「セガBBS」を含む日記 RSS

はてなキーワード: セガBBSとは

2016-12-20

増田BBS

セガBBSみたいなのほしいよねえ。はてななら作れるのでは

it-tells即死したけど

2014-04-26

セガBBSとか、水無月ゲームとかそこでやってたアイヤーミリオネアとか、おめでとう任天堂とか、クイターとかそういう俺のネット原体験みたいなのがもう振り返れないのかと思うと悲しい

ネットってほんと思い出が振り返れないよね

かなしい

僕の青春記憶しかないってつらい

もう32歳ですよ

糞みたいな青春だったけど糞なりに楽しかったなぁ

物質メディアの力ってあるよなぁ

いまだにファミ通とか64ドリームとか見返すもん

あのころゲーム業界熱量すごかったなぁって振り返れるのは良いよね

でもそういってる俺がそういう雑誌買わなくなったんだから終わってるよね

ネット便利すぎて悪だわ

俺の黒歴史サイトもどっかいってしまった

タイトルサイトもどっかいってしまった

見てたことも忘れてるサイトがあって悲しくなってくる

文化がざるのように漏れて消えていく

俺の苦sみたいな青春のかけらで残ってるのはちゆ12歳塊魂くらいか

あーあ

ネットって便利すぎて糞だわ

2012-05-30

やっぱり僕の世代はゆとりなの?

この前、昼にラジオを聴いていたのだけれど、女の歌手アキバで「フィギア」買ってます!と言っていた。

オタクに媚びないとやっていけないのか…と思った。

中川翔子さんは僕の一つ下だ。

このあたりの年代サブカルチャーが盛り上がっていた時に青春を謳歌していたので

オタクポジティブに捉えていると思う。

しょこたんドリマガっていう雑誌に連載を持っていて、毎号ゲームキャラクターイラストを描いていた。学生時代ノートに絵を描いていたのだろう。ブログもするし。歌手活動もカラオケの延長みたいな感じなのだろう。

自分は84年生まれなのだけれど、俺より下はゆとり。上は団塊Jrと言われている。

ゆとりに入るかな?

小学校女子ブルマを履いていた。

仮面ライダーBLACKが好きで

カセットテープの歌を何度も聴いていた。ウォークマン売り場があった。

あの頃のちょっとバブルで浮かれてる感じは知ってる。

ドラゴンボールZ一色。スラムダンクバスケ流行った。

女子セーラームーン

ジャンプが売れに売れていた。

でも、高橋名人は下火だった(笑)キン肉マンも知ってる。ミニ四駆はレッツ&ゴーだね

中学になるとプレステブーム。ミリオンセラーバンバン出る。

CDも売れに売れてSPEEDなんか流行ったね。

アニメは…

中1の時に深夜にエヴァンゲリオンの3夜一挙放送を録画したビデオテープがあるんだけれどカビが生えていた(笑)

るろうに剣心ゴールデンにやってたし。

で、昔ドリキャス使ってダイヤルアップネットに繋げていて

セガBBS投稿していた(笑)

あの頃、パソコン2、30万したからね。

テキストサイト全盛でとか必死メモしたのを覚えている。

20才くらいの時プレステ2全盛でDVDスゲーと思った。

で、ノートパソコンを買うのは7年前くらいだった気がする。

10万円くらいだったかな…

HDD40GBXPを去年まで使っていた。

去年500GBノートが4万円だというので、買ってしまった。

で、iTunesが便利なんですね!

今まで、40GBだったからそんなに音楽データが入らなかったけれど、

データにして入れれば、何千曲も入る!

CD入れ替える必要もない。こんなに便利だったのかと。で、最近iPodtouch買いました。

なんかアナログからデジタルの過渡期の世代なんだよね。

ゆとりなんでしょうか?

2008-11-10

梅田氏と馬鹿について

結局、馬鹿を野放しにするのがまずいんだろうか。

梅田さんはやはり、エリート主義なのかもしれないなあ、と思った。

エリート主義が悪いわけではない。山形浩生もそうだし)

要するに、梅田さんは馬鹿にでも分かるように説明し、馬鹿大衆レベルの底上げをする

ことが目的なのではなく、頭の良い人たちとレベルの高い面白い議論がしたいのだろうと思う。

彼が啓蒙したいのは、見込みのある若者たちであって、馬鹿大衆は単なる搾取対象

あるのかも知れない(それが悪いとは思わないが。確かにそちらの方が面白いし、楽しいから。

しかも自分の好きなことをやるということであって言論一致である。馬鹿の相手はイライラ

するし、徒労に終わる場合が多いし。そして、そういう商売で生きていくことを彼は目指して

いるのであろう。繰り返すが、商売は慈善事業ではないし、梅田さんは聖人ではないと思うので、

馬鹿大衆レベルの底上げをするという(多分)不愉快仕事の義務は発生しない)

ただ、思うのは、多少ましになっているかも知れないが、リアルワールドの日本人

自分が馬鹿にされるのを恐れて、あるいは、恥をかくのを恐れて、気軽に発言しない人が

が相変わらず多い。相変わらず日本人は恥を恐れる感覚が強いのは確かだと思う。

(だから、英語の上達が遅いという話もあったが)

その反動が(匿名性という)ネットに出てきている部分というのは確かにあるような気がする。

そしてそれには良い面もあれば悪い面もある(セガBBSがまさに動物園だったことを思い出す)

その反動とどう向き合うか。抑圧されていた恥知らず馬鹿日本人の本音とどう

つきあっていくのか。結局、日本におけるオープンサービスにおいて、そこをどう

対応するかが一番問題なような気がする。

馬鹿の相手をしたくなければ、クローズドで、仲良しセミ文化人サロンとしてやって

いけばいいのでないか(もっとも、mixiがうまくいっているかは私はよく分からないけども)

馬鹿大衆からは巻き上げたい、でも、レベルの高い議論がしたい、という話は

虫が良すぎるような気がする。

もっとも、宮本茂氏だったかの言葉に、「二つの問題を同時に解決するのが良いアイディアだ」

みたいな言葉があったことを思い出すけれども。

2007-05-03

[]らき☆すた動画スケジュールから見るヤマカン降板事件

作画オタでも萌えオタでもいいじゃない、アニオタだもの。

不毛な戦いに疲れたので『愛・おぼえていますか』ぜんぶみちゃったよ。

ファイナルアタックでミンメイ歌いだしてからマジ泣き。

僕達がするべきことは戦うことじゃない、愛しあうことだったんだ!

ところで山本寛はなぜ『らき☆すた』の監督を(あんな形で)降板することになったのか?

いろいろな説が飛び交っているけれど、「演出・山本寛としては優れていたが、そのこだわり故に監督として全体を見なければならないポジションになったとき、制作スケジュールまたはスタッフワークに問題が生じてしまった」ことに起因する、京都アニメーション内部の修正人事というのが有力だと思います。

監督において、まだ、その域に達していない」というリリースには、少なくとも『らき☆すた』のクオリティが低すぎたのでとはどこにも書いていない。『ハルヒ』や『ふもっふ』『TSR』を期待していた人や、そもそも萌え4コマのようなものが嫌いな人には評判がよろしくないけれど、『らき☆すた』は演出、カット割、その他もろもろ非常に細かいところまで心くばりがなされていて、とても心地よく見ることができるものになっていますよ。

というわけで「山本寛京アニとして許せないレベルの駄作を作ったから」ではなく「フィルムクオリティ以外の面で監督として至らなかった」という点に絞って、いろいろ調べてみたのですが、大阪アニメ制作スタジオスタジオワンパック」が下請けした作品の実績をサイトで公開していました。

それによると4月8日に#1がオンエアされた『らき☆すた』の動画が以下のようなスケジュールで撒かれていることがわかります。

3月

らき☆すた』#2(311枚)

グレンラガン』#7(489枚):参考

4月

らき☆すた』#6(510枚)

らき☆すた』#7(409枚)

らき☆すた』#8(410枚)

参考までに、3月に同社で制作された『天元突破グレンラガン』のデータも併記していますが、これと比べても「制作スケジュールに大幅なマージンを設けることで、高いクオリティを実現する」といわれている

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん