「卍解」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 卍解とは

2019-10-18

空の青さを汁人よ

最近超忙しかったけど定時で抜けて髪切ってから映画見てきたんだけどあか姉がよかったな。

クズミュージシャンがいい感じでムカつくからクズ卍解するところなんて見たくなかったし最後まであんまりいいところなくてああよかったーまあこういうのもありだよななんて思ってたらあのラストだよ。

ちょっとえええーって引いちゃったよ

あか姉それでいいん、あか姉の幸せをおれも願ってたけどそれがいいん、はあーってなったよね

2019-04-03

ブリーチフルブリング編に色々問題があるのは確かなんだけど完現術って能力のもののワクワク度は一番でしょ 卍解とか虚化とかよりよっぽど滾る

2018-06-26

anond:20180626131253

ほんなら卍解ならどんくらい伸びると思う

君らの単位で言い直したろか

13kmや

2018-04-24

最近、新しい斬魄刀を手に入れた

家族を救うためだと言って、朽木ルキアが僕にプレゼントしてくれたものだ。

こいつに慣れるためにも、これから定期的に虚(ホロウ)を尺魂界(ソウルソサエティ)へと送り続けていきたいと考えている。

ここで終わってしまうのも味気ないし、自己紹介も兼ねて筆を進めて行きたいと思う。

僕の性別男性、歳は15歳、高校生(と死神代行)をしている。

僕の不徳の致すところに依り、これから先数年は死神代行を続けなければいけないことになっている。

死神の席官や虚、滅却師クインシー)と戦ったりする事が好きな事の一つだ。

尤も、虚化や完現術(フルブリング)は、近年流行った卍解バーゲンセールですっかり陳腐化されてしまっているみたいだけれど。

僕は、月牙天衝を使わない戦闘というものに滅法弱い。

霊力を使った鬼道というものが出来ないし、斬魄刀を常時開放しないということが出来ない。

なんとも生き辛い魂魄性質をしている。

霊圧であふれた場所は好きだ。

疲れている時は卍解を要しないような低レベルの虚を魂葬し続けるに限る。

空座町最高、瀞霊廷なんてクソ喰らえである

死神代行になる前の憧れは主人公になることだった。

若かりし僕は、主人公というものは、強力な仲間を腐る程持て余し、自らの目標邁進するものであると考えていた。

から主人公になった自分は、強力なライバルに触れ続け、いつかは自分自身で強力な仲間と歩み出すようになると信じて疑わなかった。

しかし、実際のチャドは、京楽春水やヤミーやその他破面アランカル)に霊圧を消されてしまものであり、とてもインフレについていく余裕などないのである

少なくとも、チャドには難しい。

この話を聞くと、なんだ背景を書き込む時間も十分に取れないほどストーリーキャラデザに熱中することが出来て、幸せではないか、と考える人もいるだろう。

そんなわけないだろう、「心か」というページが、充実の証左たるわけがない。

そのように考える人間は、朽木白哉にでも生まれ変わり、千本桜景厳を手掌で操り続ければ良い、きっと精度・速度が倍化される。

忙しさというものは、絶対的時間を圧迫するだけではなく、ヒトが自由時間創造的な行動をする気力を奪う悪魔ディアブロ)なのである

今日からの僕はこれまでとは一味違う。

このはてな匿名ダイアリーという真世界城(ヴァールヴェルト)で、忙しさという悪魔に打ち勝って自らの創造性を再獲得するのだ。

これくらい文章を書くと、生まれて初めて霊子兵装に触っても割と自在滅却師完聖体(クインシー・フォルシュテンディッヒ)することができるようになることが分かったので、今日はこの辺りで神聖滅矢(ハイリッヒ・プファイル)を置きたいと思う。

これからは気が向いたら何かしらのテーマを持った文章を書きたい所存であるので、今日のこの朽木ルキアの描くイラスト文章にもブックマークしてくれると嬉しく思う。

anond:20180422154919

2017-12-01

少女漫画家ってマジですごいな

少年漫画なんて忍法とか悪魔のみとかデスノートとか魔法とか卍解とか好き放題とんでも設定だして

好きなだけ妄想で話作っていけるけど

少女漫画って現実世界舞台にした話ばっかりでしかも題材が恋愛物ばっかじゃん

凄すぎだろ???

なんで話被ったりしないの?

日常生活日常会話を妄想してかけるってレベル高すぎて改めてマジヤバいなと思う

ルフィなんてニシシ!とか言わせてればなんか間が持つじゃん

ところが少女漫画はちゃんと心理的な動きもやらないといけないか無駄コマとか作れない

動きと感情がどっちも動いてないと漫画として認められない感がある

これは少年漫画にはない芸術的価値だと思う

彼女らの生活ギャグマンガ家のような熾烈さがあるから早死にする人いるんだろう

うーん、とにかく女性作家芸術性が高いなと思う反面

心理描写を読み解けない人には面白さの受容体がないので

どうしても少年漫画みたいなメジャーな分かりやすさに勝てない

繊細な京料理よりも焼肉の方が好印象みたいに

繊細な芸術的価値を持つ少女漫画焼肉に勝つのは難しい

でも面白いからたまには読んでみればいいんじゃないかなあと僕は思うよ(上メセ)

2017-11-06

オナニーはクソ

オナニーを致した

全裸になって乳首ローターを装着、卍解

イソギンチャク状のシリコン乳首とその周りを高速で撫で回す。

擽ったいような少し痛いような快感が二つのから膣に突き抜ける。

子宮が疼いて思わず足をくねらせる。早くも中にモノが欲しくなる。

ディルドーをクリトリス大陰唇に擦りつけ焦らしに焦らす。

「は、早く入れてよぉ〜〜〜おちんちん欲しいよう〜〜〜〜」隣の部屋に聞こえてしまうかもしれないがトランス入ったのでもう関係無い。

1度乳首ローターを止めてゆっくり挿入する。

ゆっくり抜き差しすることで膣を慣れさせる。

自分の膣はきつい。1度ディルドが抜けなくて助けを呼び、二人がかりでおおきなかぶよろしく引っこ抜いたことがある。

はじめに膣を慣れさせることがどれだけ大事か分かるか。

どうせ中イキすると倍ぐらい締め付け出すのでワシには分からん

ただもう他人ディルドを引っこ抜いてもらうのだけは勘弁だ。

ポルチオに向かってピストンを繰り返せば3回は絶対イける。

ポルチオ逝きしてから乳首ローターを入れるとクリトリス状態乳首が猛刺激を受けて背中が仰け反りおおきく喘いでしまう。

そこから2回ほど中イキをキメたら試合終了お疲れ様

乳首ローターとディルドを洗う苦行が待っている。

神は何故性欲などという存在を作ったのか。

相手がいるならまだしも1人の夜に滾る性欲はただ虚しいだけだ。

震えるプラスチック2つとゴムでできた棒に慰められるなど屈辱の極み。

しかもそれを黙って裸で洗ってるなどもう死にたい以外の感情では言い表せない。

性欲なんかいらない、抱き合いたい。

隣で寝るだけでいい。

2017-03-26

1年目を乗り越えた社会人から就活生へ

俺はこの文章を、これからエントリーシートや、OB訪問や、面接に挑む就活生が、一人でも読んでくれればと思って書く。

俺は昨年、とある企業新卒入社した。社会人1年目がもうすぐ終わる。

その間に、俺の友人たちは多くが退職し、転職し、また心を病んだ。

それを眺めながら、俺は多くのことを学んだ。それを、少しでも誰かが役立ててくれればいいと思って書く。

君が会社入社して、働き始める。そこで何か致命的な不都合が起こる。そういうときに君は仕事を辞めるとか、違う仕事を見つけるとか、休職するとか、そういうことになる。

俺の知る、ブラック企業入社して、転職したやつらは、みんな楽しそうにやっている。それは良いことだ。転職は悪いことではない。

そしてやつらは、「2度目だから社会人を一瞬でも経験たから、良い仕事に就けた」と言う。それは一理あることだ、というか当然のことだ。

それでも、退職転職ものすごくパワーと時間を要する。そしてそこに前の職場で過ごした時間プラス、とんでもなく無駄時間だ。

(前職を無駄だとは思わない!というような転職の話は今回したい話ではない)

できれば、その会社に1度で入れるにこしたことはない。

これから書くのは、「どんな職場が生きやすいか」ということについて、一年見聞きしてきたことの感想だ。

身も蓋もない話だが、これを知っていたからといって、やばい状況を確実に避けられるというわけではない。

ただ、少しでもリスク回避ができるかもしれないとか、泥沼を泥沼と判断できるのが早くなるかもしれないとかそういう話だ。

最初に言っておくが俺はいわゆる典型的オタクだ。

家で一人で過ごすのは苦にならないし、あまり喋るのは得意ではない。パリピの対極に存在する。

というわけで、俺は大卒の中でも、どちらかと言えば同類の方のことを考えて話をしようと思う。パリピは頑張って生きて欲しい。君たちは大丈夫だ。

そんな、大勢でわいわい、体育会系のノリにはついていけない、という人間が、就活サイトとにらめっこをしながらどんな条件の場所で働きたいかを考えたとする。

「土日祝日休み残業はなし」

「小規模でアットホーム職場

上司との距離が近い、フラット職場

転職がない」

こういう文句に、君は惹かれるかもしれない。

趣味時間を使いたい。大企業大勢の中に溶け込むのはしんどい体育会系上下関係は苦手。できれば同じところでずっと働けた方が楽。それはその通りだ。

「この条件さえ揃っていれば、どんな仕事でも暮らしていけるだろう。私の生きがいは趣味にあるから仕事人間になる気はないし」

そういうふうに考える人もいるだろう。

しかし、ここには大きな落とし穴があると思う。

万が一、何か問題が起きたとき、逃げ場がないのだ。

まず1つめの「土日祝休み残業なし」。そもそもこれはけっこうな会社が条件に挙げている。しかし、本当にこれが徹底されている企業は多くはないと俺は思う。

残業めっちゃあります!土日も仕事してもらうぜ!」と看板にかかげる会社普通ない。(ぼかしてそう書くところはある)

職種によるところはあっても、完璧に条件通り、ということはないと思っていたほうがいい。

1つめの砦は早々に崩れるものだと思おう。そんな時、「それさえあれば、あとはなんとかなる」という発想で仕事を選んだ者は簡単に折れる。

二兎を追えないからと一兎を追おうとしたのに、その一兎すら捕まえられないのだ。

君がそのために生きようとしていた趣味は、もはや君を支えてくれるかどうかも危うい。

2つめの「小規模でアットホーム職場」「フラット職場

これは間違いなく危険だ。気をつけたほうがいい。

君は同じ職場の人とうまく人間関係を築けるだろうか。うまくいけば何の問題もない。

しかし、もしもうまくいかなかったらどうだろうか。

これは別に周囲の全員と、という話ではない。

1人、どうしてもうまくいかない人がいたとしよう。または、君をめちゃくちゃにいじめてくる先輩がいたとしよう。

前述したような場所で、誰かに相談をするのはそう簡単ではない。

そこそこの規模の企業というのは、相談先が多いのだ。

上司がひどいことをしてくるなら、別の部署上司でもいい、とりあえずたくさんいる同期にでもいい、どこかしらに逃げ場がある。

また、序列がはっきりしているなら、先輩がヤバイ人ならもっと偉い人に、もっと偉い人がヤバイなら同じランクの偉い人に、など、相談先の道ができる。

「小規模でアットホーム」な職場と言われて、極端に言えば銀魂の万事屋みたいなのを想像する、これが悲劇の始まりなのだ

そういう場所がないわけではないと思うが、まず新卒では入れないだろう。

3つめの「転職がない」も同じ理由だ。

会社だって簡単に辞められたくはない。

大きい会社場合、何か問題を抱えた人間がいると、一旦別の部署へ異動させたり、本人や問題人物を支社へとばしたりする。

そういう選択肢が、選べないということだ。

仕事内容ならなんとか対応できても、人間関係などに病巣があると、やめるか続けるか、0か1か、みたいなことになる。

たぶん、これらのことを忘れがちになるのは、俺たちがその人生ほとんどを学校で過ごしてきているからだと思う。

隣の席の人とうまくいかない、それでも半年もすれば席替えがあるだろう。

クラスちょっとなじめなかった、1年待てばクラスは変わるだろう。

別に仲良くする必要なんてない。やることだけやってれば文句はないだろう。

本当にそれをあと30年以上続けられると思っているのか?

こんな後ろ向きの話をするのもどうかと思うが、逃げ道というものを考えて、就職活動をしてもらいたい。

とは言っても、なかなかに難しい。入ってみないとわからないことも多いし、別に前述したような企業が悪いわけでもない。

ただ言えるのは

「これさえあればいいから」

というような心持ち職場を決めると死ぬぞ、ということだ。

今のこの日本では、人生の多くの時間仕事をして過ごす事になる。

それを、ただ金がもらえさえすれば(しかももらえないかもしれないのがこの時代だ)という気分だけで過ごすのはあまりもったいない

考えろ、サボるな、欲張れ。

「金」「やりがい」「得意分野」「人間関係」「休暇」「仕事量」「社会的ステ」

保険をできるかぎり多く持て。万が一どっかが欠けても、とりあえずいきなり心を折らないだけの支えを持て。

俺が言いたいのは理想論かもしれない。

けれど、頭のどこかに置いておいてくれたら嬉しい。

来年の俺が同じことを言えるか、それはまだわからない。けれど、自分自身のための保険として、こう言いたい。

社会人は、楽しい

良い結果が出ることを祈っている。


PS.ついでなので、そこそこ元気に社会人してる俺が、どういう点で生き延びられているか簡単に書いておく。参考になるかはわからない。

・前述したような逃げ場がある会社だということ

実際に別の場所しんどい目にあって、異動して別の仕事を楽しそうにしている人を見ると、まぁ生きてはいけるかなという気がしてくる。この余裕はでかい

上司が強い

社長世襲じゃない感じの、そこそこのサイズ会社なので、偉い人はそこそこすごい人。当たり前のようだけれど、案外人の話を聞くとそうでもないのだ。

護廷十三隊想像して欲しい。偉い人はなんとなく偉いのではなく、間違いなく強いのである。それを時々見て、うおお!卍解だ!強ぇえ!ってなるのはテンションがあがる。

ついでにちょっと他の部分で難があっても、まぁでもこの人卍解使えるしな……ってなるのでこころが穏やかになる。

一人暮らし

クッソ疲れて帰ってきても部屋が寒いし夕飯もない。それはつらいかもしれない。しかし、自由だ。俺が稼いだ金は俺のものなのだ。俺が捻出した時間は俺のものなのだ

というか正直、家族関係仕事で磨り減ったなけなしの精神強度を更に持って行かれている社会人をよく見る。そこそこの年齢の大人が狭いところに集まっていたら問題がおこるのは当然のことだぞ。家を出ろ家を。

以上。幸運を祈る。

2017-03-16

本屋の酷いポップ広告を見たことを思い出した

少し前だしもう行って無いから今もあるか分からんが、

船橋東武本屋マンガコーナーに立ち寄ったら聲の形のポップが置かれていた

しかしその内容が目を疑うようなもの

「この漫画は腕は伸びません、多重影分身しません、卍解しません」という文章が書かれていた

これ聲の形セールスポイントに何一つなってないよね?

挙句に店の他の商品下げてるようなものだよね?

こんなこと書けばウケるだろうとかメジャー嫌いを拗らせているだろう頭の悪いオタクバイトくん(店員だとは思いたくない)が透けて見えて不快になり

こんなのが働いてる本屋で本買いたくないとそれ以来立ち寄らなくなってしまった

極め付きにそのポップにヘタクソな西宮イラストが描かれていたのにも笑ってしまった

今もまだあったら写真に撮って笑いのネタにしよう

2017-01-09

http://anond.hatelabo.jp/20170109170321

お見合い結婚体制による不幸:合わない相手結婚させられて不幸

自由恋愛結婚体制による不幸:相手がいなくて不幸

どうやったってシステムに順応できない犠牲者は出てくる。

一長一短。こればっかりはしょうがない。

だが今の人は両者を知り、両者の美点と欠点を見極められる恵まれ位置にいる。

かつてはお見合い結婚体制による犠牲者が目立ったが、今は自由恋愛結婚体制による犠牲者が目立つ。

しかお見合い自由恋愛犠牲者へのセーフティネットになりえ、

離婚が以前ほど忌避されなくなった現在お見合い結婚体制による不幸はある程度卍解可能になってきてる。

両者は補い合うことができるかもしれない。

現代こそ両者の弁証法がなされる頃合いよ。

2016-07-24

森田成一卍解CMキチガイ過ぎてヤバいんだが

あのCM毎回この時間MBSで見るんだが、

まりキチガイじみててヤバい怖い。

何だよ、卍!解!って。

2015-05-24

今更だけど卍解って外国では歴史大事にする主義の方々にとって色々問題になりそうな字面だけどどうしてるのかなと思ったら翻訳される過程で消えちゃうから大丈夫だったのか

2015-05-14

〝耕せ〟  卍解   墾田永年私財法

 

2014-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20140528125353

元増田です。レスありがとうございます

えっと、潜在成長率 = 実質成長率じゃないよ。Wikipediaからひくと

(略)

これはつまり、NAIRU(インフレ非加速的失業率)の状態で、達成できると見込まれる実質成長率が、潜在成長率と言う事であり、もちろんデフレ下の日本は「NAIRUの状態」ではないので、当時の実質成長率を潜在成長率として扱う事はできない。

http://anond.hatelabo.jp/20140529142301

やっぱり潜在成長率>実質成長率で、潜在成長率未達成だったんですね。自分理解が間違ってなかったようでホッとしてます

でも、なんで岩田総裁は潜在成長率を低めに見積もられているのかな。日銀官僚洗脳されちゃったんでしょうか?

早漏すぎる。デフレから(マイルド)インフレに変わった途端に、実質成長率が大きく伸びるなんてのは有り得ないっしょ。卍解じゃねーんだからさ。実質成長率ってのは名目成長率とGDPデフレーターから算出される数字に過ぎない訳で。

http://anond.hatelabo.jp/20140530002009

ごめんなさい、ご教授の内容がよくわかりません。岩田総裁の潜在成長率推計が正しいんだったら、これまでデフレだったのに潜在成長率を達成していたことになっておかしいな、ということが言いたかったんです。仮にこれから実質成長率が(中長期的な平均値で)もっと高くなるんだったら、岩田総裁の推計値は過少だってことですよね?

ボクは過少推計だと思うんで、成長戦略なんてなくったって2%成長はいけるんじゃないかと思ってるんですが、岩田総裁は、成長戦略(の成功)なくしては実質1%成長がせいぜいで、大きくどころか小さくも伸びない(循環を均してみれば)とお考えなようで、そこに違和感を覚えているんです。

http://anond.hatelabo.jp/20140528125353

早漏すぎる。デフレから(マイルド)インフレに変わった途端に、実質成長率が大きく伸びるなんてのは有り得ないっしょ。卍解じゃねーんだからさ。実質成長率ってのは名目成長率とGDPデフレーターから算出される数字に過ぎない訳で。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん