「アクセス時間」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アクセス時間とは

2019-01-30

追記有)22時以降に東京駅発の気分転換に良い場所情報量多め)

何度もオフィス発の逃避旅行をやってるので、紹介させてもらう。

勝手ながら、金をケチらない前提とさせていただく。

 

書きなぐりで本当に申し訳ない。

 

重要なコツ

・先に宿をとれ

 超重要なことだが、今回の宿は「1名予約」で「レイトチェックイン」となるはず。

 

 だが、1名での予約、22時以降のチェックイン対応してる宿※はかなり限られている。

 そこで、まずスマホじゃらんアプリを落として、

 早めに予約があるかチェックした方が良い。

 

 じゃらんアプリなら、本日の宿という機能がある。

 1名、素泊まりor朝食のみの条件で検索すると良い。

 そして検索結果がでたら、チェックイン可能時間を必ず確認すること。

 

旅行客用の宿は「チェックインは18時まで」とかが普通で、

 22時までチェックインOKなどは少ない。23時以降などはまれだ。

 田舎の静かな場所に行ったら、確実に予約はとれないと思って良い。

 ただしビジネスホテルを除く。

 

候補になる宿泊場所

・遅くても宿に泊まれ温泉

 熱海湯河原が安パイ伊東も案外いける。

 

 上記のような有名温泉地であれば、

 必ず1人でも宿はとれるし、遅くてもチェックインできるところはあるはず。

 (しつこいけど、宿のチェックイン可能時間確認は忘れずに!)

 

 ちなみに、箱根新幹線から遠いため意外に厳しい。

 

・ひとりきりで落ち着く温泉

 ひとりきりで、ほっとできるのは北関東

 驚くほど人がいない。

 

 たいへんに不便な場所だが、水上みなかみ)は静かで良い場所。落ち着く。

 新幹線上毛高原で深夜に降りたら、宿までひたすらタクシーだ。

 結構タクシー代かかるのを覚悟

 

 22時以降に東京駅発だとすると、宿がレイトチェックイン対応しているか確認必要

 超重要

 

 また、タクシー東京駅新幹線乗車中に電話し予約すること。

 23時に上毛高原駅に降りても、絶対タクシーは駅にいない。

 (お勧め場所だが、22時東京発だとやはり厳しいかも)

 

文京区の一風変わった旅館

 鳳明館でぐぐってくれ。画像検索すればどんなところかわかると思う。

 

 昭和タイムスリップしたような気分になれる。

 都心喧騒とは無縁な場所にあり、ゆっくりできると思う。

 たいへんに古い建物だ。

 部屋も風呂も快適さはないが、風情はあり、気分転換には悪くない。

 

 往年のスターサインが飾ってある。このあたりも昭和っぽい。

 

・高級ホテル

 銀座の某ホテルに泊まったこともあるが、

 ひとりでほっとしたいというシチュエーションには向かないように思った。

 

都心スパ

 水道橋ラクーア横浜SPA EAS、スカイスパYOKOHAMAあたりが候補か。

 上記のどれも日帰りでは良い場所だった。

 だが、私は宿泊したことがないので何とも言えない。

 

・その他の安パイ場所

 ドーミーインにするという選択肢もある。

 温泉があり、朝食がうまい満足度が高いビジネスホテル

 全国にあるが、特におすすめ情報を私は持ち合わせてない(甲府の新しい方とか?)

 

候補にならない宿泊

22時発だと無理なのだけど、参考までに。

新潟

 20時半に東京駅発の新幹線に乗れれば、23時過ぎに新潟について

 安いビジネスホテルに泊まれる。

 翌日、安くてうまい寿司を食える。駅で試飲もできる。

 新潟はなんでも美味い。

 

●その他の気分転換に良い場所

以下は宿泊地の情報ではないが、東京近郊の気分転換に良い場所

行ってみると晴れ晴れとした気持ちになれる。

 

甲府の昇仙峡

 甲府駅でレンタカーを借り、30分ほどで昇仙峡に着く。

 自然がいっぱいの景勝地だ。良い気分になる。

 ちょっと遠いがほったらかし温泉に行くのも良い。

 

 せっかくの山梨だ。

 ワイン果物ほうとうそば、とりもつ煮吉田うどん

 うまいものを腹に一杯詰めてくるのが良い。

 

横須賀フェリー

 日帰りになってしまうが、

 横須賀から千葉行のフェリーに乗ると気分が晴れるのでお勧め

 天気が良ければ、超絶景が見られる。

 千葉に着いたら、そのまま何もせずに帰るのも悪くない。

 横須賀に戻ったら、近くのスーパー銭湯行って海鮮を食え。

 

Evernoteメモから抜粋

以下、Evernoteに書きとめてる「オフィスからの逃避旅行メモ」で

22時東京駅発で行けそうな場所抜粋して転記。

 

箱根伊豆方面

熱海

 アクセス ★★★

 アクセス時間

   50分(新幹線)、

 アクセス金額

   4,190円(新幹線)※自由席ならば500円引き

 価格   高い

 宿    とても多い

 観光地  多い

 所感   ザ・観光地。とても便利だが、人が多く、

      気分は休まらない。でも便利。

 

伊東

 アクセス ★★☆

 アクセス時間:108分(踊り子号)※熱海から30分

 アクセス金額:3,804円(踊り子号)※熱海から320

 価格   安い

 宿    多い

 観光地  ほどほど

 所感   昔は雑多な観光地。今は少々さみしくなり

      落ち着く場所になっている。

      伊豆急行から見る海は最高に美しい。

 

湯河原

 アクセス ★★☆

 アクセス時間:71分(新幹線利用)、70分(踊り子号)

 アクセス金額:3,910円(新幹線利用)、2,940円(踊り子号)

 価格   ほどほど

 宿    多い

 観光地  少ない

 所感   昔は雑多な観光地。今は少々さみしい場所

      安い宿、古い宿は最悪に風情がなく、

      はずれ宿が多いイメージ

 

北関東方面山梨群馬長野

みなかみ上牧、猿ケ京)

 アクセス ★☆☆

 アクセス時間:120+30分(上毛高原駅まで+送迎バス

 アクセス金額:6,340円(新幹線利用)

 価格   安い

 宿    少ない

 観光地  ない

 所感   人がいない。観光する場所がとても少ない。

      だが景観は最高。疲れた時にいくと素晴らしく落ちつく。

      みなかみの某安売りしてる宿は風情がなく、

      満足度低いので注意。予約が取りにくい方の宿は

      たいへんに良かった。

 

甲府

 アクセス  ★★☆

 アクセス時間:分

 アクセス金額:円

 価格   ?

 宿    少ない

 観光地  やや多い

 所感   特急での移動になり、意外と時間がかかる。

      おいしいものが多く、温泉も意外に多い。

      駅から離れると景勝地も多い。

 

元増田リフレッシュして、笑顔になれますように!

https://anond.hatelabo.jp/20190129165550

 

 

追記

千葉食事しない理由

 理由は2つ。

 1つ、私が千葉側の良い食事処を知らない。

 そもそも、あらかじめ車を用意しなければ、フェリー千葉に渡っても、

 食事どころまで移動できないような気がしている。

 (ちなみに、上であげた横須賀にあるスーパー銭湯は「海辺の湯 久里浜店」

 というところ。海鮮料理が自慢というだけあって料理は悪くない)

 

 2つ、千葉食事処まで移動するには神奈川方面で車を借りる必要がある。

 車を借りる場合横須賀中央駅付近レンタカーが良いのだけど、

 駅周辺は渋滞結構疲れる。

 そのため、今回のように疲れたときに訪れるというケースでは

 お勧めしにくいと考えた。

 

・元気があってレンタカーを借りる場合

 ある程度元気があれば、横須賀で車を借り、フェリー千葉渡り

 房総半島南端野島崎灯台を訪れる、というコースが悪くなかった。

 それなりの時間、車を運転するので体力あるときが良いかも。

 

・超元気があってレンタカーを借りる場合

 小田原レンタカー借り、真鶴街道の最高の景色を横目に湯河原方面へ行く。

 湯河原熱海日帰り温泉はいり、好きなだけダラダラする。

 気が済んだら、再び真鶴街道を通り、小田原に戻り車を返却。

 

 夕暮れ時に相模湾脇の道を行くのは最高に気分良い。

 だが、帰りの真鶴街道地獄のようにひどい渋滞なので絶対に注意。

2018-01-15

MeltdownとSpectreの原理についてメモ

最近大騒ぎになっているIntelなどのCPUレベル脆弱性、MeltdownとSpectreについてメモ最初キャッシュ内のデータを読み取るのかと勘違いしていたのでその点を中心に。

CPUによってアクセス制限されているはずのカーネル領域データへのアクセスがアウト・オブ・オーダー実行(OoO)で動作してしまうことがある(Meltdown)
OSによってアクセス制限されているはずの別プロセスユーザー領域データへのアクセス投機的実行で動作してしまうことがある(Spectre)

ただし
OoO投機的実行でアクセス制限されている領域へのアクセスが行われても、ソフトウェアアクセス可能レジスタやメインメモリ上の値は、OoO投機的実行もないCPUと変わらない。MeltdownとSpectreでこの原理が破れたわけではない。
キャッシュにはアクセスできない領域データが入っているかもしれないが、ソフトウェアから「L1キャッシュのn番目のデータを読む」といった操作はできないし、実のところMeltdownとSpectreではキャッシュにどんな値が入っているか関係ない。

そこで、OoO投機的実行でアクセス制限されている領域へのアクセスが行われている間に、次のような処理が走るようにする。

a = *kptr; /* kptrはアクセス制限されている領域へのポインタ */
b = array[a<<12]; /* 配列arrayは自プロセス領域12ビットシフトハードウェアプリフェッチャによる先読みの影響を防ぐため。 */

参考:
hiuchidaさん 「MeltdownとSpectreの違いについて分かったこと」
https://qiita.com/hiuchida/items/2248b379197a5052029e
品川高廣さんのツイート
https://twitter.com/utshina2/status/948809945327157253

配列arrayは自プロセス領域内なので後から問題なくアクセス可能変数nをカウントアップしながらarray[n<<12]のアクセス時間順次計測すると、array[(*kptr)<<12]はキャッシュに残っているのでアクセス時間が早い。これによって*kptrの値が推定できる。

まりキャッシュに入っている値そのものではなく、あるアドレスキャッシュされているか否かという形でOoO投機的実行中の一時的な値を記憶させてしまう。

2014-08-25

http://anond.hatelabo.jp/20140825020117

アクセス時間がバラけるんだったら、鯖の負荷もそこまで行かないから、元の鯖だけで賄える、って仕組みなんでしょ

2013-07-10

チェックマン

きな子フェイスブックアクセス時間をチェックしたり、LINEアイコン写真を逐一チェックしちゃう僕はキモいですか?

えぇ、確実にキモいです。

2013-07-04

きな子フェイスブックアクセス時間を気にしてしま

フェイスブックの右側にさ、チャットアクセス時間が見られるとこがあるじゃん

携帯マークがついてて何分前にアクセスたかがわかったりとか、緑のマークがついてるとアクセス中だとか。

俺、好きな子の状態、必ず見ちゃうんだよね〜。

きもっ!

2013-03-06

NAVERまとめで儲けさせない方法

気になるまとめがあったらリンクブクマだけしといて翌月に読む。

これだけでNAVERまとめ製作者のモチベーションとなるインセンティブ報酬を減らせる。

NAVERまとめ報酬の仕組み↓

奨励制度[トピックピッカー奨励制度]の詳細 - NAVERヘルプセンター

http://help.naver.jp/faq?itemNo=1285

報酬金額は、作成したまとめへのアクセス時間ページビュー、被リンク数に応じたポイント数に応じて決められる。だいたいの目安として、ページビュー10分の1がポイントとなる。

普通の人は、このポイントに0.2をかけた数字報酬金額になる。100万ページビューでだいたい2万円。これなら自分アフィサイトで公開したほうが儲かるレヴェル。

運営に選ばれた奨励者は、1ヶ月間に新規作成したまとめのポイントが1万以上になったら、その日以降の新規まとめのポイントに限って、0.5をかけた数字報酬金額になる。

一ヶ月間に新規作成したまとめポイントが、前月間に作成したまとめポイントを上回ったら、その日以降の新規まとめのポイント数字がそのまま報酬金額になる。

今年に入ってNAVERまとめの高レート適用は1ヶ月の間に新規作成されたまとめだけへの適用に変更された。

この奨励者への報酬は簡単に減らせる。

NAVERまとめは月単位報酬が決められてるので、例えば奨励者が月末の30日に作成したまとめが、翌月1日にバズって100万アクセスされたとしても、その分のレートは0.5や1.0ではなく0.2となる。

から気になるまとめを発見しても、その場でリンクを踏まずに、URLだけブクマしといて翌月読むようにするだけで、作成者がもらえる報酬金額を半額以下にすることができる。


Naverダメな方に加速させているパクリまとめBot拡散アカ curation.jp

http://anond.hatelabo.jp/20130525214957

2010-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20100418015406

前回のアクセス時間や累計アクセス回数に応じて徐々にコンテンツが表示されるようになる読み物サイトって、あったら面白いかも。

八年位前にやったなあ。その仕組み自体を面白いって言う人は、少なくとも自分の周りでは出現しなかった。自分ではこりゃ面白いと思って作ってた。

http://anond.hatelabo.jp/20100418010917

横からだけど、という言い方は不正確だけども。

面白い

リアルタイム更新されないと面白くないのかもしれないところも面白い

 

前回のアクセス時間や累計アクセス回数に応じて徐々にコンテンツが表示されるようになる読み物サイトって、あったら面白いかも。

2008-09-16

創作パスワードの怖い話

 この匿名ダイアリーフィクションである。

あらゆる実際の出来事とはいっさい関係がないことを最初にお断りしておく。

 唐突な話ですまないと思うが、今、私が会社で使っているマシンのあるブラウザには、前任者の恋人ミクシィアカウントユーザー名とパスワードが登録されている。

忙しいときには仕事を家に持って帰っていたというが、同棲中の恋人とはブラウザを分けて使っていたようだ。

こんなテクニック使うケースが想像できない。と思っていた「アスタリスクで隠されたパスワードを確認する方法」

http://kenz0.s201.xrea.com/weblog/2007/11/post_92.html

パスワードも吸い出せてしまう。

そもそもログインアカウントであるメールアドレスは平文であるわけだし、

これで私は自分の自宅であっても、彼女に成り済ましてログインすることが可能になった。

あらゆる意味で全然接点の無い人間プライバシーが覗き放題なのである。

ちなみに前任者とその恋人は今は分かれているそうである。

 このエントリを読んだあなたが信じるかどうかは別として、実際は私は別に覗き趣味があるわけではないので、

それが可能だということだけを確認したあとは、鋼の自制心で読まないようにしている。

神かけて最初の一回、アクセスしてしまった時にうっかりした以外は読んではいないが(そもそもこのエントリ創作なのだが)

この為にサブアカウントを作って、そこで彼女をお気に入りに登録して最終アクセス時間を時々チェックしてみた。

日記は書いていないタイプだが、メッセージのやり取りの為か二三日に一度はアクセスしているようだ。

しかし、その送ったメッセージも私が読もうと思ったら、読み放題なのである(読んでないけど)。

私は赤字メッセージクリックしないようにだけ気をつければ、過去にやり取りしたメール

貰ったものも送ったものもアクセス可能なのだ(読んでないけど)。

ちなみに私は読んでないのだが、この前任者がユーザー名とパスワードを控えていて、

分かれたあとに読んでいる可能性だってないわけじゃない。

Google が独自ブラウザ発表したさいに、いろんな友人が「今使ってるブラウザからの移行が〜」

なんてテーマ日記を書いていたのには驚いた。私は、webサイトログインパスワード

使うマシンに登録させる人が自分の身近にこんなにいるとは思ってなかったのだ。

機能自体があることは知っているが、自分では利用したことはない。

もしかせずとも、自分専用のマシンで、マシン自体にスリープパスワードを掛けているのだろうか。

 例えば、セキュリティ物理的に担保されているオフィスでの共用マシンだとか、

同僚にみられて困る仕事をしてはイケナイケースなどで、ログインパスワードを設定しない

マシン設定を経験したことがある。そもそも、そういうマシンをおいてる会社なんかでは、mixiYahoo! Gmail などのサービス

利用できない場合もあるかもしれないが、それは措く。

 正直にいうと、私は、彼女やその元カレの前任者が少しうらやましい。

私には、自分の過去にやり取りしたメールの全てや、非公開で綴った日記の全てを見せても平気な相手がいないのだ。

それだけの信頼を一人の人間に寄せたことがないということではないか。

 とくにオチはないが、使うマシンを変えるときは、そのタイミングでよく利用するWEBサービスパスワード

変更するのが無難なのではないかと思う。

2007-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20071215183210

多分、元増田理論ではわかっても、デフラグしても、実際に速度の違いが感じられないってことを言いたいんだと思う。

具体的な数値で結果を示したようなのって無いかな?

http://www.din.or.jp/~charade/cae/06.html

検索して見つけたのはここくらい。

古いデータだけど、HDDのアクセス時間が5%くらい改善するらしい。

2006-09-25

あそび

5分かそこらの間隔で日記を投稿し続けて、収集した皆の足あとと時刻から大体のアクセス時間を割り出す遊び。

あらかじめ書いといた文章をボットに放流させりゃ一目にはバレない(かもしれない

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん