2013年07月21日の日記

2013-07-21

選挙特番って何なん

選挙特番は、いつから面白おかし選挙を取上げるようになったんだ。

選挙エンタテイメントの餌じゃない。

政党を、立候補者を、有権者を嘲笑ってんじゃ、

選挙ワイドショーだろうがよ。

「どうせ投票に行ったところで、これもワイドショーネタひとつだろ」

一瞬でも若者にそう思わせてしまうであろう自らの言動を恥じて欲しい。仮にも自称ジャーナリストだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20130721144248

考え方次第だな。

議員人気投票やってます!」

投票期間を2週間設けていますので、お近くにお越しの際は是非ご協力を!」

「身分証明書があればあとは何もお持ちいただかないで結構です。」

「お気軽にお寄り下さい!」

面倒なら行かなくてもいいけど、暇なら協力してあげれば?

http://anond.hatelabo.jp/20130721234640

現状で充分奥さんも子供も不幸だぞ。

お前なんかみたいなのに時間奪われてるんだから

電車で本読む人々

電車の中で本や新聞を読めるやつの気がしれん。

周囲に他人がいるのにあんなに幅をとることに

何の抵抗も感じないのか?

意味わからん

http://anond.hatelabo.jp/20130721204217

http://anond.hatelabo.jp/20130721235120

そうかー

ぼくもばかだからつっこみもへたなんだ

http://anond.hatelabo.jp/20130721234640

その回答が出てくるとなったら、もうただの「かまってちゃん」ですね。

問題意識がない。

はてサはてサと五月蝿い奴、まずはid:kanose論破してみせろよ

できるだろそれぐらい?

もしかしてkanoseさんも打ち負かせられない程度なのにはてサ追放とか死ねとかゆってたんですカーーー?

http://anond.hatelabo.jp/20130721234439

すーぱーみらくる利口な増田様はぜひとも日本を良くしてくださいませ。

http://anond.hatelabo.jp/20130721234111

んー、強制的に禁止しても

氏ねとかに変わるだけで結局変わらない希ガス

要するに、そこに集まる人間民族性なわけで。

南極の雪と、北極の雪は違うのか

これらを表現する言葉が違う。

snowは同じかもしれないが。

それぞれにたいして、 深雪、粉雪、わた雪、みず雪。 などなど、北極南極snowから導かれる雪への表現は異なる。

言葉が異なれば、同じ現象を見ても、感じ方が異なる。

感じ方の異なり方を現象理解するために言葉が合わせて作られ。

合わせて作られた言葉を使って、感じ方が作られる。

言語の使用と文化や感じ方は双方向的なのだ

http://anond.hatelabo.jp/20130721234443

部長結婚する気はないんですよね。今の奥さんにこんなことを知らせて不幸にするつもりもないし、お子さんはなおさら

結婚するなら、今のところは、付き合っている彼氏です。

公明党共産党が握っている党運営中枢の政治家知的人材専門家自民民主より上という感じがするし,自民憲法草案戦争くらいの the Constitution of Japanかいた知性より大いに劣る感じになっているの党運営における由々しき問題だと思われる.まあ,自民にいれたけれど.民主党小沢与謝野鳩山・菅あたりの時に,他党や在野の人材を大量にリクルートできなかった/政権党になるまえに用意できない耄碌がいたかった.ただまあ,自民民主共産公明で安定するっぽい.維新とみんなはどうかなあ.

http://anond.hatelabo.jp/20130721230824

うちの会社でも年の差15歳くらいで今度出来婚する部長バツイチ)がいるからー

http://anond.hatelabo.jp/20130721144248

まあ、自分の中でそういう結論をだし、その通りに行動することについて、必要以上に自責する必要はない。

もちろん、「社会」というもの人格を持っていたとしたら、望ましいことではないと叱責するだろう。

しかし、我々個々人が、そういう人自身を責めるのは微妙に間違っていると思う。

そういう人が出てきてしまうこと自体は大いに問題にするべきだが、

そういう個人をいちいち非難していく、あるいは睨みを効かせるような雰囲気で強引に解決しようとするのは、非生産的な行動だ。

「それどういう意味?」→「定義は?」→「言語ゲームにより無意味」→「言語文化が作るもの」→「それどういう意味?」

レベル1 「それどういう意味?」

議論をしているときに、意味を尋ねるという論法がある。

相手の言葉意味がはっきりと分からないときっちりした議論が進められないからだ。

レベル2 「定義は?」

理系にありがちだが、

論理性に自信がある人が使いがち。

定義をきっちりすれば、物事を杓子定規に説明できるはずだと思っている。

レベル3 「言語ゲームにより無意味

言語ゲームという哲学的思考がある。 20世紀哲学の最大の発見だと言われている。

なぜ最大の発見かというと、哲学的な諸問題のかなりの部分を終わらせたからだ。

人間の生きる意味とは?」 「我ゆえにわれありではないか?」 「神は存在するのか?」

これらすべてに答えを出せる、すごい理論だ。

たとえば、「人間の生きる意味とは?」にたいしては、「生きる意味という言葉自体があいまいで、文化によって言葉意味コロコロ変わるからNG単語意味が確定してないので問題になっていないので答えもない」

「我ゆえにわれありではないか?」にたいしては、「我、ゆえに、われあり。 という3語の意味あいまいで、文化によって言葉意味コロコロ変わるからNG単語意味が確定していないので問題になっていないので答えもない」

「神は存在するのか?」にたいしては、「神って仏教キリスト教、等等で意味が違うじゃん、どの神かもわからない。 しかも、存在って言葉意味合いがあいまい。 よって問題自体が成立しない、NG

こういう理論で、20世紀までの哲学ほとんどを論破できた。

これまでの哲学的な質問は、あいまい言葉をいじっているだけの「言語ゲーム」にすぎない。 ということから言語ゲームという哲学名前になった。

レベル4 言語文化が作るもの

しかし、言語ゲームは20世紀のできごと

当然、いろいろな批判、反論が出てくる。

その中の一つが、

言語意味あいまいって言っても、それぞれの文化の中で見れば、意味が確定するんじゃないの?」

というものだった。

言語はそもそも文化に合わせて作られる。 雪の降る国では雪への形容にさまざまな言葉が作られるように、言語意味や創出は確かに言語によって違っても、文化によって「位置付けられている」という考えだ。

であるから文化の中で考えるのならば、抽象的であいまいから問題が成立しないということもなかろう。

という考えができた。

レベル5 それどういう意味

ここまでくれば、「言語ゲームに過ぎない」と言われた時の反論ができる。

「『あなたの考えている』その問題の意味はなんですか?」

と尋ねることだ。

レベル4にて、「言語文化から作られる」ということを確認した。

そして、レベル5では、「個人の生活文化を作る」ということを逆手にとるわけだ。

個人の生活文化生成→言語生成。

という順をとるのだから、あるあいまい単語を使った人に、「『あなたが想定した意味での』生きる意味とはなんですか?」と聞くことで、問題としてはっきりさせることができる。

なぜなら、言葉を使うことで、文化創造され、文化創造されることで、翻って言語が再定義される。

僕たちは、意味のない言語を使っているのではなく、「言語を使うことで文化を生成している」のだ!

さて、僕はここまで来て、問うことができる。

「それどういう意味?」

レベル1状態に戻ってこれたわけだ。




無限ループって怖くね?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<追記>

 「言語ゲーム」の用法が間違っているという指摘、ありがとうございます

 ただ、この語自体は、ウィトゲンシュタイン依存言葉なんですが、彼以前にも、ヴァレリーなどが同じような思想(主にデカルトへの考察に関して)なされており、

 デカルトの批判により近代哲学が発達した過程依存の思考です。

 ですので、言語ゲームという思想はウィトゲンシュタイン固有でないです。

 また現代哲学おいても、ウィトゲンシュタイン意識した使い方どうこうというより、言語ゲームという思想を上述のように、「言語ゲームにすぎない」という極論だけに固定して話をすすめる。 というのが普通になっています

 前期、後期ウィトゲンシュタイン区分意味合いの違いも知っていましたが、このような事情ですので、今回のように、ウィトゲンシュタインを出さない説明をしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<追記>

 ウィトゲンシュタインの話に拘泥して、本旨を理解できない人がいて残念です。

 増田は、本旨と関係ない揚げ足取りコメントがよくあるのですが、まさか哲学をかじってる人たちでさえ、そうなのかとビックリしました。

 ウィトゲンシュタイン言語ゲームをなぜ考えたのか? デカルト以前の哲学を乗り越えるためです。

 もちろん、その後、ウィトゲンシュタイン言語ゲーム理論正当性危機感を持つのですが。 ウィトゲンシュタインはそのあたりで死にました。

 で、ウィトゲンシュタインデカルト以前を批判したそのやり方でもって、「定義は?」と聞く論法を否定するのは、間違いである。 ということが本旨でした。

 まともに勉強した人ならわかるでしょうが、「定義にこだわる」ということは誰しもが通る道です。 そして、言語ゲームを知って、一旦ニヒルになるのもまた、まともに勉強すれば通る道です。

 「意味を考えること」の正当性を再獲得できたこのダイナミックさを感じてもらえたらなあ、と思いました(問題の問い方自体は変わっても、質問をするメンタリティーが変わっていないことが面白いところです。)

 今回の記事では、さらにこの先の現代哲学が届いている地平についての話でしたが。

 理解できない人の方が多いみたいで、残念です。

馬鹿とか糞とかアホとかい言葉が含まれていると投稿できない増田があればいいのに

http://anond.hatelabo.jp/20130721213314

大地震大津波がやってきたとして、

次は致命的な事故にならないだろう。とか?

これまでも小さな事故原子力発電所で起きていたから、変わらないかな。

  

冷温停止がとんでもなく大変、というのを改良できたらいいのにと思う。

もっとお手軽にブレーキかけられるシステム

開発のためには原子力発電を続けなければならないから、結局国民を巻き込むわけだけど…

事故が起きたら人が住めなくなるってリスクは大きすぎるか。

必然失業と数奇な再就職

やっと転職が決まったので、失業から再就職までの奇妙な3ヶ月間を書き記したいと思います

とある独立ITベンチャーに2年半ほど勤めていましたが、今年の3月に退職勧奨を受け、それに同意する形で退職しました。

最初から退職勧奨を言われた訳ではなく、新設される営業部への異動を打診され、それを断るなら…という形でした。

新設される営業部というのは、その時点では何を売るのかも決まっておらず、有り体に言って追い出し部屋+なんとか売上を

増やそうとする経営者側の悪あがきで、どういう意図があったにしても将来的に進展するような話ではありませんでした。

その話を聞く以前から会社の売上は目に見えて下落しており、また人材流出も激しく、私が辞める時には取締役4名を含む

30人以上も退職しているような状況でした。ちなみに私が入社した時点でも全体で70名程度の会社でです。

もちろん話を聞いた時はショックでしたが、一方で「ああついに」という納得感と、奇妙な安堵感を感じました。

安堵感というのは、正直なところ私も中途入社した1年目から既に他への転職先を探していましたので、こちらから辞意を

伝えることによる離職時のトラブルを避けられたという気持ちと、当時この話を取り仕切っていた取締役が、3ヶ月分の

身分保障について社長から言質をとっていたからです。

私は3月の半ばにこの話を聞き、3月の終わりに同意してから出社しなくなりました。

それから約2ヶ月、正確には1ヶ月半ほどの間、転職活動に勤しみましたが、なかなか再就職先が決まらない中、最悪の自体を

想定して手続きしておいハローワーク職業訓練校に入校許可が下りました。

正直、私にとっては甚だ微妙な状況でした。

実はこの何年か前にも失職中のつなぎのためにハローワーク基金訓練を受講していたのですが、それはもうひどい状況でした。

講師は某大手IT派遣社員で正式な資格はないつなぎの講師自分でそう言っていた)で、受講者を再就職させることも、資格

とらせることも、毎日出席させることすらにも全く責任をもたず、「ただ出席確認してテキスト棒読みするだけ」な授業でした。

もちろんクラスモチベーションが上がる訳はなく、かといって受講者も簡単に辞めるわけにも行かず、非常に閉塞感にあふれた

4ヶ月を過ごし、「もう二度とこんなところに来たくない」とすら思ったものです。

そんなところにまた通所する事になったのです。もちろん行きたくありませんが、それでも失職中にお金を受け取れるという話を

断れるはずはありません。嫌々ながら入校手続きをして、6月から受講し始めました。

ところが今回はなかなかよかった。もちろん有料の専門学校とは比べ物にはなりませんし、私が通っていたのも短期間だったか

かも知れませんが、講師陣のモチベーションが高く、こちらも背筋が伸びるような心地良い緊張感を維持することができました。

元々あくまで再就職のつなぎとしての失業手当目当て(※ハローワークで紹介される職業訓練校に受講すると受講期間中失業手当

が延長される。また自主退職などの給付制限がついている場合給付制限が解除される)でしたが、講師陣の熱い思いに打たれ、

私も結構まじめに受講しました。また、どうも今年は「再勉強」というキーワードがついてまわっているような気がしていましたので

再就職が決まるまでの腰掛けのつもりだったけど、どうせどうなるか判らんし、少し腰を据えて半年間マジメに勉強しようかな」

とまで思い、もうほとんど興味の失せた基本情報処理の対策や、完全に忘れきっていたアルゴリズムの再勉強などを結構まじめに

勉強していました。

ところが私はよくてもそれじゃ困るという立場の人もいました。転職会社エージェントです。

彼らにしてみれば私はあくまで商品であり、私をどこかへ再就職させないと単なる不良在庫を抱えたままとなってしまうのです。

もちろん本当に不良在庫となってしまったならそのまま放置してもいいのですが、今までいろいろ紹介してきたのに、ここに来て

不良在庫化されたら…という気持ちはあるでしょう。彼らも半分は様子見で私に案件を紹介し続けました。

もちろん私にしても最終的には再就職できないと困ります。ですので今は勉強に打ち込みたいと考えていても、エージェント会社

との関係を繋いでおく事は重要でした。ですので半ば形式的に紹介があったら応募し、書類選考が受かれば面接を受ける毎日でした。

さて、そのような中で奇妙な事が起こりました。私の前社がTVに出たのです。

一体どういう形でTVに出たかは伏せますが、それは随分とネガティブな影響、有り体にいって炎上まきおしました。

正直私にとっては意外でもあり納得のいく事でもありました。

意外なのはTVでの露出の仕方で、それまでも前社や前社の社長は何度かTV露出する事がありましたが、その時のような露出の仕方は

なかったからです。

納得したのは、炎上した内容がいかにも前社らしい「なにを伝えたいのか、なにをやりたいのかわからない」という部分で、それは

多くの視聴者からネットで指摘を受けた部分であり、かつ前社を去っていった多くの人達の共通の思いでもあったからです。

そしてその影響は、私の再就職にもつながりました。

私が応募した会社に、たまたま前社と近い業務をやっていた会社があり、その会社採用担当者たまたまそのTVを見ており、そして

当時の応募者の中に私がいたのです。

もちろん今時そんな事だけで再就職が決まるほど甘くはありません。その会社には2次面接の直前に採用試験があり、その内容は

基本情報技術者試験試験内容からアレンジした問題を出題されるというものでした。そしてこの試験の出題範囲は事前に一切教え

られませんでした。

まり基本情報技術者試験の問題を抜粋したものを、何の予備知識もなくその場で回答する必要があったのです。もちろん普通だったら

私に合格などできる訳はありません。ところが、ところがです。ちょうどその時に通っていた職業訓練校で、この試験範囲にかぶる部分の

ほんの一部をたまたま勉強していたのです。

…結果、その週のうちに内定を頂き、この7月からそちらの会社で働くことになりました。なんとも数奇な、奇跡にも近い再就職でした。

現在私は試用期間中で、今後もどうなるか判りませんが、余りにも奇妙な3ヶ月間を、誰にも伝えようもないこの事実を、どこかの誰かに

伝えたいと思い、長々と書き連ねました。

長文にお付き合い頂き、ありがとうございます

ついったー

だと政治ついーとしにくいけど、ここだと盛り上がって楽しい

飯がうまい!!!

http://anond.hatelabo.jp/20130721232133

や、多分、大学は都会のもっと上の大学行って、

地元戻ってきて役所勤め、が最強だと思われる。

http://anond.hatelabo.jp/20130721232133

2~3年毎に辞令一本で日本中を転々とさせられる日本的な大企業は最悪だな。

http://anond.hatelabo.jp/20130721230233

左翼は、国民愚民として扱うことが絶対に100%、確実に有り得ないと言うわけか。どこの世界線の左翼様は、そんな聖人君子なんだろう?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん