「大家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大家とは

2017-05-24

彼氏や夫の呼び名について

SNSにおいて

2017-05-23

猛烈に蛇が飼いたい。

あのつぶらな瞳、ツヤツヤの鱗、個性豊かな模様・・・

飼うだけの余裕もある。なんなら学生時代実験で使ったのもあって餌のマウスにも抵抗は無い。

だが、アパートペット厳禁。臭いや鳴き声、住居の傷の対策だとは思うが、如何せんペット可でも蛇は色々とトラブルの温床だ。

獣医爬虫類可のとこが一番近くて電車で行くことになる。

そんなときにあってよかったTwitter

承認欲求とかそういう方向性もあるSNSなので、調べれば「うちの子自慢」なアカウントは多く出てくる。

今はそれを眺めて癒されるとしよう。

ただ、限界を超えたら引っ越したり、大家交渉に行くのもやぶさかではない・・・

○○探偵が出てくる兼業系の小説多いな

なぜか探偵ばかり集まってくる商店街舞台にした小説とか誰か書いてそう

魚屋探偵八百屋探偵喫茶店探偵、角のたばこ探偵居酒屋探偵大家探偵

2017-05-12

国の繁栄と、係累の繁栄について

http://anond.hatelabo.jp/20170511170337

自分の背景とか前提みたいなもんなんだけど、今自分外資で働いてて、同僚に日本を案内とかしたりして結果仲良くなって外国友達できてんだよ。アメリカ人とか、インド人とか、中国人とか、韓国人とかね。タイ人には自分仕事分野の大家がいて、その人師匠だと思ってる。大事友達、知り合い。だからかわからないけど日本って国にこだわりすぎるのは良くないって感じている。ピンキリあるけど、世界のいろんなところに自分より優秀な人がいたり、優しくしたい人がいっぱいいるっつうことに気付けた。

一方、日本で暮らす自分の子々孫々の繁栄を考えるんであれば、日本が国として成り立つために必要教養レベルを保ちつつ、かつオリジナリティがある程度必要だとも感じていて、それを保ち続ける仕組みがないと、国として弱ってきて他国の後塵を拝することになるって感じている。学力で言えば東大に入るより難しい大学タイにあるし、東南アジア秀才たちがロボコンなんかの大会の上位にグイグイ食い込んでる。こいつらに勝たないと、子供達の財産ってどんどんなくなっていっちゃうと思うんだ。

思うんだけど、自分の係累だけ裕福になってこういう基礎教養オリジナリティが創出し続けられる環境を作れるかっつうとそうではないんじゃないかな。ある程度日本の多くの人が教養を持ち、かつ多様な価値観自由に持って、様々な行動を起こす環境には、ある程度、富の再分配を行う仕組みが必要なんだと思う。多様な価値観をもとに、多くの人が様々な行動を起こして、いくつかは目がでないけど、そのなかでいくつかは目が出てる。それを連綿と続けられるっつうのが大事で、その先に繁栄とか、裕福な未来っつうのがあるんじゃないかな。重ねていうけど、そういう土壌がないところは、どんどん衰退していって、結局貧しくなるんだと思う。

自分も、自分の子大事から財産残してやりたいって思う。そしてその子の子供や、さらにその子供達へもね。でも、係累だけに継承させていったら、結局ジリ貧になるので、再分配になるような税金とかは積極的に払うし、払っていきたいと思う。

どうっすかね。

2017-05-11

なぜ争いが消えないのか

集団住宅騒音問題で考えてみよう。

休日、とりあえず家でくつろいでいると上でドスドス足音がする。

まぁ、休日からなと放置していると、

深夜だろうとなりふり構わず騒音を垂れ流すようになった。

抗議してみる、効果なし。大家相談

効果なし。 壁ドンさらエスカレート

自宅なので環境安易に変えられず対処法は見つからない。

そして、怒りはつのっていき殺人に発展する訳です。

2017-05-09

優しい子だと思っていたんだけど

コネ家賃免除してもらってて、代わりに大家さんの集金の手伝いとかしてる身分で、家賃を滞納してるシングルマザーのことを「早く出て行って欲しい」って何事もないかのように言うのは、どうなんだろう。

集金ができないと大家さんにいつまでも言われるのが嫌なのかもしれないけど、自分だって家賃払ってないじゃん。そのシングルマザーと比べて、貧しいわけでもないのに。

毎回その場しのぎの言い訳をされて、何度も伺うのが嫌なのはわかるけど。

結局ほとんど強制的に追い出して、その後のことは何の心配もしていないようなのも、違和感がある。

優しい子だと思っていたけど、自分が気にかけない人には、ここまで冷たくなれるのだろうか。

2017-04-21

ついこの前まで同居してた兄から敷金の催促の連絡がありそれで喧嘩した。

前の大家から「残った敷金10日に振込む」と何にいくらかかったのかの詳細と共に郵送で送られてきて、

それを全部写真撮って兄にラインで送って「振込まれているのを確認したらまた連絡する」と送って

結局10日に確認できずにでもまぁ振り込まれていないことはないだろうし、

兄にもいくら振り込まれるかは送ってるし、近々工具を貸すことになっているか

その時のやり取りで「ちゃんと振り込まれてたよ」と伝えればいいだろうと思っていたが

1週間後に「敷金確認した?明日その金使うから午前中に俺の口座に振り込んでおいて」と連絡があり

なぜ前日に突然そんな面倒臭い事を悪びれもなく言って来るんだと思い、

確認した。悪いが明日仕事忙しいから振込みに抜け出す時間はない」と返信したら

「なら午後でもいいから」と来てちょっとこれはどうなんだと

で、「さすがに前日の夜中に「明日振り込め」はねぇだろ」と怒ったら

「そもそもお前が連絡するといったのに連絡してこないのが悪い」と来て、

それを言うならお前こそ、と言いたかったが不毛すぎるので「そういうやり取りは不毛すぎるだろ」

と「振込みをしたら連絡する」と伝えて非通知非表示にして寝たら

夜中にもっと長い文句が来ていることに朝気づいて苛々しながら返信を打つだけ打って、

振込み完了報告と共に送りつけてやろうと思ったら、

午前中のうちに「昨日は言いすぎたごめん」と入っていて、いやいやいやいや

こっちもめっちゃ長い文句温めてたのにそれはずるくないか

謝られたら何も言えなくなるじゃないか、と

とことん喧嘩しようとしていたこっちの身にもなってくれと

でもだからといってこちらが謝り返すのはとても嫌だ

相手自分が謝ったら相手も謝るだろうと思ってるのも伝わってくるのも嫌だ

とても悔しい

http://anond.hatelabo.jp/20170421060944

徹頭徹尾トイレマークについてのみ書いていたのににわかと呼ばれてしまった。矢吹先生トイレマークについての大家であるなら知らなかった、すまん。

マンガ表現マーク作成全然違うし、今までがセクハラだったからと言って今回もセクハラとは限らないと思うんだが。

2017-04-20

http://anond.hatelabo.jp/20170420095940

自分が借りた部屋は、前に借りてた人が最後クリーニングするって運用になってたっぽくて、最初クリーニング費用なかったからね

最初最後クリーニングあったらさすがにちょっと契約ためらうなあ

でもそういうクリーニング本来大家がやるもんだってのは知ってるから、セコいなあとは思った

大家敷地内にあるアパートでなんか落ち着かなかったし、ぼろい木造だったから冬寒くて夏暑いしで最悪だったなあ

その後のマンションは最高だった

休日引きこもるなら家賃はけちっちゃだめだなと思ったわ

冬でも暖房1回くらいしかつけなくていいくらい断熱性・防音性高かったし

2017-04-09

ズートピアの腑に落ちない点

主人公ジュディの住んでいるアパート名は「センザンコウ」。

それなのに、大家さんは「アルマジロ」のおばさん。

わざわざ似て非なるものを組み合わせて設定する意味あるの?

近年、乱獲で数を減らしてるセンザンコウバカにしてるのかと思う。

アルマジロもセンザンコウも同じような見た目だから、いっしょくたにしてるんじゃないのか?

いやいや、ぜんぜん違うし。

この奇妙な扱いに、ディズニーに対して腹が立つ。

ほんとむかつく。

何の意図でそうなったのか。同じような見た目だからそういう設定にしたのか?

ほんとむかつく。

2017-03-31

http://anond.hatelabo.jp/20170331173612

日芸には美術学科以外も多いので一概に制作問題じゃないような気が。

地元には音大文系私大もあるので大家的に日芸生の傾向に何か気に入らないものがあったんだと思う。

2017-03-30

名人云々

はてなの村に住むb:id:death6coinというブクマカが、天下第一ブクマ名人になろうと志を立てた。己の師と頼むべき人物を物色するに、当今投斧をとっては、名手・b:id:cider_kondoに及ぶ者があろうとは思われぬ。百歩を隔てて古典を引くに百発百中するという達人だそうである。death6coinは遥々徳島をたずねてその門に入った。

cider_kondoは新入の門人に、まず瞬きせざることを学べと命じた。death6coinは家に帰り、b:id:kiya2015スターボタンの下に潜り込んで、そこに仰向けにひっくり返った。眼とすれすれにセブンスターが忙しく飛ぶのをじっと瞬かずに見詰めていようという工夫である。二年の後には、遽だしく連射されるスターブコメが掠めても、絶えて人気ブコメ入りすることがなくなった。彼はようやくボタンの下から匍出す。

ついに、互助会スタースターとの間に小さな一個のスターをことごとく挟むに及んで、彼はようやく自信を得て、師のcider_kondoにこれを告げた。

それを聞いてcider_kondoがいう。瞬かざるのみではまだ手斧を授けるに足りぬ。次には、視ることを学べ。

death6coinは再び家に戻り、増田ブコメからsabacurryを一尾探し出して、アイコンを己がお気に入りをもって繋いだ。そうして、それを南向きの窓sに懸け、終日睨み暮らすことにした。初め、もちろんそれは一尾のsabacurryに過ぎない。二三日たっても、依然としてsabacurryである。ところが、十日余り過ぎると、気のせいか、どうやらそれがほんの少しながら口を開いて来たように思われる。

三月目の終りには、明らかに話しているように見えて来た。death6coinは根気よく、お気に入りの先にぶら下ったプランクトン食の中型魚類を見続けた。そのアイコンも何尾となく取換えられて行く中に、早くも三年の月日が流れた。ある日ふと気が付くと、窓sのsabacurryが口からビームを放って見えていた。

占めたと、death6coinは膝を打ち、ハイクへ出る。彼は我が目を疑った。b:id:Re-KAmは回転中であった。b:id:xKxAxKxも回転中であった。

death6coinは早速師の許に赴いてこれを報ずる。cider_kondoは高蹈して胸を打ち、初めて「出かした」と褒めた。そうして、直ちに手斧術の奥儀秘伝を剰すところなくdeath6coinに授け始めた。

もはや師から学び取るべき何ものも無くなったdeath6coinは、ある日、ふと良からぬ考えを起した。

彼がその時独りつくづくと考えるには、今や同アイコンをもって己に敵すべき者は、b:id:ysyncをおいて外に無い。唯一の旧デフォルトアイコンとなるためには、どうあってもysyncを除かねばならぬと。秘かにその機会を窺っている中に、一日たまたま増田において、向うからただ一人歩み来るysyncに出遇った。とっさに意を決したdeath6coinがカラースターを取って狙いをつければ、その気配を察してysyncもまたカラースターを執って相応ずる。

さて、ysyncのスターが尽きた時、各サービスを定期利用してかき集めたdeath6coinの方はなお一スターを余していた。得たりと勢込んでdeath6coinがそのスターを放てば、ysyncはとっさに、カラースターを買い取り、その棘の先端をもってハッシとスターを叩き落した。

再び弟子がかかる企みを抱くようなことがあっては甚だ危いと思ったcider_kondoは、death6coinに新たな目標を与えてその気を転ずるにしくはないと考えた。彼はこの危険弟子に向って言った。汝がもしこれ以上この道の蘊奥を極めたいと望むならば、ゆいてブログの方ビッグデータの嶮に攀じよ。そこにはb:id:xevra老師とて古今を曠しゅうする斯道の大家がおられるはず。老師の技に比べれば、我々のブコメのごときほとんど児戯に類する。汝の師と頼むべきは、今はxevra師の外にあるまいと。

気負い立つdeath6coinを迎えたのは、バックベアードのような柔和な目をした、しかし酷くピチピチの姐さんである精神年齢は百歳をも超えていよう。大脳が壊れているかも知れぬと、大声に遽だしくdeath6coinは来意を告げる。己が技の程を見てもらいたいむねを述べると、あせり立った彼は相手の返辞をも待たず、折から空の高くを飛び過ぎて行く青い鳥の群に向って狙いを定める。一ブコメたちまち五つのスターが鮮やかにネットを切って落ちて来た。

運動は出来るようじゃな、と老師が穏かな微笑を含んで言う。だが、それは所詮写之写というもの好漢いまだ不写之写を知らぬと見える。

ムッとしたdeath6coinを導いて、xevraは、メタブタワーの上まで連れて来る。脚下は文字通りの屏風のごときブクマカ寡人、遥か真下に糸のような細さに見える過疎増田ちょっと覗いただけでたちまち眩暈を感ずるほどのバカである。その断崖から宙に乗出した空中メタブの上につかつかとxevraは駈上り、振返ってdeath6coinに言う。どうじゃ。この頁の上で先刻の業を今一度見せてくれぬか。


九年の間、death6coinはこのxevra名人の許に留まった。その間いかなる運動瞑想睡眠野菜350gを積んだものやらそれは誰にも判らぬ。

九年たって山を降りて来た時、人々はdeath6coinの顔付の変ったのに驚いた。以前の滑りっぱなしの果敢なブコメはどこかに影をひそめ、なんの表情も無い、木偶のごとく愚者のごときブコメに変っている。久しぶりに旧師のcider_kondoを訪ねた時、しかし、cider_kondoはこのブコメ一見すると感嘆して叫んだ。

おそろしいおそろしいと。

実家の犬を安楽死させるか迷ってる

実家の家はもう15歳の老犬。弟が買ってきたのをいつのまにか母が育てることになり、今の母の唯一の心の拠り所。去年の中頃に失明して体中ボロボロだけど、なんとか感覚食事トイレ自力でできる状態。正直去年の末まで持たないだろうなって思ってたけど、母の看病もあってか今も頑張って生きてる。

さすがに今年でもう無理だろう。老い先短いし、最後まで看取ってやりたいという母の気持ち尊重してあげたい。そんなことしたくない。でも他にどうしようもない。

実家借家で、高齢者の両親二人と30代後半の弟、そして弟の中学生の子供の4人が住んでる。3年前に弟が職場で揉めて仕事を辞めてから今までほぼ生活費を入れてなく、以降は年金ぐらしの両親が生活費をまかなってた。でも弟の元の収入計算して借りた借家だったから回るわけない。父は毎月10万ちょいの年金に加えてタクシーやら弁当宅配仕事やらで必死に稼いでいたがそれでも毎月20万ちょい。今の借家家賃光熱費生活費なんか足してったら全然足りたい。

今年に入って、ついに大家から「出てってくれ」と通告されたらしい。何回も家賃の支払いが遅れ、その度に両親が必死お金を工面して、それでも今年はどうにもならずに別世帯の俺に泣きついてきた。もう今年に入って20万くらい貸してる。俺も妻と実家の件で喧嘩ばっかでもうぼろぼろ。

あそこは引っ越しもっと安いところに住むしかない。収入に見合ったレベル生活レベルを落とすしかない。そんな当たり前のことがわかっているのにできない。弟はもう人として終わってるし、甥っ子も去年から情緒不安定でうちの母と怒鳴り合いの喧嘩ばかりしてる。でも甥っ子は責められない。13,14歳の子供が、いつ今住んでいるところを追い出されるか、いつ慣れ親しんだ学校を転校せざるを得ないかなんて考えたらストレス発狂すると思う。

んで引っ越し先を探す最大の難関は老犬。もう目も見えない状態の老犬をOKしてくれる物件がまったく見つからない。。。ペット可物件自体減ってきているのに、目が見えずにそこらへんにおしっこするであろう老犬を受け入れてくれる物件なんてないよマジで

叔母はもう去年から「もう失明もしてるんだから、楽にさせてあげよう」と言っているし、俺も今年からその方向に傾きつつある。でも母が泣き叫んで「やめてくれ」って訴えてくる。実の母親に「この子安楽死させるなんてやめて」「この子が死んだらもう私も生きたくない」とか泣きてすがられて、どうしていいのかわからない。でも生活費は毎月赤字で、もう当たり前のように叔母さんや俺が生活費家賃を毎月のように負担してる。妻は「独立して子供もいる息子に生活費を頼るなんて信じられない」「なんで収入に見合った生活レベルに落とそうとしないのか」「なんで夫のあんたも当たり前のようにお金を渡すんだ」と毎週のように喧嘩してる。もういつ子供連れて実家に戻られても文句いえない。

元凶の弟はこの期に及んでも「介護仕事なんてブラックから無理」「てかブラック会社じゃメンタルやられるから働きたくない」「親父みたいに宅配仕事ならできるから車買いたい。兄貴でローン組んでくれない?」とかクソみたいな言葉しか言ってこない。実の母親や息子が毎日のように泣いてるのになんでこんなクソみたいな考えしかできないんだろう?しか母親まで「宅配仕事ならしてくれるなら車くらいなんとかするから」とか言い始める。やめてくれだから弟はこんなクソみたいな甘えになったんだよてかあい死ね比喩じゃなくて死ね

正直、あの老犬には早く寿命を全うしてくれないかなと思っている自分がいる。本当に自分がいやになる。どうしたらいいんだろう。

2017-03-28

さっき、とても怖かったこと

0時過ぎにアパートでお風呂に入っていた。

すると、

男の声で、

何時だと思ってんだー!毎日うるさいんだよ!夜中に!出てこい!殺すぞ!と叫びながら、ドアをドンドンと叩く音が聞こえた!怖い!

叫び声の合間に、女の人の細い声で、ねえ、やめて、やめようよ、ねえ、、と泣いてるような声もしてた!さらに怖い!

叩かれてたドアは、音の響きからして我が家じゃなかったと思う。

隣のアパートと向かい合っていて距離が近いので、自分の住んでる建物なのか、隣で起きたことなのかもわからないんだけど怖い怖すぎ!!

その後、誰かが警察を呼んだらしく、音もなくパトカーがやってきてなにかごにょごにょやっていたようだけど、、住人としてとても気になるので、なんだったのか知りたい!!どこの部屋の、何が気に入らなくて、あんなことになったのか?あの男は誰なのか?どうしたらいいんですか!

自分警察電話して聞いたら教えてくれるのか?

それとも大家さんに何か知ってるか尋ねる?

だれかおしえてください

明日会社なのに眠れない、、なんて日だ

2017-03-24

女のせいで無職になったけど、大家のせいで家賃振込のリマインダーメールはくる

女さえいなきゃね・・・

カウンセリングに行く勇気がない人はどうしたらいいのか

俺の病名教えてくれよ。

上京してすぐに打ちのめされた。

部屋探し中に東日本大震災が起き、混乱のさなかで決めた物件がとんでもない湿気ハウスで、いつ漏電してもおかしくないと業者の人に言われたので契約キャンセルしたら、感じの良い大家の婆さんから散々罵られた。

この経験は俺に東京への強烈な苦手意識を植えつけた。東京人間は信用出来ない、腹の底ではきっと俺を……

しかし、くだらないプライド地元に帰ることな孤独に生きている。友達なんかできるもんか。

でも、それでも、友達を作るチャンスはあった。

面白くて尊敬できる、個性的女の子と仲良くなりそうになって、何度か大学から最寄り駅まで一緒に帰ったりもしたが、「俺は死ぬまでこの人の面白さの全てを理解できない」という多面的しょうもない考えと「俺はこの人より面白くなれない」という劣等感が頭をグルグル駆けまわった結果、彼女コミュニケーションを取ることができなくなった。

笑いの趣味が近い、物静かな文学青年と仲良くなりそうになった時は、「嫌われたくない」一心で連絡を絶った。

趣味は合わないけど、なんとなく波長が合いそうな気がした高校同級生と再接近した時は、彼に誘われて入った同級生たちのグループラインでの彼の発言が俺に対するあてつけにしか思えなくなって絶交した。

これ絶対心の病気だろ。

カウンセリングに行くのが一番だということは理解している。でも、行く勇気がない。何言われるかわからないし。傷つくかもしれないし。何度も行こうとしたけど、結局いけずじまいで7年目。

病名なんだろう。薬飲めば治る系のやつだといいな。薬出ない系は辛そう

2017-03-20

トイレの水を流すと

キッチンシンクの流しの底から「ゴボゴボ」という音がするようになった

トイレ下水キッチンの水回りが何か繋がってるみたいで超キモい

大家に言うか

2017-03-19

人のコレクションってほんと邪魔

片付けろって言っても片付けられないし、捨てろと言っても捨てられない。

おかげで部屋1つが汚部屋になって使い物にならない。

それどころかありとあらゆる部屋に物が浸食してる。

自分自分のもの管理できてないことに気づいてもどうにもできないくせに、私が手を出すと怒り狂う。

男ver. 女ver. 両方あるけど、

だいたい最終的にボケて施設送りになり、

残された家族大家が安く無いコストを支払ってごっそり処分することになる。

本人は生きた証となるし満足なんだろうけど、

他人からしてみれば収集癖って害悪だと思う。

死んだ後のことなんて知るかというつもりでコレクションしてるなら、

っていうかほとんどの場合何も考えてないんだろうけど

からこそ家族理解なんか示すはずが無いんだ。

2017-03-06

はてササブリース賃貸業者批判するのは矛盾している

先日のレ○パレスとか大○建託といったサブリース業者大家とのトラブルの度に、毎回烈火の如く怒り心頭に達するはてサの皆さんよぉ~あんたらやっぱり矛盾してるわぁ。

格差社会とか、1%の富豪が99%の富を独占してどうたらといった記事では、「もっと分配を!」「公平な社会を!」だの、やれベーシックインカムだの教育無償化だの声高に言うくせに、なんでサブリース業者批判してんのぉ?

だって連中のおかげで、ごく一部の地主が大損こく代わりに、サブリース業者従業員はもとより、建設業者金融機関、資材会社…諸々の業界が潤って、結果、そこの従業員とか給料もらえるんだぜぇ?

まりこれは、富める者から貧しき者へ、持てる者から持たざる者への所得移転とも言える流れで、お前らはてサ理想に見事に一致してるんちゃうんん?

確かに土地を失う地主に多少は同情するけどさぁ、元々相続税対策で欲かいてズルしようとした連中だぜぇ?

これから賃貸経営するってのに、不動産屋に客を装って行って、空室状況や家賃相場調べることさえしない、経営能力ゼロのくせに欲だけは深い救いようのない連中ばっかり。

仮に経営に失敗してその土地失う事になったって、デフォに戻るだけで、ようやく俺達と同じラインに立ったってだけで何も同情する要素ないよなぁ?

公平・分配大好き、金持ち大嫌いのはてサの皆さんよぉ~これどう説明してくれるんのぉ?

2017-02-26

免許も持ってない、

就活も決まらない、

性格にも問題あり、

ってことに加えて

単位も足りてない、

ってことから

1年間の留年が決まったけど

これで良かったと思っていいのか?

これから一年間(9月までは休学)で、

人生経験としてアルバイトやったり、

学生証に代わる新たな証明書とを得るために教習所に通ったり

改めて就活したり

いろいろやるけど

やっていけるのか

少し不安

後輩と同じ授業を受けるのは

何度もやってたし慣れてるけど

後輩と就活

経験がないから何とも言えない

やるしかいか

とりあえず

今日大家ハウスクリーニング見積もりにくるし、

月曜火曜でクリーニング&散髪をして

来月1日2日は説明会

3日は前通ってた教習所の払い戻し、

4日5日はアパート引っ越し

がんばろ

今日荷物出来る限りまとめとこ

2017-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20170225130326

アメブロの人が大家なんだよね?

 

「偽ページみました!保証人不要なんですか!!」

って客がきても、

賃貸借契約書で、「保証人必要敷金礼金~~」

ってなりそうな気がするんだけど、

 

来る者は拒まずで受け付けちゃうわけ?

2017-02-03

統合失調症の母をついに入院させた話

先日、独居状態の高齢者である統合失調症の母をついに入院させた。

発症から入院までおよそ四半世紀程かかった。

ここ1年程で近隣とのトラブルが増え、ここ数カ月は週に一度のペースで警察からトラブル報告の電話が来て謝罪に行く日々だった。

そこで「医療保護入院」という形で、本人の了解なしに家族同意により強制的入院を行った。

「こんな長い期間なんで放っておいたんだ」「お前の責任でもあるだろう」という声もあるだろうが、

自分気持ちを整理する意味でもこれまでの経緯を書く。

母は兼ねてより気性の激しい性格で、自分の行動が間違っていると思う事がなく、謝罪したことを見たことがない。

興奮すると激しく怒鳴り散らし、強い言葉で他人を攻撃する人であった。

日常的に暴力を振る事はあまりなかったが、私は10歳になるまではかなり厳しく躾をされ、

時間以上正座状態で延々怒鳴りつけられ、時に激しく叩かれて育った記憶がある。

母は父方が信仰している宗教を激しく嫌っていた。

父が私と弟を連れ、父方の実家や親戚宅に遊びに行く際に、母がついて行くことは殆ど無く、

「もし宗教の勧誘があっても絶対に断れ!」「あれは怖い宗教だ!」と念押しをされていた。

たまに母も父方の実家に来たことがあるが、その際は私も母の影響で、事件が起こることを恐れずっと緊張していた。

夏休みの子どもだけの楽しい父方の親戚宅の滞在は、いつも怖い出来事が起こるのではないかという思いとセットだったが、

母が懸念するような出来事は一度も起きた事が無かった。

そのうち父の浮気を母が疑う様になり、夫婦喧嘩が絶えなくなり、別居となったのが私が10歳の頃

別居寸前の激しい言い争いの末、兄弟二人に「お前らは父と母、どっちに付いて行くのか」と問われた際、

「両親が分かれて暮らすことが嫌だ」と泣きながら主張した事を覚えている。

しかしその頃、私は母の影響を強く受け、父を慕いつつも、母の想像上の悪人である父を恐れていた事もあり、

母方の祖母宅傍に、母と二人で移り住む事となった。そして弟は父に付き、これまでの家に残る事になる。

専業主婦だった母は別居後、販売員仕事を始め親子二人の生活が数年続いた。

そして事あるごとに父の悪口とありもしない怖さを母から聞かされて育った。

余談だが、私は小学1年生から激しいいじめを受けており、別居で引っ越した後もいじめは続き、当時はかなりつらい人生だった。

ある日、私の学校開校記念日と、母の休日が重なった日に、思いつきで弟に会いに行こうか?

という話になり、離婚調停最中に、小学校の校門から出てきた弟をそのまま家に連れてきてしまった事がある。

再開を喜んだ夜になって慌てて父が家にやってきたが、母は玄関の鍵を開ける事なく、父を激しく責め

自分の非は一切認めずそのまま追い返してしまった。結局、その日から狭い借家に母と弟で3人で住むことになり後に離婚が決定する。

中学生の頃、私に激しい反抗期が起こる。これまで母の言いなりであった状態から、徐々に物事を相対的に見れる様に

なってきてから、今までの反動もあり様々な出来事から私は母を強く嫌う様になった。そしてこの感情はいまだに消えることが無い。

対照的に母は会えない期間のあった弟へ強く愛情を注ぐようになる。

私の事には無関心ながらも「高校を出たら最低限の勉強だけして就職して早く家に金を入れる様にしろ。」と言われていた。

しかし弟はスポーツに才能を見出し、なんとか母が体育系の大学に行かせていた。私は母を恨み、弟を羨んでいた。

母が徐々におかしくなっていったのはこの頃だったろうか。

仕事上での人間関係トラブルの話は祖母しょっちゅうしていたが、相変わらず対立する相手を悪くいう事がほとんどだった。

その内、「誰かと話をしている際に、嫌な同僚が盗み聞きをして事情を知っているのでは?」と言い出し、

次第に「盗聴しているんじゃないか?」と言い始めた。そして話の中で彼女の敵になる人間が徐々に増えて行った。

しかし私は「元々の激しい性格と強い猜疑心が招いたいつもの奴だろう」位にうんざりする程度で聞いており、

しばらくは家族親族の誰もが病気可能であることを疑う事はなかった。

就職してしばらくは生活費を払っていたが、とにかくそんな母と一緒に生活をしたくなかったので、

近所に一人暮らしをする事になった。母は「今の仕事がどうなるかわからいか一人暮らしはしないでくれ」と言っていたが

自分性格が招いた結果だと思い、無視して家を出た。そして私は実家生活費を払う事をしなくなった。

近所ではあるが、母と弟と会う事や話すことを極力避けた生活が続く。

母は仕事を辞めパートをするようになった、この頃から私は近所に住んでいた弟や祖母や親戚とも疎遠になる。

しばらくしてカートを引いて歩く母と会う事たまにがあったが、嫌っていたこともあり

まり会話をすることもなかった。

しかし、あれは確実に症状が進行し言動おかしくなり、徘徊をする様になった異常な母だった。

私が母の異常性を指摘すると激高して怒り、頑なに否定した。また、私自身も子供の頃からの嫌いな母と向き合う事になり、

落ち着いて説得することができず感情的しか対応できなかった。

その様な事実に気付きながら、私は再就職先が通勤で遠かった事もあり、実家の傍を離れる事となる。

弟や親戚が母をなんとかしてくれる。自分はあの家族とは関わりたく無い、という思いがあった。

おそらくこの頃の弟の絶望感は想像をするに余りある。体の故障体育大学中退した彼は、徐々に壊れて行く母と二人暮らしを続け、

アルバイトをしながら、母の生活費もまかなっていた。

兄や父には頼れない、母の兄弟である親戚の中でも、母は鬼の子の様な扱いだった為か、親戚にも相談できなかったのだろうと思う。

そして次第に彼も家に帰る事を避ける様になったという。 昼夜の境無しに恨み事と自分が狙われている妄想を、

弟が寝ていようがお構いなしに呪詛の様に話し続けるのに耐えられなかったのだろう。

彼は一時はカルト宗教に通った事もあったそうだ。

その頃私は都内仕事好調彼女もできたが、人間関係の立ち回りで失敗し、今思えば鬱の症状を発症し、結果解雇される事になる。

その後も自営業再就職をするが、運が悪いのか、決定的に欠けた何かがあるのか。最初は順調に勤めても何故か数年すると

上手く行かない状態が何度も続き今に至っている。

幼少期から自己肯定感は低い方だったが、今では自己肯定できる理由さらに少ない人間になってしまい、死を考える日も増える様になった。

しかしこんな私を慕ってくれるパートナーをこれ以上悲しませたく無いというのが、生きる理由になりつつある。

この頃は母の症状もかなり進行しており、必要のないものを買い込み家が物で溢れ、荒れ放題であった。

何年かすると賃貸住宅を出ないといけない状況が何度か続く、弟に頼まれ引っ越しの手伝いをしたこともあった。

普段弟は殆ど家に寄り付かず、母は近所では有名人であった様だ。

しかし何故か日常生活を一人で行うことには支障がなく、買い物や家事などは全て一人でこなせる状態で、

支給された年金と弟の援助で生活を続けていた。風変りな半独居老人しかなかった。

徘徊を行い細かなトラブルはあったではあろうが、周囲に大きな迷惑をかけることはなかったらしい。

ただし、自分が襲われ被害に遭う妄想は常にある為、頻繁な110番通報派出所に入り浸り被害妄想を延々しゃべり続ける事は

しょっちゅうだった様だ。たぶん地域警察官の中でもやっかい有名人であったと思う。

その点では心あたりのある警察官の方には大変申し訳なく思ってる。

仕事はい私たち同様、制度の穴で苦労を強いられる人々であることに変わりはない。

ラバラの家族に転機が訪れたのは、今から数年前に弟に彼女が出来た事がきっかけだった。

母の住む家に通える距離にある、彼女の家で生活を始め、近く家庭を持つ事を報告してくれた。

彼女は大きな困難を乗り越え成功を収めた家で育ち、弟にはもったいない程の素敵な相手だった。

そして彼の子どもが授かった事をきっかけに、母を何とかしなければ、という兄弟での協力体制が築かれる事になった。

これより以前に、弟が役所や医師に相談したこともあったそうだが、散々たらい回しにされ出てきた結論は、

本人に自分病気だという意識病識)が無いと、精神科への通院もできないし治療もできないとの事だった。

そして母の症状は強い猜疑心が伴う為「薬に毒が混入している」「過去に薬で体をおかしくされている」

という妄想を持っており、通院・投薬が難しい状態だった。

入院させるにも費用が高額な為、ワーキングプア状態では結局どうにもならなく何もできない、という結論に達していたようだ。

私も色々調べたが、実際、統合失調症がある程度進行した状態で、病識は無いが日常生活可能しかし治療を拒む状態だと、

いわゆるグレーソーンとなり、周囲の人間お金が無いとどうにもならない状態だった。

そしてこの結論はここ数年、兄弟二人で対処した際にも全く同じ結論にしかならなかった。

いくつかの精神科を兄弟で相談に回ったが、どこもまず本人を連れてこないと話にならない、という結論だった。

また、症状が出てから経過年数が長く比較的症状が重い為、どこも受診を嫌がる兆候があった。

そこで「健康診断に行こう」と言いつつ近くの総合病院に連れて行き、そこにあった精神科も同時に始めての受診をさせた。

はらはらしながらの受診だったが、精神科医統合失調症と病名を告げられても理解が出来ていない様子だった。

母無しで医師に相談した際、入院相談等もしたが、否定的な答えしか戻って来ず、投薬しても発症から長期経過している為、

回復はほとんど見込めない旨。どこも満床ベットが空くまで場合によって半年以上待つことになる旨。

入院には大変お金がかかる。月30万位は行く、生活が苦しいと難しいよねという旨を伝えられ。まるで軽くあしらわれているかの様だった。

今ならわかるが、この医師からケースワーカー存在を紹介されることもなく、国立や県立病院可能性を教えてもらう事もなかった。

自分の事を棚に上げてあえて言うが、面倒事を何とか避けようとしかしなった、この医師の仕事に対する姿勢を私はいまだに腹立たしく思っている。

それでもこちらから持ち掛けた話で、弟が与える健康ドリンクに密かに混ぜて飲ませるという事で薬を出してもらった。

薬は数週間飲ませ続ける事が出来た、その期間は明らかに普段と変わった状態になり、何らかの良い作用が出ている様だった。

僅かに希望が見えたが、次第に蓋が空いた状態で渡される健康ドリンクを疑い出した。

飲むと頭がぼーっとしてだるくなると言い、健康ドリンクを飲む事を拒否し始めた、

毎日離れた母の家まで通う弟の負担もあり、 投薬はそこで終了となった。

同時に[精神障害者保健福祉手帳]の取得を検討したが、結論としては現状で必要が無いものであった。

取得しても得られるメリットは通院をすることで受けられる医療費対象であること。

医療費負担が3割→1割だが、既に母は年金生活者で、医療費1割負担対象者であること。

そして手続きが煩雑という事を事前情報として聞いていたこと。

これらの判断から通院ができない母には不要であった。

今後母がトラブルを起こした際、持っておいた方が無いよりもマシでしょう。

という免罪符程度のものしか無い。という結論になった。

また、通院と同時に市役所への相談介護申請を行い、定期的に家に来てくれるヘルパーさんと信頼関係を築き、

ゆくゆくは薬を飲ませてもらう事も計画したがこれも実現できなかった。

まず、加齢により体の不調があることも理由介護申請を行ったが、統合失調症等の精神疾患介護認定の判定要素に

大きく加味されることが無く、介護度2となった。

ヘルパーさんが定期的に母の自宅に訪れて買い物の連れ添いや、身の回りの世話等をしてくれることになった。

母も最初は喜んでいたが、次第にヘルパーさんが物を盗んでゆくと言い出し、やはり疑う様になった。

そしてヘルパーさんを避ける為か、ヘルパーさんの訪問予定時間に外出することが増えた。

そうなると、介護サービスを受けた事にならなくなる。介護事務所も国にに介護をした事実の申請が出来なくなる為、

実費の人件費が発生するようになる。その費用がは当然私が持つ事になる。(1時間約3000円程度だったろうか?)

そしてヘルパーを家に寄こさないでくれ、と強く言い出し、これも結局お手上げとなった。

結局この時も出てきた結論は、もうちょっと病気が進行しないとどうにもならないね。ということだった。

そして、去年あたりになってから、私の元に警察から頻繁に電話がかかるようになる。

過去にも真面目な新人と思われる警官から、母の妄言を真に受け私の元に安否確認の電話がかかることがあったが、

今回はついに近所の方とトラブルを起こし始めた。アパート近隣の住民迷惑をかけ遂に警察沙汰となった。

どうも明らかな幻聴が聞こえる様になり、彼女人生で登場した嫌な奴をののしったり、

幻聴で助けを求める困った人を助けようとしたり、私たち子供危機を救おうとしたりした結果、大きなトラブルに発展している様だった。

以前より持たせて携帯電話も、しょっちゅう警察通報したり、私たちに電話をし、

一方的にしゃべり続けたりする大事必須アイテムだったが、いつしか持ち歩かなくなり、荷物だらけの部屋に紛れてしまった。

近隣のトラブルはついにアパート不動産屋に伝わり、大家が嫌がり、アパート契約更新一方的拒否され、退去を迫られた。

ヤクザの様な不動産屋に電話口で恫喝され、あなたが面倒を見ないと駄目だろ、引っ越すにしても老人一人を

入れてくれる所なんてどこにもないよ。とまったくもって他人の家庭事情に土足で踏み入る様な事を言われる。

要は親を引き取って面倒を観るなり施設に入れるなりしろ、という訳である。それが出来ればこんな苦労はしていない。

親を引き取って一緒に生活することになったら、私の気が狂うか、母を殺めてしまいかねない。と思ってる。

さら警察や近隣住民からの電話が続く様になる。その都度、謝罪の電話や訪問に向かう事が短い期間に連続するようになった。

これまで半世紀近く、おそらく二番目に被害を受けた人間が、その加害者のしでかした事の為に謝罪に回るという罰ゲームである

しかし、このトラブルの増加あたりから、状況は徐々に好転を見せ始める。

トラブル頻発の経緯からか、独居老人を見て回ってくれる地域高齢者支援センターの方がたまに母の様子を見てくれていたそうなのだ

この頃になると母の症状もだいぶ進み、自分の事を自分ですることが出来なくなりつつあり、言動が破たんしている頻度や時間

長くなってきた。支援センターの方は、そんな母を外部に連れ出し入浴をさせてくれたり、

家の手伝いや話相手になってくれることがあったそうだ。

長く孤独だった母に対し、支援センターの方が母との信頼関係を築いてくれた。

母が病気になってから知り合った人間名前を覚えて良い人物として会話に登場することになった。

この支援センターセンター長さんには感謝しきれない思いだ。

センター長さんの案で母を健康診断に連れ出す事ができた。

そこに私も同行し、その流れで精神科のクリニック紹介してもらい、再度精神科受診させることもできた。

しかし、入院施設もなく、通院投薬が前提のクリニックで紹介された入院施設のある病院は、

かつて散々嫌な思いをした地元の総合病院だった。ウェブサイトで調べた所、当時の担当医師は既にいなかったが、

入院をさせても高額になり、治療をするにも、これまでと同じ結論にたどり着くのは明らかだった。

でも、これ以上トラブルを抱えた状態ではどうにもならない、そこでセンター長さんは老人ホームへのショートステイ提案してくれた。

何度かショートステイを行って次第に慣れてもらい将来的にはそこで生活を、というニュアンスだったと思う。

まず2泊3日で滞在させることになった。滞在時には私も同行し、旅行にでも来たと思って楽しんでくれと言って置いていった。

けっこう喜んでいた様子だったが、結局、最後は自ら老人ホームを抜け出そうとしたそうだ。

怖い何かがいてここにはいられないとの事。母は予定滞在期間より少し早く、自宅に送り戻された。

老人ホームの事も調べた。経済的には何とかなる様になっているが、それにはアパートを引き払い、完全にホームで暮らすことが前提になる。

しかホームでは看護サービスは受けられるものの、やはり薬を強制的に飲ませる事は出来ないそうだ。

また、本人の意思尊重することが前提なので、無理矢理家に帰ろうとする母を拘束することはできない。

また周囲とトラブルを起こした際はやはり退去を求められる可能性がある為、現状での長期滞在は難しいという結論だった。

ここで進退窮まった。引っ越しは迫られる、トラブルは頻発する、治療には金がかかる。同居は実質不可能

正直にいうと少しだけ真剣完全犯罪を考えた事もある。

しか殺人容疑者比率で最も多いのは家族や近親者という事を知って、実現不可能であることを認識した。

こうなったら、母と絶縁状態の親戚を頼りにするしかない。という事になり、自らの恥を含め事情を話し、

母のきょうだいである叔母に当面の入院費を工面してもらった。

その際、医療関連の仕事をかつてしていた母の弟にあたる叔父から

県立の精神病院存在を教えてもらう。あそこなら比較的安くすむかもしれない。ということだった。

アパート引っ越し先を何とか見つけ、ゴミ屋敷引っ越しを済ませ、恫喝をされた不動産アパートの引き渡しを済ませた。

殴りたかったし文句の一つも言いたかったが、こちらは加害者なので、なにも言える状況ではなかった。

翌日、筋肉痛で疲労困憊の状態で県立の精神病院に電話をかけた。

事情を話し、入院費について尋ねると、これまで問い合わせた病院のどこよりも費用が安く入院できるとのことだった。

状況で費用も変わるが、約8万程度だという。さらにこれまで受診した病院と連絡を取ってもらい、事情を把握してもらった。

そして遅くとも2週間位で入院ができるとの事だった。

電話した日の夕方、再び病院から電話があり、明日入院キャンセルになった関係で、

母を連れてくれば、明日そのまま入院できる。と連絡があったのが、つい一昨日の事だ。

正直、すこし拍子抜けをした、これまでの苦労は何だったのかと。

最初に誰かが県立の精神病院存在制度費用についてしっかり教えてくれれば、自分自身できちんと全て調べていれば、

こんな苦労はしなかった。私自身、最初問題から逃げようとしていたし、問題に向き合ってからも苦労の方向性

間違っている事に気付けなかった、しかし、役所介護福祉医療警察、の現場であった人も親類も、

これまで誰もそのアドバイスをくれなかった。いや、耳を傾けようとしなかった部分も多分にあるだろう。

正直、母の病気は隠したい恥という部分もあり、これまで親しい関係の人にしか、打ち明けた事が無かったが、

自分の不甲斐なさと共に、制度の穴に対しても恨み言の一つは言いたいと思ってこれを書いている。

----

あと少しだけ以下に続きます

http://anond.hatelabo.jp/20170203210406

不動産業界のふっかけが常態化してるのを詐欺罪で訴えられないか

この間賃貸敷金返還してもらったんですが。返還してもらうのにものすごい苦労したんですよ。

ガイドラインを見せて減価償却説明してクリーニング料が相場より過大であると指摘してと色々して、最終的には裁判チラつかせてね。

ようやく不動産会社から返還されました。

本来証明するのは借主のこちらでないし簡易裁判すれば向こうが証明できるわけないかもっと早く決着つくんだけど。

大家さんがいい人だから裁判最後の手段と考えて我慢して交渉して返還してもらったんだけどね。本当にバカバカしかったよ。

この業界って本当に嘘ばっかりつくねクリーニングもやってないものをやってることにして金取ろうとするんだよね。業者からクリーニング料の見積書や工事完了要求しても一切出さないんだ。相場より相当高くて、過大請求してるの明らかなのに立証が難しいじゃん?

でも警察詐欺罪被害届出そうとしても相当な証拠がないと受理してくれないよね。

こんなのが常態化してるの本当におかしいよね。なんで常態化してるかって、みんながしょうがないって思ってるんだよね。

転職して金融メディアいたけどさ。

これまでいた業界では水増し請求常態化してるような業界なかったよ。本当にいい商売してるなあと思ったよ。

まともな業界とふざけた商売して許されてる業界があるのは何でなの?

こんなあからさまにクリーニング料100万ね、みたいなふざけた商売放置されてるのも司法警察が悪いんじゃん?

こういうの一斉に詐欺罪とかで立件できないんだろうか。

2017-02-01

大家やってる増田がいたら聞きたいんだけど

やっぱりペット可にしたくないもんなの?

ネットだけじゃなくて不動産屋で探してもらっても少ないのなんのって

ただでさえ少ないのに、猫OKとなるとさらに減る

割増家賃でも敷金償却でもクリーニング代別途でも構わないよ

金なら出すから猫と一緒に住まわせてくれよー頼むよー

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん