2013-07-21

「それどういう意味?」→「定義は?」→「言語ゲームにより無意味」→「言語文化が作るもの」→「それどういう意味?」

レベル1 「それどういう意味?」

議論をしているときに、意味を尋ねるという論法がある。

相手の言葉意味がはっきりと分からないときっちりした議論が進められないからだ。

レベル2 「定義は?」

理系にありがちだが、

論理性に自信がある人が使いがち。

定義をきっちりすれば、物事を杓子定規に説明できるはずだと思っている。

レベル3 「言語ゲームにより無意味

言語ゲームという哲学的思考がある。 20世紀哲学の最大の発見だと言われている。

なぜ最大の発見かというと、哲学的な諸問題のかなりの部分を終わらせたからだ。

人間の生きる意味とは?」 「我ゆえにわれありではないか?」 「神は存在するのか?」

これらすべてに答えを出せる、すごい理論だ。

たとえば、「人間の生きる意味とは?」にたいしては、「生きる意味という言葉自体があいまいで、文化によって言葉意味コロコロ変わるからNG単語意味が確定してないので問題になっていないので答えもない」

「我ゆえにわれありではないか?」にたいしては、「我、ゆえに、われあり。 という3語の意味あいまいで、文化によって言葉意味コロコロ変わるからNG単語意味が確定していないので問題になっていないので答えもない」

「神は存在するのか?」にたいしては、「神って仏教キリスト教、等等で意味が違うじゃん、どの神かもわからない。 しかも、存在って言葉意味合いがあいまい。 よって問題自体が成立しない、NG

こういう理論で、20世紀までの哲学ほとんどを論破できた。

これまでの哲学的な質問は、あいまい言葉をいじっているだけの「言語ゲーム」にすぎない。 ということから言語ゲームという哲学名前になった。

レベル4 言語文化が作るもの

しかし、言語ゲームは20世紀のできごと

当然、いろいろな批判、反論が出てくる。

その中の一つが、

言語意味あいまいって言っても、それぞれの文化の中で見れば、意味が確定するんじゃないの?」

というものだった。

言語はそもそも文化に合わせて作られる。 雪の降る国では雪への形容にさまざまな言葉が作られるように、言語意味や創出は確かに言語によって違っても、文化によって「位置付けられている」という考えだ。

であるから文化の中で考えるのならば、抽象的であいまいから問題が成立しないということもなかろう。

という考えができた。

レベル5 それどういう意味

ここまでくれば、「言語ゲームに過ぎない」と言われた時の反論ができる。

「『あなたの考えている』その問題の意味はなんですか?」

と尋ねることだ。

レベル4にて、「言語文化から作られる」ということを確認した。

そして、レベル5では、「個人の生活文化を作る」ということを逆手にとるわけだ。

個人の生活文化生成→言語生成。

という順をとるのだから、あるあいまい単語を使った人に、「『あなたが想定した意味での』生きる意味とはなんですか?」と聞くことで、問題としてはっきりさせることができる。

なぜなら、言葉を使うことで、文化創造され、文化創造されることで、翻って言語が再定義される。

僕たちは、意味のない言語を使っているのではなく、「言語を使うことで文化を生成している」のだ!

さて、僕はここまで来て、問うことができる。

「それどういう意味?」

レベル1状態に戻ってこれたわけだ。




無限ループって怖くね?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<追記>

 「言語ゲーム」の用法が間違っているという指摘、ありがとうございます

 ただ、この語自体は、ウィトゲンシュタイン依存言葉なんですが、彼以前にも、ヴァレリーなどが同じような思想(主にデカルトへの考察に関して)なされており、

 デカルトの批判により近代哲学が発達した過程依存の思考です。

 ですので、言語ゲームという思想はウィトゲンシュタイン固有でないです。

 また現代哲学おいても、ウィトゲンシュタイン意識した使い方どうこうというより、言語ゲームという思想を上述のように、「言語ゲームにすぎない」という極論だけに固定して話をすすめる。 というのが普通になっています

 前期、後期ウィトゲンシュタイン区分意味合いの違いも知っていましたが、このような事情ですので、今回のように、ウィトゲンシュタインを出さない説明をしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<追記>

 ウィトゲンシュタインの話に拘泥して、本旨を理解できない人がいて残念です。

 増田は、本旨と関係ない揚げ足取りコメントがよくあるのですが、まさか哲学をかじってる人たちでさえ、そうなのかとビックリしました。

 ウィトゲンシュタイン言語ゲームをなぜ考えたのか? デカルト以前の哲学を乗り越えるためです。

 もちろん、その後、ウィトゲンシュタイン言語ゲーム理論正当性危機感を持つのですが。 ウィトゲンシュタインはそのあたりで死にました。

 で、ウィトゲンシュタインデカルト以前を批判したそのやり方でもって、「定義は?」と聞く論法を否定するのは、間違いである。 ということが本旨でした。

 まともに勉強した人ならわかるでしょうが、「定義にこだわる」ということは誰しもが通る道です。 そして、言語ゲームを知って、一旦ニヒルになるのもまた、まともに勉強すれば通る道です。

 「意味を考えること」の正当性を再獲得できたこのダイナミックさを感じてもらえたらなあ、と思いました(問題の問い方自体は変わっても、質問をするメンタリティーが変わっていないことが面白いところです。)

 今回の記事では、さらにこの先の現代哲学が届いている地平についての話でしたが。

 理解できない人の方が多いみたいで、残念です。

  • 一応突っ込んでおくと、「言語ゲーム」の用法が間違ってるよ。

    「哲学上の諸問題と言われるもののほとんど全ては、定義の問題に帰着する。」というのは、L.W.ヴィトゲンシュタインの「論理哲学論考」における中心的な主張。そして『言語ゲ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130722013200

      名前しか知らないし調べもせずにきくけどそいつってわりと最近の哲学者じゃないの? それが「言葉には定められた『意味』がある」とか初歩的な勘違いをしてたの? 嘘でしょう? ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130722013200

      妥当な説明だね。彼自身もトルストイの聖書(神話的要素を取り除いたもの)を好んでいたらしい。 なのに語り得ぬものについては沈黙しなければとヴィトは言った故に神はいないんだ!...

    • 吉野家コピペって要は「言語ゲーム」だよね

      言語ゲームの簡潔な説明はこれがわかりやすい https://anond.hatelabo.jp/20130722013200 ここで言う吉野家コピペとはTwitterで吉野家コピペ貼ったらマジレス飛んできたと言う話題に対してである...

    • 吉野家コピペって要は「言語ゲーム」だよね

      言語ゲームの簡潔な説明はこれがわかりやすい https://anond.hatelabo.jp/20130722013200 ここで言う吉野家コピペとはTwitterで吉野家コピペ貼ったらマジレス飛んできたと言う話題に対してである...

  • 議論は「言葉の定義が大切だ」という幻想| ただの通りすがり

    議論の目的にもよりますが、収束傾向にあるのは、以下の2要素がある場合のみだと思います。1.相手を理解しようという努力がある2.ある一定の妥協点で収束させようという意思がある

  • http://anond.hatelabo.jp/20130721234333

    ループなんかじゃない! 言葉の螺旋階段を登り続けているだけなんだ。永遠に…

  • anond:20130721234333

    古い増田だけど、これ3は言語ゲームじゃなくて論理実証主義とか呼ばれるもので、4がむしろ言語ゲームに近いよなあ。 色々言い訳してるけど、この間違いを放置したまま言語ゲーム...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん