「共同会見」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 共同会見とは

2017-10-02

辻元清美氏「話ちゃうやろと前原さんに言わなあかん

枝野氏ら新党結成へ=民進リベラル系、希望に反発【17衆院選

 ――新党をつくる考えは

 無所属ではかなり制限がある。政党カーが出せず、比例復活もない。若手も含めて、受け皿があれば選挙が戦いやすくなる。今日街頭演説などを通じて、リベラル新党のようなものをつくってほしいという声、期待が予想以上にあると再認識した。一緒に戦うみんなが連帯感を持って戦えるような受け皿があればいい。

 ――民進党を存続させるよう求める声があるが

 それが一番自然な道だと思うので、声を上げられればいい。私もそうする。(民進党代表の)前原(誠司)さんは「オールフォーオール」と言ってきたわけだから、そうした声を受け止めた方がいい。

 ――希望の党小池百合子代表日本維新の会松井一郎代表候補者のすみ分けを発表し、大阪では希望の党候補者を立てないことになった

 前原さんに対して、「話ちゃうやろ、そんなことも聞いてなかったんかい、聞いていなかったらそれはそれで問題だし、聞いていて知らん顔していたんなら、もっと問題やで」と言わなあかんと思う。一方、小池さんも(松井氏らと共同会見をして)損したと思う。衆院選に出ないよう松井から釘を刺され、政治的にもプラスになることがあったのか疑問だ。

 民進党枝野幸男代表代行は2日、希望の党への合流に反発するリベラル系の民進党衆院議員らとともに新党を結成する意向を固めた。党名は「民主党」を検討している。関係者が明らかにした。同日中にも発表する方向で、衆院選は「自民公明」「希望の党日本維新の会」「民進リベラル系・共産社民」の対立構図となる可能性が出てきた。

 新党には赤松広隆衆院副議長辻元清美幹事長代行、阿部知子氏ら前職のほか、新人候補が加わる見通し。複数民進党参院議員も合流する方向だ。 

 希望の党は2日も民進党衆院選候補受け入れをめぐり詰めの協議を続行。希望側は憲法改正安全保障関連法への賛成を公認条件とし、枝野氏ら一部を排除する方針枝野氏の新党は、希望に参加しない民進党出身者の「受け皿」として、安倍政権希望との対決姿勢を強める構えだ。

 一方、安倍晋三首相自民党総裁)は2日午後、公明党山口那津男代表とともに東京JR赤羽駅前で街頭演説する。衆院解散後、自公党首のそろい踏みは早くも2回目で、連立与党の結束をアピールする。

http://www.asahi.com/articles/ASKB16KKYKB1PTIL00S.html

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100200254&g=pol

んー受け皿ばやりですこと

2016-12-17

日本はずかしい

日本行政トップが恥ずかしい人だから、「日本はずかしい」

以下 LETE-LA引用

http://lite-ra.com/2016/12/post-2777.html

プーチン訪日北方領土返還」という話は、一体どこに行ってしまったのか──。本日安倍首相プーチン大統領共同会見を開いたが、発表されたのは「『新たなアプローチ』に基づく(北方領土での)共同経済活動を行うための『特別制度』について、交渉を開始することで合意した」というだけ。しかも、正式共同声明すら出せず、「プレス向け声明」というよくわからないものを発表しただけだった。

 つまり、あれだけ安倍首相北方領土返還に浮き足だっていたのに、結局、日本が3000億円にものぼる経済協力で貢ぐだけ。“共同経済活動北方領土問題解決への重要な一歩”などと言うが、そんなわけがあるまい。実際、先述したプレス向け声明にも、「北方4島の帰属問題に関する記述」はなし。つまり安倍首相プーチンの手のひらで転がされていただけだったのだ。

 4島返還から歯舞群島色丹島の2島引き渡しという妥協までし、官邸が騒ぎ立ててきた「プーチン訪日北方領土返還」は、何ひとつ進展せず終了──。こうした結果は首脳会談からわかっていた。現に今月13日に公開された日本テレビ読売新聞による単独インタビューで、プーチン大統領は「ロシア領土問題はまったくないと思っています」と明言さえしていたのだから

 しかし、呆れるのは、この間のテレビバカ騒ぎだ。プーチンは3時間近くも遅刻、その段階から安倍首相は足元を見られていることがあきらかだったのに、「プーチン遅刻魔だから」とこぞってフォロー。なかでもワイドショーお祭り騒ぎで、旅番組のごとく山口県大谷山荘温泉長門市観光スポットを紹介し、「プーチン日本酒をお気に召したらしい」「温泉での裸の付き合いはあったのか?」「ディナーではふぐ刺しを食べた」など、どうでもいい話ばかりを伝えた。

 他方、あれだけ盛り上がってきた北方領土返還については、一転、「ハードルが高そう」などとあからさまにトーンダウン。しかし、ワイドショー安倍首相外交力を褒め称えながら、会談の焦点を「北方領土返還から北方4島での共同経済活動」へと巧みにシフトチェンジさせたのだ。

 たとえば、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では、昨日、同番組で“安倍首相大谷山荘へ2回連れていってもらった”“相当仲良くならないと連れていってもらえない”と自ら語り、御用ジャーナリストっぷりを恥ずかしげもなく開陳した山口敬之氏が、本日解説者として登場。昨日の会談後に安倍首相などに取材し聞いた話として、こんな解説をはじめた。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん