2016年05月14日の日記

2016-05-14

ゲスの極み乙女の「ファン叩き」をする人にあえて反論してみる

ファン意見「川谷のしたことは悪いと思う。だが彼の音楽が好きなことに変わりはない」

それに対して「音楽に幼稚で未熟な人間性が表れているとは思わないのか?」

これに対する反論として、2つのパターンを考えた。

①どう感じるかは個人的感受性問題であり、それを否定するべきではにい

②幼稚で未熟な人間性が、逆に魅力的な音楽になってるとも捉えることができる

①はともかく、②はファンをかえって怒らせることもあるだろうな。

あと「このような最低の人間応援したいという心理わからん」についても

応援したいのは音楽活動である

②彼の成長を見届けるという楽しみもあって良いのではないか

こんな感じかな。

俺も彼の行動の問題点は感じつつも、彼を悪く言えるほど自分人間ができているとは思ってない。

俺は彼より年上だが、もっと人間として未熟だという感覚があるからな。

男らしさから降りた男はどうしようもない

「男は男らしさにとらわれていて生きにくく、自殺率も鬱の発症率も高い。そうならないために、男は男らしくなくても生きていけると認識することが大事だ」、

みたいなことを今流行りの男性学とやらが主張しているが、どうなんだろうか?

男らしさを捨てた男はどうにもならないだろうし、

なにしろ男らしさにとらわれているほうが強く、成功やすいっていうのも事実だよね。

例えば、受験だって学歴社会を心から信じてるやつのほうが勉強するでしょ。信じてなかったら一生懸命勉強しようと思わないからね。

男らしさを心から信じる男が魅力的であり、それから降りると男はどうしようもなくなるのだ。

就職活動するより

労働制度改革する運動やった方が早い気がしてきた

http://anond.hatelabo.jp/20160514233547

毎年就活してるとそんな熱心にならんでも一社ぐらい内定もらえることに気がついた

http://anond.hatelabo.jp/touch/20110304145631

これが2011年就活

そして2016年の今就活落ちた日本死ねって記事が書かれた…5年経ってもそんなに就活生を取り巻く環境は変わってないのかもしれない。

もうちょい気楽な就活が出来るようにならないもんだろうか

少なくとも自殺や7人に1人鬱病にまで追い込まれないような

今年は売り手市場っていう就活生にとっての一応の追い風短期決戦なスケジュール相殺されてる印象

要領の悪い人、面接に慣れるのに時間がかかる人、大学講義がまだある人、教育実習生にとっては去年より辛いんじゃないだろうか。多分去年より長期化する人もいるだろうし。日程が被るせいで駒が増やせないし、1社に対しての面接対策企業研究する時間も減るし。

そして上に挙げたような人は少なくないと思う。むしろ就活生の大半はそうなんじゃないか。要領の良いスーパー人間なんてほんの一握りなのではないだろうか…。

待合室で話した人が面接が3回ある日もあってESも出さなきゃで大学にも行かないとでお金も飛んでって言っててなんというか切なくなった。自分も大体同じ状況なのもあって。

さて、来年スケジュールはどうなるんだろうか。今年中に就活終わらせられる気がしなくて戦々恐々しております

おひとりさまは凄く楽だけど、感情の共有をする相手がいないのは寂しいな

口にテープはったら血圧が下がった。マジおすすめ

薬飲んでも血圧下がらなかったけど、寝る前に口にテープようになって血圧が正常になった。

いびきかいたか睡眠時無呼吸症候群だったのかな。。

ヨドバシで91円(送料無料!)で売っているサージカルテープでいいよ。マジおすすめ

おっさんになったからこそ楽しいこと

ほら、たとえばバレーボール石川祐希って選手最近話題らしいじゃないですか。

イケメンで実力もあって、女子中高生とかがキャーキャーいってるらしい。

まあ、たぶん、リオ・オリンピックでるんだろうけど、

この夏には、ますますテレビに登場して女性ファンも増えるんでしょう。

で、おっさんは思い出すわけですよ。

Jリーグなどというもの存在せず、ワールドカップといえば「バレーボール」のことだとみんな思っていて、

で、男子バレーボールチームに、女子がキャーキャーいっていた時代が、かつてこの国にあったことを。

そして、そこに、女子黄色い声援を一心に集める大スター選手がいたのですよ。

その名を「河合俊一」という。

いえいえ、ギャグでもなんでもなく、あの人は当時の女子たちが憧れる、

超カッコいいスポーツ選手(当時は「アスリート」なんて、こじゃれた言い方はしなかった)だったんだよね。


その後引退してテレビに出た河合俊一は、ボキャブラ天国あたりで「ホモ疑惑ネタ」でからかわれたりしているうちに

(まあ、このいじり方も昭和ならではで、今だとPC的にまずいのか知らんが)

なんだか、あんキャラクターになっていったわけです。

そういうのをリアルタイムで見てきた経験を持つと、

果たして石川祐望選手が、今後どんな風なキャリアを経て、どんなキャラクターに仕上がっていくんだろうか? 

というのが、なんだか楽しみでしょうがないわけですよ。

あん好青年が、なんかの拍子でちょっと道間違えたりすると

あれよあれよという間に河合俊一みたいないじられキャラ進化するのかも、とか想像すると、たまらなくおかしい。

少なくとも、それを見届けるまでは、死んじゃもったいないという気にもなってくる。

若い奴にうっとおしがられようが、そんなことは知ったこっちゃない。

おっさんになったら、新しいものについていけなくなるとか、

若者が「新しい」といっているものが、「かつて見たものの焼き直し」に見えて楽しくなくなるとか、

正直、そんなこと言ってるのは「鈍い」んだと思っている。

いろいろリアルタイムで見てきたからこそ、面白く見えてくるものはたくさんある。

若いもんにはわかるまい。

おっさんになったからこそ楽しいこと

ほら、たとえばバレーボール石川祐希って選手最近話題らしいじゃないですか。

イケメンで実力もあって、女子中高生とかがキャーキャーいってるらしい。

まあ、たぶん、リオ・オリンピックでるんだろうけど、

この夏には、ますますテレビに登場して女性ファンも増えるんでしょう。

で、おっさんは思い出すわけですよ。

Jリーグなどというもの存在せず、ワールドカップといえば「バレーボール」のことだとみんな思っていて、

で、男子バレーボールチームに、女子がキャーキャーいっていた時代が、かつてこの国にあったことを。

そして、そこに、女子黄色い声援を一心に集める大スター選手がいたのですよ。

その名を「河合俊一」という。

いえいえ、ギャグでもなんでもなく、あの人は当時の女子たちが憧れる、

超カッコいいスポーツ選手(当時は「アスリート」なんて、こじゃれた言い方はしなかった)だったんだよね。


その後引退してテレビに出た河合俊一は、ボキャブラ天国あたりで「ホモ疑惑ネタ」でからかわれたりしているうちに

(まあ、このいじり方も昭和ならではで、今だとPC的にまずいのか知らんが)

なんだか、あんキャラクターになっていったわけです。

そういうのをリアルタイムで見てきた経験を持つと、

果たして石川祐望選手が、今後どんな風なキャリアを経て、どんなキャラクターに仕上がっていくんだろうか? 

というのが、なんだか楽しみでしょうがないわけですよ。

あん好青年が、なんかの拍子でちょっと道間違えたりすると

あれよあれよという間に河合俊一みたいないじられキャラ進化するのかも、とか想像すると、たまらなくおかしい。

少なくとも、それを見届けるまでは、死んじゃもったいないという気にもなってくる。

若い奴にうっとおしがられようが、そんなことは知ったこっちゃない。

おっさんになったら、新しいものについていけなくなるとか、

若者が「新しい」といっているものが、「かつて見たものの焼き直し」に見えて楽しくなくなるとか、

正直、そんなこと言ってるのは「鈍い」んだと思っている。

いろいろリアルタイムで見てきたからこそ、面白く見えてくるものはたくさんある。

若いもんにはわかるまい。

左翼の人は自然が好きなイメージがあるけど

左翼の人は自然派が多い気がする。自然食だとか自然に優しいエネルギーだとか自然保護だとか。

だが自然ほど弱肉強食世界は無え。リベラルってのは、為政者だとか経営者の圧迫から弱者を助けるのがポリシーだろう。

一方自然はそんな生ぬるい世界ではない。この辺り矛盾してるんじゃないか? 自分の都合のいい「自然イメージで語ってないか

圧迫から人々を守る際には、時に科学的な手法が功を奏することだってあるんじゃないか自然食ではなく、時に化学肥料が人を救うことだってあるだろう。

一応言っておくが俺は左翼だ。左翼批判をしたいのではなく、何となく矛盾してね? 左派自然って実はイメージでは近しいところにあるけど、実態では距離があるのでは? 反自然こそが左派なのでは? ということを言いたいわけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160514231501

いい加減、選挙システム根本から見直すべきだ。

特定投票日を設けるんじゃなくて、1か月に1回投票出来る権利ネット経由なんかで行使して

リアルタイム議席を増減できるようにしたらもっとフレキシブル政治ができるだろう。

衆参ダブル選挙って

安倍総理は(多分)一度も参議院に合わせて衆議院を解散して同日選挙にするなんて言ってないのになんで

マスコミは何度も何度もダブル選挙可能性について報道するのかについて思ってんだけど

マスコミ的にはコメンテーター費用世論出口調査選挙のための特番で金や番組表がグチャグチャになるから

いつ行われるかわからない衆議院選挙に気をもむより必ず行われる参議院選挙にまとめてやって欲しいから言い続けてるんじゃないかなって思った。

今日職場元カノと偶然二人きりになって、なんとなくだけど、なんか興奮しちゃって、いきなり胸揉んだった

お互い別の相手結婚たからプチ不倫

彼女肩にぐっと力を入れて軽い抵抗をして見せただけで、笑いながら「えっ?えっ、ちょっ」って言っただけでずっと揉ませてくれた

これからもちょいちょい楽しませてもらうよー

PS ONE 買った

思ったより小さい。かわいい

http://anond.hatelabo.jp/20160514204152

現場だるい

ゲイ風俗フェラ5kケツ10kとかで売れるらしいがもうそんな年齢じゃないからむりだな

10代なら売ってた

http://anond.hatelabo.jp/20160514224818

あのことわざは「おぼれている犬を下手に助けようとすると、しがみつかれて共倒れになってしまう。棒で殴って大人しくさせてから助けろ」

という意味ことわざで、「いくら善意でも軽挙妄動は控えるべき(相手に痛みを伴わせても、助けるために合理的方策を取ろう)」という教訓なんだよ。

まあわかってると思うけど

これは今俺が作ったデマ

バカ売れするアニメ考えた!!!!!!!!

女子大生が始発電車神社めぐりしようとするんだけど、

とちゅう昼くらいに眠い疲れたしで蕎麦食って酒飲んで帰るだけのアニメ

http://anond.hatelabo.jp/20100919012942

たましいがわるいなあ、女性マイノリティですよ?

男性というナチュラルボーンレイシストに虐げられた弱者の辛さが分かってたまるか!

平然と抑圧に加担しつつ、自分の側が被害者だと声高に叫ぶマジョリティの醜悪さ。

本当に男は安全な痛みに逃避するね

http://anond.hatelabo.jp/20160514224608

ああ変なとこにつっかかってるなーってことが(この記事ではないけど)多くて

はてなーさんは重箱の隅をつつくくらいしか生きるすべがない生物なだけで、普通なスルーする軽い誤字や暗黙の了解とされることをいちいち説明されないとわからないわけじゃないだろ!!!!!!

溺れる犬は棒で叩け

下手に困っている人を助けると、そのあと借金保証人などとんでもないお願いをされたりしてあとあと面倒なことになる。溺れた犬に手をさしのべて川に引きずり込まれるという事態である

心理学的にも、小さなお願いを聞いてあげると次の大きなお願いが通りやすいらしい。人質交渉人差し入れの受け入れなど簡単要求を通してから人質開放など困難な要求を出して、好結果を勝ち取るらしい。

さな借金を頼まれ場合、その人にとことん尽くすつもりがなければきっちり断りましょう。その場合きっぱりと断るためにもあえてがつんと「じゃあ、お金貸してあげるからナイショで手コキしてね」など、嫌われるくらいの事を言って断るべきです。

http://anond.hatelabo.jp/20160514224042

ジャップがそんなことしったら就職時にあれこれ言い訳にして落としたり、よしんば就職できたとしても職場では差別されて陰湿イジメをしたりするに違いないだろ。元増田はこんな底辺国より素直に海外脱出するのが一番いい。

http://anond.hatelabo.jp/20160513222910

こんな大したことない主張でも反論がくるからね。

別に反論は大歓迎だけど、ああ変なとこにつっかかってるなーってことが(この記事ではないけど)多くて。

これくらいグダグダ書けば、まともに伝わるかと思ったんだ。

さて、オフ会おもしろエピソードだけど、ないんだな、これが。

面白い人間面白いエピソードは一切なかった

俺の目が曇っているだけなんだろうが、ない。

もしあったら君が書いてみてくれ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん