「MPA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: MPAとは

2011-03-16

マスコミの皆さんは、

いつになったら、

Sv」と「Sv/h」をきちんと区別して報道してくれるのかなぁ。

こういうことが曖昧なままでは、

記者会見の席で突っ込んだ質問をすることもできないだろうし、

会見内容を正しく理解することもできてないんじゃないだろうかと思う。

そしてニュースにも正しくは載らないことになる。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00701.htm?from=tw

---

おまけで言うと、

 ・0.1 MPa = 約1気圧

 ・1 Sv = 1,000 mSv

 ・1 mSv = 1,000 μSv

 ・ゲージ圧と絶対圧の違い

とかも分かってなさそうな感じがする。

---

こういう人たちに対して何かを説明しなければならないことは、

技術者にとって絶望的な不幸のひとつだ。

しかも説明したからと言って、

何が解決に向かうわけでもないのに。

2011-03-14

福島第一1号機のイベント履歴

月日時刻状況・確認作業・行動
03111542電源がなくなる電源が全くなくなってしまったため、原子力災害対策特別措置法第10条の規定に定められた事象が発生したと(東京電力が)報告
 1545オイルタンク津波により流出ディーゼル発電機の燃料が流失?) 
 1636非常用炉心冷却装置によって注水ができない(あるいは注水状況が分からない)非常用炉心冷却装置によって注水ができない(あるいは注水状況が分からない)ため、原子力災害対策特別措置法第15条の規定に定められた事象が起こったと(東京電力が)判断
 20301、2、3号機(を集中管理する)中央操作室の照明確保準備中に、M/C(電気系統の分電盤かなにか?)が水没 
 2100 D/D(?)消火ポンプを起動し、炉内の圧力が低下し次第、注入できる体制を整える
 2300タービン建屋内で放射線量の上昇を確認 
 2330 電源車の到着状況「電源車の状況について」を参照(どこ?)
03120000 非常用復水器(普段発電に使っているのとは別の、水蒸気を冷やして液体の水にして再び原子炉に戻す装置)で原子炉蒸気を冷やす
 0030ドライウェル内の圧力(沸騰水型炉の原子炉格納容器の一部。一次冷却水配管の破断時などに放出された冷却水を閉じ込める場所原子炉格納容器は、このドライウェルと圧力抑制室の2つで構成されている)が600kPa(キロパスカル。圧力の単位。1気圧が約100kPaなので、6気圧に相当)(設計上の最高使用圧力は427kPa)を超えている可能性がある圧力について調査を行う
 01571号機のタービン建屋内で引きつづき放射線量が上昇中 
 0300 原子炉格納容器内の圧力をベント(弁を開くことによって、圧力の原因となっている水蒸気を逃がすこと)によって、下げる措置を行う予定とする
 0400ドライウェル内の圧力が840kPa(約8気圧)程度まで上昇している可能性がある圧力について調査を行う
 0751 海水ポンプ(原子炉補機冷却海水ポンプ)へのバッテリー接続作業、冷水タンクからの注水作業、ベントの電磁弁(電子的制御によるベント弁)電源復旧作業を実施
 0830 09:00頃より、原子炉格納容器内の圧力を下げるためにベント弁を開放予定。消火用ポンプで原子炉への注水を実施
 0907 ベント弁を開放
 1004水位が低下し、燃料棒の上部50cmが水面上に露出する 
 1049 2つあるベント弁のうち、片方の弁を開放する作業が難航。この時点ではベント開放に失敗している
 1113ベント弁の開放は確認できていないが、圧力が0.8から0.74(それぞれ単位MPaメガパスカル。0.8MPaが800kPaにあたり、上記の圧力と整合])に下がり、ベントができている模様 
 1120水位がさらに低下し、燃料棒の上部90cmが水面上に露出する 
 1205水位がさらに低下し、燃料棒の上部150cmが水面上に露出する 
 1300 原子炉水位が低くなっているため、注水を順次開始する
 1400 バルブを開放
 1430ドライウェル内圧力が0.75MPaから0.67MPaに下がる 
 1449周辺で放射性物質セシウム(137Cs[セシウム]。セシウムの一種で、ウラン核分裂に よって発生する放射性物質)が検出されたとの報道(1号機に関して、炉心溶融可能性) 
 1528水位がさらに低下し、燃料棒の上部170cmが水面上に露出する。ドライウェル内圧力が0.54MPaに下がった 
 15361号機と2号機の間で大きな爆発があり、白煙が発生(1号機の原子炉で発生した水蒸気が燃料棒を覆う金属と高温高圧かで反応し水素となり、それが何らかの原因で原子炉格納容器の外、タービン建屋の内側にたまり、引火し爆発) 
 1617(どこで計測した?)放射線量が500μSv/hを超えた原子力災害対策特別措置法第15条に定められた事象が発生したと(東京電力が)判断
 1830水位がさらに低下し、ダウンスケール(水位計の下限を振り切る)状態(ただし水位計の故障可能性もあり) 
 2020 消火系ラインを使用して、海水による原子炉への注水を開始。バルブピットにホウ酸を注入し、海水と混ぜて原子炉内へ注入
 2041原子炉格納容器は上記の爆発によって破損していないことを確認官房長官発言)
03130500水位が確認できない引きつづき注水を継続(ポンプ能力と容器内体積などによる予測では、2時間前の03:00には満水となっている)

2008-03-13

覚えるべき数字を列挙する

ちょ、ブックマ増えてるしw

そんなことしたら兄ちゃん改定しちゃうぞっ!

0.251/4
0.301log10 2
0.477log10 3
0.502/4
0.683正規分布において±1σに含まれる確率
0.753/4
0.785π/4
0.954正規分布において±2σに含まれる確率
0.997正規分布において±3σに含まれる確率
1n/n n0 log10 10
1.12標準数R20の1番目 101/20の近似
1.25標準数R10の1番目 101/10の近似 約5/4
1.41√2 一夜一
1.60標準数R5の1番目 101/5の近似
1.73√3 人並みに
2.0021 R10の3番目
2.24√5 富士山
2.50R5の2番目
2.72自然対数の底 e
312/4
3.14円周率 π
3.15R10の5番目
4.022 12/3 R5の3番目
5.0R10の7番目
612/2
6.3R5の4番目
8.023 R10の9番目
10十進法の底
121ダース
1624 16進数の底
242ダース
3225
363ダース
484ダース
605ダース
6426
726ダース
968ダース
12827
14412ダース
25628
1024210
65536216
1048576220
16777216224
  • log10 15 = log10 (3*10/2) = log10 3 + log10 10 - log10 2 ≒ 0.477 + 1 - 0.301 = 1.176
  • √15 = √(3*5) = √3 * √5 ≒ 1.73 * 2.24 ≒ 3.88
  • 鉄板のよく使われている厚さは標準数R10に近い。
理工
-273.15絶対零度 T
6.626e-34Jsプランク定数 h
0.1013MPa大気圧 P0
0.75kW1馬力の近似値 3/4
1.38e-23J/Kボルツマン定数 k
1.40乾燥空気の比熱比 κ ちょっと混ざったらしいw
4.19J/cal熱の仕事当量 J 水の比熱に等しい
7.86g/cm3鉄の密度
9.81m/s2重力加速度 g
22.4L/mol標準状態における理想気体の体積 V0
25.4mm/inch1インチの長さ
299792458m/s光速 c
6.022e23mol-1アボガドロ数 NA
  • 100万馬力は大体750MWくらい
  • ペットボトルの水500mlを1200Wで沸かそうと思うと 500mL*(100-20)℃*4.19/1200W=140秒は最低でもかかる
    • 注:実際は効率の問題があるのでもっとかかる。
  • プロパン(C3H8)は分子量44だから、ボンベが1kg軽くなると1000*22.4/44=509Lくらいのガスが出る
付記
  • 理工はついでで適当
  • 実はあまり覚えてない
  • 列挙することに意義がない
  • なんだかんだ言って実は工学系である
参考

他。

http://anond.hatelabo.jp/20080313121625

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん