2012年01月04日の日記

2012-01-04

よく考えたら

芦田ノーブラじゃねえか

私の全て ⑧崩壊

有休消化期間に入った私は、毎日自分のの送別会で出かけていた。

家に帰ると、彼が待っていた。こんな日がずっと続いたらいいのになぁと思っていた。

同時に、続くわけないとも思っていた。終わらせないといけない。

その週の土曜日、彼が遊びに行っている間に、メールを送った。

から別れを告げるつもりはなかった。別れなければいけないとは思っていたけど、別れたいとは思っていなかったから。

彼に本心を言って欲しかたから、誘導するつもりだた。

彼は見事に誘導に乗り、「無理なんでしょ?」わかった。荷物は近いうちに取りに行く」というメールを送ってきた。


これで終わる、と少しほっとしたが、最後にどうしてもあの疑惑を確認したかった。

私に隠れて元カノと会っていたことについて、本当のことを言って欲しかった。

別に、会っていたこと自体をどうこう言うつもりは全くなかった。

ただ、嘘をつかれている事が嫌だった。

でも彼の答えは、「隠れて会ったりなんてしていない」だった。

そして「こんな誤解で終わるなんて嫌だ」「お願いだからもう一度信じて欲しい」「必ずもう一度信じさせる」

そんな言葉を続けた。でも、私はもう信じられなかった。


どうして嘘をつき続けるのか、分からなかった。

付き合って間もない恋人浮気した、とかならまだよかったかもしれない。

でも私にとって彼は恋人というよりも、ものすごく大事友達だった。入社してから5年間、ずっと仲が良かった友達

そして、一生一緒に生きていこうと思った人だった。この人となら絶対大丈夫だと思っていた。

そんな人に裏切られた。


私はそれまでの人生で、色んな人に助けられてきた。

本当に、周りに恵まれているなぁと実感することが多かった。

病気大学に通えなくなった時、仕事を始めたばかりで何も分からず辛かった時、元彼を亡くした時。。。

一人ではどうすることもできない辛い状況に陥った時、周りの人が支えてくれた。彼も、その中の一人だった。

から、どんな時でも自分の周りの人を裏切る事はしなかったし、逆に、裏切られる事なんて考えた事もなかった。


でも、彼に裏切られた。

大事大事友達の一人で、一生一緒に生きていこうと思った彼に。

もう、誰も信じたくなかった。誰とも関わりたくなかった。何も考えたくなかった。


そして同時に、元彼のところに行きたい、という気持ちが溢れてきた。

彼が亡くなって2年1ヶ月、一度も考えたこともなかった事だった。

ずっと抑えてきた気持ちは一度あふれ出したらもう、とめることはできなかった。


しかしたら、会社を辞めて彼の名前を見る事ができなくなってしまったことで、

保っていた心のバランスが崩れてしまっていたのかもしれない。

コップの水がすれすれまで入っていて、彼の裏切りが、最後の一滴だったのかもしれない。


生まれて初めて「死にたい」と思った。

その日1日、死ぬ事しか考えられなかった。


そしてその日の夜私は、これから死ぬつもりであるというメールを彼に送った。

もちろん、わざとだった。


私が死んだ後、彼に私と同じ思いをさせるのだけは嫌だった。

から最後に嫌われるようなことをすればいいと思った。

から自分が嫌われるためには、わざと自殺を仄めかす発言をすればいいと思った。

彼は、そういうタイプ人間が嫌いなはずだから

それに、私が死ぬなんて言ったところで、彼は絶対に相手にしないだろうと確信していた。

そういうことを簡単に言うやつは嫌い、と言われるのを期待していた。

しばらくメールをやりとりを続け、最後にするつもりのメールを送信しようとした時、玄関ですごい音がした。


彼が合鍵を使って部屋に入ろうとしていた。私の目論見は、見事に外れた。

内側からロックをかけていたので入ってこられずに済んだものの、彼は開けろと玄関先で叫んでいた。


しまいには、開けなかったら窓ガラス割ってでも入ると言い出した。

これは脅迫だろう。。。と思いつつ、仕方なく部屋に入れた。


部屋には入れたものの、彼の話を聞く気は全くなかった。

一通り自分の言いたい事を言えば気が済んで帰るだろうと思っていた。

が、何時間経っても帰る気配はなく、そのうち言いたいことがなくなったのか、無言になった。

この時点で私の当初の計画は失敗だった。


この人は、私が死んだら悲しむ事になるのかな。。。


彼に私と同じ思いをさせるのだけは、どうしても嫌だった。

からといって、「後を追いたい」という気持ちも、どうにもならなかった。

なんとなく思いつきで、彼に「生きているのが嫌なほど辛かったことってある?」と聞いてみた。

彼は「ある」と答えた。予想通りだった。


彼は自分が辛かった時期の事を話し始めた。

気付いたら私は、「これからも一緒にいて欲しい」と言っていた。

嫌われるためにした行動で、全く逆の結果になってしまった。

でもその時私は、この人となら一緒に生きていけると思っていた。


私はこの人の事が、男としてではなく、“一人の人間として”好きなんだなぁと思った。


そんな事件があってからしばらく経った日曜日、彼と浴衣を着てどこかに行こうという話になった。

候補にあがったのは、エプソン品川アクアスタジアム浴衣を着ていくと、割引が受けられた。

からも近かったし、二人とも水族館が好きだった。

でも私は3年前に、亡くなった元彼と一緒に行ったことがあった。

少し不安になりつつも、二人で浴衣を着て出かけた。


結果、悲しい気持ちには全くならなかったし、以前のように元彼の事を思い出して

後悔するということもなかった。純粋に楽しかった。


私は自分の変化を感じていた。


元彼は体のラインが出る服が好きで、私は服を買うときいつも自分の好みよりも

元彼が喜んでくれそうな服を選んでいた。

ピンクと白がよく似合うと言ってくれていたので、買う服はピンクと白が増えた。

でも今シーズン、ピンクと白の服は1着も買っていなかった。


元彼と付き合っていた3年前、私はヒールのある靴が苦手だった。

いつも3cmぐらいしかヒールのない靴を履いていた。

でも元彼が高いヒールのある靴の方が綺麗だというので、どうにか努力して

6cm程度のヒールの靴で歩けるようになっていた。


ある時、たまたま通りがかったショップの店先に、ロングブーツがディスプレイしてあった。

ちょうど欲しいと思っていたニーハイブーツ。でも、ヒールがなくてぺったんこ。あー、だめだー。

そう思って通り過ぎようとした時、もう無理してヒールのある靴を履かなくていいんだ

ということを思い出した。


私は昔、パーカーが好きでよく着ていたが、元彼がパーカーがあんまりきじゃないというので

全く着なくなってしまいこんだままになっていた。

久し振りに出して着てみると、彼は「パーカー好きなんだよねー」と喜んだ。


ゆったりした服も、ヒールのない靴も、パーカーも、慣れてしまえばそれが普通になった。

私が着たい服を着て彼が喜んでくれるのが嬉しかった。

でも、元彼が好きだった私が消えてしまうような気がしていた。

彼を確実に好きになっていたが、好きになってはいけないという気持ちもあって悩み続けた。

私の全て ⑦再出発

それからは、退職引越しの準備に追われた。

7月の頭には、彼と一緒に念願のメルボルン旅行に行く予定だった。

メルボルンに住んでいたことのある彼から話をよく聞いていて、ずっと行きたいと思っていた。


部屋探しもし始めた。ただ、なかなか気に入る部屋が見つからなかった。

私は新しい会社の寮に入ろうか悩んでいたが、彼が

「俺が少し家賃負担するから、一緒に住む部屋を借りよう」という提案をしてくれた。

彼の態度や発言から、本当は結婚する気なんてないんだろうな、、と思い始めていた私は、

その言葉を聞いて安心したし、純粋に嬉しかった。


でも、私が一人で一緒に住む部屋を探しに行っている間に、彼は元カノと会っていた。

彼は、私には気付かれていないと思い込んでいたが、私は気付いていた。

別れたなんて言ってたけど、本当は別れていないのかもしれないな、と思った。

でも、元カノのところに戻る事が彼の幸せなら私はそれを応援したいと思っていたし、

そうならそうとはっきり言って欲しかった。でも、会っていた事を問い詰めても、彼は会ってないとしか言わなかった。


元彼がこの世からいなくなってちょうど2年の日、私は彼と一緒に家具家電を見に行った。

から結婚する相手と一緒に家具や食器を見に行く事は憧れていた。

でも、その日は全くそんな楽しい気持ちにはならなかった。


彼の態度は、どう考えても結婚しようと思っているようには見えなかった。

勢いで結婚しようなんて言ってしまって、後悔してるんだろうなぁ。と思った。

元カノのところに戻りたいんだろうなぁと思った。


この人と一緒にいるわけにはいかない。決断は早い方がいいと思った。


そして私は、「あの部屋は契約しないことにした」というメールを送った。

旅行は一人で行く事にした。ずっと行きたかった場所だし、英語が通じる国なら一人旅でも不安はない。

その事だけ伝えようと思っていたら、彼から電話がかかってきた。

出るつもりはなかったのに、間違ってボタンを押して通話状態になってしまった。

切るわけにもいかず、仕方なく話す事にした。

私は友達にすら戻る気はないと告げたが彼は食い下がり、とりあえず旅行は一緒に行こうと言った。

最初最後旅行だと思って、仕方なく一緒に行く事にした。


ベトナムを経由し念願のメルボルンに着いた日。

はしゃぎすぎてそれが最初最後旅行である事も忘れていた。

さて寝ようかという時になって、彼が「やっぱり嫁においでよー」と言った。

まさかそんな事言われるなんて、思ってもみなかった。

色んな感情が溢れて、大泣きした。彼の前で泣いたのはそれが初めてだった。

本当は、彼とずっと一緒にいたいと思っていた。彼のことを思って、身を引くつもりだった。

でも、結局できず、二度目のプロポーズをOKした。


それから数日は、幸せだった。でも、長くは続かなかった。

ある時、物珍しさから彼のスマホをいじっていて、偶然発着信履歴を見てしまった。

ほとんど全てが、私以外の女の名前だった。彼は一人ひとりそれが誰であるか説明し始めたが、

ただ一人、全く説明をしない名前があった。それが元カノだった。

発着信履歴の8割がその名前だった。彼からも何回も電話をかけていた。

やっぱり、戻りたいんだろうなー。と、改めて思った。


日本に帰って来た日の夕方に、新居の鍵をもらう予定だった。

でも、部屋を契約したことを後悔していた。

鍵をもらった後、彼と一緒に家具を見に行ったが、全く楽しい気分にはなれなかった。


から身を引かないといけない、そう思っているのに、どうしても決断できなかった。


旅行から帰った週の金曜日富士通での最終出勤日を迎えた。

使っていたPCの中のデータを全て消して、返さないといけない。

仕事の合間に同期達とやりとりしたメールを見返した。

私が彼に送ったメールは、2460通にもなった。単純計算で、1日2~3通。

コンパイル中とか、残業中の息抜きとか、飛行機の待ち時間とか、そういう暇つぶしの他愛ないやりとりが、

つの間にかそんな数になっていた。そのやりとりに、どれだけ救われたかからない。


元彼とやりとりしたメッセンジャーログもでてきた。

全て消す事で、けじめをつけようと思った。


次の日は引越しだったので、帰宅後は荷造りをした。

痩せてサイズが合わなくなり、全く着る事もなくしまったままだった服が大量に出てきた。

その服を着て彼に会った時の記憶が蘇ってきた。全部ゴミ袋に突っ込んだ。

捨てる事で、全部終わりにできると思っていた。

私の全て ⑥転機

初めてリーダーを任されたプロジェクト成功したことで、私は会社を辞める事を考え始めた。

もちろん、以前のように仕事が辛くて辞めたいと思ったわけではなく、

全力で仕事をした結果、私ができることはやり尽くしたと思ったからだった。


医療SEは激務で、女が長く続けていけるような仕事ではなかった。

こんな生活を続けていたら、いつか体を壊すだろうと思っていた。


そして何より、地元に帰りたかった。

どうしても一人暮らしがしたくて、わざわざ東京大学を受けた。

就職する時地元に戻ろうかと思っていたけれど、まだ少し東京に未練があって

両親が反対するのもきかずに東京就職した。

でも地元を離れて時間が経ち、帰りたいという気持ちが強くなっていた。


そんな思いもあり、転職活動を始めた。

活動を始めて1ヶ月、あっさり内定をもらった。

東京会社ではあったものの、タイミング的に新年度を新しい会社で迎える事ができ、

また、思ってもない程の好待遇仕事の内容も興味があり、それまでの経験も十分に生かせるものだった。


でも、どうしても会社を辞めるという決心がつかなかった。

5年間勤めた会社。そう簡単に辞められるわけもない。

でも、それだけではなかった。


二度とオンラインになる事のない、メッセンジャーの彼の名前

社内システムで、ファイルの最終更新者として残る彼の名前

それを見る事で、彼がそこにいるような、見守られているような気がしていた。

それらをもう見る事ができなくなる。

そう思うと、辞めるという決断がどうしてもできなかった。


最初内定をもらった会社は辞退し、その後も悩みつつ転職活動は続けた。

そしてGW明けには、地元会社内定をもらうことができた。


これで地元に帰れる。妹や友達にも相談し、その会社入社しようとほぼ決めた。

そして会社を辞める事で、彼のことにけじめをつけようと思った。

彼の事を忘れたいと思った事は一度もなかった。

でも、どこかでけじめをつけなければいけないということはいつも考えていた。


そんな時、また別の東京会社内定をもらった。

業界最大手であるその会社内定をもらえるとは、正直思っていなかった。

その会社が、中途はほぼ契約社員しか採らない事を知っていたので、

正社員しか考えていなかった私は、記念受験程度で受けていた。

思っても見なかった、正社員としての内定


更に悩む事になった。

仕事内容や待遇など総合的に考えると、最後内定をもらった東京会社が良いのは分かっていた。

でも、地元に帰りたいという気持ちも強かった。どちらかに決める事ができず、悩み続けた。


回答期限を何度も延ばしてもらった。

最終的には、東京会社から希望があれば数年以内に地元への転勤も可能という話を聞いて、入社を決めた。


会社に未練が全くないわけではなかった。

最後は、その気持ちを半ば強引に断ち切った。


会社の寮に住んでいた私は、辞めるとなれば当然引っ越さなければいけなかった。

就職する時に、寮に入らない荷物を実家に送っていたため、まずはそれを取りに行こうと思った。


車を持っている友達に頼んで一緒に行ってもらおう、と思いつき、例の男友達を思い出した。

以前から、私が引っ越す時は手伝ってね、と言っていた。これもある意味引越しだ。


金曜の夜に出発して、西宮へ向かった。

実家で荷物を積み込み、大好きな地元ケーキ屋にも行った。

大好きな街。やっぱり帰りたいという気持ちが出てきてしまい、東京会社を選んだ事を少し後悔した。

帰ってくるのが数年遅くなっただけ。あと少し、東京でやりたい仕事頑張って、必ず戻ってくる。

自分にそう言い聞かせた。


その日は一緒にホテルに泊まった。

こいつ一応彼女いるのにいいのかよ。。とは思ったが、お互い全く異性という認識がなく、

一晩一緒に過ごしたところでどうこうなるなんて考えられなかった。

その日は広いベッドで、くっついて寝た。

5年間友達でいて、しょっちゅう一緒に遊びに行ってはいたけれど、あんなに近付いたのは初めてだった。

体温がものすごく気持ちよくて、離れたいとは思わなかった。


帰りの高速で、「私たち恋人同士にはなれないけど、夫婦にだったらなれそうだよねー」

という話をした。昔から、私たちはよく似ていた。食べ物の好みは見事に一致していたし、

何故か同じタイミングで同じことを考えていたり、相手が考えている事が分かったりする事が多かった。

「でも実際結婚したとして、結婚10年目ぐらいの熟年カップルからスタートだよねー」

「新婚の初々しさなんてきっと皆無だよねー」なんて話をしていた。

あり得ない事だけど、もし本当になったら、きっと幸せだろうなあ、と思っていた。


無事帰宅し、疲れて寝ていたら、その友達から彼女と別れた」という報告の電話があった。

車の中で「別れるかも」という話はしていたが、まさか本当に別れるとは思わなかった。

そして彼女愚痴でも聞かされるのかと思ったら、何故か私たち結婚したらどうなるかなぁという話をしていた。

まさかそんなことあり得ない、とお互い分かっていたはずだったけど、そんな話をしているのは楽しかった。


彼を亡くした後、誰も好きにならないと決めていたわけではないけれど、実際誰も好きになる事はなかった。

今後も、誰も好きになることはないのかもしれないな、と思っていた。

そもそも結婚恋愛は別物だ、と思っていたから、恋愛飛ばし結婚だけできるなら、それもありだなぁと思った。


その週の土曜日は、一緒に映画を見に行く約束をしていた。

夜は沖縄料理屋で飲み、さてこれからどうする?という話になり、どっかのホテルで飲もうということになった。

帰る心配をしなくて済むからいくらでも飲める、という考えからだった。


飲みながらDVDを見た。見終わってベッドに入ると、彼は突然

結婚しよう。舞といつか生まれてくる子供を、一生愛せる自信あるよ」と言った。

まさか本当にそんな事言われるとは思わなかった。信じられなかった。でも嬉しかった。

この人と一生一緒にいたいと、本気で思った。

そして彼は「んじゃーまぁ、一応付き合っとく?」と言った。

お互い、恋愛ではなくて結婚がしたかっただけだったが、便宜上付き合うことにした。

そして「彼」は「元彼」になり、「友達」が「恋人」になった。

http://anond.hatelabo.jp/20120103211405

いちおう、一つだけ確認。

世の中、何事にも例外はある。

事実意見を分けて書くトレーニングはそれなりにやってきたつもりで、これまで書いた文章で全称記号をつけてまで断定した記述はしてないはず。

日本最大最強企業であるトヨタなんかは、組織の大きさにも関わらずイノベーション継続する能力を維持できているように見える(内情は知らないけどね)。

これは同意見でトヨタは凄いと思うよ。ただ、(内情は知らないけどね。)も同立場で、トヨタ人材画一的トヨタ人材なんじゃないか邪推している。

まり認識の歪みは承知だが、「QC活動万歳!」「下請け明日からコスト50%減で作ってね」といったイメージ

大野耐一生産性向上運動サプライヤー企業との共同開発研究も大きく、そこらへんのホワイトカラーの貢献度で言えば小さいものだと思うけれども。

最近イノベーションは「イノベーションプロセスから生まれる、という話がある

紹介された「art of innovation」であるが、どうもIDEOというシリコンバレー企業の話らしい。

創発型のプロセスであれば、ワールドカフェ手法であるとか色々知ってはいるが、それが凡人からイノベーションを起こせるというプロセスならば大歓迎。

個人的には凡人からイノベーションは生まれ得ない、むしろブレーキと思っているが。

東大の」「優秀で」「意識の高い」学生

内なる組織改革か、外なる自己追求か。その閾値はこのカギ括弧にあると思うのだが、「東大の」はまあ明確だ。

それでは、「優秀で」は?「意識の高い」は?

私自身について言えば、

優秀:「話してみると、優秀なのが伝わってくる」「天才型」「期待している」とかいう評判は聞く。平均から見たら優秀な思考能力だと思うよ。

   ところが、外に出るとなると、なにか武器が足りない気がする。

意識の高い:インサイドアウトな状態ということだろうか。これまたよくわからない。

ちなみに、採用担当が「こいつは優秀だ」と思うやつ、オレは優秀でないと思うことが多いんだけど、どうなのかなあ。

強いて、絶対的な優秀という意味では、トラックレコードというのだろうか、

テニサー副部長といった肩書き、全国大会という実績、会計士という説明可能な資格こういったわかりやすい指標がホンモノの優秀なのかも。

http://anond.hatelabo.jp/20111230232131

じゃあ女だてらに年収1000万稼げって?あはは、出来たら苦労しないよ。

夫婦正社員フルタイムならダブルインカム1000万円いかいかね? 20代だと厳しいかな。

30代なら年収500万越えるのはいるでしょ。 君の層なら尚更いるんじゃない?

元増田自身は世の中よく見えてるし、自分過大評価してる訳でも男性の状況が分かってない訳でもない。

父親の説得がハードルになってるなら、

・今は男女平等ダブルインカム当たり前。妊娠出産産休、育休時代生活レベル下がるけど私は受け入れるよパパ。

高度成長期前後生活レベル変わりすぎだよ。 お父さんとお母さんが結婚した時、どんなだったのよ。

 (というのは、元増田の4LDKのマンションって結婚当初のものか?って疑問がある。

 経済力があれば古い4LDKには住んでないような。結婚当初はもっと貧しいんじゃないか?)

でも落ち込むんだよ。育った環境よりも、自分の子供に提供できる環境が劣ることに腹が立つんだよ。

いろんな物が安かったり、手軽に品の良い輸入品を買えたりするのは最近の良いところじゃないかねー。

スイーツの種類も増えたじゃない? あと可愛いものも増えた。

小学生から中学生にかけて1~2年置きに海外旅行に連れて行ってくれたし、

中高一貫私立中学に行かせてくれたし、私大の中でも比較的金のかかる私大に行かせてくれたし、ずっと塾とピアノスイミング習い事もさせてくれていたし、

これは無理だが。

君自身、親から高度な教育教養を与えられて、今の仕事についてるんだろう。

から『親同様の教育子供に与えなければ』みたいに思うのかもしれないけど、

まぁそういうケースばかりでは無いし、日本全体が貧しくなっていくのであれば、君の子供は相対的に優秀でありえるんじゃないかね。

http://anond.hatelabo.jp/20120104225345

横だけど、「絵師」ってのは絵を描いて公開している人全般に対する敬称なんだと思う。

お金取ってようと取ってなかろうと、他人にものを教える人が「先生」と呼ばれるのと似たような感じで。

ただ、この「絵師」って言葉が通用する範囲がほぼオタク界隈だけだから

昔の有名な画家絵師ではあるのだけど、絵師と呼ぶのには違和感があるってのが現状。

http://anond.hatelabo.jp/20120104230850

趣旨には賛同する。そのために根拠を聞かせてもらえないだろうか?

感情的で理性が足らない頭の悪い奴が多すぎる

これは具体的な数字で言うとどれくらいだろうか?

正確な統計である必要はない。元増田体感でかまわない。

精神的に幼すぎる

とはどんなことを指すのだろうか?

例えば、「自分の気に入らない存在は滅んでしまえ」と主張するような人間精神的に幼いだろうか?

http://anond.hatelabo.jp/20120104131746

関係ないけどデビルマン監督ってクランクアップ一年後に死んだらしいな。

あれだけの罵りの中で死ぬって言うのもすごい最期だ。

http://anond.hatelabo.jp/20120104230247

ググらずに質問しちゃいけないよ。

 

そんな事も分からずに、

なんで?自由だろ!って言う人にまともに答えてくれる人いると思うの?

生き方を変えようと思う

・買うべきか買わないべきか迷ったら買わない。

・今までは少しでも欲しい気持ちがあったら買ってたけど、

 今年からは少しでも要らない気持ちがあったら買わない。

論理的に物事を考えようとしない人間は本当に滅んでくれないだろうか

感情的で理性が足らない頭の悪い奴が多すぎる

精神的に幼すぎる

http://anond.hatelabo.jp/20120104203511

いや、多分、増田さんのおっしゃるとおりのことを書いたつもりだったんですが…。

だってあなたのような優秀な方がいるじゃないですか!

日本はまだまだやれますよ。

http://anond.hatelabo.jp/20120104222646

増田じゃないけど、

鬱について何の知識もなく、ググる気も無いのになんでそれを書こうと思ったの?

投げ売り堂の12月の結果と雑感。

無事次の年を迎えることが出来た投げ売り堂増田への12月の結果と雑感を書き込みます

12月11月Google Analytics データ

目名12月11月増減
ユニークユーザー48544429+425
ページビュー3421226269+7943
平均ページビュー1.661.56+0.10
平均滞在時間1:542:39-0:45
新規訪問数15.8716.13%-0.26%

詳細はいものように以下の Analytics の PDF に書いてあります

投げ売り堂の12月の Analytics PDF

雑感。

今月は色々大変だったんですが、新機能プレゼント企画をすることが出来ました。

アニメDVDBD」復活と「プラモデル」を新たに追加

アニメDVDBD」と「プラモデル」のカテゴリーの追加をしました。

PC関連商品」を本当は追加するつもりだったんですが、「プラモデル」関連商品の要望があったので今回はこちらに。

カテゴリーの追加自体は比較的容易に出来るようになったので、色々と今後追加していきます

cookie で保存の表示商品を切り替えるオプション

元々3つだけのカテゴリー表示に対応していたというのと

一気に5つ増やし、レイアウト変わりすぎるのも混乱を招きそうというのもあり

5つのカテゴリーのうち、好きな3つ表示が出来る様にカスタマイズ出来るようにしました。

表示状態は cookie に保存するようにしました。今後ログイン機能を付ける予定なので

将来的にはどの端末でも同じように使えるようにしたいと思います

鬱袋・福袋プレゼント企画

先月末にプレゼント企画をやりました。

前にやったプレゼント企画の際、「6商品中17人しか応募が無かった」という悲しい結果だったんですが

今度は30人弱と前より進歩が見えたのでほっとしました。

その際にご意見・ご要望をお聞きし、今後の更新で非常に有用アドバイスをいただきました。

今回のプレゼント企画はやって本当に良かったです。

今後も定期的にプレゼント企画をしていこうと思います

http://anond.hatelabo.jp/20120104212231

そういう時は「これから出かける用事があるので……すみません」と言えば相手は帰らなきゃならなくなるぜ。お前だって挨拶まわりがあると思ってもらえるだろう

B群の人格障害者を社会から隔離してくれ

アレだけは本当に迷惑で、我慢ならない。

あの歩く地雷みたいな連中のせいで、どれほどの人間人生を壊されてきたのだろうか。

しっかりと取り締まってくれ。主観では身体的暴力より精神暴力の方が重罪だ。

自己中心的人間が堂々と闊歩する社会なんて誰も望んでいない。

※もちろん自己中心的人間を除いての話になる。つまり社会はそれを望んでいるということだ。

http://anond.hatelabo.jp/20120103222557

画家イラストレーターも含めて、絵を描いて公開している人

鳥山明とか大友克洋絵師に入るの?

ゴッホとかゴーギャンも?

 

萌絵描かないで商売成立してる絵師っているの?

一番楽な死に方を教えて下さい。

鬱病が酷くなってきた。

やる気の無さと暴力衝動が同時に起こるからやっかいだ。

一方を抑える薬がもう一方を助長する。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん