぞ。

大手メディア看板掛かってるから証拠がないとかけないってのはそりゃそうだけど、この件、森友の件にはそんなのいらんですよ。現在進行形で、国会で、堂々と、「資料は出さない、答弁はしない」ってぬかしてんだからそこを批判しないメディアに何の価値があるの?このなめきった態度を報道してるメディアはあるんです?

 これらは、森ゆうこ桜井充宮崎岳志木内孝胤議員らの質疑からまとめたものです。時系列は森議員提出の資料を参考にしてます

http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2017/04/425-ce1b.html

構造改革特区で蹴られ続けた加計今治提案

 H19年からH 26年11月までずっと今治愛媛提案却下され続けています。その数15回。議事録を見ても、農水は獣医は充足している、文科も新設の予定はない、の一点張りですよ。H27年6月国家戦略特区提案をして、提案ヒアリング関係省庁ヒアリングが行われています。その際、文科省は、「もし新しい獣医師需要があるのなら特定地域問題ではなく、全国的見地から検討する」と答えています。そしてH27年6月末に日本再興戦略2015の改訂版閣議決定されて、獣医師養成大学学部の新設を検討することにされます

 山本幸三担当大臣の前の石破茂議員だった頃は、中国四国出身の民進議員高井たかし議員から四国獣医学部ができると聞いたが、本当か、できるならぜひやってほしい、みたいな質疑(対象加計学園一校に限ってであることはこのときは決まってないしそれが総理の”腹心の友であることなんてしらんだろうしね。)があって、石破大臣は、「閣議で獣医に新しいニーズがあるとは言われたから、それは大事だが、医者と一緒で、獣医ライセンスを増やしても、地域の偏在、産業獣医のなり手不足は解決しないし、誰も彼も賛成するわけではないから慎重に考える」(H28年4月28日地方創生特別委員会)というように、慎重だったんです。

京都産業大学の動き

 H28年3月24日に、提案提案ヒアリングの開催は半年後のH28年10月17日京都産業大学には大槻公一教授という、鳥インフルエンザ研究専門家がいて、鳥インフルエンザ研究センターをすでに作っています設立を目指すのも、実験動物専門医創薬に携わる獣医ということで、既存獣医との差別化という意味でも、産業獣医の不足という意味でも、日本再興戦略2015の要請には合致しているといえます。この時点では、まだ「空白地域に限る」という指定もありません。京大京都府大などと連携して、有識者会議も発足しており、近畿圏知事からも連名で文部科学省への設置審議の要請をしています場所綾部市の府の機関の隣接地と決定しています。また私学のNatureライフサイエンス論文掲載数でも1位と研究レベルも高い。またバイオハザードレベルP3の実験室を京都市内ですでに作っている。またワーキンググループでも座長委員からも高い評価を得ていますしか議事録によると、こういった状況の大学が、H28年10月17日時点で、設置審にかけて欲しいといくら要望しても、農水も文科も「する必要はない」と事前協議にも応じてくれないといっています。それどころか、関係省庁ヒアリングは開催さえしていない。この議事録が公開されたのはすべて決定された後のH29年3月。

加計学園今治市の動き

 H27年6月4日提案、翌日6月5日提案ヒアリング、6日に関係省庁ヒアリングです。まず何だこの違い。さら提案ヒアリング議事録は非公開。

 翌年、京産大提案に焦ったのか、ロビー活動を活発にしています。まず、文科省から天下っている木曽功、内閣参与ですが、加計学園理事の彼を千葉科学大学学長に(餌ですかね)。また豊田三郎文教協会専務理事文科省天下り差配をしてた組織ね)をH28年5月加計学園理事に加えています

 そして、H28年8月23日山本有二農水大臣に、豊田三郎氏と加計学園理事長加計孝太郎氏が面会(あいさつだそうで)、9月6日松野博一文科相に同じ二人が面会(これまた挨拶だそうで)、9月7日山本幸三行革大臣に、加計孝太郎氏とその息子が特区に関する陳情豊田三郎氏とは面識がないそうで)です。はい、このロビイングがされている段階で、京産大は、農水、文科省幹部に5知事連盟要請している事前協議もさせてもらってないですよ。またヒアリングもまだです。

 9月?日、木曽参与が、内閣府特区担当審議官参与室に呼び出し、30分程度特区制度一般”について説明特区申請している組織幹部兼務する内閣参与に、特区担当説明参上するというのはこれは利益相反事項ですよー。でも「民間でどのような役職兼務しているかについてはまったく承知していない」そうです。あとこの人、ユネスコ関連業務参与ですよ。例の明治世界遺産登録活躍した人。特区制度のご説明求められて、ほんとにユネスコ担当参与特区説明してって言ったら、何の疑問も持たずに説明するんですねーすごいねー(棒)。はい面談記録がないからいつ説明たかもわからないそうです。またいつものやつね。説明資料出せと森ゆうこ議員要求しています

 10月6日加計孝太郎氏と安倍総理食事

 10月24日山本幸三大臣安倍総理と面会(加計学園の話はしてないそうですが。)、

 翌日10月25日今治市が、高等教育機関候補用地のボーリング調査検討(31日に承認)。この時点では、公式にはなんのアクションも起こってないですよ。おかしいなーこの構図森友でも見たぞ。

 11月28日今治市加計学園による建築確認消防計画に関する事前協議おかしいなーまだ何にも決まってないはずなんだがなー。

 12月24日安倍総理加計理事長乾杯(男たちの悪巧み)

内閣府の動き

 H28年10月28日11月2日内閣府内で11月9日の文案が定まる。この間、どのように、誰が作成したのかについて森ゆうこ議員が問い合わせると、「個別政策の集約の経過については答弁を差し控える」(松本洋平副大臣)ということで、森ゆう子激おこ。ほんとにどこまでもなめてやがんな。公文書管理法の第4条読め、遵守しろ

 11月9日 国家戦略特区諮問会議、突如として、広域的な空白地のみに限って、という文言が登場し、事実上京産大は退場。大阪府大に獣医学部があるので。この間、誰が、いつ安倍総理意思決定のための説明をしたのかと質問したら。「しかるべきときしかるべき内容を」(松本副大臣)と答弁。あほか。またこの会議では八代尚宏竹中平蔵らが委員をしているけど、まぁこ獣医議論すっからかん八代尚宏は、国際医療福祉大学みたいに、特別学校なんだとすれば、特区にできるみたいなアドバイスはしてるけどね。あえていえば。

 11月18-12月17日 パブリックコメント、8割が否定的意見

 12月8日日本獣医師会が設置そのものに反対だが、するなら1校に限ってほしいという要請

 12月22日国家戦略特区としての獣医学部の設置を決定したとされる(ただし、3月までは、そのような事実はないと答弁していた)。この合意文書が本当に12月22日に決定されたというのなら、サーバー記録、ファイルプロパティを見せろと迫ると、「公文書偽造に問われるから公務員はそんなことしないから見せる必要がない」(松本副大臣)。こいつほんまにあほか。

 H29年1月4日公募告示

 H29年1月20日今治に決定。

 こんだけつらつらと書いといてあれだけど、こういうあからさまなことが、ささいなとこを除けば、合法的に行われているっていうところが、この国家戦略特区制度の恐ろしいとこだとおもうよ。マジで国家戦略特区諮問会議安倍総理意思決定権者だから、最低でも形式的責任者ですよ。加計学園が選ばれたっていうことそのものは、まぁ逆差別があったらだめだって福島のぶゆき議員が言ってたけど、そのとおりだけど、じゃあ最低限、議論の透明性は確保すべきだろうってところを徹底的に出さない、下手したら公文書偽造までやってるかもしれないっていう事態はほんとに終わってると思いますぜ。

2017-03-24

未来予想

国立研究所研究をし、大学教育をする時代が来るんじゃないかと思う。というか、もう来ている。

http://anond.hatelabo.jp/20170323162129

国力と技術を示し資源を確保するための宇宙開発と海底探査、再生医療ナノテク原子物理関係は、各研究機関で。

研究重点大学は一部研究室研究所化が進み、教育ほとんど担わない上席研究員のような教授准教授ポジションを増やすnatureなどには主にこういった研究所寄稿し、将来のノーベル賞もここから出るので安泰。

それ以外の大学教員は、教育を中心に働く。科研費下位クラス研究費が当たれば、どうぞ余った時間内に好きな研究してね(余るかどうかは知らない)、というスタンスになる。そんな研究費での研究でも、大きく当たれば研究所ポストがもらえるだろう。当たらない場合は、学生の頭で考えた持ち込みテーマや、金のかからない研究が増える。そんなことでは大学教員論文の本数は増やせないので、研究所のない大学では教育業績がより重要視され、論文の本数でポストを争うことも減る。

このような未来が見えている現在、一部の、研究重点化されていないのに研究やりたい大学教員阿鼻叫喚であるが、国は一切構わないだろう。経営ができない大学から統合廃校をはかり、少子化に合わせた大学数になる。

日本90年代以降、基礎研究を倍増して本当に得をしたのか?

そら学術雑誌日本論文出そうとするほど儲かるんで、研究しろと煽るわな

特にNATURE営利企業だしな

で、問題日本90年代以降、基礎研究を倍増して本当に得をしたのか?ってことだ

国費も人材もアホほど投入して、データ論文として雑誌差し出し、日本国民はどれくらい潤ったのか?

河野太郎じゃないけど、その辺はっきりさせないと政策動かせないわな

http://anond.hatelabo.jp/20170323162129

https://www.taro.org/2017/01/%E8%AC%B9%E8%B3%80%E6%96%B0%E5%B9%B4%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

http://anond.hatelabo.jp/20170323162129

この増田が大量ブクマランキング上がっていかにもなコメがついてるけどどう見たって釣りでしょ?

「いや、優秀だったと、過去形で書くべきか。」 ← こんな書き方は惨状語るときにしないと思うよ。物語を書いてるときの書き方。

具体的な経験談やこれが辛かったって話もなくて、モチベーション文科省もっと偉い教授会市民講座、なんて一般論を並べてるだけじゃん

あとnatureって書き方に違和感がある。普通Nature だろ。

論文書く必要のある理系人間が書いてる文章だとまったく思えないのだけど

もしこれで本当に優秀だった教授()なのであれば、日本科学界のレベルNatureの指摘どおりですね( ̄ー ̄)

2017-01-11

http://anond.hatelabo.jp/20170111232323

Naughty By Nature の Hip Hop Hooray って、これを捩ってるのか。

今頃になって知ったわ。

2016-10-25

http://anond.hatelabo.jp/20161024205233

Wikipedia情報ブリタニカと同じくらい正確」--Nature誌が調査結果を公表

Nature誌の行った調査からWikipediaとBritannicaが正確な情報源として同レベルにあることが明らかになった。

Britannicaは、世の中の事実について記述した情報源基準と見なされている百科事典だ。

http://japan.cnet.com/news/media/20093147/

10年以上前記事だけど、英語ウィキペディア日本語より質が高いと思う。

2016-06-12

研究者を辞める例:小保方晴子

同僚が研究室に小保方さんの本を持ってきたので、昼休みに流し読みした。つまるところ小保方さんは、研究のものではなく、研究している自分好きな人間だったのだと、妙に納得がいった。

そうゆう類いの人は 実は結構居る。学部四年、教わったばかりのエタ沈を嬉々として連呼していた同級生や、 修論で一丁前に能弁を垂れる後輩、 ラボ生活ベテランとなり後輩に対して ペダンチックになる同期など。しかしそうゆう人間は、基本的にはアカデミアには残らない。ポスドクを何年もやるまで自分がそうゆう人間であることに気付かなかった例はあまりにも有名だが (http://biomedcircus.com/research_02_13.html)、若くして見出されてしまい、気付くチャンスすらないまま世に出てしまった小保方さんの方が悲惨であり、少しばかり同情の気持ちが涌いた。

しかし一方で、STAP論文の発表会見の時の発言うろ覚えだが、実験がうまくいかず夜通し泣いたというような内容―には、強い違和感があった。そんなことは生命科学研究者にとって常であり、わざわざ世にアピールすることか、と。今更ながら、小保方晴子という女性理系研究者の強かさがよく現れた発言だったと思う。

学生時代Top journalを出しても ポスドク先では良い結果が出ない、というのはよく聞く。うだつの上がらないポスドク生活を何年も続けていて、論文が出ずに苦しんでいる同業者もたくさん見てきた。研究は、概して困難を伴う時間がおおい。面白い研究テーマを見つけ、ポジティブデータを出し続け、仮説を証明する。仮説に裏切られることもよくあることで、実験実験を重ね、時に才能や運と対峙しながら、ようやく一つのさな真実に辿り着く。 研究している自分が好きなだけの人間には、コスパが悪すぎて到底耐えられない、楽しめないだろう。だからそうゆう人間は遅かれ早かれアカデミアを去って行くのだ。

小保方さんと言えば、してもいない実験グラフ勝手プロットしたり、顕微鏡写真他所から拝借したりと、良識から逸脱していることを次々とやってのけた。だいたい、博士号集大成と言える博士論文や、ましてNatureへの投稿論文ともなれば、実験生データ画像・数値や、そのデータを取った日の出来事やその瞬間など、よりよく覚えているものだ。論文推敲段階では目が腐るほどそのデータを見ることになるので、顕微鏡写真など細胞の配置具合まで自然記憶に残る。足りない点を自分で描き足したり他所データを使い回したりしたことを、ケアレスミスでしたと言うにはとてもじゃないが説明が浅短だ。そしてこの言い訳こそ、データ実験には全く愛着がないことを証明している。

小保方さんが愛していたのはSTAP細胞ではなく、STAP細胞はありまぁすと言った彼女自身だ。そうゆう人間は決して珍しくはなくて、しかし大抵どこかの段階でしれっとフェードアウトしたり潔くコンサルにでも転職して経済的に大逆転したりするが、小保方さんはそのチャンスに出会わぬまま、まだ研究者としてはずいぶん若いうちに引っ張りだされてしまった。 寧ろ、派手な捏造をしたからこそ引っ張りだされたのだとすれば、 科学者を辞める契機を作ったのは彼女自身であり、必然であったと言えるのかもしれないが。

2016-06-03

せっせと過去のブコメ削除してる方もいらっしゃるみたいなので、当時のブコメここに置いときますね。

査収くださいませ。

hapoyupa

2016/05/31Add Star

gggsckgggsck 育児 社会

2016/05/31Add Star

lamiel123lamiel123 山林で車から降ろして走り去るのと、スーパーで置いてくよ!って怒鳴るのは別次元行為だと思けどね。この親だってそれをわかってるから隠したんだと思うし。

リンク2016/05/31 Add Star

sauvagesauvage 行ったのは間欠泉辺り?だとしたら国道沿いだろうか

リンク2016/05/31 Add Star

tobehonesttobehonest 置き去りにされた子の気持ちを考えると苦しくて吐きそうになる。置き去りにされた子供は恐怖と絶望に怯えながらそれでも親を待つ…でも、恐怖や絶望はその後の人生まで蝕み続けるんだ。

リンク2016/05/31 Add Stardeath6coin

BaatarismBaatarism 「子育ては人を鬼にする」なんて書いたら炎上するのかな。でもマジで親にはそれくらいのストレスがあるからなあ。 21 clicks

リンク2016/05/31 Add Star

wemrawemra 最初に嘘ついたら、その後も信じられない 本当に数分か、本当に500mか

リンク2016/05/31 Add Star

fellfieldfellfield 服装まで違ってたのか。

リンク2016/05/31 Add Star

laislanopiralaislanopira 社会 育児 北海道

2016/05/31Add Star

richard_imairichard_imai 疑われるのではなく実際に虐待なのだよ。子育て歴史は虐待の歴史である

リンク2016/05/30 Add Starair7743death6coin

honoka6927honoka6927

2016/05/30Add Star

aveltavelt

2016/05/30Add Star

osnqosnq 無事見つかってほしいね 8 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

orbisorbis news 事件 子供

2016/05/30Add Star

uuchanuuchan 捜索に180人ということですが、警察犬は出動していないのだろうか?? こういうの得意そうだけど。。

リンク2016/05/30 Add Star

sisyasisya 普段はとてもよい両親で、このとき偶然虫の居所が悪く発作的に罰を下してしまったとして、それでもこの期に及んで世間体を気にしていたという状態言い逃れられない態度だと思う。 11 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

toroneitoronei

2016/05/30Add Star

conficonfi

2016/05/30Add Star

pakisemopakisemo

2016/05/30Add Star

fowheoffowheof

2016/05/30Add Star

ksaitouksaitou 両親をいけにえにしてクマに捧げれば戻ってくるんじゃない?

リンク2016/05/30 Add Star

scopedogscopedog 子どもが見つかる前にこれを報じる意味があるとは思えない。

リンク2016/05/30 Add Staryuri_donovicshidehira

usagino-moriusagino-mori

2016/05/30Add Star

death6coindeath6coin 世間体を気にして結婚して、世間体を気にして子供を作ったのかもしれないなぁ。

リンク2016/05/30 Add Starpulusha

nkoznkoz あとで読む

2016/05/30Add Star

hatebuposthatebupost ホットエントリ

2016/05/30Add Star

uimnuimn

2016/05/30Add Star

amy385amy385

2016/05/30Add Star

buntin1010buntin1010 子供危険と隣り合わせたしつけと言えるのか。今は、無事に見つかることを願うばかり。

リンク2016/05/30 Add Star

uchida108uchida108 誰を責めるかは見つかってから考えようよ。どんな形であれ。

リンク2016/05/30 Add Star

hiroyukixhphiroyukixhp

2016/05/30Add Star

toshi20toshi20 とりあえず詳細待ち。 社会 事件 20 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

persimmonlovepersimmonlove あとで読む

2016/05/30Add Star

kanbatakanbata

2016/05/30Add Star

jpuzgkx3ug280jpuzgkx3ug280

2016/05/30Add Star

GROOVYGROOVY 息子に置いてくよって怒ったことあるけど、5歩くらい歩いてやっぱり息子のとこ戻った。車で置いてっちゃうのは流石にやりすぎだよなあ…。早く見つかってほしい

リンク2016/05/30 Add Star

kiku-chankiku-chan

2016/05/30Add Star

nutahuatenutahuate 正直、小学2年生が山で2日以上生き延びるにはある程度の専門教育が要ると思ってる。で、まだ見つかってないなら…震電じゃない?

リンク2016/05/30 Add Stardeath6coin

sthyasthya ※記憶です 未解決事件だったと思うけど、自分の家周辺仲良く親子で遊んでいて、40秒ぐらいで男の子が消える事件があったと思うけど、山林だからな…。 3 clicks

リンク2016/05/30 Add Starosnq

janbarijanbari

2016/05/30Add Star

yoshi-nayoshi-na 背景が分からんとなんとも 5 clicks

リンク2016/05/30 Add Starndrb

pomutsukapomutsuka この親子の実情は知らんが、子育てにおいて「置いてくよ」が許されると思っている人間とは相容れない。社会的に許されない事になってほしい。自分もされたことがあるが憎悪しか残ってない。自分の子には絶対しない。

リンク2016/05/30 Add Starair7743aw18831945

napsucksnapsucks 親は相当にこりてそうだな。アホなことしたもんだ。 8 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

mujou03mujou03 逆にしつけられたか

リンク2016/05/30 Add Star

hate_flaghate_flag 地下鉄マナー啓発の「家でやろう」というポスターの絵柄を親の顔に刺青しよう(提案)。自宅の押し入れとか倉庫でやれ。

リンク2016/05/30 Add Star

muamqmmuamqm

2016/05/30Add Star

isgkisgk

2016/05/30Add Star

kangirenkangiren

2016/05/30Add Star

antanmanantanman

2016/05/30Add Star

pompompontapompomponta これわざわざ置きざりにするためにここまで行ってんだよね?もはや未必の故意だろ。 22 clicks

リンク2016/05/30 Add Starflowing_chocolate

stn0816ystn0816y

2016/05/30Add Star

challysen198challysen198 普通の親がする行為に思える人こそ犯罪者予備軍じゃないか、これ。実際に置き去りにしてるんだし。

リンク2016/05/30 Add Starhtnma108pomutsukaflowing_chocolateair7743

hibigenhibigen 詳細は不明。どうしてこの親を責められるのか。/「置いてくよ」とか「おばけくるよ」的な手段を使ったことがない人だけが石を投げる権利がある。 社会 子ども 38 clicks

リンク2016/05/30 Add Starheiwa48kangirenosnq

imaiworksimaiworks 嘘を言ってる時点で親側のしけがそもそも危うい・・

リンク2016/05/30 Add Starflowing_chocolate

cj3029412cj3029412 逮捕であるやもしれんな

リンク2016/05/30 Add Star

speed_star_99speed_star_99 あとで読む

2016/05/30Add Star

shinjukukuminshinjukukumin 早いとこ見つかるといいな。 4 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

a-lex666a-lex666 その世間体なる風を作り出してるのは? 旭日旗新聞社

リンク2016/05/30 Add Star

ysc711ysc711 子供が見つかって、親が保護責任者遺棄で逮捕されますように

リンク2016/05/30 Add Star

guldeenguldeen 初夏の北海道の山林には野生動物もウロウロしてるだろうし、子供どころかオトナでも心細かろう。『ネグレクト』と言われても仕方の無い案件子ども nature family もめごと 17 clicks

リンク2016/05/30 Add Starhayakuzakaa-lex666flowing_chocolate

shinorockshinorock 「世間体」の意味がわからなくなる…

リンク2016/05/30 Add Star

redra22redra22 私なら隠れて絶対まらない。警察も"大人の手先"と判断する。

リンク2016/05/30 Add Starmon_tes_qhate_flagokachan_manHozumax

ak148ak148 母親の子どもを呼ぶ声が切ない。「出ておいで」じゃなくて「おいで」なんだよなあ。着替えさせたのは川で遊んで濡れたからでは?とにかく無事でいてほしい。 事件

リンク2016/05/30 Add Stara-lex666kangirenosnq

cubed-lcubed-l 「虐待かと疑われるかも」ではなく既に虐待なんだなぁ。虐待とはどういうものかという知識足りてないのでは/7歳が丸1日以上見つかってないのか… 43 clicks

リンク2016/05/30 Add Starguldeenhaipaiallcider_kondohtnma108hate_flagflowing_chocolate

mentalpharmacistmentalpharmacist あとで読む

2016/05/30Add Star

TERMINATOR_T800TERMINATOR_T800 あとで読む

2016/05/30Add Star

IzumiMihashiIzumiMihashi しつけのつもりで虐待する親は多い。虐待かはケースバイケースとお茶を濁していると、「しつけ」がエスカレートする人いるから、「これはダメ」というコンセンサスを作って啓蒙すべき。 8 clicks

リンク2016/05/30 Add Starcider_kondohtnma108flowing_chocolateaw18831945

bedtownbedtown 犬でならじっちゃがしてたなw

リンク2016/05/30 Add Star

peketaminpeketamin

2016/05/30Add Star

hwinl0905hwinl0905 なんで酷い!って思ったが平凡な家でも同じ年齢の頃にお店に置きざりにされた事を思い出した。家から4キロほどのよく行くお店だったら仕方なしに歩いて帰ろうとした所迎えに来てくれたけど。紙一重なのかな

リンク2016/05/30 Add Starguldeenheiwa48

kintoki3kintoki3 それは躾ではない。捜索場所は多分違う。

リンク2016/05/30 Add Star

bitscreenbitscreen こういう、責任の所在が疑いようのない事柄にら「親も後悔しているだろうし責めるな」と優しいのに、本当に個人の責任ではない差別については全く関心がない人というのはどういう発想なんだろうなぁ?

リンク2016/05/30 Add Starcider_kondo

doopylily55doopylily55 ここでこの親を叩いても詮無いことだが、自分がこのような場面に遭遇したらどうするか 親も一杯一杯なんだよ、実態はどうなのかわかんないよとか自問自答してスルーする? 虐待

リンク2016/05/30 Add Starguldeen

straychefstraychef 7歳とはいえとんでもない悪ガキじゃないか

リンク2016/05/30 Add Star

ry0856ry0856 しつけ 事件 教育

2016/05/30Add Star

go-ryu-fugo-ryu-fu ひとつ嘘つくと全部嘘に見えるから厄介だな。

リンク2016/05/30 Add Starkenjiro_noverkittenhaipaiallguldeenBoromcider_kondonowa_sflowing_chocolatedeath6coinHozumax

fatmongerfatmonger たまたま報道されたからといって、なんも関係ない他人の行状を糾弾してる人たちが虐待を語るとか片腹痛い子供は無事でいてほしい。

リンク2016/05/30 Add StarX-keyiwwkvxBoromkangirenkasuga-kinmysoul

PomePome ブコメの賛否も理解できる。ほんと誰も幸せにならない事件(事故)だな

リンク2016/05/30 Add StarguldeenBorom

parakeetfishparakeetfish

2016/05/30Add Star

honohoxhonohox しつけと称した虐待があるのも事実。置き去りは虐待に1票。子供の無事を祈りたい。

リンク2016/05/30 Add Starguldeencider_kondoflowing_chocolateair7743meeyar

qinmuqinmu 熊出没注意。

リンク2016/05/30 Add Star

y-woody-wood 普通に虐待・毒親案件だよね、子供も逃げてるのかも。それより二日も経つのか、心配だ。あとこの両親が殺した可能性も少なくないのでは。

リンク2016/05/30 Add Starguldeenamateur2010flowing_chocolate

suikaxsuikax 逮捕されるべきとか、でも親も一杯一杯かもとか、これは虐待だ等いろんな意見があり、そのどちらも正しいと思うので複雑な気持ちになる

リンク2016/05/30 Add Starmirinonak148guldeen

F-SQUAREF-SQUARE 見た限りでは父親や親戚の顔がボカシなしで放送されてたのが気になった。後々火種にならなきゃいいけど BPO

リンク2016/05/30 Add Stariwwpulushakvxa-lex666cider_kondo

rgfxrgfx

2016/05/30Add Star

cider_kondocider_kondo 百歩譲ってはぐれた→本当は置き去り、は許したとしても、服装で嘘ついてたというのは許しがたいと思うけど。服って捜索で一番基本になる情報だし、世間体も何も関係ないやん。そこで嘘ついてた時点で擁護するのは…

リンク2016/05/30 Add Starkuboriewatapocouunfohaipaiallguldeentanpopopa-lex666hahihohtnma108flowing_chocolatedeath6coiny-woodhonoka6927fellfield

tomiyaitomiyai 現在気にすべきは子供が無事かどうかで、その後大事なのは子供ケアで、親を叩いてもいいことなんて一つもないよ。叩いた人の正義感は満足するかもしれんけど。俺らにできるのは祈ることとほっとくことだけだよ。

リンク2016/05/30 Add Stari_ko10mimirinonX-keyak148kvxguldeen

itamaeitamae 身につまされるわ。しつけと虐待って下手すると同じ事でもハンドリング次第でどっちにもなるでなあ… 9 clicks

リンク2016/05/30 Add Starmirinon

caesiumcaesium あのあたりの出身者だけど、未舗装林道といっても土地勘ある地元民の間じゃ古くから銚子方面への抜け道として使われていたから「ちょっと懲らしめよう」という気持ちであそこを選んだというのはわからなくもない 30 clicks

リンク2016/05/30 Add Stari_ko10miiwwuunfoguldeen

yukimi1977yukimi1977 あとで読む

2016/05/30Add Star

findtheexitdoorfindtheexitdoor あとで読む

2016/05/30Add Star

mon_tes_qmon_tes_q 「すぐ見つかるやろ!見つかればそれで万事オッケー」と思ってウソついたの? てか世の中の親御さん達は「置いてくよ!」ができなくなったらどうする? あとTVで父親を悪い人っぽく見せすぎじゃない?気が早くない?

リンク2016/05/30 Add Stariwwi_ko10mi

ys0000ys0000 多分、正しい躾け方とかのマニュアルが不足してるんじゃないかな。どうしてもいうことを聞かない子供をどうにかしたいという欲求を、どこで線を引くべきかわからないんだろう。俺も当事者じゃないかわからん

リンク2016/05/30 Add Starguldeen

sossossossossossos

2016/05/30Add Star

hazime2914hazime2914

2016/05/30Add Star

strawberry941strawberry941 あとで読む

2016/05/30Add Star

ReffittiReffitti 昔階下の小学生が深夜に玄関前で布団敷いて寝てた事があって、前々から問題のある親子だったか通報した事があるけど、子供意志でそうしたとしても秋の深夜に子供を表で寝かすのはアウトって言われたのを思い出す これはひどい 事件 北海道

リンク2016/05/30 Add Stariwwcider_kondoi_ko10miguldeennowa_sflowing_chocolateair7743death6coin

midnightseminarmidnightseminar これだけの情報で虐待だの犯罪だのと責める気にはならんけどなぁ。安全確認を怠ったことを心底後悔してるかもしれないし、捜索願は出してるんだし、大和だってこの親に会いたがってるんだろうに。 こ子育て事件

リンク2016/05/30 Add Stariwwi_ko10miX-key

overkittenoverkitten 怪しいな

リンク2016/05/30 Add Star

jack_oo_lanternjack_oo_lantern いじめとかパワハラする側の思考がこの親のコメントに現れてる。「世間では虐待と言われてるけど、そういう考え方は軟弱だ 」理論

リンク2016/05/30 Add Stariwwguldeenhtnma108flowing_chocolateair7743meeyar

wgjpadtwgjpadt

2016/05/30Add Star

btoybtoy 後悔するのは勝手だけどね。自分たちの「しつけ」が虐待と疑われかねないものだと認識している以上、子供の命を危険晒したのは故意であると言わざるを得ない。事故じゃないんだよねこれ。同情のしようがない。

リンク2016/05/30 Add Starhaipaiallmythmuunfoguldeenhtnma108flowing_chocolate

damehobbyanimelike-913damehobbyanimelike-913 幼少期にショッピングモールで置き去りにされたことがありますが、その時はちゃんとサービスカウンターに届けてもらえてよかったです。そういう親はあまりにも身勝手だと思います、今思えば。 10 clicks

リンク2016/05/30 Add Starwuzukiikanosukeguldeenhtnma108

ico_mizusawaico_mizusawa あとで読む これはひどい

2016/05/30Add Star

oktnzmoktnzm id:inmysoul 少なくとも保護責任者遺棄は確定では?

リンク2016/05/30 Add Starhaipaiallhisawooohazime2914cider_kondoflowing_chocolate

call_me_notscall_me_nots しつけられるべきは親もであった 56 clicks

リンク2016/05/30 Add Starwuzuki

longrooflongroof そんなことより一番に子どもの無事を心配しようぜ俺らも(;´Д`)… 11 clicks

リンク2016/05/30 Add Starwuzukiikanosukesouth-NewWellak148guldeenkangirennaconnacon

chocolaterockchocolaterock 保身のために嘘吐くなら最初からやるなよ…。そもそも、物心ついたばかりの子供への"しつけ"が山奥に置き去りというのも色々な危険に遭遇するリスクを考えなかったのかな…。まだ見つかってないようだけどどうか無事

リンク2016/05/30 Add Starwuzukiguldeenguldeen

watapocowatapoco 決めつけるのはほんとによくないけど、服装が最初に言ってたのと違うとか不可解なとこあり過ぎて…。早く見つかって助かってほしいなあ

リンク2016/05/30 Add Starwuzukimuiplacider_kondo

txmx5txmx5 事件

2016/05/30Add Star

sundansuwsundansuw 子供を置き去りなんてひどいだろ。役立たずの老害や専業寄生虫を置き去りにすべき

リンク2016/05/30 Add Star

tokotokoyocchitokotokoyocchi あとで読む

2016/05/30Add Star

kumausagirlskumausagirls あとで読む

2016/05/30Add Star

munechikaismunechikais あとで読む

2016/05/30Add Star

solidstatesocietysolidstatesociety 一回自宅見た方が

リンク2016/05/30 Add Stardefy121HILOKI-T

You-meYou-me (今でも気にしていってないことがたくさんあるっぽのがねぇ)(どの道父親タイホかな。虐待で) 8 clicks

リンク2016/05/30 Add Starcider_kondo

YarmUIYarmUI 夜中の恐山でやられたことあるけど、パニクった子供判断能力の低さは致命的で普通に藪道入っていくので親御さんはやるときは目を離さないように 19 clicks

リンク2016/05/30 Add Starperl-o-palwuzukicaesiumiwwguldeennowa_s

iwwiww 謝るまで家に入れません! を山ン中でやっただけだろうけど、場所が悪かったな。 読み物

リンク2016/05/30 Add Starnora27i_ko10mi

mgwtapdjmgwtapdj

2016/05/30Add Star

airwaveairwave 世間体は口実。故意に放置したことがバレると保護責任者遺棄罪に問われるから

リンク2016/05/30 Add Starhaipaiallguldeen

pacha_09pacha_09

2016/05/30Add Star

echorevechorev 獅子は子を千尋の谷に落とすっていうけど、人間社会物理的にそういうことするのはしつけじゃなくてネグレクト。置き去りにするのが冗談のつもりでも子供の心には深い爪あとを残すよ。

リンク2016/05/30 Add Starhaipaiallguldeen

g5dbma5ng5dbma5n あとで読む

2016/05/30Add Star

kvxkvx 7歳ならそこまで危険な行動しなそうだし、少し落ちたくらいなら戻れる力あるから誘拐されたのかなと思った。

リンク2016/05/30 Add Star

suichasuicha どうかどうか、無事に見つかりますように。

リンク2016/05/30 Add Starmuipla

arastarast あとで読む

2016/05/30Add Star

X-keyX-key よくもまぁこれだけの情報邪推思い込みで叩いたり出来るなぁ・・・。いろんな可能性があるのに「・・・しか思えない」、なんて思考停止宣言である

リンク2016/05/30 Add Starn-stylesgo-ryu-fuwuzukiiwwkvxhibigen

g8g7itbgg8g7itbg あとで読む

2016/05/30Add Star

bfoxbfox 両親責める人の気持ちもよく解るし、正論だし、俺もそう思うよ。でもさ今頃きっと両親も後悔でいっぱいだと思うし、もう責めないであげてほしいと思っちゃうんだけど。

リンク2016/05/30 Add Starmidnightseminar (green)midnightseminar (green)midnightseminar (green)X-key36Hozumax

hideahidea 小さい頃に淡路島の海岸でやられたことあるけど、その時は泳いで帰った。それを北海道の山でやる親の判断能力は欠如しているだろうけど、虐待とかクズまでとは思わない。うちの親は戻ってきたりしなかったし。

リンク2016/05/30 Add StarX-key23paserisage

fs001493fs001493

2016/05/30Add Star

silentliberatersilentliberater しつけじゃなくて八つ当たりでしょ。子ども自分の思い通りにならなくてイラついて置き去り。「テレビは叩けば直る」と同じ構造。

リンク2016/05/30 Add Starguldeen

nao0990nao0990 「山菜採りではぐれた」と「山に置き去りにされた」では子供の行動パターンも違うので当然捜索隊の動き方も変わる。初動が重要遭難案件自分可愛さに大嘘つく親とか子供育てる資格がない。

リンク2016/05/30 Add Starb_wamptwadgjcider_kondoguldeenflowing_chocolate

mouseionmouseion レイパーがよく山林に被害者を置き去りにした時の言い訳と同じ理屈。結局自分の為に置き去りにしたのを家族の為だとか抜かすバカ親がこの世にいるか被害者が常に苦労させられる。首吊って謝れ。 19 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

fukkenfukken

2016/05/30Add Star

lbtmplzlbtmplz 45時間とか多分もう… 事件 行方不明

リンク2016/05/30 Add Star

keitonekeitone 殺人遺体遺棄事件しか思えないんだが

リンク2016/05/30 Add Star

exbaronexbaron この親御さんが世間体を気にして自殺とかしても「ざまあみろ」なコメントが相次ぐところまでは織り込み済み。 21 clicks

リンク2016/05/30 Add Stariwwcitron_908

astronomy710astronomy710

2016/05/30Add Star

daoben6613daoben6613 こういう胸が締め付けられるような記事ダジャレは聞きたくない。

リンク2016/05/30 Add Starkenjiro_nyonowuzuki

kohgethukohgethu

2016/05/30Add Star

pikr9pw9pikr9pw9 あとで読む

2016/05/30Add Star

inmysoulinmysoul まだ大した情報も出てない段階で子どもを失うかもしれない状況の両親を過大妄想犯罪者呼ばわりとわね。はてなー正義感も大したもんだよ。そんなに正義の味方になりたいなら詳細わかってからにしろよ。

リンク2016/05/30 Add Starmidnightseminar (green)midnightseminar (green)midnightseminar (green)daroemon49hz75hz

ブックマークを削除するコメント編集する

DustOfHumanDustOfHuman

2016/05/30Add Star

applelinkgoapplelinkgo

2016/05/30Add Star

kushkenkushken 悲しい。 13 clicks

リンク2016/05/30 Add Star

dowhiledowhile

2016/05/30Add Star

delphinus35delphinus35 余りにもクズ過ぎる両親だが、子供を失うほどの罪ではない。無事でいるといいが…… 16 clicks

リンク2016/05/30 Add Starinmysoulmerico2404wuzukiak148guldeendeath6coin

uunfouunfo 姉の言葉しか信じられないな。/鹿部から北斗に帰るなら43号線を外れる必要ある?置き去りにするためにわざわざややこしいところに入った?→『「留の湯」温泉から西方向に未舗装道路を約1キロ入った山林内』

リンク2016/05/30 Add Starcider_kondoguldeenmeeyar

carl_scarl_s 世間体を気にして嘘つくくらいだから子供が無事に戻ってきてもお前のせいで恥をかいたと暴力沙汰にならんか心配な件。 社会

リンク2016/05/30 Add Starair7743letoro_maniawuzukiguldeenhtnma108

JA8XOHJA8XOH 虐待だろ。この山林がどんなところか知らないけれど、肉食の動物とかいたらどうなるか…

リンク2016/05/30 Add Starwuzukiiwwguldeenflowing_chocolate

mokmok1222mokmok1222 あまり配慮不足。当人の後悔は察するにあまりあるが。

2016-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20160511142842

ギズモード掲載専門家コメント



元増田が貼ってる記事編集が入っててどこまでが専門家の言ったことが分かりにくいので、コメントがそのまま載っているオリジナル記事の追記部分を元にざっと訳出

http://gizmodo.com/teen-discovers-lost-maya-city-using-ancient-star-maps-1775735999

Update 2:56 pm

David StuartさんFacebook引用元増田が貼っているものなので省略。

本人のWikipedia情報は以下参照。

https://en.wikipedia.org/wiki/David_Stuart_%28Mayanist%29


Update: 3:25 pm

Thomas Garrisonさんのコメント掲載USC(南カリフォルニア大。1880年設立名門校所属人類学者であり、リモートセンシング専門家でもある。

I applaud the young kid’s effort and it’s exciting to see such interest in the ancient Maya and remote sensing technology in such a young person. However, ground-truthing is the key to remote sensing research. You have to be able to confirm what you are identifying in a satellite image or other type of scene. In this case, the rectilinear nature of the feature and the secondary vegetation growing back within it are clear signs of a relic milpa. I’d guess its been fallow for 10-15 years. This is obvious to anyone that has spent any time at all in the Maya lowlands. I hope that this young scholar will consider his pursuits at the university level so that his next discovery (and there are plenty to be made) will be a meaningful one.

(意訳)若者努力は素晴らしいことだ。しかしこの結論ちょっとリモートセンシングができるなら、この画像トウモロコシ畑の跡地だとはっきり分かる。おそらく10から15年間、休閑地になっているところだろう。マヤ低地を調べた経験があれば、誰でも分かることだ。私としては、この若者が次は有意義発見ができるよう、大学に行って勉強して欲しいと思っている

Garrisonさんはよく似た地形が写っている画像ギズモード提供している。耕作放棄されてから間がない分、もとの画像よりもはっきり形が分かる


Update: 4:30 pm

Ivan Šprajcさんのコメント掲載スロベニア芸術科学アカデミー所属人類学者であり、天文考古学研究している。

Very few Maya constellations have been identified, and even in these cases we do not know how many and which stars exactly composed each constellation. It is thus impossible to check whether there is any correspondence between the stars and the location of Maya cities. In general, since we know of several environmental facts that influenced the location of Maya settlements, the idea correlating them with stars is utterly unlikely.

(訳)もともと、特定されているマヤ文明星座は非常に少ない。それに、星座が分かっていても、それぞれの星座が、正確にはどの星を組み合わせたものなのかは分かってない。したがって、星の位置マヤ文明都市位置が一致しているかをチェックすることは不可能だ。また、マヤ文明居住地位置決定に影響を与えた環境的な要素はある程度分かっている。それに星が関係するというのは、まずありえない

2016-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20160511180103

分子水素細胞内で抗酸化作用を示し、脳梗塞モデル動物における顕著な治療

効果があることを2007年の Nature Medicine 誌に発表して、早7年が経ちま

した。この間、多くのモデル動物分子水素による治療効果が報告され、臨床研

究も増えてきました。

http://www.medi-h2.com/img/program4.pdf

2016-03-19

Nature Index 2016 日本TOP10

ランク 機関 WFC指数前年比

1 東京大学 +6.1%

2 京都大学 -6.3%

3 大阪大学 -11.9%

4 東北大学 -1.9%

5 理化学研究所 -4.2%

6 名古屋大学 -0.7%

7 東京工業大学 -7.8%

8 北海道大学 +2.3%

9 九州大学 -15.8%

10 物質・材料研究機構(NIMS) -18.4%

東大1位&前年比+6.1%一人勝ちおめでとうございます

北大も前年比超え頑張った。

残りの全ての機関に関しては前年比超えならずお悔やみ申し上げます

2016-03-14

抗酸化サプリにがん転移促進作用か、マウス実験研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3063273

科学ネイチャーNature)に発表された今回の論文によると、マウスを使った実験は、抗酸化作用のあるN-アセチルシステイン(NAC)を注射したマウスの一部に、悪性黒色腫細胞転移が、注射していないマウスに比べて2か月ほど早い個体確認されたという。

 研究チームによると、抗酸化物質には、転移するがん細胞抑制する働きのある体内分子攻撃する作用があり、これが結果的にがん細胞転移を助けていると考えられるという。


抗酸化飲料水素水はどうなんだろう・・・

2016-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20160303073800

自分とやりかた似てるなー。でも自分リストとは違ってた。誰かマージしといて。

iteracyinlearningexchange.org

live-

pippoo.org

broadcast-real

lynixgaming

nudify-her

hleothomas.com

Musical.ly

full-movie

season-

/redd.com

Get Free

.dha.org

recoveryhub.net

ustream.tv

live stream

quotesgiant.com

en vivo

challenge.org

thepoliticus.com

mygivingpoint.org

ñ

typepad.com

paste4btc.com

disqus.com

odiblogs.com

suomi24.fi

ş

janyaa.org

codeimgs.com

özetfenerbahçe

imvu.com

elbertcountyrepublicans

craigslist.com

healthunlocked.com

thelittleonescollection.co.uk

movellas.com

huffduffer.com

codepink.org

launchpad.net

myevent.com

craigslist.org

vgtc.org

notes.io

kinja.com

bvdg.de

heroesfire.com

purob.com

scout.org

over-blog.com

zendesk.com

novareal.hu

overking.com

marchofdimes

daytona500livestreamsite

theycountwillyou.org

iviewtube.com

newgrounds.com

skinnymetea.com

usartsupplies.com

pistonheads.com

steamcommunity

cpartpicker.com

fuking-business-diary.cn.jp

backpage.com

mladiucitelj.si

vithoulkas.edu.gr

dailymail.co.uk

quicktopic.com

sonomawinegrape.org

ypcolumbusga.com

toronto.backpage.com

ultimatecentral.com

fanmail.biz

podio.com

colourlovers.com

nairaland.com

runnersworld.co.uk

bcorporation.uk

ivestream.com

mamanpourlavie.com

bcorporation.net

techjoomla.com

eteamz.com

aktivity.tunis.cz

themeateater.com

nesea.org

www.patreon.com

linuxfoundation.org

mymathforum.com

parchment.com

www.youtube.com

bluesound.com

nature.com

www.facebook.com

futureharvestcasa

reddit.com

2016-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20160131143254

ワタシの方法

Chrome のみ

コンパクト増田入れる

https://chrome.google.com/webstore/detail/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%AA%E5%A2%97%E7%94%B0/gflnacbcoghapphefandoihoijglobih?hl=ja

NG機能に下記をぶちこむ

fuking-business-diary.cn.jp

dailymail.co.uk

sonomawinegrape.org

toronto.backpage.com

ultimatecentral.com

fanmail.biz

podio.com

colourlovers.com

nairaland.com

runnersworld.co.uk

bcorporation.uk

ivestream.com

mamanpourlavie.com

bcorporation.net

techjoomla.com

eteamz.com

aktivity.tunis.cz

themeateater.com

nesea.org

www.patreon.com

linuxfoundation.org

mymathforum.com

parchment.com

www.youtube.com

bluesound.com

nature.com

www.facebook.com

futureharvestcasa

reddit.com



以降、変なURLドメインがきたら自分で追加していく

2015-10-01

続、続:「馬鹿ね、そんなくだらない理由で人を殺したの」

こちらの記事http://anond.hatelabo.jp/20150928163536)、

http://anond.hatelabo.jp/20150929000832

投稿させていただいたものです。



なんだか私についていくつもエントリー(?)がついてまして…

いやはや、こんな思考駄々漏れみたいなものにたくさんの人にお付き合いいただけて頭が上がりません。

少しだけ書きたいことが出ましたので2つほど追記を…






まず一点目。

前回の2つの記事についてご指摘がありましたが、これは私の自分語りです。

重ねて言いますが、主観がモリモリ入っております

客観的に見れているか?と言われますと私は首を縦には振れません。

あくまで、私が思ったこと。自己語りの範囲です。

それを理解していただければ幸いです。


更に申し上げますと、前回の2つの記事は、『私がこの時、こうだったから、私は楽になれた。』

その、たった一例を出したに過ぎません。

しかもこれは、私だから救われた話です。

誰でも彼でも救ってくれる、万能薬のような魔法言葉を言われたわけではありません。


当たり前ですね、状況がまず違うのですから、そのことを他のコメントを見ながら痛感しています

未熟者でお恥ずかしい限りです。



しかし、それでもあんなに簡単な言葉で私が今まで生きてこれたのも、また事実なのです。

から一番近くで、犯人のような人や、私のような人を見てきた人だけが

助けてあげられるのかもしれない。とも思うのです。

でも近いからこそ、それが出来ないのかもしれないとも思います

親しい人ほど、無様な姿は見せられない、という心境とでもいいましょうか…

難しいですね、これは私がベストアンサーを出せる問題ではないように思うこの頃です。

さらに前の記事では、こうしたらいいなどと厚かましい意見を述べてしまいました…

自分に酔った文章だというご指摘も最もだと思います




さて、こういう風に自分思考に少し風が通ったのは、

トラックバック南直哉さんを紹介していただいたからです

私と考えが似ていらっしゃるとのことで、

色々と関連したもの動画など)を拝見させていただいたのですが、

私の思慮の浅さが露見するばかりで…

こんなに深い考えをお持ちの方に間違われるのは大変恐縮するばかりです。



この方のお言葉にハッとさせられたのですが、


自分という存在」は「他者」に認められて存在が成り立つということです。


当たり前のことですが雷のような衝撃を受けました。

モヤモヤした私の言えない部分を言葉にしてくださいました。



私は何も選んで生まれて来ていない。性別容姿も親も何もかもです。

それを私だけの一存で好きになるのは難しいことですね。

というか私には不可能に近いです。

じゃなきゃ、自己肯定感がこんなに低いとウダウダ悩んでません。


だって好きで選んだものじゃないんですものしか絶対に逃れることなんて出来ない。

そしたら、すんなり好きになれなくて当たり前です。

まれた時から理不尽だなあ…



私は、この考えに触れて、『資本論』を思い出しました。



----------------------------------------------------------------------------------------


人間は鏡をもってこの世に生まれてくるのでもなければ、

私は私である、というフィヒテ流の哲学者として生まれてくるのでもないから

人間最初はまず他の人間なかに自分を映してみるのである

人間ペテロは、彼と同等なものとしての人間パウロ関係することによって、

はじめて人間としての自分自身関係するのである。」

カール・マルクス岡崎次郎訳『資本論(1)』(国民文庫一九七二年)一〇二ページ。】


----------------------------------------------------------------------------------------



さらに調べていたら、もっと分かりやす文章が出てきました。


----------------------------------------------------------------------------------------


アメリカ社会学者チャールズ・ホートン・クーリー

一九〇二年の本のなかでさきのマルクスと同じようなアイデアを定式化している。

すなわち、かれは「お互いがお互いにとって鏡であり、その前を通る人を映している」として、

このような自我のありかたを「鏡に映った自我」(looking-glass self)と呼んだ。

要するに、他者という鏡に照らして自分を見る、ということだ。

これによって自己認識が可能となり自我形成される。

あらかじめ自我があって他者と関わるということではなく、

他者と関わり他者の鏡に映った自分認識することによって自我形成されるのだ。

クーリーによると、このような自我は三つの側面からなる。

第一に他者自分に対してもつイメージ

第二に他者自分に対してもつ評価

第三にこれらに対する自分感情[自負や屈辱など]である

【C.H.Cooley, Human Nature and the Social Order,1902,p.184.】


----------------------------------------------------------------------------------------



他者を映さなくては自分を見ることが出来ない。

からこそ私は他者排除して自分を語ることが、どうしても出来なかったんだと思います

人の目が気になってたまらないのも、きっと、ここら辺からきているのかな…

私という存在を求めてほしい気持ちがあるからこそ、他者からの無条件の肯定に焦がれてしま

でも得るのはとても難しい…

ムムム…ここら辺はまだまだ私の中で考えていく必要がありそうです。



さすがその道に長けた方のご意見は納得させられるものばっかりです。

とても勉強になりました。南直哉さんのことを教えてくださった方、ありがとうございます

書籍も近々手に取ってみたいと思います

気になる方は動画などもいくつかネット上にアップされているので、ぜひ拝見してみてください。






二点目は、エントリーについて少し触れさせていただきたいと思います




◯『憎しみも怒りもなくふるわれる暴力』とエントリーを書かれた方




私はまずDVの話はしていません。

同じような「劣等感からくる事件を持ち込むならまだ分かります

例えとしては、いささか整合性がなく、乱暴なようにさえ感じます

そして加害者被害者の言い分は別です。ごっちゃにしてはいけません。

もし、この言い分を使いたいなら私の発言はどちらかの立場だけに終始すべきです。

なぜなら私は被害者側の立場に立って、今回の話はしていないからです。



そもそも私が疑問に思った問題と、あなたが述べている問題点は相反するものではありません。

私が言いたいのは、犯人のやり口が卑劣だ、という犯行への結果ではなく。

どうして止められなかったのか?という過程へ向けた問いの話だけを今回の問題としてあげています

分かりやすく言うならば、『起こったこと』(結果)、『今起こっていること』(現在)ではなく

『止められなかったのか?』という『過程』と、

『それはなぜ?どうしたら止められるの?』という『未来』の二点だけです。


しろここで、ごった煮にして考えてしまって良いような問題ではないと思います


加害者擁護に感じる不愉快さは被害者人権軽視の姿勢』についてのお話

しなくてはいけない大切な問題だと思いますので、

どうぞご自分トピックス内で書かれることをオススメします。



あともう一点だけ、トリイ・ヘイデンの「シーラという子」という本を引き合いに出されていましたが

これこそ、私が疑問視していたセーフティーネットが上手く発動した例にはならないのでしょうか?


社会という仕組みにある学校が、セーフティーネットとして、シーラという子を助けられたなら、

それはとても喜ばしいことに思えます

他の場面でなら、彼女体験はどう使えるのか、考えるヒントがありそうです。





殺人理由は、大抵くだらないとエントリーを書かれた方




こちらの子方は、いくつか引用を交えてお話させていただきます


----------------------------------------------------------------------------------------

馬鹿ね、そんなくだらない理由で人を殺したの」

という言葉自分に刺さるように感じるこの増田書き手)は、

犯人自己投影してしまうからこそその言葉自分に返ってくるように感じてしまう。

コメント賛否になるのは当然でどれに感情移入主体として)するかによって風景が変わる。

コメントする人間は、自分いちばん近い距離感に対し感情移入する。

でも「殺人理由」なんてのは大概くだらない。

どんな理由であれ殺人に至るほどのものじゃない=くだらない

他者一般からみたら「くだらない」の一言

であって、本人がこじらせている状態を「くだらない」と言ってるわけじゃない。


----------------------------------------------------------------------------------------



そういう見方も出来るのですね!

私にはない見方でした。ひとつの方向だけを向いてしまう悪い癖です。


そうですね、どうしてあの時、母が「くだらない」と言えてしまうのか

とても疑問だったのですが、すっきりしました。

ありがとうございます


トラウマ的な部分もあって、私自身がそれに過剰に反応してしまった部分もありました。

こういったトラウマ的な部分は気をつけていても

反射で反応してしまものなので、中々コントロールするのは難しいですね

そうった意味で言っていたのか、母には後日、確かめてみたいと思います


ただ、やっぱり事件を「くだらない」と片付けてしまっていいものか…と私は考えてしまうのです。

背景は別々だけれど、同じような事件がたくさん起きているのは事実で、

なくならないかも知れないけれど、減らすにはどうすればいいか

しかしたら犯人人生において共通の何かがあるのか、ないのか…

私はそれを「自己肯定出来ない自分」という、ひとつの可能性と結びつけました。

探せばもっと違う可能性があるかもしれない。ないのかもしれない。はたまた、これ事態関係ないのかもしれない。

それでも考えていくことを放棄したら、なんだかもっと危うい方へと世の中が転がっていくように私は感じてしまうのです。




----------------------------------------------------------------------------------------


今この時の、家族の、学校の、大げさに言えば社会セーフティーネット機能していない深刻さ。

それを改善していく必要があるんではないかと強く思ったがゆえに投稿した記事でした。

続:「馬鹿ね、そんなくだらない理由で人を殺したの」

ここに集約されてる。


----------------------------------------------------------------------------------------



おっしゃるとおりです。まさに、私が欲しかったものです。

ストンと真っ暗な穴に落ちて行くような恐ろしい気持ちです。

社会と私が容赦なく切り離されていくような感覚です。

なので、こんなに恐ろしい気持ちを味わっていたらと思うと…と、

だいぶ犯人の側に入れ込んで前の記事を書いたことは否めません。




----------------------------------------------------------------------------------------


社会セーフティネット」って漠然といい感じの言葉だけど、

問題のある家庭まで補正できるセーフティネットって具体的になんだろう。


----------------------------------------------------------------------------------------



残念ですが私にも分からなくて、具体的なことはひとつも書けませんでした。

本当に何がセーフティーネットになりえるのでしょう?


そもそも、そんなすごいセーフティーネットを作ることって出来るのでしょうか?

作るなら誰なんでしょうか? 政府民間ボランティア

予防線を張るために私たちが出来ることってあるのでしょうか?

家庭が駄目なら、どこでなら救うことが出来るのでしょうか?

直すべき形態はどこなんでしょうか?

殺人犯人が悪いけれども、もし彼をそこまで追い詰めたものがあるとしたら、

それって何が悪かったんでしょうか?

遠くない私たち問題なのかもしれないと、私は思ってしまます




----------------------------------------------------------------------------------------


ニュースの少ない情報から同類だ」と勝手思い込み

劣等感が「リセット」というキーワードと結びついて妄想が膨らんだ。

結び付いたらそれを「くだらない」といった母親言葉自分に向ってきた。


----------------------------------------------------------------------------------------



 

そうですね、少ない情報から同類だ」と勝手に思い込むのは良くなかったですね。

もっとじっくり考えれば、すぐに私と犯人他人だと分かりそうなものですが…

しかし、少ない感情で強烈な既視感を感じたのもまた事実です。

そして、私の書いたもの共感してくださる方がいたのも事実です。

こういった切実な感情を抱えてしまう私がいる、

割り切れない何がある?それってなんだろう?

そうやって考える自分がいるのも確かです。


そして、私のことを「少ない情報犯人自分を同一視するな!」とおっしゃられるなら

「啓発にコロリと引っかかる」という型にはめた発言は訂正していただきたいと思います

だって、わたしのこと、この2つの記事しかあなたは知らないんです。

女か男か、はたまた性別も分からない人に、それを言うのは野暮ってものです。

やっぱり、自分の独り善がりで文章を書いてしまますと、なかなか客観的に立ち返れずにお互い苦労しますね。




----------------------------------------------------------------------------------------


犯人が違う理由を言いだしても増田投影し続けられるんだろうか。


----------------------------------------------------------------------------------------



どうでしょう


「人を殺せば刑務所に入って人生リセット出来ると思ったこと。」

この点は、もしかしたら揺らいでしまうかもしれません。

人生リセットしたい』と思ったことは何度もありますが、

よく考えれば、刑務所に入ろうという発想はありませんでしたし…


ただ、「小学生から大学生の今まで、自分は何をやっても駄目だと感じていたこと。」

「そのことを考えると夜も眠れず苦しかったこと。」

この二点は確かに私の味わった挫折感によく似ているので、

この点だけにおいては共感することが出来ると思います




----------------------------------------------------------------------------------------


自分人生責任も、運命を変えるのも、残念ながら自分しかない。


----------------------------------------------------------------------------------------



その通りですね。自分人生をどうやったら大切に出来るか、自分なりに模索している最中です。


ただし、ご自分人生責任を取るのなら『この記事だって誰の責任も取らない。』のではなく、

やはり言ったという事実には責任を持たれたほうがいいと思います

持てないのでしたら、それこそ私などに発信せずに匿名でやってください。

私は匿名という時点で、心苦しいですがあなたと同じ土俵には立てません。

この発言をすることで周りへかかる迷惑を考えた結果の匿名ですので、

その点に置いては私は自分発言責任を持とうと思っています






自分自分であるというただ一点で何よりも尊い。についてエントリーを書かれた方




----------------------------------------------------------------------------------------


「こうやれば楽に生きられるかも」なんてものは何も書けないと思う


----------------------------------------------------------------------------------------



私は前回の記事でとても傲慢なことを書いてしまいました。

そうですね。そんな素晴らしい答えがあったら私も悩んでいません。

どうかその考えることを大事にしてください。


とてもいい環境で育てたのですね。それはあなた財産であり、誇りになると思います

どうかその世界をつくってくださった人を大事にしてあげてください。

そうして、きちんと悩めるあなたなら、誰かのために手を伸ばすことが出来るでしょう。

だってやり方をきちんと教わってきたのだから

うらやましい限りです。手探りでは、なかなか及ばないところも多く、歯がゆい日々です。


でも、どうか私みたいにこれがいいと決めつけて傲慢にならないでください。

きっと時と場合によって回答は常に変化してしまうでしょうから

時々、休みつつ、問題真摯に向き合っていくことが大事なんじゃないかと思う今日この頃です。


私もようやく「自分は、自分であることから逃れられない」

ということを受け入れ始めることが出来てきたように思います


その「尊い」という感覚は、きっとあなたがおっしゃるように他者との間にしか見つけられないものです。

そして、時にものすごく得ることが難しい。

でも自分大事に出来てこそ、他者大事に出来ると思います

陳腐だと言われてしまいそうですが、

自分を愛せないのに、どうして他人を愛せようか」ということです。

そして、これが未だに誰かの胸を打つのは、この言葉が響く人が確かにいる証のように感じます


書いてくれてありがとう。私の考えるきっかけになってくれて、ありがとう

あなたの近くで転べる人は幸せなのかもしれない。

きっと苦しい状況はすぐには変わらないけれど、起こしてもらえるのってすごく大きな力になる。

あなた人生を曲げない範囲で、どうか他者を労ってあげてください。


私もあなたのようになりたいです。ほどほどを忘れずにね。






以上で追記は終わりです。誤字脱字はご愛嬌範囲でお願いします。



そして、私の個人の思う所を書いたという点だけは、重ね重ねですが、どうかご了承願いたいです。


この一連の記事を書く前は私は魔法のような一発で解決する答えがあるんじゃないかと

心のどこかで思っていました。

でも、たくさんの意見に触れてそうじゃないと気づけた。


きっと、現状を少しでも良くするためには、どうすればいいか?

それを柔軟に考えていくのが大事なんじゃないかと思えました。


これが現時点での結論です。

きっとまた四苦八苦して変えて、いかなくてはいけないのだと思います


この投稿は、私の疑問の声であるという点を汲んで、少しでも考える機会になったら

これほど書いてよかったと思うことはありません。


長文、失礼いたしました。

2015-09-11

昨日「釣りタイトル」と騒がれたアルツハイマー病の記事について

http://b.hatena.ne.jp/entry/www3.nhk.or.jp/news/html/20150910/k10010224521000.html

私も昨今の釣りタイトルの多さには辟易しているが、この件は違うと思うので解説したい。

(私は医者研究者です。)

まず最初に、アルツハイマー病とアルツハイマー認知症は違う。

アルツハイマー病は、極めて稀な遺伝性疾患で若年性認知症を引き起こす。

映画私の頭の中の消しゴム」の主人公罹患した病気

原因はβアミロイドという異常タンパク質が膿の神経細胞に蓄積して細胞死を起こすことによる。

ゴミが溜まりすぎて死んじゃった状態。神経細胞がどんどん死んじゃうから認知症になる。

アルツハイマー認知症は、老人性認知症の約半数をしめるもので、

よくある病気というかむしろ正常な老化現象のひとつとも言える。

なぜアルツハイマー認知症と呼ばれるかというと、βアミロイドが脳の神経細胞に蓄積していて、

顕微鏡で見るとアルツハイマー病に似ているから。

クロイツフェルト・ヤコブ病狂牛病プリオン病と呼ばれ、異常プリオンが脳の神経細胞に蓄積して細胞死を起こす病気

正常プリオンは成体に必須大事分子で、用済みになると分解されるのだが、

異常プリオン分子のたたみ方が違うので分解できずに蓄積してしまう。

基本的には遺伝性代謝異常で起こる病気だけど、外来性に異常プリオンを多量に摂取することで遺伝性背景のない人でも発症する。

狂牛病クールー病のように異常プリオンを含むものを食べたり、

医原性ヤコブ病のようにヒト由来手術材料(脳の手術をした後に穴を塞いだりする)とか成長ホルモン投与などで起こる。

ここまでが基本的な背景。こっから本題の今回のニュース

アルツハイマー病は従来ではβアミロイドの合成・分解に関わる遺伝性代謝異常と考えられてきた。

しかしながら、このたび医原性ヤコブ病の脳を調べた結果、プリオンだけじゃなくてβアミロイドも蓄積されていた。

ということは、プリオンのみならずβアミロイドも、外来のものが蓄積する可能性があって、

から人へ伝搬されうる病気であることが示唆された。

間違えないでほしいのは、ヤコブ病でも認知症をきたすことは知られているが、今回の研究はその認知症の仕組みを探ったものではなくて、

あくまでもアルツハイマー病の原因となるβアミロイドの蓄積が顕微鏡的に認められたという現象論だということ。

「βアミロイドも人から人へ伝搬されうるよ」っていうのがもの凄いインパクトで、Natureに載るのもうなずけるぐらい凄い研究

ここでまた補足するけど、病原物質個体から個体に伝搬されることを感染定義する。

感染というと飛沫感染とか空気感染とか接触感染とかをイメージするかもしれないけど、ヒト材料による医原性感染も立派な感染だ。

したがって、上記の現象をまとめると、

アルツハイマー病の原因物質であるβアミロイドが、人から人に感染する可能性が示唆された」ということになる。

それをさらに要約して、「アルツハイマー病の原因物質から人に感染か」

というタイトルをつけるのは、医学的・生物学的に正しい表現だし、的外れでも大袈裟でもない。

意識と知性の高いはてブ民が、

バカがこのタイトルだけ読んだら『呆けた年寄りの近くに寄ったら自分も呆けちゃう』と勘違いして差別に繋がる」

なんてことを勝手危惧してNHKを叩くのは、余計なお世話だしパターナリズムじゃないか。

余談だが、昨年にアイスバケツチャレンジ話題となった筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因は、

TDP43という分子神経細胞に蓄積して細胞死をきたすことなので、もしかするとこれも感染性の可能性があるかもね。

2015-09-01

http://anond.hatelabo.jp/20150901053131

それよくある素人勘違いなんだけど、科学者の実績ってモノじゃなくて論文だけだからね。

同じデータであっても、論文の書き方の技量次第で受理・不受理論文誌の格が変わってくる。

笹井先生全面的リライトした小保方論文Nature受理されたのは、まさにこのことを物語ってる。

2015-05-17

はてな民なんちゃって理系が嫌

はてブ見てるとしばしばIT話題とかScience,Natureに出てくる論文が上がってさ、

そのコメント自分理系だって立場ですごく偉そうだけど、実際はてな民の大半は文系SEとか学部理系卒でしょ

やっぱ、理系名乗るんなら博士出なきゃ。修士でも最低査読付き英語論文かな。

と、深夜追い詰められたポスドクツイート

2015-05-14

最近フランス最高裁判決の一例

LA COUR DE CASSATION, DEUXIÈME CHAMBRE CIVILE, a rendu l'arrêt suivant :

Sur le moyen unique :

Attendu, selon l'arrêt attaqué (Cour nationale de l'incapacité et de la tarification de l'assurance des accidents du travail, 1er octobre 2013), rendu sur renvoi après cassation (2e Civ., 7 avril 2011, pourvoi n° 10-18.569), qu'ayant assumé au foyer familial la charge de son époux handicapé, Mme X..., épouse Y..., a été affiliée en1992 à l'assurance vieillesse du régime général, pour les années 1993 à 1997 ; qu'elle a saisi, en 2006, une commission départementale des droits et de l'autonomie des handicapés d'une demande d'affiliation pour la période du 1er janvier 1975 au 31 décembre 1992 ; que sa demande ayant été rejetée, elle a saisi d'un recours une juridiction du contentieux technique de la sécurité sociale ;

Attendu que Mme X... fait grief à l'arrêt de rejeter celui-ci, alors, selon le moyen :

1°/ que selon l'article L. 381-1, alinéa 5, 2° du code de la sécurité sociale, dans sa rédaction applicable au litige, la personne qui assume, au foyer familial, la charge d'un handicapé adulte dont l'incapacité permanente est au moins égale au taux fixé par décret et dont le maintien au foyer est reconnu souhaitable par la Commission technique d'orientation et de reclassement professionnel (la Cotorep), est affiliée à l'assurance vieillesse du régime général ; qu'en l'espèce, après avoir retenu que M. Y... était atteint d'une cécité post-traumatique depuis septembre 1946 et s'était vu reconnaître, dès le 1er novembre 1978, un taux d'incapacité au moins égal à 80 % avec attribution de l'allocation compensatrice pour l'aide d'une tierce personne, la Cour nationale a releexpressément que Mme Y... secondait son mari dans sa profession ; qu'il résultait ainsi des propres constatations de ladite cour que l'état de celui-ci rendait son maintien à domicile souhaitable au sens du texte susvisé ; qu'en l'excluant néanmoins, la Cour nationale n'a pas déduit de ses propres constatations les conséquencesgales qui s'en évinçaient et violé en conséquence le texte susvisé ;

2°/ que les circonstances, suivant lesquelles M. Y... avait exercé la profession de professeur de musique, avait été accordeur de pianos et organiste, avait animé les cérémonies religieuses, avait fait du tandem avec un voisin et avait été secondé par Mme Y... dans sa profession, ne sont pas de nature à exclure que le maintien de celui-ci, handicapé adulte, à son domicile fût souhaitable ; qu'en jugeant néanmoins le contraire, la Cour nationale n'a pas justifié son arrêt qu'elle a privé de basegale au regard du même texte ;

Mais attendu que l'arrêt rappelle que, selon l'article L. 381-1 du code de la sécurité sociale, est affiliée obligatoirement à l'assurance vieillesse du régime général de la sécurité sociale, la personne qui assume, au foyer familial, la charge d'un handicapé adulte dont l'incapacité permanente est au moins égale à 80 % au vu du guide barème pour l'évaluation des déficiences et incapacités des personnes handicapées, et dont le maintien au foyer est reconnu souhaitable ; qu'il retient que si M. Y..., né le 1er décembre 1937, atteint d'une cécité post-traumatique depuis septembre 1946, s'était vu reconnaître dès le 1er novembre 1978 un taux d'incapacité au moins égal à 80 % avec attribution de l'allocation compensatrice pour l'aide d'une tierce personne, son maintien à domicile n'avait pu être reconnu souhaitable ; que M. Y... a exercé la profession de professeur de musique, était également accordeur de pianos et organiste, animait les cérémonies religieuses et faisait également du tandem avec un voisin ; qu'il en déduit que M. Y... ne présentait pas un état rendant son maintien à domicile souhaitable ;

Que de ces constatations et énonciations, procédant de son pouvoir souverain d'appréciation des éléments de fait et de preuve soumis à son examen, la Cour nationale a exactement déduit que Mme X... ne remplissait pas les conditions d'affiliation à l'assurance vieillesse du régime général pour la période litigieuse ;

D'où il suit que le moyen n'est pas fondé ;

PAR CES MOTIFS :

REJETTE le pourvoi ;

Condamne Mme X..., épouse Y..., aux dépens ;

Vu l'article 700 du code de procédure civile, rejette les demandes ;

Ainsi fait et jugé par la Cour de cassation, deuxième chambre civile, et prononcé par le président en son audience publique du sept mai deux mille quinze.

MOYEN ANNEXE au présent arrêt

Moyen produit par la SCP Delvolvé, avocat aux Conseils, pour Mme Josette X..., épouse Y...

IL EST REPROCHE A L'ARRET ATTAQUE D'AVOIR dit Mme Y... ne pouvait prétendre au bénéfice de l'affiliation à l'assurance vieillesse visée à l'article L. 381-1 du code de la sécurité sociale pour la période du 1er octobre 1975 au 31 décembre 1992 et de l'AVOIR déboutée de ses demandes,

AUX MOTIFS QU'au vu des dispositions de l'article L. 381-1 du code de la sécurité sociale, dans sa rédaction applicable au litige, est affiliée obligatoirement à l'assurance vieillesse du régime général de la sécurité sociale, la personne qui assume, au foyer familial, la charge d'un handicapé adulte dont l'incapacité permanente est au moins égale à 80% au vu du guide barème pour l'évaluation des déficiences et incapacités des personnes handicapées, et dont le maintien au foyer est reconnu souhaitable ; qu'au vu des dispositions de l'article R. 381-1 du même code « l'affiliation des personnes mentionnées à l'article L. 381-1 est laissée à la diligence de l'organisme ou du service débiteur des prestations familiales » ; que si M. Y..., né le 1er décembre 1937, atteint d'une cécité post-traumatique depuis septembre 1946, s'était vu reconnaître dès le 1er novembre 1978, un taux d'incapacité au moins égal à 80% avec attribution de l'allocation compensatrice pour l'aide d'une tierce personne, son maintien à domicile n'avait pu être reconnu souhaitable ; qu'en effet, selon les déclarations de Mme Y... et de son conseil, Me ORHAN, M. Y... avait exercé la profession de professeur de musique, qu'il avait été également accordeur de pianos et organiste et avait animé les cérémonies religieuses, qu'il avait fait également du tandem avec un voisin ; qu'encore Mme Y... indiquait dans ses observations qu'elle avait secondé son mari dans sa profession ; que Mme Y... ne pouvait prétendre à l'affiliation obligatoire à l'assurance vieillesse du régime général de la sécurité sociale au visa de l'article L. 381-1 du code de la sécurité sociale ; que M. Y..., qui avait présenté un taux d'incapacité au moins égal à 80% depuis le 1e r janvier 1978, n'avait cependant pas présenté un état rendant son maintien à domicile souhaitable,

ALORS D'UNE PART QUE, selon l'article L. 381-1, alinéa 5, 2° du code de la sécurité sociale, dans sa rédaction applicable au litige ce texte, la personne qui assume, au foyer familial, la charge d'un handicapé adulte dont l'incapacité permanente est au-moins égale au taux fixé pa r décret et dont le maintien au foyer est reconnu souhaitable par la commission technique d'orientation et de reclassement professionnel (la cotorep), est affiliée à l'assurance vieillesse du régime général ; qu'en l'espère, après avoir retenu que M. Y... était atteint d'une cécité post-traumatique depuis septembre 1946 et s'était vu reconnaître dès le 1e r novembre 1978 un taux d'incapacité au moins égal à 80% avec attribution de l'allocation compensatrice pour l'aide d'une tierce personne, la cour nationale de l'incapacité a releexpressément que Mme Y... secondait son mari dans sa profession ; qu'il résultait ainsi des propres constatations de ladite cour que l'état de celui-ci rendait son maintien à domicile souhaitable au sens du texte susvisé ; qu'en l'excluant néanmoins la cour nationale de l'incapacité n'a pas déduit de ses propres constatations les conséquencesgale qui s'en évinçaient et violé en conséquence le texte susvisé,

ALORS D'AUTRE PART QUE les circonstances, suivant lesquelles M. Y... avait exercé la profession de professeur de musique, avait été accordeur de pianos et organiste, avait animé les cérémonies religieuses, avait fait du tandem avec un voisin et avait été secondé par Mme Y... dans sa profession, ne sont pas de nature à exclure que le maintien de celui-ci, handicapé adulte, à son domicile fût souhaitable ; qu'en jugeant néanmoins le contraire, la cour n'a pas justifié son arrêt qu'elle a privé de basegale au regard du même texte.

--------------------------------------------------------------------------------

2015-05-03

フランス憲法における公共の福祉アイデア(bonheur commun)

L'idée que le bonheur est un objectif politique apparaît à la fin du XVIIIe siècle. Elle émerge sous la forme institutionnelle aux États-Unis. En 1776, l'article 1 de la Déclaration des droits de l'État de Virginie affirme ainsi que « all men are by nature equally free and independent, and have certain inherent rights of which...[they cannot divest;] namely, the enjoyment of life and liberty, with the means of acquiring and possessing property, and pursuing and obtaining happiness and safety ». La formule est reprise dans la Déclaration d'indépendance des États-Unis d'Amérique (1776 également) qui pose : « Nous tenons pour évidentes pour elles-mêmes les vérités suivantes : tous les hommes sont créés égaux ; ils sont doués par le Créateur de certains droits inaliénables ; parmi ces droits se trouvent la vie, la liberté et la recherche du bonheur. Les gouvernements sont établis parmi les hommes pour garantir ces droits, et leur juste pouvoir émane du consentement des gouvernés. Toutes les fois qu'une forme de gouvernement devient destructive de ce but, le peuple a le droit de la changer ou de l'abolir et d'établir un nouveau gouvernement, en le fondant sur les principes et en l'organisant en la forme qui lui paraîtront les plus propres à lui donner la sûreté et le bonheur. »

En Europe, la notion de bonheur ne prend un sens politique qu'une vingtaine d'années plus tard, très exactement sous la Révolution française[19]. L'article 1 de la constitution de 1793 postule de façon explicite que « le but de la société est le bonheur commun », idée qui sera développée dès l'année suivante par Saint-Just avec sa célèbre phrase : « le bonheur est une idée neuve en Europe. » [20]. On ne peut comprendre le sens de cette citation sans réaliser que les Lumières assignent à l'État unle en tout point comparable à celui qu'occupait précédemment l'Église. Ainsi, au fil du temps se développera le concept d'État-providence, le « bonheur ici-bas » (bien-être) occupant la place jusqu'ici détenue par « le salut dans l'au-delà ». Le bonheur est donc probablement la meilleure expression du matérialisme contemporain[21].

C'est durant la période des Trente Glorieuses (1945-1975) que l'idée de bonheur se manifeste pleinement dans les pays industrialisés et dits « développés » sous un angle politique : quand la croissance économique, équipe les foyers en équipements de toutes sortes (automobile, télévision...) et que la société de loisirs semble pouvoir répondre aux attentes de tous les citoyens.

Cependant, ce concept des Trente Glorieuses est remis en cause par les travaux du docteur en histoire contemporaine Rémy Pawin qui mettent en évidence que le bonheur est encore pendant cette période une valeur secondaire, bien souvent associée à l'égoïsme face aux valeurs supérieures que sont le devoir, la religion[22] ou la grandeur nationale incarnée notamment par le général de Gaulle. Si des guides de bonheur familial surtout destinés aux femmes se multiplient à partir des années 50, ce n'est qu'après les guerres de décolonisation et qu'entre 1962 et 1975[23] que les sondages d'indice de bonheur déclaré indiquent que les Français sont heureux[24]. De plus, un courant critique se développe alors, affirmant que la croissance économique ne peut contribuer au bonheur. L'idée se développe selon laquelle la société de consommation, en satisfaisant sans cesse les besoins matériels, en génère automatiquement d'autres, provoquant ainsi une forme nouvelle d'aliénation.

Citons, entre autres, les travaux du sociologue français Jean Baudrillard (1929-2007) et ceux de son contemporain Guy Debord (1931-1994) ou le roman Les Choses de Georges Perec en 1965 qui critique les promoteurs de la société de consommation qui instrumentalisent la notion de bonheur[25]. Mais c'est probablement Jacques Ellul (1912-1994) qui a développé la critique la plus pertinente en 1967, à travers son concept d'idéologie du bonheur :

« Le droit au bonheur est le cheval de Troie posté au milieu du système des libertés et des droits conçus par une société libérale. C’est la plus grande mutation mentale que l’on puisse imaginer puisque c’est le changement du sens et du but de la vie tout entière, en même temps que de la relation entre l’homme et la société. » (Métamorphose du Bourgeois, 1967, p. 90.).

Sans jamais contester la pertinence du concept de bonheur, la mouvance « soixante-huitarde » a alors recherché d'autres formes de bonheur, à travers les rencontres humaines, un mode de vie plus communautaire, le retour à la nature, une vie plus simple et dégagée de contraintes, la pratique des arts, etc. Certains, comme la sociologue Anne Chaté[26], remettent à l'honneur l'idée, remontant à l'Antiquité (Sénèque...) de pratiquer la modération, en la réinscrivant dans les problématiques contemporaines (conscience environnementale notamment). Valéry Giscard d'Estaing, en accédant à la Présidence de la République, insiste sur l'épanouissement personnel et répond à cette critique en mettant en place un ministère de la Qualité de la vie[24].

Or cette notion d'un « autre bonheur » (alternatif à celui proposé par la société de consommation) a été récupérée depuis lors par... cette même société de consommation. Notamment dans les images de publicité (particulièrement celles véhiculées par les compagnies pétrolières responsables des grandes catastrophes écologiques) et le cinéma (comme le montre par exemple le succès en France en 1995 du film « Le bonheur est dans le pré ») véhiculant de façon récurrente l'idéal éternel du retour à la nature.

Jacques Ellul voit dans cette récupération de l'écologie par le capitalisme une expression de la propagande de ce qu'il appelle le système technicien.

En 2011, l'OCDE met en place le Better Life Index, indicateur du vivre mieux. Selon cet indice, l'Australie est le pays le plus heureux du monde en 2013[27]. Selon le World Happiness Report, Rapport annuel sur le bonheur lancé par l'ONU en 2012 (rapport basé sur six critères[28]), les pays scandinaves sont les plus heureux et les moins heureux sont en Afrique[29].

2014-12-19

STAP論文不正はどのように暴かれて行ったか

2月5日〜14日の間に色々な疑念が噴出していますキーとなったのはPubPeerと2chスレのようです。

1月28日
小保方氏と笹井氏によるSTAP細胞研究発表の記者会見が行われる。 http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/topics/2014/20140702_1/140702_1_1_jp.pdf
1月29日
STAP論文を発表。2chニュース速報+スレが立つ。大方好意的コメントhttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1390999697/

1月29日Google 検索結果

https://www.google.co.jp/search?q=stap%E7%B4%B0%E8%83%9E&biw=1252&bih=662&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A1%2F29%2F2014%2Ccd_max%3A1%2F29%2F2014&tbm=

2月5日
海外論文査読サイトPubPeerで画像不正が指摘される。 https://pubpeer.com/publications/8B755710BADFE6FB0A848A44B70F7D#fb6119 共著者の大和氏が脳出血で倒れる。
2月9日
2chの「捏造不正論文 総合スレネオ 12」の592がPubPeerについてレスをする。この時はまだ決定的な不正とは見なされていない。 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/life/1390498705/592-615
2月12日
2chの「STAP細胞の懐疑点」で画像不正が指摘される。 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/life/1391930940/69-92
2月13日
論文疑義があるとの職員からの連絡を受け、指摘理研が「研究論文疑義に関する調査委員会」を設置。2chニュース速報スレが立つ。 http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1392271386/ いくつかのまとめブログが立ち上がる。 http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/blog-post_2064.html http://blog.goo.ne.jp/lemon-stoism/e/5165039ad32d79f78cc947717358e015

2月13日Google 検索結果

https://www.google.co.jp/search?q=stap%E7%B4%B0%E8%83%9E&biw=1252&bih=662&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A2%2F13%2F2014%2Ccd_max%3A2%2F13%2F2014&tbm=

2月14日
クマムシ博士ブログ論文画像データの不自然さを指摘。Livedoorニューストップになる。 http://horikawad.hatenadiary.com/entry/2014/02/14/090121 (元データ削除済み) 小保方氏は政府阿部首相意向で招待されていた総合科学技術会議を欠席。
3月10日
論文の共同著者である若山氏が論文撤回を呼びかけ。
3月13日
研究論文疑義に関する調査委員会」がデータの取扱が不適切な部分はあるが不正には当たらないとする中間報告を発表。
3月28日
早稲田大学が小保方氏の「博士論文についての調査委員会」を立ち上げ。
3月31日
研究論文疑義に関する調査委員会」が論文不正認定
4月1日
理研論文不正認定を発表。論文の取下げの勧告を含めた措置を明言。論文で報告されていないプロトコルを含めた「STAP現象検証」を開始。
4月4日
理研が「研究不正再発防止改革推進本部」を設置。
4月7日
小保方氏が入院
4月8日
小保方氏が弁護士を通じて論文撤回の不服申し立てを行う。
4月9日
小保方氏が記者会見を行う。「STAP細胞はあります」「200回以上作成成功していますhttp://www.huffingtonpost.jp/2014/04/09/stap-exists-obokata-said_n_5115861.html

4月9日Google 検索結果

https://www.google.co.jp/search?q=stap%E7%B4%B0%E8%83%9E&biw=1252&bih=662&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A4%2F9%2F2014%2Ccd_max%3A4%2F9%2F2014&tbm=

4月13日
Yahooニュース投票で行われた小保方氏の記者会見に大しての投票で「納得できなかった」が50%を超える。http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/11241/result
4月16日
笹井氏が記者会見を行い「STAP"現象"」「生データノートを見る機会なかった」等の発言を行う。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140417-00000004-wordleaf-sctch&p=2
4月21日
大和氏がtwitterデータを削除
5月7日
研究論文疑義に関する調査委員会」が小保方氏の申し立てによる再調査依頼を実施しない方針を決める。
5月27日
小保方氏が郵送で完成版の博士論文を「博士論文についての調査委員会」へ提出。
5月28日
小保方氏らがレター論文撤回同意
6月3日
小保方氏らがアーティクル論文撤回同意
6月16日
研究室から発見された「ES」と書かれたラベルを張った容器に含まれ細胞遺伝子の特徴がSTAP細胞のものと一致。また若山氏が記者会見で「小保方さんだけは研究室にいなかったために、実験ノートを見る習慣がなかった。」「割烹着は見たことがない。」等の発現を行う。 http://news.livedoor.com/article/detail/8944520/

6月16日Google 検索結果

- STAP細胞証拠なし 共著者の若山教授日本経済新聞

https://www.google.co.jp/search?q=stap%E7%B4%B0%E8%83%9E&biw=1252&bih=662&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A6%2F16%2F2014%2Ccd_max%3A6%2F16%2F2014&tbm=

6月26日
小保方氏がメール博士論文デジタルデータを「博士論文についての調査委員会」へ提出。
7月1日
「STAP現象検証計画」への小保方氏が参画。期限は同年11月まで。
7月2日
ネイチャー誌に発表した2本の論文撤回される。
7月17日
早稲田大学の「博士論文についての調査委員会」は「博士学位を授与されるべき人物に値しない」と断定したが、学位の取り消しには該当しないとの結論を出す
7月23日
NHKの過剰な取材により小保方氏が負傷。
8月4日
理研不正論文共著者の処分について言及
8月5日
論文の共同著者である笹井氏が自殺

8月5日Google 検索結果

https://www.google.co.jp/search?q=stap%E7%B4%B0%E8%83%9E&biw=1252&bih=662&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A8%2F5%2F2014%2Ccd_max%3A8%2F5%2F2014&tbm=

8月11日
責任著者のバカンティ氏が所属する病院麻酔科長を退任し、1年の長期休職に入る。
9月1日
理研が「STAP現象検証」の中間発表として、出現が認められないとの発表を行う。
9月3日
理研研究論文疑義に関して外部有識者のみにより構成される調査委員会による本調査を開始。
10月7日
早稲田大学により小保方晴子博士号取消が決定。ただし1年程度の猶予期間あり。
11月31日
小保方氏によるの「STAP現象検証」が終了。
12月15日
小保方氏が12/21付けの退職願理研に提出、受理される。
12月18日
小保方氏による「STAP現象検証」失敗との報道
12月19日
理研記者会見を行い「STAP現象検証」において行った48回の実験全ての失敗が発表され、3月まで行われる予定だった小保方氏以外の検証実験も打ち切られる事となった http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00000517-san-soci

12月19日Google 検索結果

https://www.google.co.jp/search?q=stap%E7%B4%B0%E8%83%9E&biw=1252&bih=662&source=lnt&tbs=cdr%3A1%2Ccd_min%3A8%2F19%2F2014%2Ccd_max%3A12%2F19%2F2014&tbm=


最後感想。私は今回の事件シェーン事件ES細胞論文不正事件といくつかの点で共通点があると感じました。


なお、理研による公式の発表はこちらにまとめられています

http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140327_1/

2014-10-19

あと20年もすれば童貞ノーベル賞受賞者が現れる

日本ノーベル賞受賞者って、変な人が多い。顔もイマイチ

ワーカホリック仕事第一だし、学者から、それほど金を持ってるわけでもない。

でも彼らはみんな結婚している。なぜか?

誰もが結婚する時代に生まれたからだ。

もし、20代、30代の時の彼らが、現代恋愛市場で戦ったらどうなるか?

間違いなく、顔・コミュ力・金で劣る彼らの市場価値は低い。

婚活パーティーで1人余り、合コン後の女子会で盛大にディスられるだろう。

知り合いの若手の研究者を見てみても、モテるようなタイプは少ない。

Natureに、scienceに、PRLに論文が載りましたよという人が、当たり前のように独身で、

当たり前のように彼女がいない。

現代日本では、研究者モテないのだ。どんなにすごい業績を挙げている科学者でも、

女性から見れば、気色悪い非モテ男でしかないのだ。

恋愛至上主義研究者非モテ化し、研究に向いている遺伝子を途絶えさせる。

あと20年もすれば童貞ノーベル賞受賞者誕生し、そして子をなすことなく、

童貞のまま死んでいくだろう。

2014-09-27

ニート株式会社はうまくいかない。なぜなら

Fラン大学不登校気味の学生を集めて、NatureやScienceに論文を送り込もう!というようなものであるから

あ、過去から来た者なんですけどお。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん