「KOTY」を含む日記 RSS

はてなキーワード: KOTYとは

2017-03-21

http://hakaiya.hateblo.jp/entry/2017/03/20/160927

2016年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞 結果発表 - 破壊ブログ

まあ見事に炎上しているわけですが。

KOTYもそうだけど、つまらない作品を貶すための企画は、

そのうち気に入らない作品を貶めるための企画に変貌するのだなあという感想

この企画投票したやつもおおむねその意図で入れてるだろうしもう救いようがない

2016-06-09

KOTYって分裂してるの?

KOTYクソゲーオブザイヤー)が2013年を境に2系統あるのに気づいた。見つけたのがこれ

永久殿堂入り 『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』

2013年大賞&殿堂入り 『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

2014年大賞 据え置き機部門 『真・三國無双7 Empires』

          携帯部門 『フリーダムウォーズ』 『俺の屍を越えてゆけ2

2015年大賞 据え置き機部門 『テイルズオブゼスティリア

          携帯部門 『機動戦士ガンダム エクストリームVSフォース

ググってもこの辺の詳細が見つけられないが、ジョジョ(ABS)かシェルノサージュきっかけで派生したように推測できる。wikiがあるスレ(以下本家)ではこれらは選外でありノミネートすらされてない。それが不満なのだろう。本家は四八(仮)くらいから、ただのクソゲーじゃ満足できなくなっている。ジョジョゼスティリア(TOZ)はネットですごく騒がれたけどあくまで「ネットお騒がせ大賞」「がっかり大賞」くらいでしかないというわけだ。

個人的にはネットゲームタイトル叩きには異様なものを感じる。ネトウヨの嫌がられる部分に通じるものがある。ので無視しろはいわんが全面的に受け入れるべき評価でもないと思う。かと言って本家一部の人の文才に頼り過ぎだ。「レベルを上げて物理で殴ればいい」や「邪神モッコス」なんてパンチラインは早々生まれものではない。そんなのに期待してはいけない。

結局何がいいたいかというと「ネットお騒がせ大賞」を新設すればいいんじゃね?ということになる。

2016-02-18

艦これ運営や角川に一杯食わせたいから艦これ改KOTYに入れたい

そんな不埒な奴らはどうか別のところでやってほしい

2016-01-01

http://anond.hatelabo.jp/20160101232401

クソゲーシステムの破たんのように誰がどう見てもクソと判断できる。

しかしクソマンガやクソアニメは、価値観によってクソか否か判断が分かれることも多い。

それが原因でKoTYアニメ版漫画版存在しないという。

(参照 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1

 

ついでに自分場合、クソアニメとして頭にパッと思い浮かんだのは以下の7作品

このアニメはクソアニメじゃないと思う人も大勢いるだろう。

逆に自分が好きな「レーカン!」や「帰宅部活動記録」をクソアニメ認定する人もいるだろう。

そういう価値観齟齬で決められなくなることが多発するだろうからKoTYアニメ漫画版存在しないのも納得がゆく。

2015-11-21

日本マイクロソフトパブリッシャーXboxゲーム今昔(旧箱編)

はじめに

Xbox発売から14年がたちました。

黒船来襲から14年の間にリリースされたゲームを、シリーズ、開発会社という観点から振り返ってみましょう。

とりあえず旧箱編です。

360編、XBLA編、One編と続けて行ければいいなあ、と思います。


旧箱編

http://anond.hatelabo.jp/20151121180623

360編その一

http://anond.hatelabo.jp/20151122140550

360編その二

http://anond.hatelabo.jp/20151122140749

XBLA編

まだ書いてます。

One編

http://anond.hatelabo.jp/20151122170745

天空 -Tenku- Freestyle SnowBoarding

スノボゲーム

2までマイクロソフトリリースされ、3(原題はAmped3)からはT2Kに移った、そのためか3は日本ではリリースされなかった。(1と2が旧箱、3が360)

開発会社のIndie Builtは閉鎖された。



プロジェクトゴッサム ワールドストリートレーサー

レースゲーム

1と2が旧箱、3と4が360でリリースされた。

すべて日本でローカライズされている。

開発会社のBizarre Creationsは閉鎖された。

2010年に復活か? というニュースが流れたが、2015年現在まだ復活していない。



ねずみくす

ねずみを操作するアクションゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のメディア・ビジョンは主要スタッフが独立した後も、ケイオスリングシリーズなど精力的にゲームリリースしている。

日本での旧箱ローンチ時にはかなり前面に出ていたので覚えている人も多いだろう。



HALO

FPS。

1と2が旧箱、3と4が360、5がOneでリリースされた。(非ナンバリングタイトルも多数ある)

Xboxシリーズリリースされたゲームはすべてローカライズされているが、Win/iOSで展開したHalo: Spartan Strikeは未ローカライズ。(ただし購入自体は日本ストアからでも可能)

開発会社のBungieは現在も大作ゲームDestinyリリースしており、脱Xbox後も元気なようである

Oneまでシリーズが続いている数少ないゲームである




ラリースポーツ チャレンジ

レースゲーム

1と2が旧箱でリリースされた。

開発会社のDigital Illusionsは現在も看板タイトルバトルフィールドシリーズの開発を続けている、今年はスターウォーズバトルフロント、来年はミラーズエッジ2とマルチとはいえXboxシリーズにどんどんゲームを出してくれている。

Xboxシリーズでは数多くのレースゲームリリースされたが、Oneまで生き残ったのは一つだけである




MAXIMUM CHASE

レース+ガンシューティングゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社の元気の現在はゲームアーカイブスリリースばかりで、ゲーム事業部はあまり元気がない様子だ。

上でも書いたが、この時期は本当にレースゲームが多い。




Jockey's Road

ジョッキー成りきりRPG。(競馬ゲー)

シリーズ展開はされてない。

開発会社のプログレスは2013年以降公式ホームページの作品情報が更新されておらずなにをやっているのかわからないが、他のページは更新されているため生きてはいるようだ。



カンタレッドシフト 超高速空間バトルレース

レースゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のCurly Monstersは全く情報が出てこないため現状は不明、公式サイトは生きているが同名の別会社な気もするが筆者の英語力ではよくわからなかった。



ブリンクス・ザ・タイムスイーパー

猫を操作するアクションゲーム

1と2が旧箱でリリースされている。

開発会社のアートゥーン親会社のAQに吸収合併され、そのAQはマーベラスに合併されマーベラスAQに、今では社名からもAQは消えたが、アートゥーンの主要スタッフはアーゼストとして独立し、任天堂のセカンドとしてヨッシーNewアイランドを開発したり、360のRPGラッシュ立役者坂口博信テラバトルモンスターデザインを担当している。

数少ないある程度の評判が伴った和ゲーのため、復活してほしい日本のXboxユーザーは多いが、開発のアートゥーンの現状が書いたとおりのため、その権利がどうなっているかかなり不透明である




格闘超人

3D格闘ゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のドリームファクトリー2013年以降公式サイトが更新されていない、2009年KOTYメジャーを開発した悪評が祟っているのか表に出ない形でキャラクタゲームの開発をしているらしい。

なおイスラム教団体からの抗議を受けて回収された騒動があったものの、今でも普通に中古で購入できる。




Whacked! ギリヤバ!乱闘パーティーテレビ!

アクションゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のPresto Studiosは閉鎖された。

Xboxでオンライン対戦ができた初のゲームのため覚えている人も多いだろう。



ザ・ワイルドリングス

総合格闘を扱う3D格闘ゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のパオンはソーシャールゲームやiOS/Androidゲームで一山当てたらしく公式サイトを見ると非常に景気がよさそうである

いつかそこで得た資金をもとに、コンシュマーに帰ってきた欲しい。



N.U.D.E@ Natural Ultimate Digital Experiment

美少女シミュレーションゲーム

シリーズ展開はされていない。

企画会社のレッドエンタテイメントは未だにサクラ大戦の頃の遺産をソシャゲーにして食い扶持を稼いでいる模様、秋元才加が登場する日も遠くはないだろう。

このゲーム音声認識技術がWindows10のコルタナを支えている、わけはなく歴史の闇に埋もれて行くのだろう。

広井王子に対してやけに辛辣な文章になってしまった、申し訳ないです)




カンフーパニック

アクションゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のJust Add Monstersは、Ninja Theoryに名前を変え、SCEのセカンドとしてHeavenly Swordを開発したりしている。

どうしても別れなきゃいけない会社もあれば、前に向かうために別れを選ぶ会社も、見送る会社もある、それだけのことで、この事実だけを持って「脱箱!!!」だのと騒ぐのはよくない。(が別に歴史的にこの件でゲハード戦争が起きたこともないので、この頃のXboxがいかに存在感が無かったがよくわかる)




メック アサルト

ロボアクションゲーム

1と2が旧箱でリリースされている、元はバトルテックというボードゲームやTRPGで、その電子ゲームである

開発会社のDay 1 StudiosはF.E.A.R.シリーズの開発後、WoTのWargamingに買収され、Wargaming Westと名前を変えて活動を続けている。




MotoGP URT2 Online Challenge

バイクを操作するレースゲーム

元はMotoGPというのはバイクレースの総称みたいなもので、このゲームはURTシリーズとして扱うのが正しい。

URTシリーズとしては、1、2、3、07年度VerがWindowsで、2が旧箱、3、06年度Ver、07年度Verが360でリリースされている。

開発のClimax BrightonはClimax Racingと名前を変えた後、現在はディズニービデオゲーム開発部門に買収されBlack Rock Studioと再度名前を変えて、エクストリームレーシングやSplit/Secondといったレースゲームを開発してたが、現世代機(One/PS4/WiiU)ではまだ音沙汰がない。




Midtown Madness3

レースゲーム

1と2はWindowsで、3は旧箱でリリースされている。

開発会社のDigital Illusionsについては、ラリースポーツチャレンジの項目で詳しく述べているが、現在も元気にゲームを開発している。

何度も書いているが、この時期は本当にレースゲームが多いが、Oneまで生き残れたのが一つしかいないのは本当に悲しい。




ダイナソーハンティング 〜失われた大地〜

恐竜ハンティングゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のスカラベはAQに吸収後、フィールプラスと名前を変え、AQごとマーベラスに吸収され終焉を迎えた。

ロストオデッセイブルードラゴンプラス、NNN2などXboxのシリーズとは何かと関係がある会社である



ゴーストリコン

TPS。

シリーズは山ほどリリースされているが、まあだいたいはWin、旧箱、360でプレイできる。

最新作ワイルドランズも現行機にリリースされるため、非常に元気なシリーズと言える。

というか、これなんでMicrosoftが販売してるんだろう?

開発会社のレッドストームは上記の通り、元気にこのシリーズを作っている。




Brute Force

TPS。

シリーズ展開はされていない。

開発会社のDigital AnvilはMicrosoftの子会社だったが、2006年に閉鎖されている。

ちなみにこのゲーム、非常に評判がよく、SFマインドシューターの融合というある意味ポストHaloとも言える。



Xboxワールドコレクション

取説とパッケのみ翻訳し、ゲームにいっさい手を加えずに海外のゲームを販売する、という販売体系。

色々出ているが、今回のお題とは少しずれるため紹介はしない。



プロジェクトゴッサムレーシング2

レースゲーム

詳細は1を参照すること。

なお、おまけでついてきたGeometry Warsはなんと現行機でActivisionから3が発売されている。

会社は死んでもゲームは死なないのだ。



魔牙霊

3Dアクション

シリーズ展開はされていない。

なんと開発は日本マイクロソフトの内製である

同じ旧箱内製ソフトファントムダストが復活するのに、こちらは音沙汰なしである

なお開発の顔として表に出ていた川井博司さんは株式会社イン・コントロールの代表としてプログラムの仕事をしているらしい。

それがゲーム業界なのかそうでないのかまではわからなかった。



天空 -Tenku- 2

スノボゲーム

詳細は1を参照すること。




ゴーストリコンアイランドサンダー

TPS。

詳細は無印を参照すること。



グーリーズ 〜Grabbed by the Ghoulies〜

ホラーアクションゲーム

シリーズ展開はされていない。

開発会社のレア社言わずもがな任天堂から高い金出して買っただけあって旧箱、360、Oneと三世代にわたって活躍している。



クリムゾンスカイ:High Road to Revenge

フライトシミュレーター

Windowsリリースされたゲームの流れでリリースされたシリーズ

開発会社のFASA Studioシャドウランを開発後、閉鎖されているが、主要スタッフがSmith & Tinkerとして独立し、クリムゾンスカイの権利も譲渡されているが、そのスタジオも閉鎖しており、現在どうなっているかは不明である

なおFASAは上記のメックアサルトの監修もしている。



ラリースポーツ チャレンジ2

レースゲーム

詳細は1は参照すること。



トップスピン

テニスゲーム

1は旧箱、2は360、3と4は360含むマルチ

開発会社のPAM Developmentは3発売後に閉鎖され、4からは別の会社が開発を行っている。

なお、トップスピン2には天空のIndie Builtも関わっている。



ファントムダスト

カードアクションゲーム

シリーズ展開は長らくされていなかったが、なんとOneで復活! という情報が出た後、なにやらあったらしく、現在では宙ぶらりんの状態らしい。

開発会社はマイクロソフト内製。

開発の顔であった二木幸生は現在、グランディングという会社で現在もゲーム開発を続けており、Oneでクリムゾンドラゴンリリースしたり、任天堂ひらり桜侍や任天童をリリースしたりとファーストとの連携を強くとっていたり、アナログゲームリリースしたりしている。



フル スペクトラム ウォリアー

シミュレーション

1は旧箱、PS2で、2はPS2のみでリリースされている。

開発会社のPandemic Studiosは現在は閉鎖されているが、一部スタッフは343に移籍し、Haloを作っているらしい。

ちなみにこのゲームはなんとアメリカ陸軍の要請で作られたゲームという、かなり異色な生まれである



HALO2

FPS。

詳細は1は参照すること。



ブリンクス2: バトル・オブ・タイム&スペース

猫を操作するアクションゲーム

詳細は1を参照すること。




メック アサルト2:ローンウルフ

ロボアクションゲーム

詳細は1を参照すること。




(番外編)キングダムアンダーファイア 〜ザ・クルセイダーズ

アクションゲーム

番外編と書いたのは、このゲーム海外ではパブリッシャーマイクロソフトなのだが、日本ではジャレコなのでありかつ、続編のCircle of Doomが360ではマイクロソフトが販売しているという紆余曲折があるのだ。

元祖のA War of HeroesWindowsリリースされ

The Crusaders、Heroesが旧箱でリリース

Circle of Doomが360でリリースされ、

2がPS4でリリースされる予定である

このキングダムアンダーザファイヤの新作がXboxOneでリリースされず、PS4でリリースされるというのは少なからず衝撃が走った。

開発会社のBluesideはNNNにも関わっており、マイクロソフトとは深い仲のように思われていたため、やはり上記の2がPS4(いわゆる脱箱)というのは、驚きだった。




Fable

アクションRPG

1は旧箱で、2、3、1のリメイク、傍流のJourneyは360、最新作のレジェンドはOneでリリースされる予定。

開発会社のライオンヘッドスタジオリリース予定と書いた、フェイブルジェンドを開発している、レジェンド基本無料タイトルとしてリリースされるため、定期的なアップデートが必要とされるだろう、そのため、今世代機ではレジェンドにかかりっきりになるかもしれない。

なお主要スタッフピーターモリニューが抜けてから初めてのフェイブルのため、レジェンドには色々とハードルがあがっている。

Haloと肩を並べる、Xboxを代表するシリーズである



Forza

レースゲーム

1は旧箱で、2、3、4は360で、5、6はOneでリリースされている。

開発会社のTurn 10 StudiosはForza6をリリースしたばかりである

Xboxを代表するシリーズにして、旧箱レースゲームラッシュ唯一の現役。

Halo、ForzaFable三本柱である




ジェイド エンパイア 〜翡翠の帝国〜

アクションRPG

シリーズ展開はされていない。

開発会社のBioWareマスエフェクトドラゴンエイジといった大作RPGを次々にリリースする超有名ゲーム会社として有名になった。

そのマスエフェクトの最新作がOneにローカライズされるのか? と日本Xboxユーザーは気が気ではない。




コンカー: Live and Reloaded

アクションゲーム

シリーズとしては、64からConker's Bad Fur Dayがリリースされている、なお元々はディディーコングレーシングという64のゲーム登場人物

開発会社のレア社は今年30周年を記念して、レアリプレイリリースしており、それだけでなく完全新作の海賊ゲームを開発しているらしく、One世代でもXboxを引っ張って行ってくれることだろう。

ちなみに、コンカー自体はなんとOneのゲーム作成ゲームプロジェクトスパークにて復活している。




Sudeki 〜千年の暁の物語〜

アクションRPG

シリーズ展開はされていないが、実はPC版移植がでた後ぐらいに開発されているのでは? という噂があったりした、もちろんリリースはされていない。

開発会社のClimax Studiosは現在、サイレントヒルアサシンクリードの外伝を開発している。



ダブルスティール THE SECOND CLASH

レースゲーム

1はぶんか社より旧箱で、2はマイクロソフトより旧箱でリリースされている、本項目は2にあたる。

開発会社はBUNKASHA GAMES、そうコンビニによくおいてある「本当にあった笑える話」みたいな雑誌を出版しているぶんか社ゲームブランドだ。

みんなも大好きなみこすり半劇場もこの会社である

現在は公式サイトが外車の選び方のWebサイトになっていることから考えるに、解散されているのだろう。

何を思って、出版社ゲームブランドを立ち上げたのか? かなり謎が深そうである

そして、セット販売のHaloヒストリーパックをのぞけば、この作品がマイクロソフトの旧箱最後にリリースしたゲームである

2015-09-02

KOTY検索したらなぜか猫画像がたくさん出てくる

?と思ったけど、KITTYじゃねーの?っつうgoogleセンセの余計なお世話だとわかった

2015-01-01

炎上するクソ記事に共通する「感情移入できない疎外感」と「後味の悪さ」

クソゲ―オブザイヤー2013 ‐ ニコニコ動画:GINZA

2013年 総評 - クソゲーオブザイヤーWiki

プレイヤーの心をへし折る巧妙な「物語構造」について特筆しておきたい。


終わりのない戦争の中、人の尊厳が失われていったベトナム惨禍を、主人公「ジョー・トンプソン」の物語淡々と描く。

自分従軍している間に本国の娘は反戦思想に染まり罵詈雑言の嵐を吐く。

自分を慕っていた弟は鬱病になって戦死し、愛する妻から三行半

それでも懸命に働いた自分元帥地位を手に入れるが、むなしく孤独死を遂げる。



スタッフからすれば、「因果応報」、そしてこの上ない悲劇によるカタルシスを狙ったのだろう。

だが、それが成立するのは、プレイヤー感情移入し、ジョーになりきれた時だけだ。

本作ではプレイヤーの選択の余地は一切なく、どう見ても悪化していく状況に対し、ジョーは何も語らないし、何もしない。

このような状況ではプレイヤー物語から完全に締め出され、どこまでも「蚊帳の外である

一方で、プレイヤーはジョーを操作し、クソゲーの苦楽を共にすることで、「自分分身」として一体感を覚えていることも事実だ。



「疎外感」と「悲惨物語への一体感」。相反するこの二つの性質が、一体何を織りなすか?

本作では、「感情移入は全くできないが、あたか自分が責められ、報いを受けているかのような感覚」に陥るのである

そこにカタルシスは一切なく、「何、この……何?」という強烈な残尿感と、言いがかりをつけられた後味の悪さだけが残る



ゲーム最後、とってつけたように「この作品ベトナム戦争で亡くなった全てのひとに捧ぐ」などと表示されるが、こんなクソゲー押し付けられては戦没者の方々もたまったものではないだろう。

めっちゃわかるwww



この2つはクソ記事にほぼ必ずといっていいほど共通してくるよね。

「一人よがりのオナニー論理で突っ走って何が言いたいのかよくわからんけど

 ケンカ売られたり責められてる気がする」というやつ。


今度からクソ記事を見かけたら、この2つの条件を満たしてる場合は「KOTY」ってタグつけることにするわ

2014-07-22

俺屍2


作者:前作は物語が薄いと批判があったので夜鳥子絡みのイベントを用意した。
 ↓
ファン:ゲームの主役は一族であって夜鳥子じゃない。
 ↓
ファン:夜鳥子が主役なのは作者が夜鳥子を溺愛しているからだ。メアリースーだ。
 ↓
作者:夜鳥子をうざいと思われたのは失敗だった。
 ↓
野次馬:作者が失敗を認めた。
 ↓
野次馬:作者が駄作だと認めた。
 ↓
野次馬:早くもKOTY候補。



まで糞まとめサイト経由の糞伝言ゲーム

2012-05-25

先行発売した海外版でセーブデータに関わる致命的なバグ発見されていたにも関わらず、

修正しないまま発売したことが購入者の顰蹙を買った。クソゲーというより、商品失格である





オフィシャルホームページに「APPELE SEED EX」と表記されるネタ性で話題となる。

また、開発会社ドリームファクトリーはこれに続いて「一騎当千 Shining Dragon」を繰り出し

クソゲマスターとしての名声をゆるぎない物とした。




最初は熱心なファンがバグがあることは感じながらも懸命に楽しもうとしていたが、

日に日に発見されるバグの数と反比例して姿を消していった。

そんな状況の中でも沈黙を守り続けるバンナムの姿に怒りで震える購入者の声は届かず、

真っ先に謝罪したのがハード会社マイクロソフト、というなんともやるせない惨状に、

現代の歪んだ社旗情勢が反映されていると言えるであろう。

開発者mixi内で、本人かどうかの確証も無いが、「アレがサービスの最底辺」と発言しており、

もはやダイスすらまともに作れていなかった事などほんの瑣末な事と言える。





シナリオよりもバグの方が遙かに怖いという、飯島の粋な計らいを存分に味わえる。

メーカーサポート対応も、単に悪いというだけでは終わらずに、交換時に涙を拭くためのハンカチを同封したり、

セーブした後にメモカを抜き差し」という画期的な公式対処法など、一味違うセンスが光る。




キャラゲーなのにストーリーモードはなく、使えるキャラ原作ファンが首を傾げそうな微妙な人選の6人。開始からエンディングまで約10である

バグフリーズ等の問題を抱えた他のクソゲーとは対照的に、「仕様通り問題なく完成している(と思われる)のにクソ」と言う男らしい姿勢スレを沸かせ、

そんな内容を想像させないPVの素晴らしいクオリティーは、「ワイは詐欺や! プロモーション詐欺や!」という改変コピペで讃えられた。

不条理」ではない純粋なる「無価値」を追究し、『ジャンライン』はパッチによって「進化」する新時代クソゲーのあり方を示した。




「後でパッチで直せばいいや」と言う悪しき風潮に警鐘を鳴らすべく、ジャンラインパッチによって全く逆方向へと変貌したのだ。

麻雀は本来「同じ色や柄・数字の牌を集めて役(上がり条件)を作る」というルールなのだが、揃えた牌に突然違うものが混じっていたり、

他人の手牌を勝手に奪って牌の数がバグる「亜空カン」や、役が完成し、上がった瞬間なぜか順番外のプレイヤーが上がってしまう「先ヅモ」等、

ジャンラインはもはやルール以前に全てが崩壊していた。メインメニューに戻る選択肢に「はい」が3つ並ぶ理不尽仕様も忘れがたい。

フリーズは直るどころか頻度が激増、十字キー入れっぱなしで簡単に再現でき、オンライン対戦の切断ペナルティが深刻化した。

ファミコン時代から各社が研究を重ねている「麻雀ゲーム」とは明らかに一線(ジャンライン)を画する『四次元麻雀』がそこに存在していた。

プレイヤー阿鼻叫喚の渦に陥れた開発会社のレコムは公式掲示板ブログを閉鎖し、社員から覚悟しています」と言われたという本スレ電凸報告や

キモ可愛さで一躍スレ住人の心を掴んだ有料追加キャラ《ジャッシー》等、更なる炎上を引き起こすホットな話題を我々に提供し続けた。





製作者サイドの奇行スレに話題を提供し続けた。

CM名古屋城金のシャチホコをバックに、「ぼくたちの失敗」という曲を流すだけの意味不明もので、

社長にいたっては何度も自社作品を「クソゲー」とこき下ろし、あまつさえ「あのクソ開発会社め!」と責任転嫁する始末。

公式サイトはなぜか2ch風の掲示板を設置し、「ゲーム業界ハード板」住人などの遊び場を提供する一方で、

HTML内に「ドラゴンクエスト」、「モンハン」などの単語をこっそり埋め込み、Google等の検索結果を操作しようと企んでいた。

冗談では済まされない経営状態にも関わらず、全力疾走をやめないジャレコ姿勢には惜しみない喝采が送られた。




一言で言えば「バカゲーを作ろうとして完全に滑ってしまった意味不明ゲー」である

さらには作中で「ジョークってのは、意味がわからなくても笑うもんだ」と臆面もなく自己正当化するため、

バカゲーというもの馬鹿にしているのではないか?」という根本的なツッコミを受けることとなった。




発売元であるSSαの極悪非道搾取体制も付け加えておかねばなるまい。

次々と明らかにされていくバグについて、サポートや釈明を一切行おうとしないメーカー側の良識が問われる中、

SSαは本作のバージョンアップ版と見られる『戦極姫2』をエロゲーとして発売することを突如発表し、

かたや製品未満のβ版、否、α版とでも言うべきコンシューマ版を掴まされた購入者達から断末魔悲鳴が上がった。

また、データ解析で見つかった不適切な音声や未使用CGは、「完全版」の発売が既定路線だった可能性を示唆していた。

これには、それまで仏のように寛大な心で「有料デバッグ」に取り組んでいた『姫』スレ人達もついに堪忍袋の緒が切れ、

KOTYスレもまた、最後まで残っていた健気なファンすら平然と踏みにじったSSαのやり方に驚愕させられた。




誰もが羨む高級素材を手にしながら、調理一つで全て台無しにした手腕には感服せざるを得ない。

海外大手レビューサイトでは「存在する必要がまるでない」とバッサリ切り捨てられており、

日本一ソフトウェア米国法人社長から、「発売してしまって本当に申し訳ない」という衝撃的な発言が飛び出す一幕もあった。



開発元のディンプルは本作の発売からわずか3ヶ月後に廃業、原作を描いた漫画家は本作の惨状について陳謝しており、

「このゲームが世に出ることで一体誰が得をしたのだろうか」と考え始めると落涙を禁じえない。





数多の有料デバッガー達の尊い犠牲のもと、前年見せた圧倒的な破壊力は鳴りをひそめていたものの、

選評者をして「これでまだ前作よりマシって前作はどんだけ酷かったんだよ!!」とまで言わしめた

「α版なのは社名だけにしてください」



発売当日に本スレでは購入者の悲鳴こだまし、それを尻目にプロデューサー雲隠れした。




本作を彩る最大の特徴は、あこぎな有料DLCダウンロードコンテンツである

キャラを2つより多く保存したければ課金必要

強力な装備を「購入する権利」を得るには課金必要

デフォルト3種類以外の顔パーツを使いたければ課金必要……

冷静に考えるまでもなくどれも「出来て当然」のことであり、「基本無料」のゲームも顔負けの商魂たくましさが光る。

装備強化のDLCも今流行りの「ガチャ方式」であり、あまつさえライバルに差をつけろ!」などと課金合戦を煽る始末だ。

開発者自らオンライン対戦に出撃し、過疎の中で頑張っていたランキング上位勢をフル武装で虐殺する愉快な一幕もあった。

かくして、あの手この手リアル投資を煽る本作には『剣投資』の愛称が与えられた。

公式サイトウィルスバスターからオンライン詐欺に関係している兆候があります」と喝破されたのも致し方あるまい。





5年目に突入したタカラトミー連続ノミネート記録

クソゲーさらなるクソ要素を盛り付けて、なおかつフルプライス再販売するという前代未聞の蛮行……

もとい前人未到の偉業はスレ住人を震撼させ、本作は見事「再評価」による大躍進を果たした





ゲームが開幕した時には既に勝ち組・負け組のレールに乗せられているのである

意思や戦略で工夫する余地が無いどころか、運命をも操作されているためもはや「運ゲー」ですらなく、

敢えて言うならば、「遊んでいる」というより「ルーレットを回す歯車の一部となっている」。

本作の抱える問題は、「ゲームプレイするとは一体何なのか」という哲学領域に踏み込んでいる



studygift騒動はクソゲーの有料デバッグっぽい雰囲気で楽しそうだね!

2012-03-14

クソゲーすげぇ

http://blog.livedoor.jp/myonkui/archives/5804039.html

読んで、エロスケ見に行ってみたけどこれはすごい。平均点20点(100点満点)ってwww



今日び、名作でもそうそう長文レビューが見られないエロゲにおいて

みんながみんな、その糞さを力を尽くして描こうとするその光景に涙が止まらない。



http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=16100&uid=4D

http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=16100&uid=misotan

http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=16100&uid=OYOYO

http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=16100&uid=mafin




http://softhouse-seal.com/product/054-kunoichi/index.html

体験版プレイしてみたけど、ぱねぇっす。まじパネェ。 これはまごうことなきクソ。KOTYが楽しみすぎる。

2011-02-27

ブロガーによるアイマス2反応まとめ

まあ、迷ってる人はいろんなブログの言及をみればいいんじゃないかな?



2011-02-26

http://d.hatena.ne.jp/laevatein/20110226/1298673139

こんだけ金をつぎ込んでくれる固定客がいるコンテンツなので客の求めるものは分かりやすいし、このご時世なんだからまずは『売れるゲーム』を作るべき、ということで方向性は1つしか無かったはずなのにどうしてこんな事しちゃったんだろう?

石原さんの暴走だとしてもそれを通しちゃうってのは愚かだ…。




アイドルマスターアダルト枕営業モード有り

http://d.hatena.ne.jp/p_wiz/20110224/p2

ファン・ユーザーの方々、ご愁傷様です・・・



2011-02-24

http://d.hatena.ne.jp/laelaps13/20110224

発売前から嫌な予感しかしなかったが、予想を遙かに超えるひどさだった・・・

ファンが絶対に望まないような展開をこれでもかと詰め込んでいるね。本当にバンナムはこれで受け入れられると思ったのだろうか・・・



こんな内容で大丈夫か?

http://d.hatena.ne.jp/Zannen/20110225

まあ掲示板で晒されているとおり、シナリオは酷いもんです

石原さんはニコ動に触発された部分もあるとかインタビューで発言していた気もしますが、どちらかというと薄い本に触発されてしまっている気がします。

あざとい展開が多いのは今に始まったことではないですが、誰得なんだよとしかいいようのない話の作りには正直辟易しました



無理なものは無理

http://d.hatena.ne.jp/torisuteram/20110226

竜宮小町発表くらいから期待でき無さそうだ、と思い始めてスルーしたわけだが状況は想像以上に酷いようだ。”1”が存在しない作品ならともかく改悪がひどすぎる感じだなぁ。制作側は面白いと思ってやったのだろうか。




明日

http://d.hatena.ne.jp/asagirikazusa/20110224#p61

ゲーセン無印時代で

辞めておいて正解だったぜ。

ホント アイマス2地獄だぜ!

フゥハハハーハァー





[ゲーム]枕営業キャラ離脱、性格改変、「アイドルマスター2」 の内容にファンが大混乱

http://d.hatena.ne.jp/BCC/20110224/p4

アイマス興味ないけど、前作を完全否定しているっていうのは分かった・・・

そりゃ理不尽な怒りが湧いてくるわ。

2chの本スレ見てみたらお葬式ムードが凄すぎて酷いな。

同じような心境を「かまいたちの夜2」プレイした時に沸いたな。あれも前作全否定でシナリオ微妙だというとんでもない地雷ゲーだった。まあアレ以上の酷さだろうけど。

というか男キャラした段階であんだけ非難され、発売前に散々分かってたことなのに、ファンの要望を無視するとか「どんな判断だ」。

ただ、KOTYは狙えないだろう。糞と地雷は別物。





2011-02-23 明日は何の日?

http://d.hatena.ne.jp/bit666/20110223

 明日……明日? 何かあったっけ? 特に何もないと思うよ。うん、何もないんだ。そう、何も……。




アイマス2が発売 ユーザーの心を砕くイベントが多数らしい

http://d.hatena.ne.jp/qwqw/20110223

2をベースアニメ放送ですよね、NTR成功に期待

前作のファンの方々南無であります

今作を買った人は見えている地雷なので自業自得です





ありがとうごいました

http://inthedreams1114.blog66.fc2.com/blog-entry-152.html

ずっと事の推移を静かに見守ってきましたが、あまりにも心のないバンナム対応

そしてCD歌詞は矛盾でいっぱいでした

ゲーム世界観崩壊し、残された自分たちに出来ることは何もなかった。

中にはシュプレヒコールをし、最後最後まで戦った方々もいたようですが、その声が開発陣に届くことはなかったようです

・・・これでは団結など夢のまた夢。

当然プロデューサーさんたちも受け入れるはずはないでしょう。




アイマス2の噂

http://d.hatena.ne.jp/mowamowa/20110223/1298515257

上記の修羅場系統 (特に枕営業) で、私はむしろうふうふしてしまう感じなのでアレなんですが、キャラをろくに攻略もしてない状態の私ですら各キャラ固定観念たいのが既に多少あると言う状態で上のを見ると結構「うわぁ」とか思います。





さてさて、遂にアイマス2発売なわけです

http://plaza.rakuten.co.jp/kaname0083/diary/201102240000/


つか素人の俺が適当に考えたシナリオの方が受けが良さそうってのもどうよwwwww







アイマス2発売前日だからこそ羅列する「アイマス2に否定的な理由」

http://d.hatena.ne.jp/black-newt/20110223/1298470947

・美希の性格SPに改変された状態のまま そのうえCDで本物の自分と言い出す

春香ネガティブ性格

千早ネガティブ性格

伊織が負けた理由を突き指のせいにする小物に

あずささんのわすれっぽさが強化

律子の夢やその過程を都合のいい部分だけ採用 そして根性論を連発するようになる

・やよいがもやし馬鹿に(L4U以降のドラマCDから

・雪歩がありえない言い間違え

キャラクターが全体的に恋愛

竜宮小町CDなのにゲストが来る

・全体的に千早が優遇

・Pがアイドルを脅すような言動

・外見の変化を受け入れられない




2の感想

http://length610.blog39.fc2.com/blog-entry-772.html

バンナムは本当に馬鹿だよ。ユーザーのこと本気で全く考えてない。腐ってる。




非実在美少女

http://kisokutadasiku.blog136.fc2.com/blog-entry-30.html

 彼女水瀬伊織」は実在しない。しかし「存在」はしている。その存在の証である公式の「水瀬伊織」が「水瀬伊織」では無い。これはある特定の人物の人格崩壊させたと言っても過言では無いんとじゃないか


 しかし、彼女水瀬伊織」は実在しない。まるで彼女存在は「ゼロ除算」のようだ。




アイマス2は予定どうりだったようです

http://shin-r2.at.webry.info/201102/article_6.html

爆死するだろうと思っていたアイマスですが、発売から一日。

ネット上で色々見て回るに、爆死どころか大爆死だったようです

発売前から地雷を投下し続け、購入してくれるコアなファン層を

ズタズタに切り裂いただけでは飽き足らず、

その本編は、核地雷どころか隕石を投下した模様。

キャラ改悪シナリオ改悪はかなり酷く、ここまでアイマス2を擁護してきたファンです

絶望を味わって吐いている人まで居る始末

自分は本当に回避してよかった…。

…えーと、え?!

買ってもらうつもりで作ったのコレ?

って冗談じゃなくて本当に聞いてみたいLVの話ですな。

ニコニコ動画等で創作動画を作ってらっしゃる

所謂素人さんよりも明らかに酷い出来ってどういうギャグですか?と。

一日でコレって…売り上げが楽しい事になりそうですね。



(追記)

ブコメにも社員が沸いてんなあ・・・・

「偏ってる」とか言い出す馬鹿にはこの言葉をささげるよ

http://twitter.com/Ka3x2_SensuiDOL/status/41102556130328576

べつにアイマスに限った話ではないけどTLで評価が良いっておまえそのTLは自分の見たいしか入れてないんだから評価偏るに決まってるだろwwwwwwwwww



 終わコンという現実を受け入れられず自分の見たいのしか見ないって悲しい

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん