「Aリーグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Aリーグとは

2022-02-18

ウマ娘、初めてチャンミでグレードに登録した

まじで勝てなくてびびっている

20戦して3勝17

それでも3つ勝てたのは朗報かもしれない

だいたいこっちはA+は作れるけど評価値13000いかいくら

ライバルたちは15000前後普通って感じ

もうね、評価値が2000ほど違うの

そりゃ勝てんって

なんかスキルの数が全然違う

あと賢さが500くらい違う

どうなってんの?どうしたらあんもの育成できるの?

2勝しないと予選落ちだと思って、ジュエル使って4セットこなしたけど、もう一度よく見ると未勝利でもBリーグはいけるみたい

Bリーグいったら上積みがAリーグに行ってレベル少し下がるだろうから、2勝の目はあるような気はしている

しかし、比較的つくりやすマイルレースでこれなんだから、中長距離になると絶対無理だね

2021-09-23

ウマ娘という苦行と戯れた体験

ウマ娘アプリ以前、アニメ1期から追っていた。

そんな期待はしてなかったが他のソシャゲ引退していたし、1年くらいはやる気でいた。

しか半年も経たずに飽きた。

元々ソシャゲ称号価値を感じる性分じゃないので、チャンミはどうでも良かった。プラチナとれていたが。

でも互いの育てたキャラ披露するのは面白かったしリアル競馬みたいに戦績が積み重ねられていくのは面白かった。


しかし、そこに至るまでの育成が果てしなくつまらなく苦行。

下振れ、バステイベが多い、スキルやステ盛りに加えて適正Sなど上振れ引くまでやらなきゃいけないのがつまらない等。

まだアホな時はそういうので一喜一憂できるが、冷静になってくると上振れようが何しようが全てが作業に感じつまらない。

上振れても楽しくない。ゲーム自体がつまらいから。

そしてキャンサー杯決勝前にさらメンバー更新しようと育成してる時に誤魔化せないほど冷めてしまい一時引退ログイン勢に。

結果的に決勝も初めて負けてしまったが冷めていたので悔しくもなかった。


その後のレオ杯は早めに開催と条件が発表されていたがやる気が無くログインしかしていなかった。このままフェードアウトなのかなと思った。

しかレオエントリーが始まったらせめて推しだけでも育てるかと復帰し適当に極まってはないがそこそこのを作った。

なんだかんだで勝てた。結果的にまたプラチナに返り咲いたがやはり嬉しくもなかった。


そんな中でのハーフアニバーサリーと新シナリオ発表と実装。これが痛恨だった。アオハル杯に絶望

アオハル杯がつまらないというより従来の育成が辛いのにそれと大差ないか面倒臭さはむしろ悪化したようなのが出てきたのが辛かった。

このゲームはもう面白い方向には進化しない、いつか進化するとしてもさらに数年はかかると分かった。引退を決意し、サークルからも脱退しログインもやめた。

復帰する時は来るとしたらまともに楽しめるシナリオや何かが来た時かなと思った。レジェンドレースはやるが。


しか何だかんだでチャンミのヴァルゴ杯が始まったら、レジェンドレース開催中に始まったこともあり、出るつもりなかったが距離が同じキャンサー杯の時のキャラをそのまま出した。

もうレース見る気すら無いほど飽きてるからレースは全部スキップした。レベル上がってて苦戦してたが何だかんだAリーグ進出してしまった。

予選でこの苦戦の仕方だとラウンド2以降は歯が立たないだろうからと育成に再び少しやる気を出してみた。

だが何回か作って最初から最後まで果てしなくつまらない苦行が久々に身に染みた。このゲームやっぱりめっちゃくちゃつまらないと改めて実感。

今度はレオ杯の時とは違いチャンミのアドレナリンで誤魔化せないほどゲームうんざりしてることが分かった。

心のどこかでまだやりたい自分がいたからまた育成に手を出したのだと思うが、それを拒絶し遠ざけて完封するほどのゲームのつまらなさに感心してこの日記を書いた。

2021-05-18

ウラス出走登録したAリーグで3・1・1・0・1・1・1・0勝のもの

絶望目眩がする。

きっと俺は負ける。

ネットと対戦相手情報必死に真似して作っただけのゴールドシップ

信じられないほど末脚がないオグリキャップ

デバフが9個載ってるだけのナイスネイチャ

俺の自慢のチームだ。

コイツらがラウンド1で4勝をし、ラウンド2では3勝し、俺達はA決勝へと駒を進めた。

分かってる。

地区予選でよくあるくじ運が良すぎて勝ち進んだ棚ぼたベスト8みたいなもんだ。

俺達はきっと負ける。

なにをどうすれば2位で、どうしたら3位なのかは分からないが、とにかくどんなルールだろうと俺達はきっと3位だ。

なんでここまで来てしまったんだろうか。

2016-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20160927222834

ネーミングが悪い

Bリーグって聞いてAリーグの下で2部リーグって印象だった

2016-07-25

バスケットボールを指で回す理由

ふと疑問に思ったんだが、よくバスケットボール人差し指の上で回す人がいるじゃん

でもあれって試合では必要のない技術だと思うんだ

人差し指一本でボールを扱うことなんてないだろう

それになぜ他のバレーボールなどではああいうことをしないのか

実はこんな歴史があったというウソが思いついたので書いてみようと思う

時は1904年バスケットボールというスポーツが生まれから10年少々しか経っていない頃のお話

黎明期ということで例えばボールを持ったまま歩けるのは5歩まで、チームの人数は8人などと、今のバスケットボールとは大きく違っていた

アメリカ・NBCAリーグミッドランドロックハウンズは5チームのリーグ中5位、シーズン開始から10連敗中だった

なんとかこの状況を打破しようと、当時のグアダルーペ・ビクトリア監督は秘策を思いついた

その作戦の実行は、1904年9月7日リーグ首位で独走するグレートレイクス・ルーンズとの試合でだった

試合開始のジャンプボールボールを奪ったロックハウンズのチャールズ・タッパーはなんとボール人差し指の上でくるくると回し、そのままゴールへ向け走り出した

呆気にとられたルーンズだが、ひとまずボールを奪いに行く

しかしタッパーはボールを乗せた指を高く掲げ、相手守備を華麗にかわす

そしてそのままシュート

ルーンズの監督は当然審判へ抗議に行く

しか得点は認められたままだった

当時のルールには「ボールを持ったまま」歩けるのは5歩まで、と書いてある

まり、指の上に乗せているだけなので、トラベリングには該当しないというのだ

前の試合が終わってからずっとボール回しの練習だけを続けていたロックハウンズ、この後も順調に得点をあげていく

ロックハウンズのまさか作戦に焦ったルーンズの選手ボール回しを真似してみたが、そう簡単にはできず、ボールをこぼし相手に奪われてしま

試合は終始ロックハウンズペースで進み、結局104-71という大差で終わった

1年後に当時の大統領から「これはバスケットボールではない」と申し立てがありボール回しは禁止になったが、ロックハウンズの奇策は伝説として語られ、いまだにバスケットボールプレーヤーの間ではボール回しはクールプレイとして人気を博している

2016-01-21

たまに昔のゲームクラスメイト

俺が10面ぐらいまで行ったって話してんのに、「179面までいったぜwww」とかイー・アル・カンフー23周目だけどさとかいってくる奴、お前空気読めや。だいたいお前クラスAリーグに居ねえ奴じゃねえか。ゲームしかとりえないくせに。生意気だぞ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん