「鼻毛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鼻毛とは

2017-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20170521120150

鼻毛永久脱毛しつつ

粘膜ケアクリームを塗布し続けると

数ヶ月でつるつるの鼻の穴が手に入るよ

そうなればあとはニキビのような

吹き出物系のものしかできない

いま思いついた嘘だけど

2017-05-19

鼻毛出ててもズボンのチャック開いててもイラつかない人はアスペルガーじゃないということです

2017-04-21

鼻毛抜くのが気持ちよくなってしまった

彼女というものができるまで鼻毛など気にしたことがなかった

でも彼女ができて言われた衝撃的な一言

鼻毛抜けよ」

そう、生まれてこの方鼻毛が出ていたのだ。

それまでの人生鼻毛を出しながら生活していたのだ。

穴があったら入りたい気分だった。

それからというもの、事あるごとに鼻毛を気にするようになった。

パソコン作業をしながら、電車の中で、唇を鼻に付けながら鼻毛が出ていないかチェックしていた。

そして鼻毛確認するともちろん根っこから引き抜く。

いつものように鼻毛を引き抜こうとしたある時、

針金のような鼻毛出会ってしまった。

黒光りしてそれは立派な太くて長い鼻毛だった。

シャーペンの芯と見間違うほどのレベルだ。

そしてその経験鼻毛人生を変えるほどの衝撃だった。

筆舌に尽くしがたいほど「気持ちよかった」のだ。

そこからハマってしまった、鼻毛抜きに。

そして今日鼻毛を抜く。

あの時の鼻毛を超える特大級の鼻毛出会うために。

2017-04-19

毛抜きどこいった

鼻毛が出てるんだよ!

2017-04-13

耳毛、すっげー生えんだよ!

脱毛サイト

http://nii-na.com/matome/169/

「許せない男の毛」で、耳毛って2位にあって。

耳に毛がはえるの?!信じらんない!

みたいなこといってる女がいるけど、

すっげー生えんだよ!

で、切るの大変なんだよ。

鼻毛より全然大変なんだよ。

女性は、昨年のアマゾンで売れた商品が、これってしらんのか?

パナソニックチケットカッター ER-GN10

http://amzn.asia/0LTcnKX

耳毛カットしててよかったよ。

男も悩んでるんだぜ。毛

2017-04-07

硬い鼻毛が抜けるとうれしくなる

そして、それを指に突きさして遊ぶ。楽しい

2017-02-13

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.僕の手に数字が浮かび上がったのですが、これは何ですか。

それは手の甲か、平かで変わってくるな。

手の甲なら、それは君が自分鼻くその処理に困ったときの数だ。

からといって食べるんじゃないぞ。

さて、厄介なのは手の平に浮かび上がった場合だ。

それは君が家に貼ったシールの数だ。

それが無くなったとき、君の過去死ぬ

厳密に言えばなかったことになる。

稀な例だが、指に数字が浮かび上がった場合もある。

これは今まで隠れていた鼻毛の長さに驚いた数だ。

指の間に数字が浮かび上がった場合は、陰毛を引っ張った時に一度に抜けた数の最大値だ。

爪に数字が浮かび上がった場合レシートを使えば綺麗に落とせるぞ。

Q.人生相談をしても構いませんか。

構わない。

どんな重苦しい相談でもウェルカムだ。

ただ責任は取らんし、相手にもしないぞ。

もちろん、私が不真面目だとか薄情だからということではなくて、他の人に尋ねても本質的には同じだ。

今日の夕飯の献立を考えるのと、どこの馬の骨とも分からない者の身の上話について考えるのと、どっちが大切かなんて考えるまでもない。

だって、誰もが書けて誰もが見れる場所にいる人間かも分からない者たちに、人生を委ねようとは思わないだろ?

ああ、だが誤解しないでくれ、人の話を聞いていないときにやる指のささくれを気にする行為よりは遥かに有意義だとは思っているから。

2017-02-12

無職日記

 まず、スマホをやめることにした。仕事電話メールはもう来ないし、妻や恋人はおろか、親しい友人さえいないのだから、誰に気兼ねする必要があろう。思えば、朝は天気予報を調べ、通勤中はニュースを読み、昼はゲームに興じ、帰宅後は着信を知らせるランプを頻りに確認するのが、働いていた頃の日課となっていた。それに比べて、現在たいへん快適だ。さすがに貯金も心細くなりつつあるので、そろそろ職探しに本腰を入れるつもりだが、また働き出しても、できる限りスマホから離れた生活を送りたい。このご時世では中々難しいだろうが。

 次に、鏡を見ないことにした。現代社会には鏡に毒された人間が多い気がしてならない。なるほどメイクやらスキンケアやらで多忙女性が身だしなみに敏感になるのはある程度はやむを得ない。大体、鼻毛が飛び出ている女とのデートなんかお断りだ(無職とのデートなんかお断りよと聞こえてきそうだが)。しかし、自らの容姿を念入りに観察するような男には、どうも違和感を覚える。そんなに見惚れるほどでもないのに。そんな暇があったら中身を磨けばいいのに。と言っても、仕事中は何より外見を重んじていた私に、彼らを批判する資格があるかどうかも疑わしい。出勤前には寝癖のチェックが欠かせなかった。昼食におにぎりを食べたらお手洗いに行かねば気が済まなかった。或いはこれはビジネスマンとして当然の振る舞いなのかも知れない。ただ、私は少し疲れてしまった。誰とも会わない今なら、髪がボサボサだろうが歯にノリが付こうが一向に構わない。実に清々しい。

 そして、髭を伸ばすことにした。人生初の試みである。頭の隅に浮かんだのは、エイブラハム・リンカーンまさか彼みたいな美髯を目指すほど私も阿呆ではあるまい。単なる憧れだ。少年のころに図鑑の中で触れた、第16代アメリカ大統領の威容は、今なお私の脳裏に鮮やかに焼き付いている……と、ここまで書いて、我ながらちょっと呆気にとられてしまう。私は無職になって、悲しむどころか、むしろこの状況を楽しんでいるかのようだ。楽観主義も度が過ぎれば身を滅ぼす。けれども、信じられないかも知れぬが、私は実際、ほとんど常に悲観的であった。考えれば考えるほど思考は悪い方へ傾き、夢も希望も見出せず、自暴自棄に陥る。他人との比較が癖になり、酷い劣等感に悩む。「怠けた頭は悪魔仕事場」という外国の諺には、一つの真理が含まれるのではなかろうか。私は毎日悪魔暮らしているようなものだった。

 ある夜、都心の休憩所のベンチに腰掛けコンビニで買ったアメリカンドッグシュークリームを食べていた。妙な取り合わせだが、たった二百円でできる贅沢は他に無い。いや、正直に告白しよう。懐が寂しかったのだ。無収入生活がいつまで続くか見通せないため、財布も満足に使えなかった。林立するビルディングの明りの下を、仕事帰りのサラリーマンOLが、揃って足早に過ぎてゆく。車や電車の走る音がかまびすしい。デパートの買い物袋を提げた婦人たちの笑い声が耳を打つ。ふと、「どうしてこうなのか」、と思う。孤独を感じた。大都会の喧噪が却って私を独りにするようだった。周囲のベンチに座っているのは、単独の人が多いようだけれど、誰かとメッセージのやり取りでもするのだろう、彼らはスマホを熱心に操っている。私の存在に気付く人など何処にもいない。だが、ここで泣き出す訳にもいかない。

 その後も無為徒食の日々は変わらなかった。公園の木陰でぼーっとしたり、広場に群がるハトを眺めたり、日が暮れるまで彷徨したり、諸方の社を参詣したり。どこへ行っても充たされず、空腹は甚だしくなる一方で、足はいよいよ痛くなる。かといって、すぐに働く気も起きない。虚しかった。行き着いたショッピングモールトイレで用を足し、自らに課した戒律を破って鏡を見ると、生気に乏しく、いかにも自信のなさそうな、無精髭を生やした男が一人、救いを求めるような表情で立っている。そこにリンカーンの姿は無かった。足を休める場を求めて店内をさまよう。が、既に老人らが座を占め、熟睡しているらしい。安心しきった寝顔にみえる。帰りの難儀を憂えつつ、やむなく出入口へ引き返す。「いらっしゃいませー」「ただいま30%引きでございまーす」という若い店員のいきいきとした調子がなぜか辛い。女子学生愛嬌も、年配夫婦の微笑みも、母に抱かれた赤子の眼差しも、私には全てが辛かった。ようやく家に到着してテレビの電源を入れれば、アスリートの勇姿を目にするたび、怠惰自分を痛感し、アナウンサーの顔が映るたび、鏡の自分を想起する。私の居場所はいずこにありや。やがてテレビも見なくなった。

 さて、私はこの日記を「吾輩は無職である名前は言えない。」で始めようかと思った。己の憐れを笑い飛ばせるくらいの朗らかさが欲しかった。ところがこの通り、筆致はだんだん暗くなっていく。まあ無職から仕方ない。最後に、ついこの前、海へ行った話を綴って、明るい気持で筆を擱こう。それは、とてもよく晴れた、穏やかな日だった。太陽の光が海のおもてをきらきらと照らし、寄せてはかえす波の音がたえまなく響く。突堤で腕組みして獲物を待ち構える釣り人、のんびりとウォーキングを楽しむおばあさん、浅瀬に浮かぶカモの群れ、軽やかな足取りのミニチュア・ダックスフント、波打ち際できゃっきゃ言いながら貝殻を拾う女の子と、それを嬉しそうに見守るお父さんお母さん。おや、あそこの男の人は、どこか悟り澄ましたような目つきで大洋のかなたを遠望している。同志だろうか?(失礼)

 「明るい気持で筆を擱こう」と書いた。でも、このかぎりなく静かで、平和海岸に臨み、やわらかな潮風に身を任せていると、明るさも暗さも、楽観も悲観も、全部きれいに吹き払われて、どこかへ行ってしまう。不安や焦燥はしぜんに消え去り、自分無職であることさえ、いつしか忘れている。そこには何もない。あるのは広い海だけ――青空をのびのびと泳いでいるのは、カモメカップルだろうか。仲睦まじく羽を交わしている。幸せそうでちょっとむかつくけれど、もう人(鳥)と比べるのは止そう。カモメには、カモメカモメによるカモメのための鳥生があり、私には、私の私による私のための人生がある。お前らは、勝手にいちゃいちゃしてればいいのさ。

2017-01-30

耳の穴の毛ってどうやって処理してるん?

ごろごろ寝返りしたら耳穴がゴワゴワして痒くてイライラして何なんだと思ったんだけど

これ、毛が原因だよね(これは耳毛??)


鼻毛鼻毛カッターがあるし、手でだって抜けるけどさ

耳の穴の中の毛なんてどうすればいいんだ

途方に暮れる

2017-01-13

チケットカッターをはじめてかってみた

昨日届いたけどまだあけてない

眉毛鼻毛と耳下をこれで処理するんだー♪

2017-01-07

http://anond.hatelabo.jp/20170106142609

顔が脂ぎってなくて

鼻毛出てなくて眉毛カットしてて髭剃ってて

歯を磨いて風呂入ってクチャラーじゃなければ一応OKだよ

2016-12-31

[] 鼻毛はなぜ直毛なのか?

直毛というと語弊があるか。でも、ゆるくカーブしてるだけ。

ゴミや埃の捕集

・水分の保持及び供給

上記の目的考慮すれば、チン毛やスネ毛より鼻毛こそがチリチリカールしているべきではなかろうか?

2016-12-28

http://anond.hatelabo.jp/20161228182841

最初鼻毛かと思った。

長さは2.5cmぐらいあるがお宝毛かね?

一本だけ生えてる乳毛みたいな?

2016-12-21

なんか耳の中がもぞもぞする・・・でも髪が耳の中に入ってるわけでもないし・・・

と思ったら耳毛が原因っぽい!

ショック!!!

定年過ぎたの父親耳毛がすごいことはしってたけど、まさか30でこんな耳毛がはえてくるとは・・・

鼻毛だったら小さいはさみで鏡みながら切れてたけど、さすがに自分の耳の中は鏡でみるのは難しい・・・

めんどいけど耳鼻兼用っつーことでエチケットカッターかうかなあ

2016-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20161215140257

え?

ビッグワード食ってクソ下痢パクリサイトを垂れ流すバグを直せというのが超能力に値するのか?

いやーGoogleにはハードル高すぎたようですね、超能力リクエストしてごめんちゃいね

なのでGoogle以外のエンジンも使って負担を減らしてあげようってことをお勧めしてるんだけど

君は大好きなGoogleが超難解なテーマに取り組んで5年以上なんの成果もあげてないのにこれ以上苦しめというの?

いくら愛してるからってこれ以上はDVなっちゃうよ

もうGoogleパンダ疲れたんだから餌を食わすのを減らしていかないと、休めてあげないと

それが本当の愛ってもんだよ

というか詳細設定するくらいなら最初からbing使えよ

脳みそ狂ってんのかお前は

なんで使い物にならねってとこまで言っといて介護してまで歩かせようとするんだよ

どんだけ惚れてるんだよ

長年連れ添ってきた伴侶の欠点も愛せる領域に入ってるよ

真実の愛だよ(※本当の愛ではなかった)

糞塗れ同士お似合いだな

同じビックワード検索でもMSNbingのが何倍もマシってまともな脳細胞持ってたら分かるはずなんだけど

お前の思考には何のフィルタが掛かってるわけ?詳細設定しすぎでごわす?

その色眼鏡いつから掛けてたのか遡ってみたら?

眼鏡を外すとドブスだったから、千年の恋も冷めて顔面に拳ぶち込めよ

鼻毛出てる上に、めっちゃ小声で「金、金、金、金、金、金、金、金…」って呟いてんぞ

お前の連れって後ろに引っ込んでローマ字で遊んでるときはイキイキしてるけど、

仕事になると露骨に不機嫌な顔になっておざなり対応して定型文を読み上げるだけだな

んで読み上げたあと満足げな顔して後ろに引っ込むと

気づいたらそっからが本当のスタートから(※真実スタートではない)

2016-12-01

ざっくり「関西弁」と言われると「関西標準語」的なふわっとしたものを指す言葉として認識している。

恐らく大阪京都あたりの言葉ベースに、関西圏の人同士なら割とすんなり意味が通じる程度に方言マイルドにしたような何か。

実際に概念としてはそういったものはできつつあるらしい。 → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E8%A5%BF%E5%85%B1%E9%80%9A%E8%AA%9E

私は実家兵庫住まい京都なのだが、確かに同じ近畿圏だけど、実家自然と話す播州弁と、

職場関西圏のいろんな地域から来た人たちとの間で自然と使っている、京都弁とも大阪弁もつかない言葉はだいぶ違う。

でも明らかに標準語とも違うから名前を付けるとするなら関西標準語とか関西共通語とか、まあそんな感じになるよね、みたいな言葉

自分も周囲も標準語を話そうとすると「キショい」「サブイボ出る」となって落ち着かなかったり(なんか歯茎や首筋や鼻毛がムズムズする)、

たまに関東から新人がくると、新人が口を開く度にツッコミを入れずにいられない人が社内にも社外にも何人もいたり、

イントネーションの違いを関西風に直しつつ意味確認しないと違和感が気になって会議で話が進まなかったりして、

実際にコミュニケーションの妨げになってしまうので、話し言葉として標準語を使うという選択肢最初から排除されている。

なんならビジネスの場面でうっかり標準語を使うと、発話者が標準語話者であるという前提を知らなかったり、うっかり頭から抜けていると、

受け手無意識のうちに「余所余所しく信頼関係ができていない」「バカにされている」「煽られている」「ケンカを売られた」といったネガティブな印象を持つことがあってマジで危険

関東からきた新人を連れて行ったり、丁寧に敬語で話そうとしすぎて標準語っぽくなった際に、

えらくぶっきらぼうなオッサンから急に「自分(出身は)関東?」と聞かれることがあるが、その辺のスイッチを切り替えるために必要確認だったりするのだと思う。

裏で「やっぱ関東出身アカンわ、しゃべり聞いとるだけでかゆーてしゃーない」などと言う事はあっても、大体表面上は態度をスイッチしてくれる。

そんな環境なので、関東から就職してきた新人も、数年もしない内に(必要に迫られて)自然関西標準語話者になるのだが、

そういった人たちは「関西標準語」は使えても関西のどこかの地域方言を使えるわけではなく、

かといって関東に戻ると「関西弁になってる」と指摘されたりするという妙に宙ぶらりんな感じになるようだ。

2016-11-28

陰毛を刈りたい

でも髪の毛用のバリカンはでかくて手入れ大変だし、ごついかコントロールが大変

何がいいんだろう

眉毛バリカン鼻毛バリカン

デリケートなところに向いてるって意味では後者かなあ

でも面積の広さ考えると効率は悪そう

何がベストプラクティスなんだろうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん