「カカア天下」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カカア天下とは

2019-08-01

anond:20190707185839

max baka

逆の圧力がかかるに決まってるやろ

夫婦不仲なんですか?とかカカア天下なんですか?とか

2019-05-27

anond:20190527111213

儲かってる会社会社員するか、儲かってない会社会社員するか。

後者で頑張っても給料絶対に上がらない。

この事態は、儲かってない会社から会社員がいなくなって会社が潰れるという結末が待ってるんだよ。

まり稼げない男性価値創造をしないから淘汰されるということ。

稼げないけど高収入女性のお世話係を徹底できるなら、それは価値創造になる。

でも低所得男性にはケアスキルもない(笑)活用方法なし(笑)

しかも女の年齢や容姿に注文をつけて、自分好みのセックスを女に要求する(笑)

稼げないくせにお客様精神(笑)

 

また、女性賃金が上がったのは女性の権利運動をしたからではなく、

肉体労働機械化・効率化されて、そこまで筋力を必要としないホワイトカラーサービス業割合が増えたから。

サービス業に至っては女性のほうが需要が高い。

フェミニズムではなく産業構造の変化により女性賃金が上がって女性社会参画が求められるようになっているから、

女性需要が下がって男性需要が上がるような産業構造の変化がない限り、今の流れは止まらない。

フェミニズムのない時代養蚕がさかんで儲かっていた時代は、養蚕しているエリアカカア天下だった。女が稼いでいたから。

軍国主義兵隊地位が上がったり、炭鉱労働のある時代は、肉体の頑強さが収入に繋がるから男が優位。

炭鉱があった地域は、炭鉱が閉鎖されてもいまだに男が女を殴る家庭が多かったりする。

世の中、金!

2019-05-13

カカア天下という幻想

カカア天下の家庭って、漫画ドラマならともかく現実では殆どたことがないんだけど

(だからこそ漫画ドラマでそれがギャグとして通用するんだと思ってるけど)

ネットだとそれがデフォルトだと思ってる人が多いのが謎

あいう人は現実より漫画鵜呑みにしてるんだろうか

2018-10-04

anond:20181004053642

キチガイかな?

私はアンチ不倫の夫大好き女だけど

察してちゃんレス妻はゴミ扱いされて当然だと思うわ

夫に捨てられたくなきゃ、夫の性的欲求に歩み寄るの妻の役目でしょう(行為できないならきちんと話し合って解決策を探るとかするべきだし)

サレ妻の中でも自己中なレス妻には一番同情できないわ

貴方みたいな自己中女は、捨てられて一生独りで恨み言言っていれば良いわ

カカア天下(笑)時代は終わったんだよ

2018-06-17

カカア天下お茶の間 第三のビール乾杯明日の見えない日本の夜にそれでも陽は昇るんだ

っていうヒーローっていう歌詞はかなりの反日歌詞かな

第三のビールしか飲めなくて明日の見えない日本の夜なんて完璧政権批判だし

それでも陽は昇るんだなんて(陽は昇らない)っていう皮肉で言ってるわけだし

カカア天下という表現伝統的な日本文化の文脈からするとありえない話

家長は男でないとダメからね女が天下を取るなんてもっての他、許せる話ではないだろう

歌全体を見ると毎日つらいけどがんばる姿がヒーローなのさって歌ってるけど

毎日つらいってのは痛烈な政権批判

本当はもっとはっきりとした言葉で伝えたいんだろうけど

商業音楽に乗せるならこの程度にオブラートで包んでなきゃダメなんだろうなって思ったわ

2018-05-29

anond:20180529084551

こういう「専業主婦は偉ぶってると思ってるマン」ってのも不思議だ。

現実だと専業主婦は大抵夫を立てて気を遣ってるよね。まあ共働きでもそういう夫婦多いけど。

ネットで妻による夫への罵詈雑言流行るのも、現実では夫に言えないからであって。

漫画みたいなカカア天下夫婦なんて現実では見た事がないし、

多くの人にとって現実感がないからこそ男も気軽に楽しめるギャグとして描写出来るのではないか

2017-10-08

カカア天下」を現実で見た事がない

所謂つのテンプレとしてあるよね、「カカア天下」。

個人的には現実でそんな夫婦は見た事も聞いた事もないけど。

からあれは漫画とかテレビバラエティネタであって、リアリティを感じられないから気軽に笑える故にネタとして多用されてるだけ、と思ってたけど

最近は「鬼嫁」も流行ったけど、あれもあんな嫁は現実にはほぼ存在しないからこそ珍獣観察感覚で気軽に笑えるんだろうと)

巷によくある真面目な「夫婦関係改善するには」系本でもカカア天下である事を前提としたものは沢山あって

一定の支持を得られている事に最近気付いた(男性著者で男性向けのものに多い)。

って事は、「カカア天下」に本当にリアリティを感じている男性は多数いるのか。

女性向けのその手の類の本(に限らずネット記事とかでも何でもいいが)は

「横暴もしくは無神経な夫とそれに耐える自分」ってのがテンプレとされてるのと比べると

双方の認識が違い過ぎて、そりゃ上手く行かんわ、と思う。

しか熟年離婚の話となると「横暴もしくは無神経な夫とそれに耐える妻」が前提で

「でも長年子供の為に我慢し続けていたけど、子供独立してやっと離婚を切り出した妻と、妻の長年の不満に全く気付かず青天の霹靂な夫」

ってのが(男性向けでも)テンプレとされているのが謎だ。

カカア天下」と矛盾しまくってるんだけど。

2015-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20150525093657

そういや大元http://togetter.com/li/824984ブコメで、kyslogという人のコメントが絶賛されてるから読んでみたら

典型的「子を持つ事=権利しか思っていない男性」で頭痛くなった。

男性の「身体的負担皆無で子を持てる」「子に対する責任回避が容易」と言う圧倒的な優位性は無視なのな。

それと「自分意思のみで子を持つ事が出来ない」ってのはバーターだろうに。

そりゃまあこれは人工子宮でも開発されない限りどうしようもないんだけどさ。

そもそもこの話でも一番割を食ってるのは弱者男性じゃなくて不妊女性だろう。

義務」とされている事を自分意思とは関係なく果たす事が出来ないのに「義務」故に男性よりも非難されるし

子を産む前提で給与社会的地位を低く抑えられているのに「独身税」は取られるわけだから

定番の「男が専業主婦結婚する=専業主婦を養ってやっている」と言う勘違いも加わっている、典型的勘違い自称弱者男性」だろこの人。

男が専業主婦生活費を払うのは主婦業をやらせる為の対価を払っているだけであって、一方的に施してやってる訳じゃない。

それとも家政婦雇って給料渡すのも「養ってやっている」とでもいうのか?

そして高収入女性専業主夫を養うべき!って、じゃあ専業主夫専業主婦並みの労働義務を果たしやがれ。

最大の義務である出産」が出来ないんだから、少なくとも「子供を産む気がない専業主婦」並みの事は出来ないと話にならんわ。

そんな「自称弱者男性」なんぞ見た事ないけどな。どいつもこいつも「専業主婦=三食昼寝付で銀座ランチカカア天下で夫を尻に敷いてる」レベル認識の奴ばかり。

そんな「専業主婦」なんぞ現実にどれだけいると思っているのか。

2013-08-28

大阪労働協会の肝入りで始まった『働く力』プロジェクト、今年上半期の成績wwwwww

現在40人(男36:女4)働いててその内10人だけ。

見事な男女平等社会ですね。

なんでも、女性の働きやす職場だそうです。

そしてたった10内定(元々内定者が受けてる)で全体の6割が正規雇用として採用されています

この『働く力』プロジェクト(大阪市の評価83点でした)の予算は約12億円。

麻生太郎さんの弟が社長人材会社と共催です。

ついでに、今年の某政令指定都市の市職員の男女比率

採用80人のうち、男42:女38

内、志望者男327人女42人です。

カカア天下ですかね。

男女参画や均等法を使うと女性はほぼ採用されます

女性の皆さん、市職員入るなら今ですよ

2013-05-26

専業主婦の頃はカカア天下だったのに・・・

共働きで下手に平等なっちゃったもんで、夫がいろいろとうるさくなっちゃった気がする。

専業主婦の家庭は、基本的にカカア天下になるものだと思ってる。私たちの家庭でもその例にもれず、だし。

なぜかというと家庭では「夫が優位な話題」が少なく、「妻が優位な話題」が優先されるから

仕事の話、さら仕事付き合いの話などをされても、「私は知らない・興味無い」の一言おしまい

もともとが、私からすれば、夫の仕事について興味があるのは2つ(+1)だけだもの

・「仕事が順調であるかどうか」(まずは家庭のことが心配

・「夫が過度に疲れていないかどうか」(ついでに夫のことも少しは心配

浮気や、付き合いによる無駄遣いをしていないか

この2つだけなら、あれこれいうより夫の態度を見た方がわかりやすい。(下手に会話するとごまかそうとする)

そして、それ以外の話は相談されてもあまりからないので、言ってることをハイハイと聞いておくくらい。

様子がおかしい時に「何か最近疲れてるね、問題でもあるの?」と聞いたりするけれど、

そうでないときは基本的に信頼しているので、ごちゃごちゃ聞いたり、意見したりしようとは思わない。

しろゆっくり休んでもらったり、おいしいご飯を食べてもらったりして元気をつけてほしい。

一方で、夫は私が仕切っている家族家事関係の話から逃れることができない。

挙句仕事でいくら頑張ろうが、私からしてみれば「(家のことは)能なし」という扱いになる。

たいていの場合、夫は反論もせず、仕事の話も押し付けず、自分を下においてくれるので、私の自尊心は保たれることになる。

基本的に、今までは夫が家庭での優位を私に譲ってくれる形で夫婦関係が成り立っていたのではないか

その裏側では今までは仕事が夫に対して「譲るゆとり」を持てるだけの自尊心報酬を与えていたのだろう。

さらにいえば、なんだかんだいって「家族を支えている」という自負は相当な自信を夫に与えていたはずだ。

ところが、いろいろあって、共働きになると

夫が私の仕事の話にも先輩の立場からアドバイスと称して口を出し始めるようになった。(目を輝かせながら)

また、夫が仕事だけで満足を得られなくなったのか、いろいろと私に愚痴を言い始める。

家庭の件に関しても、立場平等になったので、私が何かやろうとすると、必ず夫も関わってこようとする。

しろ仕事不完全燃焼を感じているのか、夫が仕切りたがる。

そんなことはどうでもいいのだけれど、子供はあれこれとうるさくいう母親の私より、優しい父親になつくのは、少しつらい。

家事子育ても分担になったし、仕事もそれほど厳しいわけではない。仕事量は明らかに減っている。

それでも、私は以前より疲れるようになった。

一方で、夫は前より忙しくなったはずなのに、今までになく活き活きしている。

人が、いや夫婦末永く生活していくために、関係バランスや、自尊心というもの

どれほど重要ものかを実感する今日この頃

2009-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20090126132341

専業主婦時代にカカア天下だったんじゃなく、単に「家事くらいしか出来ないかわいそうな女」と舐められていただけでは?

共働きになった今やっと夫が人として対等な目で見るようになったのに(そりゃ活き活きもするよ。相手がメイドロボから人間になったんだもん。)

「前のほうが自尊心が保たれてた」とか言うのは…。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん