「他律」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 他律とは

2017-09-28

anond:20170927145924

他律だね

家族持ち正社員でも、多数からそれは普通だと評価されればそれは透明人間

結局、自分自分を納得させないとキリがない

2017-09-20

anond:20170920011004

いわゆる「他律」という状態

自己評価基準がないため、他者の具体的な評価に喜びを感じる。

さら根本自己評価が低いため、他者全面的賞賛に喜びを感じることができない。

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170818233417

うちの会社社長も先天性の心臓病だったけど自分普通に一般企業就職したのに「他の障がい者難病者は全然就職できてない」って会社辞めて福祉系の大学通い直して障がい者就職支援会社作って社員とか家族に止められても死ぬまで全国飛び回ってるような人だったよ

あの人を見てて感じたのは自分生き方や志を死ぬまで貫けるかどうかが人の価値を決めるし、生い立ちやストーリー特筆性のある人ほど人を引き付ける魅力とか影響力を持つってこと

誰もが社会の役に立つ必要はないと思うし縛られずに好き勝手やるのはいいことだと思うけど、劣等感に縛られてるように感じるので他人の目を気にした他律的な考え方にケリをつけないとそれこそ一生不自由なまま死ぬことになる気がして少し心配になったよ

2017-08-08

自己中心的な人が羨ましい

自己

個性押し売り

そんなことができる人達がたまらなく羨ましい

私は小中高校生時代いじめあい, 人格否定をされ続ける日々だった.

空気のような存在になっていても, 「なぜ学校に来るのか」「なぜ生きているのか」と四六時中囁かれ続けた.

家では, 両親は多忙で, 仕事から返ってくるなり, 「お前みたいなやつは, 社会に出てから通用しないよ.」と叱責されていた.

どんなに頑張っても認めてもらえない.

私の存在意義とはなんなのか, 幼少ながら悩んでいたが, 自殺する勇気もなく, 今思えば不思議な事に, 登校だけは出来ていた.

一人の時間は好きだったので勉強には没頭した. そして勉強をしていれば, 両親だけは私を認めてくれていた.

その後, 大学に進学した.

理由は勿論, 両親・親戚に認めてもらいたかたからであり, 大学の専門分野には特に興味はなかった.

しかし, 口だけは動いていて, 「この分野が好きだから(全くの嘘)」「この学科は有名企業への内定実績があるから」と話して褒められている時間幸せだった.

完全に他律人生.

大学の友人関係においても, 常に気に入られるように. 自分を押し殺し. 自分経済面, 疲労面など考えず, ひたすらに他者に尽くすことだけ考えていた.

自分を認めてもらえている間は幸せだった.

しかし, 時がたつにつれ, 尽くしているだけでは認めてもらえなくなった.

両親含め, 他人が私に求めるものは時が移れは変わる.

さらに, いくら認めてもらえるように無理をしても, 認めてもらえるどころか, 便利な人としてテキトウに扱われることもあった.

他者からの期待に答えられなくなったとき, 再び私の存在意義はなくなった.

気がつけば, 私自身は何も意見を持たず, 勉強はしたが自信を持ってアウトプットも出来ず. 本当に何もない空気のような大人になっていた.

こんな人いるのか. と思われるかもしれないが, 会話の返答が全て, まず相手によく思ってもらえる言葉を考え, 自分意志や現状関係なく最善だと思われる適当な回答をしてしまうのである.

から私は, 最初に述べたような, 自分意志を優先し, 自分幸福を追求できるような, 自律した人間になりたいと思う.

本当に厳しいが, 明日から, 無理な遊びの予定を断るところから始めてみようかと思う.

2016-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

追記を見て、他律的な人生なのねと。

自分人生自分責任でやろう、という意識が低いんだろう、ということと、それに関して無自覚なんだなと思った。

そして、自分に対して無責任であることに、無意識無自覚からこそ

他者攻撃する一方で自分への攻撃忌避したいという、矛盾を平気で併存させることができる。

多くの人は、増田と同様、誰かを存在意義にして生活している。多くの場合配偶者や子が存在意義になる。要するに増田はごく普通の人だ。

一方で、自分存在意義を、血縁人間以外にしている人だって少なくない。

友人だったりペットだったり、他人だったり(社会活動家なんかはこのジャンル)、モノ・コト(趣味とか)だったり。

更に一方で、自分存在意義を、自分自身の中に探すことができる人もいる。芸術家とか。

自分存在意義見出し方が、どういう方法であれ、上下関係はない。

自律的であれば偉いわけでも立派な訳でも全くないし、他律的で家族第一であれば善良なわけでもない(増田が他害的な発言無意識にせよしてしまったように)。

拙いのは、自分と違う方法の人を、理解しない態度だと思うよ。

無自覚である人が陥りがちなんだけど、子供が生まれた時に、自分子供人格を、切り離して考えられなくならないようにね。

2015-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20150524200256

そういう風に他律的で「おのれ」がないのが一番嫌われる要素なんで、何言われようと堂々と好きな言葉を喋ってたらいいでしょう。

小手先言葉じゃなくて中身で納得させろや」と。

まあ、東京に行った大阪人はその心で「郷に入っては郷に従え」をしないから、今度は東京人に嫌われるんですけどね。

2014-12-26

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20141226041111

宿題残業もしくは仕事を家に持ち帰るブラック体質、っていうブコメが割とたくさんあって、

他律的なやらされ仕事しかしてないブクマカが多いんだなと。

よほどひどい担任に当たったならともかく、小学校低学年の宿題って、

修得に反復継続必要ものや、学習定着のための予習復習が中心だよ。

自発的に勉強ができるようになるために必要な「練習」のようなもんだと思うんだけど。

それを、仕事が終わらないから家に持ち帰るブラック企業体質、と同じだと思っちゃうって。

宿題意味理解してないし、「仕事」というもの認識もすごく浅い。

頭脳労働してる人って、書類やら資料やらを家に持ち帰ることはしないにしても、

割といつでもどこでも仕事のアレこれを考えていたりする人が多いし。

新しい知識が要らない仕事とか、時間消費に達成が比例するような単純労働とか、

言っちゃなんだけど、レベル低い仕事しかしてないんかなーって思った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん