「12使徒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 12使徒とは

2020-09-12

社会学者最後の晩餐の修復を請け負ったら

イエス12使徒の男女比を半々にし、性自認人種多様性に富んだ形にしてくれるのだろうか。

東アジア3:南アジア2:中東2:欧米1:アフリカ2:南米2

人種比はこれくらい?

12人もいるしLGBTにも配慮しつつカップリングできるぞ。

でもユダ男性かつ白人異性愛者に描かないとPC的に角立ちそう。




あとはこのシーンをディズニー映画してもらえれば配役で答え合わせできるな。

2011-07-02

恋人を信じることと、神を信じること

絶信の信という言葉を見かけた

信仰とは、信じるという自発的で自分能力依存する形で為されるものではないらしい

自分が信じ切れない、そういう状態でさえ委ねることを信じるというらしい

「鶏が二度鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うであろう」

12使徒の1人であるペテロが、キリストに言われた言葉だそうだ

キリストの信奉者であったペテロしかし、イエスを知っているかと問われた時に否定した

3度問われ、3度否定し

その際に思い出した言葉が上の文章だ

おそらく、その当時で最も信心があった人間の1人が、それを否定する

なれば、個人内部にある信心など、どれ程のものだろうか

からこその、絶信の信だそうだ

それはつまり自分の信心に限界があり、不誠実だと絶望

それでも、神の確実性に縋ることをそう呼ぶんだそうだ

大乗仏教における阿弥陀如来は、時が来るとあらゆる時空の人を救うとされている

あらゆる人を無条件で救うならば、もはやそこにおいては個人の信心さえ不要

確実に救われるのなら、それに委ねれば良い

信じる・信じないすらどうでも良いのだろう

受け入れるか、受け入れないかの問題だ

受け入れない事すら何の意味が無い

本題を話したい

恋人を信じる行為において、神や仏を信じる事と同様の事が言えるだろうか

自らが信じる・信じないすら関係ない

受け入れるか受け入れないかも関係ない

ただ、その確実性があるだけ

そんな関係があり得るのだろうか

たかが、人間風情だ

何が確実性なのだろうか

それはもしかすると、その存在そのものだろうか

永遠に愛される事は叶わない

人間である以上は、その能力限界からして永遠や確実と言う現象は起こせない

だけど、その人がいて、一時でありさえも出会ってしまったならば、それは消せない

記憶が消えても、その事実は消えない

わずかでもその影響は残るのだろう

人間は不誠実だ

忘れてしまう事さえある

昨日まで愛を語った相手を激しく憎んだり、無関心になったりもするだろう

それでもどうしようもなく、相手の影響だけは受けてしま

そこにおいてだけは、確実で永遠なのだろう

信じる事すら必要ない

受け入れる必要もない

そうなってしまうのだから、そのままでいる他はない

かつて、人間対処できない自然、何も出来ないものを神と称したように

恋人における神性は、その存在そのものに宿るんだろう

そして、それに対して何をする必要もないのかもしれない

2009-05-05

http://anond.hatelabo.jp/20090505101503

エヴァンゲリオンに出てくる第○使徒の「る」で終わる率調べてみた。

凡例:○ 「る」で終わる ×「る」で終わらない

×第1使徒 アダム

×第2使徒 リリス

○第3使徒 サキエル

○第4使徒 シャムシェル

○第5使徒 ラミエル

○第6使徒 ガギエル

○第7使徒 イスラフェル

×第8使徒 サンダルフォン

○第9使徒 マトリエル

○第10使徒 サハクィエル

○第11使徒 イロウル

○第12使徒 レリエル

○第13使徒 バルディエル

○第14使徒 ゼルエル

○第15使徒 アラエル

○第16使徒 アルミサエル

○第17使徒 タブリス(渚カヲル)

×第18使徒 リリン

「る」で終わる率 14/18(77.7[%])

(第17使徒は強引だけど)「る」で終わる率高すぎる。

る攻撃しかけながら、「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」って茶化すのも面白いかも

追記:

第18使徒の誤記修正しました。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん