「韓国国防部」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 韓国国防部とは

2019-03-05

anond:20190304223534

韓国国防部が言うように「威嚇的」だったかはさておき、「ウザい」と感じる状況ではあったのでしょう。

他国排他的経済水域に入ればその国の軍用機巡回しに来るのは当たり前。

友邦軍用機を「ウザい」と感じる事自体そもそも異常。となれば「見られたくないもの」がそこにあったと考えるのが妥当

上層部の「はねっ返り」が、レーダー照射で追い払おうと考えたとします。そのとき、わざわざ司令部許可を求めてSTIR-180を使うでしょうか? そんなわけないですね、司令部却下されるのがオチです。

実は、広開土大王的には「試しに照射してみたら当たってしまった」というのが、実態だったのではないでしょうか。

韓国海軍というのは自衛隊なんかよりも遥かに上下関係が厳しい世界なのは知られた話。

艦長命令もなしに兵装を勝手に起動するなんて事は絶対にありえない。もしあったとしたらその場で身柄拘束されて精神鑑定を受けてるレベル事態

そして、約28時間後の翌21日夜、防衛大臣による記者会見として外部発表されます。岩屋防衛相は「実際の火器使用に先立って実施する行為」と述べます。おそらく、この時点では「STIR-180/MW-08の確定が済んでいなかった」あるいは「MW-08に対空FCレーダー機能があると誤認していた」か。いずれにせよ「対艦FCレーダー照射だった」とは認識していなかったと考えられます

ここ読め。お前の妄想全部否定されてる。

防衛省の専門部隊海自P-1哨戒機照射されたレーダー波の周波数、強度、受信波形などを慎重かつ綿密に解析した結果、海自P-1哨戒機写真撮影等を実施した韓国駆逐艦火器管制レーダー(STIR-180)からレーダー波を一定時間継続して複数回照射されていたことを確認しています。なお、近傍所在していた韓国警備救難艦には、同じレーダーは搭載されておらず、韓国駆逐艦から照射事実は、防衛省が昨年12月28日公表した動画の内容からも明らかです。

つか、とっくに終わった話を今さら妄想でひっくり返そうとしても無駄だよ。

韓国海軍は自衛隊にとって信用ならない存在になった」。これで終わった話。

国家レベル大嘘ついて相手の信用を損なったツケは、これから長い時間をかけて支払われる事になる。

そもそもの話だが、

哨戒機無線の問い合わせをガン無視した理由説明がまったくつかない。

2019-03-04

レーダー照射事件真相(妄想)

前提

今回の事件概要は「自衛隊哨戒機韓国駆逐艦から火器管制レーダー(以下、FCレーダー)を照射された(と主張している)」です。事件の中心にいる韓国海軍の駆逐艦・広開土大王には、2種類のFCレーダーが搭載されています

照射を受けたP-1哨戒機飛行機です。従って、対艦FCレーダーMW-08は関係がなく、STIR-180が問題になるというのが、一般的な考え方です。

広開土大王

昨年12月20日15時頃、作戦行動中の広開土大王に、自衛隊のP-1哨戒機が近距離で飛行します。韓国国防部が言うように「威嚇的」だったかはさておき、「ウザい」と感じる状況ではあったのでしょう。

上層部の「はねっ返り」が、レーダー照射で追い払おうと考えたとします。そのとき、わざわざ司令部許可を求めてSTIR-180を使うでしょうか? そんなわけないですね、司令部却下されるのがオチです。では、どうしたか本来なら対艦用のMW-08を哨戒機に対してFCモードで撃ったのです。

レーダー照射時のP-1の高度は公開されていませんが、高度数百m程度の「水面すれすれ」なら、対艦FCレーダー照射が届く可能性はあります

実は、広開土大王的には「試しに照射してみたら当たってしまった」というのが、実態だったのではないでしょうか。

P-1/防衛省/官邸

MW-08の照射は、P-1では「FCレーダー照射を受けた」として検知されますFCレーダーなので、当然ですね。

そして、約28時間後の翌21日夜、防衛大臣による記者会見として外部発表されます。岩屋防衛相は「実際の火器使用に先立って実施する行為」と述べます。おそらく、この時点では「STIR-180/MW-08の確定が済んでいなかった」あるいは「MW-08に対空FCレーダー機能があると誤認していた」か。いずれにせよ「対艦FCレーダー照射だった」とは認識していなかったと考えられます

その後、どこかのタイミングで、対艦FCレーダーだったことに気が付いたと思われますが、大臣が発表した以上、もう、後には引けません。

日韓交渉

12月24日ブリーフィングで、韓国国防部は「日本側はSTIR-180を撃ったと言っている」と言っています。おそらく、それまでの時点で、日本側が「対空FCレーダー」と失言したのでしょう。韓国狂喜乱舞したと思います

この段階で、日韓両国は、共に「引け目」を抱えることになります

韓国:対艦とはいえFCレーダー哨戒機照射したのは事実

日本:対艦FCレーダーだったのに気づかずに、話を大きくしてしまった。

お互い、相手の状況は把握していますが、自国の「引け目」も、バラされると困る内容です。FCレーダー照射したことが確定する韓国はもちろん、自衛隊も「対空FCレーダーと対艦FCレーダー区別が付かなかった」となればマヌケな話です。両国とも、勇ましいことを言いつつ、交渉では強気に出れないわけです。

そんなわけで、日韓共に白黒を付けられず、交渉は泥沼に…。更に韓国が「威嚇飛行」を持ち出して、狙い通り、更なる泥沼へ持ち込んだ…というのが、今回の情景だったわけです。とっぴんぱらりのぷう。

2019-02-02

沈黙駆逐艦2」すりかえられる論点

脅威を受けても無線受信しても応答しない。それが沈黙駆逐艦https://anond.hatelabo.jp/20190201230533

この「沈黙駆逐艦問題は、実は重大だ。だから韓国国防部もあせって、一文一文論理が飛躍してる。この一段落は、教科書に載ってもおかしくない悪文だ。引用と、意訳を載せる。

Japan continues to question why ROKS Gwanggaeto the Great destroyer did not respond to communication from the JMSDF patrol aircraft. However, this makes it all the more difficult to understand why the aircraft did not receive the distress signal from the rescued vessel. Even in the video released by Japan’s MoD, the aircraft crew mentions two ROK Coast Guard rubber boats and the distressed North Korean wooden boat. It is impossible for the aircraft crew to have been unaware of the rescue situation.

第一文:呼びかけを何故無視?と、しつこく日本が聞いてくるよ!

第二文:でも、だとしたら、北朝鮮のSOSを何故哨戒機は受信して無いんだい?全く理解できない。

第三文:日本ビデオにさえさぁ、韓国沿岸警備艇二隻と(救助対象の)北朝鮮漁船が写ってるわけ。

第四文:哨戒機隊員が救助中と気づかないなんて、無理あるよ~

第一文が、「沈黙駆逐艦問題だ。

第二文は、韓国お得意の論理すり替え。たぶん「聞こえてても答えなかったのは・・・ほら!前にお前も呼ばれたのに聞こえてなかったじゃん?」という感じ。日常でも「それとこれとは別!」と怒られるレベル。逆に、国際社会には「そもそも北朝鮮救難信号存在たか?」という疑念を植えつけてしまってる。

第三文は、第二文の「SOS未受信」問題ではなく、人道救助(の実在)を論点に変えている。公開動画賛同が得られるなら良いけど、そうじゃないから逆に、国際社会に「そもそも人道救助してたのか」と疑念を撒き散らす。

第四文は、第三文の「人道救助」問題ではなく、「状況の目視だけで、行動内容が分かるかどうか?」が論点に変えている。しかも、韓国は「必ず救助中とわかる」と主張している。これは、日本側の「救助とは分からなかった」という主張を否定する。

まとめると、第一文は「沈黙駆逐艦問題、第二文は「SOS未受信」問題、第三文は「人道救助」問題、第四文は「救助状況判別問題だ。仮に、日本が救助と気づいて、実際人道救助があって、SOSも受信してた、と仮定して、「だったら、韓国は呼びかけ無視するよね」とは、誰も思えない。

ここで論点すり替えで新提起された3問題は、全く韓国の有利になってないのが、すごい。

この次の段落も、また論点がずれる。何か?

答えは、低空飛行問題です。

レーダー照射事案での「低空飛行」と防衛省

今回のスコープ

ここでは、レーダー照射事案での防衛省対応について述べたいと思います。「韓国の主張は正しいか」は論点しません。

「なぜ、韓国の主張を責めないのか」というご批判はあるかと思います。それは、極端に言えば、「韓国政府のことを考えるのは無意味」と思っているからです。

台風被害が出たとき、「原因は台風なんだから政府防災対策検証しても無意味だ」と言う人はいません。

それに近い感覚で「各国は自国利益のために動く。『そういうもの』なんだから日本政府がそれにどう対応するかの方が大事」というのが自分価値観です。

さらに、ここでは、「「低空飛行」問題への防衛省対応」に絞って考えます

もちろん、今回の事案の唯一最大の論点は「レーダー照射」です。しかし、その点については日韓双方の主張が食い違っており、また、防衛省がどのような証拠(=交渉材料)を握っているか不明です。

一方、「低空飛行」問題については、防衛省動画を公開したこともあり、基本的事実関係は、ほぼ明らかになっています防衛省対応について外部からでも評することが可能なはずです。

また、1月21日防衛省が「最終見解」を出した後に生じた「低空飛行」問題についても、ここでは述べません。

末尾に、「低空飛行」に対する日韓両国の発信を時系列でまとめましたので、そちらをご覧になりながら読んでください。

具体的な反論韓国論点そらしにハマる

韓国側の「威嚇飛行」の筋が通らないことは、各所で検討・指摘されているとおりです。

一般的軍事行動として危険性があるものではなく、また、過去の同じ行為に対する抗議がなかったことも1月21日防衛省によって主張されています

(ただ、これについては、「人命救助活動中だった」という反論があることは留意必要です)

そもそも、「威嚇されたかレーダー照射した」ならともかく、「レーダー照射はしていない。それはそれとして威嚇はおかしい」というのは主張として不可思議です。

韓国側としては、今回の事案の中で一定の「落ち度」が自国側にあったことを認識しており、それとの交換材料にするために持ち出したと考えるのが合理的です。

(その「落ち度」が、「レーダー照射」なのか「無線に応答しなかったこと」なのかはわかりません)

しかし、言うまでもなく、今回の事案の最大の問題は「レーダー照射」です。「(防衛省示唆するような形で)レーダー照射をした」ことが確定すれば、他のことは誤差の範囲です。

韓国側が「低空飛行」を持ち出しても、大した問題にはならないはずでした。ただし、威嚇飛行を論点として戦線が拡大していくと「どっちもどっち」という状況になりかねません。韓国はそれも狙っています

防衛省は、12月25日という比較的早い段階で、具体的な反論しました。結果、戦線は拡大し、韓国に付け込む隙を与えました。今日に至るまでグダグダが続く原因です。

本来なら、「低空飛行」はまともにとりわず、「我が国は適切に飛行していた」の一点張りで、「レーダー照射」のみを取り上げ続けるべきでした。

…というか、「韓国問題すり替えようとしてくる」ことぐらい、過去経験から、わかってたと思うんですが。

忖度リークに頼った広報戦略国際広報戦で後手に

防衛省12月28日動画公開した際、「参考資料」としてPDFファイルが公開されています

このPDFファイルの2ページ目には「航空法規における船舶航空機の離隔距離規定」として「航空法施行規則」「国際民間航空条約第2付属書」の引用が書かれています

しかし、この引用が、今回の事案にどう関わるのか、あるいは同時に公開された動画とどう関わるのかは、何も記述されていません。

今回の防衛省の発信は、この手の表現が非常に多いです。

この時点で、この事案は、国際世論に対する広報戦の様相を持ち始めていました。

公的な発信がなくても、国内メディアは、防衛省の言いたいことを忖度して、あるいはリーク等で得た情報から防衛省の主張を伝えますしかし、海外メディアが、防衛省のためにそこまで労を取ってくれるとは限りません。

国際世論へのアピールを考えたとき公的な発信は必須です。しかし、防衛省が出している表(末尾にURL)を見てもわかるように、12月28日から1月21日まで、約3週間にわたって公的な発信はありませんでした。

その間、韓国国防部は、1月4日動画で「軍用機には適用されない」と反論しています防衛省から、それに対する反論1月21日まで出ませんでした(その間の1月14日実務者協議があったというのはありますが)。

国際世論への広報戦としては、完全に後手に回っています

さらに、このことは、別の大きな問題を孕んでいます

国内メディア報道に触れていると、「日本はこれだけ主張しているのに…」という印象を受けますしかし、実際には、防衛省は「ほとんど主張してない」のです。上に書いたように、1ヶ月間、ほぼ沈黙し、その発信でも、主張が明確に述べられていません。

国際的な発信と国内向け発信に齟齬がある」ことは、「国際世論国内世論齟齬が生まれる」という事態を生みます

これは、非常に由々しき事態です。「国民国際世論から切り離された国」がどのような姿になるかは、古今東西、様々な例が思い浮かぶと思います

このことは、防衛省だけでなく、国内メディアも含めた大きな問題だと考えています

国際民間航空条約を持ち出す→自衛隊活動制限

防衛省12月25日に「低空飛行」への最初反論します。その中で、「国際法国内関連法令」という言葉が登場します。

これに対しては、すぐに韓国メデイアから国際法国内法が何か分からない」というツッコミが入ります。実際のところ、軍用機の飛行を制限する国際法はないので当然のツッコミです。

(本来国内メディアこそツッコむべきだと思いますが、そうした報道は無かったと思います)

それに対して、上に書いたように、12月28日に「国際法」が「国際民間航空条約第2付属書」のことだと示されます

この条約では、「地水面から150m(500ft.)未満の高さ」での飛行の禁止が決められています

すなわち、これを持ち出した時点で、「自衛隊機は高度150m未満では飛ばない」と明確な数字で線を引いて宣言したことになります

まり、その宣言以降に、もし150m未満で飛べば、韓国から抗議が来る形になるわけです。

そして、実際、1月24日には「60mで飛行した」という抗議が行われ、泥沼化してるのが今の状態です。

実際に60mで飛行したかはわかりません。しかし、数字を出して線を引いた段階で、遅かれ早かれ、こうなることは充分に想定できたはずです。防衛省は、自分から、難癖を付けられるポイントを作りに行ったのです。

難癖を付けられまいとすれば、本来なら守らなくて良かったはずのルールを守ることになります

おそらく、自衛隊内の規定として「高度150m」が決まっていて、普段から遵守しているのでしょう。しかし、「組織内の規定」と「外交案件」では重みがまったく違います

北朝鮮の「瀬取り監視のために、朝鮮半島周辺海域監視重要なこの時期に、自衛隊機に要らぬ枷をはめてしまった大愚策です。

上で書いたように、そもそも、具体的に反論したこと自体が失敗でした。まして、民間機向けの条約を持ち出しても、何の根拠にもならないどころか、ツッコミどころを増やすだけです。そして、同時に、自衛隊機の飛行に要らぬ制限を加えます一言で言えば「何がしたかたかわかりません」

(12月25日の時点で、「150m」の根拠国際法にあると誤解してたと考えるとスジは通るのですが、さすがにそんなことは無いと信じたいです)

結言

以上、「低空飛行」問題に対する防衛省対応について語ってみました。

もちろん、2度にわたって非公開の実務者協議が行われており、そこで何が話し合われたかは、我々には知る余地もありません。しかし、ここで書いたように、表に出た部分ではマズい対応が多いです。そして、実際、事態を収められず、泥沼化させています

韓国の術中に見事にはまった…いや、韓国の想定以上に自分から泥沼にツッコんでいったように見えます

さらに、今回、防衛省は、最前線にいる自衛隊に対しても、後ろ弾を撃つようなことをしています

こんな防衛省に、大切な自衛隊員の命、日本国土、そして自分たちの命を任せられるのでしょうか。

「本番」の敵は韓国とは限りません。中国ロシアは、国力・軍事力を背景に、より狡猾に立ち回ってくるかも知れません。

非常に不安が募ります

…とは言っても、僕たちは、「もっと頑張って!」と応援するしかないんですけどね。

日韓双方の発信

基本的には双方の公的な発信に絞っていますが、報道を踏まえた発信については、元となった報道記述しました。

防衛省の発信については以下に一覧化されています

http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/radar/index.html

2019-01-31

ブコメを発端にバカバカしいやり取りがありましたので記録する

copy@id:nao_cw2

id:nao_cw2 ブコメ

nao_cw2 日韓ともに決定的な証拠はなーんにも無かったという話。着地点も定めず先に大騒ぎした日本の政治責任のほうが大きい思うけど国士さんたちは聞く耳持たないだろう/STIR最後まで明言できなかった理由を教えろ

2019/01/30

id:synopses ブコメ

synopses id:nao_cw2対立相手なら即反撃してもOKな確度』でSTIR判断できているが、"友好国なので"何かの間違いと考え、データを出し合って突合しようとしたら拒否され、仕方なく明言した/防衛省発表に全部書いてある

2019/01/30

以下ハイクコピペのみ

id:nao_cw2

id:synopses さん

韓国国防部の会見では、「日本の持ってる情報の一部を教えるから韓国艦のレーダー情報をすべて公開しろという取引」なので

日本が何の情報を持ってるかも隠したまま韓国艦のレーダー情報を全部見せろというのは飲めない条件とのこと。

まりこの部分の報道の相違は相互に話半分で信用出来ないので、私の中ではSTIR最後まで明言しなかった根拠にはなりえないです。

よくありますよね、力関係依存して交換条件と称して相手が飲めない条件を提示する手法。今回はそれに相当するのか保留してますけど。

by nao_cw2 2019/01/31 8:00:56 from web 返信

id:synopses

えーと、何か勘違いされているようなのですが…

nao_cw2さんのご発言「私の中ではSTIR最後まで明言しなかった…」という記述から推察するに、日本側は今もSTIRと明言していないというご認識ですよね。

日本側はSTIRと明言しています防衛省発表をご確認くださいませ。

by synopses 2019/01/31 8:25:59 from web 返信

id:nao_cw2

最後ですね。知ってますよ。

by nao_cw2 2019/01/31 8:28:25 from web 返信

何故それを疑問に思うかといえば、12月の段階で韓国国防部

MWは使ったけどSTIRは使ってないよって、誤解があるんじゃないですか?

って発表してるから

by nao_cw2 2019/01/31 8:30:04 from web 返信

id:synopses

ご存知でしたか。でしたら、最後まで明言しなかった事について、何が問題だと思われているのですか?

by synopses 2019/01/31 8:38:49 from web

おっとすみません、追加発言を読み込む前に返信してしまいました。

>それを疑問に思うかといえば、12月の段階で韓国国防部

MWは使ったけどSTIRは使ってないよって、誤解があるんじゃないですか?

>って発表してるから

その後に周波数特性等を上げてSTIRを使っていると認識しています、という発表をしているじゃないですか。

もう一度聞きたいのですが、何が問題だと思われているのですか?

by synopses 2019/01/31 8:43:14 from

id:nao_cw2

synopses >その後に周波数特性等を上げてSTIRを使っていると認識

お手数ですが記事を教えてください。

by nao_cw2 2019/01/31 8:50:19 from web 返信

id:synopses

重ねてすみません、「周波数特性等」は正確な言葉ではありませんでした。以下の説明を指したつもりです。

>回転しながらレーダー波を出して、周囲の目標を捜索・発見するための捜索レーダーとは、波形などのデータに明確な違いがあります

------

おっとすみません、追加発言を読み込む前に返信してしまいました。

>それを疑問に思うかといえば、12月の段階で韓国国防部

MWは使ったけどSTIRは使ってないよって、誤解があるんじゃないですか?

>って発表してるから

その後に周波数特性等を上げてSTIRを使っていると認識しています、という発表をしているじゃないですか。

もう一度聞きたいのですが、何が問題だと思われているのですか?

by synopses 2019/01/31 8:51:17 from web 返信

こちらも防衛省発表内の記述です。

by synopses 2019/01/31 8:53:26 from web 返信

id:nao_cw2

申し訳ありませんが2019年1月21日以前の発表で、

岩屋大臣の会見では確認できてません。

その事を言ってるのなら...

by nao_cw2 2019/01/31 8:58:58 from web 返信

明言してませんね。以上

by nao_cw2 2019/01/31 8:59:55 from web 返信

id:synopses

1/21の防衛省発表の記述です。最終的に明言しているのですが、何が問題だと考えていらっしゃのですか?

by synopses 2019/01/31 9:00:52 from web 返信

id:nao_cw2

問題とか言ってませんよ。理由はなんですか?と

これ以上無理ですのでお好きにどうぞ。

by nao_cw2 2019/01/31 9:04:28 from web 返信

id:synopses

はあ。であれば時間無駄ですね。

日本側は当初からSTIR示唆する発表をしていて、最終的に断言もしました。問題ないのであれば、理由もクソもないですね。

by synopses 2019/01/31 9:08:34 from web 返信

私も事実以外は何も言っていません。

どの辺りが私が事実捏造していると仰っているのですか。

by synopses 2019/01/31 9:19:40 from web

id:nao_cw2

面倒だけど言っておきます

提示された事実捏造して満足するのは良くないと思います

少なくとも私は事実以外何も言ってません。

by nao_cw2 2019/01/31 9:16:50 from web 返信

id:synopses

はあ、「事実捏造している」って捨て台詞を吐かれてトンズラされたよ。捏造って失礼だな。何様ですか。

では面倒ですがこちらも言わせてもらいます

防衛省発表を読めば分かることを「STIR最後まで明言できなかった理由を教えろ」って、陰謀脳じゃないですかね。判断を慎重にされる姿勢尊重いたしますが、明言しているのは事実です。

少なくとも私は事実以外何も言ってません。

by synopses 2019/01/31 10:48:18 from web

2019-01-09

anond:20190109215814

こっちが何を言おうと(事実関係がどうあれ)お前はそれを否定してこちらに向けて「お前は差別主義者だ!」とシュプレヒコールをあげるだけだから答える義理などない

韓国国防部青瓦台とやってることが同じなんだよ、卑怯者が。

2019-01-07

anond:20190107030229

韓国国防部youtube動画では否定してるけど、当初は捜索のために使ったと言ってたはず

支離滅裂だな

2018-12-30

今回の日本報道は、常軌を逸していると言わざるをえない。なにせ、韓国国防部公式発表を一度も確認していないとしか思えない報道ばかりが目立った。この点に関して、猛省を迫りたい。今回は「友好国」が相手からまだよかったけど、この調子だと相手によっては戦争まっしぐらだよ。

https://twitter.com/han_org/status/1079206874786934786

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん