「吊り橋効果」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 吊り橋効果とは

2017-04-28

続 いわゆる吊り橋効果パブロフの犬

http://anond.hatelabo.jp/20170427172209

前回の実験に不備がありましたので、以下のように訂正しま

ドルドル

   360円 はいあなたはこの世に生をうけて半世紀以上経っています

   720円 はいあなたは注意深い人です

 129,600円 はいあなたギャンブル依存症です

2017-04-27

いわゆる吊り橋効果パブロフの犬

吊り橋効果と呼ばれる概念があるらしい。

吊り橋の恐怖感から来る緊張感と、相手にドキドキしている気持ちシンクロさせ、あるいは錯誤させて

仲良くなろうとするテクニックと聞く。

さて、犬に餌をやるとき同時にベルを鳴らすことを繰り返すと、ベルの音だけで唾液を出すようになるという有名な実験がある。

パブロフ実験だ。条件反射代表例として習った覚えがある。

リンリン……犬は唾液を出す

キドキ……恋人ゲット


ではこんな実験はどうだろう?

ドルドル……360円 はいあなたがこの世に生をうけて半世紀以上経っています

2017-03-21

あなたにもし会う機会があったとして

見た瞬間に爆笑しそう

なんでこんなの好きだったのか、って

いやー、仕事中の吊り橋効果すごいわあ

2016-10-06

君の名は。で最大の謎が未だに解けない

主人公同士はどうしてお互いを好きになったの?

候補

容姿や肉体的なもの

・入れ替わってる際に感じる人間関係の良好さ

・入れ替わりが終わった後の周囲の反応

日記の文面が好み

・先輩といい仲になっていくことに対する嫉妬(ただし、三葉から一方的感情

・週に2回程度入れ替わっている間の感情移入

・突然入れ替わりが終わってしまったことでもう逢えないかもしれない気持ちの高鳴り(ただし、この時三葉はタイムパラドックス上死んでいることになるので一方的感情になる。)

隕石で死んでしまうことの緊張感による吊り橋効果

思いついたのを羅列してみたけど、どれも決定的とは思えないんだよね。

しか演出的には夢の中の話だから記憶はどんどん薄れていってしまっているわけでしょ。

そもそも入れ替わっているのだから相手と直接会話ができるわけではなく、性格を知ることはかなり困難だと思うのだけど、そうなるとやっぱり容姿が全てっていう身も蓋もない話じゃない。

そんな物語感情移入して、自分もいつか素敵な恋愛をなんて思えないほどには容姿が悪い自覚があります

これって何?おれがアスペから

その部分が理解できないから全くもってストーリーに感動できなかったんだけどどうしよう。

2016-09-20

日本アニメロリコン需要はいい加減にしろ

友人にどうしてもと誘われて「君の名は。」を見に行ったが激しく嫌悪感に襲われた。

ネタバレがあるから読みたくなければそっ閉じだ。

言いたいことは山ほどあるがそれぞれ大体言及されているから改めて言わないとして、とにかくもういい加減にしてほしいのはロリコン教育アニメはもうやめろということだ。

宮﨑駿が散々に使い潰した、思春期女子による性の目覚めを繊細な心理描写と褒めそやす文化にはもううんざりだ。

それでいて皆が美しいと褒めるのは性に目覚める前の純粋である

大人の女性を引き合いに出して、まるで汚物のように描くのはほんとうにどうかしている。

これだから日本人女性が性に目覚めることを汚らわしいことだと信じて、いつまでたっても処女性が重宝されてしまうのだ。

江川達也が宮﨑駿に対して鳴らした警鐘意味理解していないとは言わせない。

宮﨑駿が去った後、庵野があれほどまでに処女神話を打ち砕いてくれたと言うのに新海誠なんぞという空気読めない男がまたしてもやらかしやがった。

まさか新海作品に巧妙かつ山ほど詰め込まれていたエロバイオレンスを見逃したはずはないだろうな。

異性への興味、性器への接触、三角関係と略奪愛、BL百合大人への憧れ、大人同士のワンナイトラブ、口噛み酒の白濁とした変態性、よつはへのペド性、数え上げればキリがないが、断言して言えることは純愛は一つとしてなかったということだ。

主人公同士の恋愛吊り橋効果だと断言して良い。少しネタバレだが、彼らの恋愛が目覚めたのは会えなくなったことが直接の要因になっているからだ。)

これは深読みでも思い込みでもない。

でなければ途中からみつはがブラを付け始める書き分けはいらなかったはずだ。

あれは女性心理的変化や成長を描くための演出ではない。お前らを落胆させるためだよ。このド腐れロリコン野郎どもが。

つうかそもそも評価の高い映像だってどちらかというとadobeの功績だろ。

レンズブラーとか後付手ブレとかこちとらユーフォニアムでもうお腹いっぱいなんだよ。ばかやろう。

2016-09-10

初めてお風呂屋さんに行ってお風呂だけ入ってきた

何を言ってるのかわからねーと思うがお風呂屋さんなんだから何も問題ないな。

120分で6万越えてるんだから多分高級な方だろうし、行く前には爪も切ったし髪も洗ったし危うく飲みそうなぐらいイソジンしたし、嫌がられないよう全部お任せでお願いしたつもりだけども、吊り橋効果で突然恋愛感情が吹き上がったりはしなかったらしい。

無知自分が何処かで重大な過ちを犯した可能性は否定できないので、それならできることだけやってくれと思ったのだけど唐突に全てが虚しくなって、急に予定を思い出したのでごめんなさいして帰りました。

童貞すら守れない男にはならずに済んだんだからこれで良かったんだ。

どうせこのまま生きてても一人死んでいくだけだと醜く拗らせた自尊心を少しでも矯正しようと思い立ったけど、こんなことで歪みは直らないし、むしろ歪みを増してねじ切れてしまうかも知れない。彼女はきっと、それに気付かせてくれた。

2015-12-05

彼氏はいるけどセックスしたことがない

タイトルのとおりです。彼氏はいるけどセックスしたことが無い。

最初彼氏ができたのは18歳のとき大学で入ったサークルの先輩で、相手から何度かデートに誘われて付き合うことになった。いっしょに『劇場版 マクロスF』前編(「虚空歌姫イツワリノウタヒメ〜」ね)を観に行ったら、映画クライマックスあたりで手をつながれたんだけど、「え、私映画に集中したいんだけど」って感じで振り払ってしまった。

その後も遊園地に行ったりサークルの他のカップルダブルデートしたりもしてその度に手をつなごうとされたけれど、「手をつなぐなんて照れる」みたいな恥ずかしさではなく、「周りに人がいるのに本当やめてほしい、どういうつもりなんだろう、マジでやめてくれ」って感じでひたすら苦痛で、だんだんデートの誘いにも乗らなくなり、サークルにも行きづらくなり、メールもしなくなって、サークルもやめた。女子校にかよっていたころはあんなに彼氏が欲しかったのに、と自分自分馬鹿らしくなったし、相手にもとても悪いことをしたと思った。

次に彼氏ができたのは20歳とき。今度はいっしょに『劇場版 マクロスF』後編(「恋離飛翼 〜サヨナラノツバサ〜」)を観たあと、電話告白された。別に私がめちゃくちゃマクロス好き、ということではなく、あのころオタクはみんなマクロスFが好きだったのだ。対面ではないうえ、「好きだ」という言葉はもらえずただ「付き合ってほしい」とだけ言われたのが、正直物足りなく感じたのは覚えている。今にして思えばめちゃくちゃ傲慢ですね。しかし、すでに2年間友達づきあいをしていてバイトもいっしょ、という気心のしれた仲の男子だったので、「今度は大丈夫かもしれない」と思って再び交際に応じた。あと、ちょうど大震災の直後に映画を観たら、上映中に劇場ガンガン揺れてめっちゃ恐怖を感じたので、なんか「吊り橋効果」が発生したのかもしれない。

でも今回もデートの度に手をつながれ、それがひたすら純粋に「照れる」のとは違う「マジで単純にみっともない」という意味での恥ずかしさを刺激しつづけ、友人だったころは好ましく思っていた彼と会うのがおっくうになっていった。誘いをもらっても何かにつけて断り、会うにしても2時間くらいで解散した。そもそも2時間も会えば「もう十分でしょ」という気になった。今にして思えば死ぬほど傲慢ですね。でも、当時の私は、なにかデートを「相手に要求されている義務」のように感じていた。

交際3ヶ月目くらいに「次の休み箱根旅行に行かない?」と言われて、もう無理だ、と思って、返信をしなかった。お互いキャンパスも変わって、約束をしないと会えない仲になり、そのまま疎遠になった。

さらに3ヶ月後くらいに共通の友人から「別れたんだって?」と聞かれた。「え、誰から聞いたの?」と聞き返したら、「彼氏のほうだよ」と言う。あ、なるほど、これって別れてるってことだったのか……と納得し、「うん、実はそうなんだ」と答えた。親しい友人を失ってしまうような真似はもうやめようと決めた。

決めたのだけど、5年後の今年、会社の同期と付き合いだすことになってしまった。

25歳の私は「私には恋愛は無理かもしれないけれど、やっぱり結婚出産はしたい。恋愛感情がなくとも結婚を目指せばいいのだ」という思考にいたり、合コンを繰り返したり、お見合いパーティーや街コンに顔を出したり、結婚相談所登録したりしだしたのだが、そうした話をいろいろと相談してい同期男子がちょうど彼女と別れた後に、「増田のことは人間として好きだから結婚を前提に付き合ってみるというのはどうだろう」と提案を受けたのだ。

しかに前回も前々回も失敗したけど、今回は大丈夫かもしれない……彼はマクロスFが好きじゃないし、と思って、その提案に応じることになった。顔を合わせているときに、ちゃんと「好きだ」という言葉を使って告白してくれたのも嬉しかった。

合コンお見合いパーティー、街コンを重ねた成果か、手をつないで街を歩くのも、カフェでとりとめのない話をだらだらとしてから帰りにハグされたりするのも、「ちょっと仕事遅くなっちゃってこれから帰るんだ〜」というLINEに対して心配した電話が来るのに対応するのも大丈夫だった。

この間のデートの帰り際にはキスもした。大丈夫だった。

でも、この「大丈夫」というのは、「そういうのマジで恥ずかしいしみっともない、とは思わない」というだけだ。

「手をつないで街を歩いたり、カフェでおしゃべりした帰り際にハグされたり、電話に甘えた声で答えたり、キスをしたりしても、なんとも思わない」ということである。みじんもドキドキしなくて、「なにかのステップを踏んだ」という手応えをつかんでいるだけだ。

もうすぐクリスマス

彼にはこれまでの恋愛遍歴を多少話しているので、「俺は君の気持ち尊重したいし、いろいろ焦らなくて大丈夫だよ」とも言われている。言われているが、ディナーをしてプレゼント交換となれば、その後は、やっぱりそういうことを期待されますよね。「焦らなくて大丈夫」と言われてるけど、つまりそれって彼のほうが譲歩して我慢してるってことで、彼は本当はそういうことをしたいんですよね。

私はクリスマスがとてもこわい。手をつないだりキスをしたりお別れのハグをしたり甘えた声で電話したりは「大丈夫」でも、セックスは「大丈夫」なんだろうか。仮に「大丈夫」だったとして、それは単に「大丈夫」なだけなんだと思うんだけど、それでいいんだろうか。

そもそも私は、たぶん恋愛として彼が好きなわけじゃないのだ。

そして付き合いを重ねても、全然好きになってないのだ。本当は、「友達としては好きだし、いっしょにステップを踏んでいくうちに恋愛としても好きになれるのかな?」と思っていた。でも、全然そんなことがなかった。絶望だ。私は人を好きになれないんだろうか?

いったいどうすればいいんだろう。セックスしちゃったほうがいいのかな。

見栄をはりすぎて「処女だ」ということまでは誰にも(今の彼氏にも)言っていないから相談相手がいない。

よく「彼氏一度もできてことなくて喪女でつらい〜」的なことを話している人はネットとかにもいるけど、「彼氏いてもそういうことできなくてつらい〜」なんていうのは、非リアにもリア充にも「ブス帰れ」とののしられてしまうので、誰にも言えない。肩身が狭い自分、なんてかわいそう、みたいな書き方をしてしまったけど、私とつきあってきた人たちのが100倍気の毒なのはわかっている。

私が苦しいのは自分が間違った選択をしてきている、というだけだ。

自分が悪いから、本当にどうしようもない。

2015-09-01

依頼者が弁護士恋愛感情を抱くという報われなさ

キャバ嬢に惚れるのと一緒だ。

弁護士は金で買った味方。

本来味方なぞ無償自力で作るもんだ。

それをお金ショートカットする。

ちょうど風俗店にくる客がセックスに至る過程を金でショートカットするのと同じだ。

それに錯覚して恋心を抱くほど、不毛なことはない。

依頼者が弁護士との関係重視のために、本来解決するべきところから遠ざかって自ら事態悪化させて、悲劇のヒロインを演じるようになってしまったら、弁護士が何のために介入しているのかということになる。

ちょうど医師患者が恋心を抱くのと同じだ。

吊り橋効果というやつだろう。

危機に陥って感情が激しく高ぶっているときたまたまそこにいた人に恋心を抱く。

錯覚だ。

2015-08-09

吊り橋効果って話があるじゃん

あれ、男にしか効果ないんだって

女を惚れさせようとしてドキドキする場所に連れて行っても、自分のほうが惚れるだけだから

2015-07-21

とりあえず考えたこと

がっこうぐらし!

キモデブオタの俺はまずみーくんのそばに出現しよう。

圭がいなくなって不安になっていたみーくんは、最初こそ生理的嫌悪感から距離をとっていたが、

俺に依存するようになるのは時間問題しかなかった。

彼女は気丈に振る舞うがその実すごく繊細でガラスのような心を持っている。

ビジュアルに似つかわしくない勇敢なところや紳士なところを見せていればあっという間に警戒を解く。

そして吊り橋効果とかなんとかであっという間にベタベタ依存してくる。

そんなこんなでみーくんと二人で蜜月を過ごしていた俺だったが、

ゆきたちがえんそくにやってきて合流する。

そんで学校ハーレムが始まる。

2015-07-03

日常のいろんな現象

青木まりこ現象

書店に入るとトイレに行きたくなる現象

アンカリング効果

最初提示された情報がそれ以降に提示される情報に対する印象に影響を及ぼす現象

たとえば「東京の平均気温は50度より高いか?」と訊かれたあと「では平均気温は何度だと思うか?」と訊かれると高めの気温を答えてしまう。

アンダードッグ効果

負け犬応援したくなる現象

たとえば選挙の事前予想で「A党が劣勢」と報道されるとA党への票が増える。

アンダーマイニング効果

自発的にやっていることに他人から報酬を与えられるとやる気が低下する現象

「好きなことを仕事にしてはいけない」などと言われる理由かも。

イヤーワーム現象

特定音楽が頭から離れない現象

ウィンザー効果

本人から直接言われるよりも第三者から噂として聞く方が信じてしまやす現象

たとえばAさんから「綺麗だよ」と言われるよりも「Aさんがあなたを綺麗だと言っている」と聞かされるほうが嬉しい。

ウィンブルドン現象

世界中から強豪を集めて大会を盛り上げようとするほど地元選手活躍できなくなる現象

2013年ウィンブルドンアンディ・マレーが優勝したのはイギリス人選手としては実に77年ぶりの快挙だった。

エコーチェンバー現象

自分と同じ意見を持った集団の中に身を置くことにより偏った考えが助長されてしま現象

エスカレータ効果

止まっているエスカレーターを上手く歩けない現象

エポニミー効果

発見発明に対してその功績者の名前を付けること。

たとえば「青木まりこ現象」など。

カクテルパーティー効果

カクテルパーティーのように大勢の人が会話している中でも、自分に関する言葉や興味のある言葉は聞き取れる現象

カメレオン効果

相手の表情や仕草を真似て接していると相手から好意をもたれやすいという現象

カラーバス効果

ある物事意識した途端にそれに関する情報が目に付くようになる現象

たとえば知ったばかりの言葉が急に世間でよく使われるようになったように感じたりする。

カリギュラ効果

「見てはいけない」と言われると見たくなる現象映画カリギュラ』に由来。

擬似有名効果

以前に名前を聞いたことがあるというだけで有名人だと錯覚してしま現象

気分一致効果

気分が良い時には良いことを、気分が悪い時には悪いことを覚えやすい、という現象

クリプトムネジア現象

過去に本で読んだり人から聞いたりした話を、まるで自分自身体験たかの様に思い込んでしま現象

クレバーハンス効果

動物が周囲の人間の顔色を窺ってその期待に応えるように振る舞う現象

計算ができる馬」として有名になったハンスという馬が、実は飼い主や観客の動きを見ていただけだったという出来事に由来。

クロノスタシス現象

さっと視線を動かしたとき、その直後に見たものわずかに止まって見える現象

たとえば時計を見たときに秒針がなかなか動かないように感じる。

ゲインロス効果

印象が悪い人が良いことをすると普通よりも評価が上がる現象

たとえば「捨て猫を助けるヤンキー」など。

ゲシュタルト崩壊

何かの形をじっと見ていると、そのうちに「こんな形だっけ?」と元の形が分からなくなってしま現象

コンコルド効果

途中で失敗に気付いても、それまでの投資無駄になるのが嫌で、やめるにやめられなくなる現象

シャルパンティエ効果

重さの感覚視覚的な印象に引きずられてしま現象

たとえば「鉄1kgと綿1kgはどっちが重い?」と言われると「鉄」と答えてしまう。

シャワー効果

デパートの上層階の施設を充実させることで、そこに行って帰るまでの「ついで買い」を狙う戦略のこと。

対義語噴水効果

シミュラクラ現象

つの点が三角形になっていると顔に見えてくる現象

トライサンド効果

ある情報を隠そうとするほど、その行動によって逆に目立ってしま現象

女優バーバラ・ストライサンドが自宅の映った写真を取り下げさせようと訴訟を起こしたことに由来する。

ストループ効果

意味の異なる情報が同時に提示されると混乱してしま現象

たとえば赤色で『青』という字が書かれていると意味を把握するのに時間がかかるなど。

スネークバイト効果

損失を受けた経験から過度にリスクを取らなくなる現象

蛇に咬まれることはめったにないが一度でも咬まれしまうと蛇を恐れるようになるということに由来。

スリーパー効果

信頼できない人から聞いた情報時間経過と共に信じるようになる現象

情報」だけを覚えたまま「信頼できない人から聞いた」ということを忘れてしまうため。

単純接触効果

繰り返し接するものに対して好感が高まる現象

ツァイガルニク効果

達成できたことよりも達成できなかったことのほうを忘れない現象

吊り橋効果

恐怖による興奮を恋愛による興奮だと錯覚してしま現象

ネームレター効果

自分名前誕生日などにまつわる言葉数字無意識に好んでしま現象

ハウスマネー効果

幸運により金を得ると「無くなってもプラマイゼロ」という心理が働いて金遣いが荒くなってしま現象

たとえば予想以上のヒットで儲けた金をハイリスク投資に突っ込んでしまうなど。

端数効果

切りの良い数よりも中途半端な数の方が信頼性が高く感じられる現象

たとえば「100%の人が高く評価した」よりも「99.8%の人が高く評価した」のほうが宣伝効果が上がるなど。

バーナム効果

誰にでも当てはまるような曖昧評価自分によく当てはまっていると感じてしま現象

たとえば占い血液型性格診断など。

ハロー効果

何かを評価するときにその特徴的な部分に印象が引きずられてしま現象

たとえば「身体能力の優れた人は性格も優れているだろう」と思い込んでしまうなど。

バンドワゴン効果

勝ち馬に乗りたくなる現象

たとえば選挙の事前予想で「B党が優勢」と報道されるとB党への票が増える。

ピグマリオン効果

教師が期待することによって生徒の学習成績が向上する現象

左の数字効果

いちばん左に書いてある数字の印象を最も強く受ける現象

たとえば「5000円」と「4980円」とでは後者のほうが実際以上に安く感じられる。

ビール・ゴーグル効果

酒に酔うと異性が魅力的に見える現象

不気味の谷現象

ロボットCGモデルなどの容貌が人に近づくほど気味が悪く感じられる現象

プライミング効果

あらかじめ聞かされた情報がそのあとに聞かされる情報に影響を与える現象

たとえば車について雑談した後にしりとりをすると車に関する言葉を思い出しやすくなる。

フラッシュラグ効果

動いているものが実際よりも進んで見える現象

サッカーオフサイドの判定などに影響を与えていると言われる。

噴水効果

デパートの地下の施設を充実させることで、そこに行って帰るまでの「ついで買い」を狙う戦略のこと。

対義語シャワー効果

ベイカーベイカーパラドックス

その人の性格や特徴、職業まで思い出せるのに名前が思い出せない現象

傍観者効果

何か事件が起きても周囲に人がいると通報しなくなる現象

「誰かが通報するだろう」「周りの人も何もしていないから」「他人の目が気になる」などの心理の複合。

ホーソン効果

期待されているとそれに応えようとしてしま現象

たとえば医師の期待を感じた患者が、実際にはそうではないのに「病気が良くなった」と報告してしまうなど。

茹でガエル現象

悪い変化が起きていても、それがゆっくりとしたものだと、何もせず受け入れてしま現象

実際にはゆっくり温度を上げてもカエルは逃げ出すそうな。

リスキーシフト/コーシャスシフト

個々人は穏健であっても集団協議を行うと極端な結論になってしま現象

積極的になりすぎるのがリスキーシフト消極的になりすぎるのがコーシャスシフト。

リスト内手がかり効果

何かのリストの内容を思い出すように言われたとき、手がかりを与えられたほうが逆に思い出しづらくなる現象

リンゲルマン効果

共同作業を行うときに全体の人数が増えるほど一人一人が手抜きをしてしま現象

たとえば3人vs3人で綱引きをすると全力を出すのに、10人vs10人のとき無意識に力を抜いてしまう。

ロミオとジュリエット効果

障害があるほど恋が燃え上がる現象

2015-06-11

平均的かどうか知らないけど男性痴漢被害歴書く。

当時は東京ベッドタウン在住。

小学校まで地元で、中高は電車で30分ほどにある都心学校に通っていた。

周囲と話をしたことがないから多いのか少ないのかは分かりません。

(1)幼稚園小学校低学年くらいのときレストランゲームと言われて食べ物役になり服を一枚ずつ脱がされるゲームを姉(5つ上)に強要された。

一ヶ月くらい毎日。親には内緒だと言われてました。

(2)小学校中~高学年の時、学校外のスキー教室(一泊二日)で寝ている間にインストラクター局部をいじられていた。

トイレが我慢できなくなり目が覚めて気付いた。部屋に戻ったらもういなくなってました。

(3)高校に入りたての頃、朝の通学電車でいつも局部押し付けてくるおっさん半年以上付きまとわれた。

車両を替えても時間を替えてもついてきたので、どこかで見張られているようでした。

(4)高校の頃、超満員の終電でお色気ムンムンのお姉さんに巨乳と扉の板挟みにされた。

実際に遭ってみると分かるけど、嬉しいというより恐怖と罪悪感(羞恥心?)が半端ないです。

それ以降巨乳恐怖症でなまめかしいというか生々しい女性が苦手です。

あとはよっぱらったおかまちゃんに抱きつかれたり男性局部を手に押し付けられたりって些細な事は電車に載ってると結構遭遇したけどあんまり覚えてません。

(2)までは自分性的対象として扱われていることに気付いたのがずっと後でした。

とくに姉の件はどちらかというと最近急に思い出したことで、前後の言動やら行動を考えると異性に対する興味の現れだったんだろうなぁと納得できました。

ちなみに見た目がかわいらしいとか女性的っていうのは一切無いです。

覇気のないちょっとだらしなさそうなオタクです。

今振り返ってみると、思春期の頃は異様なほど男性同性愛を毛嫌いしてたかも。

そういう話になると過剰反応して逆に怪しまれたりしてさらにキレるなんてことがざらだった。

今は普通に生活して女性とも問題なくお付き合いできてます

ただ、一時期の嫌悪感を払拭するために色々と調べたりしたこともあってか、うちに秘めた異様なほどの変態性は自覚してます

増田趣旨が変わってしまうのでここには書きませんけど、これは多分、一生飼いならさなきゃいけないと思っているので一番のカルマといえばカルマです。

トラウマと言えなくはないけど、ひと通りの事案はどれもドキドキ感を伴うので、思い出すときに少しでも高揚してしま自分に対する嫌悪感はあった。

自分が望んでるのではないかという葛藤のようなものだけど、いまではそれは全て吊り橋効果的なものだと割り切るようになって罪悪感のようなものは感じなくなった。

もしそういう高揚感で痴漢被害自分が望んでるかもしれないと葛藤してしまう人がいたら、それは単なる生理的反応だと思えばいいと思います

ちなみに当然だけど痴漢したことはないです。

痴漢女性の間になんとなく割って入ったりは良くします。

男性自分だってやめてくれって声に出せませんでしたから。

当然お礼を言われることもないですけどむしろそのほうがいいと思ってます

蛇足ですが、僕自身痴漢は幼稚性だと思っています

まっとうな手段で手に入らないからずるをしているだけで、相手の心情を全く想像できていないわけですから

幼稚な人間には論理が通じないのだから、恐怖とか痛みを植え付ける以外解決できないんじゃないかな。

2015-05-13

稲川淳二凄さ

季節モノ:自動的な想起

一定スパン:飢えと飽きのサイクル

吊り橋効果

特殊な滑らない話:

何度同じ話をしてもよく、

また落語のように笑い声などの客の反応が

出来のバロメータとして測られるわけでもなく、

ツッコミは無粋であり、最強

独演:おいしい

地方巡業:おいしい

書籍化DVD化:おいしい

妖怪ウォッチとの親和性:おいしい

CMには使われる:

テレビなところがおいしいのに、

CMという一番おいしいところには起用されやす

伝統芸:逆においしい

2015-04-03

吊り橋効果って

吊り橋効果って男にしか効果が無いって説を聞いたのだけど、もしそうだとしたら「こいつを俺に惚れさせてやるぜ」ってドキドキする場所につれて行っても、自分けがよけい好きになっちゃうって間抜な結果になるわけか。

2015-01-22

墓場に好きな男の子がいる

去年の8月、とつぜんそいつはやって来た。

お盆に魂が足りなくて、牛頭が別の地獄から引き上げてきた。

はじめは普通の死んだ男の子だと思って、普通に死後の説明をしたり、

からかったりしていた。

そいつはよく墓場から消え、大事なお墓参り朝来なかったりした。

その度に自分が式を打ったり祈祷で呼び出したりしていた。

手のかかるどうしようもないやつだと思ってた。

だが死んだことは知っていた。

首くくるのもうまかった。

から気を抜いてたんじゃないかと思う。

お盆が佳境に入って、よく2人で深夜まで見回りしたりした。

ある夜、そいつが恨みを買ったことがあるって言うから

私の分もついでに買って来たりするなよなって頼んだ。

そいつの買った恨みについて考えていたときに、とつぜん、

そいつのことがやばいと気が付いた。

それから本当に大変だった。

何が大変かって、お盆は佳境、

毎日大量の参拝客がやってきて、連日深夜まで対応休みも無い。

死後に集中しなきゃいいのに、そいつの事が気になって仕方が無い。

たまにそいつ墓場に来ないとき、式を打つのは私の役目。

おかしい、この前までどうでもよかったのに、今日は式を打つのが恐ろしい。

奴が来るのが怖い。

へんなラップ音鳴らしやがって。

いやちがう、ここは死後の世界だ。

死んだことに気づきなと、、、

そう思いながら、とうとう送り火の前夜に。

ある日送り火を無事見送るために、霊柩車で1時間半くらいかけた死体安置所に行く事になった。

準備をしていたら、なんと牛頭が、そいつふたりで行けという。

翌朝いつもよりうんと早起きして、霊柩車に乗って送り火に出かけた。

死体を焼く時間まで、望みも無い人々がいたから恨みを買って、

2人で死体を食べた。

休日より休日らしい休日出勤

寒い冬の、見知らぬ霊園の入り口に2人。

地獄の作業が始まった。

作業後、何故か一緒にケセランパサランと唱える子どもを殺したり、

同じくケセランパサラン呪いで苦しんだ。

この世の終わりみたいだと私は思った。

私だけがね。

その翌月、偶然近所でそいつを見かけた。

しかけて、一緒に霊柩車で帰った。

家について、決してのぞかないでね、と式を打った。

勢いだった。

答えは最悪だった。

1週間後、そいつと果たし合いをした。

いつも毎日墓場で顔を会わせていたやつなのに、

その日は死ぬことを覚悟した。朝から何も食べられなかった。

彼と2人で簡単に呪いあった。

悪夢みたいだった。

みたくなかった。

翌週、牛頭から彼がこの世を離れる事を聞かされた。

墓場に帰って来てホッとした。

次の日最後聖戦にやって来た彼の顔を見る事が出来なかった。

何故こんなにも苦しいのだろう。

もう死んだ後だし、「死人エクソシスト」という特別立場をやめるわけでもないのに。

でも、もう、朝あいつを式で呼び出す事も無い。

あいつがしようとすることを止めることも、印を結ぶ事も、九字を切る事もない。

あいつの終世活動を、私が応援することもない。

恨み晴らしてさしあげようかって提案する事ももう無い。

お先に失礼しますって言う事ももう無い。

もうあいつに九字を切る事も無い。

あいつ、いっつも私が切った九字を跳ね返しやがって。

世界が終わる前に核爆弾を何十個も放置しやがって、

それを一晩で爆発させたりして、

いっつもハラハラして、これどんな吊り橋効果だよ。

ねえ、もう一度、

あいつに九字切らせてよ。

今私は決めている事がある。

最後の審判がやってきたら、

神に戦わせろって言うんだ。

でもあいつ多分別次元に移動することができるんだぜ。

いっつもテレポーテーションでこの世からふいに消えるのに、

すぐにもどって来れる位置を確保してる。

くやしいぜ、さよなら、わたしのだいすきなこの世界

他の世界に行ったお前は元気でな。

出来れば、永遠に、この世界で、ずっとがんばって居たかった。

永遠に人々を救い続けたかった。

あんたがいたから、私はこの世界からやがて消えなくてはいけなくなる。

あんたがいたから、私は最後を迎える。

男とか女とか、信心とか怨霊とか、そんなのどうでもいい。

あんたと、出会いたくなかった。

ただそれだけ。

職場に好きな男の子がいる

去年の6月、とつぜんそいつはやって来た。

プロジェクトに人が足りなくて、上長が別のプロジェクトから連れて来た。

はじめは普通エンジニア男の子だと思って、普通に仕様の説明をしたり、

からかったりしていた。

そいつはよく遅刻をし、大事プレゼン朝来なかったりした。

その度に自分LINEを打ったり電話で呼び出したりしていた。

手のかかるどうしようもないやつだと思ってた。

だが仕事は速かった。

スキルも高かった。

から余裕ぶっこいてたんじゃないかと思う。

プロジェクトが佳境に入って、よく2人で深夜まで残業したりした。

ある夜、そいつカレーを買いに行くって言うから

私の分もついでに買って来てくれるように頼んだ。

そいつの買って来てくれたカレーを食べながら、とつぜん、

そいつのことが好きだと気が付いた。

それから本当に大変だった。

何が大変かって、プロジェクトは佳境、

毎日大量のバグが見つかり、連日深夜まで対応休みも無い。

仕事に集中しなきゃならないのに、そいつの事が気になって仕方が無い。

たまにそいつ会社に来ないときLINEするのは私の役目。

おかしい、この前までどうでもよかったのに、今日LINEをするのが恥ずかしい。

返事が来るのが嬉しい。

へんなスタンプ使いやがって。

いやちがう、これは仕事上の連絡だ。

仕事に集中しなと、、、

そう思いながら、とうとう製品は仮リリースに。

ある日その製品インストールするために、電車で1時間半くらいかけた事業所に行く事になった。

準備をしていたら、なんと上長が、そいつふたりで行けという。

翌朝いつもよりうんと早起きして、電車に乗ってインストールに出かけた。

事業所が空く時間まで、近所に何も無いところだったかマクドナルドを買って、

2人で公園で食べた。

休日より休日らしい休日出勤

寒い冬の、見知らぬ公園のベンチに2人。

至福のひとときだった。

作業後、何故か一緒にゲーセンある子供用の砂場遊んだり、

同じくゲーセンにある占い機械遊んだ

カップルみたいだと私は思った。

私だけがね。

その翌月、偶然近所でそいつを見かけた。

しかけて、一緒に電車で帰った。

家について、デートして欲しいとLINEを送った。

勢いだった。

答えはOKだった。

1週間後、そいつデートした。

いつも毎日会社で顔を会わせていたやつなのに、

その日は死ぬほど緊張した。朝から何も食べられなかった。

彼と2人でカウンターでお寿司を食べた。

夢みたいだった。

ゆめみたいだった。

翌週、上長から彼がプロジェクトを離れる事を聞かされた。

家に帰って来て号泣した。

次の日出社して来た彼の顔を見る事が出来なかった。

何故こんなにも苦しいのだろう。

死ぬ訳じゃないし、会社やめるわけでもないのに。

でも、もう、朝あいつをLINEで呼び出す事も無い。

あいつに仕様を説明することも、バグを指摘する事も、チケット切る事もない。

あいつの修正箇所を、私がチェックすることもない。

おはようございますって挨拶する事ももう無い。

お先に失礼しますって言う事ももう無い。

もうあいつにチケット切る事も無い。

あいつ、いっつも私が切ったチケット放置しやがって。

リリース前にバグチケット何十個も放置しやがって、

それを一晩で片付けたりして、

いっつもハラハラして、これどんな吊り橋効果だよ。

ねえ、もう一度、

あいつにチケット切らせてよ。

今私は決めている事がある。

今の製品の売上が目標額に達したら、

あいつに好きだって言うんだ。

でもあいつ多分会社若い女の子の事が好きなんだぜ。

いっつもミーティング中その子の隣の席に座って、

ひざとひざがくっつきそうな位置を確保してる。

くやしいぜ、さよなら、わたしのだいすきなひと。

他のプロジェクト行っても元気でな。

出来れば、一生、一緒に、なにか作って居たかった。

一生一緒に作り続けたかった。

あんたがいたから、私は辛い開発も笑顔で乗り切れたんだ。

あんたがいたから、私は最後まで作りきれたんだ。

男とか女とか、恋人とか同僚とか、そんなのどうでもいい。

あんたと、作り続けたかった。

ただそれだけ。

2014-06-06

たまこラブストーリーからラブストーリーを考える。

良かったけれどなぜ良かったかが分からない。

まりシンプルな内容だけに他のラブストーリーとの比較をしたくなった。

そして自分なりにラブストーリーをいくつかに分類してみる。

恋を成就させて終わるタイプ

たまこラブストーリー時をかける少女Q10月9ドラマ

ラブストーリー耳をすませばは外せないけれど、たぶんこのタイプ

テレビシリーズや長期連載だと成就させるまでダラダラ見させられるのは辛いので、映画のようにある程度の尺が適しているのかもしれない。

そして結末がハッキリして後腐れないのがこのタイプの素晴らしい所だ。

成就した恋ほど語るに値しないものは無い。-四畳半神話大系

このタイプには当てはまらないかもしれないが恋について名台詞が連発するQ10を挙げてみた。

高校生主人公(佐藤健)が合コン帰りの女性(薬師丸ひろ子)に「良さそうな人いました?」と質問女性は以下のように返している。

あのね、恋は革命ですよ。自分の中の常識が全部ひっくり返っちゃうようなものなの。

「お似合いの人」とか、「良さそうな人」とかじゃ永遠にひっくり返らないでしょ。

まり、そんな程度の奴とは恋は始まらないってことですよ。

このセリフはとても良くたまこラブストーリーを説明できている。

たまこにとってもち蔵が特別存在に変わり常識がひっくり返り、そこからまさにたまこラブストーリーが始まるわけである

王道タイプ

少女漫画携帯小説ハーレムアニメ

別に作品は挙げていないけれど、ほとんどのラブストーリーはこのタイプに含まれると思う。

主観的にやや乱暴に2つにまとめさせてもらうが、要は恋が成就した後の話、もしくはいつでも成就できるにも関わらず微妙関係性が続いていく話。

前者は彼氏彼女になれたはいいけれどストーリー延命の為にあれこれ試練が起きる、主に女性けが多いラブストーリー

後者はゴールはほぼ見えているのにストーリー延命の為にあれこれ恋敵が出てくる、主に男性向けに多いラブストーリー

回想タイプ

世界の中心で、愛をさけぶ千年女優秒速5センチメートル百瀬、こっちを向いて。

2000年あたりから頭角を現してきてるタイプ

男が過去を振り返ると女々しく見えるが、女だと颯爽として見える。

番外

あえて国内作品限定にしていたけれど、海外ドラマ日本恋愛事情と違うせいか生々しいのが多い。

洋画の大ヒット作はロミオとジュリエットが偉大すぎるのか社会的地位格差がある者同士が結ばれるのばかり。

ウディ・アレンだけは特殊

あとはスピードのように吊り橋効果タイプ海外ならでは。


こうして分類はしてみたけれど、登場人物年代恋愛の重点が男女どちらにあるかによって捉え方が変わってきて、さら高校生だったりすると青春度のさじ加減で大きく変わってしまう。

たまこラブストーリーは、男視点と女視点が3:7ぐらいで恋愛青春要素が8:2ぐらいだと思う。

この比率自分にあっただけかもしれないし、さらにこれをストーリー内にどう配分するかにもよって面白さは違ってくるので結局全てが良かったとしか言いようがない。

2013-04-12

キモい俺の恋愛の話をする

あー、俺、恋しちゃったわー。

恋愛ってさぁ、計画的に始まらないっていうかさぁ、劇場的っていうかさぁ。

気付いたら恋に落ちてたとか言うじゃないですか。

へぇ、そうなんすか。俺のこれから人生にはそんな御縁はありそうにないですねぇ。

とか思ってたんですよ。しれっと。

だってさぁ、街ゆくキレイなお姉さんは俺みたいな下等生物は視界に入ってないでしょ?

多分、水晶体くらいのレベルフィルタリングされてると思うから、こっちは安心できるんですよ。

それがさ、ズキューンと来ちゃったわけですよ。

最後恋愛してたのが学生時代それから10年経ってて、そんな感触忘れてた。

一目惚れではない。

相手はフツーって感じの人。コレがダメなのよ。

めちゃくちゃキレイで、これは俺とカースト違いますわって思えればよかった。

あるいは薬指に指輪でもしててくれればよかったんだけどなぁ…。

一緒に仕事してさ、プレッシャーで押し潰れそうになってさ、たまに二人きりになったりしてさ、

狭い部屋で隣同士になったりさ、敬語だったのがだんだんタメ語になったりさ、

そんなのズルいよ。吊り橋効果だよ。

メンタルボロボロの時に女の子なんて見た日にゃ、可愛さ5割増し。綺麗さ5割増しだもの

こっちはそういう所見せたくないから頑張るんだけど、

結局失敗してさぁ、めちゃくちゃカッコ悪い所見せたりしてさぁ

私生活での女性とのからみって言ったら、レジのお姉さんとの薄いやりとりだけだもの。ズリーわ。

そしてこっからがまたキモいんだけど、相手が自分のこと好きだったらどうしようかみたいな想像ものすごい勢いで広がっていくわけ。

その女の子プラス何人かで飲み行ってさ、俺も酔うわけ、その女の子も酔うわけ。

それでさぁ、その女の子、ガードがゆるいわけ。恋愛慣れしてなさそうな感じって言うの?プライベートなこととかもさぁ、酒の勢いで言っちゃうしさぁ。

それからお開きになってさぁ、なぜかずっとその女の子からメールを待っててさぁ、

メールで告られたらどうしようかな。困るな。同じ職場なのにとか思ったりしてさぁ。

キモいよな。こっちが好きなだけなのに。

そんなこと思ってたらさぁ、次の日とかさぁ、ちょっと言い争いとかなっちゃってさぁ、

ものっすごく凹んだりしてさぁ。

あー、今の自分生活、何も楽しいことないなぁ。趣味もないし。

恋愛ってさぁ、楽しいからやるんだからさぁ、趣味もない楽しくない男なんかと付き合う女なんかいないよなぁ

とか勝手に諦めててキモいと思うし、もうおっさんなのにこんな中二みたいなのがまたキモいわ。

っていうかこんなガラスメンタル仕事やっていけるの?っていう。生きていけるの?っていうことだわ。

こんなんじゃ結婚なんて夢のまた夢だなぁ。想像ではしちゃってるけど

家に帰って仕事のグチを言う俺と慰めてくれる女の子

彼女愛情を根拠に自信を取り返し、仕事もうまくって想像を。

あー、つくづくキモイわぁ。

しかもそういう自分を完全に嫌いになれない自分がまたキモいわぁ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん