「スマナサーラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スマナサーラとは

2019-07-18

anond:20190718150847

俺はここで何度も書いてるんだけど

ヴィパッサナー瞑想という仏教瞑想を薦める

スマナサーラというスリランカ人のお坊さんの瞑想の本を1冊買ってそれ通りやるだけ


いまはやってる瞑想って殆ど仏教由来なんだけど

変なアレンジやはしょりを入れてるのばっかりだからこれがいい

https://www.amazon.co.jp/自分を変える気づき瞑想法【第3版】-アルボムッレ・スマナサーラ/dp/4865640142/


わかんないことあったら質問してくれていい

別になんかの宗教信者になる必要はない

2019-05-13

anond:20190512160427

スマナサーラ長老瞑想の本を。

自分収監されたり入院されたりして動きを制限される状況になったらひたすら瞑想をする。

そういう状況の人にとてもポジティブ効果をもたらすので一冊是非。

2019-04-15

anond:20190415100434

瞑想をしてみてください。

お前のせいだよ、お前がブスだから駄目なんだ、普通のふりしてるけどお前は所詮空気の読めない頭のおかしいやつなんだ。

そんな言葉が頭にこだまする、まぢ病み状態になってしまうのです。

数年前まではこの状態が365日中300日くらいあったのですが、最近ようやく制御するコツを覚えました。

まり感情を波立たせないということです。

体と一緒で、心が激しく動くことを控えると、まぢ病み状態は年間40日くらいにまで減らすことができるようになりました。

これは全人類の心の仕様です

人類みなキチガイと言ってよいのです。

しろあなたおかしくなる過程構造をある程度見抜いて対処法まで発見しているのだからかなり観察力があり智慧がある方の人です。


仏教はお釈迦さまという非常に智慧のある天才あなたと同じことをより精緻に観察して完璧対処法を発見して、それを苦しむ人たちに広めたところから始まっています

あなたなら瞑想を教える本を読めばすぐにピンと来るはずです。

途中まで自力で考えて発見しているわけですから

(私もあなたと同じようなことをもっとぼんやりと感じていて瞑想出会いました。)

ヴィパッサナー瞑想お勧めです。

スマナサーラというスリランカの坊さんの本が読みやすおすすめです。

騙されたと思ってアマゾンで1冊買ってみてください。

それ以外にお金は要らないし変な宗教セミナーもありません。

本読んで家で実践するだけです。

2017-06-16

https://anond.hatelabo.jp/20170616221303

瞑想おすすめ

瞑想やってないゼブラのせいですっかりネタ臭がついたけど、瞑想あなたのようなそういうのにおすすめ

スピリチュアルじゃなくて、脳の構造をいじって未来のこととか過去のこととか妄想とかしない脳に出来るから

現在事実への集中力と至福の安らぎが出るよ

ヴィパッサナー瞑想について、本は色々出てるけどスマナサーラという坊さんの本がおすすめ

繰り返しで効果は高まっていくけどちゃんとやれたら一回で効果わかるよ

そういうくだらない思考ネガティブ感情が心に入ってこなくなって、意識は冴えてるのに無敵の膜が張られてるみたいな状態になる

普段ムカついてるようなことをされても我慢するのではなく怒りヶ生じずそこに心が止まらなくなる

もちろん過去ことなんかどーでもよくなるし無駄感情思考が起動しない

これほど直接的に効果あるものは他にないよ

この分野についてはカウンセラーなんかより仏教のほうが圧倒的に優れたメソッドを持っているか

カウンセラー精神科医は「考えないようにしましょう」なんていうけど、どうすれば思考を止められるのかわからないの

仏教完璧にそれを研究しきってるから

2016-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20160824121320

ありがとうです。

...まずは、図書館で借りることが出来るA・スマナサーラ さんの本を予約しました。

読んで、見ます

2015-11-03

慈悲の瞑想効果

スマナサーラ長老は「個人的な悩みは慈悲の瞑想で(解決へ向かう)」と言っている。

http://thierrybuddhist.hatenablog.com/entry/2015/02/20/050000


本当にそうだろうか。私はこの2ヶ月たまたま暇を見つけては慈悲の瞑想をしていた。悩みを解決するというより瞑想のものに興味があったためだが、2ヶ月前と現在の状況を確認し、慈悲の瞑想実践をしていた私の個人的悩みが減っているのか増えているのか確認してみたい。

ただし私は仏教を信じており、書くにあたっては大きく私の主観が入るだろうことをあらかじめ言っておく。


2ヶ月前に悩んでいたこ

状況

私は24歳。2ヶ月前、私は無職で、仕事を探していたがなかなか決まらずに悩んでいた。無職であれば同居する家族も私のことを単なる穀潰ししかみない。喧嘩も絶えず、自分が情けないやら悲しいやらで辛いわ、それでも誰かに相談することもできないわで悩んでいた。

以下悩んでいたことを列挙する。

無職であること

・同居の家族とうまくいかないこと

・将来なにをすればいいのかわからないこと

お金がないこと(家族とうまくいってないのに家族に援助してもらうのが辛かった)

・なんでも話せるような友人がほしいこと


その他の悩み

・太ってきていること

・禿げつつあること

不細工

無能

性格悪い(怒りっぽい、嫉妬深い)

奨学金という名の借金

現在の状況

一ヶ月前に仕事が決まった。その手の経験がないと入社するのは難しい会社だったがたまたまプログラミング以外の点が評価されて採用された。ただ、いざ始めてみると意外にも私はプログラミングが得意だったようでトレーニングはいい結果を残し、今のところ上司評価してくれている。人間的にも優しい人ばかり在籍している。

以下解決あるいは改善した点

仕事が見つかった

・うまくいっていなかった家族とは別居することになった

自分が何をしたいか決まりつつある

お金は依然足りないが以前よりずっと良くなった

たまたま昔の友人と最近また連絡を取り合うようになった

不細工なのは変わらないが服装や髪型清潔感のあるものになった

性格は悪いままだが慈悲の瞑想を頻繁にするので怒りが長期間継続する事はなくなった。怒りを感じること自体も減った。

・相変わらず無能だが他人から評価されることで自身がつき、マナー接客的な自分の苦手な部分も多少できるようになった。


解決していない点

・やっぱり太ってきている

・やっぱり禿げつつある

不細工なのは変わらず

・友人と連絡を取り合うようになったけどもっと頻繁に話したい

嫉妬深さは変わらない(意識的嫉妬しないようにしてはいる)

奨学金という名の借金収入を得たので楽にはなった)


新たな悩み

・別の友人と喧嘩してしまった。

家族さら喧嘩しより仲が悪くなった。

引っ越しをしたのだが多少騒音がある。


総評

少なくとも私のここ2ヶ月で言えば悩みは大きく減っている。新たな悩みも以前のものと比べればそれほど深刻ではない。慈悲の瞑想のおかげであると断定的には言えないが私が直近の2ヶ月で慈悲の瞑想をしたことと同時期に悩みが大きく減ったのは事実である

2014-10-20

瞑想の種類について

仏教の考え方が流行ってる(?)ようだ。

とくにスマナサーラ氏とか、そういうあたりだ。

僕も仏教の考え方は好きだ。一番いいのは信仰を求めないことだ。

仏教場合、「信じる者は救われる」ではない。「実践する者は救われる」だ。

ここでいう「実践」とは「瞑想」を指すことが多い。

でも、実は瞑想はいくつか種類がある。

種類はいくつかあるが、基本的にはアーナパーナサティ経に則った瞑想が多い。

また、瞑想にもサマタ瞑想ヴィパッサナー瞑想の2種類がある。

アーナパーナサティ経にはこう書いてある。

長く息を吸っているときには「私は長く息を吸っている」とはっきり知り(pajānāti)、長く息を吐いているときには「私は長く息を吐いている」とはっきり知る。

短く息を吸っているときには「私は短く息を吸っている」とはっきり知り、短く息を吐いているときには「私は短く息を吐いている」とはっきり知る。

「私は全身の感覚を把握しながら(paisaṃvedī)息を吸おう」と訓練する(sikkhati)。

「私は全身の感覚を把握しながら息を吐こう」と訓練する。「私は身行(=吸う息)を静めて息を吸おう」と訓練する。

「私は身行(=吐く息)を静めて息を吐こう」と訓練する。

これが呼吸による気づきであり、熱心に行い、このように自身を訓練することは大きな果報となり、大きな利益となる。

これが原典(の日本語訳である

この瞑想は様々に解釈されている。

第一に、ラベリングをしながら瞑想をするというものだ。ラベリングとは、実況中継とか説明されることが多い。

これはマハシ・サヤドー(1904-1982)さんが考案したもので、マハシ系と呼ばれることが多い。

考案と言っても、新しく作ったのではなく、知識の深かった彼が旧来の解釈とは違う解釈をしたというような感じだ。

具体的な方法日本テーラワーダ仏教教会ホームページなどで見れる。

呼吸をするとき

「吸っています、吐いています

と実況中継(ラベリング)をするという特徴がある。

呼吸瞑想の他にも歩く瞑想や座瞑想が同協会のホームページで紹介されている。

他には、ゴエンカ系とパオ系がある。こちらはラベリングは行わない。

こちらに関してはやり方はあまり知らない。

どうやら詳しく知るには合宿に参加する必要があるらしい。

が、パオ系はニミッタという光を重要視するようだ。

また、呼吸瞑想ヴィパッサナー瞑想かどうかにも意見が分かれているようで

サマタ瞑想とする場合もあるらしい。

また、マハシ系は呼吸ではなく、おなかの膨らみ・縮みを見る場合がある。

2014-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20140122155957

まさにそれを止めるためのノウハウがある。

瞑想

特にヴィパッサナ瞑想

俺も昔増田で勧められたんだけど、

本当にその無意味な思考の堂々巡り妄想がぴたっと止まるよ。

コツコツやってるうちに日常生活でもその癖が治ってくる。


というか瞑想をやらないうちから

その思考や妄想堂々巡りに気付いて問題視出来たのはすごいと思う。

俺はただ「なんか集中力や注意力ないなー」って思ってて

増田瞑想勧める記事見てピンと来て、

で実際に瞑想やってはじめて「こんなに無駄な思考や妄想してたのか!(勉強仕事中にも)

ってやっと気付いたぐらいだからね。



ヴィパッサナ瞑想の本を1冊買ってごらん。

妄想をとめたい」っていう用途向けはやっぱり

テーラワーダ仏教協会のスマナサーラという坊様の本だと思う。

(同じ瞑想でも微妙技法が違う)



というか俺に勧めてくれたエントリ見つけたから貼る

http://anond.hatelabo.jp/20110920125241

トラバで「これ本当にやってもだいじょぶなの?」って聞いてるのが俺。

2011-11-25

大学生のうちに読んでおくべき新書50冊

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書) 堤 未果

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書) 堤 未果

貧困(岩波新書) 湯浅

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) 福岡 伸一

科学する麻雀 (講談社現代新書) とつげき東北

不機嫌な職場 (講談社現代新書) 河合 太介、高橋 克徳、永田 稔、渡部

「分かりやすい説明」の技術 (ブルーバックス) 藤沢 晃治

学問のすすめ (ちくま新書) 福澤 諭吉斎藤

ウェブ進化論 (ちくま新書) 梅田 望夫

日本人の誇り (文春新書) 藤原 正彦

決断できない日本 (文春新書) ケビン・メア

臆病者のための株入門 (文春新書) 橘 玲

拒否できない日本 (文春新書) 関岡 英之

官僚責任 (PHP新書) 古賀 茂明

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書) 竹田 恒泰

お金の流れが変わった! (PHP新書) 大前 研一

わかったつもり (光文社新書) 西林 克彦

若者はなぜ3年で辞めるのか? (光文社新書) 城 繁幸

街場のメディア論 (光文社新書) 内田

行動経済学 (光文社新書) 友野 典男

日本世界5位の農業大国 (講談社+α新書) 浅川 芳裕

キリスト教は邪教です! (講談社+α新書) ニーチェ

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書) 岡田 斗司夫

とてつもない日本 (新潮新書) 麻生 太郎

武士の家計簿 (新潮新書) 磯田 道史

死の壁 (新潮新書) 養老 孟司

バカの壁 (新潮新書) 養老 孟司

不動心 (新潮新書) 松井 秀喜

世界日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ) 早坂 隆

決断力 (角川oneテーマ21) 羽生 善治

ツイてる! (角川oneテーマ21) 斎藤 一人

リクルートDNA (角川oneテーマ21) 江副 浩正

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書) 林 成之

宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) 村山

レバレッジ時間術 (幻冬舎新書) 本田 直之

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書) 上杉

日本10新宗教 (幻冬舎新書) 島田 裕巳

日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書) 小林 よしの

伝える力 (PHPビジネス新書) 池上

即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書) 大前 研一

脳が冴える15の習慣 (生活人新書) 築山 節

フリーズする脳 (生活人新書) 築山 節

世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書) 岡田 斗司夫

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書) 藤原 正彦、 小川 洋子

多読術 (ちくまプリマー新書) 松岡 正剛

包帯クラブ (ちくまプリマー新書) 天童 荒太

原発ウソ (扶桑社新書) 小出 裕章

TPP日本を壊す (扶桑社新書) 廣宮 孝信、 青木 文鷹

「未納が増えると年金破綻する」って誰が言った? (扶桑社新書) 細野 真宏

怒らないこと (サンガ新書) アルボムッレ スマナサーラ

2011-09-20

「ある瞑想法と出会って人生が変わった」話を頼むから拡散してくれ

精神の状態を改善したい人は絶対に読んでほしい。

1年くらい前までは頭の中が欝っぽい考えでグルグルに回ってても「それでも働かないと生きていけないし」などと言いながら過ごして

まだ20代なんだけど、若いながらも死にそうになっていた。親類が死んだこととかも関係して精神が滅入ってたのもある。

元々病みやすい部類には入っていたのかもしれない。

よく病んだとか言ってたし。今だったら10代の娘とかでも、「ちょー欝なんだけどー」だなんだの言ってない?

金と気力を消耗する方法なんかやれたもんじゃねぇ!

そういう悩みから解放されたい一心で、例えばカウンセリングに行ったりとか、まぁ各種様々な方法を探しまくった。

自己啓発とかそんなんに頼ろうが、もう身体が辛くてどうあがいても生産性が上がらなかった。だから直接的に効く方法を探しまくった。

でも効果がそもそもなかったり、一過性であったり、副作用があったり、なにぶん辛いことが多かった。

「金と時間と気力を消耗する」ものばかりだったわけだ。んな方法が続くわけない。

「ヴィパッサナー冥想」って知ってる?

薬に頼ったって、金足りねーし、それも一過性ものだった。

しかしたら体質でどうにもならないもんなのかと思っていた時に出会ったのが今回ご紹介する「ヴィパッサナー瞑想」。

最近テレビなんかでも出ているときがあるので知っている人がいるかもしれない。

それなりに有名になってきたのだ。この記事を読んでからでいいんで、googleで「ヴィパッサナー瞑想」で検索してください。

頭の中のガラクタをなくしたい…

俺が絶対的に要望としてもっていたのは

 1.金がかからず、高い質

 2.気力がいらない

精神の悩みでいうと

 1.胸のつまり(なぜつまるのか、よくわからんが、呼吸するのが辛かった。生きるのがむなしかった。)

 2.心の疲れ(潤いがない。乾きまくり人間にとって優しさが大事とはよく聞いていたけど、なぜかそれを心でよく感じていた。イライラがしんどかった)

 3.頭ん中グルグル回る悪い想像(これは今思うとこれに振り回されていたんだなという感じで、重くて、辛かった。)

の3つ。今思うと、よく↑で仕事していたと思うわ。過去自分を振り返って、自分自分尊敬もするが、もっと早くヴィパッサナー瞑想を探せよ!という気持ちにもなる。

どんな瞑想法なの?

「ヴィパッサナー瞑想」は、簡単に言うと今という瞬間に完全に注意を集中するメソッド。俺が最初に読んだのは「意のままに生きられる―ヴィパッサナー瞑想法 」という本だった。

アマゾンの評価も高かったので、買ったのだが、この本が今思うと当たりだった。

開発者ブッダさん自身のむなしさから抜け出すために作られたエピソードとかが載っていて、意欲をかき立ててくれる。(DVDがついてないのが、惜しいけど。)

瞑想法自体はとにかく簡単だった。何しろ一番始めに乗っていたのが歩くままやる瞑想法だったから。

さらに「イライラが止まる」やら「頭の中のガラクタがなくなる」やらの効果が書いてあった。

「本当に歩くだけの瞑想法でこんな効果あんのかよ!?」と思いながら、本を読みながら部屋の中を歩いて、「歩く瞑想」をやったのだった…

歩く瞑想!!!!!!!!!!!!心が静まったあああああ!!!!!

  「左足から歩くならば、左足に神経を集中させ、「左足」とこころの中で言葉で確認し、同じく「あげます」と実況しながら左足を上げ、

   「運びます」と実況しながら左足を運び、「おろします」と実況しながら左足を降ろす。同様に右足も、足の感覚を丁寧に感じながら、ゆっくり歩く。

   このように実況中継を絶やすことなく歩くことを続ける。」

というのがやり方。実に簡単。

で、これがめちゃくちゃ頭の中でうずまく妄想を止めるのによかった!

寝る前に座る瞑想法も試してみたのだが、同じようにからだの感覚こころ感覚を、実況し続けたのだが、いつもはなかなか寝れないのにそのまま寝ちゃっていたのだ。

そして爆睡。ほんとは寝ちゃだめなんだけど。

寝起きの力

子供の頃なんて毎日爆睡だったけど、大人になってからは、そういう感覚ってなかった。それが1日にして蘇った。

朝起きたとき「え?……あぁあの瞑想して寝てしまったのか」という感じでぽかんとしていた記憶がある。

で、いつもだったら起きたくないなぁ、あれやらなきゃなってふとんの中でグズグズ妄想が頭ん中を回るんだけど、それに気づく。

あぁ、いつもこの頭の中を回るガラクタに惑わされていたんだって気づく。

そこから脱出したとき快感は凄い!

精神学者名越康文も朝の自動思考について仏教を例に説明している。http://igs-kankan.com/article/2011/08/000476/

1日にして「ヴィパッサナー瞑想法すっげえええええええ」となったのだった。

ヴィパッサナー瞑想法の経過、1週間、3ヶ月、1年

んでその後は、買った本に乗ってある奴を徹底的にやった。歩きながら瞑想するのは体と心が同調されていい。

とにかく気力がいらないという点がよかった。つまり、今に集中しろ、現在に気づけ、観察しろ、ただ知れってことだから

まり、"Don't think, Feel!!!"というブルース・リーが説く状態に持っていくということ。

1週間くらいしたら、こころの状態がすこぶる良くなっていた。身体が新しくなった感じがして、呼吸するのが気持ちよかった。

心の疲れはちょっと残り続けていたのだが、3ヶ月くらいやってたら、気付いた時には「あれ、心がなんか静まってる」となってあの重い感覚は7割方消えていた。

怒りも静めることができるようにもなった。

で、今ちょうど1年くらい経ったんだけど、すこぶる調子が良い。歩くのが楽、呼吸するのが楽、良く笑うようになった。このヴィパッサナー瞑想法との出会いが間違いなく自分を変えた。

心の調子がよくなると、体の調子が変わるのは確か。「なんか悟り開いたみたいだな」とよく人から言われます。前までは悟り開いてなかったのかもしれない。

ヴィパッサナー瞑想法どこで知るの?

俺のオススメスマナサーラ長老小池龍之介。まあ前者の方が俺は好きかな。

大抵この2人が今の瞑想入門の売れっ子って感じ。(他にも色んな入り口があるってことね)

是非、オススメなので、ヴィパッサナー瞑想法知って下さい。大きい本屋にいくと、ヴィパッサナー瞑想コーナーがあったりします。店員さんに聞くといいです

ちなみに日本テーラワーダ仏教協会というところに載っていました。無料で見れますhttp://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

ヴィパッサナー瞑想法作った人どんな人

余談だけど、このヴィパッサナー瞑想法を開発したブッダさんという人は、凄まじく天才なんだそうだ。

若いときは、王国王子として生まれて恵まれた生活を送ってたんだけど、生きることのむなしさを感じて、出家して、悟りを開く(笑)

で、仏教っていうの教えるんだけど、それは神やら儀式やら主義じゃなくて、内なる現実ありのままに観察することによって、その本質を理解しろよって言ったんだ。

話が、本当かどうかはこの際どうでもいい(俺は本当だと思うけど)。ヴィパッサナー瞑想法が効果あるのは間違いないのだから

ヴィパッサナー瞑想法を拡散してくれ。

匿名ダイアリーは巨大ブログだと誰かが言っていた。是非、ヴィパッサナー瞑想法を拡散してほしい。

ちなみに仏教団体(色んな怪しい人達いるから気をつけてね)の回しもんじゃありません。とにかく良いものには広まってほしいと思う一心です

勝手な言い草だけど「ヴィパッサナー瞑想法合わない」なんて言う奴は、この世にいないと思う。万人向けに作ってあるから

というか、西洋人でも瞑想を生活に組み込んでいる人がいるのに、日本人が正しいやり方を知らずに実践していないのはマジでもったいないと思う。

(合わないとか言う人はやり方が間違っていると思われ。でも、マジで病んでるって奴は精神科行った方がいい。)

ヴィパッサナー瞑想法、マジおすすめ人生変わるわ。

http://anond.hatelabo.jp/20110918100006

2008-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20070430010759

スマナサーラの説くブッダの教え」をLispに読み替えたたとえ話として読まないと元の文章は分からないよ。

2007-04-30

仏教は心の科学」はニセ科学

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50815759.html

書評および『仏教は心の科学』はトンデモ仏教学への冒涜でしかない。

まず,

ブッダ言葉は実に「実に単純で明快で痛快」

ではない。どれが「ブッダ言葉」なのか確証を持つことができない現状では,「ブッダ言葉」は単純でも明快でも痛快でもない。

スマナサーラ氏が自分にとって都合のよいものを「ブッダ言葉」として選び出しているだけ。

そもそもパーリ語はブッダが使っていた言語ではない。パーリ語は西インドスリランカプラークリット方言みたいなもん)。「ブッダ言葉」は現在では半マガダ語もしくはそれに類似するものといわれている。

スマナサーラ氏はスリランカ言葉であるパーリ語へ翻訳された「ブッダ言葉」(それもブッダの死後200年以上を経過して)を「ブッダ言葉」として決めつけているにすぎない。

次,

以下の下りなんて、「それってどこのGeek?」ではないだろうか。

天界は快楽を食べて生きる次元

みなさんは天界に生まれ変わったら、遊んだり、音楽を演奏したり、踊ったり歌ったり、性的な行為を思う存分やったり、お腹いっぱい食べたり、そういうイメージで「楽しそうだな。天界に行きたいな」と思っているのではありませんか。

でも本当は天界では、そういうことをしないと死んでしまうのです。彼らは楽しんでいるわけではなくて、必死で生きているのです。遊ばなくては死ぬのです。音楽波動で生きている神々は、ちゃんと定期的に、決まった時間にその音楽波動を食べないと死んでしまうのです。我々は楽しくなるために演奏を聞いたりしますが、天海の場合は、生死の問題です。死ぬか生きるかの大問題なのです。それでも皆さんは天界に生きたいですか?

仏教は仏界を目指すものであって天界のような縁起の内側の世界はフル無視で当たり前。こんなので「どこのGeek?」って驚いてたら,弥勒菩薩の世界(トゥシタ天ね)なんかは子供がひざの上から産まれてくる。しかも三歳児の姿で。Geekどころではない。無知すぎ。

次,

ブッダの教え」は、「つるむ」、すなわち組織をまとめるには本当に向かない。

いやブッダはつるんでます。ブッダサンガには多くの仏弟子が集まっていました。それから三宝って知ってますか?仏法僧。仏と法とサンガサンガって僧団ね。それに帰依しろと。ブッダがそういって死んだと書いてあるのは,ほかならぬパーリ仏典です。

同じく

生のブッダの教えは、組織人にはヤバすぎるのである。

パーリ仏典には組織の長であるクシャトリアの帰依の記述がいくらでもあります。

また,

出家根本にある限り、ブッダの教えは組織とは相容れない。

ブッダの教え」の根本に「出家」なんかない。勝手に決めないように。

次,

ブッダの教えの寛大なところは、こうした「ブッダインスパイヤ教」を邪教として糾弾しなかったこと。

パーリ仏典の記述によれば,ブッダ自身が行なっています。デーヴァダッタの仏教を。

勝手なことを言わないように。

最後,

仏教科学的な教えです。「科学的」とは、どんな人間にも当てはまり、なおかつそれを自分でも確かめられる、証拠があって証拠に基づいた話が出来る。そういうことです。

と思うならば,どうかご自分で原典なり研究書なりを当たって勉強してください。

スリランカタイミャンマー仏教は,日本仏教と同じく,ブッダの教えをいくつかのフィルターを通して伝えている仏教です。

そうではなく,我々現代人には西洋人文科学の方法論に基づく,実に科学的な仏教学というものがあります。それに基づいて話をしてください。そのフィルターを通して理解する仏教が,科学的な「ブッダの教え」というものです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん