「すぐつく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: すぐつくとは

2018-12-05

https://anond.hatelabo.jp/20181205203952

NTTに大してイキったブコメしてる奴のうちGAFA入社できるような奴って1パーセントもいるんだろうか

650万が安すぎとか言ってる奴らの中で転職したらそれ以上の市場価値すぐつく奴は1パーセントもいるんだろうか

2018-01-27

女性専用の街なんて作るのは簡単

女子学校女性専用ホテル女性専用マンションはすでにあるんだから土地買う金と意欲さえ有ればそんなんすぐ作れるだろう。そんなんいうなら、すぐつくってみたらいい。

ただ、性犯罪者女性専用の街に侵入しないくらモラルがあったら普通の街でも襲わないだろうよ。

2017-12-07

初めてタバコ吸った

好きな人煙草吸ってるとかい理由タバコ吸ってしまった。味はそんなに嫌いではなかった。でも頭くらくらしたし、匂いすぐつくし、もう吸わないかな。多分

2017-11-26

自分子供でこういうことに向いてないっていうのはよーーく分かった。

いつでも無い物ねだりばっかりなんだ。今いる環境に甘えてちゃだめ。他の人たちと比べない。大人になる。

でもどこか人の見てない場所本音をぶちまけるのも必要だと思う。

ので言う。

あーーーーー腹立つ!!!!お前なんなんだよ!今更そんなこと言われてもハァ?だし、既読すぐつくのに返信全然ないけどまぁ忙しいんだろうな大変だなくらいに思ってた自分バカみたいじゃん。後出し感最高に腹が立つ。

そもそも、それも大バカ他所人間のせいで。そんなんならあんたが1から10まで面倒見てやれよ。知らねぇっつの。それに趣味悪いもの撮りやがってよ。IVかよ。家に口つけたものとか紙とか置いてんなよ。きっっっしょ。あー鳥肌たった。

私の言うこと一つも聞いてないし必要な部分に返事してこないし。頑張って褒めてもらえたと思ったらすごい突き放すようなこと言ってくるし。いい加減無責任なこと言うならいっそ放流してくれた方が幸せな気がしてきた。

いい加減なところ嫌い。本当嫌い。

腹立つーーーーーー!!!!!!

まじ100ぺん腹痛おこせ。

2017-03-10

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20170309110510

俺ははちまも刃もよく見るサイトだし、すごく面白いニュースを即座にまとめてくれるのでとても重宝してる

ゲーム機についても、はちま刃のおかげでいいゲーム機ダメゲーム機区別すぐつくからありがたい

からはてなブックマークでなぜ嫌われてるのか不思議だったんだけど、この記事ブコメ見てわかった

本当はみな見てるんでしょ?

はちま刃が任天堂は全部クソゲー任天堂信者クズだって教えてくれたけどみな同じように思ってるんじゃん

なんで見てないふりするのか

もっとはちま刃にブクマがついてトップに表示されるようになればはてブも住みやす環境になると思う

便利なサイトだよ

2016-10-16

電通人間の大半は他人事だし、下請け制作会社のことも書いてみる

昨日話題になっている、トイアンナさんのブログ

トイアンナのぐだぐだ/電通に入るようなエリート層は「降りたら死ぬゲームを生きている

http://toianna.hatenablog.com/entry/2016/10/15/102629

から引用以下、

上記のアナルといいエクストリームパワハラセクハラは一部のクライアントに限られるだろうが、「明日までにこの映像修正して納品してください。寝なければできますよね。この企画成功したら10単位で追加予算ますから」なんて目の前に人参をぶら下げた地獄労働はよく聞くし、私も依頼したことがある。その後、同じように低予算で何度もギリギリ納期で依頼せざるを得なかったことも。

こちらについて、少し考えてみてほしい。

電通マン編集パソコンの前に座ってチマチマ映像修正作業をするわけではない。

実際に寝ないで作業を行うのは、下請け制作会社人間である

そして私はCM映像制作会社人間である

せっかくなので誰かの目にふれればと思い、少し書きとめておきます

広告代理店の「徹夜してでもギリギリまで作業し続ける体質」は人・部署によるがだいたい本当である

(ちなみその体質は、実は電通よりも博報堂ADKのほうがひどい。彼らは二番手番手なので必死&一番手よりだいたい無能なのである

昨日も電通の人と接してて感じたが、今回の痛ましい事件も、

「ヨソで起きた僕と関係ない話」である

電通社員が7000人もいる。仕事の内容も本当に多岐に渡る。

新聞広告欄を取る営業からデジタル広告、TVCM制作から商品開発、東京オリンピックの仕切りまで…

から、みな自分部署以外のことはほとんどわからないし、あまり興味もない。

から自分の居場所とは違うとこで起きたこと」なので反省しようもない。

きっと今この日曜日午前中も多くの広告代理店社員仕事をしているだろう。

だって私も、今日代理店とのプレゼン企画会議のために出社している。

(今は会議が始まるまでの待ち時間である。)

から今日も延々と仕事は続く。

……

プレゼン前の昼夜問わず延々続く作業には、

実際に資料体裁を整える

グラフィック制作会社映像制作会社(以下、プロダクション)の人間も当然つきあう。

しろ

何をするかがやっと決まったあとから制作作業が始まるので、

打合せの拘束時間+作業時間を考えると、一番疲弊するのはプロダクションである

打合せ(or待機)数時間、そして打合せが終わってからひたすら修正修正エンドレス作業開始…

というのがプロダクションの全く通常運転である

そして、

晴れて競合プレゼンに勝って実制作が決まったあとも、

納品まで続く、営業経由でやってくるクライアントの様々な事情代理店クリエイティブの(どうでもいい)思いつきを

納品まで延々と具体の形にし続けるのはプロダクション人間である

延々膨大な効率の悪い作業を経て、やっと納品が見えてきた頃に、代理店社員の誰かが言うのだ。

「◯◯さん、今度こんなプレゼンをやることになったのだけど…

意外に思うかもしれないが、代理店人間はだいたいプロダクション人間にやさしい。

徹夜作業を実際に行うのはプロダクション人間なのである

どちらかといえば代理店は、平身低頭の勢いで電話してきて「なんとかやってくれませんか…」という風になる。

代理店営業さんは大変である

そして、

私たち普通にその作業を受け入れる。なんなら笑顔である

だって代理店の言うことはなんでもやります」という姿勢がないと仕事がなくなってしまうのだ。

クライアントの言うことはなんでもきく代理店」という構造は、ここで再生産される。

ちなみに、徹夜での特急作業量はだいたい見積もりには載せられない。

バジェット最初から決まっているので、

納品までに発生する作業は、どんなに理不尽なことがあっても全てグロである


だが、プロダクションは決してその体制に声をあげることはない。

なぜか。

それは、代理店から仕事がなくなると会社がつぶれるからである

これは大手プロダクションも同じ。

利益率の高いTVCMの減少と、デジタル化による「すぐつくれるようになったんでしょ」という意を暗に含む、

クライアント代理店と順繰りにかかる)値下げ圧力により、

プロダクションはどこも疲弊しきっている。利益がでなくて自転車操業である

受注しても利益は出ない、しかしどんな仕事でも受注しないと会社がつぶれる、だからどんな理不尽案件でも(笑顔で)受け続ける…

プロダクション仕事を取り仕切る営業窓口はプロデューサーであるが、

プロデューサーは圧倒的にだぶついているので、仕事は取り合いである。

そして、実務を担当するプロダクションマネージャーは今、圧倒的に人手不足である

当たり前だ。

代理店を超える超絶激務、同じ仕事をしているはずの代理店社員よりも給料の半分以下、

TVCM頼りで生きている業界には将来性もない…

しかし、今日死ぬまで終わらない膨大な仕事作業をこなし続ける。

彼らはどこにも発言する機会はない。

プロダクション社員で団結する話をするほどのプライベート時間なんかあるわけがない。

どこかに実態告発するほどの時間人生にないのだ。


下請けの最下層、プロダクションの末端社員のことを少しでも想像してみてほしい。

真のブラックにいる人間は声すらあげない(あげられない)ということに気づいてほしい。

たとえば、今必死に叫ばれているように奇跡的に電通を始めとする広告代理店の体質が圧倒的に改善されたとする。

しかし、クライアントからオーダーされる仕事量は減らないだろう。

そうすると、

そのギャップ仕事量はどこが引き受けるのか。

間違いなく、下請けプロダクションである


次の自殺はどこで発生するだろうか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん