「腋窩」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 腋窩とは

2019-08-13

リンパ郭清 情報求む

担当先生に聞けよとか知らんわ

当方 腋窩リンパ郭清済

上がるけど腕にビキビキ筋が入って突っ張ります

リハビリの時リンパの詰まりがなんとやら、これって顎の下をかっさでゴリゴリする美容馬鹿の如くゴリゴリしたら解消すんの?

つーかリンパって何???悪性腫瘍については概ね理解してるけど、術後のことは何がなにやら

2018-08-29

頼むから男でも腋毛剃ってくれ

コピペ荒らしにされたので再掲

 

腋臭の原因の400%が体質以前の腋のノーケアから腋毛剃ってくれ。

例え地動説が実は嘘で天動説が正しかったとしても腋臭対策腋毛を剃ってくれという主張は変えない。

「それでも腋毛は剃ってくれ」俺は現代ガリレオガリレイ、です。

 

腋毛を剃ると皮膚を傷つけて余計酷くなる

男が腋毛処理とかキモい

大して効果がない、むしろ衣服につくから臭いがきつくなる

腋毛を処理している欧米人臭い

 

はい、クソコメ・クソトラバありがとうございました。

勉強しましょう。

 

アポクリン腺

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E8%85%BA

抜粋

この分泌物は皮膚の常在細菌作用で分解して臭いを発する

 

腋臭

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8B%E8%87%AD%E7%97%87

抜粋

腋臭症が少数派である東アジアなど、人間集団の傾向によっては腋臭症は軽視することはできない重要健康問題となる。

また、腋毛が汗などを腋窩部に留め、臭いが出やす環境を作っている。腋毛陰毛は、そもそもアポクリン腺分泌物に起因する臭い効率的に保持する形質として進化してきたとする仮説も有力である

人類全体では腋臭である人の方が圧倒的多数であるが、例外的日本人中国人朝鮮人などの東アジア人においては腋臭症が5%-20%と少数派である

 

読めない馬鹿のために要約すると

腋臭アポクリン腺から出る汗が常在菌が分解することで臭いを発している。つまり腋毛が生えていて汗が付着できる脇の全体表面積が多いほど常在菌総数も同様に増加する。それ以外に風通しの悪い環境になり保湿・保温され菌にとってはユートピア

アジア人腋臭持ちが5-20%と少ないが、それ以外はアポクリン腺持ちが圧倒的多数派。食生活の違いと共に外国人を臭く感じる理由がこれ。なので比較対象にしても腋毛処理=腋臭発生原因のエビデンスに全くならない。

結論腋毛を剃れ。

 

何度でも繰り返すけど腋毛を剃れ。

難しく考えなくても消臭スプレーを吹きかけるのに腋毛モッサのところにかけるよりも

素肌にかけたほうが効果あるだろ。

脇を吹くとき腋毛モッサモサよりもサラサラのほうがすぐに拭けるだろ。

まともなOSが脳に搭載されていれば腋毛を処理したほうが清潔に保てることは理解できただろう。

でもここまで説明しても理解できない馬鹿のために、馬鹿が納得したくない理由も書いておく。

 

・めんどくさい

そうか、死ね

 

陰毛デリケートな部分を守るためのもの

お前日常生活で頻繁に股間と脇を打ち付ける生活でもしてんのか?

もしものとき

記憶に残る最後に股間強打した時のクソコメ待ってまーす。

 

・傷つける

単にお前が下手なだけか、初めて利き手と反対で剃るのに力入れる馬鹿なだけです。

あと剃刀じゃなくて普通に3・4枚刃の髭剃りでいいから。抜くのはNG

腋毛処理処女で痛い思いしたからって、それがデフォだと思い込むのも言いふらすのもやめて冷静に反省してください。

 

外国人臭い

臭いからこそ大人はみんな腋毛剃って処理してんだよ。

電車の席に座りたいなら腋毛くらい剃れクソガキ。

 

・男が剃毛とかきもーい

黙ってろクソブスw

前カノも今カノも毛を生やせなんて命令してこないので普通に支持されてます。女は気に入らないことがあれば命令してきます。しないということは何とも思ってないってことです。

中途半端なブスは男が化粧などできれいになるとアドバンテージ消失すると焦って男に美容ハラスメントしてくるけど

お前らクソブスは選ばれるのを待つ側なんでかみついてこなくていいです。

磨いてる男ほど良い女が来る、剃毛正義。ブスノーサンキュー

 

こっから

「とりあえずクソリプで殴っといたけど俺もチャレンジしてみるか」

馬鹿から失敗

絶対許さねええええ」

ってバカのための剃毛説明な。

 

①先が丸いハサミで新聞紙引いてなるべく短めに腋毛を切っておく。

風呂に入って体をこする。

③泡を脇につけて3,4枚刃の髭剃りで「なるべく力を込めずに」剃る。

④上手く剃れなくても焦らずに肌につけたまま前後に動かすと毛を倒す・立たせるでよく剃れる。

⑤いっぺんに処理しなくていいか適当に剃れたらシャワーで流す。

 

傷つけるってやつは完全に剃る力が強すぎ下手すぎ案件なので可能な限り優しく剃ってれば傷つきません。

それに肌っていうのは摩擦を受けないところは角質化が進まないか最初はどこも弱いもんです。

少しヒリっとしたりチクっとしたくらいでギャーギャーうるさいわ繊細チンピラが、死ね

 

何度も言いますが男も剃毛しましょう。

欧米諸国陰毛に対する印象は「不潔」。もうこれだけです。

たまにセクシーカットとかしてる人もいるけど

そりゃホモレズみたいなもんでマイナーアピールにすぎません。

それにセクシーカットと無手入れボボボーボ・ボーボボイコールにすんじゃねーよ野蛮人が。

剃毛しましょう。

剃毛してくれ。

剃毛しろカス

死ね

2018-06-17

anond:20180617213932

そうなんですか。

本当に解熱効果を期待するのであれば、太い動脈が通る場所に貼るのが有効なのです。

具体的には、頚動脈(けいどうみゃく)、腋窩動脈(えきかどうみゃく)、鼠径動脈 (そけいどうみゃく)が走行している左右の「頚部(首)」、

「脇の下」、「股関節のあたり、太モモの付け根」です。医療現場でも、高い体温を下げる場合これらの部分に対して、

保冷剤等を用いて冷却を行っています

http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/3235

2014-10-03

はじめての解剖実習

はじめての解剖実習。

白い半透明なビニールにつつまれて、遺体が各テーブルの上に置かれている。

あー、これが…と、そのときはまだ平気だった。

しかしよく見ると中に白く干からびたような足の先がみえる。

うっ、と気分が悪くなった。

ビニールの覆いのチャックはあけられないな・・・と思った。


みんなが席について、教授が軽く説明をした。

うちの大学ではC大とは違いセレモニーなどはなくいきなり始めるらしい。

今日オリエンテーションだけだと思っていた私にとって、二重の驚きだった。


黙祷の際には混乱せずにはいられなかった。

初めの数秒は無心で黙祷していたのだが、考え始めてしまうとお願いしますだとか、ありがとうございますだとか、すみませんだとか、さまざまな感情が渦巻いてくる。

結局は大切に勉強させていただきますと「彼」に誓い、それから再び無心になろうと努力した。


さて、解剖がはじまる。

Aがあっさりとチャックをあけてしまい、中の布をめくる。

人の皮膚がみえる。白い。

手が出せなかった。


体表観察。

うわーと思いながらも、ほかの人がおそるおそる手を触れ出すのをみながら、そろそろと手をのばす。

あっ、というかんじで鎖骨にふれた。

冷たい。でもたしかに、人肌ではある。

一度触れてしまうと、すこし抵抗が和らぐ。


実習の手引きを参照する必要がある。

俺まだこっちの手はきれいだからなんていいながら、Bが手引きを広げた。


乳様突起、胸骨角、上前腸骨棘などを確認した。

1か所ずつ触れながらすすめていくと、少しずつ抵抗が和らいでくる。

しかし次は正中線にそって皮膚に割をいれる必要がある。

きれいな皮膚に傷をつけるっていうのは、やっぱり私には無理だった。


Aがあっさりと、首から腹部にかけて割をいれてしまう。

それに続いてDも鎖骨のあたりに横に割をいれる。

うわぁ・・・と思っていたが、おそるおそる私も鎖骨に沿って割をいれた。

メスは思った以上に鋭く、スーっと吸い込むように切れた。


皮剥ぎ。表皮と真皮を剥ぐ。

からピンセットでつまみ、下層を剥離していく。

処理が施されているからか、皮膚が予想以上になめし革のようになっていて驚いた。

そして現れてくる黄色の皮下組織

これが脂肪かと思いつつ、一瞬吐きそうになる。


またホルマリンだろうか、そのにおいも独特でつらい。

甘いような、甘くないような。

時々ふと気持ちがわるくなり、しゃがんで手を休めた。


皮剥ぎがすすみ、腋あたりまですすむ。

Aのメスは先輩からのもので切れ味が悪く、脂肪組織がこわれて脂が液体となってたまる

それをみて再び気分がわるくなった。


首を剥いで広頸筋をみる。また胸部にて皮静脈などをみる。

神経は結合組織と見分けにくいが、あらゆるところに走っていた。

ちょっとした手術で神経を切断してしま麻痺がおこるというのも頷ける。


他に脊髄神経前皮枝や腋窩リンパ節などをさがしつつ、その日の実習は終えた。

観音開きにした皮膚をもどし、再び布をかけた上で保湿液を上からかけ、ビニールのチャックをしめた。


はじめるまでは解剖実習なんて絶対無理だなんて思っていたが、やってみると案外できてしまものだった。

はいえ実習室からでるとどっと疲れがでた。

体が疲れたというよりも、そうでないどこかがはげしく疲労しているような感じだった。




※この内容が実際の解剖体験に基づいたものであっても死体保存法に反しているとは思いませんが、礼節を欠くなどと思われるかたがいらっしゃることを想定し、あらかじめ『解剖実習の手引き』に基づいた創作であることをここに宣言しておきます

2014-02-03

マッサージ店だと思ってたら風俗店だった

 最近仕事がきつくて、緊張性頭痛になっていた。

 徹夜や無理なノルマをなんとか間に合わせた。

  

 で、マッサージでもしようと思ってら、希望マッサージ店が満員だった。

 なので仕方なくプラプラと歩いていたら、オイルマッサージの店。

 昔オイルマッサージがあった店でやってもらっていいなー^^って思ってたので、これでもいいかって飛び込んだ。  

  

 確かに、おかしな店だった。

 奥まったビルにあって、なんだか商売本当にしてるのか?って感じ。

 で、入ってみたら、女が呼ぶ。

 その女の恰好が、なんだこれ?っていうラフな格好。もっと白い服とか来てるんじゃねーの?って思ったんだが。

 『当店は風俗店ではありません』の文字に安心した。

 まあ、いいやって部屋に。

  

 「じゃあ、全部脱いでね」

 「え?全部って?」

 「全部」

 「下も???」

 「全部」

  

 ちょっと、ふぃりぴーな?中国?わかんないなあと思った。

 さすがに日本語不自由なだけだろうって、パンツを残して全部脱いだ。

 で、女が来て、パンツも脱げ。

 俺は恥ずかしかったのだが、とりあえず、ぬいで、あおむけにねた。

 こんな営業あるのか?とかなり疑問だった。 だってちんこを布につけたら、性感染症ありうるじゃん、毛じらみやトリコモナスとかありうるじゃん、、、って思った。

  

 ちゃんと、オイルマッサージが始まった。想定通りにマッサージがされていく。

 実は自分医者なんだけど。だいたい、どの筋肉マッサージされてるなーってのを意識していた。

 僧帽筋腋窩神経をもみほぐしてて、う~んっていう感じ。もっと専門的なワザかあーって思ってたんだけど。

 それに、指圧セオリー通りじゃない。

 スポーツマッサージ自分は知っていて、だいたい、叩く奴とか、なでる系の奴とかの順番はセオリーがあるんだけど、それ全部無視してる。

 まあ、オイルマッサージってそんな感じかなあ、とかなり怪しくなりながらサービスをうけていた。

 この時、少し、ちんこマッサージってのが頭に浮かんでいた。

 全身マッサージと同じで、ちんこマッサージとかあるんじゃない?そういえば金玉マッサージとか聞くなあ。そういう系のエロマッサージ風俗もあるって聞くなあ。(この時のイメージは、韓国フィリピン系の人がソープみたいな個室で全裸でやるイメージで、断じてこういう店ではないと思っていた)

 こんどそういう風俗いくかなーって想像していた。だが、フェラは怖いよ、フェラ感染こわいなあくらいに思っていた。

  

 で、結構いいんだけど、ケツの触り方がいやらしかった。

 あなるが開かないかひやひやしていた。ケツを開かせて来るマッサージに内心ひやひやだった。

  

 が、オイルマッサージ背中からケツが終わると、あったかい布でおおって、その上から体重をのっけて踏むみたいなマッサージが始まった。

 これ、後で調べると基本らしいね、こういう系列の店の。天井につってある棒を手で握って、俺の背中に足をのっけて、体重を入れる。

 ボキ、ボキっと椎間板が鳴るのだけれど、この時点で相当怪しかった。

 椎間板ヘルニアとか、脊椎間狭窄症とかの人にやったら訴えられるだろこれ。って思ったんだけど。

 自分マゾなので、このプレイ、よく彼女とかにしてもらっていたので、プロの技を体験できてうれしいなーっていう気持ちが優っていて怪しむ心が薄かった。

  

 マッサージ受けながら考えたのは、

 「この人って、もともと風俗嬢だったのかなあー、それで、歳が厳しくなってマッサージ就職とかかな?かわいそうだなあ。これ60分でいくらもらえるんだろ、客もあんまりいないっぽいしなあ」

 正直、しみじみとしていた。外国から来て、こういう店で働いて、色々感じるところもあるんだろうなと同情していた。

 技術的にも稚拙で、あんまり勉強とかしなかったんだろうなあ、技術身につかなかったんだろうなあと彼女の先行きをおもんぱかって少し悲しかった。

  

 で、体感45分。マッサージここからなにするのかなあー、やっぱ表面もやるのかな?

 で、あおむけになってくださいの指示。

  

 「えっと、これいいですか?」と女が手コキのサイン

 「・・・・・・・・・」俺は、ことここに至ってようやく気付いた。

 よく見れば女の恰好は風俗嬢ドレスみたいじゃないか。

 ふぃりぴーな??? そういえば、入ったときにやたら。「お~かわいいね~」みたいなことを言われた。

 そうだったんだ、全部つながったんだ。

 この時俺は激しく動揺していたのだけれど。

 「お願いします」

 気持ちと行動がうらはらだった。

  

 で、俺はまだ戸惑っていた。追加料金を払いながら戸惑っていた。

 確かに、今度行きたいな、この系統のオイルでちんこマッサージって気持ちいいだろうなくらいには考えていたのだけれど。

 風俗に行くつもりじゃなかったんだ。本当に、緊張性頭痛で首が凝っていてそれのためにマッサージに来たんだ。

 よかった、無職だと嘘ついててよかったと心底思った。

 

  

 嬢がやってきた。俺はちんこさらけだし、よく見えるように眼鏡も付けた。決してフェラだけは許す気はない。

 だが、それでも嬢の手は汚いんじゃないかと思った。

 よくよく思い出すと、最初マッサージが始まった当初から相当怪しかったのだ。

 手でオイルを直接触っていたけれど、スタンダードリコーションっていう、医学的な感染防御の考えに外れていて、そんなことをやったら感染リスクがあるから絶対だめなんだよ。

 怪しい、怪しいとは思っていたんだけど、連日の疲れで頭が働いていなかった。

  

 自分の意とは関わらず、ちんこ揉みが始まった。

 少しだけ、オイルでちんこマッサージをされたいってのがあったので、若干喜んでいた。

 ちんこは思いのほか簡単に勃起する。

  

 がしかし、不安があった。

 性感染症リスクはもちろん、自分射精できるのか??ってこと。

 正直自分は、オナホしか射精ができない。膣で射精したことは一回しかない。

 だがしかし、オイルならどうか?普段のオイルオナニーでは射精できているのだ。

 オナホオナホだけというよりオイルとの相乗効果オナニーができているのだから、オイルだけでもあるいは、、、、。

  

 いつものように、二次元美少女を頭に浮かべた。

 OLロリバニー如月群真、娘姉妹、M&M、等等

 普通でない状況での射精を試みるためにいろいろ思い浮かべた。

 嬢がアンアンとうるさい、その声は聴きたくない、手コキで感じるのか?あ?

 と思っていたが、俺はイメージに集中する。

  

 最後に選んだイメージは、『やたら発育のいい女子学生といつでも誰でも子作りSEXできる学校』という同人ゲームだった。

 思いっきり、中田氏小作りをイメージして射精した。

 自分は、射精の時に、二次元少女の年齢を想像して射精するのが好きなんだけど。

 17、12、9、16、10、7、23、15、、、、、みたいな感じで、相手の年齢とそのセックス射精が持つ意味を考えながら射精する的な。

 たしか、その瞬間は12だったと思う。そういう射精だった。

  

 ティッシュでふき取られたりして。

 それで、帰宅した。

  

 緊張性頭痛は少しよくなっていた。マッサージの質は低かったがそれなりにコリはとれたらしい。

 最初は、布に寝るだけで性感染症を恐れていたのに、マッサージを受けるときはそれはともかく、程度の考えで、フェラだけは避けようとかレベリングシフトしてしまった。

  

 まあ、風俗自体、数か月ぶりで、まあ行きたかったってのもあるし、その意味では、一挙両得なんだろうか。

 昔先輩から聞いたことがある、非合法店ってやつだったのだろうか?

 風俗などなさそうなこんなさびれた田舎町にこんなこともあるんだなと新鮮なような複雑な気持ちだった。

  

 ただ、風俗として見ると、マッサージもついてこの値段なら、十分いいなってのは思ったw安いw

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん