「ホイットニー・ヒューストン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ホイットニー・ヒューストンとは

2015-07-01

クスリ

うつ病精神障害最初治療薬ってアヘンなんだって

そのあとは、おねしょ防止のクスリ転用してたりするけど、イミプランというトフラニールかいう三環系のクスリの登場まで、クスリらしいクスリってなかったそうだ。

それで最近向精神薬依存批判した医療ジャーナリストの本を手に取ったんだけど、SSRIとかデパスとかの依存になりやすクスリの大批判をしてたのね。

それで思ったんだけど、オレは抗うつ剤とか安定剤とかを使い出して、15年以上になるのかな。正直言って治んないんだよ。麻薬だろうがなんだろうが、いまの暗黒生活にほんの少しでも光があたって、人並みに活動できるようになるんだったら、クスリ依存なんかどうでもいいと思ってるのね。精神疾患の人って寿命は短いらしいから統合失調症なら20数年短くなるらしいよ。

それで角度を変えて見てみて、アヘン起源を調べたら、メソポタミア文明からだったんだよ。そのころから社会生活ストレスを緩和するためにクスリとしてアヘンは使われてたんだよ。いまのように工業技術で濃縮されたりしてないだろうけど。いちおう文明社会になったので、麻薬ダメですよ、医療用で限定ですよってなって、タバコも禁止に近い。そうすると、その隙間を埋め合わせるかのように、三環系抗うつ剤とかSSRIとかが登場して、合法で使えるようになってるんだよね。それで、トヨタ役員じゃないけど、アメリカでは麻薬成分が入っている鎮痛剤というのがアメリカセレブでは流行っているらしく、ヒース・レジャーとかホイットニー・ヒューストンとか、フィリップ・シーモア・ホフマンとか、全部が全部ではないだろうけど、ほかの麻薬といっしょに使うかとか、酒をガンガン飲んで鎮痛剤も使うとかして、中毒死してってると思うんだよね。(麻薬中毒ではない人もいるのかな)

オレ自身生命体としての能力として、何もしなきゃますます能力が落ちて、最終的に死ぬだけだね。第二次大戦の戦記とかを見ると、生命力のない個体って、無残に死ぬだけなんだよ。感染症になったり捕虜とかになってね。明日を生きるために、クスリを飲んでなんとか持たせますよ。バルプロ酸アモキサンロラゼパムくらいなんだけど。これくらいで済んでいるだけまだマシじゃん。クスリ飲むなと批判する人って、飲まないでがまんして、何もできない人生10年とか過ごさせて、それで責任とれんの?って、まあ取れないじゃん。ドーピングでもなんでも、人間活動できてナンボなんだよ。ほんとのチョビっとしかクスリ飲んでないやつが離脱するのはできると思うよ。でも、オレみたいのは違うんだよ。なんとか直らないかなと思っているうちに15年以上も過ぎちゃった。その間にクスリをやめてみたこともあるよ。1年とかのオーダーで。収穫なかったよ。悪い収穫だけで。断食とか変な修行もやってみたよ。なんともならなかったよ。

オレが戦時中に生きてたとしたら、零下20℃くらいのノモンハンとかのソ連国境地帯に行って、爆弾もって突撃して敵の戦車キャタピラー爆弾差し込んでお前も自爆してこいって言われて、そうしてるよ。そのくらいしか社会の役にたてないんだから。2年も3年も軍にいて、軍の運営に役立つ人間になんかなれっこないんだから。体力がないから、仮にオレが多少の知恵人でも徹夜仕事できないんなら軍にいらないってなるよ。軍属でもむろんいらないってなるだろうし。謀略立案するアタマなんかないし。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん