「電源周波数」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 電源周波数とは

2018-09-06

たとえ原発が動いていても今回の道内全域停電が避けられない理由

まず、北海道電力泊原発は207万kWのPWRが1基。一番でかい火力の苫東厚真発電所が165万kW。今回は苫東厚真発電所が大ダメージを受けた。

んで、泊原発震度2が感知されている。もちろんこの程度で緊急停止はしないが

「外部電源喪失」をしているということは、つまり発電していても送電ができないので全く意味がない。

(泊の立地。端っこにあり一応大きな送電網は2系統繋がってはいる) https://web.archive.org/web/20180816083741/http://www.hepco.co.jp/corporate/company/img/map_zoom.gif

泊原発苫東厚真発電所よりもはるかに出力がでかいので、これが寸断されると電源周波数は当然一気にイカレる。

そもそも、でかい出力のプラントを少数組んで電力網を構築するモノリシック構成だと今回の災害の時にどうしてもSPoFになって被害がでかくなってしまう。

発電量が少量でも、プラント送電網を地理的分散すれば何の問題も起きなかった。

電力分散化と都合のいい技術がある。再エネや燃料電池だ。

風力や太陽光地震には弱そうだが、なにせコストが下がり続けているので、地理的分散が容易だ。

再エネで分散化するには出力の平滑化が課題なので、これから時代災害に強いエネルギー戦略としては再エネ(風力、太陽光地熱、潮力)+蓄電(フライホイールリチウムイオン電池)+揚水などが適するだろう。燃料電池としてはMCFC、SOFCが良い。過渡期のつなぎとしては、火力の助けを借りることになるだろう。

まだ技術成熟していないが、原発もんじゅにかけてきたコストこちらに投入しておけばなにか知見が得られていたかもしれない。廃炉にかけるコストも何の"生産性"もなく無意味技術だ。

というわけで、原発がたとえ稼働していたとしても、巨大だが少数しか作れないプラント災害に弱すぎる。今回の地震で、それが改めて浮き彫りになったといえる。

ブコメ

2018-08-19

サマータイムと同じくらい無駄に壮大な無駄計画こと

サマータイムと同じくらい無駄計画の一つに、電源周波数統一とか言うのあるんだけど、こっちは好意的な人多いのなんでだろうね。

2016-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20160401210629

電気の50Hz/60Hzの話しも、新潟が境目にあることを表しているな。

日本電源周波数は、およそ、富士川静岡県)と糸魚川新潟県)を境に東側は50回(50Hz=ヘルツ)、西側が60回(60Hz=ヘルツ)となっています

ただし、境界付近には「50Hz」と「60Hz」の混在地区もございますので、ご注意ください。

また、引っ越し先が、東西境界近くなどでその地域周波数不明場合は、引っ越し先の電力会社へご確認ください。

http://www.sharp.co.jp/support/info/info_hz_1.html

シャープサイトが出て来たから、貼った。

==

2015-06-24

正直50Hzの地域を見下している

だって50Hzだと60Hzよりも交流モータの回転速度が遅いじゃん。

一国の首都電源周波数が50Hzってどういうこと?やる気あるの?恥ずかしくないの?

マジで全国を60Hzに統一すべき。できないなら60Hzの地域遷都すべき。

インバータ?言うのは簡単だけど結構コストかかるんだよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん