「した」を含む日記 RSS

はてなキーワード: したとは

2011-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20110607200258

離婚したら税負担は戻るし、将来扶養できなくなったり、独居老人になっても税負担は増える。

あまり抜け道は無いと思うけど?

http://anond.hatelabo.jp/20110606204153

http://togetter.com/li/145116

http://koji.jobweb.jp/?p=4428



この佐藤孝治という人物、就職支援の会社社長をしているらしいけど

内定の出やすい学生の特徴として、

精神的に大人」「成長」「充実した大学生活」

こういうことしか挙げられないのは怠惰だと思う。

就職活動の現状を調査せずに口からでまかせを言うだけは良くない。

もっと現実的なアドバイスをできないのなら、口を閉じていて欲しい



だいたい、上に挙げたような特徴の学生のことを一言でいえば「優れた人物」なのだから、そういう学生内定を貰って当たり前。

インタビューの対象になった学生青山学院卒だし、受かるべくして受かった人物にインタビューしても何も無いだろ。



この人は、充実した学生生活を送らず、成長せず、頭も特によくない学生に対しては「残念でした」としか言わないんだろうか?

例えば、就職媒体ごとの倍率の違いとか、どれだけの種類の仕事存在するのかとか、就活内定以外の道を示してあげるとか

鬱病になりかけの学生に広い視野を与えるとか、そういったことはしないのだろうか。



成長成長いってる人って、コンサルタントの立場だろうと迷惑な存在

こういうインチキくさい人物より、就活で100連敗した人の方が、なんだかんだでずっと深いアドバイスをしてくる。

社会は人を殺さない 人を殺すのは人

殺人事件だったらこういう論理をみんな受け入れるだろう。

しかに、両親が家にいる家庭に育ち、周囲の愛情に恵まれ、他者との交流の機会も十分にあり、経済的にも強烈な不自由はせずに

育つことができた私(そしておそらくこれが大多数の普通日本人)には、彼らの生い立ちは想像しがたい悪い生育環境であり、その点では同情の余地はある。

しかし、それは論点のすり替えにすぎない。「社会」は強姦拉致殺人死体遺棄などしない。日本中を震撼させた戦慄の凶悪犯罪をしでかしたのは、ほかの誰でもない彼らなのである

加害者たちの生い立ちを延々読んでも、言い訳しか聞こえません。

ところが、殺人以外だとまったく逆になるひとが多い。

気の毒な境遇やら弱者に過剰に反応する人の気持ち悪さよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110607192926

老人はほっとけば自然に減るけど、非モテは今後50年は残り続けるんだぞ?

非モテした方が数値上有利だと思う。



それに老人には(元)モテが含まれているし。

http://anond.hatelabo.jp/20110607191449

子供をつくる人とつくらない人で負担が大きく違うと、みんなが子供をつくらなくなるだろうから、税率はものすごいものになるとは思うけどな。

ん?

基本結婚したら税負担は免除だろ。「独身税」なら。

結婚した時点で祝い金出して、子供が生まれたら月いくらとかで良いんじゃね?

税負担は独身者から取って、国に独身保護を申し出たら税負担増で保護すれば良い。

月2万ぐらい払って独身者の地位を保証してくれるなら安いもんだと思うが。

http://anond.hatelabo.jp/20110607190840

むしろダイレクトに「独身税」「独身者保護法」でいいと思う。

結婚した奴らにはむしろその金使って子供作らせたほうが良いだろ。

皆に責められてる気がしてきた

実際以前ごたごたがあった時は、周りも皆私を責めた

考えれば考えるほど、もうあのコミュニティには自分は近づいてはいけないんだと感じてしま

誰も信用できないから誰にも信用されない

本当は信じたいけど理屈はなく今の自分にはそれが出来ない

誰にも好かれてないし皆呆れているのだろうとしか考えられない精神状態

人を不快にさせたくないのに存在自体が不快なんだろうと思ってしま

したら消えるしかない、と思ってしま

人の気持ちを素直に受け止められた時期もあったはずなのになぁ

http://anond.hatelabo.jp/20110607181551

育児ということについてはどう考えているの?

たとえ望んで結婚した愛する相手の子供であっても、一人前に育て上げるのは死ぬほど大変なわけで

好きでもない、自分で選んでもいない、全然愛のない相手の子供ならなおさら育児は困難を極めるだろう

そんな冷め切った家庭環境でじゃんじゃん子供増やしまくって、それらが国家に取って有益な人民に成長すると思う?

http://anond.hatelabo.jp/20110607174715

なんで恋愛結婚を阻害して全部強制婚にしようとするんだ。

恋愛結婚を許可すると美人イケメンはごっそり抜かれて、ブス・ブサメンしか残らない、

よって自分には不細工しか回ってこないから嫌だ、

美人イケメン恋愛を阻害して、自分にも美形が回ってくるようにしたい、

と考えてるようにしか思えない。

それか恋愛結婚する幸せ者へのひがみか。

普通に考えて恋愛結婚は今まで通りさせて、できない奴だけにテコ入れするべきだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20110607162443

へんなレスがつくと、書き込みを消したくなるよね

アニメオタク左翼など、反応の良さげな分野でディベートごっこをしたい、いつもの増田だと思うよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110607171140

実際本人が好いた惚れたで選んだ相手よりも、大人である親親戚の判断のほうが正しいことのほうが多い

一目惚れから結婚に至った夫婦は、全体の離婚率と比べると1/5らしいよ。アメリカの調査だけど。

 

女の感じる「なんとなくすごく好き」は、男の体臭に含まれるデータを読み取った結果だという調査結果もあったな。

男の持つ白血球の型、抗体のはたらきなんかが女の嗅覚で察知できるらしい

本能に従って「なんか好き」と思う相手と結婚した方が、抗体の相性がいいし、病気に強い子供ができるんだと。

 

恋愛結婚こそ最も生殖システムに祝福されている方法だよ。

見合い結婚でも本能的に相手をイマイチと感じたら拒否できるわけだし。

強制結婚は何のプラスも無い敗者救済策でしかないし、本人たちだけでなく子供までもがかわいそうだ。

見合いでも断られるような人は無理に結婚しなくていいんじゃないか?

http://anond.hatelabo.jp/20110607162712

わかるよ。

よく「世の中ほとんどの男女はブサイクばかり。ほんの一部の美男美女カップル以外はみんな妥協して恋愛してて悲惨」

とか言う批判を聞くけど、的外れだと思う。

もちろん相手が美しければ美しいほど良いのは確かだと思うよ、ブス専でもない限り。

でも誰かと付き合いたいっていう欲求は、単にイケメン(or美女)を隣にはべらしたいというコレクション欲とは違う。

ほとんどは、唯一無二の誰かに、唯一無二の自分を、認めてほしい、愛してほしい、っていう承認欲求でしょ。

創作物はこの点を満たすことが出来ない。

創作物のささやく愛はあくまでプログラマー原作者が設定した作り物であって自分に対して向けられた唯一のものではない。

まあそのへん割りきって二次モノを楽しんでる人が大半だと思う。

三次とは比較しようがない全くの別物じゃないか

http://anond.hatelabo.jp/20110607162132

向上心や評価されたい欲求は精神的に健康なら当たり前に持っているものだよ。

恋愛においてもそう。無い人間は少数派。

最近オタクが増えて、恋愛面での向上心の無い人間が激増したように感じるかもしれないが、

新規参入オタクオタコンテンツをダシにして出会ったり、恋愛している。

二次元の良さを知ったうえで、あえて三次元恋愛している。

オタコミュでの出会いから所詮オタ女腐女子。手の届くレベルといったら然程可愛くもない。

それでも恋愛をしている。

はてブ不思議

  1. 原発関連のアンケートには過剰に反応するくせに、恋愛系のアンケートには無頓着(程度の問題じゃあないよね)
  2. はてなにもそれなりに右翼体質の人がいるけど、なぜか左翼ばかりが目立つ(声がでかいから?)

続きはあした

http://anond.hatelabo.jp/20110607160015

それは増田と美女とのランク差がたいしたことないんだよ。

ワキガブサチビデブハゲ無職のオッサンが、ミスコン1位とった現役高学歴女子大生読者モデル女子アナ候補)や、

お嬢様女子高校の学年一目立ってる美少女女子高校生なんかを口説いたら、

本気で口説いてても通報される。

http://anond.hatelabo.jp/20110607115945

わかってない。

二次元代替できない欲求がある。

「生身の自分を見てほしい」「生身の自分を評価してほしい」という欲求だ。

三次元恋人ができたとき、それも片思いしていて口説いてやっと成就したときには、

自分を選んでくれた」という喜びがある。

特に相手がモテる場合は、「他の同性に勝った」という喜びもある。

二次元の商材は自分に自信がない層をターゲットとしているため、

他の同性と比較されたり、プレイヤースペックを評価するような要素は排してある。

二次元が行うのは「かぎりなく無条件に近いプレイヤー肯定」。

これは恋愛市場に参加拒否される容姿の持ち主や、異性を下に見ている割にモテない人間

自意識過剰人間、とにかく疲れていたりうつ状態人間など、弱い立場にいる人間には必要だろう。

でも頑張るモチベーションを必要としている元気な人間は、

ブヨブヨウエストダイエット体操で引き締めたのを見て「きれいになったな」と言ってくれる生身の彼氏

テスト仕事で好成績をおさめたことを報告したとき「頑張ったね」と言ってくれる生身の彼女を必要としている。

これからの元気な恋愛ドハマリ系ロマンチストたちは、恋人に送ったメールの返信が遅いときの小口の不安感とか、

失恋直後の落ち込みや寂しさを癒すために一時的に二次元を使うことはあるかもしれないが、

結局は「自分を評価してほしい」「頑張ったときだけ褒めてほしい」「自分を良い方向に導いてほしい」という欲求から

人間恋人を求めると思う。

二次元の登場で生身への関心を失うのは、弱い人間と、(魅力・コミュニケーション面での)向上心の無い人間だけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20110607160108

同意

ですからhttp://anond.hatelabo.jp/20110607160617にも書きましたように、

無能は積極的に駆除するようお願いします。

これは、あなた同業者、ひいては私とあなたを取り巻く社会のためです

アイドル恋人が出来てはいけない理由

好きなアイドルと交際している人間への嫉妬もあるだろうけど、

メインは異性アイドルと交際している同性の具体像を知ることで、アイドルが居る階級自分階級とのギャップが可視化されてしまからだと思う。

アニメ好き」という共通項を持つことで親しみを感じていた女性声優が、今どきなルックスのイケメン俳優と付き合っていることが判明し、

急に遠い存在に感じてしまうような感じ。場合によっては期待させておいて裏切られたような怒り。

恋愛資本主義的に言う「資本」をどれだけ持っているかという階級格差は、同性間だとわかりやすいけど、

自分と特定の異性との対比になると、勘違いしやすい。

ありがちなのが、「あの子は可愛いけど服装が地味だから自分と同じランクだろう」とか、

「あの人はイケメンだけど引っ込み思案だからあまりモテないだろう」といったもの。

無意識に、自分にもイケる!と考えようとしてしまった結果だと思う。

そういった、ただでさえ起こりやすい勘違いを、少女漫画等の恋愛コンテンツ助長する。

少女漫画でも少年漫画でも、読者が共感できるようなせいぜい"中の下"といったような受け身キャラの主人公が、

学年一の美形やらアイドルやら遥か高みにいる存在と対等に付き合い、恋愛関係になるようなものが多い。

どうしてこういう話が美化されるのかわからない。調子に乗った読者が悲劇を生みだすだけだと思う。

明らかに釣り合わない片思い、これって偏差値38の高校生が無勉で東大理三受けるような暴挙だと思う。

10年ヒキニートやってきた35歳中卒が三大メガバンクトヨタNTT履歴書送るような愚挙だと思う。

そして不合格という結果を突き付けられ、そこで目が覚めればいいけど、逆恨みに繋がるリスクがある。

受験就職での不釣り合いは愚挙だと認められるのに、恋愛での不釣り合いが美化されるのはどうして?

"美女と野獣は稀に発生する"…そんなの、男がブサイクでもコミュ力あったり運動できたり肉食だったり仕事できるパターンでしょ。総合的に釣り合ってるんだよ。

"本当に釣り合って無いカップルを見た"…中卒で大金持ちになる人だっている。例外は何にでもある。99.9%の失敗と共に。

どうして愚かな期待を持たせようとするんだろう。

「一縷の望み」なんていうけど、恋愛で使うそ言葉は、キモイ

釣り合いな恋は、かなわない。

叶えたいなら、釣り合うまで自分が追いつくしかない。

「追いつく」というプロセスを無視した創作が多すぎる。それらの創作にどっぷり浸かれば、現実の異性が打算的な悪魔に見えて当たり前。

恋愛コンテンツアイドルコンテンツには逆年齢制限を設けるべきだと思う。

20歳以上は、閲覧禁止。

少し前のこと

29歳、彼氏なし、3月飲み会で知り合った同い年の男の人と週に一回くらい会ってた。

趣味も合ったし(野球観戦)、メールタイミングとか遊びに行く頻度とかすごく居心地がよかった。去年の初め、数年付き合った彼氏と別れて以来縁遠くなってたので舞い上がってたのもある。ただ、社会人サークルに入ってて、女の子の知り合いがすごく多いことと、電話が多いことだけ気になってた。遊ぶときも半分くらいが二人きりではな飲み会だし。

他に女がいる? 何か隠してる? 

好きになってもいいような、何か踏み切れないような気持ちのまま、まあ、会ってご飯を食べたりしているぶんには楽しいからいかなと、会ってた。話す内容は野球のことばっかりだし。楽しかった。前の彼氏と別れてから野球の話なんて誰ともしてなかったのに気づいた。あ、あとちょっとだけ気になっていたことがある。彼がやたらと「エコ」を気にすることだった。


彼の正体は唐突に判明した

最初飲み会で一緒だった私の友人が、あの子、なんか変な商売しているらしいよ、勧誘されたひとがいるって、と、教えてくれたのだ。彼は連鎖販売取引をしていた。いわゆるマルチ。具体的なことを書くのはやめておく。反論もあるだろうし。だけど、それを聞いてすべて彼の交友関係や発言に合点がいったのも事実だ。

すぐに問い質したいような気持ちを抑えながら、数日後、一緒に野球を見に行った。

ビールを飲みながら、試合のことを話していると楽しくて、すべてがどうでもいいことのような気がしてしまう。だけど、彼の携帯には電話が掛かってくる。その場で出た彼は「目標達成のためにがんばります」などと電話口で言っている。前には妙に牧歌的試合風景。前の席には40歳前後女性二人が楽しそうに試合を見ていた。二人の薬指には指輪が光ってて、ああ、羨ましいなと思う。

私は、人生に大それた目標など抱いてはいない。だけど、すぐに目の前の二人のようになることは出来ないのだ。

試合は応援していたチームが勝った。

試合後、二人でご飯を食べた。彼に本業のほかになにかしてる?と聞いた。彼は悪びれなかった。販売員はなってほしくないけど、商品はいいよ? 買ってみる? と言われた。

ごめんなさい、もう会いません。と答えた。

ああそう、みたいな軽い返事をされて、食い下がって欲しかったのか、そのまま解放して欲しかったのかわからなくなった。

帰宅して、徒労感だけ募った。

もう気持ちの整理はついてるし、見る目なかったなあと思う。目先のことに囚われて色々と目をつぶりすぎていた。だけどもう三十路で、今後こういうことが更に増えていくのだろう。

彼氏を作って結婚することがゴールではないことなんてわかりきっている。だけど私は、一生穏やかに野球を見に行く誰かが欲しい

学生は大人に理想持ちすぎだよね

http://anond.hatelabo.jp/20110606204153

「俺社会人だけど」って書いてるけどこれ絶対学生社内ニートのどっちかだよな。

大人全般には変な期待するなよ。

大人っていっても結構な数の人間が年齢がそこに達したから会社就職しましたって言う奴で

実質は子供と大差ないのばっかりだぞ。

自分の親見てたらわかるだろ。

変に夢見ないで、目の前の人を見て、どうすべきか考えるしかないと思うわ

http://anond.hatelabo.jp/20110607141924

もしかして諦めずに就活継続中の人を母数にしてたりする?

母数増やしたら率下がるじゃねーか

アホか

http://anond.hatelabo.jp/20110607141924

そもそも「就職率」っていう統計自体が成立してなくね?

だって就職」ってものじたいがピンキリじゃん。

一流企業に入れない大学生でも配管工にはなれるかもしれない。

じゃあ配管工になったのもトヨタに入ったのも等しく「就職率」の分子になるの?

無茶苦茶だよね。




「この資格学校公認会計士になれた人の率」とかならわかるよ。

もしくは「税理士合格者中のこの資格学校生の割合」とかなら。

全員同じ基準に挑んで、同じ歩き準を突破した人が分子になるのだから意味の有る数字だ。

就職率」は、数字インチキとか以前に、定義からいい加減すぎると思う。

夏は欝傾向が緩和される気がするんです

いよいよ暑くなってきて

でも折から節電ブームでなんとなく冷房もかけず汗かきながら仕事してます

こうなってからの数日と言うもの気持ちが大変前向きで明るく、活力が出てきました




冬に日射が少ないことを理由に発祥する欝というのがあるらしいです

夏の日照や温度が欝気分を軽減するなんていうことはあるんでしょうかね?

http://anond.hatelabo.jp/20110607134331

漏れもあの後なんであれが出てくるの?って思ったんだが、設定原画を見てみると「魔女=曲線などで構成された渦をモチーフした構造体」であるのに対して「アレ」は「直線的であろうとする構造体。魔女女性であるのに対して男性である」ってあって、注釈に「ねじ曲がってしまった世界を元に戻そうとする力のようなもの」ってあったからあー、そういうことかと納得した記憶があるよ。

「アレ」はまどかがふにゃふにゃしたものに対抗するQBより偉い何者かによるほげほげなんだよ、たぶん。