「クスクス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クスクスとは

2017-05-14

「やっぱ年収1000万は欲しいよねー」

ちょっと地味目な女の子たちのグループ居酒屋にいて、

給料さがってさー大台から外れちゃったわ」

「まじかー潮時じゃない?」

「やっぱ年収1000万は欲しいよねー」

と話していた。

それに対して隣の席のサラリーマン3人組は酔った勢いなのか、

お姉さんたち年収1000万の男狙うにはレベル低すぎるよwww」

「鏡見たことある?歳も食ってるよねw」

「養って貰うことばっか考えないで自立しろよ!」

などと絡み始めた。

しばらくお姉さんたちはじーっとそいつらを見つめていたが、

「すいません。私たち年収の話をしてるんです」

と冷たい声で告げて、お会計して去っていった。

サラリーマン3人組はポカンとしていたが妙に大人しくなり、

周りにクスクスされた後こっちも去っていった。

2017-04-18

最近漫画の笑い方ってどんな感じなの?

クスクスとかうふっみたいなのはもう漫画的に古い笑い方のような気がするんだけど、じゃあ最近漫画の笑い方はどんなん?って考えたらパッと思いつかない。

あの笑ってる人の周りに描かれる笑いの効果はまだ古くないんだろうか。

2017-02-26

後輩へ

君が酔っ払って愚痴ってきたとき

理由を知らないって答えたけど本当は知っています

君の配置換え前に連絡がありました。

LINEブロックされたのは女の子に、

女性って妊娠したらどうやって性欲発散させるの?って聞いたからです。

・朝礼のときクスクス笑われるのはブロックされてない子に変な内容でLINEを送ったのが

社内グループで共有されているからです。

・男だけのラインに移動になったのは女の子達が工場長に直談判したからです。

・定時帰りで残業させてもらえないのは、前の部署と同じ作業なのに配属1週間の派遣より遅い無能から女の子達と帰宅時間が被らないようにです。

・俺に女の子と喋るなってことですか? そうです近づかないでください。

イケメンに会ったときみたいにキャーキャー言われる。 マジで怖がられてます。近づかないでください。

2017-01-20

飲み会悪口ばかりだから廃止しろと言い出した世界の中心マン

私は某企業新入社員サポート係をやっている。

うちの会社男性社員が多く、その殆どが口下手で無口。

自分ロッカー場所や、会社規則自販機場所

そんな細かなことまで、マニュアルに書いてやらないと分からない、同僚や上司に聞けない人間が多い。

新卒で入った彼らにはそこそこの研修費用が掛かっている。

から彼らが入社後すぐに辞めないように、小さな困りごとを解決してやったり、上司や同僚の架け橋役になったり、気軽に声を掛けて居心地を良くしてやるのが私の仕事

なんだけど最近つらい。辞めたくなってきた。

誰かを育てるくらいなら、自分バリバリ働いた方がマシ。

最近は「飲み会廃止してくれ」という要望があった。

自慢じゃないがコミュ障だらけの会社、もともとその手の付き合いはほぼ絶滅している。

さすがに歓迎会送別会くらいはあるものの、それすら自由参加。

歓迎される当事者すら欠席する、という自由っぷり。

今や我が社の飲み会は、酒好きな年寄りと数少ない女性社員癒しの場として存在している。

この人畜無害飲み会を、廃止する意味はあるのか。

そう問いただすと、「だって…」と彼は口を尖らせた。

最近ガチで、口を尖らせたり、にゃんとか言いだす男子存在する。

正直心底キモイ冗談は2次元だけにしてくれ。

だってどうせ俺の悪口で盛り上がるんでしょう?陰湿なんですよ飲み会なんてー!」

はっ?ねえわ。

…一行で否定してしまったが、彼の言い分はこうだった。

自分くしゃみがヘンだったり、アトピーキモかったりする。

そんな僕をヒマな主婦パートたちが給湯室なので嘲笑っている。

飲み会も僕タン悪口でもちきりに違いない。そんな陰湿飲み会廃止すべき!というのが彼の言い分だった。

いやいやいや、絶対にお前の話題なんて一言も出ないし、思い出しもしねーよ。

主婦パートも私も、この会社に長くいるベテランばかり。

から見慣れてんだよ、秋葉にいる程度のキモオタなんざ!

この会社には人知を超えた化け物がゴロゴロしている。

50キロ以下級でも、100キロ超級でもない、床掃いてんだろロングヘアでも、ハエたかるような服を着ている訳でもない彼なんてほんと普通

つか仕事が出来ればゴミ捨て場から掘り出してきたような服着てる人間でも許されるような職場で、アトピーときクスクス笑うだぁ?

会社保育所じゃねーんだぞアホンダラ。そんなクソ甘いイジメがあるか!

彼の脳内ではパートお気楽主婦ども。

人の動作挙動を見ては給湯室で陰湿悪口に盛り上がる…という設定になってたらしい。

あのさ、主婦である私はどっちかと言うとあんたの嫌いなそっちよりの人間なんですけど。

サポート係の前はパートしてたし。

あんたが暇な主婦は…、って言うたびに、私が眉根に寄せるシワ、気が付いてない訳じゃないよね?

もちろん○○さんはあんな奴らとは違いますけど、って私あんた寄りの人間なの?

一緒にすんなクソガキ。

私達は会社仕事しに行ってる。

定時に上がるためには、時間内に仕事を終わらせなくちゃいけないわけ。

そのばたばた忙しい中で、新卒のにーちゃんのくしゃみがヘンだから給湯室で笑ってただぁ?

アトピーで粉ふいてる肌がキモイと影で言ってるだぁ?

誰も見てねーよてめぇのことなんざ!

こういうガキみると、よっぽどチヤホヤされて育ってきたんだろうなって思う。

かまってちゃん被害者意識

もし幻聴が聞こえる系やガチイジメだったら困るから、一応周囲や会社契約してる精神科医先生にも相談したけど、問題は何もナシ、だった。

つか、私はこんな化けもんだらけの会社で、自分悪口対象になる!注目に値する!だなんて無邪気に信じられる彼のお幸せさに軽く嫉妬した。

ちゃんと構われてきたんだよねアンタ。

いいよね、自分世界の中心で。

よく、女の方が世界の中心だろって言う奴もいる。

『女はいいよな、化粧してかわいい服着てるだけでちやほやされて』

あのさ、そんなこと言う奴って大概本当の自分の方が価値があると思ってる傲慢野郎から

自分は男だから化粧やおしゃれが出来ないだけ。それさえクリアすればチヤホヤされる価値があると思ってる。

合コンなんて着飾って見た目だけじゃん、とか言い出す奴も同様。

虚飾を取り払った「本当の自分」にはちゃんと価値があるとか信じてんの。

言っとくけど、見た目やら知能やら、後付けされたもんを全部取っ払った本当の自分なんて言い出したら受精時代に戻るしかいから。

あんキモイもん、カワイイなんて喜んでくれるのはテメエの母ちゃんだけだからな?

いか、女だって化粧してかわいい服着ただけでチヤホヤされる奴はほんの一握り。

大多数はばっちりメイクして、気合入れた服着てるはずなのに、ちゃんとメイクしろよーとかお洒落しろよーとか言われてますから

あんたらの言う『化粧してかわいい服着てるだけで』チヤホヤされてる姫は、たとえブサイクだって男ウケいいメイク勉強したり、頭がヤバいと疑われるような服で町を闊歩したり、常人には出来ねぇ努力をしてるんだよ。

それを女に生まれりゃ人生イージーモードだぁ?

自分に女になればチヤホヤされる価値があると思いこめるテメエの頭が一番イージーだわ。

最近、この手の若い男子を見るだけで反吐が出そう。

ヤバい、本気で病んでる。

仕事辞めたい。

だいだい、いくら仕事が出来るからって生ごみウェア出勤が許されてる当社もおかしいだろ。私のサポートは誰がしてくれんの。

もう人生無理ゲーだわくそったれ。

2017-01-17

いい年して10年務めた(といってもバイトだけど)会社をその場の勢いで辞めてしまった

勤め始めたころは、そこは比較的「屑のたまり場」だった。

うつ病の30代フリーター友達いなそうな大学生、暗い顔したバツイチおばさん、旦那浮気されてる腐趣味主婦

こんなメンツばかりだから20代前半フリーターの私でもそれなりに馴染みやすく、当時は友人や彼氏にも恵まれていたのでむしろリア充」のポジションだった。

完全に井の中の蛙ではあるが。

仕事も覚えが早く、当時はバイトの中では一番使えるメンバーだった。

当時、私は彼氏同棲していて、子供が出来たら結婚して辞める予定だった。

みんな肩書はともかくいい人で、私のようなコミュ障でも馴染みやすかった。

しか子供はできないまま時は過ぎ、バイトメンバーは続々と入れ替わった。

フリーターは辞め大学生就職バツイチ実家に帰った。腐趣味主婦だけは残っていたが…

そこに、昔だったらこんな仕事見向きもしなかったようなガチリア充や頭がよくハキハキした人やモテそうな美少女が入ってきた。

就職難だからなのだろうか?

私は、いつまでたっても子供が出来ず彼氏に振られ、ただのフリーターのおばさんとなっていた。

当然、見下しの対象になった。

頭のいいポジションの奴が首謀者で、コソコソとこちらの悪口を喋っては美少女クスクス笑い、リア充がニヤつきながら収める、それがお決まりの流れだった。

趣味主婦は気が強いのでうまくそ対象からは逃れ(彼らからすれば母親よりも年上だから、というのもあるかもしれないが)、完全に私はサンドバッグとなっていた。

はじめの頃の「仕事ができる」ポジも、今では見る影もなく。ストレスからかありえないミスを連発するようになった。

こんな10以上も若い子たちに恐怖心を抱いている自分が情けない。

中学生の頃、生徒にいじめられて辞めていった先生もこんな気分だったのだろうか。

ずっと、情けなくて怖くて耐えていたが、昨日、ついに足が動かず、体が固まり出勤できなくなった。

職場から電話がかかってきても、手が固まり取れなかった。

時間ほど、玄関で立ち尽くしていた。

何とか電話を返し、社長と話し合い、もうこの職場は続けられないと伝え、2月で辞めることになった。

いい年して次の仕事も決まってないのに離職。屑の極みだ。

だが、このままあの場所にいるくらいなら死んだ方がマシだと思ったのだ。

こういう時、頭のいい人なら仕事を頑張って正社員になるのだろうか。愛嬌のある人だったらダメお姉ちゃんポジションとしてうまくやっていくのだろうか。

私にはそのどちらもない。ついでに言えば天涯孤独で帰る実家もないのだ。

これからどうするのがベストなのか私にはわからない。寮付きの仕事を探すか、どうせ妊娠しないなら熟女系のデリヘルにでも行くべきか。

どちらにしても、私はもう一般的な「幸せ」は掴めないのだろう。

2016-11-29

初めて芸能人に会った日の話

土曜日の朝、小学3年生の僕らは大いに興奮していた。

まだ週休2日制ではなく、土曜日学校に通うのが当然だった時代。朝、突然に級友のしんちゃんによってもたらされた衝撃的なニュースに、クラス中が騒然となった。

  

今日公民館テレビに出てる芸能人が来るんだってよ!お笑い!!!

  

大事である人口1万人にも満たないこの小さな町に、演歌歌手以外の芸能人が来るのだ。帰ったら急いで家族にも伝えないと!あと、色紙だ!色紙以外にサインを求める事はマナー違反だというのは田舎小学生でも知っている。家に色紙があるか確認しなければ。その日は授業の内容など全く耳に入らなかった。僕としんちゃんは開演時間も入場料もわからないそのイベントに、何故か参加出来るという確固たる自信を持って、下校後のミッションを練り上げていた。

  

「じゃ、30分後に公民館前に集合な!」終業のチャイムと同時に僕らは散開した。

  

公民館前に到着すると、そこはもう沢山の人であふれ返っていた。昼間からこんなに人が集まるなんて、芸能人ってやっぱりすげー!!興奮する僕の横で、しんちゃんがぽつりと言った。

  

「あれ?何か大人ばっかりじゃね?」

  

言われてみれば確かに大人がずいぶん多い。大人8に対して子供2くらいの割合だ。しかも、中高生ほとんど居ない。子供小学生幼稚園児が大半だった。そして次の瞬間、唐突に思った。

  

「これ、僕たち中に入っていいのかな?」

  

今更である。もちろん入場料やチケットの類は持っていない。田舎小学生現金を持ち歩く習慣など無い。持っているのはマッキー1本と色紙1枚のみ。少しずつ不安が大きくなり、入り口から中の様子を伺っていると、親戚のおじさんと目が合った。おじさんはこちらに気付くと手招きした。どうやら入っていいらしい。

  

「早く場所とれ!座るところ無くなっど!(笑)

  

おじさんの明るい声に背中を押される形で僕らはホールに足を踏み入れた。

  

暗いホールにぎっしりと並んだパイプ椅子。席はほぼ埋まり、少し蒸し暑かったステージには演台と大きな花瓶。左手司会者と思われる女性資料を持って立っている。

  

「何か校長先生とか出て来そうだなw」

  

しんちゃん言葉クスクスと笑いながら、僕達はその時を待った。これからここにお笑い芸人が来る!面白い事が起こるんだ!!!

  

定刻となり、司会者挨拶からその会は始まった。何人かの偉そうなおじさんが代わる代わる話をした。その話は校長先生の話より退屈だったけど、僕達は芸能人への期待で何とか持ちこたえていた。子供の興味と集中が途切れそうになる間際、司会者が高らかに宣言した。

  

「さぁ、それでは皆様お待ちかね、本日スペシャルゲストをご紹介しましょう!!」

  

僕らは背もたれから背中を引き剥がしステージの右側を凝視した。

  

次の瞬間、そこにはスーツに身を包んだ一人のおばさんが立っていた。薄いピンクスーツ。左の胸にはブローチがキラりと光っていた。にこやかに手を振ってステージ中央へ進んで行くおばさん。挨拶をして、さっきまでのおじさんたちと同じような話をするおばさん。突然泣き出すおばさん。泣きながら微笑むおばさん。誰かに感謝しているおばさん。拍手喝采を受けるおばさん。深々とお辞儀をしてステージを後にするおばさん。

  

僕らは最後最後まで期待していた。笑っていいともバラエティー番組で見せる、女の人があまりしちゃいけない様な格好から繰り出すギャグを。トーク番組披露するような、面白いエピソードを。きっと、どこかで、必ず、会場を沸かせるギャグ披露してくれることを。

  

公民館を出てしばらくしてしんちゃんがぽつりと言った。

「…面白いこと、1っこも言わなかったな。」

「うん…。」

僕は手に持った色紙とマッキーを見つめながら何となく相槌をうった。

朝、学校で感じた胸の高鳴りは何だったのだろう。僕はどうしてあんなに必死になってお母さんに色紙をねだったんだろう。

横を見ると、しんちゃんの悲しそうな顔が目に入った。朝一番に「芸能人が来るってよ!」と教えてくれたしんちゃん。あのときキラキラした瞳の輝きを思い出すと胸がチクリと痛んだ。

  

「俺知らなかったけど、芸能人ってテレビに出てない時はけっこう普通なんだな!!」

しんちゃんは、この沈んだ空気を打ち消そうと、精いっぱい明るく言った。その明るい声が、なおさら僕を悲しくさせた。

  

しんちゃんさ…」

「ん?」

「今からしんちゃんちでファミスタやろうよ!!!

僕も精いっぱい明るく言った。

  

「いいよ!!でもピノ禁止な!!」

しんちゃんキラキラした眼で答えた。僕らは全速力で駆け出した。

  

これが、僕が初めて芸能人久本雅美に会った日の話。

2016-11-23

容姿馬鹿にしてきたガキに蹴りを入れてやった


最近の話だ。

いつものように学校から家に帰っていたとき、前を歩いている下校中のガキ女二人がアトピーゾンビ容姿馬鹿にしてきた。

「やばくない?w」「変w」「肌がw」「きもいねw」

まぁ、この程度のことは、容姿の悪いアトピーゾンビには良く起こることだから華麗にスルーしていた。

しかし、ガキ達は、わざわざ後ろを見てアトピーゾンビ容姿確認して、横にいる友達に含み笑いをしながら悪口を耳打ちというのを約十回ほど繰り返した。

それを不快に思ったアトピーゾンビは、「何?(激おこ)」とドスノ効いた声で切れた。

それを聞いたガキ女二人は、「え?w」「クスクスw」「何?だってw」「「クスクスw」」と、反省の色を見せずに、アトピーゾンビさら馬鹿にしたような態度を取った。

その後もしつこく舐めた口をきくから、二人の腹を数回蹴りつけてやった。もちろん全力でだ。

こんな奴らが親になったら、子供も人に対して同じようなことをするだろうから、一生子供を産めない体になりますようにという呪いを込めながら蹴った。

今ここで負の連鎖を切れば、これから被害にあう人が減るから頑張ろう!という気持ちで丁寧に蹴り飛ばした。

偽善でも善!偽善でも善!と心の中で叫び脳内サライを聞きながら、みぞおちを狙って蹴った。


二人とも反撃されるなんて想像していなかったんだろうな。

アトピーゾンビ最初に蹴った奴は、体を縮めてアトピーゾンビキックをただただ耐えていた。

次に蹴った奴は、友達が蹴られているときは鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていたが、腹を蹴ったら泣きだした。

調子乗ってんじゃねーぞ。クソガキ」と、アトピーゾンビは出来るだけドスの効いた声で僕は強いんだぞ、とアピールをした。

「うぅ…ごめんなさい…」ガキ女Aは涙を裾で拭いながら言った。

はいすみませんでした…」ガキ女Bは俯いて体を硬直させながら言った。

アトピーゾンビは器の大きいゾンビから、ガキたちを許してやった。

初めて人を攻撃したことに興奮し、心臓バクバクさせながら、その場を立ち去った。、

正直スカッとした。他人危害を加えることがこんなに気持ちいいなんて…!

あ、見てる人はいなかったので通報はされなかったです。運の神もアトピーゾンビ応援してくれていたのだろう。アーメン

こういう子供存在していることを信じられないやつもいるんだろうけど、これ、ガチの話だから

アトピーゾンビみたいに容姿の悪い奴等にとっては、子供馬鹿にされるっていうのは、あるある話だからな。

子供を蹴るなんて最低?おいおい、ちょ待てよ

こんなこと普段からやってるわけじゃねーぞ?

何もしていないアトピーゾンビ中傷し続けてたから、ちょっとお灸をすえてやっただけだ。

彼女らが痛い目に遭ったのは自業自得だろう。

最近の親は子供友達みたいな関係になっているから叱るということをしないと何かで読んだ。

これマジなんだろうな。まじで善悪区別が付いてねーガキが増えてるわ。

まぁ、今回出会ったガキは、そんなに悪い奴らじゃねーんじゃねーかな。

アトピーゾンビが蹴った後、素直に謝ってきたわけだし。

まともに躾をされたことが無いから、やっていいことと悪いことの区別が付いていなかっただけなんだろうな。

アトピーゾンビに蹴られるまで、容姿が悪い奴には何を言ってもやっても許されると思っていたんだろうな。

今回の件で懲りて、奴らが真っ当な人間になれることを期待している。

馬鹿にした相手アトピーゾンビでよかったな。

普通人間相手だったら、顔面に数発膝蹴りされた後に地面に叩き付けられ、素手で腹を引き裂かれて、取り出された腸で首つらされてるぞ?

まぁ、相手が俺だったその幸運感謝するんだな。

今、親やってる奴は子供が痛い目みないようにちゃんと躾けとけよ。

まぁ、躾けられないと分からない馬鹿子供を躾けるのは大変だろうがな。

健常者共は精々身の振り方に気をつけるんだな。俺はいつでもお前らのすぐ近くにいる。

2016-09-27

こら!夢豚disるから発狂したじゃん

こら男子〜!止めなよ〜!可哀相じゃん!クスクスッ

2016-08-20

シン・ゴジラを見た

隣の馬鹿っぽい女がどんな場面でもクスクス笑ってて癇に障った。

早くBD出ないかな。

2016-07-04

同級生にばったり会った。卒業してから偶然会うのは、これで数回目だ。

学生時代、鼻炎だったのでいつもハンカチで鼻を抑えていたのを笑われていた。笑われていると感じていた。

コミュ障だった私はそれをすごく気にしてしまい、人の顔を見て話せなくなった。

ある日、誕生日プレゼント頂戴と言われ、あまり接点ないのになーと思いながらもプレゼントした。

でもそれは冗談だったらしく、笑いを抑えながら受け取り、あとでほかの人とクスクス笑っていた(ありがとうとは言ってくれた)。

彼女たちの席から聞こえる「うそ!○○さんがくれたの?!なんで?!そんな仲良かったっけ(笑)」という声が、辛くて耐えられなくて、教室から一番遠いトイレで泣いた。

前に偶然会って話したときも思ったが、彼女には私を馬鹿にするつもりはなく、ただ思った事を、素直に話せる人だった。陰口を言うよりはずっと良いと思う。

でも、当時の私は他人に嫌われることにすごく敏感で、ご飯が喉を通らなくなるくらい悩んだ。私の被害妄想が強かった。もっと正面から話しておけば、悩まなくて済んだかもしれない。

今の彼女とはもっと話がしたいと思ってる。きっと全然違う印象を持つと思う。

でも、そのことを思い出すと胸が痛くなって涙が出そうになってしまう。

2016-06-22

31アイスクリームのパチパチするアイス

食べたい!

だけど!

「何おっさんのくせしてパチパチしたやつ食べたがるの?」

調子乗ってるの?」

「はじけたいわけ?」

って陰で言われてクスクスなってそうで。

でもパチパチしたアイス食べてみたい!!!

2016-05-27

[]「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー

上半期の作品でもかなり面白かった作品なので、なんとなく備忘録的に感想を書いておく。シネマカリテでやってて気になって観に行った。これを書くにあたって調べたら2週間だけの上映だったと知った。もっとやっていいくらいに面白かったと思う。

30半ばの男性3人の群像劇主人公はジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じるイーサン友達役にセス・ローゲン演じるアイザックアンソニー・マッキー演じるクリス仕事家族などの問題に対して、それぞれ岐路に立つ。

20歳クリスマスとき、両親を交通事故で亡くしたイーサンを慰めるため、親友2人(アイザッククリス)が「これからは俺たちがお前の家族だ!」と、毎年クリスマスイブを3人で一緒に過ごすようになる。しかし、30半ば。もうみんないい歳。いつまでも若かったあの頃のようには過ごせない。クリスマスを過ごすのはこれが最後と、それぞれが暗黙の了解で決めていた。そんな彼らが最後に過ごすクリスマスを軸とした物語

イーサンミュージシャンを目指していたが、鳴かず飛ばずアルバイトをして食いつなぐ日々。彼女には愛想を尽かされ、別れた。

アイザックは既婚者。奥さんが妊娠中。いい父親を目指し、育児本を熱心に熟読。

クリスアメフト選手。これまで思うような活動ができなかったけど、最後と今年にかける。

イーサンはわかりやすいほどのうだつの上がらなさだが、アイザッククリス事情を抱えている。親友同士だから互いの事情に気付ている。ただ、お互いがお互いの事情を知っているだけに一言、言いたい。けれども言えない。結果的酩酊ドラックで羽目をはずすことで本音漏れる。3人で衝突、周囲とも衝突し、3人とも自分を見つめ直していく。

アイザックのシーンでは男女とも共感できそうなものがあった。子供が生まれたらなかなか羽目を外して過ごすことはできないからと、アイザックは出掛けに嫁から各種ドラックセットを渡される。彼がドラックの力を借りて本音を炸裂させるシーンは男性だけじゃなく女性共感できるのではないかと思う。不安でいいんだ、と。

スポーツでは諦めの年代であり、他の分野では責任のしかかってくる年代、身を固めるには最後年代。考えてみればなかなか重い年代だけど、劇中小気味よく挟まれネタによってクスクス笑い飛ばすことができる。

2016-05-02

ヨッピー飲み会童貞を煽られた

ヨッピー飲み会に参加した。

みんな初対面の人同士で、始まる前はゲストを囲んで真面目な話をするのかと思っていた。

しかし「最近少子高齢化を何とかしたいと思ってしまして、今日出会いの場になったら嬉しいです。」と言うヨッピーが男女をミックスし飲み会開始。

合コンやんこれ。

開始早々ヨッピーが「この中で童貞の人いませんか〜??」

周りがクスクス笑う中、童貞だという人が1人手を挙げた。

彼女テクが凄いビッチだったらしく、何もできずイッたから0.5人だと笑いを取っていた。

その人が偽童貞ネタに出来る経験持ちだったから良かったが、オレが名乗り出てたらどうなっていたのか。笑えない雰囲気になっていたはず。

またヨッピー「他に童貞の方はいませんか〜?そして奥手な男が好きな積極的女性はいませんか〜?」

で近くに座っていた女性に「あんビッチでしょ!」

偶然その人がエッチ好きらしいから救われたが、違っていたらどうなっていたか

まあ合コンのノリだ。ヨッピーも会話回してる男女も慣れで見た目で判断できるから、そういった際どいネタも振れるんだろう。

ヨッピー飲み会人生初の合コン経験した。これセクハラじゃないの?童貞晒し者にするとか最低だ。悔しい...

2016-04-26

[] コーリャン

モロコシ蜀黍唐黍学名 Sorghum bicolor)は、イネ科の一年草C4植物穀物。熱帯アフリカ原産ソルガムとも呼ぶ。

また、中国での呼称であるコーリャン高粱)ともかつては呼ばれた。主要な栽培食物のひとつであり、穀物としての生産面積では

コムギイネトウモロコシオオムギに次いで世界第5位である

熱帯、亜熱帯の作物で乾燥に強く、イネコムギなどが育たない地域でも成長する。

  

穀物として食べた時はソバに似た食感があり、北アフリカではクスクスや粥の、インドではチャパティなどのフラットブレッド

材料として使われる。ひき肉のような弾力とコクがあるので「たかきびハンバーグ」などとして主食材料にも使われるほか、

アメリカ合衆国南部では、濃褐色シロップが作られ、ビスケットにつけて食べられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%B7

2016-04-17

「お~い!竜馬」 オープニング

「お~い!竜馬」

またクラスの誰かが僕を呼んだ。

呼ばれた方向に目をやると、何人かがクスクスと笑っている。

僕は中学1年の頃からこんなふうに無意味に呼びかけられてからかわれている。

いや、からかわれているという生ぬるい言葉で片付けてはいけない。

れっきとしたイジメだ。

奴らが僕を呼びかける目的はわからないが、返事をしても大抵無視される。

酷い時はさら罵倒されて物笑いの種にされる。

当然、この学校に僕の味方はいない。

「お~い!竜馬」それは僕にとって、この鬱々とした状況を象徴する言葉だ。

だが、クラスの奴らが笑っていられるのも今のうちだ。

「ちりも積もれば」ではないが、奴らへの恨みは僕の中ですでに殺意へと変わっている。

この前、自宅で偶然日本刀を見つけた。

僕はそれを見つけた時、ある計画が頭に浮かんだ。

このクラス、この状況に維新をもたらしてやる。

2016-04-13

RS4或はRS5を高濃度含有した加工小麦粉で作るパン

レジスタントスターチ高濃度に含有するようにした小麦粉

パンを作れば、

血糖値の上がりにくい、しかしながらおいしいパン

作れるのか?

おいしいの定義は、バゲットやパン・ド・カンパーニュのように

気泡が大きなサクサクした食感のもの

アーティザンブレッドといってもよい

製粉するまえの状態小麦ココナッツオイルでグラグ

煮込んで、半日以上冷蔵庫で冷却。

クスクスの如く巨大扇風機乾燥させる。

そのあと製粉。そのあと加水。イーストと塩を加え

放置発酵)。

2016-04-11

[]「リップヴァンウィンクル花嫁

公式サイトで「はあちゅう」にコメント書かせるくらいなら、増田に書かせろ!と思ったりした。

それはさておき、泣いている方が結構おられたのだが、泣き所がわからなかった。自分にとってはクスクス笑える映画だった。

七海さん(黒木華ちゃん)は純情真っ直ぐすぎるし、真白さん(coccoさん)は文字通り真白すぎる。安室綾野剛)はクズい。すべての元凶は安室。でも、とにかく奴の立ち回りはうまい。だもんで、人の懐に入るのがうまい

七海さんが不幸に陥れられるのは明らかに安室グルだとわかる。七海さん自身、おそらくそれを知ってはいても頼る人がもういないくらいの希薄人間関係しか築いてこなかったから頼るしかない。そして、安室にまた付け入れられる。


新たなステージへ。*ここからネタバレ感もあるので知りたくない人は読まずに劇場へ。

coccoさんの役は彼女しかできない位の無垢な天真爛漫さだった。

黒木華ちゃんとcoccoさんのシーンは『花とアリス』のよう。バレエの心得のあるcoccoさんの所作は美しく、アリス彷彿とさせる。

ストーリー的には、終盤近くのりりぃさんが出てくるところとか「ざ・きずな」な感じで笑った。懐に入る策でありながらなんだけど、人って共感されるとうれしかったりするし、それが素直になれない人を素直にさせるすべだったりする。

安室と長く接することで、人との濃いコミュニケーションを持つことができた七海。一皮も二皮も向けていく。それに呼応するように彼女の生徒が前向きになっていく様はとてもよかった。

あと結婚式のシーンで司会者堀潤で、新郎役で紀里谷和明が出てきたときは笑った。

日本映画専門チャンネルインタビューで、岩井俊二さんは「もう『花とアリス』のような映画日本では撮れない」って言ってたけど、また撮れたらなという希望を持っている。そういう風に感じた映画だった。

2016-03-23

オタク凶悪

日曜日秋葉原駅付近マツモトキヨシ前、横断歩道での出来事

若いオタク風男4人が、前に立っていたおそらくめいどりーみんのメイドらしき女を指差して、こそこそと。

「おい、お前押せよ。」「クスクスッ」「早く押せって!」と小声で軽く笑いながら話し合っていた。

もちろん押したらメイドさん車道に飛び出すことになる。

殺人未遂現場しか言いようが無かった。

取り合えず俺の長身デブな体を利用し、そのガキオタク達をじっと見て目を合わせて止めさせたが何を考えているのだろうか?

俺も多少はオタクだが、オタクマジで怖い。

メイドさん仕事で優しくニコニコしているので害しても良いという感覚なのだろうか?

現実と2.5次元区別が付かないオタクも居るんだな。

2016-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20160316194924

スタバマック状態ってほぼぼほ案件納期が迫ってるのに家じゃ集中できなくて外で作業してる状態なわけで正直他人の目なんか気にしてる余裕はない。

なので「ぷー、クスクス」はあってるけど意志が弱い系だと思って笑ってください。

2016-03-16

スタバマックひろげてる人ってさ

たから見たら「ぷー、クスクス」なんだけど、

しかしたら当人達はそれすら見越してやってるんじゃないか?

スタバマック広げてる意識高い系を見る冷ややかな視線が心地いい」族なんじゃないのか?

もしそうだとしたら誤解してたわ。ごめん。

2016-03-11

過敏性大腸(いわゆるIBS)がひょんなことから治った

年末年始北米とある都市に2週間滞在してて、一度も米を食べなかったら症状が出なかった。

日本帰ってきて米を食べたらまたお腹痛くなった。

米断ちしたら症状出なくなった。

マジか。

かれこれ20年弱不機嫌なお腹と付き合ってきて、人前であわやということもあったし(ギリセーフ)いろいろ薬も飲んだけど、これ米アレルギーなのか。そうなのか。

いま米断ちしてちょうど2ヶ月経ったところで、主食としてはパンパスタクスクスなんかを食べてる。(クスクスカレー食べたいとき便利)

お腹痛くないのは嬉しいけど微妙だよ。米食べたいじゃん。もち、寿司牛丼たまごかけご飯!!

日本酒はもともとすごく悪酔いするから飲めないし、糠漬けは食べるとなぜか気分が悪くなって、苦手)

ネット一生懸命検索して、米アレルギーでもササニシキ大丈夫という人がいるという情報を見つけたので藁をも掴む思いで買ってきた。まだ試してないけど。

あとこれが遅延型食物アレルギーというやつなのかはわからない。血液検査には科学的根拠がないって噂だし(おぎやはぎラジオで言ってた)、高いし。ただ、英語検索してみたらIBSとIgGアレルギーの関連を疑って行われた研究がいくつか目に付いた。英語を読むのに抵抗のない方は「igg allergy irritable bowel」などで検索してみてほしい。

米断ちによってIBS以外に変化があったのは、以前は背中に細かい吹き出物が出やすかったのにできなくなったことくらいだけど、IBS持ってると生活の質がすごく落ちるので、解決できそうでホッとしてます

2016-03-03

母親人生をぶっ壊された話。

母親人生をぶっ壊された話

創作だろ、と思うくらいで読んでくれれば幸いです)

幼い頃から一緒に暮らしていなかった母親は、

私のことを愛していると言った。

母親と会うのは、月に一度。

住んでいる場所は遠くはなかったが、なぜ一緒に暮らしていないのか、幼いながらにタブーだと知っていたのか、きちんと確認したことはなかった。

それでも母親わたしを愛していたらしかった。

小学四年生の頃の運動会では、全身を私のチームの色のジャージ手作りポンポンや旗を振り揃え、クラスメイト保護者たちの失笑を買っていた。

半年に一回の授業参観でも、私が発表するたびに「私の子です!」と周りに伝え、悪目立ちしていた。

クラスの子からも「変わったお母さんだよね」と言われていた。

私を愛していると言っていたお母さんは、私が高学年になったあたりから回数が極端に減った。

月に一度が、長期休みの間に一度と、年3.4回へと減っていた。

小学六年生の冬、丁度この頃に母親から電話があった。

「お母さんね、整形したの。」

突然の告白に動揺を隠せず、「なんで?」と聞いた声は震えていたと思う。

自分の顔が、嫌いだから。」

その日の電話は、とても長かった。

まり内容をハッキリ覚えていないけど、「お母さんがそうしたくて、そうしたのならいいと思う。お母さんが幸せになるならいいよ。」と返したと思う。

本心かどうか分からなかったが、唯一の肉親だった母親に嫌われたくないための、建前の方が強かったと思う。

母親が返した言葉は覚えている。

あなたのためよ。私じゃなくて、あなたのため。」

ところが、私の人生は一転する。

ある日、登校すると同級生の様子がおかしかった。

から距離を開けて、ひそひそと話している。

瞬時に「やばい。」と感じた。

少女漫画で見たことのある、いじめの始まりのシーンが自分の身に起きていた。

それまでの私は生徒会の一員で、友達も決して少なくない方だった。

そもそも、一学年1クラスしかないような小さな学校だったが、男女ともに仲が良く、学校生活は充実していた。

原因がわからず、一番の親友だった女の子に話しかけると「わからないの?!」と言われた。

怪訝に思っていると、担任に呼ばれた。

担任から聞かされたのは、自分の身に起きたとは思えない、現実味のない言葉だった。

あなたのお母さんがテレビに出て、クラス中で騒ぎになっている。」

その日は早退した。

帰って保護者だった人に担任から聞かされた内容を話した。

担任から電話があったらしく、私よりも詳しく事を把握していた。

当時放送された整形番組母親が出演したらしい。

番組では、母親がどれだけ容姿コンプレックスを持っていて、その容姿によってどんなに不幸な人生を歩んできたか

そして、番組内で整形手術をし、ダイエットをし、美しくなった。

後日、別の学校だった親友に録画してあった番組を見せてもらった時、母親が誰か分からなかった。

番組内では、母親がメインとして扱われ、美しくなり、大物タレントに「幸せになってね!」と励まされ、スタジオ号泣の美ストーリーだった。

自分の身内でなければ、第三者だったら、感動で泣いていたと思う。

でもその日から陰湿イジメを受けた。

番組内のVTRで流れた母親が受けた不幸エピソードを準えるようなものが主流で、傍観している生徒もクスクスと笑う。

小学校はその後すぐ卒業したが、中学校でもすぐに噂は広まり上級生がわざわざ私を尋ねて顔を見に来ては囃し立てるくらいだった。

しかけてくる子はみんな、二言目には母親のことを聞いてきた。

中には、母親のことを聞くことを罰ゲームとして、好奇の対象になった。

初対面で会う人が、みんな大嫌いになった。

初対面で会う人と、うまく話せなくなった。

自分の育った環境が特異的で、どうしても逃げられなかった。

部活動禁止携帯電話禁止、終業後はすぐに帰宅

友達を作ることもできず、何か別のことに打ち込むこともできず、転校もできなかった。

私のためだ、私を愛してるからだと言っていた母親も、住みにくくなり、すぐに遠くに逃げた。

東京で夜の仕事を始めたところまでは把握していたが、その後連絡を取ることを禁じられた。

怒る対象を失い、頼る友達を失い、安らぐ場所を見つけられず、中学時代孤独だった。

高校に入り、流石にいじめはほぼ無くなり友達もできたが、一緒に笑っている友達が、心の中では私のことをバカにしているのではないか、陰で笑い者にしているのではないか、好奇で一緒にいるだけではないかとずっと怖かった。

結局高校時代友達には、私の母親のことを知っているかなどハッキリ聞けないままだったが、心の中で抱いていた疑心を気にしなくなるくらい仲良くなれた友達もいた。

高校卒業し、就職した。

保護者だった人が、念のためと母親に私の連絡先を伝えたと言った。

「もう幸せ暮らして、私のことを子どもだとも思っていないんじゃない」などと冗談めいて言ったが、心の中ではそうに違いないと思っていた。

結果的に言うと母親幸せになどなっていなかった。

美しくなったはずの顔は、数年で元に戻ったらしく、段々と失われる美貌や居場所が原因で、重い心の病気になって入院していた。

母親から掛かってくる電話で「幸せ?」と聞いた時に「全然幸せになれなかった」と言われた時に、初めて明確な憎悪自覚した。

せめて幸せになっていてくれれば、母親を怒鳴り罵り、私がどれだけ嫌な思いをしたか伝えられた。

でも「幸せになれなかった」とハッキリ言う母親を、責めることなんてできなかった。

「そっか、私もだよ。」と伝え、その後母親から電話に出なくなった。

未だに、小学校時代人生が転落したあの日のことを夢に見る。

未だに、目の前にいるこの人は母親のことを知っていて、心の中では嗤っているんじゃないかと思う。

未だに、初対面の人とうまく話せない。

この先、結婚するような相手が出来たら、必ず母親のことは負荷になる。

母親が生きている限り、隠すこともできないだろうと思う。

事の顛末を聞いて、手のひらを返すような人はこちらとしてもお断りだが、結婚相手は受け入れても相手家族がどう思うかわからない。

出来れば、私の過去から消し去りたい。

「どれだけ親と仲が悪くても、産んでくれたんだから感謝しやきゃいけない」

という言葉を聞くたびに、虫酸が走る。

今では母親が近くに住んでいなくてよかったと思う。

近くに住んでいたら、危うく殺しかねない。

でも母親には幸せになって欲しいと思う。

私が一番楽しい青春時代を奪われた分、幸せになってくれなければ割に合わない。

美しくて、幸せに楽しく生きる母親に、自分をぶつけ転落させたい。

なぜ今これを書こうと思ったのかはわからない。

ちょうど10年が経ち、自分の中で一つのケリをつけたかったのかもしれない。

当時の知り合い以外に、自分からこの話をしたことがなかったから、他人見解を聞きたいのかもしれない。

私の考え方は間違っている、私の不幸の原因は母親ではなく私自身にあるのだと叱って欲しいのかもしれない。

つらかったね、頑張ったねと慰めて欲しいのかもしれない。

こうすればよかったのに、こうすればいいのにとアドバイスが欲しいのかもしれない。

お前より不幸な人間は他に五万といる、と鼻で笑って欲しいのかもしれない。

所詮自己満足である

私の人生は、私が身動きを取れない間に、唯一の肉親に壊されてしまった。

こう言って私は、この先もずっと母親を恨んで、母親に全ての責任転嫁し続けると思う。

お母さんへ、私のために幸せになってください。

2015-12-26

上地雄輔いじめるヤツにはみんなをまとめる力がある

いじめられるヤツには目立つ力がある(分かり合える)

いじめるヤツにはみんなをまとめる力がある(分け与えれる)

コソコソしてるヤツ クスクス話し陰口バランスとってるヤツ

ワケのわかんねえ噂 出て来いや タイマン

遊助イジメ』より

2015-12-20

http://anond.hatelabo.jp/20151220171304

増田関西人ってたこ焼き器を一家に一台持ってるんだって?」ぷークスクス

関西人「あぁ。うちにもあるよ。」(イラッ)

増田「それ、どんなたこ焼き器なん?家庭でも、まともにたこ焼き焼けるの?」

関西人普通のだよ。普通に焼けるよ。」(なんだこいつ)

増田「へー。普通に焼けるんだぁ。レシピはどうすんの?ほんとに美味しいの?」

関西人「たこ焼粉と卵と水混ぜて、タコ入れて味付けるだけだよ。美味しいよ。」(バカにすんな)


みたいな会話になってるんとちゃうかw


もしあなたが本当にたこ焼き器に興味があるなら、

最初に「たこ焼き器を買いたいと思ってるんだけど」と言っておけば、

変に誤解されることもなく会話できるかも。

たこ焼き器も、電気式、カセットガス式、こんろ利用式の3種類のどれがおすすめなのか?とか

レシピ標準的レシピは知った上で、家庭ごとにどんな工夫があるのか知りたい

たこ焼き粉はどのメーカーおすすめか知りたい

こんな風に基礎的な部分は最低限の調査は事前に済ませて

より具体的な質問をするのが、 相手の文化リスペクトするということなんだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん