「ヒンズー教」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒンズー教とは

2017-04-22

http://anond.hatelabo.jp/20170421215211

新興宗教場合信仰を持ってるだけでなく、広めようとする可能性が割と高いからじゃないですかね。

カトリックヒンズー教でも、熱心すぎて周りにセミナーミサ)に参加しないか誘ってくるような人はやはり信用出来ないでしょう。

そして、仏教カトリック等、生活干渉しない範囲のゆるい感じで所属できるメジャー宗教が周りにあるのに、

敢えて少数派である新興宗教信仰し、その更に信仰を明らかにしているような人は、

「そうしなければならない何らかの理由がある」という想像が働きます

そこで想像される理由なんて、あんまりマトモな物は思い浮かびませんよね。

そんなわけで、新興宗教信仰してる人は「何か信用できない」という印象を受けますし、

そう考えるのがおかしいとは思いませんね。

2017-04-21

http://anond.hatelabo.jp/20170421215211

どの宗教か知らんけど知らんもんにうっとなってるだけじゃないの

ヒンズー教とかクリスチャンとか仏教徒常識から知ってるし怖くない

知らんもんは怖いっていうだけで

信仰とは何なのか

私は特定宗教信仰していない。

教会結婚式を挙げ、子供七五三には神社祈祷をしてもらい、多分死んだらお寺でお経を読まれるであろう、ある意味典型的日本人だ。

今日とある宗教団体若者達と話をする機会があった。彼らの身分学生で、あと何年かすれば社会に旅立って行く子達だ。

彼らに会いに行ったのは仕事の付き合いで、正直気乗りするものではなかった。私の仕事について講義をし、簡単ディスカッションを行うといった内容だ。

仕事柄、こういった講義の依頼は大学専門学校などから年に何度か受けているのだが、今日講義ディスカッションを受けた学生の質は、非常に高かった。そして私が感じた率直な思いは、「こういった形で出逢わなければうちの会社に欲しいところだ」というものだった。

彼らの団体に対する依頼を受けた事で、彼らは私をその宗教理解のある人、つまり味方であると捉えている。私に対しては自分信仰さらけ出してもいいのだと信頼をしている。しか申し訳無いが、私は別にその宗教に対する理解者では無いのだ。ただ信仰を持っている人達だという理由で避けたり差別すべきで無いという精一杯の倫理観で引き受けたにすぎない。

結果今、私はひとり思い悩んでいる。

素直で、熱意を持って私の話に耳を傾けてくれる優秀な彼らを心から信頼し、受け入れる事が出来ない自分に。

頭のすみに「得体の知れないもの」という一抹の不安が引っかかり続けている自分について。

私の会社にはクリスチャンがいる。しかし私を含め誰一人、その事で不安になるものは居ない。よく行くカレー屋のインド人ネパール人かも知れない)はヒンズー教人かも知れないが、だからどうしたといった感じだ。優秀なプログラマであればヒンズー教人のインド人を雇う事に躊躇はしないだろうし、親戚の婆ちゃんが頻繁にお寺にお参りに行く事を微笑ましくさえ感じている。

しかしこれが新興宗教となると気持ちが一変する。私の中の警告アラームが鳴り出し、倫理観で抑えようにも抑えきれずにいる。そしてこれは私だけの感覚で無いと確信さえしている。

仮に今日会った彼らの事を社員説明し、将来彼らを雇うと言ったら反対する者が一定数いるだろう。反対を押し切って入社させれば、「退職します」と言いだす者も出てくるかもしれない。

この差は何なのだ。なぜ受け入れられる信仰と、受け入れられない信仰が、無宗教である私の中に既に形成されているのだろうか。

そんな事を考え続けいるのだが一向に答えが出ない。

2016-11-27

http://anond.hatelabo.jp/20161127002956

仏教ってあれなのか。万人救済はする気はないんか。分かる奴だけ来い、みたいな

「救済」ってどういうことなんですかね?

黄泉の国にでも連れてけっつってんのですか?

んなこと考えてるからオウム真理教とかにコロッと騙されちゃうんじゃないっすか?

 

ヒントはね・・・

むかーしのインドでは・・今もそうらしいですけど・・「輪廻転生」を繰り返す、とかって思われてたらしいんですけど、仏教創始者と思しき人々は輪廻転生なんかないって言っちゃったらしいです。

たったそれだけで、輪廻の苦しみから逃れられますよね。

なんで「輪廻転生なんかない」ってはっきり言えてしまったんでしょうね?

 

ちなみに、インド気候って激しい雨季があって乾季があって、のように繰り返すので洪水や飢えに苦しむのも繰り返し。

その上、バラモン教古代ヒンズー教)、カーストは生まれ変わろうと変わんないとか言われてたので、ぐるぐる繰り返す苦しみだけがあるのが人間、という思い込みが強烈だったそうです。

そういうのが輪廻転生思想の源流です。なのでみんなそこから解脱たかったんですよね。

そういう古代インド思想をそのまま仏教でも引き継いでます用語とかがそのまま使われていると言うような意味でね。

その辺をちょっと理解すると理解の助けになるかもしれません。

 

でも、日本サラリーマンだって似たようなもんですね。毎日毎日仕事の繰り返し・・・宝くじでも一発当てて楽になりたいって気持ち古代インド人のそんなのと一緒ですよねーw

2016-07-25

Android市場ってヒンズー教に似てるよね

ごく少数のバラモンは華麗な生活を満喫する一方、信仰すら許されない不可触民も居る。

2016-02-22

http://anond.hatelabo.jp/20160222162535

経典

釈迦が編み出して弟子に伝えたものから

議論余地は無いの。


まあ別の宗教瞑想はまた別なのかもしれないけどね。

仏教瞑想についてなら正しいやり方があり、

それをやる限りは効果保証する。

ヒンズー教とか別の宗教瞑想ならそっちの人に聞いて。

(一応仏教立場では理論的に間違いなんだけどここであえて否定はしないし

 それぞれの伝統的なメソッドに従えばある程度の効果はある。)


でも世の中に出回ってるインチキ瞑想は他宗教ですらなく

インチキさんのオリジナル瞑想でしょ。

から仏教瞑想みたいなすごい効果はないし、

宗教瞑想のようなそこそこの効果すらない。

何にも効果が無いっていうのはオリジナルインチキ瞑想証拠だよ。

2015-12-11

男根メタファーダメって言うなら、男根崇拝してる神社にでも抗議してきなさいよ!

単にアニメからダメって話にしか思えないのよね…。

キリスト教はようしらんけど、ヒンズー教仏教神道男根元ネタとした用語なり、像なりがあるし。

日本にはもろに男根を祀った神社とかあるし、明らかにソッチのほうが生々しいし。

http://matome.naver.jp/odai/2136858729947749601

男根だの性的だのという事自体をそもそも否定してかかる人はある種のダブルスタンダードか、自分達が生き物だということを否定してる不自然な連中だと思うんだけど、どうなんですかね?

性的な色目・誘惑する表情をしてるとか、露出がやらしいとかも、もっと過激ものはいくらでもあると思うけど…どうなんですかねぇ?

と、僕自身は未だにもやもやしてるけど周り見てみるとそうでもないのよね…。

男根メタファー」って言葉がある種の大喜利大会の題材みたいになって、「フェミとか反オタク的な人達からの当て付け」であることからも忘れ去られそうになってて、その「大喜利大会」もそれほど面白い方向ではなく、「相手が100%悪いバカから100%」叩いていいみたいないじめ様相を呈してるのがあまり好きになれないんだよなぁ…。

うーんどうなんですかねぇ?

2015-08-13

ベイズ推定で考えてる

昨日友達と話してたら。お互い高学歴同士だったんだけど。お互い理系

  

話の結論的には。

相手 「朝食を食べたほうが成績が伸びるとかって、話として怪しい、根拠は何って感じ」

俺 「たしかに、朝食を食べた人達と、食べてない人達テストの平均点を比較する手法は現状否定されてる」

相手 「だろ?だからからないんだよ、朝食を作ってくれるようなやさしい親なら、教育に金だすだけって結論かもしれないし、朝食の微量蛋白パフォーマンス上げるのかもしれないし、分からないはず」

俺 「でも、尤度で考えると、『朝食を食べて成績が上がった人数』『朝食を食べて成績が上がらなかった人数』『朝食を食べずに成績上がった人数』『朝食食べずに成績上がらなかった人数』この4者を比べれば、朝食を食べたことで成績が上がったのか、成績が上がったことと朝食を食べることは無関係なのか、はっきりと数学的に示せる」

相手 「知らないなあ、でもやっぱりおかしいと思う」

俺 「ふ~ん」

  

  

  

  

  

俺 「宗教とかってさ、その土地遺伝子に有利なように作られてるじゃん?だからさ、俺らの遺伝子日本制度になじんでるし、インド人ヒンズー教になじんでるんだよ、牛を食べちゃダメとかさ~、あれも、農業より肉食優先だと不利な環境からとか、そういう理由だと思うよ~」

  

相手(最近外人彼女ができた) 「俺そういう考えきらい、そういうの関係なく宗教あると思うし。分からないじゃん。何が原因とかって。」

  

俺 「ふ~ん。でもさ、日本人とかって、血がとまりにくいじゃん。でも、欧米の人って血が止まりやすいんだよね、手術のときとか。それってさ。欧米人って狩猟してたから、血がダラダラ流れてたらまずいけど、日本人とかって農業からさ、血が固まらなくていいじゃん的な」

  

相手 「う~ん、まあそうかもしれないけど、そうじゃないかもしれないよね、別の原因とかさ~。証明できないじゃん」

  

俺 「一応、そういうの証明ってか、何の影響が大きいかを証明できるってので、尤度比ってのがあってさ。簡単に言うと、薬を使って、効果が出たでないじゃなく、薬を使わないで効果でたでないって人達も見て検証するみたいな?本当に薬の効果なのか、ほら、プラセボって言うじゃん、それのせいなのかとかさ。あるいは、薬Aと、薬Bどっちがよく効くかを比較するとか。ベイズ推定って聞かない?」

  

相手 「知らないなあ。でもおれはそう思わないんだよなあ。肉食ったか身長が伸びたとかいうけど、オランダとかって世界一身長高いじゃん?あれ、肉に成長ホルモンいれたから、それでっていう話で。日本人も肉食が原因っていうけど、成長ホルモン入りの肉食ってるからでしょって」

  

俺 「だから、そういうのでも答えだせる手法があってさ。肉食がとかさどの程度身長に及ぼすかって、肉食わなくても身長伸びた人、肉食わなくて身長伸びなかった人、肉食って身長伸びた人、肉食って身長伸びなかった人の4者の比率で分かるってか。どの程度の影響度か証明できるんだよね。」

  

相手 「ちょっと勉強してないからからないなあ。」

  

まりさ。

俺が当たり前にクリアカットに答えを出せる人生を生きる上での悩みみたいなの。それをクリアできるできないって、こんなところで差がついてるんだなあ。って思った。

実際、医学ってこんな感じで、「この病気の原因はこれらしいぞ」とか、推定を絞っていくのは普通にやられてるし、それで普通に教科書載ってるし、それにそって医学的な診断や治療が現状なされてる。

まり、これは正しい手法かはちょっと謎だし、もっといい手法が将来生まれそうだなとは思うけど、「実質そうやって判断されている」ってのを知らずに生きているのと、知って生きているのとは段違いだなと思った。

と同時に、これ理解できないと、多分一生この相手はこれを理解できないんだろうけど。そういう勘違いも含めて人生かなって思った。

2014-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20140312171400

よく分かっていて、客観的には怖がったり避ける必要が無いものでも、信条から避ける権利は誰にでもある。

たとえばイスラム教豚肉とか、ヒンズー教牛肉とか、日本人が猫や、近代ではイヌを食べないのとかね。


放射脳も基本はそれと同じで「”彼らにとって”安心できないから食べない」というのはいいの。

教義に反するから事実を学ぼうとしないのは、まあ、黒に近いグレーだろう。

ふつう宗教と一緒ね。個人の信仰の範囲。


あなたの主張どおり「安心できないから食べない」というのは確かに自由。

ただし、「それは(人間にとって)安心できないものだ」と事実ねじ曲げて主張したり、拡散するのはいけないこと。


放射脳と呼ばれる人々はカルト宗教と一緒。

ある事実に対して「(客観的な根拠がないのに)危ない」とか「事実を隠している」とか主張して

それを他人に押しつけようとしたりするから駄目なの。


しか善意で。正しい意味での確信犯ってやつです。

2014-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20140305052145

大事なのは生産過程を知ること。そんな教育をどこかで導入し、一般的に広く知れ渡らせることが必要なのかもしれない。

それさあ、部落差別についてもう少し勉強してから言ってよね。あなた東京周辺の人なのかも知れないけどナイーブすぎる。

仏教ヒンズー教不殺生戒を動物とかにも拡げてるわけだけど、そこでどういう人が被差別カーストに追い込まれたか、その辺考えた上でもの言ってる?

食べるなとも思わない。個人の自由だし、文化の形であるから弱肉強食世界が成り立たなくなるし。

自然界が弱肉強食である」ことは弱肉強食である「べき」ことではない。

そこをごっちゃにするのは社会ダーウィニズムで、ナチスまで後一歩だよ。冗談抜きで。

2010-11-10

http://anond.hatelabo.jp/20101110181909

ヒンズー教の最下層賤民がヒンズー教抜けて改宗する話みたいw

あれもヒンズー教人達はやっぱり怒るらしい

2010-07-06

「卵」 by Andy Weir

発端:http://i.imgur.com/VlwP6.jpg via Reddit

オリジナルhttp://www.galactanet.com/oneoff/theegg_mod.html

----

おまえが死んだのは帰宅の途上のことだった.

車の事故だ.なにも特別なことはない.ただ命取りだっただけだ.お前は妻と2人の子供を残して逝った.痛みはなかったはずだ.救急チームはベストを尽くした.でも駄目だった.おまえの身体は完璧にぶっ壊れてたから,死んだほうがよかったんだ.嘘じゃない.

そしておまえは私と出会った.

「一体……何が起こったんです?」お前は尋ねた.「ここはどこなんですか?」

「おまえは死んだ」事実ズバリと言ってやる.

トラックがいて……それからそいつがスリップして……」

「そう」と私.

「わたしは……死んだ?」

「そう.だがまあ気を落とすな.誰だって死ぬ」と私.

おまえはあたりを見渡す.まわりには何もない.おまえと私だけだ.「ここはどこなんです?」お前は尋ねる.「死後の世界ってやつですか?」

「そんなところだ」と私.

「あなたが神様ですか?」とお前.

「ああ」と答える.「私は神だ」

子どもたちは……わたしの妻は……」とお前.

「彼らがどうした?」

「今後上手くやっていけるのでしょうか?」

「うれしいことを言ってくれるじゃないか」と私.「死んだというのに一番気にしているのは家族のことか.善い振る舞いだ」

おまえは魅惑されたように私を見ている.おまえには私はまったく神様らしく見えない.ただの男,あるいは女性のように見える.多分,ある種の漠然とした権威を示す姿形だろう.「全能者」というよりも学校の文法の教師のほうが近い.

「心配しなくていい」と私.「みんな大丈夫だ.子どもたちはおまえを何事にも完璧な父親だったとして記憶する.彼らにはお前のことを思ってうじうじと悩む暇なんてない.お前の妻は外では泣くだろう.だが内心ではほっとしている.公平に言えば,おまえたちの結婚は終わっていたんだ.ただし,彼女自分がほっとしていることをとても後ろめたく思っていると言えば慰めになるかな?」

「あぁ……」とおまえ.「で,これから何が起こるんです?わたしは天国地獄かそんなところへ行くんですか?」

「いや」と私.「おまえは生まれ変わる」

「おぉ」とおまえ.「それじゃヒンズー教徒は正しかったんですね」

「どんな教えもそれ自身の意味では正しい」と私.「ついてきなさい」

おまえはついてくる,私が虚空を歩くに従って.「どこへ行くんですか?」

「どこへ行くというわけじゃない」と私.「ただ,歩きながら話したほうがいいと思ってね」

「それでどうなるんですか?」とおまえ.「わたしが生まれ変わったら,まっさらな状態になるんじゃないですか?ただの赤ん坊に.わたしがこの人生で得た経験も何もかも意味がなくなってしまう」

「そうではない!」と私.「おまえは過去の人生で得た全ての知識と経験を持っているのだ.ただ今はそれが思い出せないだけだ」

私は歩みを止めておまえの肩を掴む.「おまえの魂はおまえが考える以上に素晴らしく,美しく,莫大なのだ.人の心というものは存在のほんの断片しか保つことができない.ちょうど水の入ったグラスに指を浸して,水が熱いか冷たいかを確かめるようなものだ.おまえは自分自身のほんの一部分だけを水に入れている.そこから出してしまえば,得られた経験は全てお前のものになるのだ」

「おまえはこの48年間ずっと人間の中にいた.だからまだ広がりきってないし,浸っていたときの意識の名残りを感じている.もしも私とおまえがずっとこうしていれば,おまえは全てを思い出すだろう.だが,それぞれの人生の間でそうなることはない」

「一体,どれくらい私は生まれ変わったんです?」

「多く.とてもとても多く.様々な人生の中に」と私.「今回,おまえは西暦540年の中国農家の娘になる」

「何ですって?」おまえはつっかえる.「あなたは私を過去に送るのですか?」

「まあ,言ってしまえばそうだろう.時間というものは知ってのとおりおまえの宇宙にしか存在しないものだからな.私が来たところとは違うのだ」

「あなたはどこから来たのですか?」とお前.

「ああそうだな」と私は説明する.「わたしはある処から来た.ここではないある場所だ.そこには私と同じような者たちがいる.そこがどんなところか知りたいだろうが,正直なところお前には理解できないだろう」

「あぁ」おまえは気を落とす.「でも待ってください,もしわたしが同じ時代に別の場所で生まれ変れるのなら,わたしは自分自身とやり取りできるということではないですか?」

「もちろん.それはいつも起こっている.そして二人は自分自身の人生意識しながら,それが起こっていることに気づかないのだ」

「ではこれら全てに何の意味があるのですか?」

「本当に聞きたいか?」私は尋ねる.「本当に?おまえは今わたしに人生意味を問うているのだぞ.あまりに型にはまった質問じゃないか?」

「ええ,しかし利にかなった質問です」おまえは抗う.

私はおまえの目の中を覗き込む.「人生意味とは,わたしがこの宇宙全てを創った理由は,おまえを成熟させるためだ」

「それはつまり人類を?あなたは私たちに成熟してほしいと?」

「違う,おまえだ.わたしはこの宇宙全てをおまえのために創った.おまえが新しい生命の中で育ち,成熟してより大きくより偉大な知性となるために」

「わたしだけのために?他のみんなは一体?」

「おまえの他は誰もいない」と私.「この宇宙には私とおまえだけだ」

お前は呆気にとられて私を見つめる.「しかしこ地球上の他の人々は……」

「全てお前だ.お前の別々の生まれ変わりだ」

「ええっ,わたしがみんな!?」

「分かってきたようだな」とおまえの背中を励ますように叩いて言う.

「わたしは今まで生きた人類全て?」

「あるいはこれから生きる者も含めて,そうだ」

「わたしはアブラハム・リンカーン?」

「そしてジョン・ウィルクス・ブースだ」と私は付け加える.

「わたしはヒトラー?」お前は唖然として言う.

「そして彼が殺した何百万人でもある」

「わたしはイエス?」

「そして彼に付き従った者全てだ」

おまえは押し黙った.

「おまえが誰かを犠牲にしようとするたび」と私.「おまえは自分自身を犠牲にしているのだ.おまえが行った全ての親切は,おまえが自分自身に行ったことなのだ.人類経験した,あるいはこれから経験する全ての幸福と不幸,それを経験するのはおまえなのだ」

おまえは長いこと考えていた.

「なぜ?」とおまえ.「これら全ては何のために?」

「なぜならいつの日かお前は私のようになるからだ.なぜならそれがおまえという存在だからだ.おまえは我らが種の一員だ.おまえは私の子どもなのだ」

「なんという…」お前は言う,信じられなさそうに.「つまり,わたしは神の一員だと?」

「いや.まだそうではない.おまえは胎児だ.まだ成長の段階にある.全て時代の全ての人生を生きれば,おまえは孵るのに適したほどに成長するだろう」

「それではまるで,この全宇宙は」とお前.「それはちょうど……」

「ちょうど卵のようなものだ」私は答える.「さあ,次の人生に移動する時間だ」

そして私はお前を送り出した.

2009-11-23

「多文化共生」の最小単位はどこに設定すりゃいいのか

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

外国人選挙権まちづくりを共に担う

 自治体首長議員を選ぶ際に永住外国人投票できるようにする。この外国人地方選挙権の導入に、鳩山首相小沢民主党幹事長が前向きな姿勢を示し、来年通常国会にも法案が出される見通しだ。

 98年以降、民主党公明党が法案を出してきたが、根強い反対論があって議論は進まなかった。この間に地域の国際化は急速に進んでいる。鳩山政権は「多文化共生社会」をめざすという。実現へ踏み出すときではないか。

 日本に永住する外国人はこの10年で5割増えて91万人になった。このうち歴史的経緯がある特別永住者在日韓国朝鮮人は42万人だ。年々増えているのは80年代以降に来日し、仕事結婚を通じて根を下ろし、一般永住資格を得た人たちだ。出身国も中国ブラジルフィリピンと様々だ。

 地域社会に根付き、良き隣人として暮らす外国人に、よりよいまちづくりのための責任を分かち合ってもらう。そのために地方選挙への参加を認めるのは妥当な考え方だろう。

 日本の活力を維持するためにも、海外人材が必要な時代である。外国人地方選挙権を実現することで、外国人が住みやすい環境づくりにつなげたい。分権時代の地方自治活性化させることもできる。

 「選挙権が欲しければ国籍をとればいい」との考え方がある。だが、母国へのつながりを保ちつつ、いま住むまちに愛着を持つことは自然だ。そうした外国人を排除するのではなく、多様な生き方を尊重する社会にしたい。

 合併などを問うための住民投票条例の中で、外国籍住民の投票権を認めた自治体はすでに200を超えている。地方選挙権についても最高裁は95年、立法措置をとることを憲法は禁じていないとの判断を示している。

 世界を見ても、一定の要件を満たした外国人参政権を付与する国は、欧州諸国や韓国など40あまりに上る。

 近年、声高になってきた反対論の中には「外国人が大挙して選挙権を使い、日本の安全を脅かすような事態にならないか」といった意見がある。

 人々の不安をあおり、排外的な空気を助長する主張には首をかしげる。外国籍住民を「害を与えうる存在」とみなして孤立させ、疎外する方が危うい。むしろ、地域に迎え入れることで社会の安定を図るべきだ。

 民主党選挙権日本と国交のある国籍の人に限る法案を検討しているという。反北朝鮮感情に配慮し、外国人登録上の「朝鮮」籍者排除のためだ。

 しかし、朝鮮籍の人が必ずしも北朝鮮を支持しているわけではない。良き隣人として共に地域社会に参画する制度を作るときに、別の政治的理由で一部の人を除外していいか。議論が必要だろう。

もし「多文化」の最小単位を「個人」にまで微細化してしまった場合、多分その場の全員が「中国人」か「イスラム教徒」かのどちらかになると思う。次点で「ヒンズー教徒」かな。人口比で言えば確実に彼らが多数派だし、人数の増え方もトップクラスだもん。数の論理で、二者がそこら中に存在する事を受け入れる事なければならなくなってしまう。しかしそうなると逆に「中国人」や「イスラム教徒」以外のアイデンティティがこの二者に駆逐されてしまう現実もある。彼らの他文化に対する寛容さはぶっちゃけ下から数えた方が早いんだもん。どちらもあちこちで中華街とかスラムとか作って、現地の人間と隔絶されたコミュニティー作りまくってるから。そういう連中に対して「多文化共生」を唱えてる連中がアクション起こした事あんの?何か成果を出してるの?

そもそも多数派を占める彼ら自身が、「多文化共生」なんて屁の突っ張り程度にも考えてないが故に多数派を獲得しているんだよね。だから「多文化共生」を唱える事が、結果的に「多文化共生」を微塵も考えてない連中を利する事にしかならんのよ現状は。こっちが相手を受け入れる準備を整えても、相手がこっちを受け入れるとは限らんでしょ。

この社説子にも言いたい事だけどさ、「多文化共生」を訴える相手偏りすぎてるよね。前述の中華街作って、中国人同士で勝手に結束しちゃってる連中にも言うべきだよね。なんか彼らの長老会みたいな所に乗り込んでいって。「それではいけない!長老会にもアメリカ人日本人ロシア人を参加させるべきだ!多文化共生万歳!」ってさ。それをやらないから保守的な連中から「ていうかお前どこの国の味方?」と疑われるんだと思うよ。それが嫌なら、タリバンとか反米国家に向けて「多文化共生しましょう!欧米文化を受け入れましょう!」って言えばいいと思うよ。何故かそういう所に関しては、「帝国主義アメリカに抵抗する勇敢な人々」みたいなとらえ方する人多いけど。

2009-01-21

毎朝読対訳:就任演説(7)

http://anond.hatelabo.jp/20090121144441

 Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions.

(M)先人がミサイル戦車を使うのみならず、信念と確固たる同盟をもってファシズム共産主義に勇敢に立ち向かったことを思い出そう。

(A)先人たちがファシズム共産主義を屈服させたのは、ミサイル戦車によってだけではなく、頼もしい同盟国と強固な信念によってでもあることを思い起こしてほしい。

(Y)前の世代は、ファシズム共産主義と、ミサイル戦車だけではなく、強固な同盟と強い信念を持って対峙(たいじ)したことを思い出してほしい。

 They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please.

(M)先人は軍事力だけが我々を守るのではないことや、またそれを好き勝手に使えないことを知っていた。

(A)彼らは自らの力だけが自分たちを守ったのではないことも、その力が、自分たちが好きなように振る舞う資格を与えたのでもないことを理解していた。

(Y)彼らは、我々の力だけでは我々を守れず、好きに振る舞う資格を得たのではないことも理解していた。

 Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

(M)代わりに、彼らは慎重にそれを使うことで力が増し、安全は目的の正しさや、他国の手本となる振る舞い、謙虚さや自制心から発することを知っていた。

(A)その代わりに先人たちは、自らの力は慎重に使うことで増大し、自らの安全は、大義の正しさ、模範を示す力、謙虚さと自制心から生まれると知っていた。

(Y)代わりに、慎重に使うことで力が増すことを理解していた。我々の安全は、大義の正当性や模範を示す力、謙虚さ、自制心からいずるものだ。

 We are the keepers of this legacy.

(M)我々はこの遺産を引き継ぐ。

(A)私たちはその遺産の継承者だ。

(Y)我々は、この遺産の番人だ。

 Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort - even greater cooperation and understanding between nations.

(M)これらの原理に再び導かれ、解決により一層の努力が求められる新しい脅威に対抗できる。

(A)いま一度こうした原理に導かれることにより、私たちはより厳しい努力、つまり、より強固な国際的協力と理解を必要とする新たな脅威にも立ち向かうことができる。

(Y)こうした原則にもう一度導かれることで、我々は、一層の努力や、国家間の一層の協力や理解が求められる新たな脅威に立ち向かうことができる。

 We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan.

(M)我々は責任を持ってイラクから撤退し始め、イラク人に国を任せる。そしてアフガンでの平和を取り戻す。

(A)私たちは、責任ある形でイラクをその国民の手に委ねる過程を開始し、アフガニスタン平和構築を始める。

(Y)我々は、責任ある形で、イラクイラク国民に委ね、苦労しながらもアフガニスタン平和を築き始めるだろう。

 With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet.

(M)古くからの友人とかつての敵と共に、核の脅威を減らすために絶えず努力し、さらに地球温暖化とも戦う。

(A)また古くからの友好国とかつての敵対国とともに、核の脅威を減らし、地球温暖化の恐れを巻き戻す不断努力を行う。

(Y)古くからの友やかつての敵とともに、核の脅威を減らし、地球温暖化を食い止めるためたゆまず努力するだろう。

 We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense,

(M)我々の生き方について言い訳はしないし、それを断固として守る。

(A)私たちは、私たちの生き方を曲げることはなく、それを守ることに迷いもしない。

(Y)我々は、我々の生き方について謝らないし、それを守ることを躊躇(ちゅうちょ)しない。

 ,and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that

(M)無実な人々を殺したり、脅迫自己目的の実現を図る者に対し、告げる。

(A)自分たちの目的を進めるためにテロ引き起こし、罪のない人々を虐殺しようとする者に対し、私たちは言おう。

(Y)テロ引き起こし、罪のない人を殺すことで目的の推進を図る人々よ、我々は言う。

 our spirit is stronger and cannot be broken;

(M)我々の意思の方が強く、我々の意思を曲げることはできない。

(A)いま私たちの精神は一層強固であり、くじけることはない。

(Y)我々の精神は今、より強固であり、壊すことはできないと。

 ; you cannot outlast us, and we will defeat you.

(M)我々の方が長く生き、そして打ち負かす。

(A)先に倒れるのは君たちだ。私たちは君たちを打ち負かす。

(Y)あなたたちは、我々より長く生きることはできない。我々は、あなたたちを打ち破るだろう。

 For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness.

(M)我々の多様な出自は強みであり、弱みではない。

(A)なぜなら、私たちの多様性という遺産は、強みであり、弱点ではないからだ。

(Y)我々のつぎはぎ細工の遺産は強みであって、弱みではない。

 We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers.

(M)キリスト教徒イスラム教徒ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、そして無宗教者の国だ。

(A)私たちの国はキリスト教徒イスラム教徒ユダヤ教徒、ヒンドゥー教徒、そして無宗教者からなる国家だ。

(Y)我々は、キリスト教徒イスラム教徒ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、それに神を信じない人による国家だ。

 We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth;

(M)地球上の津々浦々から来たあらゆる言語と文化で形作られている。

(A)世界のあらゆる所から集められたすべての言語と文化に形作られたのが私たちだ。

(Y)我々は、あらゆる言語や文化で形作られ、地球上のあらゆる場所から集まっている。

 ; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united,

(M)内戦南北戦争)や人種差別という苦い経験もしたが、その暗い時代をへて、我々はより強くなり、きずなも深くなった。

(A)私たちは、南北戦争人種隔離という苦い経験をし、その暗い歴史の一章から、より強く、より結束した形で抜け出した。

(Y)我々には、南北戦争人種隔離の苦い経験があり、その暗い時代から出てきて、より強く、より団結するようになった。

 , we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve;

(M)かつての憎しみはいずれ消え、我々を分け隔てた壁はいずれ消える。

(A)それがゆえに、我々は信じる。古い憎悪はいつか過ぎ去ることを。種族的な境界は間もなく消え去ることを。

(Y)我々は信じている。古くからある憎しみはいつかなくなり、民族を隔てる線も消えると。

  ; as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself;

(M)世界が小さくなるにつれ、我々が共通に持つ人類愛が出現する。

(A)世界がより小さくなるにつれて、共通の人間性が姿を現すことを。

(Y)世界が小さくなる中で、我々に共通の人間愛が現れることになると。

; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

(M)そしてアメリカ平和の時代をもたらす役割を果たさねばならない。

(A)そして、アメリカは、新たな平和の時代を導く役割を果たさなければならないことを。

(Y)米国が、新しい平和の時代に先駆ける役割を果たさねばならないと。

2009-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20090113134643

たとえて言えば、あくまでも、たとえなので不正確だけど。

キリスト教信者女性幸福

ヒンズー教信者女性幸福

仏教信者女性幸福

科学信徒女性幸福

というのは、同じようでいて微妙に違う。

これを、

女性幸福というくくりでまとめてしまうと、

キリスト教信者女性 は ヒンズー教信者女性幸福を見て、違う部分を発見して、あれは違うと言い、

ヒンズー教信者女性幸福 は キリスト教信者女性幸福 と違う部分を発見して、あれは違うと言い

言い争いになってしまう。人それぞれ価値観が違うので、女性だから、と言っても

国・地域宗教・年代・環境、様々な要素から価値観が違うので、必ずしも子供を産むことが女性幸福とは言い切れない。という事。

価値観の1つとして、子供を産むことが女性幸福であると考える人もいる。というのは、あってるけど。

子供を産むことが女性幸福である。というのは、誤りだと思う。

たとえをさらにたとえると

シスターなどは結婚しないし、そのせいで子供も作らないけれども、それはそういう選択だし

その延長線上で、生理的嫌悪感などから子供を作りたくないという女性がいるならば、その人にとっては子供を産むということは不幸なのかもしれないし、

単なる勘違いで、実は、子供をもうけた方がよいのかもしれない。

でも、それは、その人と、その人の周りの人が話し合って決めることだから、第3者がどうこういうことじゃない。

そうやって、統合的に考えていくと、XXさんにとっての幸せというのは、XXさんとその周囲が話し合って考えて、決めること。

だから、その周囲にいない第3者が、女性幸せってXXだよね。とか言うのは、ちょっと違うと思う。という事と

たまたま宗教子供を作らないと決めた人や、その他の理由から子供は作らないと決めた人への配慮が足りない発言じゃないか?

という事。

2009-01-03

ゲーム理論で「しっぺ返し戦略が最適」とされるのは、同じ相手と永久に付き合う場合であり

一回きりの付き合いであれば、攻撃が最適となる。

有限回の付き合いであれば、最終の対応は攻撃がベストとなる。

最期に攻撃されるのであれば、先手を打たなければならない。

他者は全て潜在的な敵となり、社会は崩壊してしまう。

という合理主義の行き着く結末を回避し、社会を維持してきたものが宗教である。

「死んだ後も魂はまだまだ続くよ!」と皆で信じることによって、

ライフゲームの「最後の手」を出させないようにするキリスト教ヒンズー教

現世の人間関係の絶対性を徹底的に脳に刻ませる儒教日本教共産主義

一神教vs多神教という差よりも、未来主義か現世主義かという差のほうが大きい。

そして危険性/安全性という観点や、タブーの多さという観点においては

どちらが優れているとも言えない。

2008-11-16

出所不明

心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。

何事も、積み重ね。

やれるやれる!

できるできる!

それにしれも、この言葉の出所は?

野球監督が言ったとか、

アメリカ心理学者言葉だとか、

はたまたヒンズー教の教えだとか・・・

2008-09-29

ちょっと仏教かじってみたヨガ(笑)

仏教インドで生まれたらしい。

なんとなく聞いた事はあるけど全然ピンとこねーよ

だって今インド流行ってんのってヒンズー教でしょ?

牛とか食べないやつでしょ?

カーストで決まってるからって一生片足で立ち続けなきゃいけない人とかのやつでしょ?

インドじゃ仏教なんて超マイナー。なのにインド生まれ

発祥の地に根付かないなんてどんだけー

んで今、仏教の国ってかなり少ないらしい

ほとんどがキリスト教とかイスラム教とからしいよ

つかテロばっかしてんじゃねーよ原理主義よー

んじゃどんな国で仏教流行ってるかというと

日本チベットタイなんだって

超弱小(笑)仲間がチベットタイて。全然勝ち目ねえ

あきらめたら試合終了ですよってレベルじゃない

ドーピングしてもきっと勝てない

せめてブラジルとか仲間にしとけ

だって中国とか韓国とか一見仏教流行ってそうに見えて全然

なんだよ裏切るんじゃねーよ

要するに仏教、超ザコじゃん。ヤムチャじゃん

一方、アメリカでは禅マインドZEN)がもてはやされてるらしい。

日本ZENみたいになっちゃってる。超笑える。禅て

今の若いヤツらで禅の世界なんか知ってるヤツなんかいねっつの

クラスで『禅の世界は素晴らしくて??』とかいうやついたら

イジメられんじゃん?KY扱いじゃん?

アメリカ人日本に期待しすぎ。ヨガ(笑)スイーツ(笑)

だから何回も言ってるけど禅はインド生まれだっつーの

日本のはそのコピーなんだっつーの

何『本場日本の禅は??』みたいな事言っちゃってんの?バカなの?


とか色々仏教の事かじってみたけど知らん事ばっかりでびっくり

ナムアミダブツとナンミョーホーレンゲーキョーの違いとか

初めて知ったし(笑)超同じもんだと思ってた

今度は神道とやらも勉強してみるべ

2008-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20080323225126

多神教を支持する集団が、多神教であるがために異教徒と争ったという例をおれは知らない。あるかもしれないけど、どうなの、その辺。

ヒンズー教徒にも原理主義者はいて、パキスタンとの紛争が絶えない理由の一つだし、そもそも独立時にインドパキスタンが分裂した一因。

日本廃仏毀釈運動だって、国家権力を握った多神教集団が異教徒を弾圧したという要素はある。(それが主たる要素だとまでは言わないけど、そういう側面は否定できないんじゃないかなあ。例えば「夜明け前」に出てくる藤村の親父さんなんて、多分に「神道原理主義」的なところがあるけど、ああいう人達廃仏毀釈の一翼を担ってたわけでしょ。)

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん