2016-06-22

同人活動結婚(既婚者から意見)

齢30、腐女子として生きてきての年数が年齢の半分に到達した私です。

腐女子といえど、様々な形態があると思う。読み専でもpixiv等の無料漫画で満足できる人、スマホ本屋さん、アニメイト通販で本を買う人、買い漁る人。それだけじゃ満足できずコミケイベントに参加して、自分の足で同人誌新刊を買い集める人。創作が好きで、年に何回かサークル活動をする人、オンリーイベント中心に年に何回も新刊を出す人。活動の功を奏して商業デビューを果たすもの二次創作が好きで漫画を書く合間に漫画を描くような生活をしてる人。もちろん今はコスプレ文化ゲームも個人で作ることが可能になってきたので、その世界の中で、ディープであれライトであれ、様々な「オタク」がそれぞれの形態活動しているわけだ。

もちろん、ディープになればなるほど 知人もディープオタクが大半を占めてくる。Twitterリツイートで見たツイートだけど、周りがディープになっていくにつれ、世界オタクに溢れてるような感覚になり、同人誌まで描いているようなディープオタクは案外少ないという事実がかき消されてしまう。感覚麻痺するのである

私もかつて、いや、今もディープオタクである結婚前は年に10冊のペースで新刊を量産し、毎週末のように大阪東京に遠征に行き、仕事から帰れば朝まで原稿を書き、Twitterに入り浸り、そこでも1日100ツイートは好きなキャラ萌え語りに明け暮れていた。それでも語り足りなくて、活動ジャンル専用のブログを作り平均5000文字程度の萌え語りやキャラ考察ジャンル考察を繰り広げていた。それができる位の好きなキャラがいたのも大きいけれど、活動人生の支えであり、毎日沢山の方から反応やいいねを頂き、それによって承認欲求を満たしていたのは事実だ。オフ会と称してよく近隣のオタ友と飲みにいったりもしたが、リアルでの友達ゼロ。というか原稿する時間を捻出したいがあまりに短時間高収入お仕事(という文章で察してほしい)をしていたため、同僚といってもお互いに関わり合うこともなく、個室待機さえ選べば空き時間ネームだってできた。集団待機でも特にしかけなければ話しかけられることも少なかったのでTwitterpixivを眺めることができ、妄想だってし放題だった。まともな社会人生活放棄し、学生からストレートにその道に入り8年。私はいからか、本名で呼ばれる機会は病院の待合室のみという悲しい状態に陥っていた。それでも、好きなキャラのことを考えている日々は幸せだったし、好きなだけ原稿ができ、締め切りがやばそうなら入れてた仕事電話一本で休める環境に満足していた。私は結婚は一生しない。一生この生活をしていくのだと本気で考えていた。

でも、何事も転機が訪れる。まず普通に活動ジャンルが衰退してきた。同人誌の売り上げがなくても活動できるくらい本業で稼いではいたけど、年齢を重ねるにつれそれも厳しくなってきた。齢27、とうに旬は過ぎ、体力も落ち、体型も自分しか気付かない範囲であれ崩れてきた。顔も急に変わるわけではないけれども徐々に衰えを感じてきて、焦り始めた。

それ以上に焦っていたのは、ここまでの活動をしてきたにも関わらず、私の同人者としての知名度はほとんどなく、若くて上手な人には絶対に敵わないという事実だった。自分の絵柄はどんどん古くなり、特にデッサンが整っているわけでもないからそれで注目をされることはまずない。その分考察を深め、原作尊重した上で自分の最大限を込めたストーリー作りに力を入れていたのだが、これは本当にやったことのある人にしかからないと思うけど、とても疲れる。原作が鬱傾向の話だったりすると自分気持ちまで引きずられて、脱稿後3日くらいは死んだような気分になるし、常にストーリー妄想を繰り広げるのは容易でない。そこまでやっても、ディープファンがついてくれど大手作家エロ本には勝てない。積んで積んで積み重ねても、私がそれをやめたら一瞬にして崩れ落ちるということに、疲れを感じていた。

長く同人をやっていると、諍いや嫉妬に巻き込まれることもあった。そういう人間関係にも嫌気が差していた。オタクって、言っちゃ悪いし私も人のことを言えた口ではないけど、評価の仕方が極端だし、性格に難ありの人間が多いのは確かだと思う。好きな作家が高尚様で嫌われないようなツイートをするのも必死ジャンル派閥問題であっちからもこっちから悪口を聞き、そのどっちにも良い顔をしているうちに、何やってるんだろうな自分と思うことも多かった。自由萌え語りの場はいしか、パワーゲームの場になりつつあって、それでも自分自分と曲がらずに立っていたかったけどそこまで精神的にも強くなくて、一時期は完全に病んでしまっていた。それでも本は作っていたのだから、今の自分からしてみればすごいなとは思うけど(笑)

そんな時、ひょんなきっかけで彼氏が出来た。私の仕事のお客さんだ。見た目が好きな声優に似ていて元々好感を持っていたのだけど、相手も気に入ってくれたこともあり、驚くほどあっさりと交際スタートした。

彼は隠し事はしないで欲しいというので、私はバカ正直に自分の描いた同人誌(R18)を持って行った。彼は多分その段階で私にベタ惚れだったのもあると思うけど、私の描いたものを誉めてくれた。その段階で思った。「この人と結婚しよう」と。

私がやったことはまず、Twitterアカウントの消去、そしてイベントでの引退宣言だった。もう二度とこの地は踏まないつもりで参加した最後イベントは、とても楽しかった。沢山の差し入れを貰い、沢山の感謝言葉を頂き、大型のオフ会まで参加させて頂き、朝まで遊び呆けた。連絡先を交換している同人の知人には結婚するので辞めるが、オタクをやめるわけではないからどうかこれからも仲良くしてほしいと告げ、長年続けてきた商売も辞め、真っ当な昼の仕事に付いた。彼とも一緒に暮らしはじめ、アニメを一緒に見るようになった。そして半年後くらいにプロポーズ結婚と相成った。その時は、もうこれ以上の幸せはないと本気で思っていたし、この人と普通に子供をつくり、将来は庭付き一戸建てに住み(これはもう既に叶ってはいるが……)幸せな家庭を作るものだと、本気で思っていた。

ここまでなら、へーよかったね、同人若き日の思い出だし、旦那にも理解してもらえて、20代結婚できて幸せだね、今はさぞかし平穏な日々を送ってるんじゃないの?と思う人もいると思う。私もまさかそうじゃなくなるなんて思いもしなかったし。確かに、旦那に絵を描く趣味を隠してないことはプラスに働いていて、今でもイラストを描いたりエロマンガを描いていても咎められたりはしない。それならよかったじゃん?って思う人もいるかと思うけど、違うのである

自分は、自分が思う以上に「真性(演技性)同人者」だったのである

から貼るURLは、同人者と結婚についての考察を記したものなのだが、1996年に書かれたものだということにビックリした。同人文化

オープンになり、多少世間目的ものはこの時点よりは向上したとはいえ、まんまこの通りで笑ってしまった。

http://www.asahi-net.or.jp/~hn7y-mur/yellav/link4.htm

(敢えてこのページのみを貼るけれど、時間がある方は他のページも読んでほしい。色々と興味深い研究結果が纏められてます)

結論からいうと、同人をやめたはずの私は、また同人を始めているし、同人誌を作っている。旦那にはそれを煙たがられているし、私自身も今の活動では満足できていない。

どうしてこうなったかというと原因は2つある。まずは、同人関係の交友関係を断ち切れてなかったことだ。

最初に、ディープ活動をすればするほどディープな友人が集まると書いたが、その中の一人が、今沼ってるジャンルこれだからやろう?とゲームを薦めてきた。そのゲームは基本プレイ無料のもので、スマホさえあればできるものだったので、暇つぶし程度ならいいかと始めたら、存外ハマってしまったのだ。友人は、私に○●(ゲーム内のキャラクターカップリング)を描いてほしいとお願いしてくれ、私も描くだけならいいかと1年以上封印していたペンタブレットで絵を描いて、名前を変えればバレないだろうとTwitterアカウントを別名で取り直し、そのイラストTwitter経由で友人に送った。これが過ちその2である

ここで私は久しぶりに経験してしまったのだ、「いいね」をもらえる快感を。自分二次創作が沢山の人に読まれる楽しみを。

これまでだって、確かに旦那や周りの人間いいね!と言ってくれたことは多々あれど、生命活動維持のための食事を誉められても、生命活動維持のための金の確保のための仕事内容を誉められても、嬉しくはあれ脳汁が溢れ出すような快感はなかった。でも、描いた絵を載せること、萌え語りや話を載せて得られるのは、顔も身なりも知らない人たちから賞賛、なんの役にも立たないはずのものが誉められる快感に私はまたのめり込み、活動再開から半年足らずで地元イベントに顔を出し、本を頒布し、Twitterでの知人とオフ会を開いた。正直、結婚後には味わえなかった最高の幸せであった。私自身は、やはりこの世界が一番楽しく、充実した自分でいられると思った。

ただ、もちろん弊害は多々ある。同人活動をやめていたころ楽しかった職場の同僚とのおしゃべりは雑音になり、邪魔になり、飲み会苦痛になった。旦那との会話や家事もそうだ。こんなに頑張っても一人にしか認めてもらえない家事夫婦生活をする位なら、一枚でも多く絵を描きたい、友達との萌え語りに没頭したいという思いが募り、夫婦間の会話は減り、喧嘩が増えるようになった。仕事休みがちになり、職場での評価もぐっと下がった。それでも週末のイベントがあるから楽しみで、生きるのは苦痛でなかった。

だがとうとう旦那の堪忍袋の緒が切れたようで、まず私の働いた給料は全額私が使うことが出来なくなり、何に使ったのかを逐一報告しなければいけなくなった。同人関係の出費があると、こんな無駄なことに金を使って、との小言つき。そしてとうとう月一万の小遣い制→給料の3%の小遣い制になり、通帳やカード差し押さえられ、前のような同人誌の発行ペースは不可能になった。こうなると私は働くことに意味を感じられなくなり、今は仕事を辞めてパートのみで生活している。月1000円のお小遣いではゲーム課金すらできず、私は毎日家で荒れ狂っているが、それを旦那幸せだという。きちんと貯金が出来、私の昼夜逆転や突然の欠勤もなくなり、ゲームに月数万も課金することがなくなり、家事毎日してくれる。これで精神が安定してくれたらいつでも子作りができるのになぁと言う。私はとても幸せだと思えず、生活のために仕方なくやっているパートに疲れ、ゲームログインボーナスを受け取るだけ、あんなに楽しかった絵ですらもう3ヵ月も描いていない。そもそも、また絵柄が古いことや流行りの絵でないことで劣等感を感じているし、イベントに行けないことで前みたいに作家さんと交流することもできないので仲良くもなれない。せいぜいSkype手紙のやりとりくらいだ。ストレスがピークに達し、毎晩自殺するか離婚するか考えているが、積んだキャリアなど何もなく、もう体型は崩れ、前のように時間自由が利いて高収入仕事に就くのは絶対にできない。今は奴隷のような生活を死んだ目で続けるしか、私の生命活動維持方法はないのだ。

私はクズだと叩かれてもいいので、この文章を書いた理由を話させて頂きたい。とんだ長い前置きですみません。ここからが本題です。

ここまでクズの極みの考え、人生腐女子はそうそういないと信じたいのだけど、部分的には共感してくれた人もいると信じたい。その中で、結婚を考えていたり、今後の人生漠然とした不安を抱えて生きている腐女子もいると思う。基本的腐女子ディープになればなるほど孤独な生き物だと思う。生計にできるレベルまでくればちやほやされるし好きなことで飯喰ってけるわけですが、そんな腐女子は多分一握り。殆どの人が、人より中途半端に絵は描けるけどプロになるほどではなく、それなのにいっぱしのプロのつもりで漫画家ごっこ、本屋さんごっこを続けてきた方だと思う。ジャンルの話や萌え語りはできても、日常の話となると境遇が違いすぎて相談する相手共感してくれる相手もいない人が大半で、適齢期でもあれば家族にまだ結婚しないの?なんて聞かれて蹴飛ばしてやりたくなると思う。

そんな人にただ一つ言える真実は、結婚して今の活動レベルを維持できると思うな。という事です。特に同人活動依存している傾向のある人ほど、よく考えてほしい。

維持したかったら、世帯収入が潤沢にあり、家政婦を雇うレベルでなおかつ妻の趣味に口を出さない人と結婚すること。子供は望んではだめです。お母さんが子供より大切なものがあるなんて、いくら自分勝手な私でもダメなのはわかります

そして、そんな自分ダメだなんて思わないで下さい。人生一回きり、楽しむも悲しむも自分選択次第です。同人活動以外に喜びを感じられないのだったら、後先考えず突っ込むのもまた人生です。その代わり女としての人生は失います。私はどちらも手に入れようとして、どちらもダメになりました。もはや私は旦那の思う幸せを叶える道具に過ぎません。二兎を追うものは一兎も得ないどころか、すべて奪われるのです。(まぁ、それは私のやり方やのめり込み方に問題があったからなので、旦那の言うとおり自業自得なのですが…)

まずは自己分析から始めて下さい。

そして、途中で貼ったURLを隅々まで読んで下さい。

沢山の人から評価で生かされてきた人ほど、それを失う結婚生活に耐えられるのか、よく考えて下さい。また、続ける気なら、それができるのか、不測の事態にも耐えられるのか、精査して下さい。

誰も声を挙げないし、まだ若い人の文化から明るみに出ていないけれど、評価への依存アルコールタバコ匹敵するものだと思います。断ち切るには、勇気と強い意志必要です。

最後になりますが、私がそれでも離婚しない理由はただひとつです。

だって、彼は私のことを、名前で呼んでくれるから

愛と趣味共存を、私はまだまだ貪欲に探そうと思います。罪滅ぼしに。また、ちゃんとした人間になるために。自分人生の半分を無駄にしないために。

答えが見つかるころには、もっとまともなアドバイス記事が書けるようになるといいなと思ってます

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    冒頭に3~5行程度で、要旨をまとめてほしい。 せっかく良いこと書いてあっても、長文すぎて読まれない可能性大。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    27歳で稼げなくなってくる、真っ当じゃない夜の仕事って何をしてたのかが気になって同人の話が入って来なかった。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    せっかく絵がかけるんだったら、こんなところでグダグダとクソみたいな長文書いてないで、同じ内容を漫画にして売って稼げばいいのに。と、絵心が全く無い私は思うのだった。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    「オタク」を「バンギャル」に変えると私と全く同じだ。 正確に言うと今の私は元増田が旦那と結婚したところの時系列で今後こういう風になるのかなという不安が少しある。 パートナ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    ブコメの ひとつ言えるのは私のオタク仲間で結婚引退した友人はみな帰ってきたということだけです の人、いいなぁ。 俺は誰も帰ってこなかった。男女の差だろうか。 一緒にコミケ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160622163306

      同志よ。 結婚とはサナギになることであり、子供ができるのは蝶になることであり、青虫には戻らないんだなというのが個人的印象だ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    昼間フルタイムで正社員として働いている以外は私もだいたい似たような生活をしていたけど、結婚してからも脱稿すると夫は「がんばったね」って褒めてくれるし、イベントのあとは...

  • 3行でまとめたよ!

    http://anond.hatelabo.jp/20160622100234 腐女子だったけど、一般人男性と結婚してオタクやめた。 やっぱりオタクに戻ったら、そっちが楽しくて旦那も仕事も嫌になった。 結婚したら色々制約が...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160622163723

      わかりやすーいw ていうかたったそれだけのことを伝えるのによくもまあここまで文書つくれるな

    • 違うだろ、ちゃんと読めよ。俺が三行でまとめ直してやる!

      若い頃はエロで高収入得て散々遊んできたけど 結婚してまともな職に就いたら荒い金遣いできなくなってメンヘラ状態 仕事も辞めたけどもう体型崩れたからエロで稼げないし旦那にすが...

      • http://anond.hatelabo.jp/20160622170011

        同人まったく関係ないやん

        • http://anond.hatelabo.jp/20160622170634

          横だが、同人は論旨ではないのは確か。 別に他の趣味にも当てはまる内容で、要するに「趣味に没頭したら生活壊れた」という話。

          • http://anond.hatelabo.jp/20160622171123

            同人が関係無いのは確かにその通りだけど、水商売で金を稼げる歳だったら離婚する選択肢が有力っぽいので、 「(趣味に没頭するための)金を水商売で稼げる歳でもないので離婚もで...

            • http://anond.hatelabo.jp/20160622172552

              元増田が「同人女」であることをステータスだかアイデンティティーにしてるっぽいのが面白いとこだな 実際は同人活動云々よりも本人の性格のせいだということに気付いているのかい...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    やめきれないのにやめるとか言うからそうなるんだよ。 で終わる話だな、これ。 ディープなオタクなんだから、簡単に捨てられないってことぐらいすぐ分かるだろうに。

  • そのさらに半分長く生きてる既婚同人ですが

    anond:20160622100234 このくらいになるとそれすらどうでもよくなるというか。 承認欲求なんかで同人今さらやってない。 あと体力続かないので自ずから無理。   即売会の手続きを完遂する...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160622175205

      美人で絵が上手い作家さんは、旦那に何も言われず周囲にも認められなので結局は顔と画力。

      • anond:20160622180636

        ちがうよ。顔とかじゃない。 「スーパーマイナージャンルすぎて、 確実に5人くらいしか買わないけど出したらその5人は確実に買う。 その5人は魂の兄弟(姉妹)というくらい何事...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    長々とした愚痴だなー、でも増田だしこういうのもアリだよなー、と思って読んでたら「アドバイス」のつもりだったのかよ!ビックリだよ!

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    こういう問題をオタクや承認欲求で括らないで欲しい。 不幸の原因はこの人の計画性の無さ・目標も無いから他人に管理される人生に対して文句をいうお門違いな姿勢・使える金が無い...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    ガキ作って→オタク妊娠日記→オタク出産日記→オタク育児日記をWEBで連載してワンチャン狙おうぜ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    30過ぎて腐女子て。 いい年こいて腐女子だの女子会だの、ババアになっても女子を自称する奴にろくな奴が居ないな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    ちょっとわからないから答えて欲しいのだけど、 もし旦那が理解ある人で、好きに活動させてくれたら幸せな状態になれるの?   「3年だけやらせて!それからは一切やめるから!」...

  • 同人活動云々への補足

    件の記事【http://anond.hatelabo.jp/20160622100234】の増田本人です。 ちょっとした日々の愚痴のつもりがわりと反応を頂いていてびっくりしています。あまりにも賛否両論というか、迷惑をかけ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160622205901

      "思ったより普通"とかいうブコメがついてて目を疑う 俺には「風俗は精神を崩壊させる」以外読み取れなかった

    • http://anond.hatelabo.jp/20160622205901

      まさか補足で旦那にも言ったけど許されたよ優しいよ~ってノロケが来るとはw なんだかんだ幸せなんだろう。結局何がしたいのか分からないが同人続けられるといいね。 (はてブ沢山...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160622205901

      > 文章が長いのは、そもそも誰かに読んでもらうことを意図してなく勢いで書いたからです。 で、この文章も無駄に長いのは、これも誰かに読んでもらうことを意図して書いてないか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    自分の活動がほめられるというのは本当に嬉しい事だけど 運の良いことに自分はそういうのが少なかったからハマらずに辞めることが出来た それでも、数年たった今でも未だ引きずって...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

    ちょっと話がズレるかもだけど、仕事+趣味+恋愛(家族)、がもう難易度高いよね。 仕事+趣味だったら全然楽チン、 仕事+恋愛でなんとかギリギリって感じ。 3つ全部は無理ゲーで...

  • 同人活動と結婚、約一年後の心境。

    http://anond.hatelabo.jp/20160622100234 この記事を書いた者です。 年間アクセス7位になっているのに気付き、久しぶりに記事作成をしようかなと思い立ったのでこれを記しています。あとゴール...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん