「自分」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分とは

2017-05-24

21歳、もう疲れたし死のうかな

現在大学4年生。

単に生き物が好きで学びたかったという理由生物学科に入学し、将来のことも特に考えずに3年の冬まで過ごした。とりあえずもっと勉強たかたから、大学院に進学しようと考えていた。

3年の1月、初めて彼氏ができた。

ニコ生出会った。歳は10コ上で、事情があり、安定はしていないが現在自営業をしている。でも、彼のこれまでの仕事恋愛経験談は、とても面白くて飽きなかった。自然と好きになっていった。

初めて2人だけでSkypeした時、即付き合うことになった。実際に話してみて、お互いに惹かれたのだと思う。この人と結婚したい、早く就職してこの人を支えたいと思った。それからはほぼ毎日Skypeした。

ネットで知り合った人と付き合ったなんて、誰にも言えなかった。今でも友人や家族に言っていない。

3月、初めて会うことになった。

遠距離ですぐに会うことはできなかったが、彼が高い旅費を払って来てくれた。本当に楽しい時間だった。人に愛されることが、こんなに気持ちの良いことだと初めて知った。

彼は帰ってからも、ほぼ毎日Skypeしてくれた。でも、私の中では少しずつ変化が起こっていた。どんなに連絡をしても全然満たされない。彼のこと以外考えられず、次第に学校にも就活にも気持ちが向かなくなっていった。彼と話している時間けが、心を満たしてくれた。

4月、彼に怒られることが多くなった。

学校にも行かない、就活もしていないのだから当然のことだ。彼を安心させたいのに全然頑張れない。不安と焦りと自己嫌悪けが、大きくなっていった。そして、それを彼にぶつけた。怒られると分かっているのに、話すことをやめられなかった。

まさしく悪循環だった。

5月さら喧嘩が増えた。

3月からほとんど学校にも行かず、就活もしていなかった。私は完全に情緒不安定になっていた。彼以外の全てのことから逃げたかった。通話の度に泣いて、まともに会話ができなかった。彼に向かって死にたいと何回も口にした。実際に首を吊って死のうとした。全部自分が招いたことと分かっている。本当に申し訳ない。

彼は就活をしなくてもいいと言ってくれた。卒業後にバイトをしてくれればいいと言ってくれた。そして、精神科に行けと言った。

カウンセラーはとても優しい50代の女性だった。初めて彼のことを他人に話した。カウンセリングの内容は、いつも自分が心の中で自問自答していることを、ただ2人の会話にしたようなものだった。あなた客観性がすごく高いのねと言われた。自分でもそう思う。自分の状況は自分が1番よく知っている。それなのにどうして頑張れないんだ。自分はいつまで甘えているんだ。誰かに話しても、自分が行動しなければどうにもならない。分かっている。

明日は2回目のカウンセリングだ。

そして先週。私の状態心配して、彼が会いに来てくれた。本当に私のことを真剣に思ってくれている人なんだと改めて感じた。やっぱり彼といると楽しいし、安心する。癒される。

それなのに死にたい死ぬ事ばかり考えている。彼が帰ったら死のうと決めた。

昨日、ホテルで彼と半同棲の話になった。前から決めていた事ではある。彼はバイトをして、少しでもお金を入れてくれと言った。当然そうすべきだ。でも、私はうんと言えなかった。死ぬと決めたからだ。

黙っていると、また彼が怒り出した。私は正直に死のうと思っているからだと伝えた。それに対して彼はさらに口調を強めた。

『そうやって、自分がツラいキャラを作るのは止めろ。黙っていれば、死にたいと言えば済むと思って俺をバカにしているんだろ。』と。

確かにそうかもしれない。けどそうじゃない。甘えているのは分かっている。けどそうじゃない。

そう思われても仕方がない。これまで何度も、学校頑張る、就活頑張ると言ってもしなかった。彼を何度も裏切った。彼のせいにするつもりは全くない。それでも分かってもらえないのは辛かった。

私は黙ってホテルから出ようとした。すると、後ろから腕を掴まれ、ベッドに押し倒された。気づくと彼の大きな手が私の首を絞めつけていた。苦しくて必死でもがいた。

死にたいなら俺がする。信じるのもう疲れた。2人ともここで終わりにしようと彼は言った。

私はもがき続けた。次第に彼の手の力が抜けていった。私は大きく息をして、大声で泣きじゃくった。

彼はごめんと謝った。彼は幼い頃から人間関係に悩まされていた。これまで何度も人に裏切られてきた。だから、私だけはそうであってはいけないと思っていたのに、彼に酷いことをしてしまった。私となんて出会わない方が良かった。本当に申し訳ない。

その夜は何回も愛し合った。もう死ぬと言わないと誓った。

今、彼の隣にいる私の心は決まっている。

彼が帰ったら死のうと。彼を犯罪者にしてしまう前に。

いや、違う。もう疲れたのだ。自分が逃げたいだけなのだ

私もまた彼を裏切ってしまう。本当にごめんなさい。

明日、彼は帰ってしまう。

カウンセリングには行かないで、少しでも長く彼と一緒いよう。

最後幸せな話をしよう。

本当にごめんなさい。

※これは架空の話です。

自分発達障害としてネット意見を続けてきてずっとバカにされまくっていたけど

ここ最近増田なんかの発達障害に対する励ましを見ると

自分が叩かれてたのは一体なんだったんだろうというのは思います

結局キモい人を叩く語彙が変化しているだけなんじゃないか

保健の授業ではペニス射精ついて詳しく学んだ

なぜ勃起がおこるのか

精液に含まれる成分はなにか

射精に至るまでに身体におこること

でもヴァギナ月経については詳しくやらなかった

女性器の構造

経血とはなにか

月経身体にもたらす影響

男子校だったからだろうか?

自分身体では実感を持てないぶん、授業で詳しく教示してほしかった

文章太宰治っぽいと言われた

俺はもう10年くらいブログをやっているんだが、ここ数年たまにコメントをくれる人に、増田さんの文章太宰治っぽいですよねと言われた。

この文章意図して特徴が無いような文章にしているつもりだからからいかも知れないが、言われてみれば、俺のブログ文章は読点が多いし、太宰治っぽさがどことなくあるような気はしないでもない。古臭い言葉遣いはしてないというか、しようと思っても出来ないから、文体が太宰っぽいということだと思う。

そのコメントをくれた人はさほど仲が良いわけじゃないから、それって褒めてるんですか?なんて聞くのは少しはばかられる。

本はまあまあ読むので、教養目的文豪と呼ばれる人の有名な作品は大抵読んでいて、太宰も例外ではないのだけど、最後に読んだのはだいぶ昔だし、さほど感銘を受けたわけでもないから、決して影響を受けているわけでも真似しているわけでもない。太宰の小説は、作中に自分を登場させる傾向があって(人間失格走れメロス実体験をモデルにしているのは有名な話だ)、それが少し鬱陶しくてさほど好きなわけでもない。

文章村上春樹っぽいと言われたら、それは多分馬鹿にされているんだろうが、文章が太宰っぽいというのは褒められているんだろうか?それとも馬鹿にされているんだろうか?どう捉えて良いのかわからない。

ドクハラは言い過ぎかもしれないけれど・・・

ちょっとアレな医者に関わってしまった話

これ以上被害に合われる方が出ませんように

 

 

病状の説明は、当然だが患者に対して行うものだろう。

なのに、この医者はずっと検査データの写ったパソコンモニター検査用紙を見たまま話しているのだ。

データを見ながら話さなければならない部分も当然あるだろうが、この人は「意識的に」患者である自分と目を合わせようとしていないことが感じられた。

一方でマシンガントーク饒舌で、時には難解な用語を用いてしゃべり続けている自分自身に酔っているような様子でもあった。

ムダな重複も多く、要領を得ない説明も多かった。

簡潔に、分かりやすくという視点が感じられない。

伝えよう、分かってもらおうという気持ちが伝わってこない。

久しぶりに会った親戚のオバチャンの、特に要点もない話につき合わされた気分だ。

こんなにダラダラしゃべって、次の患者は待っていないのか・・・

 

そして、私は最後検査の時にちょっとした失敗をやらかす。

具体的には省略するが、要は仰向けにという指示の時に、ついうつ伏せになってしまったのだ。

同様の失敗をついやってしまったことがあるが、普通はうっかりミスに関しては「そっちじゃないですよ~」と優しく誘導してくれることがほとんどだ。

だがこの医者は違う。

故意ではないことは明らかなのに、この医者は「そういうことをされるとね、〇〇が××で・・・」と素人が決して理解できないような用語を並べ立てて説教をしてきた。

診察に協力してくれ、という要求ではない。

イラっとして、弱い立場患者専門用語で威嚇し、患者の恐怖を煽って従わせようとしていることは明白だった。

 

ただ、こういう感情的になっている人間はなだめるのもチョロい。

「ごめんなさい、ついクセで。本当にすいませんでした」と素直に謝って反省している姿を演技して見せれば良い。

こういう人間は、本当に医療を通じて人に貢献したいと思って医者になったわけではない。

から尊敬され、崇められたいだけなのだ

自分自身や、自分意見無視されることや大切にされないことが死ぬより怖いだけなのだ

 

この医者、結局は自分が一番大事なのだ

目の前の困った患者ことなんかどうでもいいのである

  

 

(続く) 

硬め濃いめ少なめで、が恥ずかしくて言えない

ラーメン屋に行くと、麺の硬さ、スープの濃さ、脂の多さを聞いてくる店があるだろう。

俺が週2で通う山岡家というチェーン店もそうなんだが、俺の好みは、麺硬め、スープ濃いめ、脂少なめだ。

硬い麺をガシガシ食べるのは最高だし、味は濃いほうがおいしいにきまっているし、脂は多いとしつこいし胃にもたれるから少なめがベストだと思っている。

この定番の組み合わせは、何回か行ってようやく決まったものだ。

はじめは「えーっと、全部普通で」と言っていた。

2回めくらいから「麺硬めでお願いします」3回目、4回目になると汁が薄い気がするとか、脂が多すぎる気がするとかいろいろなことに気づいてくる。そうして決まったのが「麺硬め、スープ濃いめ、脂少なめ」だ。

周りを観察していると、常連らしい客は当然自分好みにカスタマイズして注文している。しかし、俺とは違って注文する時の言い方がとてもサラっとしていて、彼らは「硬め濃いめ多め」「濃いめ多めで」と言う。なんて簡潔なんだろう。一々「麺が」「スープが」なんて言うのは素人のやることだったのだ。スープはギトギトでも言い方はサラサラと。これが彼らの美徳だったのだ。来店5回目にして、ようやく俺は自分がド素人田舎者であることに気づいた。

 

そうとわかれば俺は負けているわけにはいかない。俺は常識知らずの田舎者だが、開き直ってそれを受け入れるような真似はしない。5回も通っているのだ。当然ほかの常連達に負けてはいられない。俺は6回目からさらりと「硬め濃いめ少なめ」と言おうとした。

しかし、俺にはそれが無理だった。なんだかカッコつけているような気がして急に恥ずかしくなって、出てきた言葉は「硬めの、濃いめの・・・、少なめで」なんと野暮ったいんだろう。玄人ぶって失敗するなんて最悪じゃないか。俺は、店員以外誰にも見られていないはずなのだが、常連客に笑われているような気がして、注文してすぐに、出すものもないのにトイレに逃げ込んでしまった。

それ以来俺は、何度通っても「硬め濃いめ少なめ」が言えなくなってしまった。「硬め濃いめ少なめでお願いします」「麺硬め、スープ濃いめ、脂少なめで」と、余計な言葉を足さないと言えないようになってしまったのだ。あの常連達のように「硬め濃いめ少なめ」と言おうとすると、なんだか急に恥ずかしくなって、語尾に「お願いします」とかつけてしまうのだ。無様なものだ。でも、毎回、あの砂の入ったペットボトルの重りで勝手に閉まる透明なドア扉を開ける前に、今回はさらっと「硬め濃いめ少なめ」と言おう、恥ずかしがることはない、皆言っている、誰も見てない、大丈夫だ、と自分を奮い立たせても、土壇場でどうしても言えなくなってしまうのだ。俺はどうしたら良いのだろうか。

部下からメール

http://anond.hatelabo.jp/20170427184720 の続き。

部下は心療内科に通い始め、医者ストレスの原因となるものから距離を取るようにとの指示を出した。会社は僕に対して、部下へ最低限のフォローメールでするように指示し、時々事務的メールを送るようになった。

逆に言えばメールしかできない。部下のストレスとなるものから遠ざけるのは、当然の配慮だ。

メールの文面については当初専門家がチェックし送信していた。やがて社内の者のチェックになり僕の指示、連絡が部下の状態悪化させないような文章となっているか確認されている。頑張るという文字を入れない、復帰することを期待していると書かないなど…だ。

第三者のチェックが入るためできるだけ短く、そして事務的感情を入れないような内容で送ることが多くなった。

自身も、軽い抗うつ剤精神安定剤を1か月ほど服用した。今は量を減らしている。正確には医者に行くのがめんどくさくなって薬を時々しか飲まなくなった。だいぶ客観的自分状態を見ることはできるようになったと思うが、メンタルはまだ安定はしないこともある。仕事の量が減ったことや、これから季節が夏に向かうので、さらに快方に向かうと思いたい。

僕のかかった心療内科医者は、勤務先がベンチャーだというとよくあるケースだという。よくあるのは、ワーカホリックモチベーションの塊のような創設メンバーの中、あるいはそのノリに乗れない中途採用者の誰かが倒れて初めて働き方改善が行われるという。

会社は、僕と部下の鬱状態の者を2名出したことに対しては迅速に対応してくれた。

先日、たまたま僕の誕生日に部下から事務連絡の返信があった。

事務的な返信の最後に「誕生日おめでとうございます。」ではじまるいくつかの短い文章が書かれていた。今年は直接会ってお祝いできずにすまないといった意味のこと続いて書かれていた。

このメール文章を読んで、思わず涙ぐんだ。周りに誰もいなければおそらく泣いていただろう。

帰宅してから妻にこのことを話すと「今日、一番うれしいメールだったね」と言われた。元は同じ職場で部下のことも知っている妻は、今回の部下のことは僕だけのせいではないし、もし僕のことを恨んでいたらそのようなメールはくれないはずだと言う。

このメールと妻の言葉は本当に僕を楽にしてくれたと思う。

自分が快方に向かいつつある一方で、部下がまだ鬱と闘っていると思うと辛い気持ちにもなるが、早く回復してほしいと思う。

僕が部下にできることは何だろうか。部下の休職後、鬱に関する本を何冊か購入し、ネット情報も探してみたが、なかなか見つからないでいる。

きょうも花○うどんで昼飯を食った。

花○うどんが好きなわけじゃない。

美味しいものを食べたいのなら、そこには行かない。

から花○うどんで食べるのは安いかうどん+α。

そこに行く時には自分に言い聞かせる。

ここで旨いものを喰おうと思うな、安く済ませるために来てるだけ。

ここに旨いもんなんて無い。

そう、何を喰ってもこの程度かというものしかないんだ。

かけうどんの小一杯だけの兵も居たな。

それはさすがに...後でというか、直ぐに腹が減るからな。


あー、何故こんなにも節約しなきゃいけないのか。

政府が、自民党が悪い。

生活疲れた

http://anond.hatelabo.jp/20170524130301

女様は、自分のことは人間として扱えと怒るのに、男はアクセサリー扱いすんのか。

マジ救えねぇな。

ドクハラは言い過ぎかもしれないけれど・・・

とんでもない病院に足を踏み入れてしまった話

どうか同じ被害に合われる人が出ませんように・・・

医師とクリニックが特定できる情報は省いています

 

初診でクリニックに足を踏み入れた瞬間、直感にわかった。

「あ、ヤバイ病院に来てしまった!」と。

 

確かに清潔感はあるけれど、なんだか居心地の悪い、寒々とした雰囲気の受付と待合。殺風景なわけではない。絵や観葉植物は一応飾られているのだが、なぜか温かみを全く感じないのだ。高級感はあるが座り心地の悪いソファに、昼光色の青白い照明が降り注いで余計に寒さを強調する。

初めての場所なので緊張しているせいかとも思ったが、後から理由がはっきりした。ここの院長には「病気で弱っている患者さんを温かく迎えよう」という気持ちが微塵もないのだ。こういう患者に対する本音は待合にはっきりと表れるものだ。

 

待っているのは自分だけ。

 

ヒーリングミュージックテレビもない、ただぶっきらぼうな空調の音だけが壁の向こうから響いてくるところで、混んでいる様子もないのに15分も待たされ不安Maxになってしまった。予約制とは書いてはなかったが、やはり事前に電話した方が良かったのだろうか。

まだ大学病院ゴミゴミした待合で待たされる方がマシだと思ってしまった。待ち時間は長く騒々しいが、これほど余計な緊張を強いられることもあるまい。

一応本棚には雑誌らしきものや、パンフレットの類も置いてあって、それで時間をつぶせということなのだろうが、全てが無駄なくキチンと並べられていて、まるで許可なく触れることを禁じられているかのような様相である

 

そんな不安自分の前に登場した、仏頂面で威圧的医師。「おはようございます今日はよろしくお願いします」と立ち上がって頭を下げたが、返事もなく、ニコリともしない。

あれ、何か気に障ることを言ったか?いや、こういう人なのだろう、気のせいだ、などと思い込むことにした。

年齢不詳医師は冷たく「どうぞ」と言い放ち、壁の向こうに消えた。

初診の患者に対してなにがどうぞなのかと聞きたくなったが、そこはこちらから察することにする。

診察室に入れと言っているのだと解釈し、医師の後を追う。

 

診察室は普段から世話になっているクリニックとそう変わらない。

ただ、受付や待合のこれ見よがしな高級感との間に妙なギャップがあるのだ。だいたい、クリニックの内部なんてよほど特殊処置をする部屋を除いて、テイスト統一されているのが普通だと思うのだが。

ああそうか、ここの院長はとにかく外面を気にするタイプなのかもな、などと勝手分析してみる。

 

具体的にどんな診察を受けたのかを書くのは差し控える。

言えることは、かなりの「コミュ障」だったということだ。

 

(続く)

村上和彦『昭和極道史』を読みました。

ちょっと前にキンドル格安セールやってたんで暇なときにでも読もうと思って買っておいた『昭和極道史』。

独特の(ある意味ではよく見る)絵柄で苦戦しつつも五巻くらいまでよみました。

そうすると、アレですな。

いろんな話し方が『昭和極道史』に影響されてもう大変。

ちょっと前に友達と話した会話もその言葉に置き換えられて再生される始末。

以下、友人との会話(自分のみ汚染バージョン

「よお、マッツンやないけ。久しぶりやの」

「ああ、久しぶり」

結婚生活はどないだ。うまくやってんのけ?」

「え、結婚してないよ」

「……!……なんでや。去年会うた時、もうすぐ結婚する、言うてたやんけ。いや、ワシは確かに覚えてるで。酒の席で、次の日に向こうさんのご両親に挨拶に行く言うておまはん、緊張してたやないけ」

「そうだね。結局、次の日に挨拶行ったよ」

「ほな、なんで結婚てへんのや。ワシはてっきり……」

「なんでかな。なにか上手くいかなかったんだよね」

「うまくって、なんだんね。おまはんはそこまで進んだ話を水にされて悔しくないんけ」

別に……もう終わったことだし」

「ほな、その女は今どないしよるんや」

「今も隣の席で仕事してるよ」

「同じ筋の女に手を出したんだっか。それじゃおまはんも心ぐるしいやろ」

「そんな事ないよ。喧嘩別れじゃないし」

「……いろいろあったんやな。よし、ワシもボンクラはいえ男の端くれや。今夜は好きなだけ飲ませたる。女も抱かせたろやないけ。遠慮のう楽しんでくれや」

「いや、別にそういうのはいいよ。マジで

以上の会話を絵に起こすなら、友人をサブカル系青春漫画家に、僕をさいとう・たかを先生にお願いしたい思ってま。

ヤフコメあるある

あるあるというか自分だけかもしれんが。

ああ、この記事ヤフコメ絶対○○の方が叩かれてるんだろうな、ヤフコメ党派的にあっちが叩かれてるに違いないって見てみると、存外そんな事なくてまともなコメントが並んでいたりすると偏見の塊は自分の方だったんだ…ってなる。

ambie買ったよ。

ブログでやれって思うだろうけど、私のブログ訪問者0だから増田に長文だよ。

はてなでも出た当初、色んな記事ポコポコホッテントリに顔出してたか

「あれか~」って思う人多いかと思う。

これとか↓

http://nuwton.com/feature/11156/

で、以前から気にはなってたんだけど、気分が再燃したタイミング再販されてたので買った。

家に帰って早速手持ちのポータブルプレーヤー再生

左右裏表がわかりづらくて、しかスピーカー部分が回るのでどっちに向けたら良いか悩みつつ、

ググってそれなりに装着して再生

ボーカルが全く聞こえない。

完全にカラオケ

あ、この曲のコーラスってこんなだったんだ~…って、そうじゃない!!

装着の仕方が悪いのだろうと角度変えたり場所変えたり20分位調べながら試すけど

ずっとカラオケストレス溜まる。

ふと、ファンクションキーを見つけて押してみたらボーカルが聞こえた!

でも手を離すとまたカラオケ

あれ?これってもしかして…とコンポに挿して再生すると普通に聞こえる。カラオケじゃない。

プレーヤーと相性が悪かったらしい。

ちなみに、COWONのiAudio9+。自由イコライザーをいじれるので気に入ってる。

9も持ってるので試したけど、やっぱりカラオケ

同じCOWONE3ではちゃんと聞こえたけど、

これはipodシャッフルと同じような簡易タイプなので曲があんま入れられない。

正直、6千円払って買ってきたイヤホンカラオケ専用タイプだと思った時は泣きそうだったけど、

職場で聞きながら増田書いてる分には凄い快適。

ながらが目的なので音質もまぁ及第点だし、耳は痛くならない。

外の音は全くの筒抜けなので話しかけられて気づかない、なんて事も無いだろう。

後、個人的に一番期待してるのはご飯を食べながら聞けるかな、ってとこ。

普段はカナルを使ってるので、自分咀嚼音が増幅されるのが嫌で音楽は聞いてない。

これが気にならないので、食事中も音楽が聞ける!やった!

これがbt対応なら完全におすすめだけど、有線のうちは気になる人だけ買えばいいと思う。

今日は完全にやる事が無いので長文増田書いた。

これはレビューじゃなくて、日記なのだ

http://anond.hatelabo.jp/20170520130709

故人を「偲んで」親戚同士が話をしたりするんだから

自分やお姉さんがされたことを延々と話してやればいいんじゃないかしら。

知ってて助けなかった親類なら尚更ね。

れたとはいえない

・「ニキビつらたん」とかいいつつ自撮りで晒せる程度の肌。

・「コーヒーできたよ。」といって差し出された缶からカップに移されだけのコーヒー

・「やっぱり女は50からよねー。」

・金で買った愛。

・足の小指をうちつけた時、母親が真顔でそう言ってきた。

中村あゆみ歌声

・「あー。マジで自分がわかんねー」とか自分で言っちゃう瞬間。

・ぎりぎり12月17日くらい

テレビの前で「今のPK、俺だったら右上ギリギリ狙ったね。」とかいうやつ。

・「雨さえ降らなければ行ったんですけどね。」とかいうやつ。

・さっき渋谷イケメンに「芸能界に興味ありませんか?」って声かけられた。ナンパかも知れない。

・「お風呂にする?ご飯にする?それとも」とか聞いてしまう程度の気心。

・親に隠れてお酒飲んだ程度。

・かつてはソリュート文化の故地とも考えられたが、確証はない。

うつ伏せから顎が10cmくらい上がった状態

・30代のちち。

高校生最後公式戦。送りバンド三振

・実話増田

・お釣り受け取る時に当たった手がさっと引かれた時。

・辞職による政治家責任

・夏も終わりかけの頃の蚊に刺され。

・それはチョウジタデ、つまりゴボウです。

絶対に違います。手じゃなくてカバンだと思います。天に誓ってもいいです。

・鰭田さんが大阪に行っても発音が変わるとは限らない。

徳川埋蔵金

肝試し中、最後尾を歩いているのに突然後ろから誰かに手をつか

人体の不思議展彼氏に「こんなの普通まともに見られないよね」と言われた時。

エクスペンダブルズみたいに個々が優れている集団

・「品質が高いワインでありながら、値段が手頃」ではないワイン

トイレ手前で間に合わなかった程度は増田では日常

合コン2次会のカラオケ歌手並みに上手だった女性となぜか盛り上がって、3次会は店の外で二人だけでずっと話し込んでいたらホテルに誘い出す言葉タイミングもわからないまま夜が明けてしまった経験があります

・何事かと思って寝室からリビングに戻ってみると嫁さんがエアロビの真似事をしていた。

飲み会終電を逃した後、帰る方向が同じだった女性タクシーに乗った時に話の流れで「洗濯機調子悪くて困ってるんですよね。わたし機械とか全然からなくて。」と言われた。

・ここから先がない理由がもうつかれたとはいえない。

http://anond.hatelabo.jp/20170524110155

クラスタ住民で違う意見があるのに、なぜか自分が気に食わない意見ばかり取り上げて、

「ほーらネットは女叩きに溢れてる!」みたいに勝手な総括しちゃってるから

なんなんだこの人はって思うんですよ

出会い方など

32歳の時、もう6年ほど彼女いませんでした。当時、1年に一、二度くらい、どうしてもセックスしたくなって、東京出張札幌出張の時に、デリヘルを呼んだりしてました。職場の先輩(42歳、未婚)が飲み会の2次会で「出会い系アプリいくらでもセックスできる」と宣われていたので、いっちょやってみるかと軽いところからトークアプリランダムに誰かと繋がって、喋ることができる)を使ってみました。最初普通に喋ってましたが、「普通に喋りたい」という女に頭の悪い奴が多く、ろくな会話にならないのでイライラすることが多く普通の会話はやめました。方針を転換し、エロトークで頑張ったところ、結構な数の女性エロイプ的なことができました。テレHにて(さんざん甘い言葉で)女性を逝かしてから、ピロートーク的に喋ると、「普通に喋りたい女」に比べて、「オナニー女」の方が会話が続く。しか女子大生だとか、大手企業に勤めてますとか、看護師さん、女医さん、学校先生弁護士さんだとかいう女がままいる。どうも寝る前にスカッと寝るためにトークアプリオナニー補助的に使っているらしい(AVを観るより生身の男の方に甘い言葉とともに興奮させらえると逝った後の虚しさが低いらしい)。頭が良い女達なので、普通に会話しても面白いオナニー補助員としての人生あるかなと、いろいろ話術を磨いたり、ID交換したカカオで繋がった子の日々のオナニー妄想シナリオ電車の中で弄られて、ホテルに連れ込まれバイブ責めのストーリーとか、同級生との3Pとか、勉強用に女性エロ漫画Kindleでたくさん買いました)を充実させたりした。そのうち、そんな出会いのなかで、28歳の自称女医さん」とトークアプリでつながり、そのままカカオIDを交換し、週に1,2回、彼女オナニー補助員として、シナリオ作成催眠オナニー的な話術に磨きをかけておりました。私も女医さんを自分の声、自作ストーリー、話術で興奮させて、逝かせることに生活の張りを感じておりました(自分トーク中は逝かないですけどね)。さすがに女医さんで、普通にトークしても教養も知性も感じさせます。たぶん良いところのお嬢さんだと思われました。と同時に見知らない男にトークアプリエロいスイッチを入れさせられて、ついついオナニーしてしま自分の弱さもよく分かっています

そんな関係半年ほど続けておりましたら、私が勤め先の案件で、3ヶ月後に1年ほどアフリカ某国の港に物流施設(でっかい倉庫的なもの)を作るプロジェクトにかり出されることになりました。その案件が終わったらそのまま対岸のヨーロッパ施設メインテナンスに入ります。そんな話をその女医さんにし、遠いかオナニー補助の仕事も終わりだねという話をしたところ、「そんなのイヤだ」とのこと。その後、トントン拍子に話が進み、その週末の金曜日リアルで会い、飲みに行きました。実際に逢ってみると、ごく普通女性女医さんは女医さんでも獣医さんでした。相手も私のことを「どこにでも居そうな、優しそうな人」とのことで、イヤな感じは受けなかったようです。カカオで散々喋っていたので、初対面の違和感なく楽しい時間を過ごすことができました。その日はセックスすることはなかったのですが、次の日に電話があり、ドライブに行こうとのことでした。彼女の車で、長野奈良井宿へ向かい観光した後、近くの温泉に宿をとりました。その夜、セックスしました。まぁトークアプリで始まった仲なので、挿入しながら言葉責めです。

わたしもそんな彼女をたいそう気に入り、相手も気に入ってくれたらしく、「私もアフリカ行く、動物好きだし」とのことで、そのまま結婚約束をし、実際にお会いしてから1ヶ月後に両家の親と食事などし婚約となりました。2ヶ月後に簡単披露宴代わりのパーティを開いて入籍しました。彼女仕事関係で私がアフリカ某国に行ってから2ヶ月後に、同地で結婚生活を始めました。アフリカは良いですね。風景が広大です。結局、都合6年ほどあちこち海外生活が続いて、この春にやっと日本に帰ってきました。この間に息子も生まれ、3歳です。相変わらず、妻の専属オナニー補助員の仕事は続けております。とりあえず入った社宅の畳をひいた和室にて家族3人で川の字に寝て、妻の耳元でイヤらしいことをつぶやきながら、右手を伸ばして、弄ってやる、そんな生活です。でも昨日、息子から「お父さんがぶつぶつ言っているから目が覚めて、寝れない。お母さんもウーンって怒ってたよ」と言われました。”違うんだよ、息子よ”と思うとともに夫婦の寝室代わりに使える部屋のあるマンションに引っ越すかと思っております

とうとう両親に自分ADHDなのではないかと言ってしまった

随分前から抱いていた疑念だったのをとうとう言ってしまった

物凄く拒絶されてしまった

そうだよね就学でも就職でもいつも家庭をかき乱して最近ようやく落ち着いたというタイミングでこんな

黙っていたほうがよかった

検査も受けないほうがいいかもしれない

家族お荷物しかなれなくてごめんなさい

普通の娘として生まれてこられなくてごめんなさい

XXハンターって動画みた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31247693

なんか見てると悲しくなった

他の関連動画もみたけど基本的にXXハンターいじめにあう内容

インターネットがあったから彼はこうなってしまったのだろうか

今のインターネットは汚い言葉蔓延りすぎたせいだろうか

こういう学生叩きが始まる時

自分リテラシーがどうのこうのって話だとおもってたけど

この中学生を見ているともうそんな次元の話じゃないんだなって感じてきた

何で白人日本人茶髪にあれこれ言うのか

美しいストレート黒髪のままがいいのにとかヤイヤイ言ってるのをたまに見るが、ヒラリーパリス・ヒルトンデーブ・スペクターマリリン・モンロー等々金髪に染めている有名人は数多く、そもそも大人になっても自前で金髪ほとんど居ないとかで白人の方が高頻度で髪を染めている。

白人の毛染めは信頼を得るためだったりファッションだったりで社会人でもごく自然に受け入れられている。

では何故日本人茶髪には反発するのか。

それは多分白人自意識過剰からではなかろうか。

例えばアニメキャラを見たら日本人の作るアニメは何故白人的特徴のキャラばかりなのかと疑問を持つらしいが、私からしたら鼻が低く顔が平たい日本風キャラ白人的な顔をしているようには見えない。

宇宙人的な顔の方が近い気がする。

白人イメージする日本人的なデザインムーランのような黒髪ストレートで肌が黒く目が小さく釣り目一重まぶた、そんなステレオタイプ以外は全て白人に見えるようだ。

そして日本人白人に憧れているか日本的な特徴ではなく白人的なキャラを作っているのだと勘違いしているらしい。

日本人はくせ毛も二重瞼もたれ目も多いしそこまで肌は黒くないが白人には日本人多様性は解らない。

日本人からしたらムーランステイシーヒラノのような顔がお前達の顔だと言われても全くしっくり来ない。

多分茶髪に反発するのも、俺達白人に憧れて日本人らしさを捨てている見苦しい人種だと勘違いしているからだと思う。

しか日本人アニメキャラも髪の毛も白人はさほど意識してない、自分達がいいと思うように自由にやっているだけだ。

白人に混ざっている他人種はその人種らしさのステレオタイプにはまらなければ白人コンプレックスを持っていると馬鹿にされるが、日本ではそうではないだけなのだ

そもそも白人の思う日本らしさは中国イメージごっちゃなあやふやな物だし、白人は髪の色やキャラ造形等々で自由に出来るけどアジア人ステレオタイプアジア人らしくしろよーと言うのは傲慢だ。

JASRAC叩きといい、ホリエモン叩きといい

自分が気に入らないから叩くだけだな

もはやBot並みの知能

はてな知能指数は年々下がるよな

おれがはてなにはまってた2009年から10年くらいはこんなんじゃなかった気がするけど、思い出が美化されてるだけだろうか

やっぱtwitterの台頭でまともな人が去って過疎化しただのいってた2012年あたりか

あるいは互助やらなんやらが流入した2014年あたりが境目だったのかな

ブラタモリは俺TUEEEだったのか

現地に詳しい案内人に対して、予習なしのタモリがずばっとお株を奪ってしまって相手を脱帽させる

視聴者は、タモリに感服した案内人を見てまるで自分に対してその賞賛が向けられたかのように錯覚して悦にいる

http://anond.hatelabo.jp/20170524093211

政治に不満」って言っても結局は、周囲にうまく馴染めていない人間がやってただけだよ。

自分を誤魔化さなくなったぶん、マシになったといえる。

http://anond.hatelabo.jp/20170524091106

解決実績もそうだが、弁護士はアレが商売からなぁ。

どんな商売でも、自分の扱う商品については「買った方がいい」というのは当たり前なので、否定するわけではないが、参考にするべき意見でもない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん