「京料理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 京料理とは

2019-08-13

夏の魚

最近 健康に気を使うようになり、最低でも週1回、できれば3回は魚を食べるようにしている。

だいたいは大ぶり3切れのチリ産サーモン550円を買ってすぐ冷凍し、週の間に焼いて食ったり、刺身用のアジを買ってなめろうにしたりする位なのだが。

それらを買う魚屋で、今週は鱧が入っていた。

鱧。

京都料亭などで供されることで有名だが、関東では空想上の存在とされる霊魚(ウソ)。

身に小骨が多いので、食べるには細かい包丁ミリ単位で入れる「骨切り」という工程を入れねばならず、その事で更にハードルが高くなるのだが、その鱧はしっかり骨切りもされている。

もちろん食べたことはないんで興味はそそられるが、1尾1300円という破格なお値段。

「いやさすがに・・・」と思ったが、どうしても「鱧、美味しいよねー」と言ってみたい。それに骨切りもされてるし。

「えいや」で買い求めると、店員のオジさんはビニール袋に長い身を無造作に流し込み口を縛って提供した。

さあ買ったはいものの、こんな魚をどう調理したものか。

手元にスマホがあったのが幸いだ、レシピ検索すると、湯引きして薬味梅肉のつけ汁で食うと美味いらしい。

八百屋大葉ミョウガ、潰れてお安い紀州海を買いもとめ、これで準備は完了、幸い家には甘辛口日本酒、碧龍もある。未知の相手だが勝算は十分だ。

さて、お盆にやっつけておきたい読書洗濯運動不足解決するための全力バーピージャンプ最近新調したパソコンセットアップなどを済ませたら、夜になった。

鱧に向き合う時間である

待て。鱧だけでは晩餐が味気ない。

八百屋では一袋100円という別の方向で破格の生椎茸も買い求めていた。

これを切り分けて、バター焼きにする。

きのこバター文句のつけようのない組み合わせなのだ

バターで炒めた椎茸から森の息吹と旨味が混ざった香ばしい匂いが立ち上った。

信頼できる手堅いプレーヤーが脇を固めた。

あいよいよ主役の登場だ。

ビニールから取り出した鱧はやや魚臭かった。やはり足は早いようだ。

1回で食べきれない長い身を両断し、半分をジップロックに詰めて冷凍する。

まな板に残った鱧は3-4cm間隔で短冊状に切り分ける。

つけ汁も用意する。

紀州梅を叩き、みりん、酒、醤油と合わせる。

ミョウガ大葉は千切りにする。

ここからはあっという間だった。

沸かした湯に鱧を放す。

湯に放たれた身が柔らかな白に色を変え、くるっと丸まれば、骨切りされた鱧は鞠状に花をつける白菊のようだ。

すぐに上げて次は氷水に放つ。

その作業を数回繰り返せば、伝説上でしか知らなかった京料理、「鱧の落とし」が完成した。

晩餐は碧龍、カブ柚子甘酢漬け、紫キャベツピクルス椎茸バター焼き、そして鱧の落としである

まず椎茸

肉厚で程よく薫る森の香りに、グアニル酸バターの旨味。約束されていた勝利だ。

碧龍で口を洗いたいところだが、ここで酒を入れてしまえば、アルコール作用によりなんでも旨く感じてしまう。

それはそれで幸福だが、まずは初めての出逢いは酔った頭の夢見心地ではなく素面で向き合いたい。

鱧よ、お前の真価、透徹なこの目と舌で確かめさせてもらうぞ。

白菊を思わせるそれにミョウガ大葉を乗せ、梅肉に浸して口に運ぶ。

白い身は口の中でわずかな弾力を生じた後、柔らかに解け、蛋白質と繊細な魚の脂が梅肉の酸味と大葉ミョウガの鮮烈な香味と一体になって消えた。

滋味深い夏の味、これが鱧であるか。

こうなればもう酒と合わせて味わえばよりその滋味も際立つと言うもの

ええい、美味きゃ全ては良しなんだ、澄ましているお前も本当はそうなんだろう?

椎茸カブ紫キャベツ日本酒、鱧が入り乱れ、夜だ宴だ酒池肉林だ。

お盆の夏の夜、卓上で繰り広げられた饗宴口福快楽の余韻のなか幕を閉じた。

鱧よ、魚屋店頭でみた時、君を諦めなくて良かった。

思い出を残して淡雪のように消えた鱧だが、その半身はまだ冷凍庫にあって、後夜祭を静かに待っているのだった。

2019-05-01

地上波テレビ

もはや地上波に、見て楽しい・見て良かったと思える番組ほとんど無い。

数少ない良き番組は以下のものだ。

NHK:「さわやか自然百景」 過剰な演出を排し、身近な野生や半野生の動植物を丁寧に撮影編集する番組

     動植物オンリーではなく、それらを育むフィールド包括的に捉えるスタンスが秀逸。ヒトとのかかわりも描かれるが、インタビューは使わない。

     この番組に比べると、同局の「ダーウィンが来た」が(優秀な番組ではあるが)ひどく饒舌演出過剰に感じる。

NHK:「小さな旅」 登場するアナウンサー山田敦子ブリッ子レポートが妙に面白い男性アナウンサー名前は忘れた)の回はそれほど面白くない。

NHK:「今日の料理」 大原さん(?)という京料理先生の声がキンキン気持ち悪いのだが、気持ち悪さに中毒性があってついつい見てしまう。

テレ朝:「タモリ倶楽部」 たまに、タモリへのおもねりが過剰な回もあるが平均的に面白い

     珍奇で特別なナニカを求めるあまり捏造ヤラセに走る昨今のテレビ演出に対して、この番組は「平凡なものでも、追求し見方を変える」ことで面白さを

     表現できることを実証している。

     チーフタンズミュージシャンズミュージシャンと言われるが、この番組テレビマンズズテレビ番組と呼ばれている(らしい)。

精々このくらいか

2019-02-18

anond:20190218151428

実は、水道水が美味しくなくなったせいで、

京料理を薄味で作れなくなったって京都に住んでいた頃聞いたことがあります

2017-12-01

少女漫画家ってマジですごいな

少年漫画なんて忍法とか悪魔のみとかデスノートとか魔法とか卍解とか好き放題とんでも設定だして

好きなだけ妄想で話作っていけるけど

少女漫画って現実世界舞台にした話ばっかりでしかも題材が恋愛物ばっかじゃん

凄すぎだろ???

なんで話被ったりしないの?

日常生活日常会話を妄想してかけるってレベル高すぎて改めてマジヤバいなと思う

ルフィなんてニシシ!とか言わせてればなんか間が持つじゃん

ところが少女漫画はちゃんと心理的な動きもやらないといけないか無駄コマとか作れない

動きと感情がどっちも動いてないと漫画として認められない感がある

これは少年漫画にはない芸術的価値だと思う

彼女らの生活ギャグマンガ家のような熾烈さがあるから早死にする人いるんだろう

うーん、とにかく女性作家芸術性が高いなと思う反面

心理描写を読み解けない人には面白さの受容体がないので

どうしても少年漫画みたいなメジャーな分かりやすさに勝てない

繊細な京料理よりも焼肉の方が好印象みたいに

繊細な芸術的価値を持つ少女漫画焼肉に勝つのは難しい

でも面白いからたまには読んでみればいいんじゃないかなあと僕は思うよ(上メセ)

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170726085443

そーだよなー。ぼったくりが多い気がする。

テイクアウトコーヒー一杯500円とか。

大したことも無い弁当が1000円以上とか。

京料理の店ときたらもう...、領収書で落とせるやつだから入ったけど、じゃなきゃ絶対行かないな。

京都人に生まれなくて良かった。

2017-01-04

http://anond.hatelabo.jp/20170104190312

白味噌でも全然気にならない

京料理食べたからって他のを食べたらいけなくなるわけでもないし

そんなことしたら逆に多様性がなくなる

いつもは和洋中なんでも食べてるんじゃないの?

雑煮に限って過剰反応しすぎなように思う

2016-09-26

井の中の蛙京都人

京都人ってさ、京料理が一番だとか本気で思ってるんだよ。

よくあるお国自慢の「オラが地元が一番だ」とかじゃなくて、まるで客観的事実序列としてあるかのように他県を見下す。

出汁文化京都が一番優れていると思い込んでいる、地域ごとの独自性と好みの違いに過ぎないもの京都基準での優劣に置き換えて見下す視野の狭さ、頭の悪さがある。

薄気味悪くヘラヘラ笑いながら「わからへんやろな(お前如きに京料理の良さは分からんだろうね)」なんてセリフ

洗練された都会人を気取ってるつもりらしいけど、どう見たって田舎者丸出し。

本当に美味いもの食ったこと無いのは他ならぬ京都人だって気付いていない。

素材の味を活かすなんて言えば聞こえは良いけどワンパターン出汁で煮てるだけだからあいつら

もともと京都なんて新鮮な食材が手に入らないから鮮度を活かした調理法なんて発達しなかった

そのくせ偉そうだから産地の料理人から馬鹿にされるんだよ

井の中の蛙ってあるじゃん、それが京都人

2013-06-29

知ってください1日1食健康

一日一食ほど健康健康法もない。そう断言してはや10年。やはり一日一食は至高である、との思いを強くするばかりだ。

一日一食にするとまず痩せます。一食だけなのでゆっくり食べられます胃腸にやさしいです。食事に時間かけられるのでよく噛んで食べられます

食後にごろんする時間もとれます。少食でゆっくりでよく噛んでごろんするのは胃腸にとても良い。

食いしん坊は一食1000kcalも食べます。これは駄目。せいぜい男で800kcal、女で600kcalまで。

一食だと食事から次の食事まで24時間ありまする。消化はせいぜい12時間なので、残りの12時間胃腸休み放題。

食べ過ぎによる胃腸の過労が万病のもとなんです。一食で休ませてください。

一食だと食事が偏ると栄養士は言います。それは食べ方がおかしいんです。

まず献立のローテーションは基本です。品目というのは半月で50品目とれればいいんで。毎日20や30品目食べなくていい。

その上で京料理みたいに少しずつ色んなものを食べてください。常識にとらわれるな。

一食だと栄養の吸収が十分できないと栄養士は言います。これも半月ローテの原則を考えればナンセンスなことです。

毎日全部の栄養素をとらないといけない道理はありません。三大栄養素とVB1さえとればよろしい。

野菜ジュースとかマルチビタミンミネラルサプリとか一切買ってません。それで10年前から10歳は若返ったと思う。

25歳のとき内臓の年齢が35歳のジジイだった。それが今では25歳の内臓年齢だって

2012-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20120123000017

いやだからそれは単に好みってことじゃん。

美味い不味いってのは好みか好みじゃないかとは別の軸だと思う。

自分の中で判断するだけなら区別する必要ないけど、他人に同意を求めたりするなら区別しないと駄目だと思う。

貧乏舌のおっさんが薄味の京料理醤油ぶっかけるみたいなもん。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん