「女子プロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女子プロとは

2019-09-18

男女差を否定したいなら女子プロを無くすしかない

少なくともテーブルゲーム世界に男女でプロを分ける必要はないはずだ

男女に差がないというのなら


2行でまとまったので、完全勝利

2019-08-19

anond:20190819141309

でもゴルフなんかは実際にゴルフやってるおっちゃんの技術的参考になるのは女子プロやけど

みんなおっぱいパンチラしか見てないで

2019-08-09

これってうだまのツイートをパクってんの?

2019-05-18

そろそろ女子プロエロ)が来ると思う

リーガルでありながらギリギリエロを求める時代から

2019-03-09

anond:20190309102129

将棋に関して言えば、アマチュアの手本として好適ゆえ、というパターンもある

あくま一般的な傾向としてだが、男子プロ将棋相手の狙いを潰しあう戦いなので、分かりにくいし、そのまま真似してもあまり上達しない

女子プロ将棋自分の思い描く狙いを実現させる戦いなので、きれいな手筋の攻めがバンバン決まる。そのまま真似するだけで十分棋力向上が見込める

女子プロ相手の狙いを看破してその実現を阻止するレベルにまで達していないということだと勝手に思ってる)

サッカーなどでも似たような面があると聞いたな

2019-01-12

anond:20190112192734

展開が違うんだよ!

まあ自分集団スポーツはあまり観戦も好きではないけど

1対1の柔道とかは好きだな。相撲は……イマイチ。案外好きな種目はフェンシングスキーあいつら……跳ぶぞ……!?

体の動かし方とかに芸術性を感じているのかもしれない。男子プロレスイマイチだけど女子プロ好きだしなんかトリッキーなのを見てるとおわああああ!!いけぇぇぇぇぇぇ!!!やっちまえええ!!!!的なまあ、闘争心の強引な感情移入?もあるかもなぁ。古来から決闘は娯楽な訳ですし(その点男子プロレスは遅い、自選的でも芸術的でもない所が刺さらないのかも?)

まあ、ジェットコースター好き?嫌い?みたいなもんだよ。日常に足りてるもしくは過剰な感情を呼び起こすものは好きになれない。ジェットコースターは恐怖感等のストレスが足りてない人間が楽しめるらしい。人間ストレス無くしてはストレスが溜まる訳の分からない構造なんだな~コレ

まりストレス社会において「あいつとあいつはこういう特技があるからこう連携して行けば……!」とか考えるのは娯楽足りえない人は多いのでは?

あと増田普段から怒ってるからな。闘争心とかも人によってはもーいーよとなるのでは

2018-12-14

anond:20181214002615

女性のまま格闘技するなら普通に女子プロでも柔道でも何でも性自認によらずあるじゃろ

肉体労働職もそう

できる範囲のことで適応したいんじゃなくて丸きり別の存在に変身したいのだから引きこもり妄想だわな

2018-12-02

Tinder女子プロフィール画像あるある

食い物と酒だけ

汚い

後頭部だけ

は?

SNOW動物

なぜわざわざ、もっと不細工にする必要があるのか?

猫の写真だけ

で?

集合写真

あなたはどこですか?

子供写真

これは何? 子持ちの私を受け入れてアピール

マスク

風邪ですか?

ヨーロッパの街やリゾート地写真だけ

旅行代理店パンフレットですか?

2018-11-07

[]2018年11月6日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00629808158.240
0186683779.543.5
0232296892.837
03849561.943.5
0442119529.8501
05931935.418
0626251296.650
0717148087.144
08728154113.370
091571257580.153
101801777498.757
1122623647104.654.5
122462187888.945.5
132452208990.244
142001667183.449.5
152302251997.947.5
162551687166.242
172031657681.740
181961956599.843
192401400458.435.5
202491800972.335
212481869675.439
2223124723107.044
2317217364101.036
1日359431765388.444

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

自分(273), 人(273), 男(235), 女(191), フェミ(190), 女性(156), 話(151), オタク(136), 増田(133), 今(132), 問題(130), 日本(110), 子供(101), 男性(98), 人間(90), 関係(88), 相手(86), 必要(86), 意味(84), 普通(84), ー(81), 社会(76), 仕事(73), お気持ち(72), 前(69), 結婚(69), 好き(68), ゾーニング(66), 感じ(64), 他人(57), 現実(57), 結局(56), 根拠(54), 存在(53), 性(52), 最近(51), 金(51), 性的(51), 世界(50), あと(49), 目(49), 被害(49), 他(49), 全部(49), レベル(48), 証明(47), 理解(47), フェミニスト(47), 嫌(47), しない(47), エロ(46), 昔(46), 手(46), 時代(46), 理由(46), 規制(46), 気(45), 主張(45), ジェンダーロール(45), 痴漢(44), 大人(43), 今日(43), 差別(43), 気持ち(43), 国(42), 権利(42), 別(41), 自由(41), 要求(40), 結果(40), 頭(40), いや(40), 意見(40), しよう(39), 逆(39), 男女(39), 勝手(38), 表現(38), 会社(38), 場合(38), 否定(38), ただ(38), 馬鹿(37), 恋愛(37), 判断(37), 言葉(37), おっさん(37), 全て(37), 一人(36), 批判(36), 確か(36), バカ(36), 世の中(35), 一般(35), 事実(34), 個人(34), 当たり前(34), 日本人(34), 無理(34), じゃなくて(34)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

フェミ(190), 増田(133), 日本(110), お気持ち(72), ゾーニング(66), じゃなくて(34), 可能性(33), 被害者(33), キモ(33), 韓国(29), KKO(29), 元増田(27), ラノベ(27), いない(27), 中国(26), エマ(25), アメリカ(25), AV(24), なのか(24), NHK(23), 性犯罪(22), ネトウヨ(22), キモい(21), わからん(20), キズナアイ(19), ツイッター(19), 席替え(19), 女性向け(18), 個人的(18), 男性差別(17), …。(17), 社会的(17), 表現自由(17), 児童買春(16), 論理的(15), 表現規制(15), マジで(15), 価値観(15), セカンドレイプ(14), モテ(14), 公共性(14), 分からん(14), 第一(14), グリッドマン(13), 生理休暇(13), 犯罪者(13), 普通に(13), 一緒に(13), 下方婚(13), どんだけ(13), イケメン(13), いいんじゃない(12), 基本的(12), コミケ(12), ミサンドリー(12), 腐女子(12), 影響力(11), 非モテ(11), 沖縄(11), 男女共同参画(11), エマワトソン(11), hatena(11), BL(11), 何度(11), 弱者男性(11), 男性向け(11), エマワトソン(10), オタ(10), ???(10), ブコメ(10), キチガイ(10), 具体的(10), ミソジニー(10), 低賃金(10), パパ活(10), 上昇婚(10), s(10), ババア(10), 毎日(10), なんだろう(10), 娘(10), カス(10), 日本政府(9), なんの(9), Twitter(9), 東京(9), ブログ(9), かな(9), 露出狂(9), 低能先生(9), 喪女(9), スマホ(9), 2日(9), ダブスタ(9), スペック(9), 新自由主義(9), 正当性(8), ー(8), ある意味(8), 先進国(8), 人手不足(8), 女性差別(8), リアル(8), 個人情報(8), 加害者(8), OK(8), 共犯者(8), ヘイト(8), とはいえ(8), 抱き枕(8)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

25才(7), 席替え(19), 東京裁判(6), 女子プロレス(6), メタメッセージ(6), 児童買春(16), シスヘテ(6), 千と千尋の神隠し(4), サターン(4), 女子プロ(4), 違法化(4), エマ(25), ジェンダーロール(45), 先入観(18), セカンドレイプ(14), エマワトソン(11), グリッドマン(13), パパ活(10), ケーキ(17), ミサンドリー(12), 売春(25), ゾーニング(66), センター(17), 強者(24), 滅茶苦茶(10), いってん(10), 性犯罪(22), 低賃金(10), フェミ(190), 証明(47), 生理(20), お気持ち(72), 通報(29), 売る(21), 介護(19), 支援(25), KKO(29)

頻出トラックバック先(簡易)

■なぜ、子供が性を売ってはいけないのか /20181106132747(37), ■高齢独身女性は幼稚 /20181105192806(22), ■女子プロレス女性蔑視 /20181106091944(15), ■排害主義こそ時代最先端 /20181106122404(11), ■なぜ2018年にもなって歯磨きをしているのか /20181105213415(8), ■anond20181106104010 /20181106104222(8), ■ミライアカリNHKはマズい /20181106152457(8), ■30歳を過ぎました /20181105212650(7), ■鼻水 /20181106101600(6), ■アピタって臨時休業ばっかり・・・ /20181106045258(6), ■欧米人「定時になれば帰る」 /20181106090653(6), ■表現自由戦士=性欲発露の自由戦士 /20181106221018(6), ■anond20181106162459 /20181106173341(6), ■いきなりステーキの反対語って /20181106200923(6), ■反男性差別主義者とフェミニストは同じ方向を向いている? /20181106102519(6), ■ /20181105211012(5), ■真面目な話、韓国への徴用賠償アメリカから原爆被害賠償を充ててみては? /20181106155253(5), ■anond20181106175630 /20181106180047(5), ■日本人やめたいんだけど /20181106145314(5), ■ドコモ 4割値下げのからくり /20181105210136(5), (タイトル不明) /20181106215705(5), ■なんで日本ってデザインが不得意なの /20181106100607(5), ■anond20181106144526 /20181106145443(5), ■事務職馬鹿にするネット民 /20181106015211(5), ■なんで小説には18禁が無いのだろうか /20181106082329(5), ■anond20181106143333 /20181106143511(5), ■あの金魚電話ボックス撤去へ /20180331133031(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5767915(611)

2018-11-06

anond:20181106212312

>いや、勝手NHK公共だとかプロレスは違うだとか決めつけてますやん。

から最初にある程度の蓋然性から議論スタートしてるだけで、定義は決定でないと言ってるだろ

第一議論だと言うならなぜいきなりクレームから入る?なぜブロックする?

意味不明。なに?千田さんがやった事?

>なぜ議論にたる客観的根拠提示を拒む?

抹殺したいのが見え見えじゃんフェミは。

あのな、まず千田さんをフェミでくくるのもどうかと思うがな、それは置いといて抹殺したいのでしょっていうも知らんけどな。

フェミゾーニングの態度とだから、私への主張の反論一切関係ないよね

公共性のありそうな場所クレームがきて、なさそうな所にクレームしませんでした。って話でしょ。

そこに、フェミゾーニングの態度関係ないよね。

ありそう、なさそうな判定がおかしいというのも、だから最初一般定義にしたがっておかしくなさそうな所からスタートしたけど決して公共性の決めつけではありません。って話だよね。

お前の言ってるのは反論になってねーんだよ

ゾーニングの態度に不信があるから、それらの主張に取り合いません、のはわかるよ。

でもそれなら女子プロでしないのはこうだよっていう私の意見関係ない話だよね。

それは千田先生ゾーニング話し合いましょうと言った時にいう事だよね

anond:20181106201120

クソみたいな一部の揚げ足取らずに

「あの番組にこの時代にあれが適切かで話す」

「あの指摘が妥当でも妥当じゃなくても、ああいう指摘が起こりうるNHKであの内容なんだから公共性的に当然なんだよ。」

女子プロは影響力的にも内容的にも公共性を求められる度合いが少ない」

この論に反論しろ

どれだけ無能なんだよ

論の本筋も理解できずに絡むなや無能

anond:20181106192658

仮に過去もっと酷いのがあってそれが許されててもそれはなんのエクスキューズにもならないよね

それを理由にするならあらゆる差別永遠に改善されないよね

あの番組にこの時代にあれが適切かで話すべきだよね

話す内容だって別に性役割固定と言われてしょうがいくらいに、彼女は完全に聞き役だったよね

オタクは「相槌ばかりじゃない」って言ってるけど、そりゃ相槌ばかり出ないが主体的立場じゃない。

なのに千田先生とかが言った「相槌ばかり打って」という言葉の揚げ足だけ取って完全勝利みたいな顔してるけどさ。

まあ自分キズナアイは話し方が知的障害者みたいでそういう意味不適切と思った。性ロール的な部分でいうと。

エロコードは許容だったが。

そしてそもそもこういう風にメディアでのジェンダーイメージ服装が取りざたされてる歴史はいくらでもあるよね

司会者女性の少なさの声から女性が中心位置番組が出てきたり、服装エロすぎるという苦情を受けたアナとか

というか、あの指摘内容が妥当かというふうに話を移してるけど、そもそも女子プロ問題にされないって話の説明だよね。

あの指摘が妥当でも妥当じゃなくても、ああいう指摘が起こりうるのは当然なんだよ。NHK時事ネタ子供中心に見る、そりゃ指摘も受けるわ

公共性が求められて当然なんだから

anond:20181106091944

ブコメにもある、影響力や公共性のあるメディア性役割エロ公共性を求められるでFA

結局ジェンダーイメージへの影響やエロ刺激への懸念は、影響力と不可分なんだから

女子プロ視聴者数とか考えたら、問題にされなくて当然じゃん

しろ影響力や公共性もっと広げて、女子プロレスまで適用しろよって話かよ

はっきり言ってNHKノーベル賞解説記事本屋とかゾーニング公共性求められて当然なんだよ。

しろ甘すぎだろ。もっともっと公共性広げられても然るべきだよ

R18とかシール貼って別売りしとけば文句もでんわ。アダルトビデオ文句つけてるフェミなんかおらんわ

その性役割エロへの基準がすでに精子脳に汚染されすぎてんだよ。

2018-09-11

anond:20180911143218

横道にそれるけど、男子テニス女子テニスでは動く金の数の桁が違うから、賞金やトロフィーが違うからと言って男女差別とも言い切れないのよね。

女子プロプレイヤーレベル男子中学生レベルというのはよく知られてることだし、賞金を揃えることが果たして男女平等に適うかという議論があるらしい。

ソース探そうと思ったがちょっとうまく見つけられん。

2018-09-09

大坂なおみってどうせ大阪出身じゃないんやろ?

ワイ「おっしゃ、調べたろ」

大坂 なおみ(おおさか なおみ,英: Naomi Ōsaka,1997年10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身女子プロテニス選手

マジかよ・・・大阪の中の大阪じゃん

母親北海道根室市出身日本人で、苗字の「大坂」は母方から来ている

え? 何でだよ、え?

札幌出会った両親は、その後大阪に転居[13]。姉の大坂まりプロテニス選手である[3]。

母方の祖父歯舞群島勇留島出身で、根室漁業協同組合組合長をしている[14]。

札幌市の住居が、なおみの日本住民票の住所である

ちょっとまってw濃すぎるw

 

ハーフなんだな

最近会社スポーツ選手ワールドワイドで、そろそろ祖国とか関係ない気がしてきてる昨今

まあそれでも応援したくなるよね

2017-12-08

約束オナニー

「やだい!手術なんか受けないんだい!」

独特の消毒臭に混じって大きな金切り声が白い廊下に響いた。ここが病院であることを忘れるほどの元気な声、わたしは深くため息をついた。8歳になる我が息子は生まれつきの難病を抱えている。治療法もなく、担当医曰く10歳まで生きられれば奇跡らしい。それ以上延命できた例がないそうだ。助かる助からない以前の問題だ。

病気なんだからさないとダメよ、お外で遊べなくなるんだから

手術をしてもいくばくかの延命しかならない。儚い命をいくら繋ぎ止めるだけの手術。それだけのために息子の体にメスを入れ痛みを与えることになる。本心ではそんなことしないで欲しい、そう思ったが少しでも長生きして欲しいという思いもあった。

少しでもこの子笑顔を見ていたい。元気に叫ぶ姿を見ていたい。できることなら外を走り回る姿だって見たい、そう思った。もう、手術をしてもらうことしか選択肢はなかった。しかし、息子にとって手術は恐ろしいものらしく、頑としてこれを受け入れなかった。

「僕ね、病気じゃないよ。元気だよ。お外でも遊べるよ」

屈託のない笑顔でそう言う息子は元気そのもので、本当に病気じゃないかもしれない、そう思えるほどだった。けれども病魔は着実に息子の体を蝕んでいる。そう思えば思うほど涙を堪えることしかできなかった。それしかできない自分を心の底から情けないと思った。

この笑顔をいつまで見ることができるのだろうか。

苦痛に歪み、そのまま消えてしまうであろうこの笑顔、私には守ることのできないこの笑顔、正直言って私は迷っていた。このまま何もせず、ただ息子の笑顔が消えていくのをジッと待つべきか、それとも成功率が低く、成功したとしても気休め程度の延命しかならない手術を、そんな無意味ともいえる手術を息子に受けさせるべきなのか。どちらが親として正しい選択なのか……。いくら考えても答えが出なかった。

「やあやあ、俊夫君、体調はどうかな?」

主治医看護師を伴い、満面の笑みで病室に入ってきた。息子の余命が幾許もないこと、手術は困難を極めること、成功しても気休め程度にしかならないこと、それらを私に告げた時の深刻な表情がまるで幻であったかのような快活な笑顔だった。

「どうかな? 俊夫君。手術を受ける気になったかな?」

医師は俊夫の顔を覗き込んだ。すぐに俊夫が顔をそむける。

「手術なんて受けないよ! だって怖いもん。痛いのだって嫌だよ。手術を受けても受けなくても僕、死んじゃうんでしょ、知ってるよ。それなら受けない方がいい」

なんてことだろう。息子は自分の命が残り少ないことも、成功率が低いことも全て知っていた。もう先が長くないことを知りつつも、私たちを悲しませないよう精一杯の笑顔で振舞っていたのだ。息子の前では泣かないと決めていたのに大粒の涙が零れ落ちた。

辛いのは私たち夫婦だけじゃなかった。息子だってそれ以上に辛かったのだ。こんないい子を死なせてはいけない。こんないい子を失いたくない。もうどしたらいいのか分からなくなっていた。

病室に静寂が訪れた。その空気を破るかのように医師が切り出す。

今日はね、俊夫君に会わせたい人がいるんだ。俊夫君も良く知ってる人だよ」

医師はそう言うと、ドアを開けるよう看護師に促した。

ドアを開けると廊下の窓から漏れる西日が病室に入り込んできた。その眩い光を遮るかのように大きな人影が躍り出る。

「やあ、俊夫君、元気かな」

大柄の男性はそう言った。逆光で姿が見えなくとも優しい表情をしているであろう柔らかな声だった。

眩しさに目を細めていた俊夫がまじまじと影を見る。次第に顔が見えたのか目を見開いて驚きだした。

「すげー! スペルマズの松井選手だ!」

そこには、息子が大ファンプロオナニー選手スペルマズの松井選手が立っていた。ブラウン管越しに見るのとは違い、体も大きく、なにより漂うプロオナニー選手独特のイカ臭匂いが印象的な人だった。

「実は私、松井選手後援会会長をしてましてね、俊夫君が大ファンだということを伝えたら是非会ってみたいと言われたんですよ」

医師はまた笑顔を見せた。

「すげーすげー! お母さん、松井選手だよ! サインもらおうよ!」

まりの息子のはしゃぎっぷりに照れ笑いを浮かべた松井選手。息子が差し出したプロオナニーカードにも快くサインをしてくれた。サイン入りのカードを渡しながら松井選手が切り出す。ちゃんと俊夫の目線まで屈んで話してくれる姿が印象的だった。

「俊夫君、手術受けるのが怖いんだって?」

途端に俊夫の表情が曇る。

「違うのかな?」

俊夫が重い口を開く。

「うん、怖いよ……。だって体を切っちゃうんでしょ、それに成功しないって看護婦さんが言ってた。僕知ってるんだ。僕もうすぐ死んじゃうんだもん……」

また静寂が訪れた。松井選手さらに顔を近づけて言った。

「僕らプロオナニー選手はね、常に怪我との戦いなんだ。僕も俊夫君くらいの頃に酷使しすぎでペニス靭帯が裂傷してね、アメリカの有名な先生に手術してもらった。あの時は怖かったなあ」

「だよね、松井選手でも手術は怖いよね……」

俊夫が頷く。

「今でも怖いよ。ペニス爆弾を抱えてプレイしているようなものからオナニーボックスに立つたびに怖くなる。逃げ出したくなる。またあの痛みが再発するんじゃないかって」

「やっぱり……痛いのは怖いよ……」

俊夫はさらに俯く。松井選手は首を横に振りながら言った。

「でもね、それは違うんだ。痛いのは確かに怖い、手術だって怖い。でも本当に怖いのは、恐怖のあまり挑戦することを放棄する、そんな逃げ腰な自分になってしまうのが怖いんだ」

「逃げ腰な自分……!?

俊夫が顔を上げ、松井選手の顔を見つめる。

「ああ、そうだ。挑戦することを忘れ、嫌なことから逃げ出してしまう。それは確かに楽かもしれない、怖くないかもしれない。けれども、そこから一歩も進めなくなってしまうんだ。動けなくなってしまうんだ。痛みや手術なんかより僕はそっちのほうがずっと怖いな。あの時逃げなかったから今の自分があるわけだしね」

「そんなの良く分からないよ。やっぱり僕、手術するの怖いもん。一人で死んじゃうの怖いもん」

今度は俊夫が首を横に振った。

最愛の息子に「一人で死ぬのが怖い」とまで言わしめた自分の無力さを呪った。悔しかった。また大粒の涙が流れ落ちた。それに気づいたのか気づかなかったのか、松井選手こちらを一瞥した後、俊夫の両肩に手を置いてさらに続けた。

「じゃあこうしよう。今夜のナイターで僕がホームシャセイ打つことができたら俊夫君も手術を受ける。これでどうだい?」

松井選手はまっすぐ俊夫の瞳を見ていた。また俊夫は首を振った。

「無理だよ、松井選手は確かに2012年にシャセイ王のタイトルを取ったけど、最近じゃスタメンからも外れて、たまに代打で出てくる程度、今シーズンなんて一本も打ってないじゃないか。そんなの絶対に無理だよ」

「俊夫……! なんて失礼なことを!」

一歩前に出たわたし松井選手右手で制した。そして変わらず俊夫の瞳を見ながら続けた。

「無理だからこそ挑戦するんだ。僕の挑戦と君の挑戦、賭ける価値はあるんじゃないかな? それとも怖いかい?」

少しの沈黙の後、俊夫はゆっくりと首を縦に振った。

「……わかった。僕、松井選手が今夜ホームシャセイ打ったら手術を受けるよ、絶対受ける。約束するよ」

松井選手も深く頷いた。

「男と男の約束だ」

「俊夫……」

の子が手術を受ける気になってくれた。立ち止まらず、前に向かって歩く気になってくれた。

病室を出た松井選手見送り病院玄関で深々と頭を下げた。すると、松井選手は車に乗りながらこう言った。

「お母さん、プロオナニー世界では常に挑戦です。相手ピッチャーの放るエロネタがとても抜けないようなものでも必死で抜く、それでホームシャセイを狙うんです。俊夫君もそうだけど、お母さんにも挑戦する気概を忘れないで欲しい。大丈夫ですよ、今夜、僕は打ちますから

私の心を見透かされたかのようだった。成功率の低い手術に怯え、息子の笑顔を失うのを怖がっていた。ずっとずっとその場に立ち止まり、ただ漠然と病魔が進行していくのを見ていた。それじゃあダメなんだ、挑戦しなきゃいけない、俊夫だけじゃない、私だって。もう迷いはなくなっていた。

走り去る松井選手ポルシェのテールランプを見つめながら、私は何度何度も深々と頭を下げた。

その夜、特別に病室でテレビを観る事を許された。看護師がやってきていそいそとテレビのセッティングを始めていた。いよいよ、松井選手の挑戦、息子の挑戦、そして私の挑戦が始まるのだ。

試合は1-0の投手戦だった。松井選手所属するスペルマズは、今シーズン首位を独走するオナホールズの大型ルーキー投手完璧に抑え込まれていた。オナホールズの犠牲シャセイで1点が入ったのみ、スペルマズは負けていた。もちろん、松井選手スタメンから外れ、未だ出番がない。

「いやー、ちょっと今日は両投手状態が良いですね、白熱の投手戦様相を呈してきました。これはちょっとホームシャセイ打てないんじゃないかな」

解説者が白熱の投手戦にご満悦といった調子解説する。試合は9回裏、いよいよスペルマズ最後攻撃となった。

「お母さん、松井選手出てこないね

大丈夫松井選手ならきっとやってくれるわ」

そんな言葉も空しく2アウト、いよいよ最後バッターオナニーボックスに立った。もうダメだ、この投手なら抑えてしまうだろう、そして試合は終了、松井選手が出るまでもなくスペルマズは負けてしまう。

「あーっと、ボークですね、ボークです。山田投手エロネタを投げる前にチラッと見せてしまいました。見た感じフォークのような、40代熟女セミヌードですね、これは痛い、ボークです。打者は無条件に1塁まで進みます

奇跡が起こった。好投を続けていた山田投手ボーク、同点のランナー一塁へと出た。

「あー、ここで監督ますね、どうやら代打のようです。代打ですね、今ゆっくり主審にかけより代打を告げました、場内放送にご注目ください」

「6番、ライト田中に代わりまして、代打松井背番号69」

一斉に場内がどよめく。それと同時に病室でもどよめきが起こった。いつの間にか医師看護師だけでなく、他の入院患者までテレビに駆け寄り松井選手と息子の挑戦を見守っていた。

「ここで松井とは驚きですね。左投手山田に対して左曲がりの松井代打です。松井選手今シーズンはまだホームシャセイはありません。これは思い切った起用ですね。さあ、一打出れば逆転サヨナラ、注目の打席です。」

松井選手ゆっくりオナニーボックスに立つと、おもむろにズボンを脱ぎ始めた。そして血管を浮き立たせた逞しすぎる男根を誇らしげに素振りする。全盛期の松井選手独特のオナニースタイルだ。そそり立つ男根相手投手を威嚇しているかのように思えた。

「さあ、山田投手セットポジションから第一球を投げた!」

松井選手男根は空しく宙を舞った。

ストライク! 今のはスライダーですかね、女子プロレスラーヌードコラージュでしたね」

「今のはちょっと抜けないでしょう、厳しい球投げるなー」

ピンと張った糸が部屋中に縦横無尽に張り巡らされているかと思うほど緊迫した空気が病室に流れた。いつの間にか誰も声をあげなくなっていた。固唾を飲んで小さなブラウン管を見守っている。

「さあ、第二球を投げた! 空振り! ットライク!」

松井選手男根はまたも空しく虚空を切り裂いた。これでツーストライクだ。もう目を覆いたくなる気持ちだった。

解説の権藤さん、またスライダーですね。二球続けて女子プロコラ、これには松井、全く手が出ません」

スライダーが冴え渡ってますね」

「決め球は何できますかね」

「恐らく得意のカーブ、それもYAWARAちゃんのコラージュあたりでしょう」

テレビを観ていた誰もが息を呑む瞬間。いよいよ最後の球が放たれる時が来た。目を逸らしてはいけない。そう思った。わたしが逃げてる場合じゃない。

ピッチャー山田、振りかぶって第三球を投げた」

ドピュ!

「抜いた抜いた! これは大きい! グングン伸びているーーー!」

松井選手の抜いた白濁液は大きく漆黒の空に飛んでいった。まるで星空と一体化したかのように白い液滴がフワリフワリと宙を舞った。

ライトバック、必死にバック、それでも追いつかない。入ったー入ったー! ホームシャセーイ!」

「やはりYAWARAコラでしたね、それを見事に抜きました。あれはピッチャーを責められないですよ」

「渾身のYAWARAコラを抜き返した松井白濁液ライトスタンドに飛び込みました!」

「あーあ、最前列スペルマズファンがドロドロになっちゃってるな」

「いま、松井ゆっくりベースを回ります。たくましいですね、あれだけのホームシャセイの後にまだ勃起してますよ。そして今、ゆっくりホームイン! サヨナラです、サヨナラ2ランシャセイです!」

ワッと病室でも歓声が上がった。医師看護師入院患者も、まるで自分のことのように手を取り合って喜んでいた。

今日ヒーローインタビューは、見事な逆転サヨナラシャセイを打ちました松井選手です! どうでしたか最後の1球はカーブだったようですが」

そんな質問はお構いなしに、松井選手マイクを奪い、カメラに向かって呼びかけた。

「俊夫君、見たか! 約束は守ったぞ! 今度は君が約束を守る番だ!」

それをベッドの上で見ていた息子は、ふっと私のほうを見てこう言った。

「お母さん、僕、手術受けるよ、手術受けて病気を治して松井選手みたいなプロオナニー選手になるんだ!」

私はもう、涙で何も見えなかった。

「そうだね、頑張ろうね」

そう言うのが精一杯だった。

「よし、俊夫君も松井選手との約束を守ろう。そして完治したらオナニー練習だな!」

医師がそう言うと息子はニッコリと笑って

大丈夫オナニー練習ならいつもしてるよ! 看護師さんでいつも抜いてたんだから!」

ポークビッツのような男根差し出し、必死でしごいて見せたのだった。その手つきは素人とは思えず、また病人とも思えないほど逞しくて頼もしいものだった。

「こいつは頼もしいや! ははははは!」

いつまでもいつまでも、息子が喘ぐ声と共に医師看護師、そして私の笑い声が病室に響いていた。

―あれから10年、ブラウン管の向こうに我が息子の逞しい男根が映し出されている。そしてそのテレビの横には、あの日松井選手サインしてもらったプロオナニーカードに並んで、息子のプロオナニーカードが寄り添うように置かれている。

2017-11-11

そりゃ純粋にやってることだけで評価したら女流棋士だの女子プロ野球だの見られたもんじゃないし

2017-07-20

https://anond.hatelabo.jp/20170719230133

読んだこと無いけど、去年「きゅぽかの」っていう漫画が始まったみたいよ。女子プロボウラーを使って宣伝してたよ。

2017-06-30

線引き

http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170628/spo1706280009-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSpo

ありえないタイミングシャッター音に吉田弓美子叫び「やめて」 “旬”に大騒ぎするメディア功罪

あるグリーン上ではアンが靴を脱ぎ、逆さにするシーン。どうやら小石が入ったようだが、珍場面にまたシャッターの放列である

すみませんシャッター音、やめてください」。吉田が思わず叫んだのだった。

 「ゴルフ場へ足を運んでもらうファンが増えることはいいことです。選手メンタルに強くなってもらいたいですね」

 ある女子プロ協会幹部言葉である

と、本当酷い。

でもこれってどの世界にもあって、しか一般人にも浸透してきてる。

自分にとって少しでも変だとか思えることがあったら写真撮ってSNSにアップ。

面白いことが共有されるのは良いけど、線引きがめちゃくちゃな気がする。


大体の人は分かっていると思うけど、おもしろければ何でもネットに上げる野生のマスコミみたいな一般人も増えてきているのではないだろうか……。


あ、後ある女子プロ協会幹部言葉の部分はマスコミが「ガタガタ言わず面白い写真撮らせろよ」っていうことを植えつけさせる妄言だと思う笑

2017-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20170525221145

女子プロの方が勝手にマジになる奴が多くて死亡とか大怪我とか多いのはプオタにはあまりにも有名な話

2017-01-17

女子プロスポーツって男の性欲に訴えるものしか利益でない

ビーチバレーバレーフィギュアみたいにおっぱいが揺れるものは金になる

野球サッカーみたいに露出が少なくエロさが足りないものは失敗する

金を出すのは男だから

男に好かれないと無理だね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん