「人身御供」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人身御供とは

2017-04-21

ギャンブル依存症パチンコばかり叩かれるのはおかし

という業界人の主張があったわけだが

ギャンブル依存症の着地点はパチンコを叩いパチンコを含め公営競技にも取材をかける中で、一番たちが悪いのが競馬だという。

競馬子供連れでも行ける環境を整えているが、あれは将来の競馬ファンを育てるための作戦です。実際、子供に予想させている親もいますからね。まず、子供連れ入場は禁止しないと公平さがないと思いますさらに、3連単WIN5射幸性をどんどん上げて行っています公営からと言って射幸性を上げることや子供の入場を規制しないのはおかしい。ギャンブル依存症問題パチンコ人身御供にして終わりじゃないでしょうか」て終了か?

http://pachinko-nippo.com/?p=28503

あいつ(競馬)もやったのに俺(パチンコ)だけ怒られて腹が立つだって小学生かよwwwwwww

パチンコギャンブル依存症患者を増やしたのは事実。全国津々浦々に1万店近くもある事自体さら拍車をかけているね。

そこをよーく業界は考えろ。射幸心を煽る商売をやっとるんだから遊技者の自己責任はいえない。

遊技の範囲内であれば一日1万円以上は使わせてはダメだと思うが。

2016-12-14

NAVERまとめは何を言われても逃げ切るつもり満々なので、そういうヤツ

ここまでの顛末対応を見て、たいていの人は薄々感づいているはずだ。「こいつ、どんだけ炎上しても逃げ切る気だな」と。

NAVERまとめへの批判記事殺到している昨今だけれど、ここまで批判されていてもNAVERが腹を切る絵図はいまいち見えてこない。「批判は一部のもの」と取り扱い、なし崩し的に現状維持を試みているようだ。民草の怒りが別の対象に切り替わるまでやり過ごそう!と、事の解決時間に求めているようだ。

しかしもちろん「じゃあ野放しにしておこうぜ!」っていう流れに話は転ばない。戦は大将首を落としてこそ完結する。DeNAを討って一国を滅ぼした今の反乱軍の勢いを鑑みればそれはなおの事だ。

ではNAVERを打倒するにはどういった手段に出ればいいのか。以下は1+1=2!ぐらいのみんなわかりきった話だ。再確認みたいなものだと思ってほしい。

広告主に被害を及ばせる

著作権侵害助長するNAVERへ未だに広告出稿する倫理観の低い企業のまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2148162947661675701

薬機法ロンダリングをして更に著作権侵害助長する小林製薬PR記事まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2148168906592981501

出資元を殴って補給路を絶て、という実に戦略的なやり口。相手が長期戦を望むのであれば兵糧攻めは基本である

NAVERだって迷惑行為リスキー著作権侵害慈善事業趣味として敢行しているわけではない。そこにお金が発生するからである原動力お金。ならお金を彼らから切り離そう!という手段だ。

Googleを始めとする検索エンジンに訴えかける。

https://support.google.com/sites/answer/116262?hl=ja

目につくから鬱陶しいのであって、人が見ないところでひっそりとやっていれば気にすらならないし、日を浴びなくなればいずれ自然に枯れる。

NAVERまとめ流入の大半はSEOだ。検索エンジンから根をこそげば流入ストップする。検索エンジン一種インターネットの神様みたいなものなのでいくら大企業はいGoogleに見捨てられればこの地に生きるすべはない。

死人を出す

NAVERまとめときで人が死ぬとは思えないが、これを原因に死者が出ればいっぺんに社会現象になるのでは。「死んだ」という事実はなんだかんだインパクトがある。各メディアもこぞって取り上げたがる。

インターネットクリーンにするための人身御供を買って出る優秀な増田ブックマーカーが待たれる。

意味があるかは謎

結局今はたまたま矢面に立っているのがNAVERなだけで、DeNANAVERデカいところが死滅していったところで、その部分に零細が滑り込むだけであって、単なるいたちごっこなんじゃないか

話題沸騰中!今注目のキュレーションメディア50選

http://anond.hatelabo.jp/20161210211949

SEO及び検索エンジン一神教である今のインターネット根本構造を変えない限りは根本的な解決にはつながらないと言える。

かといって、極端に厳しすぎる著作権システムや、メディア概論がまかり通ってしまうと、SFありがちな、極端な正義しか許されない清潔ディストピアのような状態になることだろう。

きっと著作権の厳しさを利用した詐欺まがいの手口も横行する。

そうなってしまえば反乱軍がそのまま山賊化し村々を荒らした末誰も住めないインターネットはたやすく完成することだろう。

場当たり的に役に立ったまとめ、キュレーションは確かにあった。アレ自体が完全な悪とも言えない。基本情報の全てをWikipediaに任せるのもちょっと味気ない。

この転換期にちょっとでもインターネットの在り方がいい方向に行けばいいな、と思っている。

2016-12-13

パクリ炎上がとてつもなくショボい落とし所目指して胴体着陸寸前

なんか一人の人身御供で済みそうな感じになっててびっくりした。

まぁ、散々はしゃいで責め立ててた人達本丸なんか落とせないのは分かり切ってたよな。

相手が守勢に回り始めた段階で「自分達がなんの後ろめたさもなく勝ち鬨を上げられる落としどころはどこだろうか」って思ってたんだろう。

そこへ事態の沈静化のために生贄が差し出されれば、これ幸いと飛びついて「俺たちの倒すべき諸悪の権化はこいつだったのだ!」って言うわけだ。

元々暇つぶしネタとして遊んでただけだから長々と追求するほど興味も無いし、仕方ないよな。


あ ほ く さ

2016-12-12

ジャングルジム人身御供してたのをみんなで燃やして遊んだのがもう遠い日に思える……。叩くネタ毎日のようにいっぱいありすぎて困っちゃうね。

2016-09-20

贄の形 (未見の方注意。ネタバレがあります)

小さい頃に小動物を殺しては人の目に見える場所放置し、写真を撮り拡散させることで「神への捧げ者」とする秘密めいた儀式を行っていた将也少年が、ある日人身御供として地鎮の儀式に捧げられようとする少女・硝子に恋をする。

しかし、将也少年組織のしきたりには逆らえず自ら硝子を神への生贄として捧げてしまうのであった。

そして後悔に苛まれながらも青年になり、広い世界を旅するようになった将也青年は、世界中で今も行われている「生贄」の様々な<形>を目にするのであった。

2016-08-27

24時間テレビはどうでもいいし、全く観てないが、観てないなりに100キロマラソンはいい加減もうヤメれば?という気持ちはある。現在人身御供間寛平の罪は大きい。

2016-05-02

やったやつが悪い。原因者は関係ない。やった奴が悪

俺は間違っていないんだ周囲が悪いんだ、という人の意見は確かに間違っていないが、

強情だし反撃してるから不愉快に受け止められる、なんて言われたことがある。

俺の感情部分に妥当性もクソもないので、話自体を取り上げてその正当性を取り扱ってくださいと言いたい。

小学校教育もこんなんだった。陰湿ないたずらにキレてしまった子供がまず責任追及される。

陰湿な連中はそのまま隠れてやり過ごしていて、いくら弁解しても馬鹿先生は聞きはしない。

そりゃあまあ連中なんて仕事が回ればいいだけだし、生徒の問題一見丸く収まるなら誰が邪悪だろうが多勢を取るんだろう。

人身御供が一人いたら災厄が収まるならサンドバッグになってくださいという恐ろしい社会日本社会

サンドバッグが助けを求めてもそこに人道が発揮されることはない。

サンドバッグという「なんとなく」は共有されて一般化される。

この構造は行動が素晴らしく結果なんて二の次という綺麗ごとに対して面白いくらい矛盾する。

事の起こりに対して真摯ならばいじめの根幹が多勢にあったことをすぐに調査するはずだ。

日本人は結果が全てで過程は見ない。臭いものに蓋が日本人本質だ。

2016-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20160322012229


MR?そんなんで人身御供になるこっちは溜まったもんじゃないな。治験やり直してくれよ。

2016-03-18

森喜朗のことを「あの人はサービス精神旺盛だから失言に繋がる。」とか庇う人たちがよくテレビの中にいるけど、

お金でも貰ってんのかな?弱みでも握られてんのかな?

不出来な息子の命を人身御供差し出したからまだまだ人の目につくところで活躍できるんでしょうか。

この人は老害じゃなくて若いから害だったよね。

こんなの国会議員に選出した選挙区の人たちは猛省してほしいわ。

2015-10-21

http://anond.hatelabo.jp/20151021131330

kyoumoe氏とかやまもといちろう尊師のところに集まってるのはそんな感じだと思う。みんなでキャンプファイヤやってる集まり。いや、人身御供か。

2015-08-22

漫画家アシスタントが背景をコピペした場合って、、

やっぱ「アシスタントがやった」と言ったら責任転嫁と言われ、

漫画家失格という声がネットにあふれるんかね?

アートディレクターデザイナー関係って、まあそんな感じと結構近いと思うんだけど、

「背景をアシスタントに書かせたんなら、ペン入れ・スミ入れをアシスタントがやってんなら作者名義で出すな!」とか言われないのは、

漫画はこういうものですという常識認知度の違いなのかな…。

いや、もちろんサントリー佐野仕事は雑すぎると思うし、明確に悪いことしたと思うけど、

政治家秘書切りと違って誰かを人身御供差し出してないし、自分自分事務所名前だけでちゃんと責任受け止めてると思うのよ。

2015-07-05

友達増田わかんねーって言うから

試しに人身御供になってみる。

増田はてなブログで、はてブはてなブログだと思ってたんじゃないかな。あるある。

はてなアカウントは作らせたしあとは書くだけじゃん?

面白いネタ持ってんだから早くおいでよ。

待ってる。

2015-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20150627163356

そうだね。

今調べたら木原稔さんはJALパイロットだったらしく、何の後ろ盾もなく政治世界に入ったみたいでより応援しようと思った。

松野さんは幼稚舎から慶応熊本代表とは思えないしね。

あと木原稔さんが失脚することは、改憲に向けて維新の党と組みたい自民にとってはマイナスじゃないのかもしれない、まさか人身御供ではないがそういう取引があってもおかしくないなと思った。

陰謀論だな。考えすぎた。

2015-06-25

報道不都合問題から目を反らせようとしている

報道機関は実際に一番の原因である不都合な真実から目を反らせようとしているよな?

いくつかあるんだが

社会保障制度国家予算がどうのと公務員人身御供にしているが、実際圧迫しているのは外国人生活保護

少子化問題なのは若者正社員になれないので金が無く結婚出来ない、それを「若者結婚意識の変化。」で片付けようとし移民を入れれば良い等とほざいている。少子化移民外国人参政権日本乗っ取りとなるような気がしてならない。

全体的に外国によって日本が終わる方向に報道機関誘導している様にしか感じない。

2015-02-18

無能派遣の書き捨て。現在職場に来るまではデータ入力資料発送をやってた。

前の派遣先システム入れ替えのごたごたで地方撤退ってなったもんだから転職

ほとんど間が空かなかったことだけは良かった。

派遣された会社組織改革最中で、3年くらいかけて旧式から新式に変えていくのだという。

その移行作業の大体を任されることになった。この時点で逃げれば良かった。

既に新体制に移行が完了した部署があるので、そこの人に都度聞きながら仕事を進めている。

そこは物理的に距離があるから電話メール、時にはこちらから出向いて相談

そうやって確認しながら仕事を進めていっても、現状旧体制仕事をしている人たちからは非効率とか、

そんなやり方は認めない、間違っているなどと批難される。

最近自分知識不足が目立ってきて、状況が複雑になると対応しきれず、いつもいつも不安

せめて、新体制旧体制かのどちらかである程度の期間、仕事をしていたなら

もっとスムーズにできたかもしれないのに、といつも思っている。

今まで確実な答えがあって、(性格等に難があっても)教えてくれる上司がすぐ近くにいたから、

派遣派遣からと気楽に仕事をしてこれた。

答えのない仕事がこんなに恐ろしいとは思わなかった。

から契約期間満了で辞める予定。あと2カ月くらいあるけど。

仕事できなくてごめんねー☆ 穴が空くけど私ごときですのでちっぽけなもんだと思うし

人気の業種らしいからすぐ人身御供が見つかるよっ!

あとパソコンことなんでもかんでも聞くのやめてね! 目の前にあるのはただの箱なんですかね?

明らかな人不足で残業が多いのは別にいいけど、同じ立場の人がいないのが本当に辛かった。

誰にも愚痴が言えなくて、でも憎悪を撒き散らすのが嫌だったから1年くらいずっと溜め込んだら爆発しちゃったよ。

爆発してから知ったけど、同じくらいの時給で、責任とかストレスを感じずに働けるところが結構あるみたいだから

わたしそっちに行きま〜す!

まれるかもしれないけど、それに同じ部署の人たちはみんないい人たちで何一つ返すことが出来なくて申し訳ないけど、

もう限界でーす!無理でーす!この縁が切れたら終わりなのが悲しいけど会わせる顔もないしな。

今まで色んなところに行ったけど、一番尊敬できる人たちだったから、裏切る形で去ってしまうのが心残り。

欲を言うならば、もう少し、なんとかしてほしかったな。

2013-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20131224193430

戦後天皇制が残ったのはアメリカの判断なのは分かるけど、

であればこそ、

ただそれは日本には無くてはならない存在から

これはなぜ?

合理的な判断よりもお上鶴の一声に従う習性を見抜かれてたってわけ

これは全く違うと思うが。

鶴の一声に従うなんてのは民主的な政治が始まるより前は世界のすべてで行われてたこと。

日本天皇に関しては、戦前宗教的な感覚も伴って少し異様なほどではあったが、

世界歴史をみればそれ程異質なことでもないでしょう。宗教がらみの戦争なんてモット悲惨もの世界には沢山あるわけで。

戦後の当地の際、天皇を利用して鶴の一声でまとめ上げてやろう、なんてことはアメリカは一切考えて無いでしょう。そのような根拠はどこにもない。


アメリカ戦後天皇を残したのはどちらかと言うと本気で天皇と言うものに、そう言った宗教的な、というか文化的大事さを感じたからだと思うが?

戦争時でさえ、京都とか空襲しないとか、よく分からん文化的尊重見たいのはするわけで。

もちろん、日本植民地化して力で支配しよう、というのとは少し違ったやり方で統治しようとしたわけで、日本の反感を最低限に抑える意味があったことは確かだと思うけど、

天皇による支配、はむしろ完全に撤廃する方向で動いてたと思うけども?



そんでいま、

悪意を持っていえば象徴としての天皇人身御供みたいなもんだ

ただそれは日本には無くてはならない存在から

こんな言い方で片付ける様なものではないと思うが。

あえて"必要"という意味合いを付けるのであれば、日本の文化的な物を一子相伝で継いでいる人達、ということであろう。

歌舞伎なんかでそういうものは当たり前にあるわけで、小さい頃から他の人とは違う生活の中、伝統をつないでいる人はまだ居るわけで。

それらと天皇を比べるのはどうかとも思うが、人道的見地から言うと、同じ様なものでは?

現代社会の中での必要性、と言う意味を持ち出せば、そういった日本の文化の1つとして、という意味合いが最も強いと思うし、逆にそれ以外に正しい答えは無いと思うが。

http://anond.hatelabo.jp/20131224182831

悪意を持っていえば象徴としての天皇人身御供みたいなもんだ

ただそれは日本には無くてはならない存在から

そんな人権がどうこうみたいなもっともらしい理由で無くすことなどあってはならない

生まれながらにして天皇であることを義務付けられるからこそ貴いのであり、

我々日本国民尊敬してやまない絶対的象徴として存在できるのである

もしこれが選挙制、希望制にしたらどうなるか?

それは今の政治を見れば火を見るより明らか

2013-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20130929222131

ほぉ、もともとそこで営まれていた経済活動がほぼすべて失われてるのに失われてないと?

後始末に駆り出された人身御供が細々と生活するだけの地域が国土として体を成していると?

笑えるわ。

2013-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20130618095117

いや増田が嘘ついてるとかそういう話じゃないんだよ

その辺の増田世界認識をまるっと採用するとして(採用してもイイと思うんだが)

とすると元増田に対しては「お前は底辺の人材から派遣会社に登録して炎上案件人身御供PGとして投入されて精神コワしてそのまま二度と仕事斡旋を受けずにひからびていくのがいいんじゃね?」ってのになるだろ。

実際それでイイと思う。一件落着。

2013-06-14

出版社がなんで電子書籍ばんばん押さないのか?

というといろんな理由があるんだがおそらく最大の理由は「売れないから」。

ネット見てると待ち望んでいるユーザーが山のように錯覚しがちだけどまじで売れない。

「値段が高いからだろう」とかいっても違う。フェアで価格を2割まで落としてもなお売れない。

本作ってるのは現場から会社の方針で電子書籍出そうぜって言われてもあんまり売れないと現場の心が折れる。

物理媒体の本というのはその部数が最大の広告宣伝だ。

いっぱい刷れば全国の書店に並ぶ=陳列面積が増える=リーチする機会が増える=読んでもらえる。

その上で内容が面白ければ口コミが開始されて売れ数が増えていく。

電子書籍はそこがダメダメだ。電子書籍のストアというのは人が行き交う場所になってない。

物理書籍とはまったく違う広告というか導線の作り方をしなきゃならない。でもその予算ノウハウはまだ未熟。

こんな状況で売れるかと言われれば売れるはずがないのだ。

すべての書籍出版社私有財産ならばいい。

でも実際には多くの書籍は著者の作品を出版社出版権を得て出版してるに過ぎない。

「アンタの作品たぶんぜんぜん売れないけど電子書籍興隆のために人身御供にさせてよ」とか編集者としてはすごく言いづらい。鉄砲玉扱いなのだ

てか、そもそも100冊も売れない電子書籍の話で新刊2万部売れる作家のワークタイムを浪費するのもなんかちがう。

心の問題なので難しい。「その仕事求められてないッスよ」と市場に言われてるわけで。

2013-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20130515230638

兵隊に性処理目的人身御供差し出すのが社会にとっての必然などと言って憚らない男は、金をもらって他国の兵隊に自分の身体を差し出してみればよろしい。そのとき自分の心情が想像ができずに、自分が男であることが男の性に対して安全地帯であるかのように自分以外の誰かの務めに転嫁してしまうからこそ、女という性の解放者ではなく男という性の処理者として扱われる女性リアリティ想像できないんですよ。



女にだって性欲とか性愛はある

なのに、女はいだって、男の性欲のはけ口、男の性欲の便所としてしか扱われない

そういう女の心情を想像できない男が「兵隊は風俗に行って性欲を発散しろ」とか言い出す

ってことだろ

まあ風俗の全否定だな

これが現在性風俗業界現実に対する批判なのかどうかは分からん

まり風俗業界ブラックじゃ無くなればいい話なのか、

そもそも他人の性欲を満たすことで金を稼ぐことそのものが悪だって話なのか

そのへんが分からん

2013-05-15

流行性風俗の話がいろいろよくわかんない

よくわかんない。

橋下さんの発言に対するいろんな批判とか、yellowboal(綴りこれだっけ?)さんの言ってることとかが、よく理解できない。

理解できない、ってのは批判の意で言ってるのではなくて、理解できないものは理解できない。

理解できないから反論もできない。

とりあえず、橋下さんの発言(アメリカの軍の人に対して「レイプ減らすために性風俗もっと活用してくれ」)について、最初の印象としては「あー、そうかもね」だった。

性風俗もっと活用してくれればレイプ減るのでは、ってところに、素直に同意した。

でも、その橋下さんの発言がたくさん批判されてたので、ちょっと考えた。

しかしたら、性風俗に対する現状認識が、私と彼らでずれているのではないか

まあずれているとしたら「性風俗の望まぬ従事者」が私が思っているよりたくさんいるのではないか、ってことなんだよなあ。

「望まぬ」ってのはかなり広い意味で使っていて、つまり本人が「納得」していても実質「性風俗業に就くこと」しか選択肢がないのならば、ここではそれは「望まぬ」従業とする。

もし性風俗に望まぬ従業者がたくさんいて、その現状を認識しない、あるいは認識していても無視した上で、「性風俗もっと活用してくれ!」と言ったら、それはまあ彼女ら(と彼女らの気持ちを汲む人)からしたら憤るにたるものだよなあ、とは思う。

さらに言えば、社会構造性風俗業の性質からして、(そういった事態があるのだとしても)解決は容易ではなくて難しい話だなあ、とも思ったりする。

まあ、実際にその望まぬ性風俗従事者がどれくらいいるかってのは調べてないので知らんのですけども。(ブコメとかで誰か教えてくれ)

ただ、この話の一番の論点はそこだと思うし、橋下さんの発言に同意する人と批判する人がすれ違いまくってるのも、そこの認識のズレが原因じゃないかと思うんだよなあ。


って、ここまで書いてからyellowboalさんの書いたやつをまた見てみたのだけど、

兵隊に性処理目的人身御供差し出すのが社会にとっての必然などと言って憚らない男は、金をもらって他国の兵隊に自分の身体を差し出してみればよろしい。そのとき自分の心情が想像ができずに、自分が男であることが男の性に対して安全地帯であるかのように自分以外の誰かの務めに転嫁してしまうからこそ、女という性の解放者ではなく男という性の処理者として扱われる女性リアリティ想像できないんですよ。

このくだりの意味はやっぱりよくわからんな…。

yellowbellとかいう最低の差別主義

http://h.hatena.ne.jp/yellowbell/13016699060968089

兵隊に性処理目的人身御供差し出すのが社会にとっての必然などと言って憚らない男は、金をもらって他国の兵隊に自分の身体を差し出してみればよろしい。

取り繕ってみせても根本的なところで馬鹿というか品性が卑しいもんだから、ついつい我慢できずにこういう言葉をうっかり書いちゃうところが左翼の悲しさというか。そもそも性的充足というもの健康文化的な生活を営む上で不可欠なファクターでありそれを追求する権利もまた侵すべからざる権利であって、要は「医療を受ける権利」とか「新聞を読む権利」と同様に他国の兵隊には性的充足を贖う権利がありますよというだけのことじゃないの。それで俺と兵隊さんの間に合意と取引が成立し俺が兵隊さんのチンポしゃぶって尻穴ねぶって金貰ったときの心情がなんだって? そりゃあ、俺が奴隷だったら辛いだろうけど、でも今回は自由意志職業選択で双方合意なんでしょ。なんか問題あるんだっけ?女には売るものがあっていいよね、というアレは昔は冗談だったのかもしれないけど現代じゃなかなか冗談にはならないというか、リストラくらって明日からどうやって生きてこうってときタクシー運転手売春婦か選べるとしたら俺なら売春婦にするかなあ。

まあでもyellowbellさんが格別お花畑ってわけでもなくて、現代日本における左翼の不可能性というか、けっきょく彼等オールドファッション左翼たちはこうやって慰安婦だのフェミニズムだのみたいなアカデミック領域で遊んでばっかりだったから結果本来左翼オルグできたはずの連中がみんなネトウヨなっちゃって非常に残念。軍隊や性産業非人道的なのはもちろん仰るとおりなんだけど、それはそれとして大部分の人間毎日通勤ラッシュに揉まれノルマに追われサビ残(無賃労働!)に拘束されカフカも真っ青の歯車生活を送ってるわけで、そこに「女性の性を搾取する構造が!」とか言われても困っちゃうっていうか。でも本当はそこで困っちゃうのはおかしいはずで、歯車リーマン風俗嬢脱走兵連帯結社して尊厳を回復せんと闘争する未来もあり得るはずなんだけど、すくなくともyellowbellみたいな旧世代型の左翼はその連帯ビジョンを提示するのに失敗してるし、そもそもそういうのにあんま興味なさそうにすら見える。

まあ、でも無理だよね連帯とか。たしかに俺達プレカリアート非人道的社会にあって尊厳を損なわれてるし団結して闘争すべきなんだけど、ビッグブラザーなき脱中心的現代社会においてはもはや派遣会社社長ネオヒルズ族ユニクロ社長も俺達と同様に尊厳を損なわれてるわけで、だからそもそも資本家vs労働者みたいなアングル自体いい加減無理があるし、それを「連帯できないのは左翼責任! ビジョンを提示しろ!」とか言っちゃうのもさすがに無茶というか背負わせすぎかなあとも思う。

http://b.hatena.ne.jp/Midas/20130514#bookmark-145552818

Midas ポストダニティ 石原が「原理」と言ってるのは正しい。「日本原理主義化した」と書いた通り。皆『本音vs建前』と捉えてるが誤り。「ドグマとは反論の余地がないもの」とも書いた。橋下や石原を憎んでる者から彼らの同類になってく

橋下の発言は「(おまえんとこの)兵隊は動物でありほっとくと婦女暴行してしまうのでガス抜き必要」というきわめて侮辱的な視線から出てるのでまあアメ公が顔色を変えるのも当然なんだけど、あれに対するアメ公側の反応って「海兵隊永遠であり海兵隊員は軍規完璧に守る」以外に有り得なくて、なるほど原理主義という解釈は興味深い。同じ侮辱でも「いやーそちらさんと違って日本女の子可愛いですからねー、ついついレイプちゃう奴が出てくるのもわからんでもないですけどねーエヘラヘラ」くらいで済ましとけば双方平和なんだろうけど、ひとたび主語デカくしちゃったらあとはもう誰も幸せにならんよな。

2012-07-08

親の立場としていじめリスクにどう立ち向かえばいいのだろう

子供被害者になるリスクはもちろん、

直接の加害者なるリスク、そこまでいかんでも傍観者としていじめに加担しちゃうリスク

いじめがおこらないにしても、学校にいる間に大人というもの失望してしまリスクまで考えたら

親にどこまで出来るんだろうってのがわからなくて頭を抱える。


いろいろとホッテントリしてるネット記事を見てみたが、

子供を持つ親として見た時に、少しでも役に立つ、安心できると感じられるものがなかった

から悩みを書くので、できれば何か一つでいいか安心できるような言葉が欲しい


http://anond.hatelabo.jp/20120708005809

蒼井そらメソッドktkrマジでAKBゲートキーパーよりこっちやってくれ。


http://togetter.com/li/333798

いじめられる側にも落ち度がある」と当然のように語る人がいました 吐き気しました この人いじめてた人だなって直感しました

この人自身は被害妄想だと自覚があるぽいからいいけど、いじめられてた側が抑圧を内面化するなんてしょっちゅうあることなので、「いじめられる奴が悪い」発言だけをとりあげて、気に入らないやつを「こいついじめてたやつだ認定」するような安易な判断をする奴は、状況変わるといじめる側になりそうでやだなぁ。

http://togetter.com/li/334271

・無策のまま繰り返される「祭り」にしか見えませんねもはや

日本は「社会問題社会問題として扱わない」

私もこんな気分。もうこの問題について本腰入れて語る気になれない=社会が問題を解決してくれることを期待できなくなってる。 そんで自分の子供だけは守ろうっていう発想に逃げたい誘惑が強い。しかしこの私の態度が、子供まで傍観者気質にしてしまい、結果としていじめを後押しする立場にしてしまうの可能性とか考えると、子供をムキムキに鍛えようかとかずれたことばっかり考えてしまう。


http://hamusoku.com/archives/7245750.html

なんかもう、自分の子供の将来のことで頭がいっぱいで、

申し訳ないけれど、こういう個別の事件について、細かくどうこうって考える余裕が無い。

なんかここにいる人たちって、本当に子供のこととか考えてやってるんだろうか?

どんだけ上手に皮肉を言えるかを競い合ってるだけのような気がする。不毛だ。

少なくとも私はこの記事を見て、何一つ心が癒されることがなかった。 どうすれば安心できるのだろう


http://d.hatena.ne.jp/goldhead/20120708/p1

多くの家庭はその「自衛力」がない(と思い込んでる)から学校子供人質いや、人身御供に預けざるをえないんだと思うんだよ、情けないけど・・・子供学校に送り出さない=反社会・反ムラ的な人間だとおもわれることに耐えられる父親・サラリーマンがどれだけいるんだって言うね。

もちろん、いざいじめられたら全力でかばう、お前は悪くないって言ってやる「つもり」ではいる。

社会認識が今のレベルなら、胸を張って子供のほうが大事って言えるだろう。

でも、将来より社会陰湿になってたら?「子供普通の子に、社会が求めるような子に育てられない親は社会的に排除されるべき」みたいなことになってたら? また、その時に自分に余裕がなかったら?「困ったことになった」とか「迷惑だ」とか思っちゃったりしないかから怖い。自分開き直りきれるほど強くないせいで、子供につらい思いをさせることになるかもしれない。

ネガティブなことばっかり考えてしまう。


もっと親として強くなりたい。他の人なんかどうあれ、自分家族だけは護ってやるって自信を持ちたい。

でも、地震のせいで職を失って、かろうじて次の仕事見つけたけど給料だだ下がりで、将来の展望に自信が持てない。

そんな時に、社会とか周囲のことは知らない、俺は俺だとか強く胸を張って言えない自分が情けない。

2012-05-14

ああ、みんな「嵌っちゃったんだな」と思ったとき

最近のソシャゲ問題、自分は少し勘違いしていたようだ。

というのが、作ってる人たちは「これ、正直やばいけど稼げるし短期決戦で得るもん得ていこうか〜」くらいの気持ちでやってるのかと思ってた。

実際この考えの人は少なからずいるはずだ。

あるいは、「ヤバいけど、ライバル会社もやってて生き残るには自分も参加するしかない。」っていう、

ある種の邪悪チキンレースに乗ってしまっている事を自覚してる人たち。

この人たちは、まぁ、邪悪だけど仕方ないのかなと思う。

※なお、本当に本当の意味で『邪悪』な人たちはとっくの昔に上がりを頂戴して既にあの場にはいないはず。

 少なくとも某女史は完全に逃げ切ったのかなと。



けれども、どうも中の人たちのレスポンスを見る限り、「俺たち悪い事してねーし!」みたいなことを本気で考えている人たちがいる様子。

この人たちはヤバい。何がヤバいかと言うと、「罪の意識希薄化」がされたことに一切気づいていないと言う点でヤバい。

そしてそのヤバさが、プログラマーっていう職業に対する社会認識が悪い方向に傾きかねないのでヤバい。

いや、もう手遅れだ。多分、後一年後にはIT業界に対する世間の目そのものが冷たいものに変わっているだろう。



まず僕はあの場で「俺悪くねーし!」って言ってる末端を攻めるつもりは無い。

(といっても役職持ちでこんなことを言ってる連中には残念ながら、だけど。)

けれども、彼らが嵌った「脱法的ソシャゲー開発」の一端は解き明かしておきたい。

何故なら、このロジックは非常に単純で、かつ効果がテキメン。特に技術職に従事する連中に対しては。



さて、例え話をしよう。

ある巨大なアプリケーションをこれから作るとする。

それは先端のライブラリを使い、高負荷をものともしない作りにし、

ユーザーフレンドリーなインターフェースであり、

またユーザーを飽きさせないよう常時色々なキャンペーンを打っていくアプリケーションだ。

ユーザー数は膨大で、アクティブユーザー数だけでも10万を超す。

このアプリケーション作成して運用するのは、いくら何でも一人では無理だ。

そこで仕事を分割し、プログラマーインフラエンジニアUXデザイナ、WEBデザイナーディレクター

アナリストPM、営業…などなど、それぞれの専門職を適切に配置し、

それぞれが自分の得意な事に集中できるようにする。

こうすることで、それぞれの専門職にとって雑多な事は、耳半分で会議を聞きつつうまく回る。



さて、次の例え話をしよう。

とある邪悪人間が、邪悪で脱法的な方法お金を稼ぐロジックを思いついたとしよう。

しかし、規模が大きいので人手がいる。けれども、他の邪悪な連中を誘い込むと美味しいところを奪われたあげく、

責任をなすり付けられる可能性が高い。

ならばどうするか?「普通の人」を巻き込めばいい。

でも、「この方法情弱を騙して稼ごうぜwww」というと、人は訝しみ、拒絶する。

けれども、その邪悪ロジックを分割して、分割したそれぞれの仕事違法ではないものにすると…?

あるいは、分割したロジックを事前に3つ前後の別のクリーン仕事適用して失敗して後が無い状況を演出しておき、

たかも「本当の」仕事の中で『偶然』結合してしまうと…?



ここで、だ。結合された後のサービスのありようを見て、「これって、ダメなんじゃない?」という人は必ず出てくる。

でも邪悪な人にとってはそれすら計算済みだ。

ここで、技術職の悪い癖を利用する。

技術職は「0か1か」での判断をすることに常にさらされているため、

そうではない世界でも「0か1か」で決まるものだと錯覚やすい。

テストパターンが緑を返せば緑だと信じる。

から駄目なテストパターンを置いておく。

テストファーストで、事前に使えない法務を置いておく。

「うちの法務に事前に確認しましたが、法律上問題ないとのことです」と。



※注意

法務の方々の名誉の為に言っておくと、システム邪悪さを理解して邪悪さを誤摩化す回答をする法務も一部にはいるが、

大勢は駄目なものは駄目だという人がほとんど。

そこで、邪悪な人は特定の条件下で起こりうる例外を提示して「それならグリーンだ」と言わせておき、

その例外を隠して「この前うちの法務に事前に確認しましたが、法律上問題ないとのことです」と

皆に説明すれば、普通開発者は「それで良いんだ」となる。



法律は「0か1か」に見えてそうじゃない。

少なくとも過去判例が出ていないものについては「0か1か」すらわからない。

ようは「未テストの項目」に過ぎない。

裁判所」というテストを通らない限り、「0か1か」なんて本当はわかるはずもない。

それも、テストの内容によっては関係するモジュールや実行環境タイミングによって結果が変わる事すらあり得る。

法務の言う「大丈夫」なんて、ようは自動テストやってない職場ベテラン開発者がいう「あ〜あそこはきっとOracleバグ(※ただし未検証」と同じ程度の回答だ。

(本当はOracleバグではなくそいつが作りこんだバグなのかもしれない。)



さて、普通技術者邪悪テスト結果をまんまと信じたら、あとは邪悪な人の思い通りだ。

まず、そのテスト結果を信じた普通の人は、他にも不審に思った人に対して「あれは問題ないって法務が言ってたよ」と伝える。

見事なまでに邪悪CIの出来上がりだ。

通常、CIは繰り返し同じテスト自動で行う。

が、ここでは同じテストを繰り返さず、過去レポート、それも又聞きのレポートを伝えているに過ぎない。

もう一度同じテストをかけていない。自分の目と耳で、法務から直接話を聞いていない。



また、結合前のクリーン仕事をしているそれぞれの担当者に取って、

結合後の姿より結合前の状態がその人の仕事の大半であり、「本当の意味での」結合後の姿を見てるようで見ていない。

単体テストバリバリこなすだろう。しかし結合後のストレステストセキュリティテストは専門外として見向きもしない。

いや正確には「何かあったら、専門の担当者が文句つけてくるはずだ」と待ちの姿勢でいる状態だ。

邪悪な人は、間違いなくその専門の担当者が各部署を回って抜き打ちテストやらせるなんて事はしない。

そもそも専門の人を社内に常駐させないか、もしくは置いても他の事(例えば他社とのライセンス問題など)にリソースをさくよう仕向ける。



こうして邪悪テスト環境が出来上がってしまうと、

開発者たちは「私たちの作っているものは正しい」と思い出す。

から否定されると「俺悪くねーし!」と言い出す。

分化された仕事のことしか見なければ悪いことは何も無いだろうね。

しかし…もう…嵌っちゃったんだなぁというのが外野からの印象。

まぁせいぜい人身御供になってくれ。

今回の件、役職だけではなく実務の担当者まで引っ張られる可能性はある。

裁判にかけられるかどうかは謎だけど、企業業界への揺さぶりの手段としては有効だしね。



なお、最初に言ったが本当に邪悪な人はもう既にあの場所はいないはずだ。

もう既に後進に道を譲るだの自分の力を別の場所で試したいだのもっともらしい理由を付けて、

普通の人々」に継承させているはずだ。

普通の人々」のその後がどうなるかはこれから物語なので、とても楽しみではある。



おそらく、なのだが、この件、ワーストケースで転がれば、当該の企業だけではなく

IT業界のものが悪の巣窟としてみなされるだろう。

IT技術者マッドサイエンティストと同じで法の遵守する気がない連中だ!」と言われる日は意外とそう遠くないと思う。

そんな風がもし吹こうなら、政治家先生方や警察のお歴々も「インターネット健全性を保証する」という名目で、

色々と無茶な法律を作るかもしれませんね。

少なくとも、「インターネット=悪」として自分らの有利な方向にネットコントロールしたい方々にとってはとても好都合でしょうよ。



そろそろ、誰かが「良い意味で」健全化のために何かを仕込む頃合い。

政治家警察といったレイヤーではなく、業界の自主努力レイヤーで。

2、3年後、どんな団体ができでどんな人が所属するかなぁ?

ダンコーガイ津田はまちちゃんちきりん高木先生、漢のMySQLの人、徳丸本の人…多分この中から二人は自ら、あるいは担ぎだされる/巻き込まれる形で関わってくるかな。

切込隊長面白おかしレポートしつつ裏で謎の秋波を送るんだろうなぁ。

多分ひろゆきはその集まりを「つまらない」と見て何もしないかな?



ま、きっと「自分は忙しいから…」みたいなことで誰も参加せず、

結局第2次図書館戦争のもう一人の当事者あたりが中心に無理矢理たって健全化を叫ぶんでしょうね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん