「首吊り自殺」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 首吊り自殺とは

2017-04-02

母親自殺を止めた。

今日母親階段首吊り自殺をしようとしていた。階段のところにあるオペレーター式の窓のチェーンに首を括り付けてそのまま階段から滑り落ちて首を吊ろうという魂胆だったらしい。

私は二階にある自室にいて、やたらバタバタ階段の方が騒がしいな、と思ったので様子を見に行ったら、無表情でチェーンを首に巻いた母親がいた。母親首には赤い跡が付いていて、「もうこうするしか方法がない」と言った。私は驚きよりも悲しみや怒りや呆れといった感情を強く抱いた。

母親自殺未遂をしたのは、たぶんこれで5回目。たぶんというのは、嫌な記憶忘却されつつあって覚えている範囲でも曖昧な部分があるからだ。5回という数字客観的に見ると、多いなと思うし、でもその数字以上に考えさせられることはたくさんある。

今回の自殺企図をする前も、私は母親明日通院している心療内科にかかりに行くことを約束した。私の記憶が正しかったら、前にこういうことがあった時にも、もうしばらくは自殺しようとしないと二人で決めていた。「自殺しないとはっきり約束してもらう」という対策法をどこかで見てから実践している。けれど、その決まりごとはは毎回破られる。その度に私の心は折れる。

自殺をしようとする人に対して、掛けてはいけない言葉がある。自分意見押し付けずに話を傾聴しましょう、とかこういう対応の仕方をしなければいけないみたいなマニュアルのようなものがあることは知ってる。でも、それを遵守できるのは、心が病んでいない人間だけのように思える。少なくとも私は、繰り返される自殺未遂に疲れてしまって、母親希死念慮を強く持つたびにもういっぱいいっぱいで、抑えていた気持ちが怒りとなって爆発してしまうようになった。自分ダメなことは分かっているけど、それをどうしていいかからない。

母親は「うつ気持ちうつになってみないと分からない」と言うけど、うつ病患者の近くにいる人の気持ちもも、その立場になってみないと分からないと思う。

躁鬱とまではいかないが、母親は気分の変調が激しい。数週間前まではテレビを見て、家事をして、と日時生活普通に遅れるのに、少し躓くと抑うつ傾向になってどんどん気持ちが落ち込んでいっている。体調が良いときはどこにでもいる普通母親みたいなのに、体調が悪くなると過去に何度も自殺未遂をした希死観念の強いうつ病患者の顔になる。その変容の激しさも自分の心の波が一定にならなくなってしまった原因のひとつだと考えている。

明日たぶん母親はかかりつけの精神科に行く。

そして私は、母親自殺未遂をしたなんてことを微塵も感じさせない笑顔を作って新学期を迎えて、友達に会う。

自殺を試みる人は、何度だって自殺しようとするし、止めることができなくても、それがその人の寿命なんだと捉える考え方もあるらしい。

自殺を止めて、それで苦しみながらも生きて、また死にたくなって。死んでしまうのとどっちの方が辛いんだろうと最近になって考え始めた。

2017-03-21

インターネット死ぬということ

以下のメッセージは昨年動画配信中に首吊り自殺を行い、2ちゃんねるニュース速報嫌儲板なんでも実況J板で大きく話題になった男、通称だるま」のメッセージ

2ちゃんねる内では非常に有名ではあるものの、あまりショッキング映像なためか外部メディア消極的で、あまりはてなーには知られてないと思ったとので掲載


はっきり言いますけども、

俺が中卒で引きこもりになって自殺した理由も、

こんな小さな平屋の家に6人で住んでいたせいですよ。

実際、俺の兄弟のうち、まともに育ったのは瞳さんだけで、

健さんは中学の時に不登校になって、99年5月自殺したし。

勇さんは高校に行かずに中卒になって、ニート引きこもり生活を経てバイトをし、2008年に一応自立。

俺は2004年10月高校中退して、そのまま引きこもりになり、2016年9月28日くらいに自殺ですからね。

そりゃーね、「親は悪く無い。引きこもりになったの責任は全部お前にある。」みたいなこと言って、

俺の事を責める人はいるのはわかるけども、

でも、認めて欲しいのは、俺の育った環境は滅茶苦茶悪いってことなんですよ。

俺にどうしろっつーんだよ。

別にね、このホームページを見てる人に同情してほしいわけではないんですよ。

じゃあどうして欲しいのかと言えば、謙虚さを学んでほしいですよ。

謙虚さというのは、自分が恵まれたことに気が付いて、その事に感謝出来るかどうかなんですよ。

そして俺はね、環境にも才能にも恵まれなかった日本国民なんです。

からね、大抵の日本国民は俺よりも恵まれているんですね。

でも、みんな俺みたいな人間説教したがるじゃん。

俺はね、そういうやつに言いたいんだよ。

「お前はただ、環境や才能に恵まれただけなんだよ。だからそれに感謝して慎ましく生きてろよ。」とね。

はい。そういうことです。

2017-02-09

首吊り自殺に失敗するやつって要領悪すぎじゃね?

体重をかけてもロープがきれたりぶら下がるところが折れたりしないかちょっと試せばいいだけじゃん。

物の本によると苦しむ間もなくすぐ意識失うって話で、もしそうでないとしても、何分もバタバタ暴れられるとは思えないし。

はてなに何人も未遂者がいてびっくりだわ。

2016-10-14

うつ病患者はなぜ死にたいと言いながら死なないのか?

うつ病の人は死にたい死にたいと言いながら生き続けてるから甘え」

うつ病の人は死にたい死にたいと言いながら生き続けてるから放っておいて大丈夫

気持ちは分からなくもないがこちらもファッション病人ではないので、うつ病人間が死にたくなる過程と何故死なないのかを説明する

うつ病人間死にたいと思うに至るには2パターンある

1つは「直前にヘマや何かをやらかしたケース」

ヘマをやらかす

(どんなにちょっとしたヘマでも)自分ダメ人間からこんなひどいミスをしたんだ

自分は生きている価値のない、社会にとって不利益しか生まない、生きているだけで害を生む人間なんだ

死にたい

私の場合は大抵こういう思考の変化がある

(もちろんこの思考過程個人差はあると思う)

厄介なのは病気のせいなのか、一度悪い考えが生まれると全く良い方向には動かないし、結局死ぬことだけを一日中考え続ける羽目になる

ここから脱するのに人から優しい言葉や行動以上に効果のあるものはない

もう1つは「何も原因がないケース」

寝起きに起こりやすい人、夕方に起こりやすい人…。起こりやす時間は人それぞれ分かれるような気がしている

これに関しては本当に何もない

突然死にたい気持ちが頭を支配し、死ぬことしか考えられなくなる

死にたいと略してはいるが私の場合全て「自分は無価値で、生きているだけで皆が迷惑するから死にたいである

別に遊びたいとか寝たいとかそういうのと同じベクトルではない

責任を取って切腹したい、責任を取って辞職したい、みたいな感じだろうか(適切な例えかは知らない)

しかうつ病死にたい気持ちは、空腹感や眠気と同じくらい強烈である

空腹感のひどくて「お腹の空いた」と言っている人に「気合で何とかしろ!」

眠気のひどくて「寝たい」と言っている人に「気合で何とかしろ!」

とか言ったところでお腹は空いているし、眠たいし、同じようにうつ病の死にたさも気合いでは何とかならないし、誤魔化そうにも誤魔化せないのである

では本題の、何故死なないのか?という所である

'本気'で自殺しようとしたことがありますか?

という問いにイエスと答えられる人はなかなかいないと思っている

軽い気持ちでではなく遺書をきちんと残し、明日から自分のいない世界が始まるんだということを考えての自殺である

経験したことがある方なら分かると思うが、自殺をするのは筆舌に尽くし難いほど怖い

私は首吊り自殺飛び降り自殺を考え、実行したりしなかったりしたがあの時の恐怖は思い出しただけでも嫌な気持ちになる

死に対する漠然としたとてつもなく大きな恐怖は、動物生存するにあたって備え付けている一部の機能のような物であるのだと思う

そもそも死ぬのが全く怖くないように人間の心がなっていたら、人間はとっくに絶滅しているのではないだろうか

私が首吊り自殺を試みた時の話である

縄を目にした時からとにかく怖くて怖くて仕方がなかった

「これで楽になれる」という気持ちより「死が怖い」という気持ちが何倍も上回り、首に縄をかけるだけで何分も費やした

結局首を吊ってから数分、苦しみと死の混ざり合って私は自殺を断念した

それ以来、私は縄に首をかけることすらしなくなった

それくらいに死は怖い

なのでどうか「死にたい」と言ってばかりの死なない人を笑わないでほしい

彼らはいたって正常である

ただ自殺をやり遂げた方々が皆、あの強大な恐怖を上回るほどの死にたい気持ちを抱えざるを得ないほどの、考えられないほどの心労を抱えていただけなのだ

2016-10-01

首吊り自殺配信した前田仁が嫌儲民扱いされてるが、本人自身ブログネトウヨだと言ってる件について

一体なぜ正反対リベラル嫌儲民扱いされているの?

本人自身国防軍に賛成しているネトウヨだとブログで公開しているが

2016-07-26

相模原市緑区在住。山林で首吊り自殺をしようと思ったのだが

相模原市緑区在住。

もう人生嫌になって、山林で首吊り自殺をしようと思ったのだが、

同じ緑区内で殺人事件があったようだ。

こんな日に首吊っても誰にも気付かれないし、無視されるよな。

2016-03-22

就活自己責任

また、落ちた。

大学院を辞めてから就活して一年が経ったが、全て落ちた。

毎日研究関係のない多くの雑用業務に疲れて中退を決意した。

大学院を辞めても、国立大学から1社ぐらいは内定を貰えると思っていた。

結果は全敗だった。活動当時は設計などを志望していたが、落ちるにつれ

工場製造業務を志望するようになったが全敗した。

入念に準備した志望動機自己アピールが滑稽にかんじた

就活バイトをクビになり、首吊り自殺も行ったがこれも失敗。生きる気力が無くなった。

抗鬱剤を処方しながら先日、派遣会社製造業務に応募したが落ちた。

送り返されたたくさんの履歴書を見て死にたくなる

「落ちたら、また応募すればいい」、「みんな頑張ってる、甘えだ」と

まわりから言われ、さらに死にたくなる。

1億総活躍社会という、働かせ消費を拡大する政策のレールにすら乗れなかった。

社会のレールから外れた僕は「弱者」のレッテルを貼られた。

認められたいけど、誰も認めてくれない。

学ぶ事が好きだったに、今は毎日無気力だ。

今はただ消えたい

2016-03-12

脳内加害者が消えない

嫌な夢を見た。

小学生十人ほどから笑われ、それを遠くから両親が無言で睨みつけるように見ている。そんな夢。

小学生の時から未来を見つめ今を生きようとしても、過去という杭にゴムを巻いて前に進んでいるかのように、すぐ、過去の虐め被害虐待記憶に戻されてきた。脳内タイムリープを幾度となく繰り返してきた。

タイムリープ先の一つには小学生の時の記憶がある。

アトピーゾンビなので、クラス替えをする度、すぐ同級生に嫌われた。そして、上履き画鋲を入れられたり、ランドセル教科書落書きされたり、荒れた首を気味悪がられ、嘲笑の的にされたり、物を隠されたり、プリントを配られなかったり、仲間はずれにされたり。両手では数え切れないほど、バラエティーに富んだ、虐めを思う存分に堪能した。

同時に、虐待も受けていた。

殴る蹴るは日常茶飯事。些細なことをきっかけに大声で怒鳴る、いう事聞かないとどうなるか分かってんだろうなと脅す、生まなければよかったと涙声で呟く。自分達が如何にアトピーゾンビのことを嫌っているか小1時間語る。受けたのは、このようなシンプル虐待だ。面白みがなく平凡だ。

そんな、虐めと虐待を受け、小学生アトピーゾンビには己の身に何が起きているのか理解が追いつかず、ただ生きていることへの嫌悪憎悪精神ストレスを募らせていた。

ある日、学校の授業中。いつもの様に、悲惨現実ストレスから逃れるため、教室の机に伏せていた。

三十代女の担任教師は、その不真面目な態度が気に入らないようで、こちらに人差し指を向け、教室中に響き渡るほどの大声で怒鳴り立てた。

「なんだその態度は!やる気のないやつは、他の生徒に迷惑だ!廊下に出とけ!」

教室が無音になる。クラスメイト視線が痛い。言い返すほどの度量もないゾンビは、俯きながら席を立ち、とぼとぼと歩き、廊下に出る。教室に背を向けるように壁にもたれ掛かり思案を巡らす。

「何なんだろう。何で何時も自分は机に伏せているのだろう。なんでこんな所に毎日通っているのだろう。疲れたな。人間って80歳くらいまで生きるんだっけ。長いな。学校に馴染めないなら社会にも馴染めないだろうな。だから20歳くらいで死ぬんだろうな。よくてホームレスだろうな。早く終わってくれないかな。生きるの嫌だな。」

その頃から、「自分気持ち悪いアトピーゾンビなんだ…」と自己否定を繰り返していた。

幼稚園の頃は、まだ"人間"だったので明るかった。度重なる虐待や虐めによって自己肯定感自尊心破壊された。高校生になるまで、「人は皆、自分のことが嫌いなんだ。人が怖い。殺される!」と思い続けていた。

小学生からアトピーゾンビ普通に接してくれている人への不信感や恐怖感が消えず、普通に接してくれる人が、この世界にいる事が信じられず、周りの人間が作り物のロボットのように見えていた。同時に、そんな人型ロボットと上手くコミュニケーションを取ることが出来なかった。いや、今でも上手くできない。慣れの問題なのだろうが、友達恋人もおらず、親とも不仲だと、コミュニケーション能力を上げる機会が中々ない。十代の必須向上スキル学力コミュ力。この2つだ。よく心得ておくように。


アトピーゾンビは成長しているのに頭の中の加害者は成長せず、ずっと同じ姿だ。

一回り小さい人間に虐められるのだ。

これほど、自尊心破壊する夢があるだろうか。

脳内には何時もアトピーゾンビ虐待する両親がいる。現実の両親が、何処からか連れてこられた宇宙人未来人、超能力者のように見える。二人共老けたな。脳内では何時までも若い、昔の二人だ。

幾多の苦難を乗り越え、数少ない選択肢を掻き集め、選択費を見比べ、最も現実的で確実な選択肢を選んだ。それは、現世中退。懇切丁寧に言えば、首にロープを巻き、全体重ロープに掛け窒息死する。首吊りだ。首吊り自殺だ。

脳内タイムリープ先に異世界がある。これは虚構かもしれない妄想かもしれない。しかし、死のあと、続きがあると思うことで死への恐怖を少しでも減らせることができるのであれば、それでも良いではないか。

そんなことを考えた今日でした。

2015-10-27

首吊り自殺殺人に見せかけるために誰かが服を脱がせたんじゃないの?

ミステリでよくあるやつ

2015-07-02

女子刑務所に入るとそもそも比ゆ的な言語使用法が一切禁止され

ロシア並みの極寒地獄で正しい言語使用法だけを強制されるし

懲役3年なら3年で相当長期間増田のような表現ができない地獄に落ちる

殺人無期懲役になった日には拘置所首吊り自殺するしかないような現実がある

2014-08-05

笹井センター長って殺されたんじゃねえの?

名前の出ない謎の早稲田内の組織博士取り消しにあたらず、なんて判定出したり、

逆に現役の早稲田研究やってる研究者が抗議の声を上げたり、

そもそも、なんら実績のないオボが理研に入れたり、

今回の事件不審な点が多すぎるだろ。

政治家が不審な死(出勤中の道端で電柱首吊り自殺、など)を遂げるなんて普通のことだし、

ちょうど女性優遇社会進出を促進する、なんて政治的な決定がくだされてる直後だし、

そのへんに巻き込まれて殺されたんだと思う。

当たり前だが証拠はないが。

だけど、太平洋戦争で300万人死んだのはコミンテルンスパイが東條内閣に入り込みまくってたせいってのは、

旧ソ連から出た資料によって証明された歴史的事実だし、

往々にして政府中枢にはスパイ暗殺部隊が紛れ込むものだし。

2014-07-27

パチ男(女)と絶対に付き合わないほうが良い

優しく

スタイルもよく

服のセンスもよく

どんなにイケメン美女)であっても

パチスロ男(女)と絶対に付き合わないほうが良い

絶対に自分が潰されます 泣きます

好きになった時

付き合った時

セックスに至った時

最低でもこの時点までには相手がギャンブルをしないか

知っておき、する人間であれば「付き合わないこと」を強くすすめます

私には相手がパチスロをやる人間だということに気づかないで付き合ったことが

過去に2回あり、今で3度目です

過去2度は、最初の段階でパチンコパチスロやる?って聞いても「やらない」と嘘をつかれてしまった

3度目の今は元パチンコ屋の店員だった人で

まあやるんだろうなと気をつけていたけれどそれ以上に性格や外見に惚れてしま

今、やはり泣いています

惚れた弱みもあるので私がパチスロをする相手をまたしても選んでしまったという後悔で

自分が情けないです

私の家はパチンコが原因で育児をしなかった父がいて当然離婚しました

母は女手ひとつで私を育ててくれました




-ここでなぜ私が苦しんできたかパチンコパチスロ問題点を整理しま




田舎ゆえに娯楽が少なく町はパチンコ屋だらけである実態

(1キロ圏内に5店舗もあったり)

・友人も仕事の先輩後輩も親もパチンコをやるのが普通

新台やった?などという男同士の会話にのりたいのか?)

給料が安く(最低賃金地方のため)パチンコで儲けたい

(日給5000円が普通ななかで、1000円で5000円勝てるかもしれない思考)

パチンコ台やパチスロ台はアニメアイドルゲームテーマにしていて夢中になってしま

ふつう動画DVDで鑑賞するのではダメらしい)

約束時間を守らない

(いまパチンコ屋にいて当たってるからお金つっこんでるからちょっと待って

→1時間経過→2時間経過→あとはわかりますよね・・・

・買い物をしたモトを取りたい

デートに5000円かかった!→そのお金を取り戻したい思考)

パチンコに負けて遊びに行けなくなった

(やらなかったら遊びにいけたのに・・・という相手への気持ちなんぞ そこになし)

パチンコのやりすぎで体調が悪い

嫌煙ならばマスクすればよいし、服装で体温調節すればいいし、肩が痛い、目が見えなくなったと体調のグチが多いくせに

勝っていれば言わない)

・友人等にお金を貸す(借りる)

(いま当たりやすゾーンがある、天井が狙える でも金ない→借りるという意味不明行為

40%の当選確率で当たるって・・・確率だし負ける確率のが高いのになぜ)

他にもいろいろあります

時間を守れない(台次第)

・予定をたてれない(勝敗次第)

勝敗によりテンションの差が激しい(興奮したり無口になったり)

・激しい音や光や煽り演出で頭がおかしくなってる(洗脳するように台を作ってると思う)

私自身もやれと言われて用語遊戯方法を少し覚えてしまったり楽しいかもって思ってしまったりしたことがあります

負けよりは勝って欲しいと願ったこともあります

遊んできなって渡された3000円を20万にしたこともあります

その20万は当然あっという間になくなりました

その日は大歓喜して

負けたら「他のことにお金使ってればよかったね」

これの無限ループ

3人の男性を見てきて思うのは

パチンコパチスロで勝った金は絶対にパチンコパチスロでなくなります

しろほとんどの人が負債を抱え、いろんなところから借金しているのでは

前に付き合った人は公務員でした

職業こそ立派でしたが依存症

婚約披露宴も予約してましたが

婚約指輪パチンコで買った金と言われ冷め

衣装の試着予約の日にパチンコ時間が守れず現れなくて冷め

結局パチンコが原因で大げんかし破断 

2度とパチンコに行かないと最後にあった日

私の親にもまで誓ったのに

別れた数日後には車が道路沿いの近所のパチンコ屋にあって愕然としました

そんなことを経験しつつ

なぜ今元パチンコ屋の店員と付き合ったのか

本当に自分を殺したいです

もともとあれこれ持病があって体の弱い彼が3日連続パチンコに行き

心配はしていましたが、お互い休みの週末に

時間や体調をあわせれませんでした

勝ち・勝ち→負けで気分が沈み、予定はなくなり

私と口論になってしまい体調までも悪くしてしまいました

デートより楽しい時間・・・それはスロット!」

「あとのことは知らん!あたった!楽しい!」

「金欲しい!」

こんなもんなんです・・・お金なんてみんな欲しいのに

普通に働いて節約すればいいのに

時間や予定を守って

なおかつ「いくら負けても」塞ぎ込まず

相手との調和よりもパチンコパチスロが好きならばやればいいと思います

自分お金を好きなことに使いたいのは誰だってそうですし


私はもう疲れました

またギャンブル好きと出会っちゃったらと思うと

気が滅入るし(見抜けなかったり、あとからわかったり)

もう年は33歳 高校受験に失敗し底辺校卒 最低賃金でずっと年収120万程度の収入

県内70社ちかく正社員求人に落ちる

母はまもなく定年のパート

祖母は87歳

女3人暮らし

ギャンブルやらない人と結婚して普通の家庭が欲しいが介護も控えてる

自分自身スペックもあるが(外見の悪さやダメ男とうまくやろうとする性格とか)ここの田舎いるかぎり

普通出会いすら難しい でもこの街を出れない 最愛の母や祖母を捨てれない

彼と別れればひとまずいい話なのに

いい思い出も少なからずあるので(この考えや思い出をを捨てなければ・・・

それすらも滅入る

もう何もかも滅入ってる

生き詰まり 生き地獄

ところで

地元パチンコ屋で首吊り自殺をしたり焼身自殺をしたりということがあったけれど

ニュースにもならず、パチンコ屋は潰れるどころか改装オープン!だったり

こんなにもパチンコで苦しんでる人間が多いのにまた新店舗ができたり・・・

巨額ビジネスなのだろうけど こんなの日本だけみたいだし

カジノ云々、移民云々の前に(パチンコ税収も確保するとかニュースもあるけどアホかと)

パチンコ屋を全部なくしてほしい

最低賃金あげてほしい 時給650円て本当に辛すぎる

仮に正社員だとしても福利厚生はあるが

手取り10万とか契約社員かばっかり

これじゃあパチンコで稼ぎたい脳にならざるを得ないとも一方で思う


・・・・まあそんな感じでだらだら書いてきましたが

パチンコパチスロに関わる人間とは距離おいたほうが良いです

クズです

長文失礼しました

ちょっとスッキリしました 

2014-07-15

この前までブラック賛美しまくってたマスコミが今やブラック批判急先鋒

社員不足の原因が人口減少による人手不足と言うブラック企業、そして同じくブラック体質のマスコミはここを批判する。

そこに市場価値を見出せなくなった需要供給構造破綻経済の基本なのにブラック企業感覚麻痺してるのか

これを無視する。そしてマスコミもこれを深刻な問題として取り上げるもそこに潜む杜撰管理体制経営体制の不備、社員使い捨て等について

取り上げる事はなかった。

例えるなら、フジテレビ親韓寄りの番組作り。

フジテレビは世の中が嫌韓ムードになればなるほどむしろ親韓寄りの番組作りを心がけては、靡かない視聴者に「嫌なら見なければいい」と突き放した。

その結果が今の必死反韓寄りの番組作りになってしまった。こういう局は視聴率至上主義で傲慢であり、また常に後手だ。

フジテレビは華やかな雰囲気もあるが、一方で重労働の末トイレ首吊り自殺する社員が居たり、制作段階で問題が生じると外部委託した業者責任転嫁したりといった

ブラック労働環境杜撰経営体質が浮き彫りになっている。

まりこういう所が今、ブラック批判急先鋒になっているのだから(ブラック批判する事自体に)素直に喜べない。

2014-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20140423165914

首を絞めてもげほげほならない。

また、首を絞めるプレイと、窒息プレイはまた別のものである

首吊り自殺の死因は窒息ではない。ここ重要

2013-12-11

[HMJM ] HMJM 10th Anniversary Nights Vol.1 カンパニー松尾AV上映会 『男達の挽歌豊田道倫大橋仁と安達かおる』というイベントに行って来ました。

HMJM ハマジム 10th Anniversary Nights - イベント | UPLINK

 この日上映されたのは

豊田道倫 映像集3 無題』(2012年/84分)

大橋仁 そこにすわろうとおもう メイキング 』(2013年/24分)

ドキュメント 安達かおる~ジーザス栗と栗鼠スーパースター琥珀うた舞台裏から』(2013年/60分)

という松尾監督が友人や師匠など近い存在男性を撮った非AV作品3本。3本目の安達監督ドキュメントがAVの撮影現場舞台にしている為、18禁イベントだったのですが、女性客も結構いらっしゃってました。

 最初松尾監督が登場。軽くこの日の進行を説明(豊田さんのが終わったら休憩を挟みますよ、みたいな感じ)してから上映開始。

 『豊田道倫 映像集3』はそのタイトル通り、豊田道倫氏の色々なライブ映像を1つに纏めた作品。1と2はDVDとしてリリースされているのですが、3は映画館イベントでの上映のみでソフト化されていません。

 この作品が一番最初に公開されたのは2010年10月30日豊田道倫新宿DAYS最終日で、その時は『豊田道倫 映像集 Ⅲ 新宿Poo上映版 』というタイトルでした。

 その後、2011年2月26日池袋ロサという映画館で行われたMOOSIC LABというイベントの3日目(#3:豊田道倫映像集/実験の夜、発見のロサ。)に『豊田道倫 映像集3-MOOSIC LAB Version-』が、そして2011年ゴールデンウィーク広島大阪で『豊田道倫 映像集3 地方上映版』、2012年7月3日神戸元町映画館8月13日渋谷アップリンクで『豊田道倫 映像集3 無題(new version 84分)』が上映されました。

 新宿Poo版、ロサ版、地方上映版、そして2012年の無題と一応同じ作品という事になっておりますが、編集が物凄く変わっていて、「え?あの日のライブは丸々カット?」「前見た時のラストシーンの後に見た事ないシーンがめっちゃ追加されてる!」という感じなので上映される度に見に行ってます。Poo、ロサ、大阪で3日連続、去年のアップリンクに続き今回で見るの7回目。多分全部のバージョンコンプしてるはず。

 この日上映されたのは去年神戸と渋谷で上映されたのと同じ『豊田道倫 映像集3 無題』。…のはずなんだけど、最後クレジットに2013って出てたんだよなぁ。それが気になってる。もしかしたらちょっと編集し直してたのかもしれない。けど前に見てから1年以上経ってる&ちょっとずつ違うのを何回も見てるので、正直どこが違うのか、もしくは全然変わってなかったのか解んなかったっす。。。(全部の版を見に行ってる意味が無いw)

 最後トークコーナーでもちょっと触れられてたのですが、今までは豊田さんが出演するイベントでかかる事が多かったので豊田さんのファンの方が見に来られてたのですが、今回は豊田さんも出ないし、この作品ではない作品目当てのお客さんも結構居たので今までの上映とはお客さんの受け止め方がちょっと違った感じ。最前列のど真ん中に座ってたグループが途中で席を立って戻って来なかったり携帯を弄っていたりと完全に飽きていた様子。確かに豊田さんのような音楽は刺さらない人には全く刺さらいからなぁ。実はこの日、私は友人と一緒に見に行ってたのですが、そういやその友人は豊田さんみたいな音楽全然興味なさそうだというのに途中で気付いてヒヤヒヤしてたのですが、後で聞いたらまぁ何となく楽しめた、みたいな事を言ってくれてたのでホッとしました。

 休憩を挟んで2本目の『大橋仁 そこにすわろうとおもう メイキング 』。今回のイベントはこの作品目当ての女性客の方が多かったようですね。自分の全財産をはたき、男女300人による大乱交を作り上げ、その様子を撮影した写真家大橋仁氏の3冊目の写真集『そこにすわろうとおもう』の撮影現場メイキング映像。この乱交シーンを作り上げる為にHMJMが協力していたという事で松尾監督メイキング撮影されたようです。

 この映像2013年4月14日原宿VACANTで行われたこの写真集のトークショーと、9月10日渋谷WWWで行われた大橋写真集『そこにすわろうとおもう』刊行記念 大橋仁×七尾旅人 ~百人組手番外編・写音真楽~というイベントで上映されました。私はVACANTで見たのですが大入り満員、WWWの方も満員で見れなかった人もいたとの事(というか今回一緒に行った友人が当日券に希望を託して会場まで行ったのですが入れずに帰った中の1人でした)。

 大乱交シーンの撮影の様子を中心に構成されていて、東京郊外駅前に沢山の男女が集合し、バスに乗せられスタジオ入り→休憩無しの過酷撮影に挑む様子が映像に収められておりました。途中で体調を崩してリタイアする女性の様子が映し出された後にしか男性陣でリタイアする者はいなかった、という様な説明テロップが出たりしててちょっと面白かったw

 写真家として活躍して得た数千万円の貯金をはたいて写真集を作る大橋氏の撮影中の気迫はカメラを通してもしっかり伝わってきました。終演後、ロビーにこの写真集が置いてあったので急ぎ足でざーっと見たのですが、頭の中にあるイメージというか妄想を数千万円のお金をかけて作品に「せざるを得ない」という彼の業のような物を感じました。23000円という価格も納得の出来。でも買って家に置いてちょくちょく見たりするにはパワーが強すぎるというか。ナンカ色々な物が吸い取られそうな。とか書くと買わない言い訳みたいっすね。そうじゃなくてホントそれくらいの力がある写真集だと思います。ちなみに、写真集の中身についてちょっと書きますと、乱交シーン以外のページもいっぱいあって、そこに大橋氏がたまたま発見してしまった首吊り自殺遺体写真なんかもあったりします。

 そのまま続けて3本目の『ドキュメント 安達かおる~ジーザス栗と栗鼠スーパースター琥珀うた舞台裏から』が上映されました。

 こちらの作品は松尾監督古巣、V&Rプランニング看板シリーズジーザス栗と栗鼠スーパースター10数年ぶりに復活するという事で、その撮影の様子をドキュメント作品にした物。ジーザス栗と栗鼠スーパースター琥珀うたDVDに本編とセットで収録されて販売されております

 今回はメイキングのみの上映だったのですが、こうやってメイキングだけ見ると本編見てなかったら意味解らんシーンあるなぁと(最後の方の終わり方とか)一緒に行った友人の反応が気になってたのですが、後で聞いたらその辺は特に気にならなかったようで良かったです。

 大掛かりなAVの撮影現場の様子自体が物珍しくて面白いってのもありますが、安達監督面白いですね。この日上映された3作品の中ではこの作品のみ普通にDVDで買えるので興味を持たれた方は買ってみて下さい。HMJMファンの方向けミニ情報としては、ジャケのうたちゃんの後ろに立ってる男性陣に梁井監督とKENSAKU監督が混じってらっしゃいますよー。メイキングの中でもちょこちょこ映りこんでらっしゃるので探してみましょう。

 上映後、トークコーナー。実は予定としてはこのトークコーナー琥珀うたちゃんが登場するというお話もあったようですが、前のお仕事が長引いてしまって間に合わなくて出演出来なかったとの事。代わりにバクシーシ山下監督カンパニー松尾監督のお二人によるトーク。山下監督はジー栗にメインカメラとして参加してらっしゃったのでその時のお話など。時間が遅くなってしまっているという事もあって10ちょっとくらいの短い時間でした。

 ジー栗はDVD持ってるし、大橋さんのも4月に見たし、豊田さんのに関しては7回目だし、という事で腰をすえて細かい所を見ていく感じで見たのですが、楽しかったです。特に豊田さんの映像集はアップリンクの前の方の席で見るのがちょうどエエ感じですわ。今後もちょくちょく上映して欲しいです。あと、大橋さんのはそれ目当てで来てたお客さんも多かったのでまた何かの機会に上映されたらいいのになぁ。願わくばもうちょっと長い時間バージョンで。




この次の日のイベントにも行きました→

HMJM 10th Anniversary Nights Vol.2『ハマジムだよ!全員集合 ~主要監督と共に振り返るハマジムの10年』というイベントに行って来ました。

2013-02-18

酪農家自殺について思うこと

原発事故によって製品の出荷ができなくなり、収入が途絶えて借金がかさみ、

自分の所有する酪農場の堆肥小屋の壁に遺書を残して首吊り自殺をした、福島県相馬市酪農家

原発事故は起きたけど、その影響で死んだ人はまだいない」という言葉をよく聞く。

ダイレクト放射線を身体に浴びた影響で死なない限り、どんな遠因で死んだとしても、

被害者の数にはカウントされませんという意味なのかな~と思う。

2013-01-07

http://anond.hatelabo.jp/20130107141433

データー持ってるならデータソース)貼ってよ。

つ http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/6.html

議論はお互いに話し合うことで、正しい知識をみんなが身につけることが目的で 罵倒のし合いじゃない。

以外にも 10代 の自殺の約1割が飛び込みだな。そして、10代だけだけど。つか、10代に多い自殺方法対処しないってのはむしろ問題だったのでは?

飛び降りと飛び込みで4割超える場合があるわけで、 若い人は飛びやすいんだな。

 

そして、人間はなぜ首吊り自殺を思いつくのか?というのは、なんでなんだろうね。みんな知ってるとはいえ、なんで、みんな知ってるんだ?

2012-07-14

http://anond.hatelabo.jp/20120714164900

飛び降り派だった上、「ネット上の情報は信頼出来ない」まで言いやがったんだから、簡単に説得されるなよ。

そもそも、自殺者数に対して首吊りが多いかどうかじゃ、首吊りが簡単確実かどうかの傍証になっても、直接証拠にはなってないよ。

たまたま現代首吊りがポピュラーな自殺方法として流行っているだけかもしれないじゃないか

ちゃんと見るんだったら、首吊り自殺成功者/(自殺目的での)首吊り経験者、の比率を推計しなきゃ。

ほれ、自殺者数に対する自殺手段では、昔は薬物のほうが多かったっていう統計もあるよ。どの方法がいいのか、自分で判断しな。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/6.html

http://anond.hatelabo.jp/20120714170649

もう漏れ首吊り自殺の方が楽なんじゃない仮説には納得しているが、一点だけ。

大体、ネット上の検索について云々言うなら、あんた、Google検索アルゴリズム知ってるの?あれ、沢山クリックした人が多い方が上に来るように計算で決めてるんだよ?

人手の調整殆ど入ってないよ?自殺できる方法を探している人が、「実際は(自殺)出来なさそう」と思ったものクリックしてるっての?全く矛盾してるじゃない。

これこれ。「死んだ人は二度とそのサイト見に行かない」「生きてる人は<自殺に失敗したり、興味だけで>そのサイトに訪れるからアクセス数上がる」で、更に言うなら

「そのサイト経由で人死にまくってるなら、なんらかの対処が採られるだろ。人気サイトならそれこそ割れてるだろうし」だから

結果として人気サイトほど「自殺しない人が自殺出来ない情報を参照している」になってる状態なんじゃねえの、って話よ。完全自殺マニュアル自殺した人は結構多いだろうけど、あれも実際はどうなんだろうね。(発禁ではないのだから、何らかの書き加えがある?)

まあともかく。そこらへん自殺しようと思ってる人が考えに至って無いとも考えづらいとは思うので、やっぱりいろいろ検討した結果首吊りを選んだという話で合ってるとは思うね。うむ。

http://anond.hatelabo.jp/20120714160330

ここで、ネット上だけじゃなくて、「完全自殺マニュアル」って書籍でも首吊り奨励してる、とかいうと、「その書籍は信頼出来ない」とか言うんだろうな。

物理的特性を考えた場合に、確実になるだろう方法提唱してるだけだろ、そういう手合いは。で、そういう人は多分二派いて、「多分ぼくのかんがえたじさつほうほうなら、ほぼ確実に自殺出来る」っていう人と、「首吊り自殺検討している人に、わざと失敗する自殺方法を<本当に自殺出来る方法かのように>教えている」がいると思うんだよ。

これこそが、「ぼくのかんがえた自殺方法提唱してる手合い」だろww

理論上「確実に自殺出来る方法」を提供した人は評価を得られないからいづれ情報の海に流されていって、よかれ悪かれ評価される「実際は出来ない自殺方法」の方が市場に溢れるわけだよ。

あのさー。ネット上にある自殺サイトや、自殺関連の書籍書いてる人が、それだけで飯食ってると思ってんの?それこそ、頭がお花畑だよ。

他にいくつも仕事抱えたライターが、てきとーに調べて書いてるに決まってるじゃない。ネット上のサイトの多くは、完全自殺マニュアルからの引き写しだよ。

確実に自殺できる方法提供たかどうかなんかで、記事の評価なんて上がらないよ。

大体、ネット上の検索について云々言うなら、あんた、Google検索アルゴリズム知ってるの?あれ、沢山クリックした人が多い方が上に来るように計算で決めてるんだよ?

人手の調整殆ど入ってないよ?自殺できる方法を探している人が、「実際は(自殺)出来なさそう」と思ったものクリックしてるっての?全く矛盾してるじゃない。

あんたは、「ネット情報は信頼出来ない!」が、いつの間にか「ネットで多数派の情報は嘘なはずだ!」になって、「ネットで少数派の意見が正しいはず!」になっちゃってるだけ。

ネット情報があるかどうかに振り回されてる。ネットにあるかどうかだけじゃ、情報の信頼性は分からないよ。ちゃんと、情報の内容が筋立ってるかどうか、自分の頭で判断しろよ。

ともかく、「楽に自殺する方法」はあるのかもしれないけど、少なからず<俺の考える範囲では>首吊りより飛び降りの方が楽だ。

から、「楽」=ハードルの高さ=手間の少なさ、に関しては、飛び降り場所の見当が付くなら、飛び降りの方が楽かもしれないって、俺も認めてんだろうがww

手間の少なさと確実さの違いも分からんのか。頭悪いな。手間は少ないかもしれないけど、確実さに関しては首吊りの方が上だってネット上のサイト完全自殺マニュアルには書いてあるよって言ってんの。

実際、牢屋の中で看守の眼を盗んで首吊り自殺したっていうケースが沢山あるから、確実なのは確かだと判断できる。一例知りたかったら、「ロス事件 自殺」とかで検索しな。

死ぬんなら痛みはどうだってよくね。説得材料にすらならんだろ。

じゃ、お前、爪剥がれて手足切り落とされて目をくりぬかれてから死んでも、「死ぬんなら痛みはどうだってよい」んだから、文句言うなよ。

それ否定しちゃったら、「一思いに殺せ」みたいなセリフが全く理解できない人間ですって公表してるようなもんじゃいかww

http://anond.hatelabo.jp/20120714155329

少しは矛盾に気づけw

「確実に首吊り自殺をする方法」を知ってる人が首吊り自殺経験者なわけなかろうが。

物理的特性を考えた場合に、確実になるだろう方法提唱してるだけだろ、そういう手合いは。で、そういう人は多分二派いて、「多分ぼくのかんがえたじさつほうほうなら、ほぼ確実に自殺出来る」っていう人と、「首吊り自殺検討している人に、わざと失敗する自殺方法を<本当に自殺出来る方法かのように>教えている」がいると思うんだよ。

理論上「確実に自殺出来る方法」を提供した人は評価を得られないからいづれ情報の海に流されていって、よかれ悪かれ評価される「実際は出来ない自殺方法」の方が市場に溢れるわけだよ。

よって、基本ネット上にあるような自殺方法案内サイトは良くて玉石混淆。人気のあるサイトほど嘘と捉えるのがベターじゃねえの。

ともかく、「楽に自殺する方法」はあるのかもしれないけど、少なからず<俺の考える範囲では>首吊りより飛び降りの方が楽だ。

死ぬんなら痛みはどうだってよくね。説得材料にすらならんだろ。

2010-11-07

http://anond.hatelabo.jp/20101107223856

>「臭い」→皮膚科に行って医師看護婦に診断してもらったが事実無根の中傷

「臭くなくても」「あの人臭い」と言って数人が相槌打てば集団の中で「臭い」というレッテル

を貼られてどんな暴言を吐かれようが「あなたの為に言っている(ニヤ二ヤ顔)」でお咎めなし。

「脇の手術したら~」「臭くて近づきたくない」「風呂入ってる?」

風呂でちゃんと磨いてる?」←非難されずに身だしなみの指導という建前でいびる常套手段

「臭い」といじめられて首吊り自殺した小学生の例を挙げるまでも無くそういうこと。

>昔いじめられていた事をカミングアウトして

してない。同じ職場にいた同窓生から話を聞いたらしい。

2010-08-25

[2010.8.24]

部落在日前科者といった人たちばかりが生活保護を受けられて、気弱な人は門前払いされて餓死したり熱中症死したりするのはおかしいから、生活保護者収容施設を作って一括管理するべき?

http://hiro.asks.jp/73011.html

昔、人足寄せ場というモノがあった。自己破産者や逃散農民といった無宿者を、犯罪者として懲罰するのはやりすぎだが、野放しにするのも迷惑という事で、そういった軽犯罪者を収容して、職業訓練を施して社会復帰させるという、更生施設として運用されていた。この寄せ場送りになった者は、寄せ場から解放されるまで、非人という身分になった。

生活保護者収容施設というのは、ようするに、寄せ場を復活させようという話なのであろう。しかし、まともな人だけが寄せ場に送られるのであれば良いのだが、人間には、いろいろな人が居る。シャブ中賭博狂、異常性愛者や暴力的性向、酒乱、虚言癖、盗癖等、まともに社会生活を送れないし、更生する見込みも無いという人が、一定の割合で発生すると言っても良い。

そういう人が寄せ場に溜まると、風紀や治安が乱れ、管理責任をまっとう出来なくなる。刑務所と違って、懲罰や経済行為の禁止は出来ないだろうし、同性愛者が紛れ込んでエイズ蔓延したりしたら、更生させようとしているのか病死させようとしているのか、わからなくなってしまう。

管理責任をわざわざ背負い込むような施設を作るという考え方は、間違っているという事である。

この日記では、失業保険生活保護といった社会保障も、納税預金口座のような、入金はできるが、政府機関が発行した払い出し書が無いと引き出せない口座を利用した積み立て制度にする事を提案している(cf.[2008.12.4])。

この制度において、赤字が発生した時に、その増大を、どのように食い止めるかという問題がある。口座の残高が赤字で本人が病気になった時に、将来赤字を補填してくれる子孫や血縁者が居ない場合には、赤字の額が残りの労働可能期間と平均賃金から算出される納付可能額よりも低い場合には通常治療、大きい場合平均余命以上であれば、緩和ケアのみになるというルールを強制すると、長生きしたければ家族親族を作って大事にしろ、一族から赤字を発生させるような人を発生させないように、親族全員で努力しろ、本人に更生の見込みが無いならば、緩和ケアのみにしてくれと意思表示を取りまとめろという話になるわけで、起業する意義や、雇用を作り出す必然性が発生するようになるし、更生の見込みの無い人を選んで病死に追い込む判断は、本人が属する一族が行う事になるので、責任問題は発生しないという事になる。もちろん、本人が生前に作った赤字を一族が分担して負担しない場合には、税金赤字を補填する為に、意思の取りまとめをした文章と一緒に公開という事になる。赤字の回収も可能となるであろう。

行政指導の権限を強化するばかりで起業する人に嫌がらせをしているような規制を止めて、大企業優先の知的財産権や懲罰的損害賠償といった制度を改めるだけでは、人民の行動は変わらない。変えるならば、家制度破壊して核家族から個人にまで分解を進めてきた家や家族といった概念に実質を持たせる改革も行わなければならない。生活保護受給者が増加し続けている事や、非実在高齢者年金不正受給が発覚したり、育児拒否で餓死学校に丸投げしていじめに気がつかず8歳児が首吊り自殺してから大騒ぎ等という事も、特殊例ではなく、制度の欠陥が表面化してきていると考えるべき問題なのである。

http://www11.ocn.ne.jp/~ques/diary/diary.html

2010-07-05

統合失調症というウイルス

統合失調症というウイルスに気づかず感染している人はどれだけいるだろう。

まぁ、どちらにしても統合失調症というのは自分では気づきようのない病であるのだ。

例え精神科医であっても。

現代の統合失調症は、パソコンウイルスにとてもよく似ている。

統合失調症になるとスパイウェアに侵されたように思考を抜き取られ、感覚改ざんされるように異常が起こる。

勿論統合失調症であるから原因は不明だ。

患者にとっては、人間用のウイルス対策ソフトが出来た時にはじめて本当の意味で解決したと言えるのだろう。

「何かに気付いてしまった人」や「何かを知ってしまった人」「誰かにとって不都合な人」「運の悪い人」が諸事情によって統合失調症になったり奇天烈に見える自殺をしたり(全身をロープと粘着テープで縛ってビル屋上の鉄柵を飛び越えたり、携帯電話の充電ケーブルで首を吊ったり、統合失調症患者には頭を銃で撃ち抜かれたように見える首吊り自殺をしたりなど)失踪して戻ってこないのは古来より何時の時代も変わらない。

精神科敬遠されがちでいつまでも古いルールに縛られている様に見えるのも、こんな日常の闇のごく近くにある場所であるからなのだ。

医師自殺率は一般に比べて男性で3倍女性で6倍、精神科医のそれは医師全体の2倍であるらしい。

何をかいわんやである。

精神科医は基本的に建前しか語ることはない。

だがそれはどんな職であっても多かれ少なかれあることだろう。

つまり彼らはそういう専門職でもあるのだが、自殺をしてしまうであろう人を生かすという点に於いては打率はとても低い。

運命論的になるが、自殺する人は基本的に何をしても自殺してしまうのだ。

閑話休題。話が逸れた。

つまりは統合失調症というのはややこしい病であるのだ。

病気になることで生きることを許される人もいるし、病気というワンクッションを置いてから自殺する人もいる(精神科医が実力を発揮できるとすればここだろう。自殺を少しでも遅らせ、生きている間のQOLを高められれば、統合失調症が得意な医師といえるかもしれない)。

知ってしまった情報が世に出てもいい情報となった時に寛解する人もいる。

勿論、本当の意味での統合失調症患者である人もいるだろうが、そのような人でも更に重ねて別の統合失調症である場合もあるのである。

勘違いしている人もいるようだが、インターネット現実の一部でしかなく、統合失調症はあちらこちらに潜んでいる。

つまり、神隠しや魔女狩りといった類の事は、インターネット上でも起こっている。

統合失調症というウイルスは、時代と共に変化し、宿主たちや科学技術等の研究によって進化し、脈々と生き続けているのである。

ところで統合失調症の発症率は大体0.8%と言われるが、その根拠を知りたいと思う。

現代は統合失調症と言われる範囲が拡大しているらしいが、割合が増えることはないのか?

統合失調症と言われていたが別の病気と分かった事もあったらしいが、一体いつのデータなのか?

よく語られる数字ではあるのだが、その引用元を私はついぞ聞いたことがないのだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん