「屋久」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 屋久とは

2020-07-24

ハラハア桜島

 去年の話。

 ひさしぶりに帰省して、せっかくだし故郷鹿児島を堪能してみるか!と思ったので桜島に出かけた。桜島はそれなりの頻度で噴火する活火山で、浪人時代にはよく予備校最上階まで登って噴煙を見ようとしていた(さすがに噴火してないときの方が多いので、時々噴煙を見られると嬉しかった)。おい桜島よお…なんて語りかけるくらいに親しみを持っていたのだが、じつは行ったことがない。このままではいけないなと思ったのだった。

 数年ぶりに乗った鹿児島本線は阪急と比べて揺れが激しい気がした。いっぽうで線路周りに建物が少ないからかどことなく車内が明るい感じもして、案外普通列車にもカラーが出るもんだと感心した記憶がある。

 道中にある上伊集院駅から見えるホーム周辺の景色がけっこう好きだ。松陽台という新興住宅街があって、それの乗っかる丘がよく見える。なかなか爽やかな丘で、学生たちが坂道を登っていく様子がなんだか素敵だ。坂の上には松陽高校というのがあるが、ここは制服が全身緑色なことで悪名高い。松陽高校に行った友達と駅で出くわして、「マジでズボンまで緑色で最悪、なんなのこの制服、頭おかしい」と愚痴られたのをよく覚えている。松陽の話終わり!

 鹿児島中央駅もけっこう好きだ。正直あんまり全貌を把握してないんだけど、とつぜん屋久杉のオブジェみたいなのがあったりするのが愛らしい。メインの出口から出たところでバァーンと桜島が見えそうな位置なのに、ホテルか何かのでけえビルに阻まれイマイチ見えないのもいい。故郷ダメさは愛嬌みえる。

 鹿児島中央駅からフェリー乗り場まで徒歩で行くには暑かったので、市電に乗った。路面電車というものに憧れがあって、地元で進学してたら毎日路面電車に親しんでいたのかなと思うとちょっと惜しい気もする。まあ阪急トレードオフなのかもしれない。阪急も悪くない。赤いし…

 フェリー乗り場は水族館の近くにあって、その辺りは道も広いしヤシの木(?)も植わってるしでかなり雰囲気がいいんだよな。車通りに比べて歩行者が少ないのもなんだか孤独感があって良かった。かつて家族水族館に来るたびすげえワクワクしてたのは周辺環境のよさも手伝ってたのかもしれない。

 広い道のデカ横断歩道歩行者ひとりの状態で渡ろうとすると、小心者なのでどうしても走ってしまう。暑いからちょっと走っただけで汗まみれになる。そうして汗まみれになりつつも歩いていくと、フェリー乗り場につながる赤い連絡通路が見えてくる。この通路水族館もつながっているらしい。一瞬やっぱり冷房の効いた水族館に行こうかとも思ったが、初心一徹!と思い直して桜島フェリー乗り場に向かった。潮の匂いがしてテンションが上がってくる。

 フェリーは安かった。500円くらい取られるかと思っていたがなんと片道160円だった。コンビニサンドイッチより安い。阪急一駅分くらいだ。もっと乗っておけばよかった…と後悔しつつ船に向かう途中に水族館がよく見えるのも心憎い。鹿児島水族館オーストラリアオペラハウスをショボくしたような外観をしていて、なかなか心に残るのだ。

 フェリーはかなり大きくて、わりと見応えがあった。甲板に観光地特有コイン双眼鏡があったんでなんとなく近づいてみる。と、どうも様子がおかしい。コインを入れるところがない。よくみるとなんとタダで見放題らしい!全体的に太っ腹だ。つっても見るもんなんて大してないのだが…しかし港にいる見られているなんて全く思ってなさそうなオッサン一方的に見るのには奇妙な快感があった。港にいるオッサン1を船の上からオッサン2が双眼鏡で覗く。いいね。いいか?よくないかも…

 桜島中心市から20分くらいで行けるわりに離島らしい趣があって大変よかった。道は水族館あたりよりさらに広く、なぜか三車線あるところすらあるのに車通りは少なくて、歩く人の姿もまばら。特に目的地なしに来たのでちょっと途方に暮れたが、グーグルマップを見ると少し歩いたところに足湯があるらしい。とりあえずそっちに向かって歩き出す。道路の隅のあちこち火山灰が溜まって黒いまだら模様ができていて、火山島に来たぞ!と思った。まあ地元の街にも灰は降るが…

 途中に巨大な駐車場ローソンがあって、なんだか逆に寄る辺ない感じがした。知らない土地に見慣れたものひとつだけあるとかえって寂しい。たしか入ってみたけど、中のことはあまり覚えていない…ってことは、まあ普通だったんだろう。水を買ったような気がする。

 国民宿舎なんてカッコいい名前建物の横を抜ける。ネコがたくさんいて、日差しを避けて木陰に集まっているのがいかものどかだった。

 足湯近郊は遊歩道になっているようだった。ザ・火山性って感じの黒くてゴツゴツした岩場、なんとなく見慣れない感じの植生、灰まみれの道。特に何があるというわけでもないが、目に入るものすべてがなんとなく普段目にするものと違う感じで楽しかった。

 歩いてる人はあまり多くなくて、足湯までに数組とすれ違っただけだった。人の少ない遊歩道は最高

 暑かった足湯には入った。火山らしさのある(?)濁った湯で、悪くなかった。対岸が見える鹿児島とはいえ海が見えるのもよかった。タオルを持ってなかったんでどうしようかと思ったが、サンダル履きだしよく晴れた夏の日の昼だったからすぐ乾いた。

 遊歩道を抜けようと思ってたんだけど、足湯を過ぎてちょっと歩いたところで通行止めになってたから泣く泣く帰った。

 遊歩道入り口あたりに戻る頃には昼時で、何か食おうと思って見回したり地図を見たりしながら帰ったんだけど、どうも気軽に入れそうな飯屋が見つからなかった。

 しかたないし本土に戻ってから食おうかなと思ってフェリー乗り場に戻ったところでいい感じのカフェーを見つけて、そこで「桜島マグマバーガー」なるものを食った。辛めの味付けの鶏肉がメインのバーガーで、まあまあうまかったが異常に熱くて口をやけどした覚えがある。外国人向けに英語で「噴火ににビビるな!」みたいな内容の張り紙がしてあって、食いながら興味深く読んだ覚えがある。

 それからフェリー本土に戻って、結局水族館にも寄って帰った。水族館もなかなか楽しかったが、子供の頃のほうが楽しめた気がした。

 桜島、最高!なんせ安い。ほとんど何もやってないのに妙に楽しめた。あんまり人がいない。非日常感がある。行きやすい。100点!

2019-02-20

anond:20190220141235

775年の宇宙線飛来(775ねんのうちゅうせんひらい)とは西暦775年に宇宙空間から地球に大量に降り注いだ宇宙線飛来のことで、775年のミステリーや775年宇宙、謎の大事件などと呼ばれることが多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/775%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%B7%9A%E9%A3%9B%E6%9D%A5

2012年名古屋大学太陽地球環境研究所研究チームが屋久杉の年輪検査した結果、西暦775年にあたる年輪から炭素14ベリリウム10などの放射性物質割合過去3000年間の間に最も高くなることを発見した。

これにより、775年頃に地球宇宙線が大量に飛来していたことが明らかになった。この研究結果は2012年6月Nature掲載された。

また、ドイツの年老いた木の年輪南極の氷からも同じ頃、放射性物質が急増していることが判明している。

2015-10-04

ある伝統工芸に興味をもった。

職人になるには、一人前になるまで約10年、ほぼ無給の内弟子生活を強いられるそうな。

最近若い人は我慢が出来ない」

と嘆くけど、いや、それ無理じゃんかと思う。

仕事が出来ない、1円の価値もない素人10給料を払い続けるシステムの構築が急務と、俺なら考える。

しかし、その原資は、というと難しい。

そもそも、その伝統工芸品そのものが売れてない。

良さを理解する人が少ない。

数少ない顧客に訴求するために、高付加価値商品限定商品シフトする。

コンサルの答えとしては正解なんだろう。

「競合品の多いレッドオーシャンから抜け出せ!」

さら廉価商品を開発したって、機械大量生産できるようなものだと大手にゃ敵わないし、素人でも作れる品質なら人海戦術が使える途上国に敵わない。

技術のものはいきなりそう上げることは出来ない。

というか、技術のものをアップ出来るんなら、限定生産なんかしなくても、全部の既存商品品質レベルを上げられる。

安易な解決は、材料に凝ることだ。

オーバースペック材料に、技術は並、製品としての品質は並かそれ以下になる。

酷い例だと、屋久杉を使った蕎麦打ち台とかだ。

(馬鹿な)客は喜ぶし、生産者も儲かる。

そうやって、WinWinかと思い続けて数十年。

売り上げが右肩下がりなことに気付く。

一般人からの購入が減るからだ。

入門モデルより高付加価値商品シフトしたツケを払うことになる。

さら、入門モデルを作っても、たいしたものは作れない。

大量生産ノウハウは消えてる。

廉価モデルマーケットでは、同じ値段で倍の性能を持つ海外勢にボロ負けする。

後継者問題に話を戻そう。

技術者の減少が甚だしい。

技術者の数が減ると、技術の平均レベルも落ちる。

技術者が使う専門の道具もまた、専門の職人の手によるものだが、その職人もっとから後継者不足だ。

もう詰んでる。

ある伝統工芸に興味をもった。

職人になるには、一人前になるまで約10年、ほぼ無給の内弟子生活を強いられるそうな。

最近若い人は我慢が出来ない」

と嘆くけど、いや、それ無理じゃんかと思う。

仕事が出来ない、1円の価値もない素人10給料を払い続けるシステムの構築が急務と、俺なら考える。

しかし、その原資は、というと難しい。

そもそも、その伝統工芸品そのものが売れてない。

良さを理解する人が少ない。

数少ない顧客に訴求するために、高付加価値商品限定商品シフトする。

コンサルの答えとしては正解なんだろう。

「競合品の多いレッドオーシャンから抜け出せ!」

さら廉価商品を開発したって、機械大量生産できるようなものだと大手にゃ敵わないし、素人でも作れる品質なら人海戦術が使える途上国に敵わない。

技術のものはいきなりそう上げることは出来ない。

というか、技術のものをアップ出来るんなら、限定生産なんかしなくても、全部の既存商品品質レベルを上げられる。

安易な解決は、材料に凝ることだ。

オーバースペック材料に、技術は並、製品としての品質は並かそれ以下になる。

酷い例だと、屋久杉を使った蕎麦打ち台とかだ。

(馬鹿な)客は喜ぶし、生産者も儲かる。

そうやって、WinWinかと思い続けて数十年。

売り上げが右肩下がりなことに気付く。

一般人からの購入が減るからだ。

入門モデルより高付加価値商品シフトしたツケを払うことになる。

さら、入門モデルを作っても、たいしたものは作れない。

大量生産ノウハウは消えてる。

廉価モデルマーケットでは、同じ値段で倍の性能を持つ海外勢にボロ負けする。

後継者問題に話を戻そう。

技術者の減少が甚だしい。

技術者の数が減ると、技術の平均レベルも落ちる。

技術者が使う専門の道具もまた、専門の職人の手によるものだが、その職人もっとから後継者不足だ。

もう詰んでる。

ある伝統工芸に興味をもった。

職人になるには、一人前になるまで約10年、ほぼ無給の内弟子生活を強いられるそうな。

最近若い人は我慢が出来ない」

と嘆くけど、いや、それ無理じゃんかと思う。

仕事が出来ない、1円の価値もない素人10給料を払い続けるシステムの構築が急務と、俺なら考える。

しかし、その原資は、というと難しい。

そもそも、その伝統工芸品そのものが売れてない。

良さを理解する人が少ない。

数少ない顧客に訴求するために、高付加価値商品限定商品シフトする。

コンサルの答えとしては正解なんだろう。

「競合品の多いレッドオーシャンから抜け出せ!」

さら廉価商品を開発したって、機械大量生産できるようなものだと大手にゃ敵わないし、素人でも作れる品質なら人海戦術が使える途上国に敵わない。

技術のものはいきなりそう上げることは出来ない。

というか、技術のものをアップ出来るんなら、限定生産なんかしなくても、全部の既存商品品質レベルを上げられる。

安易な解決は、材料に凝ることだ。

オーバースペック材料に、技術は並、製品としての品質は並かそれ以下になる。

酷い例だと、屋久杉を使った蕎麦打ち台とかだ。

(馬鹿な)客は喜ぶし、生産者も儲かる。

そうやって、WinWinかと思い続けて数十年。

売り上げが右肩下がりなことに気付く。

一般人からの購入が減るからだ。

入門モデルより高付加価値商品シフトしたツケを払うことになる。

さら、入門モデルを作っても、たいしたものは作れない。

大量生産ノウハウは消えてる。

廉価モデルマーケットでは、同じ値段で倍の性能を持つ海外勢にボロ負けする。

後継者問題に話を戻そう。

技術者の減少が甚だしい。

技術者の数が減ると、技術の平均レベルも落ちる。

技術者が使う専門の道具もまた、専門の職人の手によるものだが、その職人もっとから後継者不足だ。

もう詰んでる。

ある伝統工芸に興味をもった。

職人になるには、一人前になるまで約10年、ほぼ無給の内弟子生活を強いられるそうな。

最近若い人は我慢が出来ない」

と嘆くけど、いや、それ無理じゃんかと思う。

仕事が出来ない、1円の価値もない素人10給料を払い続けるシステムの構築が急務と、俺なら考える。

しかし、その原資は、というと難しい。

そもそも、その伝統工芸品そのものが売れてない。

良さを理解する人が少ない。

数少ない顧客に訴求するために、高付加価値商品限定商品シフトする。

コンサルの答えとしては正解なんだろう。

「競合品の多いレッドオーシャンから抜け出せ!」

さら廉価商品を開発したって、機械大量生産できるようなものだと大手にゃ敵わないし、素人でも作れる品質なら人海戦術が使える途上国に敵わない。

技術のものはいきなりそう上げることは出来ない。

というか、技術のものをアップ出来るんなら、限定生産なんかしなくても、全部の既存商品品質レベルを上げられる。

安易な解決は、材料に凝ることだ。

オーバースペック材料に、技術は並、製品としての品質は並かそれ以下になる。

酷い例だと、屋久杉を使った蕎麦打ち台とかだ。

(馬鹿な)客は喜ぶし、生産者も儲かる。

そうやって、WinWinかと思い続けて数十年。

売り上げが右肩下がりなことに気付く。

一般人からの購入が減るからだ。

入門モデルより高付加価値商品シフトしたツケを払うことになる。

さら、入門モデルを作っても、たいしたものは作れない。

大量生産ノウハウは消えてる。

廉価モデルマーケットでは、同じ値段で倍の性能を持つ海外勢にボロ負けする。

後継者問題に話を戻そう。

技術者の減少が甚だしい。

技術者の数が減ると、技術の平均レベルも落ちる。

技術者が使う専門の道具もまた、専門の職人の手によるものだが、その職人もっとから後継者不足だ。

もう詰んでる。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん