「ろくでなし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ろくでなしとは

2017-03-23

ウィークリーマンションで夢の同棲生活かと思ったら何もかも踏みにじられた話

最初は私の片想いだった。SNSで知り合って、LINEも交換して、個人的な話をしていくうちに共通点がたくさんあって、話せば話すほど惹かれていった。

私があなたを好きだって言ったら「会ったこともない相手と付き合えるの? 俺は付き合えない。でも相手はしてあげる」みたいな、そんな返事。

それから毎日ひっきりなしにLINEしてくれて、毎日寝る時は通話してくれて。私の声が好きだって言ってくれて、通話しようって誘うのは私の方からだけではなかった。「会いたいね」とか「仲良くしようね」なんて言い合ってた。

から、一週間の同棲の話を私に持ちかけてくれたのはすごく嬉しかった。私のことを特別だって言ってくれたし、とうとう彼も私を好きになってくれた、そう思った。

彼がTwitter取り巻きの女と性的なやり取りをしているのが嫉妬の種だった私にとって、共通フォロワーにそのことを隠しているのが嬉しかった。

私が嫉妬やすい女なのは彼に伝えてるし、彼も嫉妬やすタイプだって言ってた。「嫉妬されて嬉しいなら好きなだけ嫉妬するし、付き合ってもいない私を気遣うことなんてないから好きにしていいよ」とも言った。

あとで「実は○○さん(共通の友人)に話しちゃった」って言われたり、最後の日には「お前ら、俺が東京にいるぞ」って出会い厨してるのを見た時は唖然とするしかなかったけど。

嫉妬やすい者同士、少しは私の気持ちを分かってくれてるって思ってたのにな。

同棲の始まる日をすごく楽しみにしていたし、お互いに「楽しみだね。でも大丈夫かな」「私たちならきっと大丈夫だよ」って言い合ってた。

家にいる時間は私の方が長かったし、家事基本的に私の仕事だった。

今か今かと彼が帰ってくるのを待ち続けて。帰ってきたらまた会えるのが嬉しくて笑顔で「おかえり」って抱きしめ合って。

でも、途中からは「ただいま」って笑ってくれなくなった。

帰ってきてから時間は私を無視してノートパソコンモニタばっか見てるし、同じベッドに入っても私に画面が見えないようにスマホにかじりついてLINEしてて。

次の日、あなたが家を出てから私がどれだけ苦悩したか分かる? あなたが不機嫌になった理由が分からなくて、何も手につかなくて、気付いたら泣いてて。またいつ不機嫌になるのか分からないのが怖くて。もしかしたら今晩は帰ってこないんじゃないかって。それでも笑顔で接してたんだよ。

万が一だったとしても、同棲生活の末に結ばれることがあるのかもしれない。同棲相手に選んでくれたんだから可能性はある。そう思ってた。

最後の日は、上に書いた通り私がギャン泣きしてあっさりフられて。「最後に良い夢を見させて」ってセックスして。帰り道、改札まで一緒に行く道中のエレベーターとか車内でキスされたり手を繋がれたりして。

そんなことされたら諦めつかないよ。やめてよ。

でも、こうやって別れを惜しんでくれているならこれから先も接してくれるのかな、なんて思ってた。



一週間の同棲生活が終わったら、どうやら私の存在は彼の脳内から綺麗さっぱりいなくなってしまったらしい。

ひたすら無視。せめて既読がつくだけ。

最初は「私をフったから気まずいのかな」なんて思ってた。でも、数日経っても返事は何もなくて。

スマホの通知が鳴るたびに、ようやく来たか。嬉しい。画面を見る。違う。がっかり。胸が締め付けられる。そんなことばかり繰り返してた。

帰り道、必死あなたを諦めようとしてる私に対してキスしてきたり手を繋いできたり、もしかしたらちょっとでも私に情とか望みがあるのかと思ったよ。まさか会話すらされなくなるなんて思わなかった。弄ばれてただけなんだね。

わざわざマンションを借りて同棲する相手に私を選んでくれたこと、すごく嬉しかった。でもそれは、家賃も半分払ってくれて、甘やかしてくれて、股も開いてくれるヒマな女が、たまたましかいなかっただけだったんだよね。私は必死に頭を下げてお休み取ったんだよ。

結局、私のLINEリプライも全部無視して、私もフォローしたままのTwitterで「相手感情に流されるセックスばっかりしてたことを後悔してる」とか被害者ぶって。お前ノリノリで腰振ってただろ。

これは消されたかうろ覚えだけど「『セックス相手内面を知るための行為であって、それに特別感情を持たれたら困るんだよね』って飲み会で話し込んじゃった笑 みんなに引かれたかも笑」とか。うん、最高に気持ち悪いよ。お花畑勘違いしててごめんなさいね、本当に。

このあたりで何もかもが虚しくなって、LINEで「今までごめんね、さよなら」みたいなことを綴った文章を送ったと思う。当然それにも返事はなく、既読がついただけ。

いつも気持ち悪いツイートを全消ししてからフォローを増やしてるけど、いつかあなたは私に「自分をよく見せようとしてもいつかボロが出るからやめようね」って言ったよね。投げたブーメランが返ってきてる自覚はあるのかな? まあ、あん関係ないけど。

「私のツイートなんて全然見てないんだろうな」ってちょっと煽ってみたら速攻で私をブロックして鍵垢に。なんなんだよ。いっそのこともっと早くブロックするかミュートにでもしておけよ。期待させんなよ。

あなたが鍵垢にしたあと「人間って本当にめんどくさい」とか「言いたいことを言えないツイッターって……」とかツイートしてるの、別垢からちゃんと見てるよ。

Twitter取り巻きの女にチヤホヤされ続ける良い子であり続けるには「冴えないオタク女と同棲してセックスしまくってたの本当に無理」とかとても言えないもんね。一人で苦しむといいよ。

相手感情に負をもたらすなら死にたい」なんてこともツイートしてるけど、問題解決することに全く目を向けようとしない人間が偉そうに私に講釈垂れてたと思うと笑っちゃうね。「苦しんでる俺」を取り巻きに見せてチヤホヤされたいんだよね。

別垢を動かすのは盗み見してるようで嫌だったけど、自分のことを棚に上げて被害者アピールし続けてるのを見たら罪悪感なんてどっか行っちゃった。

私を褒めてくれたこと、泣いてる私を慰めてくれたこと、楽しかったって言ってくれたこと、全部本当の気持ちでしたか? 私にはもう信じられません。

あ、最後の日に偉そうに講釈垂れてくれたお返しに私もいくつか言っておくね。

いくら私があなたにとってどうでもいい女だからって、人前でかゆいとこボリボリ掻くのやめようね。不潔としか思えないよ。

あと、通話元カノセックスがどうだの今までのマンコがどうだの延々と自慢してたよね。嫉妬やすい私からしたら聞いてて本当につらかったし、そうじゃない人からしても気持ち悪いと思うよ。

過去マンコ自慢をされて私が機嫌を損ねた時、あなたは私の話を全く聞こうとせず、ひたすら無視しようとしたよね。しかも、Twitter取り巻きと絡むさまを私に見せつけながら。その時に少しでもこういう未来が待ってるって気付ければよかったな。

セックスは知り合いとするものじゃなくて知らない相手とするものだと思ってる」なんて言ってたけど、あなたの生い立ちが特殊なことを鑑みてもやっぱり異常だよ。歪んでる。

でも、そういう他の人なら受け付けられないようなところでも、私なら変えることができるかもしれないし、私なら受け入れられるよ、だから愛して、って思ってた。

もっと世界を広げた方がいいよ」って言ってくれたことだけは感謝してる。

相手気持ちをとことん踏みにじって、自分の性欲と好奇心承認欲求を満たすことしか考えてないあなたみたいな人の相手なんてもう二度としたくないし。独りよがりオナニーみたいな人生だね。

相談に乗ってくれた人があなたのことをたくさん罵ってくれたから私もようやくあなたろくでなしだって気付けたよ。

断片的にしか伝えてないから「いいところを知ってるのは私だけなんだな」って思うとちょっと複雑だけど。相談するって大事だね。

いい経験させてもらったよ、どうもありがとう



追記

「囲われはしたいし女オタクメンヘラ女も好きだけど、ガチ恋愛感情持たれても絶対辛辣に扱うからお互い(都合の)いい関係を築こうな」ってツイートしてるの見て追記を我慢できなくなった。

あの、それ直接言ってくれませんか?

取り巻きに何アピっちゃってんの?

同棲生活の後半、急に仕事先とか将来の話とか真面目な話を避けるようになったから聞いたら「秘密」って言われたけど、一方的無視して縁を切る予定があったから話す必要ないってことだったのかな。

私を同棲相手に選んだ理由「秘密」って同じ言葉で返してたけど、今こうやってこっぴどくフって悦に入るためだったのかな?

好きでいてくれるなら、最後に私のところに帰ってきてくれるなら都合のいい奴扱いでもいいって思ってた。

もしこの同棲生活円満に終わっても、好きだって思ってもらえない、受け入れてくれない、って薄々感じてた。

でも、流石にこの仕打ちはひどすぎるよ。

から、せめてものお返しに洗いざらい書いておくことにしたの。あなた取り巻きが少しでも減って、あなたが少しでも顧みてくれたらと思って。

取り巻きがずっとチヤホヤしてくれるといいね。かわいそうな人。

2017-03-10

家族の中で私だけが異質らしい

「俺がお前の普通に会話が出来るのは、俺がお前に気を使って会話の内容を選んでるからだ」


ついさっき父親に笑って言われた言葉だ。

家族構成は父母私弟の四人。十年以上前離婚して私は母親に引き取られた。

お金問題があったので両親は離婚しているだけで会っていたし、諸事情離婚後に年単位で同じ家に住んでいたこともある。


父は切れやすく、母はその愚痴を私に話す。弟は、特に何もしてなかった気がする。

自立する前は両親の間にはいって仲裁をするのはいつも私の役目だった。


好き勝手やってきた自覚はある。

その代表高校を辞めたことだ。国から奨学金高校に行ってた。払うのは卒業後の私だ。

単純に借金をしてまで行く意味を見出せなかった。

田舎なので私立は滑り止めで受けてた。行きたかった市立高校には少しだけ偏差値が足りなかった。

じゃあ一つランクを下げようとしたら当事の担任から「お前の学力だったら受かるけど、ここを受験しろとは勧めらない。そういう校風だぞ」と止められた。ものすごくお世話になった担任だった。今でも恩師だと思っている。そんな人が止める学校を受けようと思えなかった。

結局ランクをもう一つさげた。すると運の悪いことに偏差値もガクンと下がった。

私は少し足りないだけなら挑戦したかったけれど、母親に「私立に行くお金は無い」といわれ結果として行きたくもない高校に行くことになった。

そのこともあいまって結局辞めてしまったのだと思う。私自身ここは後悔していない。

両親の猛反対を押し切って高校をやめたとき約束を一つした。専門か短大が四年大、どれになるかはわからないけど、高認取って進学するよ。

最終学歴ちゃんと塗り替えるよ、と。

数年掛かったけどフリーターをしながらなんとか無事高認を取ったとき、弟が大学受験だった。

母親に言われた言葉は「弟が受験から一緒に進学しないで」当事の私はもっともだと思った。

別に普通から逸脱してしまったのだから一年ぐらい遅れてもいいや、と思った。「別にいいよ。私のまだ進路決めれてないし」と。


弟が受験を失敗した。滑り止めも受けていなかった。それはまぁ、仕方が無いことだとも思う。

来年チャレンジするよ、という弟。母親には「次は待たないからね」とだけ言った。

後に弟が「ほんとは大学受かる気なんてしなかったんだよね。受験の頃から専門学校行きたくてさぁ」と言い出したことに殺意を覚えたけれど、それは今回は流す。


犯罪心理学勉強がしたかった私は家から通えそうな大学を調べ、受けたいところを一つ見つけた。

ここなら一人暮らししなくても実家からなんとか通えるだろう。家のこともできるし、なんとかなる。

偏差値は高く、しか予備校に行くお金も無い私はとにかく友人知人に教科書参考書を貰ったり、勉強を教えてもらったりしてた。

当事は大学キャンパスの中でバイトをしていたので大学生の知り合いに訪ねたりもしてた。

しかバイトから帰宅してみると母親電話越しに声を派って喧嘩している金切り声が聞こえてきた。相手は大体父親だ。

電話が終わった母親に呼び出されて言われた言葉は「うちは解散するので貴方たち二年後には自立してください」

当事は百年に一度といわれる不景気真っ只中。ことが順当に運べば二年後は私が大学二年の秋になる。

三年生から就職活動が始まるのに、そんな中で追い出されるなんて溜まったものじゃない。

「私四年大行きたいって言ったよね」と喉まででかかった言葉は「お母さんもうお母さんやめたい」と泣きながら溢した母には言えなかった。


結局私も弟も二年で終わる専門学校に行った。犯罪心理学が学べる専門学校は無く、まったく別に進路を選ぶことになった。

自分で決めた学校なので後悔はしていないが、母のあの言葉が無ければどうなってたのかな、と思う。

母を解放してあげなければならないのだ、と思ったあの頃の私に一言伝えるなら「お前が背負う必要はどこにもなかったよ」とだけ伝えたい。

なぜなら二年以上たち弟が正社員として働いているにも関わらず、家をでたのは私だけだったからだ。


専門学校の進学と同時に父親に頭を下げて家を出た私は、今も一人暮らしを続けている。

二年後の卒業との時「私はあなた言葉に従って家をでたけれど、弟はどうするの?ちゃんと解散するんだよね?」と母に聞けば「弟ちゃんはまだ仕事が決まっていないから」

弟の就職が決まったときに「就職決まって何ヶ月だったの?家は解散しないってことかな?引越ししないの?」と聞けば「引越しはするよ!あんたも早く残してた荷物取りに来てよ」

弟を言い訳にし、次は飼っていた犬を言い訳にし、最終的に母が私に言った台詞は「お母さんはでていけなんて言ってない。あんたが勝手に出て行ったんでしょ」だった。

一人暮らしをして、知ったのは自分母親洗脳されていたことだった。

上京した友人は「いやーインフルかかったって親に電話したら次の日にはおかゆとポカリ黒猫で届きましたね」と言った。

別の友人は「奨学金は私の名前で借りてるけど、親が払ってくれてるよ」と学生生活を楽しんでいた。

年末年始に犬の顔を見に帰った私が母親に言われた言葉は「あんたが帰ってくると金が掛かる」だった。服なんて強請ってない。化粧品だってだってない。そんなもの買う余裕があるならご飯が食べたかった。食費を世話になって言われる言葉がこれなのかと思った。

スナックコンビニバイトしながらなんとか生活をやりくりして二年頑張った。付き合いが悪いといわれてもクラス飲み会に参加する余裕が無くとも、なんとか卒業目標に頑張った。

無事に卒業し、一人で生活を回していたけれど、体調を崩しどうにもならなくなった。

母に戻りたいんだけど、と伝えれば今までの喧嘩はどこへやら「戻っておいでよ」と言ってくれた。

泣きながら話し合った。

私は「弟にも許可取らなくてどうするの。貴方一人で決めても安心して戻れないよ。弟と相談しなくていいの」といえば「弟がなんと言ってもあなたが戻ってくればいい」と言ってくれた。

洗脳されてたなんて錯覚だったのかもしれない、私がひねくれてただけなのかもしれない、と思った。


後日母親に伝えられた内容は「弟ちゃんが貴方に戻ってこないで言ってるからうちにはこないで」だった。


泣きながらの話し合いはなんだったのかと思った。母が母であることを辞めれるようになんとか自立した私より、寄生している弟の方が優先されるんだな、と思うと情けなくて情けなくて一人で泣き喚いた。


一人暮らしをしてから、何かと私を助けてくれたのは父親だった。

月に一度は連絡をくれ「ご飯は食べれてるのか」「生活はやっていけてるのか」と心配をし、父も母にお金を渡しているので財布は厳しかったと思う。それでも、時には食費を送ってくれ、時には夜行バスの乗車賃を肩代わりしてくれ、何かと自主的に世話をやいてくれた。

「お前は自分から言い出せないだろう」と。

母親から聞かされていた父は「浮気をする」「殴る」「すぐ怒鳴る」「すぐきれる」「女癖が悪い」他にももっとたくさん愚痴を聞かされていた。

そのうちのいくつかは私も目にしているけれど、少なくとも私に手を差し伸べてくれる父は、母よりもずっと親だったように思う。

「毎月やってあげれるわけじゃないけどね」「出来るときだけしかできないけどね」と言いながら、何かしら声をかけてくれたのは父だった。

から自主的電話が合ったことは一度も無かったけれど。


今も現に父には金銭的にとてもお世話になっているので食事に連れて行ってもらうことが多い。

冒頭の台詞今日食事で言われたことだ。

父は「お前が変だから母親も弟もどうしていいかからないんだ」「俺がお前と会話できるのは俺が会話を選んでるからだ」となんの悪気もなく言われてしまった。

から見た私は、私が変だから関係おかしくなったんだ、と思っているんだなと思うと涙が止まらなくなった。


父は知らないのだ。私が本当は大学に行きたかったことも、それを諦めた経緯も。父がいなくなってからずっと、私は常に弟よりも優先順位が低かったことも。私がどんなに頑張っても、何をしても、何もしない弟の方が愛されていたことを。

父は知らないのだ。


からすれば両親や弟の方がずっと変なんだよ。

私の知ってる親は、小学生の子供を残して毎日パチンコには行かないんだよ。

責任を問えば「またそうやってお母さんのせいにして!」と自身発言責任を認めない母親は変なんだよ。

私の影に隠れてなんの責任も背負ってこなかった弟が「言うことを良くきく子」と評価されているのも、私のとってはなんか違うんだよ。

家族の中に優先順位がついてるのってすごく変なんだよ。

でもこれを伝えても「お前が一番じゃないことが気に食わないんだろ」って言われてしまうことも変なんだよ。


つらい。私が変だからおかしいのかと思うとつらい。

これって最初からいなきゃよかったのと同じじゃないか


追記:20170312

まさかこんなにたくさん反応されるとは思っていなくて驚きました。

トラバ(ここでは枝?になるのかな)やブックマークコメントでお言葉を下さった方ありがとうございました。

私とは違った視点意見や、厳しい言葉などはっとさせられるコメントもありました。

また家族以外の言葉意見を目にしたことで少し前向きになれました。ありがとう

上記はあくまで私の視点であり、両親や弟から見れば私はおそらくろくでなしなのだと思います

両親も変だな、と思いますが私もきっと変なのだと思います。変でも別にいいじゃんと思っているか家族の中で浮くのだと思います

悔しくて悲しくてやるせなくて泣きながら書いた誤字脱字誤変換(今見返してみると本当に酷いですね。笑)まみれの吐き捨てでしたが、色々な意見をいただけて吐き捨ててよかったと思いました。

病気が治ったら(鬱等のメンタルヘルス系ではないです)バリバリ働いて家族とは少し距離を取ろうと思います。犬ももう死んでしまったしね。

なんというか、何回言うんだよって感じなんですけど、厳しいのも優しいのも、同調するのも、全部コメントありがとう。色々と救われました。

根性だして頑張ります

2017-02-10

優等生から鬱病になってクズになった僕の人生

死にたい ひたすらに死にたい

誰もこんな僕を知らないんだろ

僕が話すことや行動だけ見て僕が死にたがってるだなんてなんにも知らない家族他人 うざいんだよ 死ね 死んで見せつけてやろうか でも死ねないんだよ 死ね


今の僕を見てクズしか見えてないクズども死ね

僕が元学年トップだった過去なんて誰も知らないんだろ 死ねからもただのバカで低脳クズ扱い 死ね

今見てろクズ共 見返してやる なんて思ってなんにも出来なかった もう何も戻れないんだよ 死ね


鬱病になって中学1年二学期から不登校になった

それまで学校休んだことは無かった 部活も周りがサボる中絶対にサボらなかった

宿題も泣きながらやってた

テスト勉強ちょっとするだけで高得点が取れた

塾ではベスト5に入るようになった

自分が賢かったことに気付いた 友達も多かった

中学に上がって平然と30点を取ってる人が信じれなかった

逆にどうしたらそんな点数が取れるのかと疑問に思ってた

小学生からその時までずっと優等生だった 逆の気持ちなんてなんにもしらなかった


そこで僕は不登校になった

久しぶりにテストを受けた 何にもわからなくて初めて0点を取った

初めてこっち側気持ちがわかった

普通の人というのは普通にしてるだけで普通に点が取れることがわかった

でも1度でも落ちぶれる普通の人なんかよりも絶大なエネルギーがないと普通になんか戻れないんだよ

から普通の人は普通じゃない人の気持ちはわからない 普通じゃない人は普通になりたくても中々なり得ない

とりあえず死ね


そこから人生は180度変わった

親に毎日のように怒られ、びくびくするようになった

だって学校行けない自分絶望してたんだよ そして行きたかった 行けない自分を殺したいくらい行きたかった 自殺未遂なんか何回もした それでも行けなかった

そんな僕のことなんかなんにもしらず親は殴ってきた

無理矢理中学に連れていかれたことも何度もあった そんなことが起こる度に学校が怖い場所になりいつのまにか同じ年くらいの人間の声がするだけで心臓バクバクするようになった


そして僕の鬱病悪化していった

お前らのせいだよ 死ね 死ね


中学3年間家に引き篭もって2ちゃんねるゲームに浸る日々だけですごした

勉強なんかできなかった

それでも学校に行けない自分が嫌いで、普通の人のような人生を送ってないような自分が嫌いで、不登校になるかもしれない覚悟で少し遠いDQN高校入学した


そこには同じようなクズ達がたくさんいた 最初こそ同年代人間がいるだけで恐怖でしかなかったけど慣れていった

ヤンキーは怖かったけど実際悪い事言われたことはなく良い奴らだった

途中2週間ほど学校に休むこともあったけど必至にノートを写し、宿題完璧にし、流されない自分を作ろうと頑張ってた 休んでても特に何も言ってこない奴らで良かったと思った


それでも傷つきやすく、極度の不安に陥り、負の連鎖が止まらなくなることが本当によくあった

僕にとって一番苦しい時間だった


だが段々と僕はその負の連鎖に陥りそうになった時に結論を求めるようになった

そうするとただ1つ「考えても仕方が無い」という結論に毎回なることに気付いた


これは本当に自分を変えた思考方法だと思う なにか不安になった時、考える間もなく結論を出すようにした そうすると本当に楽になった それから段々鬱のような症状は無くなっていった

自分が傷つかない様に変われた瞬間だった

いつしか僕は不安にならなくなった

緊張感が無くなった

怒られることに恐れなくなった

自分がしてる行動に責任を感じなくなった

僕は高一の時は先生に真面目に思われてた

遅刻はしないし授業は真面目にノートを取ってテスト勉強もかかさずしていた

でもそれは自分が失敗して傷つきたくないからだった

高2高3になるに連れて僕は失敗しても傷つかない自分を手に入れていた

そうなることで僕は毎日のように学校遅刻するようになり授業中はほぼ寝るようになった

卒業できればいいと思いテスト勉強は最低限だけし、ノートに限っては1度もペンを握らなくなった

そんな今更戻れないクズが出来上がった

どれだけ怒られてもその場限りはいと言って何も実行できなかった

責任感が圧倒的に欠如した

人間不安や緊張は物事を頑張るためにある機能なんだと知った


理想だけを胸にこんなDQN学校じゃなくて真面目な自分友達でまた自分をやり直したいと思って大学進学を夢見た

でも僕は勉強を実行することが出来なかった

それどころか頑張ることが何も出来なくなっていた

頑張ることが出来ない人間 この世界で一番醜くて認められない、更にその上理想まで夢見てる アホがクズろくでなしが出来上がった


僕は浪人した 自分は家で勉強たかったのに父親がうるさく予備校にいけと行って無理矢理行かされた

僕はその学校不登校になった

そんなあからさまに酷いことをしてるのに何一つ責任を感じれなかった 焦れなかった 何円かかってるかわからないのにそれでも僕は責任感が欠如していた

僕は二浪した 自習室に行って勉強するようになった そこでも22時までの制限があるのに夕方20からしか行けなかった

だらだら怠惰でいつのまにか夜になっていた

10月になり初めて念願の自分の部屋を姉から譲り受けた 今まで僕は自分の部屋が無いから僕は勉強ができないと親に主張していた だからこんなにクズなんだと、自分の殻にこもれないか精神おかしくなったんだと 自分でそう思っていた

でも自分の部屋があっても勉強できねぇじゃねえかよ 死ね

自習室でやってたより勉強時間が減った

そんなこんなで今日Fラン大学を受けてクソみたいなやり込んだ問題も解けなくて衝動的にこの文章を書いた


鬱病になったらもう終わりじゃん

治ってもクズしかならないってなんなの?

俺に与えてくれたお金経験知識全てが0になった中学時代 いつまで背負えばいいんだよ

死ぬまでこんな思いしないといけないのかよ 死ね

俺に誰も期待すんなよ 絶望すんなよ でも馬鹿にすんなよ 全員死ね 俺なんかなんにも出来ないんだよ 頑張ることが出来ないんだから 死ね

どうしたら緊張感を出せる?不安感を出せる?焦らせれる? 責任感を復活させれる? ググっても逆の答えしか書いてねえじゃねえかよ 死ね

おまけにコミュ障どもり症バイトもできない バカにされるのも嫌だ 逆転人生狙おうとしたけど無理だった ニートも嫌だ 就職も嫌だ 専門学校も行こうとは思わない

ここで大学に行けなかったら一生普通人間に戻れなかった自分に後悔して死ぬんだ

もうどうすればいいの? 生きても地獄 頑張るしかないなんてわかってる って思いながら2年間を過ごした もうこの先は猶予がないだろ

鬱病死ね不登校死ね

なんで俺みたいな輝かしい人生を歩むつもりだった奴がこんなに馬鹿にされなきゃいけないんだよ 神様イエス様キリスト教信仰してずっと幼い頃教会に通っててずっとずっと純粋に信じてた

なにが信じるものは救われる? 信じても殺人事件で殺される様なもんだよ 取り返しのつかない不幸はどんな人間にも訪れてしまう なんで俺なんだよ 俺のせいで家族は不幸になるし俺はクズで何1つ責任果たせないし

死ね

死ね

殴り書きで初投稿 こんなクソ文誰も読まないかもしれんけど匿名から勘弁してくれ

俺は外面は死ねという言葉なんか一つも言わない善良気取りで周りからは優しくていい子だと思われてるよ

そのうちクズなことがバレてすぐ絶望されるけどな

死ね

2017-01-28

ルールを破るのはろくでなしがすること

でも正当な手順で変えるならOK

 

正当な手順がなければ変えちゃいかんのか?

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170109225122

派手な紋付き袴を着てる集団ろくでなし象徴のように取り上げているけど、

実際はああいう連中がスクールカースト上位だったんだと思う。友達も多いし。

いわゆるマイルドヤンキーってやつで、壇上に上がって暴れるガチヤンキーとは別の集団だと思う。

2017-01-08

はてなじゃ口を開けば「自己肯定感を養え」ばかりだが

能力品性もない人間無駄自己肯定感(とろくでなし同士での相互承認)だけ持ち合わせた結果

ズブズブとネットの片隅で腐り果てていく実例はてサという形で目にしてるはずなんだが

それでもなお自己肯定感を養うのが第一なのか?

2017-01-01

夫が憎い

独身でいたかった。

人と関わりたくなかった。

人付き合いがつらい。

生きることの全てがめんどくさい。

人としてろくでもない自分だと思う。

早く死ねたら本望だ。

しか自殺して負の影響を撒き散らすのもためらわれた。

寿命くるまではとりあえず生きてたほうが無難そうなので生きてきた。

そんな私に、色々あって彼氏ができて、色々あって妊娠してしまい、色々あったけど結局はデキ婚をした。

交際を始めた当初は、変われるかもっていう希望があったのだ。

でもやっぱだめだった。

人として、とても全うには生きていけそうにないくらい、私はダメなやつだった。

から交際をやめたいと伝えた。

結婚をしたくないことも伝えた。

妊娠したときだって中絶を申し出た。

しかし彼は別れてくれなかった。

中絶もさせてくれなかった。

理由は、彼を嫌いになったのではないから、別れる理由にならない、とのこと。

からすれば、好きだからって結婚する理由にはならないと思うが。

なぜ断りきれないのか。

気が弱いからだ。

他人ケンカしたことがない。

相手に強く出られると、結局相手に合わせてしまう。

避妊のことだって、はっきり頼めなかったから失敗してしまった。

それを本当に悔やむ。

あの時ピルを知ったいたら…

避妊をしなかった自分ダメ人間だ。

誰にでもいい顔をするクズ人間だ。

中絶を断れないなら死ねばよかったんだと思う。

まれてくる子供がかわいそうでかわいそうで、ただそれだけだった。

毎日がまんの連続だった。

夫の両親との同居。

1日も休めない家事育児

おまけに共働き

結婚以降の私のがまんと努力は、勝手に産み落とされた我が子への懺悔だ。

「生まれてきたくなかった」ろくでなし自分が、どうやったら子供幸せ人間に育てられるのか。

全然からないまま、とにかく私にできる限りの努力はしてきた。

そういう私の気持ちを、夫はどこまで理解してくれているのだろう。


結婚前と同じように、仕事へ行って、帰ってテレビ見て寝るだけ。

休日自分の好きなことしてる。

私が風邪仕事家事を休むと、同居の母ちゃんに任せて自分は出かける。

夫は家事を一切しない。

掃除洗濯料理は全部同居の母ちゃんがしてくれていたから。

なぜだ。他人の私には家事をさせるのに、なぜ自分の息子にはなにもさせないのだ。

もはや夫だけでなく、夫の両親さえ憎い。

結婚するなら独り暮らしして、自分のことくらい自分でできるようになってからしろ」と言ってやってほしかった。

まぁ、今さら夫に家事をやれとまでは言わないが。

せめてもっと普通に家族と過ごせないのかと言ったら、「ずっと家にいるとイライラする、ひとりになりたい」とか言う。

子供と過ごしたくないなら、なんで子供生ませたんだ。

結婚して子供いるから一人前みたいな顔してる夫が憎い。

家事育児は嫁がやるのが当たり前と思ってる夫が憎い。

いつまでも親に頼ってる夫が憎い。

子供になにも教えようとしない夫が憎い。

子供を持つことに、私と同じだけの責任を感じてくれない夫が憎い。

私をこんな生き地獄に引きずり込んだ夫が憎い。

そろそろ子供も大きくなってきた。

結局私のように人生をめんどくさがっている。

しかし私にできることはもうなにもない。

初詣に行ったら、夫の横でこっそりと拝もう。

神様、私を病気事故で死なせてください。

夫が後のことを全て、ひとりでやってくれますように。

子供がなんとか、幸せに生きていけますように。

2016-12-04

[]

或るろくでなしの死を読んだ。短編集なんだけど、タイトル通りの強烈なキャラクターが代わる代わる出てくる小説だった。

全体的に貧者のホラーというか、弱者ホラーというか、社会的に追い詰められた者に降りかかる恐怖を描いた作品集だったと思う。

一話目の或るはぐれ者の死では浮浪者主人公だったし、六話目の或る英雄の死では第一線で活躍していたのに底辺まで転がり落ちてしまった人物が主になった物語がつづられていた。

自動車事故にあった遺族の物語があれば、若いのに将来設計もなく子供を孕んでしまった男女の物語もあった。

全部が全部そうじゃないんだけど、総じて昭和っぽいレトロ空気感でもって不快感をぶん投げてくる感じ素敵だった。環境モラルも整備され切ってない境遇昭和って、よく合うよね。

上で不快感をぶん投げてくるって書いたけど、全部で七つある短編集の全てで違った不快感を味合わせてくれるのも面白かった。。

例えば一話目の浮浪者の話だと貧者の善意健全に見える社会から踏みにじられる不快感が得られたし、二話目はとある人物の生き死にがたくさんに人々の思惑によって弄ばれている不快感がにじみ出ていた。

三話目はどうしようもない屑の話。ただ似通った話は昨今も絶えないので、実情を想像すると怒りがこみ上げてきた。

うって変わって四話目の狂ってしまった母親の話は終わり方が切なかった。鎮魂の儀式は人それぞれだけれど、そうするしかないってのがつらかった。

表題作である或るろくでなしの死は、ちょっぴり毛色が変わってダークヒーローものだった。ヨミさんかっこいいよ。サキかわいいよ。ただし、最後スナップフィルム撮影するシーンは短編集内でも随一の猟奇描写だった。

或る英雄の死は物語構造がちょっぴりメタい気がする。最終話の話はなんで二人で幸せに生き残るハッピーエンドにならんかったんやって思った。ホラー小説なんだし、死こそが救いなんだから仕方がないのかもしれないけど。

まあそんなこんなで雑多な作品が集まっていたので、どれか一つは好みの一編が見つかる作品集になっていたと思う。反面ずしんとくる不快な読後感はあまりなかった。

最後にもう一つ二つ。個人的に帯のセンスがないと思った。作者二人のコメント作品に水を差している気がする。ちょっとひどい。

そして解説もどき。あれいる? 自分語りブログででもやっててほしいと思った。イラストちょっとしたコメントだけ残してくれたらよかったのに。途中のポエムがひどい。

2016-12-02

ムラを形成しようとする人間って死ぬべきなんだと思う

最近職場に謎のルールが増えてきた。

ビジネスマナーという名前で呼ばれているがやっている事はただの俺ルールである

そして形作られているのはマナーを守った意識の高い職場ではなくただのムラ社会だ。

仕事の能率と会社空気はゆったりと悪化していっている。

もうウンザリだ。

何故この世界にはムラを形成したがるろくでなしがいるのだろうか。

自分が何も持っていない事をムラのルールを知っている事をステータスにして補いたいのだろうか。

働き者の無能は手に負えないとはまさにこの事だ。

諦めてただの無能になってくれ。

新入りをいびって悦に浸ってエゴを満足させてもいつか自分に返ってくるだけだ。

魔女狩りの末路はいだって共食いによる破滅だ。

そんなことも分からないのか?いや分からないだろうなだってお前らはそれほどに無能からこそムラの掟というステータスを求めたのだから

2016-09-15

離婚届を置いて家出しようかと思う今日このごろ

夫とその両親と同居しているのだが、夫の両親のことはどうにも好きになれない。

義父はとても短気なのだ

とくに5歳の息子がぐずると、あからさまにイライラして見せる。

困ったことに息子は短気でかんしゃく持ちなのだ

息子がかんしゃくを起こし、それにイラついた義父が叱り飛ばし、それに反応して息子が余計に泣き暴れるという悪循環

今日も息子がゲームをやっていて、うまくできなくてかんしゃくをおこし、機械を叩いたり投げたりしたのだ。

ゲーム自分が取り上げてやめさせたし、かんしゃくを起こしているときに叱っても収まらないので、気持ちが落ち着いてから言い聞かせるようにしている。

かんしゃくが起きたらなるべく義父に聞こえないところへ移動するようにしていたのだが、今日ちょっと間に合わなかった。

ゲーム機を片付けて移動の準備してる横から「コラ!」とか「うるさい、さわぐな!」とか大声で叱ってきて、息子は頭をポカンと叩かれた。

自分にできたのは暴れる息子を抱えて別室へ行くことだけだった。

しばらくして息子は落ち着き、なにがダメだったのかちゃんと話を聞いて理解もしている様子だった。

本当は自分が義父に「うるさい、さわぐな!」と言ってやりたかったのだ。

「5歳の子供にがまんを仕込むのなんて、気長にやるしかないだろが!叱って叩いて言うこと聞くならとっくにこっちがやっとるわ!60過ぎてもイライラひとつ我慢できんクソジジイ人格否定されたくないわ、ボケが!」って、言ってやりたかった。

義父はさら自分にこう言った。「もうそゲームやらせるな。しまっとけ。」

まぁ。ゲームなんてやらせ必要はないし、取り上げたら取り上げたになるが。ゲームでもしなければひまでぐずってかんしゃくを起こしたかゲームしてたのだ。

ゲーム取り上げてかんしゃくがなおるもんなら、お前のパチンコも取り上げてやるからイライラすんじゃねーよ」って、もう少しで言ってしまいそうになった。

さらに言えば、仕事休みなはずの夫がこういうときにいないってなんなんだ。

息子のきげんが直って晩ごはんも終わる頃に、なにくわぬ顔でパチンコから帰ってくる夫。

「お前のクソ親の家に嫁と子供同居させといて勝手なことしてんじゃねーよ。パチンコやめたら家ぐらい建てられるだろうが、このマザコンが!」って、もう少しで義母のいる前で言いそうになった。

夫は何だって大切なことを決める時には義母相談する。

もういい大人なんだから自分でなんとかしろよと思うのだが。

自分は夫の家系ADHDを引き継いで来てるんじゃないかと思えてならない。

義父も夫も、すぐカッとなるし、休日になれば朝から晩までパチンコ屋。いくらなんでも日がな1日やり続けるもんなのか?

息子のかんしゃくのひどさも、尋常じゃない。

せめて自分がしっかりしていれば息子を連れて家出したいところなのだが。

自分にはシングルマザーで育てられる器量などない。

結婚したい、子供ほしいと言ったのは夫だ。

自分には無理だと断ったのに、頼み込んできたのはむこうだ。

息子と夫がパチンコばっかやって、なんかあったらすぐカッとなるろくでなしなのを知っていたくせに、結婚も同居もさせてしまった義母のことも半ば許せないでいる。

器量もないのに子供産んだ母と暮らすか、すぐカッとなる父と暮らすか。

いずれにしても息子が不憫でならない。

義父や夫が嫁と孫を不幸にした現実を見て、息子が同じ過ちをおかす気がしてならない。

しかし息子を夫や義父以上にまともな人間に育て上げる自信がないので、自分なんかいない方がいいと思うのだ。

自分がいなくなれば、義母が息子をしっかりと育ててくれるかもしれない。

それだけがわずかな望み。

それも無理なら児童養護施設に入った方がましかもしれない。

2016-07-02

良い子のための増田童話:「かしこエスカルゴとかわいそうなクソ雑魚ナメクジ

 昔々、ある増田かしこエスカルゴとクソ雑魚ナメクジがあった。

 クソ雑魚ナメクジには父親がいて、週あたり10ブクマも稼がない飲んだくれのろくでなしであったが、息子からは愛されていた。

 クソ雑魚ナメクジ父親は、自分が不遇をかこっているのは詐欺師エスカルゴのせいだ、とぼやいていた。


 ある水曜日、クソ雑魚ナメクジ父親場末はてラボサービスで血まみれになって死んでいる。

 物取りの形跡はない。

 息子のクソ雑魚ナメクジ増田委員会捜査を依頼するが、聞き入れられない。

 死体火葬された。

 葬式の日以来、クソ雑魚ナメクジはずっと汚れた喪服をまとい、徒歩であれ、臥輿であれ、かしこエスカルゴの行くところをつけまわした。

 かしこエスカルゴ時事問題についての有益意見記事増田に投下すれば、クソ雑魚ナメクジは本アカで一番乗りの無言ブクマをつける。


 かしこエスカルゴは、影のようにつきまとうこのナメクジに耐えられなくなった。

 まるでサバカリーに追われているようだ。

 彼は村民法廷申し立てる。

 ブクマカたちの前で、かしこエスカルゴはクソ雑魚ナメクジに、どうせならお前のほうでも正式に訴えろと迫る。

 もし疑いがあるのなら、それを運営通報しろと迫る。

 クソ雑魚ナメクジはこう答える。

 ――訴えられるときがきたら訴える。

 そして、クソ雑魚ナメクジは相変わらず愚にもつかない質問記事を乱立させ、慈善家のブクマカたちからブクマをめぐんでもらい、ぼろぼろの服を着て、かしこエスカルゴつけまわした。


 ある日、かしこエスカルゴハンドルを取得してブロガーとしての地位を手に入れようと画策する。

 が、失敗に終わる。

 彼の行くところ必ずそばにいる奇怪で陰気な同伴者を指差す。

 かしこエスカルゴはまたもや村民法廷申し立て、クソ雑魚ナメクジ侮辱で訴える。

 クソ雑魚ナメクジは言う。

 ――汚れた服を着たのは、喪のためだ。質問記事を乱立させたのは、みなの役に立ちたかたからだ。ブクマカたちに訴えなかったのは、恐れのためだ。


 嫌みをさんざん述べ立てながら、クソ雑魚ナメクジかしこエスカルゴを訴えた。

 記事を書くのを邪魔し、喪服を着用するのを禁じ、苦しんでいる人に解決を禁じ、黙っている人に沈黙を禁じたと。「クソ雑魚であることの許可さえ、かしこい人に求めなければならないのか? 野菜毎日350g摂るのにも、その同意がいるのか?」


 かしこエスカルゴは言った。

 ――なぜ、私を追ける?

 ――クソ雑魚のための増田と、かしこもののための増田があるということか?

 ――おまえは喪服を着ている。泣いている。

 ――父が死んだ。破れた服を着ているのは、私の心が破れているからだ。

 ――おまえの父親が死んだと言うときに、なぜ私の記事ブクマをつける? 本文を読んでもいないのに?

 ――あとで読もうと思っているのだ。

 ――なぜ、私を追ける。夕暮れどきの増田ブクマカのように、あるいは互助会のように?

 ――はてなもっとも蔑まれているブロガーですら、ブクマコメント欄を閉鎖したりはしない。私の衣服を訴えるがいい。回答のつかない質問記事を訴えるがいい。この悲しみを訴えるがいい。書くのは勝手だ。ブクマをつけるのも勝手だ。


 その夜、クソ雑魚ナメクジ人知れず運営からバンされ、私たち名前も知らないようなSNSで野垂れ死んだ。

2016-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20160318152541

親類に一人もろくでなしがいない人なんてそうそういないよ。

2016-03-11

妻の不倫で僕が義父に殴られた話

妻が不倫していたよ。結婚から僕と同時並行で付き合っていて、結婚後もちょくちょく会っていたみたいだよ。

共働きから相手が遅くに帰ってきても不思議じゃないし、妻から仕事は激務だって話をよく聞かされていたから、

土曜の朝に朝帰りしてきたとしても、深夜残業してきて終電逃してビジホに泊まったと言われても納得してたよ。

それどころか、遅くに帰ってきた日は夕食とカフェインなしの栄養剤を用意して、労をねぎらっていたりしてたよ。



結婚して3年目、夫婦の営みはそれなりにあったのに子どもが産まれないのが不思議だったよ。

ある日、妻の鞄が空いていて、中にPTP包装シートが入っているのを目にした。

シートの裏側を見たらダイアン35という薬で、検索したらピルでしたよ。

どうして避妊薬なんて飲んでるのか不審に思って、本人に訊いてみたよ。

PMSが酷くて仕事に支障があるから普段から低用量ピルを飲んでいるとのことでした。

子どもはどうするの?って訊いたら、まだ考えていないと言われ、まあそのうち考えましょうと結論

妻の顔はいつも通り平静で、何もやましいところは感じられなかったよ。

もちろん、そのときは妻が不倫していたなんて想像すらしていませんでしたよ。



ピル発見から半年後、僕の大学時代の友人からLINEがあったよ。

「お前の嫁さん、○日の夜、(場所名前)で男と一緒だったよ。腕組んでたぞ。大丈夫?」

記憶を辿ってみると、その日は妻が朝帰りした日でしたよ。嫌な予感がしましたよ。

あの仕事熱心で理性的な妻が不倫なんてするわけないよね。自分に言い聞かせた。

でも、意外なかたちで妻の秘め事が明るみになってしまいましたよ。



今年初め。会社新年会でいわゆる盛り場を歩いていたときですよ。

宴会も終わりで、部下と駅まで歩いているときでした。

少し離れたところの反対側から歩いてくる同い年くらいのカップル

そのすれ違った女性面影が妻にそっくりでした。というか、妻でしたよ。

その日の朝、妻は会社新年会で遅れてくる。酔い潰れてたら泊まってくるかも、とのことでした。

嫌な予感が形を持って目の前に現れて、思わずそのカップルを早足で追いかけて顔を覗き込みました。

僕の突然の行動に部下たちは困惑したと思います。あのときはごめんね。



僕が突然目の前に現れて、カップルは面食らったような表情をしていましたよ。

その女性の顔はどう見ても妻でした。淡いワインレッドコートも妻のものでしたよ。

妻は数秒間、何が起こったのか分からないといった表情をした後、恐怖に戦いた顔つきをしました。

そのときの僕の怒りに満ちた表情が恐怖そのものだったのかもしれませんけどね。

あと、これはとても不思議なんですが、その後のことはよく覚えていないんです。

ただ、男の方を問い詰めたら、あっけなく不倫を認めたことだけ覚えています

そうして気づいたら、自宅で妻が土下座していました。



僕は色々なことを問い詰めましたよ。妻は男と学生時代から付き合っていて、

妻はその男結婚たかったのだけども、男の側は全く結婚願望がなくて色々と関係がこじれたときに僕と出会い

特に男と破局することなく並行して交際し、結果として結婚願望のある僕と結婚することにしたそうです。

結婚後1年くらいは音信不通だったものの、再び男の側から連絡が来たそうですよ。本当に?

1度の食事だけのつもりが流れで元の鞘に収まってしまった、と。正直、男に未練があったんだ、と。ダメじゃん。

翌午前3時過ぎ、僕は妻の告白を聴いて不思議と冷静な気持ちになり、自然離婚を切り出しましたよ。

妻は離婚したくない。やり直したい。いつか子どもも欲しい。ピルを飲んでいたのは不倫相手の子を身ごもらないためだ、と。

僕は妻の反論が面倒くさくなって、とにかく一緒に暮らすのは嫌だから、しばらく実家に帰って欲しいと言いましたよ。

その翌々日、妻は実家に帰りましたよ。しばらく時間を置きましょう、と捨て台詞を吐いて。



それから、毎晩のように義父母から電話が来ましたよ。娘を許してほしい。やり直してほしい、と。

最初こそ平身低頭懇願していた義父母も次第に「不倫される僕の方にも非があったんじゃないか」

なんて言うようになりましたよ。最後には「お前だけは許さない!」と逆ギレされる始末。



そして、運命の日。週末の朝、寝室から寝ぼけ眼で居間に行くと、そこに妻と義父母がいましたよ。

そういえば、合鍵を返してもらっていなかったな、と後悔するかしないかのうち、罵声が響きました。

癇癪を起こしている相手言葉尻を捕まえてもしょうがないんですが、

妻と僕の立場を考えると、その非難はあまり理不尽を超えて、むしろ滑稽でした。

娘を幸せにすると約束しなかったか。娘は毎晩泣いてるんだぞ。

このろくでなし!お前なんかに嫁がした自分たちが恥ずかしい、とかそんな感じですよ。

ええ、ろくでなしからこそ、娘さんの人でなし具合に気づかなかったんでしょうね。

そんな言葉を何とか喉までに抑えこみつつ、僕は一応謝るそぶりを見せました。

ところが、僕が義父に土下座しようとした次の瞬間、義父の拳骨が僕の顎にクリティカルヒットしました。

あとで聞きましたが、人間は顎を強打されると簡単に卒倒するらしいですね。僕は気を失いましたよ。



気づくと僕はベッドに寝ていて、妻が傍らにしおらしく座っていました。

その姿は少し可哀想に見えましたが、よく考えたら救急車も呼ばずに様子見してたんですね。

僕に暴行した義父は既に姿を消し、義母が奥で夕食を作っているとおぼしき音が聞こえました。

10時間近く気を失っていたんですね。仕事で疲れていたからかな。いい休暇になりましたよ。

僕の様子に気づいた妻が突然すがりついてきました。ごめんなさい、全部私が悪かったの!

そうですよ。その通りですよ。今更気付きましたか

義父は癇癪持ちだそうで、妻は小さい頃から辛い目に遭ってきたそうですよ。

その日、自宅にやってきたのも、義父がどうしてもというので暴走させないためにやってきたそうです。

妻と義母、役に立ちませんでしたね。ええ、早朝に他人の自宅に無許可で押しかけてくる人は、義父でなくとも僕は怖いです。



妻は僕にすがりつきながら、涙ながらに語ってきましたよ。

僕と結婚したのは、義父と違って気性が穏やかで幸せな家庭を築けると信じたからだそうです.

泣きながら訴えてきました。目の下を擦りすぎで、少し血が滲んでました。

でも、その幸せな家庭をぶち壊しているのは妻で、妻の無鉄砲さは義父譲りだと思うのですが。



はいえ、義父にノックアウトされて、僕は気付きました。僕は離婚できない。離婚したら殺されるかもしれない。

特別モテるわけでもなかった僕は、精神的に自立しつつ女性らしさを失わない妻に惚れて結婚を決意しました。

でも、妻の女らしさもメンタルの強さも、おそらく不倫相手存在が大きかったのでしょう。心の余裕というやつです。

不倫相手を失った妻は、もうかつて僕が惚れていた女性の姿ではありませんでした。

それでも、この破綻した夫婦生活は続けねばならないみたいです。その接着剤は恐怖です。恐怖は人の思考を縛ります

すべて悪いのは、相手方家族地雷であることを見抜けなかった僕です。



僕はすがりついてきた妻にキスしました。仲直りの印です。妻は初めて恋する乙女のように屈託ない笑顔を見せました。

今までのどこかニヒルな笑みが好きだった僕は、その姿に再び幻滅しました。

妻は今後ピルを飲むのをやめ、いつか僕らの間に子どもができることでしょう。

でも、僕がその子を愛することができるのか。正直、自信がありません。

あの義父に似た子が生まれてきたらと想像すると、僕はこうして文章を書いている間にも嗚咽しそうです。

2016-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20160209202812

ただのいつもの逆張り君だよ

誰かが大勢から叩かれてるのを見ると「集団リンチに遭ってる人がいる!助けなきゃ!」って勝手脳内変換して参戦するんだけど

知識もないのに「叩いてる方=悪」って決めつけて参戦するもんだから大抵は擁護余地のないろくでなしの味方をする羽目になる

からすぐ手詰まりになって「叩く奴の人格クズ」みたいなメタ視点に逃げる

2016-01-05

ホモ同棲していた

「女の人と付き合うのはじめてだけどうちで一緒に暮らさない?」

私は19歳だった。男の人と付き合うのは2人目だった

彼は女性経験は一応あるようだったが中学生の時年上のお姉さんにほうきで湿疹?がでるほど殴られたりしながら飼われていたとかそういう嘘の様な本当の様な話をいくつも持っている人だった。I君としよう。

I君はホモだった。当時は完全なホモであったと思う。

同じゲームセンターストリートファイターⅡXの流儀を習った。私はそのおかげでゲームがうまくなった。I君は異常にゲームが上手かった。

そして私は放蕩女子をやっていた。

高校を3年までだらだらと行かなかったりたまに行ったりして結局中退し本当にろくでなしのまま半年ほど働かず男の人と同棲したが反りが合わず渋谷ゲームセンターバイトしたり人の家に転がり込んで白飯をいただいたりしていた。

その中の転がり込んだ家のひとつがI君の家だった

I君はホモ彼氏と別れたばかりでI君の部屋には元彼の置いて行ったパタリロが、やたら場所を取っていた。

そこに何泊でもしていいよ、と言われたのでお言葉に甘えて数日泊まり、帰り、数日後また泊まった。

私は男勝りというとかんたんすぎるが女子同士の群れは嫌いで声も低くこざっぱりとした性格…のように人からは見えていた、と思う。(自分もそう思っていたがその認識はあとで間違いだと知る)

その辺が気に入ったのかわからないがI君は上の様な言葉を言い放った。

I君は固太りで170cmちょい、80キロほどあり決しておしゃれではなく、見た目ぶさいくではないがイケメンの部類ではなかった。部屋は4畳半と6畳風呂無し共同トイレ。当時は無職だったが家の説明しずらい事情があり母が家賃を払ってくれていた。


「いいよ」

私はかんたんに言葉を返した

ここからDV病院送りやら張り型つけてセックス調子乗ってアナルから出血やらホモケンカやら薬物中毒やらK街でケンカが強くなるとか4階から落ちて自殺しようとするとか、そんな未来はなにもわからなかった。ただ私はI君に興味がでていたしI君にしてもさみしいところにするりと私が入ってきたのだろう

私はBL同人誌さぶX68K(XVIだった!)が乱雑に落ちてる部屋で確かにそう言い放ってしまったのだ

2015-12-20

苦しんだことのない人間が嫌いだ

両親ともに健在でまともだった、なんの不自由も無く暮らしてきた、いじめやら非行やらと無縁、いつも楽しそう、考えるのは週末のデート旅行遊びのことばかり、何らかの形で大切な人を失ったことがない、自分のことについて反省したことがない、社会で起きる悲惨なことに対して興味もない、あっても茶化すくらい、その他挙げたいことはたくさんあるけどきりがない。でも苦しいことっていうのは年を減ると自然経験するというのが普通他人に対しても寛容になれるというのが昔の自然な流れだったと思う。そのような成長をしない人間ろくでなしと呼ばれた時代。今は誰もが子供のままで下手したら子供よりたちがわるい大人が多すぎる。そのような人間が中心になって、まともな人間が縮こまって生きていく。子供じみた大人は自分の子供の遊び相手になってしまう。そうして社会堕落していく。そうなるスピード時代かが進むにつれてどんどん早くなる。

2015-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20151118104111

まず怒るべきポイントがそれぞれ違うような

一緒にいるのに他の女と連絡を取る→怒っていい

相手からの連絡がない、早く帰りたがる→本当にそれ怒ること?



単純にそんなに他の女の子と連絡取りたいなら別れてからやってって言って

それでも続けるならタイプが違うと思って早く別れた方がいい

一緒にいてもイライラしかしなくなる



相手からの連絡がない、早く帰りたがるっていうのは

・そういうことをされると愛情がないのかと思うと伝える

 →伝えると重たい女とか面倒くさいと思われる可能性もあるけど長く付き合うなら一度言っても良いと思う

  基本男はこれに気づいてないか、気づいた上でやってる。どっちかは女の経験人数で別れる気がする 

  ※長く付き合って無精になる場合を除く

・怒るんじゃなくて甘える

 今日は一日一緒に過ごしたいとか自分から連絡するようにする

 ぶっちゃけこれが一番イライラしない楽な方法

 怒られていやいややるのが好きな人はいないから



会ってても楽しく無さそうっていうのも怒らず冷静に伝えた上で

現状に不満があるのかとかどこか行きたい場所とか代替案を考えてみるのがいいんじゃないかな



とりあえず一度不満点を冷静に話し合った上でそれでも変わらない・面倒くさそうにするなら別れた方が良いと思う

個人的彼女の前で他の女と連絡をとるというのは無しだな

常に女を切らしたくないか無意味彼女嫉妬させて楽しんでる手合が多い気がする、どっちにしろろくでなし

2015-10-28

[]

3日空けるつもりが4日経ってしまった。

そこで満を持して、28000コインを貯め、4日空白の後に500ベットした場合のジェムゲットを検証してみた。



その結果、何と9000コインで15ジェムゲット!



これで我が意を得た。

1日にたとえ10コイン持っていたとしても、カジノでゲットできるジェムはおそらく30以上は無いだろう。

これに対して、数日空けた後にベットすれば、資本金が僅かでもジェムゲットの可能性は飛躍的に高まる



冷静に理屈で考えれば当然の話しだった。

射倖心を煽るには当籤確率は絞るに越したことはない。

だが、絞りすぎてユーザーが離れていってしまっては元も子もない。

従って、離れそうなユーザーに対してはむしろ大盤振る舞いをする。



・・・何だか昨今の携帯キャリアユーザ囲い込みのやり口と似ているな、と思った。

フィデリティの高い顧客に対してはぞんざい、それどころか搾り取れるだけ搾り取ろうという態度。

翻って移り気な顧客に対しては、あの手この手で食い止めようとする態度。



これは或いは、恋愛駆け引きにも似ているかもしれない。

大切な人を邪険に扱い、

浮気者のろくでなしに尽くしてしま人間の業

こんな酷いシステム絶対に許してはならない。



私はこのシステムに対する憤りを強く感じ、

クッキングフィーバー面白いゲームだとは思うが、

その卑劣なやり口に対し、

改めて無課金を貫こうと思いを新たにしたのだった。



単にケチであるとも言う。

2015-08-27

元カレがウザ気持ち悪すぎてつらい

18のときにできた9つ上の元カレがうざい

その人とは喧嘩したわけじゃないけど色々無理で1ヶ月で別れた

わりと円満に別れたんだけど、色々あって面倒くさくなって後にLINEブロックしたんだ

でもいまだにSMSPCメールFacebookmixiまでも使ってなんとか連絡してこようとして超うざい


増田ちゃん!久しぶりに会って話したいな!割り勘デートしようよ!」

だって

笑止

恥ずかしくないの?

9つ上だぞお前?

こちとら学生だぞ?

プライドとかねーの?

こっちはもう彼氏できたって言っても、彼氏内緒で行こうよ!って言ってくるし

彼氏に悪いからって言っても、やましいことじゃないじゃん!って言ってくる

やましくないならなんで内緒にしなきゃいけないんだよ意味わかんねー

付き合ってたときなんやかんや金出すの渋るし

どうせ私にも払わせる癖に無駄に高い店連れて行こうとするし

めちゃくちゃ拒否したホラー映画も、増田ちゃんは大学生料金で安いでしょ?とか言ってなぜか2人分払わせられたし

Fラン大卒の癖に上から目線勉強しろって説教してくるし

クソFラン大卒の癖に、オレ職場バイト明治大生にビシバシ指導してるんだぜ〜とか言うし

明治っつっても意外と使えないよ〜とか言うし

お前が優越感抱いてるその明治大学、言っとくけど私の滑り止めの滑り止めだったからな!

私が大学名言っても、なぁにその大学知らなーいって言ってたろ?私のこと下だと思ってたんだろ?

やーい!ばーかばーかばーか


学歴差別良くないとか、年の差なんて関係ないとか、デートは割り勘にすべきだとか、そういう考え、全部こいつが吹っ飛ばしてくれた

一般化されているのにはわけがあったんだ

行動に内面は出るんだ

ある程度の学や実績がないと言うこと為すことに根拠がなくてムカつくし

年下の、しか未成年に手を出そうとする男なんてほぼろくでなしだし

大学ましてや高校の先輩後輩ですら奢り奢られが当たり前なのに社会人のくせに貧乏学生に金出さないなんてもはや存在価値がない

低学歴で年上の人の中にもちゃんとした人がいるのは分かってるけど、高学歴で年が近い人の中からまともな人を探す方がずっと楽なんだね


家に来られたりしたら困るから、今でもPCメールだけ連絡取れるようにしてる

ほんとはこれ全部送って、ご覧の通りお前のことだいっきらいだから連絡してくんな!って言いたいけど、さすがにしないよ

でもあいつもはてなやってるから、見てくれたらいいなあ

俺のことかもって気づいてくれたらいいなあ


追記

ブコメのみんな伸ばしてくれてありがとう

おかげで元カレもみてくれるかも

大学はひみつ、今は4年生です

こんなこと書いてるけど学歴差別主義者になったわけではなく、指標のひとつとして考えるようになったくらい

クソFランとか言ってごめんね


ボロクソに言っちゃったけどもちろんいいところもたくさんあったし私にも悪いところはたくさんあった

何より、趣味が合ったし(はてなじゃないよ)

色々言われているけど付き合ってた1ヶ月間キスすらしていない

ストーカーってコメントもあるけど1〜2ヶ月に1度くらいの頻度で上記のような連絡が来るくらいだからアワヨクバ程度に思っているだけだと思う

ブロックしても、何度断っても懲りないからその点はそうなのかもね

http://anond.hatelabo.jp/20150818103823

何もないなら何もないをネタにして冴えない奴ら同士で傷の舐め合いしろ

それが嫌なら絵でも描けるようになりゃいいだろ

出来ることをやれよ。

出来ないことを嘆くなよ。

お前みたいな野郎はまずこの基本的な事が分かってねえんだ。

引き算して嘆くことしか出来ない奴でも大通りでそれをやってりゃ同じ類の阿呆が仲間になるぞ。

ただし突然抱きついたりはするんじゃねぇぞ。

ろくでなし同士のコミュニケーションにも礼儀はある。

お前がキチガイ同士のコミュニケーションがしたいなら話は変わるがそれならキチガイとしてふるまいやがれ

2015-07-05

好きになると避けてしまう。絶対釣り合わないと思って逃げ出してしまう。

いつか幻滅される。恐怖感から自分ろくでなしだ」と予防線を張ることしかできず、付き合ってくれているのが申し訳ない気持ちで一杯になる。

実際には、これまで幻滅されたりといった経験はないし、心配している以上に悪いことが起こることもなかったが、こと自分に関しては至らない人間と思っている。

恋人がいる人はどこか自信に満ちているが、それがパートナー安心感へと繋がるのだろうか。

かつての恋人達は自分のどこに惚れていたのかは分からない。

好きな人になにもやれないし、なにも与えられない。自分と付き合うことが相手のためにならない。

上には上がいるのだから自分である必要がない。

2015-07-04

http://anond.hatelabo.jp/20150704080618

から見ても恋する男はろくでなしに見えるわ…、動物になる。

2015-06-23

俺みたいなもんでもできる仕事だよ

ってろくでなしに言われた職業プログラマなんだけど

ろくでなしでもやっていけるものなの?

2015-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20150525182920

性格悪くても何でもいいんだけどさ。

事実でしょ。

女児より数倍苦労して育てた息子がネットで女に絡むだけのろくでなしに育った上に、

その責任は全て自分に負わされる(子供ろくでなしになったら全て母親責任、なんて言説は世に溢れている。

その昔書いたエントリ元増田http://anond.hatelabo.jp/20140401131451だってそういう内容だしね)わけで。

それにあいつらの女に対する見当違いの恨み辛みは、ネットの見知らぬ女相手だけじゃなくて母親にも行ってそうだしさ。

(どうせ父親には行かないんだろう。ネットでも男相手には行かないように)

そうなったら「ショック」どころじゃないでしょ。「悲惨」だよ。

それを悲惨表現したら「性格悪い」と言われるのなら、性格悪くて結構



息子がそうなったのは母親責任だろと言い出す奴も出て来るんだろうけど、

子供が親の思った通りに育つわけがない。だとしたら誰も子育てに苦労しない。

そもそも全ての男児を確実に「まとも」に育てる方法なんてあるのか。

自分だったら息子を確実に「まとも」に育てられる、と自信満々の人なんているのか。

それくらい、男の「まとも」じゃない率は女と比べてあまりにも高すぎる。

男がろくでなしに育つとすぐ母親ガーと言いたがる人は多いけど、誰が育てようと「まとも」にならない、生まれながらのダメ人間だったって可能性は誰も考えないのか。

父親の責任はないのか。親以外の他の人間の影響も考えられるだろう。それとも母親が子の付き合う人間全てを管理しろとでも言うのか。それこそ毒親じゃないか。

何でもかんでも母親責任を負わせる国で、男児より子育てがイージーモード女児志向が強くなるのは当たり前じゃないか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん