「いばらき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いばらきとは

2019-07-22

「Design of Family」のための国の助成制度

生殖医療の現状について、現行の制度がどのようになっているか調査してみました。自身が30代半ばの社会人という観点から、調べた感想講義の内容を含めて述べます

1.はじめに

 私の住む茨城県の県北地域は、常陸太田市の様に子育て支援の充実度をPRする自治体が多い印象です。

http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/data/settle/16/ )

実際、私自身は子供が二人いるので、いばらきKidsカードhttps://www.kids.pref.ibaraki.jp)のようなサービス存在は、非常にありがたいと思っていますファミリーレストラン子供用のジュースサービスされる程度ではありますが、あるとないとでは大違い。ジュースがあれば子供は泣き止みます

 これらはあくまで、産まれた後の話です。では、その前の段階である妊娠出産に関してはどうなのか。子育て支援大事ですが、子供が産まれないことには始まりません。ということで、妊娠出産に関して、国がどのような制度を設けているのか、また、自治体がどのような考えを持っているのか、調査してみようと思いました。特に今回は、東京大学大学院講義「問いを立てるデザイン」(尾崎マリサ准教授)内で生殖医療の現状に関して講義を受けた後ということもあり、不妊治療に関して掘り下げることとしました。

2.不妊治療制度

 茨城県不妊治療助成事業に関する説明は、いばらき結婚子育てポータルサイト記載がありました。( http://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/birth01_1_1/xs=_.RoYzvWEN82T/

上記ウェブサイトによると、

対象となる治療

体外受精,顕微授精

体外受精・顕微授精の治療ステージ助成対象範囲

http://www.kids.pref.ibaraki.jp/~kids/kosodate/birth/birth01_1/stage.pdf

助成内容

(1)助成限度額

  1回目:30万円

  2回目以降:20万円

  男性不妊治療を行った場合上記+初回30万円(以降20万円)

(2)助成回数

  初回申請時の妻の年齢が39歳まで:通算6回

  40〜42歳まで:通算3回

  ※43歳以降に開始した場合助成対象

対象

以下の全ての要件に該当している方が対象

(1)治療開始時に法律上婚姻をしているご夫婦で、夫又は妻のいずれか一方が県内に住所を有すること

(2)治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること

(3)申請日の前年(申請日が1月から5月場合は前々年)の夫婦合算の所得額が730万円未満であること

(4)茨城県指定する医療機関において実施した治療であること

申請手続

治療終了から60日以内(治療終了とは、妊娠または医師の判定による)

指定医療期間

茨城県10箇所(水戸市内2箇所、つくば市内3箇所)

市町村不妊治療助成事業

茨城県では各自治体も独自助成を行っています

http://www.kids.pref.ibaraki.jp/~kids/kosodate/birth/birth01_1/2019hunintiryouhijyoseijigyou.pdf

3.所感

 不妊治療制度のもの厚生労働省主導の事業なので全国共通と思われるが、調べて一番驚いた点は、所得額の観点から共働きで夫・妻ともにバリバリ働いているような家庭は、助成が想定されていないという事実です。また、講義中でも述べられていた通り、助成を受けられるのは、結婚している場合のみであり、同性のパートナーのようなケースはそもそも想定されていないことがわかります

 上限年齢を見ると、講義でも述べられていたリミットの44歳前後対象上限となっていますしかし、妻の側の年齢上限が設定されているにも関わらず、男性側の年齢上限が特に規定されていない点も、講義を聴いた後だからこそ、違和感を覚える点です。講義で述べられていた値をそのまま書くと、不妊の原因の4割が男性起因とのことで、その一因が女性の側と同じ年齢にあることは容易に想像できます

 一方で、助成対象範囲内に胚凍結が含まれていることから若いうちに予め卵子精子を凍結し、その数年後に不妊治療を受ける、といった形は、選択可能な様です(結婚していることが前提な様だが)。

 日本はこれから人口が減るわけですし、出産子育て問題は、これから日本社会をどう構成していくかを考えるうえで大きな課題個人的には考えています。将来、自分の子供たちに負担を強いることになるわけですし、それは避けてあげたい、と親なら誰しも思うはずです。幸い、私の住む茨城県の県北地域は、保育園の数も多く待機児童が少ない印象で、共働き家庭にも子育てがしやすい印象です。物価も安いですし。

「問いを立てるデザイン」内の主要なテーマひとつであった“多様性(この場合は多様な家族)に寛容な社会”のためにも、もう少し多くの人が取り入れられる助成制度に変わっていくといいなというのが、今回制度を調べた後に感じる正直な感想です。

以上

2018-03-13

https://anond.hatelabo.jp/20180313170751

茨木市は、「いばらきし」と読めるのだけれど、

茨城県は、「いばらぎけん」の方が馴染みがある。

いっそのこと、「いばらき県」と、平仮名に開いてしまえば良いのでは。

いばらき」より「いばらぎ」の方が言いやすい説はトンデモ

anond:20180312220705

これはよい増田

 

「らき」より「らぎ」が言いやすい、という説もあるが、そうなると、「働き」は「働ぎ」と転訛するはず。

「【破裂音】らぎ」なのかもしれないが、それでも「背開き」「観音開き」という反証が大量にある。

2018-03-12

○城(き)

磐城いわき
茨城いばらき
頸城くびき
益城ましき
磯城しき
吉城よしき
築城ついき
結城ゆうき
家城いえき
板城いたき
坂城さかき
船城ふなき

anond:20180228231419

いばらき☆すた」って100回唱えればまちがえなくなる

2014-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20140305212004

進撃のいばらぎ

調査兵団に入って・・・

 とにかくいばらき

 ぶっ殺したいです

今度はオレたちの番だ

 今度はオレたちは・・・

 いばらきを食い尽くしてやる!!

私はとうに

 いばらぎ復興の為なら

 心臓を捧げると誓った兵士!!

 その信念に従った末に

 命が果てるのなら本望!!

http://anond.hatelabo.jp/20140305205054

これは、茨城県から注意された。

大阪府茨木いばらぎ(おけ?)

茨城県茨城いばらき

誤用から全国的に間違って覚えられているんじゃないかという説を聞いた。

アナウンサーは、必ず茨城はいばらきと発音してるよ。

2014-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20140302201029

ガキの頃、茨木存在を初めて知った時に

大阪茨木は「いばらき」で濁らないんだぜってドヤ顔しようとしたら

実は茨城も「いばらき」だったという出来事を思い出した

2011-04-18

子育て世代は、原発情報収集にハンデがある

 本来であれば、もっとも放射能関係の情報に敏感でなければいけない子育て世代が、

 情報収集でハンデを負っていると思う。

 まず、物理的に時間が取れない。

 ヒマを持て余している高齢者世代とか、単身世帯DINKS世帯比較しても、

 子供の世話とか添い寝とかで、情報収集時間が半分以下になっている。

 加えて、「ある年齢以上の子供に対しては、震災原発画像を見せすぎるとトラウマになるので、

 あまり見せないように」という小児精神科医アドバイスがある。

 2歳以下だとそんなに問題ないかもしれないが、それ以上の子供だと、

 テレビ画面自体がトラウマを与えるので、子供がいる時間帯にニュースを付けること自体に制約が生じる。

 ウチの場合も7歳の子供で、「ニュースの2~3割は判る」状態なので、始末に負えない。

 下手に日本都道府県も知っているので「いばらきけんはだいじょうぶか?」とか

 「ほっかいどうはだいじょうぶか?」とか質問してくる。

 「レベルからレベル7、どうちがうの?」って、なんて答えればいいのか?

 ということで、「一番情報が必要な層が、一番情報を入手できない」のである

2008-11-13

[]あなたが持っている「茨城県」のイメージを3つ書いて下さい!

静岡県民です。地理は壊滅的です。どの県がどこにあるかくらいなら多分わかります。

1.納豆水戸って茨城だったよね?

2.名前いまいち分かりにくい。いばらきいばらぎ

三つ目思い浮かばない。茨城県民ごめんなさい。

お米が有名だったような気もするけど朧気な記憶だ。

2008-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20080618053247

自分は葬式カメラマンやったことがあるんだけど、

葬式とか通夜で故人の死に顔の写メ取る人ってどういう教育受けてきたの?

http://www.heiwaboke.com/2007/02/post_709.html

自分はとるつもりがなかったが、

これ、遺族からは頼まれた。

最後の顔だから、撮っておきたいんだそうだ。複雑な感情だ。

死んだことを確認したいってところもあるようだね。

あと地方の風習によっては、故人の写真を撮っておく習慣あるみたい。

それもあって「撮影してくれ」ってことになったらしい。

葬式自体はいばらきでした。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん