「再帰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 再帰とは

2017-03-19

コンピュータ技術用語名称)のトリビア知りたい

全く役にたたなくてもいい。

ただの自己満足なんだけど、フフフ///ってなるコンピュータ技術用語名称)のトリビアが知りたい。

諸説あってもいい。誰か、URL貼り付けるだけでもいいから教えて欲しい。

例えばこんな感じ)

GNU → "GNU's Not Unix!"(「GNUUNIXではない」)の再帰的頭字語

boot → 「pull oneself up by one's own bootstraps」

MySQL → 共同創設者 Monty Widenius の娘の名前にちなんでいる

MySQLロゴイルカ名前は「Sakila」

Cookiemagic cookie語源。ただし、magic cookie語源不明

あるコンテンツ終焉を眺めている話

今までマイナー人気的なもの応援するのが好きだった。

ガッツリではないけれど軽く応援していたらメジャー人気になって

「こんなに人気になっちゃってw」というのが好きだったのだ。


さて、今までは大抵人気になっていて上記のように感慨深くなっていたのだが、

今回紹介する、仮にEFというコンテンツとしよう。因みに隠すつもりはない。のでイーはAである事を付け加えておこう。



私がコレに目をつけたのは某声優を上記のように応援していたから。

例えば久野さんみたいな特徴的な声が好きで上履きクックすら録画していた。

この声の付くキャラクターだったらシナリオが多少面白くなかっても見続けられるかなって感じ。

監督映画を選ぶように声優アニメを選んでるわけだ((今はあまりしてません))



EF小説からアニメ化というまぁ典型的パターンだったのだが、

なんと小説刊行されない。

アニメっぽいPVも曲まで発表された。声優も決まった。コレでアニメ化しないわけないと思った。





が、つい最近公式サイトが消えた。つまりそういうことだ。





声優さんも新進気鋭の若手だったのでEFが上手く行けば今頃キャーキャー言われていたに違いない(( 因みに1人は既にキャーキャー言われているので少し安堵(?)している ))



私自身、地下アイドルや、ドマイナー小説とか眺めていないわけなのでこういうのはすっごく珍しかった。

曲はある手段を得て公式サイトからダウンロードするわけだが、公式サイトがない今、手に入れる手段は(( マイナーなのでモチロン非公式方法も取れ ))無い。

曲も声優内容もイラストも好きだったのでちょっとがっかりしている。



こういう消え行くもの再帰することって他にあるのだろうか?

知りたい。

2017-02-13

悲報Unity再帰するようなメソッドにDebug.Logを仕込むと固まったように見える

こちとらメモリ32GB+Core i7 6700+GTX1070っていうほぼ最新鋭マシンクソゲー作ってるのになんでそんな下らんところで足引っ張られなならんのや!

しかも万のオーダーならともかく100前後のDebug.Log()呼び出しやぞ。それで30秒固まるってちょっとやりづらすぎやせんか?

2016-09-18

クイックソート

技術的な話をすると食いつく人が多いはてな界隈

だけどそんな高尚な話じゃない。

10年以上前職場で、たまたまスプレッドシート上に示されたなんかの値を整列させないと上手くいかない事があって、マクロを組まざるを得なくなり、ちょこちょこっと勉強してみてソートアルゴリズムなるものがあることを知った。

それ以来プログラムなんか書いた事はなかったのだけど、またしても書かざるを得なくなった。

「その振込み用データって名前あいうえお順にならない?」って頼まれて「簡単に出来るよー」と安請負たからだ。

最初エクセル上で普通に整列させれば良いと思ってたんだが、表形式上データの取扱いに難点があり、エクセル操作だけでは出来ない、あるいはかなりややっこしい事が判明した。

そこで、昔取った杵柄、マクロ書いてやろうかと。

クイックソート使わなくともバブルでも全然問題なかったんだけど、何故かクイックソートに拘った。

しかし、そのクイックソートアルゴリズムが思い出せない・・・

こんなことここに書いたらバカにされるのは分かりきってて書いてるんだけどね。

ググれば済む話なんだけど、歳食って頑固になってきたからか、意地でも思い出そうとノート数字書いて並べたりして考えて。

・・・よくよく思い出すと、10年前の当時、そもそもクイックソートアルゴリズムをそんなに知らずにただただソースコード拝借しただけだった事を思い出した。

でも、なんとなく、なんか左右に入れ替え続ける図みたいなのがあったなぁってのと、再帰アルゴリズムってーのを使うというところを思い出して、1時間くらい掛けて独自クイックソートをするコードを書き終えた。

テストして、勘違いなどのバグを直し、整列に問題ない事を確認

我ながらやるじゃん!・・・と思ったのも束の間、付随するほかのデータを同じ順に並べなおさないといけないことに気付く。

てことは、元の配列の添字を別の配列に入れて、ソートするときに一緒に入れ替えて元の順序を保存するようにすれば良い?・・・と思ってやってみたがこれが上手くいかない。

結局、ほんの些細な勘違いをしてたことに気付くまでに2時間も掛かり、頼まれから計3時間後、「簡単に出来るよー」と豪語してしまった相手を呆れさせてしまった。しかもその間他の仕事放ったらかし。

最近ホント無駄に歳食ったなぁと思う。このままではボケるの早いだろうな・・・

2016-08-21

確率計算しなくてもいいよ。

現実には演繹より再帰(経験)で対処した方が良いときがあるわけでさ、

例えばサイコロのある目は単純に総試行回数にぴったり1/6乗じた回数が出るわけじゃない。

計算機を使わないでだいたい1/6だと目算を付けておけば足りることが多い。

そんな状況でもっと高度な演繹をすれば確率分布出せますよと言われても無用の長物だよね。

http://togetter.com/li/1014274

を見てそう思った。

2016-06-12

SKK日本語入力FEPについて

20160606版時点での気になる点。

Twitterやってないし、作者が見てたっぽい2ちゃんねるきな臭いし(というかSKKスレ自体が過疎……)、いきなりメールするのもなぁ……ハンドルネーム持ったこともないし。と うじうじして、結局作者には言えていない。

co氏がエゴサしてこれを見つけてくれたら嬉しいし、反応無ければ無いでもいいや。Windows 7 Home Premium SP1。

送りありエントリが補完されるようになったけど、送りありかなしか区別できない問題

例えば、「年越し」は「Tosikosi」でも「TosikoSi」でも変換できる(後者は送りあり)。これを補完で出されるとどっちがどっちか分からない。一応カーソル位置の違いで見分けられなくもないが、分かりづらい。送りがなが辞書登録時のように*付きで表示されると嬉しい。

うっかり後者で変換すると「敏子」になってしまう。敏子って誰よ。また新しい女なの!?

再帰辞書登録時にtabでのカタカナ支援を使うと、余計な文字まで入力されてしま問題

例えば、「ごせいせんたいだいれんじゃー」を登録しようとして、登録で「五星戦隊」を入力したあとに「ダイレンジャー」を再帰辞書登録するときtabを押すと「五星戦隊▽だいれんじゃー」となってしまう。アノテーションでも似たようなことになる。支援するのは「▽だいれんじゃー」だけになってほしい。

うっかりこのまま「だいれんじゃー」で「五星戦隊ダイレンジャー」を登録してしまったら、このあと「五星戦隊五星戦隊ダイレンジャー」と登録しかねない。というか、した。

Firefoxにおいて、一部のオプションが動作しない問題(もしくは設定方法ちゃごちゃしすぎ問題)。

あるときから急に▽が出なくなって、子音の半角表示もされなくなった。他のアプリケーションでは動いてるのに。

擦った揉んだの末にskkrule.exefirefox.exe adしてから自分編集したskkrule読ませるって乱暴な方法を使ったら元に戻った。たぶんTIP対応前に設定したskkruleがなんかしらの悪さしてたんだろうけど、こういう設定方法をちゃんとまとめてほしい。今のサイトとっちらかりすぎてて分かりません!><

Qでカナに変換した単語辞書登録されていた場合辞書の上位に登録されてしま問題

こっちが補完で出てこないようにと思って「セックス」をQキーで変換しても、次に「s」と入力した瞬間に補完候補として「セックス」を出すのやめてよぅ!

2016-06-06

お前は見下している、と見下す増田を見下す(再帰)

2016-06-05

莫迦っていう奴が莫迦」っていう再帰発言

そう人類は等しく莫迦なのだ

2016-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20160516161429

正確には、

関数型って時間パラメータで与えて結果を得るんじゃないの」とか意味不明なこといってる馬鹿がいて、

hoge.t あるいは、date.now やらで指定してたインデックスというのは、関数型プログラミング文脈からインデックスが得られるんだとさ。

初期値0からはじまる時無限再帰カウントから、どうやって時刻を得るパラメータが得られるのか、頭のおかしい奴の考えるコード想像不能。

http://anond.hatelabo.jp/20160302090242

>初期値で0与えて再帰引数カウント回したりとか、普通にあると思うけど

プログラミング原則的意味だとコードの中に現在時刻って変数が入ってくる時点でなんかおかしいとおもうんやが。

「よくわからん」癖に、いっぱしの批判してるつもりになってんじゃねーぞボンクラというのが一つの指摘なんで。

>プログラミング原則的意味だとコードの中に現在時刻って変数が入ってくる時点でなんかおかしいとおもうんやが。

C#しろJavaしろJavaScriptしろCにしろ、おまえは

現在時刻」を得るために、いったいぜんたいどういう「変数」を使ってんのかねー?W

カウント」とか言ってる馬鹿がいるが、そんなもん処理系の速度によって変わるだろうがアホが。

お前のくらす世界の「時刻」「時間」ってのは、それぞれの処理系の速度によってそれぞれ異なるのか?まぬけw

http://anond.hatelabo.jp/20160302090242

100%不可能机上の空論は聞き飽きたから、コードで示してみな?w

いったいどうやったら「現在時刻」を抽象化したdate.nowやらfoo.t以外で、

その「再帰無限なら現在時刻のインデックス引数として」「現在時刻のインデックス引数として」与えて、

現在時刻が得られる、お花畑みたいなコードが書けるんだよ?

馬鹿休み休みに言えよ、無能

http://anond.hatelabo.jp/20160516113354

再帰無限なら無限に得られるよね

グローバル変数の一部に代入しておくような手続き的な構造にする必要ないよね

関数パラメータのみから結果を生み出すっていう参照透過な形で実現できるよね

100%不可能机上の空論は聞き飽きたから、コードで示してみな?w

いったいどうやったら「現在時刻」を抽象化したdate.nowやらfoo.t以外で、

その「現在時刻のインデックス引数として」与えて、現在時刻が得られる、お花畑みたいなコードが書けるんだよ?

馬鹿休み休みに言えよ、無能

http://anond.hatelabo.jp/20160516153834

再帰無限なら現在時刻のインデックス引数として無限に得られるよね

グローバル変数の一部に代入しておくような手続き的な構造にする必要ないよね

関数パラメータのみから結果を生み出すっていう参照透過な形で実現できるよね

http://anond.hatelabo.jp/20160516152703

>初期値で0与えて再帰引数カウント回したりとか、普通にあると思うけど

は?初期値0で「再帰引数カウント回した」ら、ある無限ストリームの「現在時刻」を得るためのインデックスが得られるんだw

おまえ馬鹿だろw

http://anond.hatelabo.jp/20160516152330

初期値で0与えて再帰引数カウント回したりとか、普通にあると思うけど

2016-02-27

今年の東大理系数学確率問題がとてもよい再帰の例題だった。

エンジニアの人はぜひ解くといいと思う。

2016-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20160204164159

しろ俺が気づいた事実は、お前が文学論と論理学を修しながら(?)、なんJ語を習得したという馬鹿馬鹿しい事実だけだ。

それと自分発言ネタ発言扱いにするなら、最初トラバでブチ切れたことはもう洒落にも何にもならない訳でさ。

お前が脳機能障害でなく、かつ空気の読める人間である、という付近で上記は証明されてしまったわけだ。

ちなみにお前がこれに反駁して空気が読めるとはいっていない、と述べたとすると、またお前の長ったらしい

>演技に決まってるだろ。そんなのも分からんのか。アスペ

あたりの論法再帰するわけだろ? ここらへんはまあ、理屈上は空気が読めることとは矛盾してないもんな。

でもなんていうか、「カッコ悪いなお前」と俺は心のなかで思うわけさ。

2016-01-21

http://anond.hatelabo.jp/20160121163833

イベントってなんか、イベントの発火をグローバルブロードキャストして、それを受け取ったイベントハンドラが適切に処理する感じがして、

再帰自分自分を呼び出すだけで、呼び出された自分が処理した結果をきちんと呼び出し元の自分に返すってイメージ

http://anond.hatelabo.jp/20160121163338

便宜的にイベントハンドラって書いてるだけで、実態としては再帰コード的にほとんど変わらんぞ。無論ディレクトリ検索とかもイベントハンドル的に書けるし実際にそう動いてたりするだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160121160933

ポインタ再帰がすんなり理解できたなら、プログラミング素養があるよ

http://local.joelonsoftware.com/wiki/Java%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA

伝統的に大学コンピュータサイエンスカリキュラムで教えられているもので、多くの人がうまく理解できないものが2つあった: ポインタ再帰だ。



C/C++使っててポインタ使わないってどういうことだよって思うけど

ダイナミックにメモリ確保できない/する必要無い環境だと、必要領域グローバルな配列宣言しておいて、プログラム全体で使い回してたりするんだってさ。

そんな環境だと、ポインタからないCプログラマもいるんだと。

http://anond.hatelabo.jp/20160121155603

プログラム苦手で嫌いだけど再帰だのポインタだのくらいは使うわ。必要ならな。

(つうかC/C++使っててポインタ使わないってどういうことだよって思うけど)

プログラミングができるかどうかってのはそんなもんを使ってるかどうかで判断できるもんじゃねーと思うわ。

再帰メモ化しますとか言われて「うっひょーカッコいい〜!!!」って思うか「うわっめんどくせえし興味ねえ」って思うかとかの差だと思うわ。

今のプログラマって再帰も書けないのが普通なの?

ポインタは使わないかもしれないが、再帰は使うだろ?

2015-10-20

http://anond.hatelabo.jp/20151019084635

ドーモ、信者です。

煽りじゃなく、純粋質問なのだろうと仮定してお答えします。


最終回、とても良かったと思いました。

これまでの総括として、また、これからのはじめの第一歩として非常に良い物を見させてもらったなと。

そうです。このアニメははじめの第一歩なのです。最終話を経て、我々プロデューサーバトンを託されました。

シンデレラガールズはこれからも続いていく、広がっていく、進んでいく。そのプロデュースは私達がするのだと。

そう言われた気がして、最終話によくある喪失感寂寥感ではなく、多幸感と高揚感に包まれ最終話を見届けました。


さて、全話数を語ろうとすると時間もスペースも尽きないので、25話にのみ限って簡単に語らせていただきたいと思います


25話で描かれた、シンデレラ舞踏会、これはただのライブではありませんでした。

しかし、この混沌としたイベント形式にこそシンデレラガールズらしさを感じました。

フェス形式イベントではすべてのステージを見ることは出来ません。それはつまり見ていないところでも何かが起こっているということでもあります

モバマスにおいて、すべてのアイドルプロデュースすることは時間的にも財力的にも不可能です。だから大抵は担当を決めてその子を集中的にプロデュースしていく。

では、担当ではない子は?それは見えていないだけであって、どこかの誰かの前で何かとっても魅力的なことをやっているのです。

そんなことを、このイベントから感じました。


そうこうしてると、舞台裏美城常務武内P最後ポエムバトルが始まりました。

何を第一義とするかで根本から異なる二人は終ぞ平行線のままでした。しかし、アイドルはその平行線すら越えて行くと答えます

この言葉に、アイマスというコンテンツがどうしてこんなにも強いのか、その一端を垣間見た気がします。

美城常務武内P、どちらのプロデュースが正しいのか、このアニメはその決着を付けませんでした。どちらも正しいのです。

そして、二人は和解まではしなかった。和解なんて必要ないのです。ただ必要なのはアイドルたちは凄いのだというコンセンサスのみ。

なんとも力強い宣言ではないでしょうか。


ライブシーンです。

遂にきました「生!ハムメロン!」そして、3話を踏襲した演出でありつつも、その時は見えていなかった観客の表情がしっかりと見えている。

これだけでもう十分です。泣きます

フル尺のダンス?デレステで見れる。そんなことよりも、袖から見守る美嘉や、ステージを終えて「いい笑顔です」と言われたときの3人の表情のほうがずっと大切なんです。

作画開放的意味では後半のほうが注目されてるのでしょうか。実際ものすごいカロリーかけてましたし。

さておき、新曲タイトルに@がついてるということだけで、もう感慨深い。また歌詞の中でシンデレラというワードが出てきました。

これは、最初テーマ曲であるお願いシンデレラ以来。どういう意味が込められてるかはおいおい考察していきたいところです。

カーテンに映るシルエットから始まるステージ演出は劇マスのM@STERPIECE、後半ダンスをせずに並んで歌ってるのはアニマス最終話私たちはずっと…でしょうのオマージュでしょうか。

(そういう意味では円盤修正でも体の揺れだとか細かい動きが加わってるくらいでガッツリ動いてるとか無いんじゃないかと思います。)

ライブシーンの合間合間にステージセットや照明器具、客やスタッフなどを描くのはアイマスの特徴じゃないでしょうか。

こういう描写によって、ステージ実在感(夢や幻想の類ではないのだということ)を表現してるんじゃないかと思ってたりします。

それと、指先の動きに本当に力を入れてます。「自分ますエールに変わる」のとこの智絵里の指先の動きとか、ゾクゾクするくらい良い。


そして、エピローグCPには2期生が入ってきて、ということは1期生は解散したということでしょうか。メンバープロジェクトの枠にとらわれずそれぞれの活躍をしているようです。

コレです。コレが見たかった。

平行線を越えていくアイドルの可能性、それを追求していくうえでプロジェクトの枠組みにこだわることは小さすぎる。ならば、解散しつつもCP活動で得たものを胸に進んでいくというこの美しさ。

765プロという枠組みは壊せなかったがためにアニマスでは描けなかった、ミリオンでもSideMでも描けない、346プロというもうひとつ大きな枠組があるシンデレラのみが描きえたエンディングです。

そして、このエピローグプロローグでも有ります

そのことを如実に表しているのが、最後の春ライブのシーン。

先輩から受け継いだ衣装で歌うのはお願いシンデレラ、すなわちシンデレラガールズとして最初に出たテーマ曲です。

自分たちシンデレラガールズと呼び、この曲を歌うことで、1話再帰するとともに、その先にも遥かに続く大きな流れを想起させます


こうして、アニメシンデレラガールズは終わりましたが、シンデレラガールズというコンテンツは歩みを止めません。

モバマスにて配信しているボイスドラマNO MAKE最後にて凛はプロデューサーに言います。「置いてくよ」と。

「それは、困りますね」彼女らについていくため、私達も精一杯走らねばならないのです。

2015-09-29

はてブBNF手法が上がっておりますがここでBNF記法手法をご覧下さ

  • 株の方のBNF

http://tradenote.info/blog-entry-3.html


一般に、バッカスナウア記法正規表現では処理できないネスト階層記憶できるなどの根本的な差があります

これは正規表現が有限決定性オートマトンDFA)ないしε遷移と不特定の同種記号の遷移を用いる非決定性オートマトン(NFA)に基づいているのに対し、BNF記法での解析は必然的スタックを内部状態に持つからです。


代表的ものに以下の種類の構文解析処理方法が挙げられます


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E5%B8%B0%E4%B8%8B%E9%99%8D%E6%A7%8B%E6%96%87%E8%A7%A3%E6%9E%90

https://ja.wikipedia.org/wiki/LL%E6%B3%95

これは左からトークンを走査して、導出する非終端記号を左から決定していくアルゴリズムです。

例えばA→A Bという構文規則があった場合に、Aの還元内でAを還元できるかどうか判定し続けて無限ループに陥ってしまい、いつまで経ってもBの判定に辿り着けません。これを左再帰といい、LLでは左再帰を直接扱う事ができません。

非終端記号の間接的還元考慮したはじめに現れる終端記号の集合(FIRST集合)を構築して上手く左再帰回避しなければなりません。

マッチングに用いる規則ベタ関数内部に再帰させながら順番に書いていくだけなので実装は容易です。


  • LR法

https://ja.wikipedia.org/wiki/LR%E6%B3%95

  • LALR法

https://ja.wikipedia.org/wiki/LALR%E6%B3%95

こちらは左からトークンを走査して、導出する非終端記号を右から構築するアルゴリズムです。

BNF構文規則から走査に相応するDFAを構築し、DFAの遷移を記憶しながらスタック状態push/pop構文解析を行います

なのでLL法にあるような左再帰を直接扱えないという欠点がなく、むしろスタックが簡潔になるため積極的に左再帰BNF記述を行った方が効率よく処理を進められます

LR法はDFAの大きさが巨大になるため、実用的ではないようです。

LALR法はLR法を改良したアルゴリズムで、扱える構文クラス範囲はLRよりも少し小さくなります現実的計算資源構文解析を行う事ができます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん