「白峰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 白峰とは

2016-04-22

北陸鉄道バス路線一覧

旭町

穴水

穴水宇出津A線

穴水宇出津B線

穴水宇出津C線

穴水珠洲A線

穴水珠洲B線

穴水珠洲C線

穴水東部

穴水輪島

飯田線

医王山線

石引線

羽七西線

羽七東線

宇出津珠洲A線

宇出津珠洲B線

宇出津珠洲C線

宇出津真脇特急

後畠線

後山

卯辰山

内灘線

畝田住宅

西寺町

円光寺

大桑

大谷

太田原線

温泉片山津線

温泉大聖寺

温泉特急

温泉山中

笠舞駅西線

鹿島線

金石線

金沢大学

金沢寺井

上荒屋線

上曽又線

加茂

唐川

川北

河原山線

木越円光寺

木の浦線

久川線

黒田

高校

小山

犀川

崎山循環線

佐野線

三反田

志加浦線

四十万

四十万金石線

市民病院

示野線

白峰

珠洲特急

鈴見線

西部緑地線

外浦線

空熊線

高浜線

田上住宅

辰口線

田中医大

中央病院

中宮B線

千代野線

津幡

鶴ケ丘線

鶴来

鉄道 浅野川線

鉄道 石川線

富来線

鳥越

七富線

鳴和・増泉線

西金沢

錦町B線

錦町粟崎線

錦町野々市

西保線

住宅

野田線

野々市

野々市金大線

白山

花里線

東金沢金大線

東山線

平和町

北陸大学

町野線

松任

松任中奥線

満仁線

万行緑ヶ丘

三崎

水上

皆月線

三馬大野

元町有松

門前急行

門前特急

安原線

柳田

柳橋円光寺

柳橋県庁

柳橋寺町

山代大聖寺

湯涌

八日市線

吉崎線

脇線

和倉線

輪島

輪島特急

2015-06-12

肉が食いたい

とにかく肉が食いたい。腹が減ると必ず肉を食べたくなる。牛でも豚でも鳥でも良いが、生や茹でたものでは駄目だ。焼いた肉がとにかく食べたい。大量の焼いた肉を、にんにくおろしコチュジャンを派手にぶち込んだ濃い目の焼肉のタレにたっぷりつけて食いたい。鉄板から取り上げたばかりの肉をタレに突っ込んでジュウウと鎮火の音を響かせ、そして雪山に刻む足跡のごとく濃いタレをダラダラと白米にこぼしながら肉を茶碗の上に鎮座させ、脂ぎった肉きれでその白峰の頂上を包み込み、ご飯を丸め込んで一気に頬張りたい。肉表面を覆うタレの冷たさと肉内部の熱さ、そして焼肉の脂っこさと粒の立った白米の滑らかさ、よく火の通された肉の固さとほどよい炊き加減の米の柔らかさ。それら幾つもの相反する感覚が一瞬の内に口の中に広がるさまをただ一言形容するなら“美味”としか言いようがない。一人で焼肉屋に赴き、人数を尋ねる店員に無言で人差し指を立てる。四人前の肉を注文し、四人用の鉄板を一人で独占し、四人前の肉を一気に焼き上げる。オセロのように肉を返して、火の通りのよい肉から順に頬張る。美味に呆けている猶予もあればこそ、鉄板上では次の肉が脂身をじゅうじゅう焦がしながら食べられる順番を待っている。回転が追い付かず、肉を焦がしたり、慌てて救出したり、タレの容器に肉が溢れ返ったり、二枚いっぺんに頬張ったり、タレで冷却されておらず口の中を火傷したり。そんなアタフタする様もまた、焼肉の美味の一部ですらある。あっという間に四人前を平らげたら、またすぐに漬け込みカルビを四人前注文する。新たな肉が届くまでの合間を、口内の小休止にあてる。お冷やを一気に呷ってしつこく残る後味を洗い流し、冷奴をつまんで口の中のやけどを冷やすわずかに垂らした醤油豆腐のまろやかな味わいに一点の自己主張を加え、大量の焼肉の咀嚼がもたらした多幸感にボヤける頭をすっきりと引き締める。わかめスープで口直しをしつつ、歯応えのよいゴマわかめゴリゴリ噛み締める。待つという程の間もおかずに、新たな四人前の肉がごはん冷奴わかめスープのおかわりと共に卓上を埋めてゆく。皿を鉄板の直上でひっくり返し、威勢のいい音と共に鉄板中央で派手に煙を上げ始める肉の塊を解体し、剥がし鉄板上に伸ばして寝かせて、周囲へと広げてゆく。口の中にはすでに新たな焼肉への味わいが期待となり、早くも多量の唾液が分泌されてゆく。ピッチャーから継ぎ足した新たなお冷やで唾液を飲み下して、再び、早くも白煙を上げ始める肉を次々とひっくり返してゆく。

いつも肉ばかり食べていても、どれだけ肉を食べたとしても、それでも常に考えている。

思う存分、肉が食いたい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん