「駄々」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駄々とは

2017-04-03

雨上がりの艶っぽい夜の中、成城学園前駅からグーグルマップを頼りに随分と歩いた。

静かな住宅街の中、突然漏れ出した煌々と眩しい光に夜空を見上げて思わず声が出た。満開のオオシマザクラが迫り出すように空を覆っていた。

世田谷区大蔵にある、ここ妙法寺は廻る大仏で有名だが、この時期は夜桜ライトアップをしている。

知人を誘ったけれども、明日告白するから早く寝たいんだと、ベッドイン前提の酷い理由で振られたのでおっさん一人境内を歩く。

ゆっくり歩きながらオオシマザクラ、枝垂れ桜と堪能した後、腰を落ち着けたくなって開放されていたお堂の中に入った。



椅子に近い座椅子腰掛けると、硝子越に満開の桜達‼それから四十分、ほとんどの時間を独り占めして過ごした。



感動が過ぎると桜を見た感慨をあてつけのように、LINEに連投した。

世田谷妙法寺おるんやけど、泣けるくらい素敵な枝垂れ桜。

お座敷を開放しとるのやけど、ちょっとした仏壇香りが畳のい草に混じっていつまでも香っていたい。

素敵、ねぇ、ほんとに素敵‼‼



その後、お孫さんを連れてきた三世代のご家族がいらっしゃって、カメラシャッター音とお孫さんの何かに駄々を捏ねる声を残して、去っていった。



じぃじ、お孫さんに全部敬語だ。自分の前を腰を折って通られたばぁばも品が良さそうだし、深窓の令嬢って親の親から違うのかな。

ばぁばどこ?という幼い声、とてとて襖の間を歩く拙い足音が耳を離れられない。可愛い



照明は非常口を知らせる緑の看板以外付いてなくて、真っ暗。大きな窓から桜の照り返す明かりが、お庭のせせらぎともに静かに入ってきて、静けさの中によく響いた。



延々とお庭の池に流れおちる少滝のせせらぎが柔らかい春雨にも似て、優しい音だ。

RainyMoodみたい、眠い



寝た。

羽織ったままだった外套背中にもぞったので外して膝掛けにすると、妙にそこだけ生暖かい

先日お世話になったお嬢さんの膝もも裏も同じような暖かさだったな。



見た。立った。帰る。



最後まで既読は付かなかった。

夜中に情緒不安に駆られて八千文字を分けて送っても読んでくれたので、

ほんとに見てないのだろう。

今を一緒にしたかったな、と残念は、またやってしまったと急速に後悔へ変わってゆく。



帰りは一段と寒さが増していた。

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170402143315の続

まあお得意の下手な皮肉(「馬鹿という奴が馬鹿」くらいの子供の駄々)で発狂してるバカウヨ

ここで話題にしていること以前の、ただの現実を見失ったカルトなのでほっておくとして。

 

便所行ってさっぱりしてから思うに、やっぱり「人は元々それくらいの馬鹿」ってことなんだろうな。

 

要するに単に「応用力」とか言われてたアレの問題なんだろう。

知識知識を場面を超えて繋げることができない。

水1リットルが1kgという知識はあるはずなのに、とっさに2リットルペットボトルの重さが概算出来ない(という奴が実際いた)。

そう言えば俺は昔から縦横無尽にあの知識この知識を繋げてものを考えるのが他人より得意な方だった。

 

そういう学際的素養のない奴が、インターネットで体系的でない情報洪水に触れてしまうとそうなってしまうのだろう。

例え体系化された教科書知識テストをやっつけるのは誰より得意な奴であろうと。

 

そう考えると、そもそも知識の量ばかりを競って学際的な応用の訓練をほとんどしない

日本教育に順応してる奴ほどこのとんでもない健忘傾向が強いのも納得出来る。

 

要するにそういうことなんだな。

2017-03-18

🍛カレーライスを混ぜて食う奴ってなんなの? 

はじめにグッチグッチャに混ぜて練って、それをスプーンでネチョって食ってるの、最高にひどい。

仕事もそんな進め方すんのかよって評価さがる。駄々下がり。

ライスルー境界線一口分ずつすくって召し上がれよ。

問題はサイクルだろうが。

はじめに全体を崩すとリカバリ利かんだろうが。頭使え。

あとルーライスに寄せんじゃねーよ。ライスルーに寄せるんだよ。美しく食えよ。

カレーライス馬鹿の食い物じゃねーっていうの。

2017-02-19

フリーランス旦那がお花畑すぎて離婚したい

フリーランス旦那がお花畑すぎて笑えないので離婚したい。

旦那は40手前でシステムエンジニアをやっているフリーランスなのだが、ここ数年は好きなゲームアプリを作って収益あげるとかいってまったく芽が出ていない。

当然アプリでは食べていけないので、普段企業に常駐する案件をやっているのだが、仕事の内容がつまらない等ブーブー言って挙句の果てにはリモート作業させてくれないのはクソだとか言って酷評してる。

たいしたスキルもないくせに、そこそこ長い期間雇ってもらってその言い草はさすがにどうなのかね。

別に案件を変えたいのであれば変えればいいと思ってる(私にはITの開発の世界がどうこう言えるような知識もないので)。しかし、フリーランスなんだから自分営業してかなきゃいけないのに、面談がいやだーとかお腹痛いーとか駄々をこねている。

お前はいからそんなに大物になったのだ。そして未だにアプリで食べていきたいとか宣っていて、まともな事業計画もないお花畑な頭に私達家族辟易している。

フリーランス旦那つの本当につらい。こどもを連れてお花畑旦那から夜逃げする日は近い。

2017-02-18

http://anond.hatelabo.jp/20170218002240

自分の思う通りにいかなかったからでしょうね。

思う通りってのはつまり仕事から疲れて家に帰ってきたら、何もせずにあったかいご飯が食べられる状態になっているってこと。

ところが今夜は妻がライブなんぞに出かけたので飯が冷えていたので、仕方なくビールのみで空腹をごまかすしかなかったの。

このみじめな状況に至ったのは妻のせい、それをわかっているくせに飯をさっさとあたためず、ビールを仕方なく飲んでることに申し訳なさも感じてない妻に憤慨してるのね。

はっきりいって頭おかしいわ。

大の大人自分自分の飯をあっためることもできないなんて、そしてそれを誰かのせいにしているなんて恥ずかしいわ。

メールだかラインだかがきた時点で家に帰った時自分でやらなきゃならないって心構えしないといけないはずじゃない。

なのにそれをできずに子供みたいに駄々をこねてる夫は、異常と言っていいと思うわ。

たぶん本人もそれを、無意識にかもしれないけどわかってて後ろめたさをもってるんだと思う、一方であなたに対する身勝手被害者意識コントロールできなくて、それで会話が支離滅裂になってしまうんでしょうね。「そういうことじゃない!」ってのは男女問わず自分の非を認められない人たちが他に原因があると嘯くときに叫ぶセリフよ。

そういうときに具体的な原因を特定するようなことしても意味はないのよ、単に自分でみじめな状況をどうしようもできなくて、あなたを責めているだけなんだからあなたに甘えているのね。

そしてね、あなたも多分それに積極的に荷担してしまっているんだと思うわ。

夫に対して思いやりをもって献身してるつもりかもしれないけれど、たぶん甘やかしを思いやりと間違えてるんじゃないかしら。

これから先何十年もともに生活するってことを考えるときに、その夫は放置していい状態ではないわ。それなのに夫の好物やマッサージでご機嫌をとったり、夫の機嫌を損ねない言動を探ろうとしているんだもの。そんな表面的なことをしている場合ではないでしょう。

まともじゃない部分のある人と結婚しちゃったと気づいたなら、いきなり離婚しろとは言わないけど、少なくとも改善要求しましょうよ、夫婦として生きていくつもりなら。夫が喜ぶ最適解を遂行し続けても正しい夫婦になれるわけじゃないのよ。

しかしたら専業主婦であることに引け目を感じているのかもしれないけれど、たとえ昔だとしても人間性の低い夫に対しては妻が引っ張っていかなければ家庭は崩壊するしかなかったのよ。妻としてもっと自信をもって夫と向き合ってもいいと思うわ。それでもどうしようもなくなったら、いまは普通選択肢として離婚だってできるんだし。

それから、これは余計なお世話だけれど、まずこの夫に対してまともに向き合えないようだと、子どもを育てるなんてもっと心配だわ。子どもに対して適切なときに適切に導いていくことができないと、まともな大人は育たないわ。この夫みたいになっちゃうわよ。

2017-02-16

年寄りを敬うより、子供を敬う方が賢いとすら言える。

産んでしまった人は、今更産まなかったという未来は選びようがない。

産んでしまったのだからこそ、親は子供を大切にするべきだ。

人の一生を考えるとき

天寿を全うする場合、老化で死ぬことになる。

個人の一生の範疇から能力の推移を考えたとしても、

年寄りを敬うよりは「子供を敬う方がより利口な方法」だと言える。



大半の大人がこれの真逆をいい放ち、「俺たちのご機嫌をとれ。より気持ちよくしろ。」と赤ちゃんばりに駄々をこねる。

現状の躾の本流への批判

躾というのは、子供にそれが何故ダメであったり、良かったりするのかを理解させることが大切だ。

子供に対して「嫌なことをするな。」と何度も言うよりは、

の子が嫌なことを体感している時に、その子が喜ぶことをしてやる方が、

その事柄意味を深く体感として学ぶことができる。



言葉で何度も伝えたり、体罰や、口汚い批判で厳しく伝える必要はあまりなく、
より良いものを選べるように適度に感情をくすぐってやるだけで良い。

もし子供を道具だと仮定するにしても、道具を扱いきれずに壊すのはバカである

2017-02-12

http://anond.hatelabo.jp/20170212005952

選ばなきゃ仕事はあるんだよ。

ただ、あれは嫌だこれは嫌だと駄々こねる奴の声が年々でかくなってきているだけ。

誰が好きこのんで日がな一日パチンコやる奴に金くれてやるってんだ。世の中甘くねえぞ。

2017-02-08

君と100回目の恋 ☆☆

ネタバレ

ティーンズ向け恋愛映画版AYNIK(原作版)

恋愛ものに有りがちな男女間のイザコザはなく基本駄々甘。

君の名は。のヒットのおかげでこういう作品が作られるようになったかと思うと割と感慨深い。

パンツは見えませんでしたが、SF少年の心を震わせるものがあったので星二つです。

2017-01-29

http://anond.hatelabo.jp/20170129003311

ただの駄々だったら誰も聞いてくれないから、

社会正義っぽい味付けをするのが昨今の流儀

おかしい奴らばっかだよ世の中

2017-01-21

息子語り

息子は1歳7ヶ月。まだ意味のある言葉は話さない。「ママ」すらしゃべらない。

親としては「まあそのうち話すようになるだろ」と思ってはいるが、何を要求されているのかわからないことも多いので、さっさと話せるようになってほしい。

落ち着きはない。常に動き回り、じっとするのを嫌がる。思えば立って歩くのは早かった。生後10ヶ月には立ち上がり、歩き始めていた。多くの子は1歳頃かららしい。「寝てなんか入られない」というのは、この時から彼の行動原理の一つだったのだろう。

「静かにしているなー」というときは、気がつくとタンスの中身が全て投げ出されていたり、AV機器ケーブルが引っこ抜かれて機器が散在していたりする。チャイルドロックは彼の制止にはならない。

こういうとき、彼は「ここまで出したのすごいでしょ」とでも言いたいのか得意げである。にこにことしたドヤ顔はとてもかわいい

散らかった物々を片づけることは、彼の功績を無とすることであるため、泣きわめいて阻止される。

昼寝をしない。夜もあまり寝ない。20時に寝て、22時と24時と26時頃に一端起きて泣きじゃくるのが日課。朝の4時頃にはもう朝モード覚醒し、おもちゃを引っ張り出したり、何か食べさせろと冷蔵庫にぶら下がって泣きじゃくる。

世界自分の思い通りになると思っている。思い通りにならないならば泣く。ブロックが思い通りにはまらない。おにぎりが食べたいのにパンを出された。お茶じゃなくて牛乳がいい。ボールがどこか行ってしまった。ならばもうこの世界なんて滅びてしまえ、という呪詛を含んでいるかのように激しく泣く。

彼の地べたに寝ころんで手足をバタバタさせて駄々をこねる様子は、まるでマンガのようである。あれってマンガの中だけではなく、現実にあることだったんだなと彼の仕草に学ぶことは多い。

彼はよく泣くが、よく笑いもする。笑顔を見せれば笑顔を返してくるし、ボールミニカーが転がる様子で大笑いする。

最近プラレール人形を置き、電車人形が引かれて脱線する様子をみてケラケラ笑っている。人形界では大惨事だろうが、彼が楽しそうにしている姿は心休まる時である


先日、一歳半検診で発達傷害可能性ありと指摘された。言葉が遅いだけではなく、彼の行動や仕草をみての指摘である

普段、「子育てって大変だけど順調に育ってるよね」と思っていたところに冷や水をかけられた感じである。あれ?多くの子はここまで癇癪ひどくないの?もう1歳半なら夜寝るものなの?お話するものなの?聞き分けできてくるものなの?

まあ、まだこの歳で判断は難しいとのことで、専門家に予約をとり、お話をさせてもらってきた。

子育てについては、多数に適用される一般的なことと、個々の事象から原因を推測していくこととある一般的なことは本や口コミで十分だけど、多数に属さないことに関しては、専門家と話した方が原因にたどり着く可能性が高い。数件の事象が一致しても原因が異なるケースは多いので、体系的な知識がない中での判断は注意が必要だと考えている。

予約を取り、臨床心理士の方と話をしてきた。小一時間くらいだろうか。普段生活仕草や好みのヒアリングと、息子に対しての簡単テストを行った。

ますは花や車や動物の絵を並べ「ワンワンどれ?」と聞くテスト。彼はガン無視であった。

普段でも図鑑の指さしは自分が大好きなアンパンマンしか反応しない。興味のないドキンちゃんおむすびマンがどれかなど、彼にとってはどうでもいいことで答えるまでもない。ましてやワンワンどれ?などという質問にはつきあう義理などないのだ。

次に形合わせ。3種のブロックを同じ形の穴に入れられるかというテスト。彼は渡されたブロックではなく、他のおもちゃブロックを穴に入れるのが楽しいようだった。心理士から渡されたブロックよりも、自分ブロックの方が優先なのだ。手持ちのブロックが無くなり、ようやくテストブロックを入れることができた。このテストの結果がどう判断されたのかはわからない。

ミニカーが机の上に出された。心理士の操る車はトンネルに入り、トンネルを通って入り口とは反対から出てきた。彼はそれを目で追っている。その車はもう一度トンネルに入る。彼はトンネルの出口を注視していた。直前の事例からトンネルから車が出てくるであろうことが、予想できていた。

ミニカータオルで包まれて渡された。彼はタオルを開き、ミニカーを取り出し遊び始めた。「中にミニカーが入っている」ということは認識できていた。

こんな感じで、心理士と息子が遊ぶようなテストが繰り返された。親としては見守るのみだが、終始息子はごきげんモード対応できていたのがありがたかった。もし癇癪をおこして泣きわめくモードになってしまっていたら、診断もなにもなかっただろう。

今回、話したことと伺ったことをメモしておく。

  • よだれが多い
    • まりはよだれが飲み込めていないわけで、口の神経や筋肉がまだ幼いとのこと。言葉を発するのは口を使うわけで、これも話さない要因の一つ。
  • 手先を使う遊び
    • 手先への刺激は口の発達に良いとのこと。砂場粘土を勧められた。砂遊びは大好きなので、もっとさせてあげよう。
  • 他人への興味が薄い
    • 言葉の発し方は、他人の口の動きをみて学ぶ。他人がどうやって喋っているかに興味をもって学んでいく。しっかりと目を見て意識自分に向かせて話しかけるようにすること。語りかける文は短く。ただし文法は正しく。
  • 夜に寝ない
    • 昼間に体力を使ったかは、夜によく寝るかには関係ない。ただ、昼間に出歩かないと、この子場合はそれがストレスとなるのはあるかもしれないとのこと。

発達障害については、まだ何とも判断できないとのこと。単に発育が遅いといってもなんらかの障害が原因なのか、環境性格によるものなのかは今はわからない。たとえ今の時期に脳波を見てもなにもわからないことが多い。また3ヶ月後くらいに面談しましょう、となった。

一歳半検診で指摘されてから何をした方がいいのか不安があったが、随分と楽になった。私としては障害があるなら、その支援必要だろうし、個別に備えることも多くなるので、なるべく早め早めに手を打っていきたい。

2017-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20170118131241

発売されたCDiTunesリリースされるまで待ってCDは買わないと駄々をこねてたが、それと同じ類。

本当に観たかったり聴きたければ、既に体験出来るのを我慢するのは難しい。

我慢せず、映画館へ良くなりして、リリースされたばかりのコンテンツ体験するだけの話。

2017-01-08

彼氏を作ると金がかかる

彼女を作ると金がかかるという男性がいるけど、彼氏だって金がかかる。

完全に奢ってもらうことなんてそうないし、割合としては6:4くらいだろうか。

そりゃあ相手質素デートで満足してくれる人ならいいけど、アラサー男性なら飲みに行きたいだのずっとカラオケは嫌だの駄々をこねるし、

そうなるとどうしてもお金がかかる。旅行に行きたいとか言われたら最悪だ。わたしが一人で旅行に行けば二泊三日でも三万程度で済むが、男性と一緒となるとそうはいかない。

ガソリン代高速代を割り勘にするぐらいなら、一人で昼間のバスに乗ったりLCCに乗るほうが安上がりだし。

昨日はデート後に財布を開いたら一万円なくなっていた。

デートのものは楽しかった。彼のことも好きだ。だけど、毎週一万円かかるデートをされるとお金がもたない。今回の彼氏は割り勘派だから仕方ないけど…。

別に男性に全額払えとは思わない。ただ、割り勘にするなら相手収入考慮してほしいなといつも思う。それに付き合わされる低収入の身にもなってくれ。

そりゃ7割くらい奢ってくれるなら見たくもない映画や、飲みたくない飲みにも付き合うけど、5割負担だと合わせられない。相手収入わたしの何倍もあるからそりゃあ金の使い方も違うだろうけどさ。

相手が年上で収入もそこそこだと知っていたから、せいぜい五千で済むだろうと見込んでいたわたしわたしだけどさ。あー今月苦しいな。デート厳しいなあ…新年会あるし…。こんなことな新年会断っていればよかったな。

交際費を気にしないで純粋に楽しめる彼氏が羨ましいな…。

2017-01-02

元旦から祖父母とインスタントラーメンをすする悲しさ

あんたは、なにちゃんだったっけか?」

である僕の顔を覗き込む祖母

まさか自分がこんな、ドラマのワンシーンのような状況に遭遇することになろうとは…

驚愕、混乱、不安、そして、悲しみ。

本当に色々な感情を抱いた時、人はどんな表情も作れないのだと、23にして初めて知った。

年末年始、母方の実家に帰ったときのことである

「けんちゃんだったかしら」

・・・そうだよ」

引きつりながら笑って頷く。

なんだ、びっくりした。自分の年齢に乗っかった新手のネタか。

これは一本食わされた。はっはっは。

最初のやり取りはそんな感じだった。

これが本当にネタだったなら、どんなに心穏やかに新年を迎えられたことだろう。

 

おばあちゃんがボケた。

これまでとは違い、決定的に。

名前を聞いてきたことが、冗談ではなく本気の確認作業だったのだと気付くのに時間はかからなかった。

本当にボケていたのだと最初確信した時、今まで感じたどれとも違う絶望感が、舌の奥の方から全身に広がった気がした。

今までと同じ人が目の前にいるのに、自分の知っているその人は目の前にいないような違和感

体裁はそのままに、じわじわ形骸化していく未来が見えてしまった残酷さ。

一気に失う絶望感と、どちらがより深いのだろうか。

 

祖母は今年84歳だ。

ボケたっておかしくない。

ダイアモンド婚。むしろ夫婦共々、ここまでよく元気でいてくれたと思う。

だが一般論とか数字で考えるのは他人なら簡単だが、当事者は辛い。

別におばあちゃん子だったわけじゃない。

初孫という点でも、従兄弟の方が可愛がられていたような気がする。

それでもそれなりの思い出も思い入れもあるんだ。家族なんだから

 

そんな大切な家族から、忘れられる。覚えてもらえない。

「みんな見上げるくらい大きくなっちゃったから、わからなくなっちゃって」

まるでおばあちゃんは僕らが十年ぶりに来たかのようなことをいう。

僕らがおばあちゃんの身長を超えたのは、ここ2、3年の話じゃない。去年だって来てる。

どうやらボケると、新しい記憶から順に消えていっているようだった。

その上、更に新しい記憶は書き加えられない。メモリショートした回路。

おじいちゃんの会社皇太子が来たのだと話していた。

お話出来て、これ以上のことはない、本望だと思ったと。

まりにも鮮明に話すものから先週の出来事かと思った。20年も前の話だった。

その一方で、みんなが今朝起きて、そして挨拶をして帰っていったことを全く覚えていなかった。

「まだ上に誰かいるのかしら」

そう聞かれる度に、他の孫達がきちんと挨拶をして帰っていったことを何度も説明した。

ひどい時には、その孫達が来たことすら忘れてしまっているようだった。

 

しかしたら、と思う。

僕が今日ここに来て、戸惑いながらも家事を手伝って、他愛のない話をして、

いつもと少し違う正月を、いつもと同じように楽しもうとしたこの一日も、

明日になったら忘れてしまっているんじゃないだろうか。

だとしたら、この人にとって僕らは今日ちゃんと一緒にいれているんだろうか。

ちゃんと一緒に、新年を迎えられたんだろうか。

 

「ごめんね、もてなすことも出来なくて…」

買い物を忘れたからと、夕食にインスタント麺とおせちの残りを用意していたおばあちゃんが言う。

「ほんとはもっともてなしたかったんだけどね」

家事を手伝う度、ボケでささいな迷惑かかる度に、何度も聞いた謝罪言葉

ほんとうに悲しそうな顔をするおばあちゃん。

丸まった小さな背中

きっとおせっかいなおばあちゃんは、自分が孫すらもてなすことの出来ない正月がみじめだったのだと思う。

 

「それでもよかったんだよ」 僕はそう伝えたかった。

でも何度言葉にしても、おばあちゃんは忘れてしまって、届かない。

自分の中で祖母謝罪言葉けが、淋しげに今もこだましている。

しかったことがある

幼稚園に通っていた頃

駄々をこねた僕を自転車の後ろに乗せて、何件もはしごして、おまけ付きのお菓子を探してくれたこと。

もう一回お礼を言いたかったのだけれど、おばあちゃんは忘れてしまっていた。

しかったことがある

僕が受験勉強を頑張って、志望大学合格したこと。

そのことをおばあちゃんは、ちゃんと覚えてくれていた。

何度も何度も褒めてくれた。誇りだと言ってくれた。

なんでそんなこと覚えてくれてるんだよ…

久しぶりに、泣いた。

きっとどんな人だって晩年は多くのモノは持っていないのだ。それは、思い出も含めて。

その時どんな物に、人に、思い出に、囲まれていたいだろうか。

僕はおばあちゃんのように、家族に囲まれていたいなと思った。

そして何度話しても色あせることのない思い出話を、これからもっと作って生きたい。

折を見てまた祖父母に会いに来ようと思う。

その結果多少悲しい気持ちになることがあったとしても、今の自分しか出来ない恩返しもあるはずだと、そう信じて。

2016-12-28

母が精神を病んだが私の知ったことではない


頭が悪いこととか、人を思いやれなかったりとか、見識が狭いことは罪だと思う。
培うことができなかった経験の多さから閉ざされきっている世界観を、
たとえ家族であろうと他人に押しつけてストレスの原因を振りまくのは罪だと思う。

かつてまだ幼い頃、家庭内での身体的・精神的な暴力で消耗しきった自分は、
まともに家族と話すことを「諦めていた」。やりとりできるのは音の振動だけだと気づいていた。
子供ながらに、「言葉」が通じても「話」や「思い」は通じていないことを察していた。
まだ10年前で小学生の頃のことと思い出せるが、本や学校がなければおそらく死んでいたと思う。

から、いま思い返せば「説教」ではなく「ストレス発散」であるそれに付き合わされて、
完全に黙り込んでいた自分に対して、母親はよくこう言っていたことを覚えている。
自分が悪いってわかってるから何も言わないんでしょ、さっさと認めろ、それは単なる『嫌がらせ』だ」と。
何度も何度も言われた。そう思い込んでいると表明している母親に対して、私は絶対言葉を返さなかった。

いま、母親はなんの病気なのか知らないが精神に異常を来たしている。詳しくは知らないし知りたくもない。
母親意味のある言葉ほとんど話せない。すべて駄々をこねる子供のようにうなるだけ。父のイライラもわかる。
でも、何もできないというわけじゃない。家事はいつもどおりこなしているし、本当にダメではないことに気づける。

何より、私への悪口説教じみた言葉暴力、嫌味だけは妙に流暢な口調ではっきりと言う。
本当にそういうことを口にするときだけ、以前の母親と大して変わらない顔と声色を見せるのだ。
まり母親は私への「暴力」で「ストレス発散」しているのだという確証が取れたのだ。

なので私は、母親病気のフリをしているのだと確信している(本当かどうかは知らない)。
あれは単なるごっこ遊びであって、実際は普通に会話もできるのだとわかる(繰り返すが知らない)。
あんな風に日々うなっているのは、心の病気ではなくて「単なる『嫌がらせ』」なのだと知っている(知らない)。

仮に本当に病気であるとして、それでも、それでも、母親は『嫌がらせ』をしているだけだ!
本人に言ってやりたい! 何も考えず並べたひどい言葉だけで心をへし折ってやりたいと、強くそう思う。
いわゆるインガオホーである。いつか裁きはくだるし、もしかすると現在進行系でくだっているのかもしれない。

ああ、本当に腹が立つ。しかし私は、蛙の子は蛙と言うように世間一般と比べたら不出来な頭だけど、
あの母親よりは絶対に賢いので無闇な暴力には走らない。無視するだけだ。道端の蛙を無視するように。

この世に許してはならない悪があるとするならば、それは「他人を思いやれる心」がないこと、
まり「心の余裕をつくれないほどに頭が悪く知識も見識も狭いこと」であると思う。
人は生まれながらにして悪というわけではない。かといって善くもない。まずその基準が誤っている。
ただ、「出来の悪い淘汰される側」と「出来の良い淘汰する側」に分かれているだけだ。

母親が淘汰される側であるから、私もまた淘汰されてしまうのだと思う。
本当にやるせない。お先まっくらであるおしまい。生きるのつらい。帰りたい、許されたい。
こんなことは誰にも話せないけど、誰かわかってほしい。切実に。

2016-12-20

女はどういうつもりでプロポーズをねだるのか。

女が結婚したがる理由がわからない。結婚したいのは女側なのに、建前上は男が求婚してくれる形じゃないとイヤだと駄々をこねる。


男が結婚と聞いて考えるのはまず「金」だ。嫁を路頭に迷わさないためにはいくら必要だろう、とか子供がx歳のとき俺がxx歳で年収はxxxで、家を買ったらローンが、とか将来を考えるにもまず先立つもの心配してる。

女に結婚を匂わされた時点で、男は金の算段で頭がいっぱいになってしまうのだ。

金の悩みは恐ろしい。多重債務者が不合理な行動で借金膨らませるのも、金の心配ストレス半端ないからだ。

そこへきて、女は結婚意識するとき何を考えているのだろう。結婚前に男の年収を根掘り葉掘り聞いて、将来xx歳でxxx万、と算段を立てる女はまずいないだろう。つまり金の心配はしてない。

となると親の心配社会的体面か女のプライド子供の頃からの憧れか、なにかそういうものでできているのだろう。


心配事でいっぱいの男と、クソ重いゼクシイを嬉々として買う女とで、テンションが違うからといって男を責めないで欲しいのだ。

2016-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20161215132013

目指してるからGoogleNowとか作ってんだろ。

でも現実としてエスパーというほど精度は高くない。

目指す方向性応援するが、現時点では使い物にならないから使わない。

時間がかかると分かっているから、いますぐ実現しろとも言わない。

ます超能力を使ってみせろと駄々をこねているのはおまえだけ。

で、おまえの言うご大層な理想メタサーチで既に実現されてるの?

はぐらかさずに答えろよ。

2016-12-09

[]イジメてた

Masuda Advent calendar 2016の九日目の記事です。



キッカケは兄の部屋で見つけたエッチおもちゃだった。

男性器を型どったティルドや、鼻に引っ掛けて顔を歪ませるフックや、浣腸器や、布面積が少ない下着など、多種多様な性具が兄の部屋にはあった。

その当時、友人たちとの間でも、彼氏とやっただの、ネット掲示板大人と知り合っただのと、性に直結する話題が増えてきたこともあって、とても興味を惹かれた。

から、つい、それを試して見たくなってしまった。

その頃、四人組で行動している中の一人に、どちからというと駄々草で、どちらかというと鈍臭くて、どちらかというと勉強ができない、四人の中で一番冴えない、と私が思っていた子がいた。

今にして思うと、何かを比較すればそりゃあ上と下ができるけど、それが不快に感じたり、生活する上で不便になるほど、彼女ダメ人間ではなかった。

けれどその頃は、自分よりも劣っていることが、彼女に対して無茶をしても良い理由になると思ってしまった。

しろ、こうして弄ってあげることで、彼女楽しいんじゃないか? ぐらいの、傲慢さがあった。

ことの全容を書くと、ただのポルノ小説や、ネットによくある体験談ポルノになってしまうため書かないが、それはまあイジメた。

いや、イジメという言葉は緩すぎる、単純に暴行だった。

最初のうちは、性の知識豊富な私がちょっと特殊な遊びを披露する、という趣だったのだが、だんだんエスカレートしていった。

特にわかりやすく変わったのが、四人組の残りの二人が傍観者でなく参加し始めたときだ。

うその頃には、一目置かれる私、というポジショントークの趣は完全になくなり、彼女にをイジメるのが主になっていた。

当初の性というテーマすら失われ、どんどんと暴行じみた行為彼女に加えてしまった。



もう本当に洒落にならないイジメ学校にバレるとかじゃなく、警察が出てくるとか、彼女刃物か何かを持ち出して私たちが殺されるか。

もはや傍観者の私がそんな発想に至るまで、暴行エスカレートしていった。

辞めさせるのは、困難だった。

発端が私だけに、もう二人を納得させるのは難しく、何よりそれはもう、私を代わりにしてください、という宣告になると思った。

かと言って、イジメている本人と普通に対話をすることも、また難しかった。

散々手のひらを返し、散々彼女の体に危害を加え、散々弄んだのだから、ごめんなさいと言ってしまったら、状況が何もかも変わってしまう。

とどのつまり、もはや内の加害者側の私からは、手の出しようがなかった。

と、当時は思っていた。

今にして思えば、うだうだ言わずにさっさと二人を連れて警察にでも行けばよかったんだ。

にもかかわらず、自分の身可愛さに、くたくたと理屈をつけて、彼女を殴り、笑っていた。



結局、私が危惧していた、警察沙汰にはならず、高校卒業した。

四人とも別々の進路だった上、私はこのことの気まずさから同窓会にも参加していないため、今彼女たちがどうしているかは、何も知らない。

ただ、卒業してから、初めてのお盆休みに、彼女メールをした。

「盆休み、暇? 遊ばん?」と、送った。

この時、何を思ったのか、自分でも定かじゃない。

会って謝りたかったのか、彼女が今困っているかどうかが知りたかったのか、彼女が困っていたら助けたかったのか、

彼女にまた暴行をくわえたかったのか。

どんな気持ちで、このときの私がいたのか、未だに心の整理がついていない。

けれど、結局、会わなかった。

彼女の「はい、わかりました。買ってもらったオムツの残りはあと二枚です。新しいのを買って持って行った方が良いですか?」という言葉の重みに耐えられなかったからだ。

今も、私は何の責任も取らず、ただこうして彼女のことを思うだけで、彼女でも国家権力でもない何かに贖罪の責を果たしたかのような、傲慢な考えのままでいる。

2016-12-07

子育てがつらい

四歳男、二才美。

魔の二才児のはずの二才美は、軽いイタズラをしたりずるっ子だったりする程度で手はかからない。


四歳男がヤバイ

とにかく元気が余っていてうるさい。

魔の二才児だったころも騒々しかったけど、今はもっとうるさい。

危ないことをする度にバシバシひっぱたいている。

悪いとわかっていてもやってしまうみたい。

そして偏食も激しいし、ほとんど食べない。夜も寝ない、寝ても「レッツ!変身!」「ぼくのじゅんばん!」とか寝言を叫んだりうるさい。


おかげで保育園で一番の問題児。一番細くてガリガリなのに、走り回って他の子にぶつかって泣かせてばかり。


多動、ADHDかもしれないけど、診断はつかなかった。

頭は良くて、ひらがなカタカナは全部読めるし漢字もいくつか憶えた。だけど、我慢して練習することが出来ないので箸は使えない、発表会でも、自分の好きなように太鼓を連打して迷惑をかけていた。


子供達を保育園に送り届けてから会社に行って午前中はぼーっとしている。昼ご飯を食べてから仕事に取りかかって定時になって逃げるように退社。

幸い、意識の高かった20代に作った立場スキルがあるので、仕事はどうにかなっているが、評価はただ下がりだろう。

そして、私は鬱と診断された。

良い先生なのかどうなのかはわからないけど、薬は処方されたけど飲まなくても良いと言われた。


夕ご飯を作っているときけが心の落ち着くときです。


6:00 起床、だいたい子供達が先に起きてドッタドッタしている。

 朝ご飯を作って、一時間かけて、子供達に食べさせる。一口食べては立ち上がったり、しゃべり出したり、おもちゃで遊び出したり。

7:00 保育園に送るのは残業がある方が担当

 パジャマからなかなか着替えてくれなかったり、遊び出したり。なかなか出発できない。

 登園中も、しつけの出来ていない犬みたいにゴミ拾ったり、急に走り出したり、立ち止まったり道路に飛び出すのをひっぱたいて叱って、拗ねて座り込んだり。

9:00 会社着。ぐったりして、上の空で会議に出たりする。

19:00 お迎えは残業が無い方が担当保育園先生にあれこれ注意を受けて気が滅入る。

19:30 子供達にテレビを見せて、夕ご飯を作る。安らぎのとき

20:00 二才美だけご飯を食べて、四歳男は食べない。テレビがついているとテレビに見入り、テレビを消すと拗ねて食べない。ハンバーグときだけ食べる。結局、食べさせるのに1時間くらいかかる。

21:00 お風呂テンション上がってギャースギャース入る。キンキン風呂場に声が響いて頭が痛い。だいたい、四歳男が二才美に水をかけまくって泣かせ、叱ったところで拗ねてお風呂から飛び出して終わる。

22:00 やっとパジャマを着せ終わるが、子供達のテンションMAAAAX。ライダーの歌をエンドレスに歌い。お互いのレゴ作品を壊しあって大げんか。

 問答無用で部屋の電気を消して寝室に追いやる。四歳男の本日武勇伝語り。兄弟で、毛布やタオル場所の取り合いが続く。

23:00 私と二才美が力尽きて寝る。

24:00 四歳男が力尽きて寝る。

2:00~5:00 トイレ寝言、布団の取り合いで起こされる。


保育園子供達に昼寝させないで欲しい。つらい。


スーパーファミレスで他の子を見るとみんなおとなしくて羨ましい、

駄々をこねて泣いている子もホトトギスの鳴き声くらいに聞こえる。

うちのは人に絡んで怒鳴っている酔っ払いみたい。

2016-11-30

恋心駄々漏れによる被害に関して

※接点なし、フロア自体も違う

被害  

なんかキモくて不愉快


理由

①気づけばこっちを見ている。

②何故か周囲をうろついている。

 例:自分フロアとの行き来を6分間で2往復する等。そして、得に用事はないようだ

③同僚(♀)「あの人いつも、増田さんのこと見ててKI☆MO☆Iよね」

通勤時間が重なると、一旦追い抜かされる(そもそも私の足が遅い)

 前を歩く際に、左右をキョロキョロし始める。

 歩く時の手がヒゲダンスになる。

 

  そして歩みが異常に遅くなるので、私も合わせてかなりスピードを落としていると

 追い抜かされないため「あれおかしいな」という感じで後ろを振り返る

 目が合う。(ど、どひーっ


対策 

立証は難しいが、記録に残し

いつでも上司に泣きつける準備をする。



その他、所感

そいつイケメンなら許すんだろ、はいはい

って言われそうな案件だが

自分服装やら見え方に気を使えるようなイケメン

このような事態を引き起こすか?




ショルダータイプ通勤鞄の

ヒモが長すぎて短足に見えるおっさん

ひげダンスで歩いてたら出社拒否ものですよ

2016-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20161128221902

妹がファンだけど

木村のクソさなんて今に始まったことじゃないじゃん、慎吾はなんで今更駄々をこねるんだ」

みたいなことを言っており、妹が信じられないと思った

一応妹は中居慎吾が好きらしいが

ここまで耐えてきて、だけどもう耐えきれないっていうなら、本人の意志尊重してやれよと

2016-11-27

80年代アニメでは常識だったこと

・顔の輪郭から口がはみ出る

少年タンクトップと短パン

駄々をこねたり否定をしたりするときに手足がエノキ状になって増殖する

・やたらと芸能人設定

・やたらとミュージシャン設定

唐突登場人物バンドを組む(組んでいる様子がジャケット採用される)

登場人物の一人は髪の毛直立+ヘアバンド+丸いサングラス

ケンカをすると後ろから頭を噛まれて血が出る

ギャグで血が出るとピューと水芸みたいになる

・人数が多いときに驚く発言があると、一コマ目が「・」になるワンテンポを置いてからコマ枠をつかむ勢いで全員が顔を寄せてくる



こんなとこですかね。

2016-11-20

なにかになりたかった

小さいときから早く大人になりたいと思って生きてきた。

思えば昔からませたガキだったし、周りの大人からは蝶よ花よと育てられてきた方、だと思う。

かっこいいお兄さんがいたらわざと構ってもらえるように駄々こねてみたりとか。

自分が一番かわいいって思い込んでた。

でもいつからだろう。自分が大してかわいくもない普通女の子だって自覚したのは。

普通って認めたくなくて、もっと早くみんなより大人になりたくて。

親のたばこをこっそり吸ってみたり、内容もまったく理解できないような純文学を読んだりしてた。

それでも大人になんてなれるわけなくて。

ただ年だけ重ねて、高校女子校、専門はほぼ女子しかいない学校に進学。

そのまま就職して。

昔は普通に過ごしてれば好きな人ができて、つきあって、セックスするもんだと思ってた。

なのに現実は21歳になって好きな人もいなければ彼氏いたこともない。

もちろん処女

やばい。このままじゃやばい

よくわからない焦りだけがまれて。

とりあえず処女を捨てれば変われるんじゃないかなって。

ネット適当相手捕まえて、初めて会ったその日にそのまま相手の家に行って捨ててみた。

何かが変われたような気がした。

そこからは色んな人をネットで釣っては連絡とって実際に会ってそのままホテルっていうのを休みのたびに繰り返してた。

酷いときは昼と夜で違う相手だったり。

別にセックスが好きだったわけじゃない。疲れるし。面倒くさいし。

ただ誰かが自分を見て欲情してくれるのが嬉しかった。

必要とされてるんだって思えた。

でも数を重ねれば重ねるほどよくわからなくなっていって。

実際の自分はなんもなくて。中身も空っぽで。なにしてるんだろって。

昨日、無意識に今まで知り合った人の連絡を全部消してみた。

すっきりした。

これで私は大人になれるんだろうか。

普通じゃない女の子になれたんだろうか。

そんなことを辞めるに辞められなくなったたばこを吸いながらぼんやり考えています

2016-10-25

GOD_tomatoさんって全然さないよね。

あの人明らかにミサンドリーオタク嫌いだけど全然さないよね。

大抵の人はフェミニズムの殻でおおったりするんだけどあの人フェミニストですらない。

低俗女性週刊紙並みの思想

アカウント駄々漏らしてるの結構すげえなと思う。

2016-10-22

自分けがおかし

街の中で自分けが決定的に浮いているような気がする。顔も髪型服装も歩き方も身のこなしも全部が全部おかしくて無様で、どれだけ努力しても周囲に溶け込めず、普通の人が普通にしているように振る舞うことができない。どこへ行ってもたった一人場違いで奇妙、自分だけ異世界から来たのではと思うほどの孤独感。すれ違う人間皆が俺を嗤っているように思う。

じろじろと不躾な視線をよこす人間が嫌いだ。ガキとババアに多い。見られるのが怖いので目を伏せてアスファルトを睨みながら歩くほかない。好きに嗤えよ、とも思うけれど内心では常に怯えている。とても惨めな感覚マスクをつけて歩くと少し安心する。自分が何者でもなくなったように錯覚できる。周りから視線もそれほど気にならなくなるし、前を見て堂々と歩ける。これからの季節はマスクが見咎められないからほっとする。

自分がこれほど悩んでいて辛いのだと誰かに訴えて泣き喚きたい。無条件に認められたい。よく頑張っているね偉いよ、あなたは悪くないよ、あなたを拒絶し排斥する社会が間違っているんだよという言葉が欲しい。俺が子どものように駄々をこねても根気強く耳を傾けて受け止めてくれる存在が欲しい。誰か助けてくれ。誰か。

 

追記)先日ネットで知り合った年下の女性と仲良くなり、何度かオフで会ったりもしたが突然連絡を絶たれた。理由だけでも教えてくれと頼むと、「深夜の気持ち悪いLINEに引いた」「マスクをしてオフ会に来たのが許せなかった」「顔を見せる度胸もないくせによく会おうなんて言えるな」など散々言われたのちLINEブロックされた。なぜ俺だけがここまで拒絶されなければならないのか。俺は生きていてはいけないのだろうか。

2016-10-07

ハイスタは死んだ。

告知なしCD発売。

ここまではいい。

 

店頭のみ、配信なし。

意味わからん

 

ハイスタ△最高にパンク!」とか

意味わからん

 

社会に反抗するという意味ではパンクかもしれない。

だけど時代に逆行してかっこいいのか?

 

おれはね、当時のハイスタ日本未来音楽シーンを夢見てたんだよ。

甘ったれ商業音楽じゃない、インディーズでもDIYであそこまでやれる。

将来のアーティストはこうあるべきだってね。

社会に対して前のめりに反抗的だったからこそ、未来が見えたからこそ、かっこよかったんだ。

 

だがもう死んだ。こんな懐古主義を褒めてるやつはただの盲信だ。

おもしろプロモーションだと思う。でもおもしろいだけのプロモーションだ。

「告知なしで口コミだけでこんなに売れたんですよ」

SNSでこんだけバズったんですよ」

これはハイスタブランドの浪費だ。

そこらの無名バンドがやったんなら意味がある。

でも彼らはレジェンドだ。

後ろ向きの反抗心で駄々を捏ねるのはレジェンド仕事じゃない。

 

がっかりだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん