「デーブ・スペクター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デーブ・スペクターとは

2021-09-03

デーブスペクターってこんな冷笑系みたいな奴だったっけ

わりと現政権五輪批判的だった記憶があるのだが

2021-07-09

デーブ・スペクター

「新型コロナに対する免疫が出来る前に、緊急事態宣言に対する免疫が出来てしまった」

という表現言い得て妙だと思ったわ。

2021-06-02

政治家メンタルの強さってすごくね?

大坂なおみの件でデーブ・スペクター日本の政治家に対するこんな皮肉ツイートしててふと思った。

スポーツ選手は、体は頑強ですが、心は繊細です。まずはゆっくり、休んでください。

将来も、もし記者会見が辛いままなら、どんなことを聞かれても、

用意した同じ原稿を読み上げるという方法もあるかもしれません。

メディアネット批判の的になって、国会ではボロクソに詰められて、

それでも相手の話を無視して紙に書かれた同じ言葉だけ読み続けるってのを何日も何日も繰り返すのってすげーメンタルだよね。

ちょっと皮肉もあるけど、素直にすごいとも思った。そこも政治家資質なんだろうね。

図々しさとかもメンタルを保つためにはやっぱりある程度必要

2020-10-27

anond:20201027152623

検索結果。

デーブ・スペクター:約640,000件

イブスペクター:約30,800件

本名はDave Spector

ジャズギタリストにDave Specterがいる。

昔、本人はどっちでもいいと言っていた記憶がある。デーブ(デブ)でもないけどね、って。

2020-09-11

チコちゃんに叱られる” ”チコ責任

チコちゃんに叱られる” ”チコ責任”との一致はありません。

チコちゃんに叱られる チコ責任検索結果 (引用符なし):

デーブ・スペクター on Twitter: "テレビ界にも内部告発チコ ...

twitter.com › dave_spector › status

テレビ界にも内部告発チコちゃんにちくられる! 12:20 AM - 5 Jan 2019. 82 Retweets ... ま、最終的には全てチコ責任ですよ. 0 replies 1 retweet 5 likes. Reply ... 木の枝と暮らしてたら、チコちゃんに叱られた! →棒と生きてんじゃねーよ!


2020-07-18

”柄パンゴス諸島

4 件 (0.26 秒)

もしかして:ガラパゴス諸島

検索結果

ウェブ検索結果

デーブ・スペクター on Twitter: "下着デザインが独特に発展した ...

twitter.com › dave_spector › status

Embed Tweet. 下着デザインが独特に発展した場所→柄パンゴス諸島. 4:08 AM - 22 Apr 2012. 26 Retweets; 8 Likes; kuni shinno · 日本党 · grand_nez · あやデス ☜ · はちみつわさび · ǑSHIN*( 曲 ) · おほ ほほほー · のりしお · 人生コメットさん☆.

デーブに遅れる事8年

おお、この頃はまだ全然面白くないギャグ(?)をリプライする奴らがいない

2020-04-02

詭弁だぞ?常識で考えて欲しい

非常事態宣言はするが何もしませんって

ただイラズラに市場不安に陥れるだけかよ、

いったいなんのために非常事態宣言作ったの?

非常事態宣言ロックダウンだよ

非常事態宣言したうえでまだウイルスは夜間と祝日特定場所だけで活動するとは言わんやろ

単純に経済責任を取りたく無いだけだと市場世界判断するぞ

これに対し、首相は3日の参院本会議で「個別の損失を直接補償することは困難だ」との認識を示した。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2020040301114&g=pol

米国大使館「日本にいる米国市民帰国しなさい」(4/3)

https://jp.usembassy.gov/health-alert-us-embassy-tokyo-april3-2020/


「COVID-19症例の大幅な増加により、今後数週間でシステムがどのように機能するかを予測することが困難になると考えています

症例が急増した場合既存の病状を持つ米国市民は、COVID-19パンデミックの前に日本で慣れ親しんだ医療を受けられない可能性があります

4月3日の時点で、日本から米国へのCOVID-19以前の飛行能力11%のみが稼働しています

次に何が起こるかを予測することはできませんが、日本入国規制により、中長期的には空席がさらに減少すると想定して差し支えありません。

現在危機の憂慮すべき現実の1つは、米国へのフライトの減少は、

家族緊急事態のためにタイムリー米国に戻ることをより困難にしたり、不可能にさえしたりすることを意味するかもしれないということです」


※なお、デーブ・スペクター氏は日本に残る模様

anond:20200403034507

anond:20200402173036

anond:20200404184340

anond:20200405100346

anond:20200406215126

2019-12-06

anond:20191206134418

デーブ・スペクター議論をしても喧嘩しない男なので。

きみ、僕と意見ちがうよね?ちょっとゆっくり話そうよ。君の意見が聞きたいんだ。とナンパするのが彼の手口。

2019-10-19

2019-04-26

眞子さんにはアメリカのお騒がせセレブになって欲しい

ここまで騒がれても破談の気配が全く見えないってことは、なんとしても小室圭と結婚したいんだろう。

なにがそこまでいい男なのかは、よくわからないけれど。

リベラル秋篠宮も、無理矢理、娘を引き離すことはしなさそうだ。

まあ、結婚しても日本ではマスコミだのなんだの騒がしいから、アメリカ暮らした方がいいだろう。

で、アメリカ人は、歴史のないコンプレックスの裏返しで、伝統だの皇室だの大好きたから、「日本エンペラーの姪にあたる元プリンセス(5月1日以降)」なんて、メディアに売り込めば大人気間違いない。

皇族アメリカのお騒がせセレブになって、その映像デーブ・スペクターだじゃれ入れながら解説するなんて、令和っぽいアナーキーって感じで、面白そう。

2018-07-30

とりあえず件の「生産性」の話は全文を読むと産めない人間予算を割くことの生産性のなさを問題視しているということが医学博士デーブ・スペクター西川史子の3人によって指摘されているので、彼らよりも有能だという我こそがという者は、ぜひともこれを論破してネトウヨ自称中道どもを涙目にしてあげてください。

俺はLGBTなんてどうでもいいので、人権の低い連中が人権の低いまんまであることに微塵も問題意識を感じません。

2018-03-27

句の出現頻度を示すニュース嫌い

【速報中】佐川宣寿氏が午前の参院と午後の衆院予算委員会で、刑事訴追を理由証言を断った回数が30回を超えました。タイムラインで。 https://t.co/tqrqGAKab7 pic.twitter.com/2PCIbIaXrZ

朝日新聞デジタル編集部 (@asahicom) 2018年3月27日

【速報】佐川証人が「刑事訴追の恐れがあるため答弁を差し控える」の回数がギネス新記録を達成

デーブ・スペクター (@dave_spector) 2018年3月27日

 いっつも思うんだけど何が面白いんだろうこの「出現頻度」。

誇らしげに数えた回数を話しているの滑稽すぎる。

当然同じことを何度も話しているインタビュイーもアホだと思うけど、

質問してるインタビュアーが同じことしか聞けていないってことを示しているようにしか思えない。

そんな下らないことを話す必要どこにあるのよ。

2017-05-24

何で白人日本人茶髪にあれこれ言うのか

美しいストレート黒髪のままがいいのにとかヤイヤイ言ってるのをたまに見るが、ヒラリーパリス・ヒルトンデーブ・スペクターマリリン・モンロー等々金髪に染めている有名人は数多く、そもそも大人になっても自前で金髪ほとんど居ないとかで白人の方が高頻度で髪を染めている。

白人の毛染めは信頼を得るためだったりファッションだったりで社会人でもごく自然に受け入れられている。

では何故日本人茶髪には反発するのか。

それは多分白人自意識過剰からではなかろうか。

例えばアニメキャラを見たら日本人の作るアニメは何故白人的特徴のキャラばかりなのかと疑問を持つらしいが、私からしたら鼻が低く顔が平たい日本風キャラ白人的な顔をしているようには見えない。

宇宙人的な顔の方が近い気がする。

白人イメージする日本人的なデザインムーランのような黒髪ストレートで肌が黒く目が小さく釣り目一重まぶた、そんなステレオタイプ以外は全て白人に見えるようだ。

そして日本人白人に憧れているか日本的な特徴ではなく白人的なキャラを作っているのだと勘違いしているらしい。

日本人はくせ毛も二重瞼もたれ目も多いしそこまで肌は黒くないが白人には日本人多様性は解らない。

日本人からしたらムーランステイシーヒラノのような顔がお前達の顔だと言われても全くしっくり来ない。

多分茶髪に反発するのも、俺達白人に憧れて日本人らしさを捨てている見苦しい人種だと勘違いしているからだと思う。

しか日本人アニメキャラも髪の毛も白人はさほど意識してない、自分達がいいと思うように自由にやっているだけだ。

白人に混ざっている他人種はその人種らしさのステレオタイプにはまらなければ白人コンプレックスを持っていると馬鹿にされるが、日本ではそうではないだけなのだ

そもそも白人の思う日本らしさは中国イメージごっちゃなあやふやな物だし、白人は髪の色やキャラ造形等々で自由に出来るけどアジア人ステレオタイプアジア人らしくしろよーと言うのは傲慢だ。

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170415181301

池田信夫Twitterで時おりデーブ・スペクター駄洒落ツイートRTしている。

で、その駄洒落がわりと上手くて面白いので、私はデーブ・スペクターに一目置くようになった。

でも最近デーブ・スペクターTwitterを見てみたら、つまらない駄洒落ツイートばかり並んでいた。

彼は池田信夫フィルタリングのおかげで面白くなっていたのだ。

2016-10-05

Autophagy(オートファジー)を共食いと訳したデーブ・スペクターに「Auto自動ですよ」とかリプしちゃってる痛い人がいて、「この人はautocracyとか聞いた事もないんだろうなあ」とか考えながら一応チェックに辞書を引きながら、ふと興味が移って「官僚制はbeaurocracyだよな」と引いても出て来ない。

はてなgoogleってみたら、ちゃんと出てくるじゃあないか! しかしよくよく見ると…

結果、bureaucracyをbeaurocracyと誤記するのは英語圏でも大分ポピュラーミスであるという事がわかった。こういう何事も勉強に繋げていく態度が、アメリカ人に(ギリシャ語由来の)英語講義してしまうなんて恥を避けるためにもやはり大事である

2015-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20150903150152

しろ白紙撤回になってからパクリのことよりもデザインの内容のほうを腐すテレビコメンテーターが目につくようになった

デーブ・スペクターとくダネ!佐野研二郎のことヤってた時に「盗作疑惑とか関係なくこのデザイン自体がダサくて相応しくない。最初にこの時代遅れ気持ち悪いデザインを選んだ審査委員はどうなってんだ」とか言っててびっくりした

2015-01-02

Natural Color Phantasm Vol.14 『ONE~やむべからざる、必要と実質』

■本文。

 朝のワイドショーで[社会的ひきこもり]を特集するようになるとは、世の中、つくづくアレなんだなあ、と思う今日このごろですが、今月のお題は『ONE』です。本当は最終回まで取っておこうと思っていたのだけど、小倉さんとデーブ・スペクター斉藤環が同じ画面に映っているのを見たら、辛抱たまらなくなったのですよ。しかし、『二時のホント』が終わったのは、ワイドショーマニアの筆者には痛い……。

 ―――さて、『ONE』をプレイして強く感じたのは、母性父性の欠損に対して、援護射撃に頼らない直球勝負を挑んでいることだろう。ただ、同じ主題を扱っていても、手慣れたテキストの『Kanon』に比べると、まだ手探りの部分が多く、比喩などにあからさまな引用も多い。だから、必ずしも褒められたものではないのだが、BGMと画面演出の組み合わせを効果的に使う[音の魔法]に頼っていない分、言霊比重が高くなっている印象を受けた。

 重要ポイントは、この作品で描かれる世界には、超えるべき父性最初から存在しないことだろう。同時にそれは、学習することもできないということでもある。[他者]は、主に母性を巡るものとして描かれているが、主人公である浩平の母親は、カルト系の新興宗教に盲従した結果、母親であることを放棄している。そして、浩平は、他人との関係性を肉親から学習しないまま=子供のままで妹に対し、父の代わりを演じたが、妹の死により、父性の獲得=男性としての自立にも失敗してしまう。そのため、主人公は二重の意味で心理的欠損を抱えているのだ。

 更に、母親発狂し、ウロボロス的な母性を発動させてしまった際に、母親拒否している浩平は、壊れた母性に対する嫌悪感を潜在的に抱き続けている。由起子おばさんが、一度も浩平の視界には現れないことや、長森シナリオでトゥルーエンドに辿り着くためには、長森を嫌悪し続けなければならないことの理由でもある。いわば、母性父性の欠損を巡る内面問題こそが、『ONE』という物語の核になっている。また、宗教によって母親発狂し、浩平の前から姿を消すシーンは、『ONE』の前作にあたる『MOON』の主題継承しているとも言えるだろう。

 だから、この作品の基本構造は、どのシナリオアプローチの違いこそあれ、本質的には同じだ。他者との距離感を知らないまま成長していくことに、情緒的な病による死を予感した浩平自身本能が、自然死を避けるために、偶然を装った出会いを起こし、浩平に欠損した部分を取り戻させようとしたことが、物語動機になっている。そして、浩平自身本能は、ゲームの作り手であり、浩平はプレイヤー自身である

 だからこそ、浩平の鏡像となる女の子たちは、それぞれが身体的なハンディキャップや心理的外傷を持つ者ばかりが選ばれたのだろう。同情という媒介を用いなければ、出会いという動機を持つことができないほどに、浩平の病状は悪化していたし、宝探しを始めるには、同じ宝を共有できる相棒必要だったのだ。

 本能の企てに乗せられた浩平は、達成されなかった父性確立に再度挑戦する。ところが、達成寸前に壁が現れる。それが[えいえんのせかい]という、癒し象徴でもある異界への願望だ。もっとも、異界が具体的に描かれることはない。まあ、具体的に描いたら、山上たつひこの『鬼面帝国』か、出口王仁三郎の『霊界物語』みたいになってしまうような気もするが(笑)

 ―――いや、最初から浩平は異界に取り込まれていたのだろう。つまり、浩平が抱いていた、思春期独特の中途半端世界認識が、そのまま、異界への潜在的な願望として、妄執のように内在していた。それが、絆の発生で、完全な鏡となった女の子を介して照らし出されたのだ。つまり中途半端に終わった目的を今度こそ達成しようという意志現在)と、中途半端のままで反復しようとしている記憶過去)が衝突したことで、[えいえんのせかい]という、思考停止状態に陥ったのだろう。

 さて、プレイヤーとしての浩平が一度、舞台から退場することで、今度は、選ばれた女の子自身母性主題自覚することになる。そして、父性母性相互補完的に成立することで、浩平は再び舞台に戻ることができる。つまり、互いを鏡像他者認識することによって、欠損を補填した訳だ。この構造自体はありふれたものだが、ありふれたものであるがゆえに、強い言霊を生み出すことができる。そして、この作品特筆すべきことは、美少女ゲームで描かれる世界が失われたロマンティックであり、実際にはあり得ない世界だということを巧妙に描いていることだ。

 何故なら、『ONE』の登場人物たちの多くは、自分たちの生きている世界に対し、無自覚肯定をしない。強い否定もしない。約束された楽園が既に失われてしまっているということを、登場人物自身自覚しているように見える。プレイヤーもまた、物語を介し、その完結に立ち会うことによって、楽園が失われたことを知りながら、ゲーム内の楽園に耽溺するという、二律背反的な認識を持つことになる。

 例えば、『ToHeart』が、ゲーム内ではいったん完結しながら、アニメ化メディアミックス)にあたって物語世界を再構築した際に、約束された楽園主題を持たない真空状態を維持すること……終わらない物語であり続けることを選択し、ユーザー楽園願望を全面的肯定したことで、現在でも現役の商品として、人気を保っているのに対し、『ONE』の場合は、主題を巡る部分が『Kanon』と『鈴がうたう日』という二つの作品分岐&移行してしまったことで、作品商品の両面で、既に幕を閉じているのだ。

 この辺の違いについて、最も分かりやすいのは、やはり、長森シナリオであろう。『ToHeart』のあかりシナリオに対するメタ的な構造を持っているかなのだが、筆者も鈍いので、気づくまでに何度かキレそうになったのは余談だ(苦笑)。

 もっとも、『ONE』以降、恋愛描写を重視した[泣き系]の作品が氾濫したことで、相対的主題空洞化と、[お約束]としての普遍化が起こっているのは否めないが、この作品自体は、非日常日常や、万能感と無力感の間で葛藤する思春期独特の世界認識通過儀礼を描いた作品として評価できるだろう。

 更に言えば、本来は『WhiteAlbum』や『デアボリカ』のような、ユーザー価値観を揺さぶタイプ物語が担っていた役割を、『ONE』の成功で、思考停止による癒しを主目的とするタイプ物語でも担えることを証明したのだ。

 物語とは、社会と個人を繋ぐ媒介だと思う。いつの時代も、その本質は変わらないが、物語を伝達する手段は、時代の変化と共に変わっていくものだと、筆者は考えている。美少女ゲーム媒介として、社会と繋がり、社会学習していくという構図も存在できると思うし、一見楽園肯定するような表現に重層的な含みを持たせることで、現実社会との距離感認識させる手法確立を、本格的に模索する時期に入っているのではないだろうか?

■あと一回のお知らせと総括。

 ホームページでは既に告知済みだったのですが、本コラムは次号で最終回となります。次回は連載総括という形で、これから発売される作品について触れたいと思っていますので、作品ごとの論評としては、今回が最後です。

 降板理由は、今年に入り、筆者の健康状態が悪化して、月刊ペースでの連載が難しくなってしまたからです。無理に書いて、自己模倣に陥ってしまっては意味がありませんし……。

 ―――そういう訳で、読者とメーカーの方々には、一年と少々、筆者の回りくどい文章に付き合っていただき本当にありがとうございました。連載はあと一回ありますが、この場を借りて御礼申し上げます

2014-03-25

てさぐれ同一性障害

中二病米国少女「私は人種同一性障害で、中身は日本人海外の反応

http://nextneo.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

「じゃぁ、葵の考える新しい同一性障害、行ってみよう!」

人種同一性障害」ドヤァ

人種同一性障害?」

「見た目は外人なのに中身は日本人みたいな」

「あぁ、デーブ・スペクターさんみたいな人のことね」

「デーブ…?」

ボビー・オロゴンでもいいわよ」

「……オマエナニイッテンダヨー!(物まね)」

!!!!」

チゲーヨ!ソージャネーヨ!」

「ギャハハハハ!!!

ちょっとあんたたちやめなさい!」

ブコメに書ききれなかった時点でやめればいいのに衝動を抑えきれなかった。反省はしている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん