「田上」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 田上とは

2018-08-20

蚊の活動限界が35℃らしい。

から今年の夏は蚊に刺されなかったのか。

あと、血液型関係なくて足の常在菌の多さが刺されやすさの原因らしいから、刺されやすい人は足を消毒しまくって高校2年の田上くんに感謝するように!

2016-04-22

北陸鉄道バス路線一覧

旭町

穴水

穴水宇出津A線

穴水宇出津B線

穴水宇出津C線

穴水珠洲A線

穴水珠洲B線

穴水珠洲C線

穴水東部

穴水輪島

飯田線

医王山線

石引線

羽七西線

羽七東線

宇出津珠洲A線

宇出津珠洲B線

宇出津珠洲C線

宇出津真脇特急

後畠線

後山

卯辰山

内灘線

畝田住宅

西寺町

円光寺

大桑

大谷

太田原線

温泉片山津線

温泉大聖寺

温泉特急

温泉山中

笠舞駅西線

鹿島線

金石線

金沢大学

金沢寺井

上荒屋線

上曽又線

加茂

唐川

川北

河原山線

木越円光寺

木の浦線

久川線

黒田

高校

小山

犀川

崎山循環線

佐野線

三反田

志加浦線

四十万

四十万金石線

市民病院

示野線

白峰

珠洲特急

鈴見線

西部緑地線

外浦線

空熊線

高浜線

田上住宅

辰口線

田中医大

中央病院

中宮B線

千代野線

津幡

鶴ケ丘線

鶴来

鉄道 浅野川線

鉄道 石川線

富来線

鳥越

七富線

鳴和・増泉線

西金沢

錦町B線

錦町粟崎線

錦町野々市

西保線

住宅

野田線

野々市

野々市金大線

白山

花里線

東金沢金大線

東山線

平和町

北陸大学

町野線

松任

松任中奥線

満仁線

万行緑ヶ丘

三崎

水上

皆月線

三馬大野

元町有松

門前急行

門前特急

安原線

柳田

柳橋円光寺

柳橋県庁

柳橋寺町

山代大聖寺

湯涌

八日市線

吉崎線

脇線

和倉線

輪島

輪島特急

2012-07-10

●出席者(敬称略

写真石原知事と議論する会の様子 石原慎太郎 東京都知事

◆コーディネーター

 須田哲夫 フジテレビアナウンサー

コメンテーター

 川淵三郎 東京都教育委員、公益財団法人日本サッカー協会名誉会長

 工藤定次 青少年自立援助センター理事長

 田上時子 女性子どもエンパワメント関西理事長

 戸塚宏 戸塚ヨットスクール校長

 公募都民等 620人


戸塚コメンテーター

もう一つ、命の大切さという重要な問題が出てくるんですね。秋葉原で7人殺ししまたか、どうして彼がそんなことができたのか。我々はできないでしょう。彼は自分の命が大事じゃないんですよ。だったら、人の命はもっと大事じゃないんです。だから平気で殺せる。

子供の耐性をいかに培うか」~教育再生に向けて東京から考える~平成24年度第1回「~東京ビッグトーク~石原知事と議論する会」

http://www.metro.tokyo.jp/POLICY/TOMIN/GIRON/eim68100.htm

戸塚ヨットスクール事件

1983年(昭和58年)6月13日、愛知県知多郡美浜町戸塚ヨットスクール戸塚宏校長(当時42歳)ら関係者逮捕された。直接の容疑は、前年の1982年(昭和57年)12月12日に、訓練生である藤沢市鵠沼(くげぬま)中学1年の小川直人(13歳)をヨット上で角材などで殴り、死亡させた傷害致死である。死因は外傷性ショック死だった。

それ以前には次のような死亡及び行方不明事件があった。

1979年(昭和54年)2月、少年(13歳)が死亡(病死として不起訴)。1980年(昭和55年)11月、古川幸嗣(21歳)が死亡。1982年(昭和57年)8月、奄美大島での合宿の帰りにフェリーから水谷真(当時15歳)と杉浦秀一(当時15歳)が太平洋に飛び込んで行方不明

だが、訓練中に訓練生3人が死亡したのも事実であった。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/totuka.htm

2009-09-03

プロレスダメにしたもの

それは「TV放送を低く見ている」事だと思う。

例えば最近だと、丸藤・潮崎・田上ホール端っこで全試合をじっくり見ている事が話題になった。

それじゃダメなんだよ。それじゃ足りないんだ。

多くの人間が、プロレスを見るのはTV(ケーブルやら衛星やら含む)。だからTV中継が面白くない場合、それはそのままプロレスが面白くなくなる事を意味する。

---

新生全日本、つまり武藤社長になってからの全日本が浮上したのは、「全日本プロレス中継~夜のシャイニングインパクト~」がきっかけだった。

プロレスの試合自体はあまり流さず、アングル中心の番組構成。

バラエティ色豊かな番組は、流してみてるだけで面白かったし、その頃の全日は「どうしたら面白くなれるか?」をプロレスラー全員が悩んで考えていたと思う。試合そのものも面白かった。

全日本プロレス側がお金を払い、番組全日本側が作ってTVに売り込んでいた。

だから1年限りの番組だったが、その分面白かった。

---

ノアは全日を離れた後、テレビ放送のつくりを変えた。

具体的には、解説者を必ずプロレスラーにした。百田さんなり、秋山なり、KENTAなり、丸藤なり。

実況もスタイルを変えて、プロレスラーである解説を生かすようなトークになった。大事な部分は解説に喋らせる。終始、プロレスラーの細かいデータと大きな動きをしゃべるだけ。

正直、彼らのトークはちょっとダメプロレスラーだからっていう価値はあるけど、トーク自体は長い間聞いていて面白いものではない。

そして何より、プロレスファン以外にとっては、プロレスラーが喋っても嬉しくとも何とも無いのだ。

そう、そこ。

ノアのTV放送は、結局のところ「プロレスファンに向いた」番組作りだったのだ。

プロレスファンを拡張する動きではなかった。

プロレスファンは増えたが、それは丸藤やらKENTAやら、若手プロレスラーへの女性ファン。

「見ていて面白いプロレス番組」で、非プロレスファンをプロレスファンにする、そんな意気込みは無かった。

---

プロレスの人気を取り戻したかったら、まずは実況と解説を見直すべき。

かつて、多くのプロレスファンを作り出した、全日本プロレス中継並みにレベルを戻すべきだ。

プロの解説、具体的に言えば小佐野ベストプロレス界全体の事を知りつつ「いい事言う」のが出来る小佐野全日本プロレス中継は小佐野で成り立ってる。

実況は若林使っておけ。というか何でプロレス実況の腕が一番いい若林が干されてるんだ?

---

実際のところ、プロレス番組は実況と解説の2人が、番組の面白さの50%ぐらいを担当してると思うんだ。

ノアの過去の名勝負を若林-小佐野ペアで実況・解説しなおしたバージョンDVD作って欲しいとさえ思ってる。

少なくとも、今の解説ヨイショに一生懸命な実況は聞きたくない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん