「偵察衛星」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 偵察衛星とは

2019-01-23

偵察衛星犯人が分かってる事件軍事機密から黙ってるとかあるんだろうな

軍事用の監視システムだと犯人が分かってるけどその証拠裁判ではじかに使えないのはもちろん警察で得たことにするのも難しいか犯人が分かっていても放置

日本中に無数にありそう

2012-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20121224203645

NORADが毎年行っているサンタクロース追跡プログラムは、偵察衛星レーダーによってクリスマスサンタクロースの動きを追って、その結果を世界に発表しています偵察衛星レーダーといった、科学技術によってサンタクロース存在を確認するこういった行為は、伝承おとぎ話として存在していたサンタクロースがあたか科学的に実在するかのように装う欺瞞であると言うこともできます

(PRを兼ねた)ジョークネタの類なので、「実在するかのように装う欺瞞であると主張するのは馬鹿げています

「良い子にしないとサンタさんがこないよ。」などという言葉は、クリスマスの子供のいる家庭のあちこで発せられているのではないかと思いますが、これはサンタクロースという外部の権威を利用して親の子供に対する支配力を増強する行為です。

プレゼントを与えるというのは、飴と鞭でいえば飴にあたるのですが、プレゼントを与えないことや与えないと脅すことによって鞭としての効果も発揮します。飴を与えないことによる鞭は、直接的な鞭よりも効果を与える場合もありますが、効果の高さというのは与える痛みの強さでもあるわけです。

程度にもよりますが、親は子を支配するものです。鞭を使わず子をしつけられるかどうかはその家庭次第ですが、一般的には鞭は一定程度必要とされていると理解しています。一切の鞭を与えずに子供を育てられる有能な親だけが人の親となって良い、という選民国家にでもしようというのでしょうかね。馬鹿げた主張です。

科学を装う部分をできるだけなくし、親による支配も抑えたとしても、問題は残ります。それはサンタクロースが良い子にプレゼントを与えるという物語のものによるものです。

プレゼントをもらえない子供は、悪い子なのでしょうか。

親がいない、もしくはいても経済的に貧しい家庭の子供は、望むプレゼントを手に入れる可能性は低いのではないかと思いますプレゼントがもらえない、望んだ物とは違うプレゼントしか与えられない子供に対しては、君は良い子ではないというメッセージも伝えられることになります。これは、「良い子にはサンタクロースプレゼントがもらえる」ということからそうなるのです。

プレゼントをもらえない子供は、身近には存在しないとしても、確かに存在します。

その通り!誰からプレゼントが貰えない子供は、良い子ではなかったのだ!

などということはないが、世の中は理不尽と不平等で埋め尽くされていて、「良い子」でありさえすれば(心の優しい大人から)プレゼントがもらえる、というのはまだ現実理不尽を緩和する作用の方が大きいかもしれない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん