「罷免」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 罷免とは

2017-05-19

朝鮮朝鮮王朝(李朝)の高宗31(1894)年に起こった反侵略,反封建の農民戦争東学党の乱ともいう。高宗1年,東学1世教主崔済愚が,邪教を広めたとして処刑された。第2世教主崔時亨は東学公認を求め,同 29年以降「教祖伸寃」の請願教徒大衆行動でしばしば行なった。しかし「教祖伸寃」という宗教的訴えは,かえって狡猾な地方官に農民収奪の口実を与えることになった。そこで農民たちの運動は貪官汚吏の処分など政治的要求へと変わっていった。反乱は同 312月全羅道古阜郡の民乱を契機にして始まり,一応の成果を得て解散した。その後政府派遣の按覈使(あんかくし)の不法弾圧激怒した全琫準は,全羅各地に呼びかけ,5月古阜,泰仁で本格的な闘争に立ち上がった。全羅各地で蜂起した農民軍は白山に集結,大多数が農民東学徒は少なく,指導者東学接主であった。全琫準ら指導者は,農民軍を軍隊式に編成,四大綱領を発表し,反封建,反侵略を訴えて広範な農民層の支持を得た。農民軍は黄土峴,長城で政府軍撃破し全州を占領した。閔氏政権はこれに驚き清国出兵要請する一方,農民軍の弊政改革案を受け入れた。全州和約後,農民軍の大半は解散したが,全羅道 53郡に農民軍の自治機関である執綱所が設置され,実質上の政権機関として機能した。日清戦争が起こるとまもなく,全琫準ら農民軍は再起したが,日本軍政府軍の圧倒的な軍事力の前に敗北した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉解説

うご‐のうみんせんそう〔カフゴノウミンセンサウ〕【甲午農民戦争

1894年朝鮮李朝末に起こった東学信徒を中心とした農民の反乱。鎮圧のため李朝政府清国派兵要請日本出兵して乱は鎮圧されたが、日清戦争を誘発する結果を招いた。東学党(とうがくとう)の乱。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディア解説

甲午農民戦争【こうごのうみんせんそう】

李朝末期の1894年(甲午の年)に朝鮮南部で起こった農民反乱。圧政に苦しむ農民の間に広まった民衆宗教東学〉は1890年代には活動公然化させるが,全羅道古阜で全【ほう】準(ぜんほうじゅん)に率いられた農民たちが同年2月郡庁を襲撃し,5月以降全羅道一帯に及ぶ蜂起に発展,閔(びん)氏政権の打倒と日本人駆逐をかかげて各地を転戦した。

→関連項目大院君|李朝朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズクリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うごのうみんせんそう【甲午農民戦争

1894年(甲午の年)に朝鮮南部でおこった農民反乱。李朝末期の朝鮮では封建的収奪に反対する民乱が続発し,とりわけ南部地方開港後の外来資本主義との接触によって矛盾が激化していた。圧政に苦しむ農民の間に広まった東学は,1890年代に入ると活動公然化するようになった。こうした情勢のもとで,94年2月全羅道古阜の農民は,規定外の税をとるなど暴政を行った郡守趙秉甲(ちようへいこう)に抗議し,全琫準を指導者として郡庁を襲撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズクリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うごのうみんせんそう【甲午農民戦争

朝鮮1894年(甲午の年)東学信徒が主導した農民戦争地方官の悪政に反対した全羅道農民が蜂起したのに始まる。朝鮮王政府鎮圧のため清しんに出兵を求め、清に対抗して日本出兵日清戦争の契機となった。東学党の乱。 → 東学

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲午農民戦争

うごのうみんせんそう

1894年(甲午の年)に起こった朝鮮の歴史もっとも大規模な農民蜂起(ほうき)。この戦争きっかけとして、中国、清(しん)の勢力排除朝鮮支配することをねらっていた日本政府は、公使館警護と在留邦人保護名目大軍を繰り出し、日清戦争引き起こした。

 当時、朝鮮民衆は、朝鮮政府財政危機を取り繕うための重税政策官僚たちの間での賄賂(わいろ)と不正収奪の横行、日本人の米の買占めによる米価騰貴などに苦しんでいた。それにまた、1890年代の初めには干魃(かんばつ)が続いて未曽有(みぞう)の飢饉(ききん)に悩まされていた。これに耐えかねた農民たちが、日本への米の流出の防止、腐敗した官吏罷免租税減免要求して立ち上がったのがこの戦争の始まりである指導者には、急速に教勢を拡大していた民衆宗教である東学教団の幹部であった全準(ぜんほうじゅん)や金開南らが選ばれた。そのため東学党の乱とよばれたこともあった。5月初め、全羅道古阜(こふ)郡で結成された農民軍は、全羅道配備されていた地方軍や中央から派遣された政府軍を各地で破り、5月末には道都全州を占領した。農民軍の入京を恐れた朝鮮政府清国に援軍を出してほしいと要請した。ところが、ここで予期しないことが起きた。清軍の到着と同時に日本軍が大挙して朝鮮侵入してきたのである朝鮮政府は急遽(きゅうきょ)方針を変更して農民軍と講和交渉を行い、農民たちの要求をほぼ全面的に受け入れることで停戦した(全州和約、6月10日)。

 全羅道の各郡には執綱(しっこう)所という機関が設けられ、農民たちの手による改革が始まった。農民戦争はこれで終わったかみえた。ところが、朝鮮上陸した日清両軍は、朝鮮政府のたび重なる要請にもかかわらず撤退しようとしなかった。それどころか、日本政府朝鮮の内政改革を求め、朝鮮政府にこれが拒否されるや、1894年7月23日王宮占領し、親日政府組織させた。

 清国がこうした日本の行動を批判したのを好機として始められたのが日清戦争である日本政府日清戦争と併行して朝鮮植民地化する政策を推し進めた。この日本勢力を追い出すため、朝鮮農民たちは10月かばになって再決起した。全準たちは東学組織を使って各地の蜂起を統一したものにしようとした。このとき立ち上がった農民20万人を超えたといわれる。日本軍朝鮮政府軍相手にして農民軍はよく闘った。しかし、日本軍の圧倒的な火力の前になすすべはなかった。翌年1月農民軍は壊滅し、全準は3月末、ソウル処刑された。[馬渕貞利]

[参照項目] | 日清戦争

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の甲午農民戦争言及

【崔時亨】より

92から翌年にかけて東学合法化をめざす教祖伸冤運動を展開。94年の甲午農民戦争では,東学本来非暴力的な教化主義立場から武力蜂起に消極的で,全琫準らの主戦論対立したが,のちに農民軍への合流を教徒に指示した。農民軍の敗北後,98年に江原道原州で逮捕され,ソウル処刑された。…

朝鮮】より

しかし,金玉均ら開化派が政権奪取をめざした甲申政変(1884)は内外の困難を克服しえずに挫折を強いられた。一方,民衆の反封建・反侵略変革運動は,壬午の軍人反乱(壬午軍乱,1882)を先駆として,甲午農民戦争(1894)に大きく花開いていく。甲午農民戦争こそ朝鮮社会近代への移行の決定的転換点となる可能性をはらんでいたのだが,日本侵略意図に立つ軍事力行使がこの可能性を破壊してしまったのである。…

日清戦争】より

… 朝鮮では王妃一族閔(びん)氏を中心とする親清派と国王の生父大院君派および金玉均独立派(開化派)が抗争しており,政治は乱れ,官吏不正日本商人の買占めで民衆の不満は高まっていた。1894年春,民間宗教東学を奉ずる農民分散した民衆の不満を結びつけ,朝鮮南部を中心に汚職官吏の掃滅と外国人排除を求める大規模な反乱を起こし,5月には各地で官軍が敗北するという重大な事態となった(甲午農民戦争)。朝鮮政府日本亡命中の金玉均らが農民反乱に呼応することをおそれ,上海に誘い出して暗殺した。…

※「甲午農民戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています

出典|株式会社日立ソリューションズクリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

2017-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20170417220815

株式会社株主のものだよ。

社員給料以上にがんばる必要ないというか、契約以上のことは求められてないよ。

プロジェクトが失敗した場合責任というか損失は会社ひいては株主が被っていて、社員プロジェクトリーダー特に損失は被らないでしょ。

ただ失敗した社員をどう処遇していくかは経営判断だよね。

社長は単なる株主の雇われ。

株主株主総会社長はじめ取締役専任して、その人たちに会社経営を任せてる。もちろん業績が思わしくなければ取締役会株主総会罷免される。

社員会社労働契約で結びついているに過ぎない。

結果につながったら給料欲しいというのは会社側と交渉してください。会社がその価値があると思えば出すし、そうでなければ出さない。社員会社に縛られる義務はない。

結局の所、会社の失敗(損失)は株主とか債権者が被るものです。

2016-11-10

http://anond.hatelabo.jp/20161110214148

一度なれば4年間身分保証される、という点は違うんじゃないかな。

弾劾制度があるからね。

弾劾で罷免されたアメリカ大統領はまだいないけど、ニクソンは弾劾直前に辞任したし、クリントン夫は弾劾されたが罷免は否決された。

ブラジルではオリンピックの数日前に大統領罷免された。

ましてやマスコミの大半を敵に回してる彼のことだから、いつ足元を掬われてもおかしくないと思えるし、議会共和党多数だからと言っても親トランプとは限らないし。

2016-07-02

うちらに力がないことは、最高裁判官罷免できてないことで判明済み

そろそろ頼むよ

2016-06-22

大政奉還提案

国政も地方行政もその荒廃ぶりは目にあまり、容赦の限度を超えている。とは言え代案なく感嘆するばかりでは、現実世界微動だにするはずもない。

この窮地から脱するため、憲法改正により大政奉還を実現し、天皇国家君主として戴き、内閣総理大臣摂政として天皇を輔弼し、さら都道府県知事県令として国家君主天皇を輔弼することを提案する。

天皇総理大臣を含む内閣国会議員公選首長地方議会議員罷免権を持ち、また国会決議に対する拒否権を持つ。また現憲法に定める国事行為は、内閣の助言と承認を要することなく、衆議院解散を含め、国家君主として行うことができる。

これ以外は基本的に現行の仕組みを踏襲する。私は法律専門家でないが、大筋は憲法改正だけでも実現可能なのではないか

総理も、元都知事も、国会委員会記者会見大喜利をやっているその言葉を、もし国家君主であり罷免権を持つ天皇の前に出ることになったとすれば、はたして正々堂々と言えるのか?ということである。この歯止めがあるだけで、凡そすべての日本人にとっては核兵器なみの抑止力になるのではないか

私は右翼ではないし、皇居一般参賀にも行ったことはないが、一般に報じられる天皇言動と姿は、日本国民統合象徴というにふさわしく、この大政奉還案は相当多数の国民の支持を得られるのではないか

どうしたら天皇に喜んでもらえるか、こうしたら天皇は悲しむのではないか、というきわめて明解価値基準内閣国会議員公選首長地方議会議員が持つだけで、日本の行き詰った現実世界を大きく変えられるのではないか

2015-12-19

id:heavymetalcommunistて有名なん?

はてブ眺めてたら赤旗サイトが不自然にひとかたまりに表示されたので、誰か要らん工作でもしてるのかと思って確認してみたら、id:heavymetalcommunistと「表示されない謎のID」の二つがほぼ全部に入ってるんだけど、これって以前から知られてたっけ?

こいつなんだけど

http://b.hatena.ne.jp/heavymetalcommunist/

全部確認したわけじゃないが赤旗以外のブクマが見つからず、しかもほぼ必ず不明IDがセットでブクマされてる

その数ははてブ作成され始めてから今日までの約2年半の間で推定1万2千以上あるんだけど、ググっても言及してる人が居ない

さらに掘ってみたらどうやらブログがあるっぽいが、何も投稿されてない

http://ameblo.jp/heavymetalcommunist/

ブログタイトルJudas Priestアルバム名(背徳の掟)が元ネタか?

なんか不気味だわ

あ、コメントしてるっぽい

http://netnavi.appcard.jp/e/m9d1

89 : heavymetalcommunist@hatena 2014/12/12 01:20:42

こんな人物に日本軍縮大使資格なし!ただちに罷免するべきだ!

2015-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20150721124803

罷免する機能が育たないのは儒教文化のせいだよ

アメリカは超実力主義を保ったまま突き進めてる

中国の最大の欠点でありアメリカ絶対に勝てない理由もそこにある

おかげで中国に味方するという選択肢は無いとわかるが

日本も同じ呪縛に囚われてるから全く喜べない

2015-05-31

最近出た結果

2ちゃんねる誹謗中傷無修正性的暴動

sukima,VIPろだなどに卑猥画像大量ばら撒き

キラキラネーム  子供わいせつ名前をつけた事例が数百万件。クソ最悪。

東大法学部卒が文科省官僚脅迫

東大理事電車痴漢

東大ロースクール教授電車痴漢

厚生労働省事務次官夫妻がメッタ刺しで殺害

秋葉原トラック突入

中央大理工学部教授が便所で40回刺されて殺害

校長フィリピンで一万人とわいせつ行為

裁判官JKパンツ盗撮して罷免

裁判官女子トイレ盗撮

文科省幹部痴漢

内閣府職員が窃盗

内閣府職員が自殺

金融大臣自殺

宮崎県教育事務所幹部自動車内の男女に陰部を開陳して逮捕


20世紀では考えられない最悪事象。なかったことにはできない。

最近出た結果

最近出た結果

2ちゃんねる誹謗中傷

VIPろだなどに卑猥画像大量ばら撒き

キラキラネーム  子供わいせつ名前をつけた事例が数百万件。クソ最悪。

東大法学部卒が文科省官僚脅迫

東大理事電車痴漢

東大ロースクール教授電車痴漢

厚生労働省事務次官夫妻がメッタ刺しで殺害

秋葉原トラック突入

中央大理工学部教授が便所で40回刺されて殺害

校長フィリピンで一万人とわいせつ行為

裁判官JKパンツ盗撮して罷免

裁判官女子トイレ盗撮

文科省幹部痴漢

内閣府職員が窃盗

内閣府職員が自殺

金融大臣自殺

20世紀では考えられない最悪事象。なかったことにはできない。

最近出た結果

2ちゃんねる誹謗中傷

VIPろだなどに卑猥画像大量ばら撒き

キラキラネーム  子供わいせつ名前をつけた事例が数百万件。クソ最悪。

東大法学部卒が文科省官僚脅迫

東大理事電車痴漢

東大ロースクール教授電車痴漢

厚生労働省事務次官夫妻がメッタ刺しで殺害

秋葉原トラック突入

中央大理工学部教授が便所で40回刺されて殺害

校長フィリピンで一万人とわいせつ行為

裁判官JKパンツ盗撮して罷免

裁判官女子トイレ盗撮

文科省幹部痴漢

内閣府職員が窃盗

内閣府職員が自殺

金融大臣自殺

20世紀では考えられない最悪事象。なかったことにはできない。

2014-12-07

最高裁判所裁判官国民審査期日前投票は7日から

一方、衆院選期日前投票は3日から。なぜ日程を揃えないの?

3日~6日に期日前投票行った人は7日以降にもう一度足運べと?二度手間じゃん。

 

 

「どうせ、そっちには興味無いでしょ?」

「どうせ、誰にも×付けないでしょ?」

「どうせ、誰も罷免されないし」

て考えが透けて見える。

 

 

3日のテレビラジオニュースは「今日から期日前投票」と盛んに報じていたが

「3日~6日に期日前投票したら、最高裁判所裁判官国民審査の為に7日以降にもう一度行く羽目になりますよ」

と説明したものは皆無だった。自分の見聞きした限りでは。

例えばこんな感じ↓

 

 

衆院選 期日前投票始まる NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141203/k10013682981000.html

最高裁判所裁判官国民審査に触れてすらいない。

 

 

選挙後に「3日~6日に衆院選期日前投票した人のうち、改めて最高裁判所裁判官国民審査に行った人の比率

を是非公表してもらいたい。

 

 

 

 

 

3日、慌てて家を出て期日前投票所の張り紙でそれに気付いた…

この記事は 増田アドベントカレンダー2014 7日目の記事です。

2014-05-30

イラ飲み

退屈な飲みなんて珍しくもないが、不愉快な飲みは久しぶり。

本来ならむしろ周囲に気を配って労をねぎらうべき立場人間が、

なに延々としょーーーもない恋愛相談してんだよ。

てめーの恋愛事情なんざ興味ねーよ。家でペットにでも話してろよ。

気遣いのできる性格の良い面々も、酔ってるせいか気遣いの方向がおかしくなってるし。

きわめつけは会計。てめーは奢るか、少なくとも多めに負担すべき立場だろーが。

なんで支払い免れてんの?

逆にこっちがてめーの分負担するとか、ほんとにもう……ない。ほんと、ない。

あーあい不祥事おこして罷免されねーかな。

ホント不愉快だった。

2014-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20140412234913

>いやいや、でも司法制度予算配分民意代弁者たる代議士選挙の結果で左右されるわけですから、やはり民意最上位にいると思いますよ。

大枠ではそういう理解でいいのですが「民意最上位」と言ってしまうとやはり正確性に欠けるのです。

どこが不正確かというと「民意代弁者たる代議士」という部分が実はずれています


少々ややこしい話ですが「代議士国民代表者であっても、代弁者であることを求められていない」というのが代議制民主主義基本的立場なのです。

日本国の法制度は(一部直接民主制的な要素も取り入れつつ)基本は代議制民主主義に依っていますので、「民意のもの」ではなく「民意を受けた話し合いの結果」が最上位の意志決定者なのです。


一見どうでもいい違いに見えますが、これは代議制民主主義という思想の根幹の部分です。

実際にどう違いが出てくるかというと、例えば国会議員選挙公約した意見国会で話しあった結果変えたとしたら、もし「民意が最優先」であれば、その議員罷免されるべき、というのが論理的帰結ですが、法制度はそうなっていません。これはそもそも「代議制民主主義思想」が「民意のもの」ではなく「一般意志」を重視する思想からです。

直接民主主義思想であれば「民意最上位」という言い方もありえるのですが、代議制民主主義思想は違います。代議制民主主義における議会等の機関は「全市民が集まるのが無理だから」等の技術的な問題による民意のやむを得ない代替物ではなく、「民意のものより、民意を元にした話し合いの結果の方がより一般意志に近い」というイデオロギーにより設けられていますある意味非常に西欧的な「話し合いという理性への信頼」「衆愚への懸念」が根底にあるわけです。

2013-11-01

山本太郎さっさと罷免されねえかなあ

からも左からも惜しまれないウザったいただの馬鹿でしょ。

もちろん一般国民の為にもクソの役にも立たない。

中核派スタッフと一緒に伊豆大島だのなんだのに押しかけて邪魔するだけ。

満場一致罷免でよくね?


もしそのあとに中核派に殺されるんだとしてももう勝手にやって、だよ。

その場合でも山本太郎被害者だとは思わない。

中核派内ゲバで死者一名、おわり。

でいいんじゃね? 

2013-07-03

憲法ブームにのっかって最初から読んでみる・10から19条まで

10条。7月3日

日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

日本国民」とは誰かを定めないことには国民主権もクソもないのだから、当然といえば当然か。

それを法律で定めていいのか、とは思わないでもないが。

11条。7月5日

国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

有名な「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」のうち唯一前文で明示的には出てこなかった「基本的人権の尊重」がここで出てきたか

この「侵すことのできない永久権利」を憲法改正で奪うことができるのかどうか気になるな。似たような疑問を前文でももったが。

12条。7月6日

この憲法国民に保障する自由及び権利は、国民不断努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

自民党草案で、この「公共の福祉」が削られ「公益及び公の秩序」に変えられたとネットで話題になってたな。なんでも人権制約の原理が「公共の福祉から公益及び公の秩序」に変わることで制約が容易になるんだとか。

正直、大きな違いがあるとは思えないが。

13条。7月7日

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

表現の自由みたいなのと比べると、「生命、自由及び幸福追求に対する国民権利」ってえらく抽象的・包括的だな。

一つ一つあげてられないのでとりあえず「あらゆる権利を尊重すべき」的なことが言いたかったんだと理解していいんだろうか。

14条。7月9日

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種信条性別社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係おいて、差別されない。

2項  華族その他の貴族制度は、これを認めない。

3項  栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

法の下の平等についての規定だが、「人種信条性別社会的身分又は門地」以外の差別についてはどう考えるのか。

例えば最近話題になっている1票の格差も法の下の平等関係する問題であるように思えるが、「人種信条性別社会的身分又は門地」のいずれにも該当しない気がする。

15条。7月11日

公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である

2項  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

3項  公務員選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

4項  すべて選挙における投票秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

公務員の選定や罷免は国政に関係するのだから、これも国政の決定権は国民にあるという国民主権の一つの現れというふうに考えてよいのだろうか。

普通選挙とは、狭義では財力を選挙権の要件としない選挙のことをいうらしい。広義では教育性別なんかも含まれてくるようだ。

そういえば歴史で、昔は一定額以上の納税者しか選挙権がなかったとかやったな。そのことか。

16条。7月13日

何人も、損害の救済、公務員罷免法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

ふーんという感じ。

少し気になるのは、これまで「国民」の権利等に関する規定という体裁をとってきたのがここにきて「何人も」となっている点。何らかの意図を読みとるべきなのか。

17条。7月15日

何人も、公務員不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

公務員の不始末はこれを管理監督すべき立場にある国や公共団体責任とりますよ、という話だろう。

気になるのは、公務員が公務とはまったく関係なく個人的な怨恨から他人にけがを負わせたような場合でも国などが治療費等の賠償責任を負うのか、という点。

国による賠償というのは結局税金なわけだから、もしもそんな責任まで国が負わねばならないのだとしたら、ちょっと勘弁してくれ、という気持ちになる。

18条。7月18日

何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

もっともな規定だと思うが、「奴隷的拘束」「意に反する苦役」をどう捉えるかでかなり意味合いが変わってきそうでもある。

たとえば徴兵制は「意に反する苦役」なのか。あるいは、無理筋だとは思うがワタミのようなのを「奴隷的拘束」とする余地は全くないのか。

19条7月19日

思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

思想・良心の自由を侵すということの意味をどう考えるべきか。たとえば廃仏毀釈よろしく仏教施設を破壊し、ただし内心で信仰するのは自由だから思想・良心の自由は侵していない、という論法は可能なのか。

そもそも思想・良心のような内心の問題はいかなる権力によっても強制できないとも言い得るのだから(表面上は従いつつ心の中で舌を出すことが可能)、その意味の捉え方次第ではこんなものをわざわざ保障する必要はないとも言えるのではないか

2013-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20130614162129

クーデター起こした側は合併反対みたいだけど、社長取締役会を開いて話し合いに応じてたら、いきなり解任動議とかって流れにはならなかったんじゃないかなと思うんだよね。たぶんだけど。

その意味で、解任したのは「態度が悪いから」なんだと思うよ。それを「態度が悪いからやめさせました」ってシンプル表現しちゃっただけだと思うんだよね。


で、増田の言う

取締役会無視して、経営ルールを守らず、今後の安定的な経営不安を与えるため、取締役会罷免した。

この表現の方が、よりスマートだと俺も思うよ。

でも、あんま会見慣れとかしてなくて感情的表現がぽろっと出ちゃったオッサンが1人いたくらいで、日本的云々は大げさじゃね?

アメリカヨーロッパ行ったら全員会見慣れしてスマート言葉かいがいつでもできる人だらけってこともないんじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20130614161924

から、それを態度が悪いじゃなくて、会社に対して不利益を与えたと表現するかどうか?だという話をしてるんだろ。

言い方を変えれば、態度って書くのが、日本的だなぁという話。

 

態度が悪いから辞めさせました。

会社に対して不利益を与えたから辞めさせました。

 

下のほうがより優れた表現だと思うけど、うえのほうが優れているもしくは、上の表現をしてもいいと思った当たりが、経営ってなんだろうとは思うよ。

言っていることは同じで、現象も同じで、表現が違う。

 

許せるとか、許せないとか関係ないでしょ。経営には。ちゃんと、不利益を与える可能性があるとか、手続きを無視しているとか、感情を廃してかこうよと。

 

そういう意味では、取締役会無視して、経営ルールを守らず、今後の安定的な経営不安を与えるため、取締役会罷免した。という文章じゃダメなのか?

許す・許さないの問題じゃないだろ。

2012-12-13

最高裁判所裁判官国民審査についてちょっと調べてみた

選挙権を得て初めて投票に行ったのは前衆院選でした。

そのとき投票会場であたふたした(そんなものがあるとは…)ので、

今回はちゃんと調べてから投票に向かおうと思ったわけです。

最高裁判所裁判官国民審査

最高裁判所裁判官国民審査さいこうさいばんしょさいばんかんこくみんしんさ)は、日本における最高裁判所裁判官罷免するかどうかを国民審査する制度である

-wikiより引用

審査は、各裁判官につき、その任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の期日に、これを行う。

裁判官については、最初審査の期日から十年を経過した後初めて行われる衆議院議員総選挙の期日に、更に審査を行い、その後も、また同様とする。

-最高裁判所国民審査法 第二条

罷免

罷免(ひめん)とは、公務員の職を強制的に免ずることをいう。

通例では「罷免」という表現は、単に役職(配置)のみならず公務員としての身分(官職)の剥奪も同時に行われる場合に用いられる。

(中略)「罷免」は特別の任用による職に用いる用語で、一般の公務員については「免職」を用いる。

-wikiより引用

なるほど。

衆院選とき最高裁裁判官国民みんなで罷免するか、そのまま裁判官を続けてもらうか決めるわけか。

まぁ、ここまで知ってた。

しかし、どうやって判断していいかからない…

そんなかで参考になりそうな(なった)記事。

最高裁裁判官国民審査の参考資料(町村泰貴) - BLOGOS(ブロゴス)
国民審査と一票の格差 - Chikirinの日記
特別寄稿・江川紹子  選挙後に「こんなはずでは」と言わないために 五感のフル稼働を  <衆院選・特別コラム>(gooニュース) - goo ニュース


…結局、現行制度じゃ判断材料少ないしわかんねぇわってとこでした。

(だから国民からの異議申立て代わりに全部×つけようぜ!っていってるみたいです。僕はつけませんけど。)

そもそも最高裁に年間8000件以上の申し立てがあるらしい。

正直、もっと情報公開やアピールされても判断は難しそう。

善悪がはっきりわかるような事案であればいいけど、そんなの少数だろうし。

現行制度とは逆で信任を投票で決めるとなると裁判官の中立性が揺らぎそうだし…

う~ん…結局白票投じることになりそうだなぁ…

2012-12-09

人間の理性を過大評価しちゃ駄目です

小田嶋さんも言ってるけど、最高裁判官国民審査は非常に「うまく」できている。

あれがもし、「信任する裁判官に○をつけよ」方式だったら、これまで何人もの裁判官罷免されていてもおかしくないと思う。

それほど、人間はいとも簡単に「システム」に左右される。

このことから目をそらし、人間過大評価している限り、システムとの戦いに勝ち目はない。

最高裁裁判官国民審査

再来週は選挙なわけですが、それと同時に最高裁裁判官国民審査も行われます

普段はなにも考えずに無記入で投票してきた私ですが、今回は考えさせられる記事を幾つか目にしたため、考えを表明しておきます

江川紹子 選挙後に「こんなはずでは」と言わないために》

http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/politics/elex/gooeditor-20121205-01.html?pageIndex=2

簡単に抜粋

 今年、再審無罪となった東電OL殺害事件では、一審が「疑わしきは被告人利益に」
 という刑事裁判の鉄則に忠実に無罪判決を出したのに、東京高裁がそれをひっくり返
 して有罪とし、最高裁がそれを追認した。このような明らかな誤判があっても、誰も
 何の責任もとらないどころか、なぜ間違ったかという検証さえ行わない。誤判で無実
 の人を刑務所に送り込んだ3人の裁判官のうち2人は今も現役で、出世街道を進み、
 今は東京高裁東京地裁裁判長だ。

 このような状況に対する批判も込めて、私は全ての裁判官に×をつけようと思う。10
 人に×をつけるので、勝手にこれを「×10(バッテン)プロジェクト」と名付けてみ
 た。

これだけの記事であれば、

・そうかぁ「全部×」を入れる人ってこういう人たちなんだろうなぁ。。

・それって、単に妬ましいだけなんじゃないのかなぁ。。

・わざわざ他人を否定するために「×」を書くのってネガティブで気がひけるよなぁ。

というのが正直な感想

なんだか性悪説に基づいているみたい。

それならばむしろ人を信じる意味でも「×」は書かないで信任したい。うん、立派な裁判官たちのはずだ、と思いたい。という気がします。

しかし、次の記事を読んで、ちょっと考えを改められました。

さすがマッキンゼー出身(と思われる)Chikirinさん、Q&A形式になっていてとても読みやすいし、論点もまとまっていて分かりやすいです。

下記の記事はできればリンククリックして全部読んでみてください。。

《Chikirinの日記 国民審査一票の格差

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20121206

 Q9.でも、過半数の不信任がないと罷免できないんだから、ちゃんと意思表示して
    も無駄なんじゃないの?

 そんな気もしますよね。でも、ちきりんは違う考え方を持っています。下記は前回の
 国民審査の結果です。

 <前回、2009年8月国民審査の結果>
 氏名(元職業) 	罷免要求票数	率%
 桜井龍子行政官)	4,656,462 	6.96
 竹内行夫行政官)	4,495,571 	6.72
 涌井紀夫裁判官)	5,176,090 	7.73★
 田原睦夫弁護士)	4,364,116 	6.52
 金築誠志裁判官)	4,311,693 	6.44
 那須弘平弁護士)	4,988,562 	7.45★
 竹崎博允裁判官)	4,184,902 	6.25
 近藤崇晴裁判官)	4,103,537 	6.13
 宮川光治弁護士)	4,014,158 	6.00

 率のところに★記がある2名の裁判官は、この審査の前に、「一票の格差憲法上問
 題ない」というトンデモ判決に賛成していた2名です。ちゃんと不信任率が高いです
 よね。
 さら東京都神奈川県などの都会部(一票の価値において非常に軽んぜられている
 地域)では2人の罷免要求率が10%を超えるなど、より明確な結果が出ています

むむ。

正直10名の名簿をみても誰が誰だがわからない、ってのも「×」を書きにくい一つの原因ではあるのですが、ただ、上記のように人によってブレがあるということは、見ている人は見ているんだなぁ、、という気もします。

ただ、国民審査では今まで罷免された人はおらず、最高でも15%程度しか行っていないとのこと。

ということは、見ている人が見ていても、ほとんどの票が白票(信任票)になっているため、見ている人の判断が活かされてない状態になっている、とも考えられます

とするならば、全部「×」を書くという行動は、以下の考え方をすることもできないだろうか?と思いました。

自分は10人の裁判官の誰が誰だかよくわからない。。

ネットで探すも、どうも意見が偏っているようで信じがたい側面もあるし。

・ただ、世の中で言われているように、一票の格差問題は合憲とかいちゃう裁判官もいるし、検察の異常な取り締まり放置している裁判官もいるのは事実

最近、偽装クリック誤認逮捕されて、自白を共用された冤罪事件もありましたよね・・・。)

・でも、世の中にはちゃんと見ている人は必ずいます。結果にばらつきがあるのがなによりの証拠。

であるならば、その人たちを信じて、判断を委ねてみるのはどうでしょう

・具体的には、票に「全部×」を記入して、罷免要求率のベースを上げるのです。

・少なくとも、今の状態ではちゃんと見ていて投票している人が報われない仕組みになっています

・そういう人たちを助けるために、罷免要求率(×)のベースを上げる取り組みの手助けをするのです。

決して他人を否定(罷免)するというようなネガティブ感覚から投票するのではなく、ちゃんと見ている人を信じて、その人たちを助けるために投票してみませんか?

という考えに傾いてきた時に、ダメ押しの記事。

あの"おだじまん"が柄にも無く関連記事を。(笑)

小田嶋隆ピース・オブ・警句 最大与党を代表して一言

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20121129/240317/?P=5

  総選挙と並行して行われる最高裁判事国民審査については、はっきりしている。
 私は、こんなにバカげた制度は無いと思っている。

  「×をつけなかった場合承認したと見なす」

  という設定が、そもそもどうかしている。

  どこの商店でも、どんなお見合いでも、「選ぶ」「承認する」「賛成する」「結婚
 する」という決断は、「棚から手に取る」「◯をつける」「クリックする」「レジに
 持っていく」「プロポーズする」という、消費者ないしは選択者の側の「積極的な行
 動」を待って成立することになっている。

 「×をつけない以上承認する気持ちがあったはずだ」

 という類推は、一種の詭弁だ。背理法。まるでたちの悪い法廷じゃないか

まぁ確かに。(苦笑)

おかし制度ですよね。

そんな制度は変えなくちゃですよね。

同意されたかたはぜひ、最高裁裁判官国民審査票には全部「×」を。

2012-06-29

シオンがどうのこうの

フランス革命期には、封建制を廃棄し革命の成果を手中に収めた議会ブルジョアジーが、民衆政治的意思決定権を排除しようとして制限間接選挙制や国民代表制(純粋代表制)を導入し、その論拠として、建前上は、全国民主権があるが、実際には一部の能動市民のみが主権を行使できるという「国民(ナシオン主権」論を採用した。すなわち、1791年憲法確立された「国民(ナシオン主権原理のもとでは、主権主体としてのnationが抽象的・観念的な国籍保持者の総体として捉えられたため、主権者の各構成員が自ら主権を行使することができず、主権保持者(全国民)と主権行使者(代表者)が分離された。これによって、「国民(ナシオン主権」は一定国民代表が主権から法的に独立して主権を行使する国民代表制と結びつくことができた。

 これに対して、普通選挙制や命令的委任制度人民投票手続などによって政府議員監督し、自ら主権行使に参加しうる民主的な政治制度を求めていた議会左派民衆は、ルソー理論を基礎に、1793年憲法憲法私案の中で「人民プープル)主権原理を構築した。この原理では、主権主体としてのpeopleは、政治的な意思決定能力を持った具体的な市民総体とされた。「人民プープル)主権」のもとでは、主権主体としての人民を構成する各市民主権行使(政治的な意思決定)の能力を持つため、主権保持者と主権行使者が分離されず、普通選挙制や立法についての人民拒否制度など、民主的な直接制手続きを採用することができた。(S.K)



A.N ナシオン主権プープル主権の最大の違いはその代表観にあるといえる。

 身分代表として始まった議会は、特定の団体からの代表が専らその帰属団体の意思を議会で通すための機関であった。その後、市民は身分的制約から脱却すべくそ立法権の獲得によって、身分代表による議会実質的国民議会へと変容させた。この期の国民議会における議員のあり方は、その歴史的経緯からして、あくまで特定の身分団体からの代表として強制委任委任命令を受けることは認められず、一般的抽象国民の代表として自由にその意思を形成し決断することが重要視される、いわゆる純粋代表であった。この代表観における国民のあり方がナシオン主権である。一般的国民観念的代表として、国民との間の実態的関係の有無は問題でなく、むしろ議会国民の代表機関として擬制する機能さえ持っていたと考えられる。1791年のフランス憲法は、代議士いかなる委任も与えられないことを明記している。

 しかしながら、純粋代表としてまったく国民の意思にしばられない代表の制度それ自体が、国民の不満を招くことは自明である。その後、国民のより広い意見の吸い上げを求める動きは普通選挙実施に結実し、このとき、まさに民主主義議会制度との結びつきがが真に始まったと考えられる。国民議会の成立期と普通選挙の成立時期がずれるのはこのためである。ここにおいては、選挙によって選ばれる代表は、国民の意思を反映した政治行動をとるべきだというプープル主権的な考えが強まっている。1793年にエスマンは半代表の概念について「代表はもはや直接民主主義の代用役にほかならない」と述べた。間接代表制の中で直接民主制を実現しようとすることに半代表の最大の意味を見出すことができる。

 日本においては、明治憲法時、制限選挙下での貴族院国民議会とみなしてきた経緯において、当時の国民概念がナシオンに近かったととらえることが可能である日本国憲法においては、多くの学説で、ナシオン主権プープル主権共存しているとされる。その条文上の根拠は、43条に「全国民とあることや、50条51条の議員特権の保障などにナシオン主権的な性格が見られること、一方、15条の公務員の選定罷免権や96条の憲法改正時の国民投票制度などにそのプープル主権的な性格が表れていることなどが挙げられる。

  このように両観念共存する中、そのいずれを重視するかによってさまざまな問題、例えば、①党議拘束は合憲か ②リコール制は認められるか ③除名された議員議席をも失うのか ④比例代表制の導入の是非について などの判断が影響を受けると考えられる。


シオン主権プープル主権という対立が国民代表対政党国家という対立に変化したと。


フランスでは、「国民(nation)主権」と「人民(people)主権」のどちらを憲法原理政治の基本原理として使うべきか、ということが争われたことがあります

peopleは、一人ひとりの人間の集合体です。ですから、people主権は当然に民主主義原理です。選挙で選ばれた議員は、民意を代表する代理人で、民意に従って行動しなければならない「命令委任」をpeopleに受けるとされ、直接民主主義に近づこうとする原理とセットです。

nationは一人ひとりの人間の集合体ではなく、その共同体的結合を代表する観念的な存在で、naition主権にたてば、必ずしも普通選挙である必要はありません。つまり、nation主権民主主義でなくてもいいのです。また、「代表委任」の原理とセットになっていて、これは、議員選挙民の意思に拘束されず、公益を代表している、というもので、議員選挙民の意思に反しても公益のために行動するべきだ、とされます20世紀になって、民主主義正当性基盤を確立し、nation主権普通選挙制を基盤とするようになりますが、完全にpeople主権同じではないのは、「代表委任」の原理とセットになっているところです。つまり衆愚政治を警戒したシュンペーター流のエリート民主主義原理です。

しかし、日本国憲法のように、代表委任をとっている場合でも、現在では「公約は守らなければならない」といった命令委任原理のある部分は認められるようになり、nation主権はpeople主権に近い内容を持つようになっていて、日本国憲法の「国民主権」は「人民主権」と同じ意味だとするのが憲法学界の通説


http://webkit.seesaa.net/article/271512096.html

なんかクソゲーオブザイヤーの2007を思い返すな

2012-06-06

組織から構成員に与える最大の罰は組織からの追放

基本的に組織というものは、構成員が入りたくて入っているもの

だもんで、組織が構成員へ罰を与える時、その最大の罰はその組織からの追放となる。

無視だとか、退学だとか、罷免だとか。

仲良しグループだとか、学校だとか、会社だとかはそうだけれども、

もっと大きな単位で国となると、最大の罰が死刑とか、監獄に隔離とかになる。

なんか不思議な感じがしたが、そもそも国って構成員が入りたくて入ったもんじゃないもんなぁ。

もともとその組織で生まれ育ってるもんで。島国だからそう思うんだろうか。

ヨーロッパみたいに陸続きで割りと亡命やすかったりしたら、また違う風に思えるんだろうか。

上の組織がうんぬんの話から行くと、国が与える最大の罰って国外追放でいいんじゃないかなーと思うんだけどね。

まぁ、殺人鬼はどこの国でもノーサンキューか。

この世という組織からの追放ということで死刑なのかね。

2011-11-24

魔法科高校の劣等生が凄く気持ち悪い

魔法使いがいなければ成り立たない世界(というかない共同体蹂躙される)で、魔法使い権力の裏に回っているということは、

これは政治主権実質的市民にない。

選挙をしても、最終的に魔法使いが決める社会

更に、その魔法使い罷免できない。そして、魔法使いはほぼ世襲制

まり貴族性に社会が退行したと考えるのが妥当

これは確実に市民近代自我を歪める。

で、実際歪んでるのを利用されてテロ組織に利用されたりしている。

で、その論評を近代自我に勝る主人公達が断罪する。

それって貴族が農民を下賤としたのと一緒では?

それを俺達はがんばってるんだとロンダリングしてる。

2章途中までで通常兵力部隊が出てこないけど、

おそらく近代教育ベースとしたいわゆる富国強兵、散兵戦術はまともに機能せず、

戦力の主体は魔法使いによる火力戦と化している。

この条件下で、一般人にやらせて貰えるのは、おそらくはつまり時間稼ぎとしての盾と、弱い者虐めだけ。

しれっと普通に高潔な軍隊を出しそうだけど、んなもん嘘っぱちだと鼻で笑えるレベル

歩兵が尊重されない軍隊がどうなるか、考えればわかるっちゅーの。

教育レベルが高い状態で社会が逆行せざるを得なかった時の精神社会的葛藤考察が甘く、

貴族を高潔な近代自我の持ち主と讃えるような感触が、何なんだこれは、という感じで非常に気持ち悪い。


この作品に限らずの話、俺TUEEEEEが悪いとは言わないが、その場合は、中途半端世界観広げないで限定があるべきだと思う。

エムゼロで、学校の外を出ても記憶能力も消されない、というか学校の外に出ても能力使えるだったらどうよ。

09ルール規制のないマルドゥック・ヴェロシティとか笑えない。絶チルじゃないけどそりゃ「普通の人々」は怒るで。

しかもこの「魔法科高校の劣等生」ではすでに魔法使い陣営が制圧完了してんだよな・・・

この世界観だと30年後には鬼哭街と同じもので出来上がってると思うだ。


横浜騒乱編まで読めば印象変わるらしいです単行本で言うと何巻あたりになりますか?

2010-12-01

国会議員中井っていう変なバーコード、やめさせろよ

アレ、何様だよ、あのハゲ。偉そうに。

中井蛤っていうの?アレ。偉そうに。

罷免投票とか作ってよ。

偉そうに。ハゲ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん