「写真サークル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 写真サークルとは

2020-01-23

anond:20200122114512

内容に関しては、で?っていう感じなんだけど、

「巨大な写真サークル」に所属していてそういう人が気になっているんだろうけど、

そこでは発言していないからここで書いたのかなと思った。

まあ、そういう人はふつう仕事している人とそこまで関わらないようにするから

仲もよくならないだろうし、そうそうしたら考えていることとか悩みとかもわからないんだろうね。

増田はそこに疎外感とか感じるの?

2020-01-22

芸術家たちの貧しい生活について

Web上の巨大な写真サークル所属しているので、SNS友達にやたらとアマチュア以上プロ未満みたいな写真家画家がいる。

彼らがSNSにアップしてくる写真作品を見ると確かに上手いとかセンス良いとか思うんだけど、でもこれで食べていけるのかと心配になる。

たぶんギャラリーをやっているような玄人筋には受けるんだろうけど、商業ベースには乗らないんじゃないかなと思う。

仮に自分が彼らの生活を救うために何か作品を買ってやれといわれても、せいぜいポストカードとか数千円レベル写真集ぐらいしか買う気がしない。…というか、もっと名の売れた大御所写真家写真集とか、いにしえの名作を集めた絵画展の図録とかでも出せる金額はそのぐらいだ。日本人アートに対する感覚って普通その程度じゃないのかな。

プロカメラマンとしてそれなりに儲かっていそうな人は、金になる仕事とやりたい仕事を明確に切り分けているように見える。食べていくためにアイドルとか商品宣伝とか政治家選挙ポスターとかを選り好みせずに撮り、カメラ雑誌には新発売のカメラレンズなどのレビュー記事を書き、そうやって稼いだ金で自分の撮りたいものを撮りに行っているようだ。

それに引き換え中途半端アーティストたちはやたらと暇らしく、生活の細々としたことを凄まじい頻度でSNSにアップしてくる。そんな時間があるなら副業でもやったら良いんじゃないかと思うんだが。「撮りたいものしか撮らない」「描きたいものしか描かない」とかいってると貧困まっしぐらだし、作品づくりをしながら生活するだけでもお金は出ていくんだから何かしろよと思う。

そういう人々に作品発表の場を与えるために、一流企業早期退職してギャラリーなどで彼らの作品展をやったり海外作品を紹介したりする活動をやっている人も知っているが、それがどこまで成功しているのかは知らない。日本じゃ受けないけど海外では受ける人とか、万単位お金を出してアート作品を買う文化根付いている国で作品が売れる人は良いけど、結局芸術活動に専念しようとすると貧困に甘んじるしかない人々はある程度残っちゃうんじゃないかなぁと思う。

たとえ貧しくてもやりたいことをやって自由に生きる生活が羨ましくないといえば嘘になるが、自分時間を切り売りしてやりたくない仕事をやってそれなりの給料を貰っている身としては「お前がワガママから貧乏生活する羽目になるんだよ」と言いたくなる。せめて生活のためにとことんクライアントに媚びて、金になりそうな写真を撮ったり絵を描いたりすれば良いのにと思う。

そんなアーティストたちの生活を見ると、「好きなことをやって食べていく」人生は甘くないんだなぁと思う。

2017-09-24

男で運動部所属したことがないのって異端なの

よく、「運動してそう」って言われるけど、文化部出身だって言うと

なんか「あっ、ふーん」って扱いなんだけど

そんなに引く?

ちなみに、写真部美術部、写真サークル所属してました

なぜなら、運動神経と体力がないからです(怒り)

2016-09-18

短く短い恋だった

大学サークルひとつ上の先輩。写真サークル

私はふだんから活動積極的に参加してるわけじゃなかったけど、7月末には大きめの展覧会があったから、それにはちゃんと作品を提出した。

その企画のなかでそこそこ関わったし、先輩方の中ではいちばん関わりの多かった部類の人だった。

きっかけは全く思い出せないけど、ちょっとずつ好きになってたのかもしれない。それが気づけるレベルまで達したのは、たぶん数日前。撮影会と称して北の方にサークル旅行に行ったときだ。

結構目で追ってたと思う。電車の席もずっと近くをキープしてた。自由行動の時、ばったりと会って手を振ってもらった。失礼かな、とは思いつつ調子に乗って振り返した。

些細なこと全てがとても嬉しかった。

旅行から帰ってきて、友達経由で先輩のTwitterアカウントを知る機会があった。そのままそのアカウントで、彼女存在を知ってしまった。

いないだろうと踏んでたわけではなかった。少なくとも今のところは告白しようとか付き合いたいとか思ってたわけでもなかった。けれどほとんど恋愛経験というもののない私にはあまりに衝撃が大きくて、ああ、失恋したのかなって。これが失恋かって。

恋心に気づいてから経ったの数日。

ありがとう、たぶんもうしばらくは引き摺るよ先輩。すきです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん